5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【新川直司】 四月は君の嘘 第七線 【月刊少年マガジン】 [転載禁止]©2ch.net

1 :作者の都合により名無しです:2015/02/06(金) 22:15:30.38 ID:GnQB9OUT0
数々のピアノコンクールで名を馳せ、「神童」と呼ばれた有馬公生は、
指導者であった母の死をきっかけにピアノが弾けなくなった。
それ以来、彼の目に映る世界は、鍵盤のようにモノトーンに映っている。

公生は、幼なじみの椿を通じ、宮園かをりと出会う。
公生の目に映る世界は、その日から、カラフルに色付き始めた。

−−−君は、春の中にいる

■マンガ大賞2012年ノミネート作品

■月刊少年マガジンにて連載中(毎月6日発売)
2015年3月号にて完結
■単行本1-10巻発売中
11巻は2015年5月15日発売予定(アニメーション付限定版有り)

■月刊少年マガジンWeb
http://www.gmaga.co
■『四月は君の嘘』作品内使用曲リスト(YouTube)
http://www.gmaga.co/gmaga/diary/20131007-1.html

■作品解説(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E6%9C%88%E3%81%AF%E5%90%9B%E3%81%AE%E5%98%98

■2014年10月9日よりフジテレビ系列<ノイタミナ> にて放送中(2クール)

■アニメ公式HP
http://www.kimiuso.jp/
■公式Twitter
https://twitter.com/shigatsuhakimi

2 :作者の都合により名無しです:2015/02/06(金) 22:17:50.22 ID:GnQB9OUT0
■関連スレ
四月は君の嘘 part15 [転載禁止](c)2ch.net
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/anime/1422688349/
四月は君の嘘=暴力・ポエム満載で反クラシック音楽の糞原作アニメ2(c)2ch.net
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/anime/1418079474/
[転載禁止] 【四月は君の嘘】宮園 かをりは天真爛漫ヴァイオリニストかわいい(c)2ch.net
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1414306521/
【四月は君の嘘】澤部 椿は元気はつらつ幼馴染かわいい [転載禁止](c)2ch.net
http://hello.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1414837053/

■前スレ
1スレ【新川直司】 四月は君の嘘 【月刊少年マガジン】
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1328824292/
2スレ 【新川直司】 四月は君の嘘 【月刊少年マガジン】
http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1378368898/
3スレ【新川直司】 四月は君の嘘 第二線 【月刊少年マガジン】
http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1410517275/
4スレ【新川直司】 四月は君の嘘 第四線 【月刊少年マガジン】 [転載禁止](c)2ch.net
http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1414794158/
5スレ【新川直司】 四月は君の嘘 第五線 【月刊少年マガジン】 [転載禁止](c)2ch.net
http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1419571481/
6スレ【新川直司】 四月は君の嘘 第六線 【月刊少年マガジン】 [転載禁止]©2ch.net・

■次スレは>>980が立ててください

3 :作者の都合により名無しです:2015/02/06(金) 23:17:17.70 ID:ch6SNFO00
>>3ならかをりはよみがえる

4 :作者の都合により名無しです:2015/02/06(金) 23:23:38.39 ID:ylLX0Vhl0
こりゃ楽しみだw

5 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:08:08.85 ID:JBoGuhBj0
この作品最後の締め方しだいで良くも悪くも言われるとずっと思ってたけど
俺にとっては、一番嫌いな終わらせ方だった。

何の意外性もない、ただ読んだ人に印象付けと言う名の傷を残したいだけの感動作
なんて大嫌い。

ヒロインが最初にどかーんとインパクトを与えてからは、主人公の成長物語になって
何の驚きも救いもなかった。携帯小説か実写映画でやれ

6 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:13:32.69 ID:PS7JMCfM0
意外な作品=面白いわけじゃないとマジレスしとくか

7 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:14:07.61 ID:KSF+kCB70
人が死んだり病気になって弱っていく話はどんなひとでも動揺するから
それを感動とすり替えてひとの関心を簡単に引いて人気者になろうとするんだよね
携帯小説でしょっちゅう恋人が事故にあって死んだり不治の病にかかるのは
そのため

8 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:14:15.08 ID:m6xIrahh0
感情なんて無いぜ
あるのは喪失感だけ
最後は君のいない春が来るで終わるんだもの
最初からそういう漫画なんだろ
読んで後悔したわ

9 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:18:37.66 ID:2181Z++G0
ヒロインの姑息な嘘が最後に手紙で伝えられるまで明らかにならなかったのは主人公がヒロインに踏み込もうとしなかった&踏み込めなかったから
手紙で伝える、なんて手法は表現の放棄に等しい
読者という神視点からは明らかなことだったけど、登場人物がいかにしてそこに辿り着くのかを描かなければ

10 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:19:38.16 ID:8T3IB5cs0
文學作品では病気の内容は数あれどよくあるモチーフだしこれはこれでいいと思ったが
四月は君の嘘ってタイトルの「嘘」は自分は死ぬと知っていたが君にずっと嘘をついていた
というほうの嘘だと思っていたので
ああ恋愛方向のことか、まあそうすると手術しないでだんだん死んでいくエンドだと
作品上ドラマチックでもないし4月中にも死なないから
失敗する手術なんてせずに延命で良かった気もするが手術死のほうがいいよな
とかメタ的なことばっか考えてしまって既に作品に対してわりと冷めてんだなと自覚したw
だんだん死んでくエンドなんて面倒くさいからそら手術にするわなーとか

11 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:27:57.23 ID:DDBWxLYa0
こういうの発狂っていうんですかね
感想なんて生きてて欲しかった、とか思いを伝え合わなかったことは切ないね、とかでいいと思うんだけどな
感情的な問題を理屈で理論武装してオレは正しい!作者が間違ってる!とかやりだすのは正直イタい

12 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:30:46.89 ID:aKLTcR/n0
>>10
1巻からずっとだんだん死んでいく状態だったと思うぞ

13 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:32:20.43 ID:JBoGuhBj0
嘘が嘘にもなってないしね…。

ちなみに原作漫画も買ってるからアンチじゃないよ。
意外性がある漫画を押してるわけでもない。

ただ最初から死にそうなヒロインが主人公の成長を見届け、一緒にシンクロしたかの様な
奇跡を見せておいて、最後は当たり前のように死んで感動って履き違えた感情を
植えつけようとしてるのが私的に嫌いなだけ。

これが好きだという人には何の文句もない

14 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:34:37.02 ID:8T3IB5cs0
生きるエンドもありえるんじゃないかと思って読んでた人が意外と多かったのは
単純に驚いた
もう最初から死ぬまでの話としか思ってないで読んでたからw
ただまあそういう人たちも大勢産むラインで作品作ったのは作者なわけで
そこは生きてて欲しかったという読者を責めなくたっていいんじゃね、逆に
生きててほしいと思ったということはキャラが魅力的だったとか
この先もっと報われてほしい、とか思ったわけだろうし
全力で読んだってやつですよ
自分見たく冷めちゃった人よかずっといいかもね

15 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:37:56.47 ID:0Rr2pSfD0
死んじゃうってことはわかってたんだよ
でも、かをりの嘘を、頑張りを知るほどに
生きてほしいという気持ちが強くなっていっちゃったんだ

16 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:39:59.73 ID:PS7JMCfM0
かをりは自分が死なないなんて嘘はついてない
むしろ正直に自分の状態が良くないことを公生に伝えてるくらい

17 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:42:05.80 ID:2181Z++G0
死ぬのは当然の帰結だけどあがくために手術する→次の回では死んでいましたっていうのは乱暴かな
あだち充のクロスゲームを読んでいて思い出したわ

18 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:44:39.24 ID:+79k0BPk0
まあ死なないと思って読んでた人は1割もいないよね
病弱なのに川に飛び込むとか何考えてるんだ、馬鹿なのかって普通はなるけど
死ぬとわかりきってるからこそ色々な無茶ができたんだろうなとは言われてたし

19 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:44:55.03 ID:8T3IB5cs0
いや最後まで頑張るってのがある程度嘘というか
最初から割り切りが実はもっと明確にあったとかそういう話かと思ってたのさ
まあそこが気になったのはたまたま自分の身内に最期が見えてる病人がいるからで
一般的にはどうでもいいことだと思う
結末わかってて読ませるいい作品だったと思うよ、ではさらば

20 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:48:27.22 ID:2181Z++G0
死なないで欲しいというのもあと数ヶ月でもいいから生きて最後のやりとりをして欲しかった人と病気が完治して欲しい人に分けられるから一緒くたにするのはどうかとおもうわ

21 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:52:25.96 ID:5vAAqO3F0
物語全体としては
かをりが死期と悟ってから走り始め
精一杯生きたということを表現したのだと思う。

前半部分でかをりが公正を立ち直らせ
ガラコンで母親との思い出を
悪いものから良かったものへ昇華させる。

後半部分が公正が病状が悪化したかをりに
最後まで精一杯生きる勇気を与えた。

これに周りの人のエピソードをうまく絡めたと思う

手術中の死は公正との最後の共演を
果たすシーンのためかも
(これは生霊なのかな?)

22 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 10:57:27.80 ID:aKLTcR/n0
>>20
自分も結構そういう考え方だったけどぶっちゃけそれってヌルいよね

延命だけは成功しましたよ、幸せな瞬間もありましたよ
たぶんこの先死ぬけど物語はここでおしまいね、なんて展開はとても無責任に思える

あるとしたら完治するかしないかが結末であって、延命エンドって読者にとって都合のいいだけの嘘だと思う
それでも夢を見せて欲しかったって希望もあるし、お互い想いを伝えあわなかったのはすごく切ないけどね

23 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:05:53.88 ID:LiDFdnFm0
9巻最後の方で、かをりが
「夢が叶ったからもういいって思ってたのに」って言ってて、
ずっと公生がピアノが弾けるようになる(復活する)と解釈していたが、
実際は「コーセー君にピアノ弾いて欲しいの」=一緒に演奏したいだった。
かをりの一番の願いが叶ったのなら、かをりは幸せだったのだろうね!

24 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:08:31.95 ID:2181Z++G0
>>22
俺は死に際まできっちり描いて欲しかっただけだからなんとも言えん

チェルシーとの唐突な別れ
母親との唐突な別れ
かをりとの唐突な別れ
これもなんだかなあと

25 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:09:29.85 ID:KtC5A1PtO
感動したと言ってる奴が皆立ち読みで済ませてる件について



最終巻の売り上げ\(^o^)/オワタ

26 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:10:50.76 ID:1Eb4bwTs0
こうやって主人公の周りからは、徐々に大事な人が消え、その度にピアノの腕は格段に上がっていきます

どうせみんないなくなる

27 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:17:47.85 ID:r339CWdQ0
>>11
いや、まあ全くその通りだけどw

いいんじゃないの
あっちこっちに形を変えて感想述べるのも作品の楽しみ方であって
ひいては、ちゃんとこの作品楽しんだってことだし

そういうのどう見えるかってのもあるけど、それはそれ

28 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:20:05.98 ID:seQPOia/0
そこで椿の「背後霊見たくなっても一緒にいる」か
恋愛どうのこうのより、大切な人を失っていく公正を思って
公正の一番辛いところが良く分かってるのは
椿なんかな

29 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:21:08.96 ID:CkMnSu8I0
アニメ化する前なんて講談社漫画賞とっても大して盛り上がらいくらい過疎ってたからな。売上とか言う奴はアニメから入った新参ってのがよくわかる

30 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:27:04.82 ID:2181Z++G0
感想を勝手に定義して人を叩く奴の方がよっぽど痛いと思うけどな

てか感想文を本当にだらだら感情の赴くままに書いていたりしたのかね

31 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:28:35.72 ID:L7KavuXH0
死の恐怖などは普通に生きてる人は想像出来ないからな
かをりがどんな行動しようがそうなのかもと思うし勿論責める気にはならない
作者が死の気持ちを知らない以上かをりの描写については
どんな描写でも分からないもんね、そりゃそうだよなと思う

でも作者は残される方の気持ちや人生まで考えてたのか?と思うと疑問
サブならともかく主人公が残されるんだぜ
大人でなくてまだ子供の主人公と幼馴染

そこまで描く気がないなら殺すなよと思うわ
立ち読みで済ませたしコミックスも読みたい人の為に古本屋に売ることにする

所々の描写はすごく良かったよ
でも死を周囲の人にとってきちんと描写しない、出来ない理由を適当にごまかした時点で
金を払う気にはならない

32 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:30:23.46 ID:PS7JMCfM0
このスレに長文投下してる人って感情的なんだよな
だから言いたいことがあっちこっち行って何が言いたいのかわからなくなる

33 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:34:56.61 ID:L7KavuXH0
>>32
そりゃわざわざブログ作ったりツイッターのアカウント取ってまで語りたいとは思わないからな
そこまで作品の為に努力するつもりがない人が思うがままに書き込める
そこが匿名掲示板の良い所だろ

自分は本気で語りたいものはちゃんと手を掛けてブログとかでやってるよ
あくまでも個人的にはそれ程手も時間もかける作品と思えなかったから
ここで思うまま適当でも良いから感想を書いてるだけだから

34 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:36:23.32 ID:5vAAqO3F0
>>28
椿の「背後霊みたくは」
本選の時のかをりが見えていたからか

深いな

35 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:37:46.25 ID:aKLTcR/n0
>>32
冷静アピールしてる人もいるけど結局それだけ揺り動かされたってことだからねw
ほんとに何も残らなかったんなら無関心のままだわ

36 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:44:01.70 ID:vcps/d950
この作者って演奏家て言葉が好きなんだね
まだ何者でもない中学生が自分を演奏家とか・・・
なにその夜郎自大

37 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:46:26.63 ID:L7KavuXH0
自分は死ぬか生きたとしてのそこまでの恐怖があるし
主人公の母親も死んでるしそこを丁寧に描写してくれうと思って読んでたから
正直ここまで入れ込んでがっくりしたわ
読み方は自由だし自分の思い入れと違っただけで作者が悪いとか下手とは思わないけど

まあ正直に言うと読んで損したと思ったよ
それだけ入れ込んでたからね
これを機にアニメもやめて忘れることにするわ
このスレがなかったら同人板にでも書いてたからここがあって助かったよ

38 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:47:44.03 ID:nvadCDID0
生きてるか死んでるか曖昧にして、ラストページかをりが振り返り微笑みで「確かに彼女はそこにいた」でエンド。

39 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:55:25.38 ID:O8wkoQ350
最近の作法として病名伏せるのはわかるが、症状の進行にリアリティがなく
普通体力があるうちに手術をするものだと思うが、痩せこけた状態で死なすために手術にしたような展開
しかも切っているのが頭なのか腹なのかもよくわからない。整合性を感じられない

40 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 11:58:57.44 ID:L7KavuXH0
>>39
まあ手術しても助かる可能性が高い時期はとっくに超えていた
でも本人が手術を望んだから手術したってだけじゃね?
ただそう考えると家族の辛さはとんでもなく深くなるし
リアルに考えれば医師の立場的にすべきことじゃないんだがw

41 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:00:14.20 ID:L7KavuXH0
医師の立場的にと言うのは下手をすれば医師の責任となるからって意味でね
家族の了承があってもそこら辺はとてもデリケートな問題だから
リアルでも問題になってるからさ
でも漫画だからそこは無視してあげようよw

42 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:00:31.86 ID:PS7JMCfM0
激しい怒りを感じるなw
俺も初見は「は?」ってなったけど、読み返したら印象変わった
やっぱり最終話の最重要アイテムの手紙は素晴らしかったし、椿の存在もでかかった

まあビターエンドなんだから不満0なんて人はいないと思う

43 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:02:45.16 ID:dnUJRvx70
結局二番煎じの作品どまりか
連載初期からいろいろな小児ノミネートされていたがこれで受賞したらその賞の格式というか選考メンバーの資質が疑問視されるだろうな

44 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:05:10.47 ID:3sLWkEBe0
全く中身に触れないで批判するの流行ってるの?

45 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:05:44.36 ID:L7KavuXH0
>>42
んー怒りと言うより虚しさだな
派や売り読んで読み返しても同じだしアニメ見ても変わらなかった

空虚は怒りのようなパワーはないからなあ
本命関係が終わって寂しかったから来たけどこの漫画には戻っては来れそうにないなあ

今今週のアニメをやっと見れてるから何とも言えない気持ちになって書き込んでるけどさ
どうしてももうつまんないなって気になっちゃうな
今まで音楽がすごく良かったからアニメだけは見ようと思ってたけど
来週の予約はもう消しちゃったわ

46 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:08:10.52 ID:5vAAqO3F0
>>39
作者は医学的なリアリティーは
つっこみどころが多くなるから。
あんまり表現したくなかったんでしょうね。

病名をふせたのは、病気の進行速度、症状など
どれも実在の病気にはなかったのかも

おそらく最後の手紙のシーンや手術の時期など
あらかじめ、ある程度決めてから作品を書いたのではないかな

47 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:08:25.75 ID:L7KavuXH0
まあ期待し過ぎた自分が悪いのでw
好きな人はずっと応援してあげてほしい
ちょうど終わった本命が深かったのもあって色々考えすぎたわ

48 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:08:32.98 ID:IjVaSXI/0
「走り出したのです」の前のコマ、
髪のリボンがほどけるシーンがいい

心が解放される象徴みたいだ

メガネおさげのかをりは江口寿史先生風だが、
影響受けてるのかどうか

49 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:11:20.72 ID:aKLTcR/n0
かをりにとっての死は、とっくの昔に避けられないものとしてあったってことをまず受け入れるべきなんだろう
命懸けであがくことは、それによって何かを得たり誰かにもたらしたりするためではなくて
最後の瞬間まで自分として生き続けるための戦いだったんだろう
病気で死ぬかわいそうな女の子ではなく自分の生き方を自分で選んで諦めなかった

もっと生きてみんなとの触れ合いを見たかったって希望は当然あるけど
死ぬまで嘘を伝えなかった以上、イチャイチャ展開なんてなかっただろうし
延命の成果によらず、かならず訪れる死に向かって懸命に生き続けただろう
未練がなかったって言えば嘘だろうけど、あれ以上は無いし
ただ一生懸命な姿だけを残したかった
それがかをりの本望なんだろう
だからドラマティックにかわいそうな女の子として描かないラストになってる

50 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:13:28.33 ID:tmso4coU0
あの手紙は別に「お別れ」の手紙じゃないような気がするけどな。
だって「さよなら」なんて一言もいってないし。
まあ、死んだ時の事も想定して書いてはいると思うけど、生きてたらあれは立派な「ラブレター」になってたと思う。

51 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:14:08.82 ID:+79k0BPk0
最終話を読んでから、また単行本で1巻から読み返してるんだけど
この時はかをりはこんな想いを抱えてたんだなと考えながら読めて、新鮮な気持ちでまた楽しめてる
死を悟った女の子が残った自分の命を完全燃焼させた物語だったんだな

52 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:16:41.65 ID:LiDFdnFm0
こんな事書いたら身も蓋もないが、
この手紙の内容って直接公生に言うべきじゃないのかな?
10巻と11巻の間ぐらいに…
禍根を残すとか、もう手遅れでしょ?
後悔を天国に持ち込まないためにも、自分の口で公生に「好きです」って言うべきだった。
それが「さよならのキス…」に繋がると思う。
まぁ〜漫画的には手紙しかないから、どうしようもないけどね。

53 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:19:41.42 ID:NEHJz7jE0
カヲちゃんまさかの志望!
ところで、結局何の病気だったの?

54 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:21:28.66 ID:mIzLT5250
前話で「僕らは誰かと出会った瞬間から一人ではいられないんだ」
からの最終回での椿の「一人になんてなれると思うな」
で公生の笑顔
いいシーンだと思った

55 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:21:49.78 ID:LiDFdnFm0
>>50
そうだね!
「好きでした」じゃなく「好きです」だから

56 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:28:16.39 ID:tmso4coU0
>>55
手術成功したときのことも想定して書いてると思う。
「成功したら付き合ってください」って願いも込められてたんだろうな。
だからこそ死んじゃったのがつらい。

57 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:31:21.43 ID:5vAAqO3F0
あの手紙はかをりの両親から公正に手渡されたものでは?
もし手術が成功したら公正に渡っていたのかな
「好きです」だからラブレターなのかな。
手術成功してもしゃべれないぐらいの状態のときのため?

58 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:32:38.68 ID:9iE2rNkZ0
チェルシー捨てられたとき、事後に雨の中見つけられなくて後悔
母の死 同上
かをりの死

もう中三だぞ。三度気持ち伝えられず失うって、、、

59 :39:2015/02/07(土) 12:34:29.92 ID:O8wkoQ350
ごめん、名作てのは綿密なプロットの積み重ねの結果成り立つのであって
大勢の読者に矛盾・違和感を叫ばれるようでは詰めが甘すぎるよ
いい作品なんだからもちょっとどうにかならなかったのか、という愚痴だね

60 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:40:05.55 ID:LiDFdnFm0
ちょうど最新話のアニメで、かをりがレターセット買ってるのがタイムリーだった。
死を覚悟してたんだから、その時の為に買ったんだろうな…

61 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:40:30.89 ID:L7KavuXH0
レスを書いていて思ったけどこの物語はあkまでも公正の話だったのかも
タイトルの公正してんと思えるし

他のキャラの視点からも描かれているけどそれはあくまでも公正の話として必要だったから
作者は「このキャラの魅力を伝えたい」と言うような感情を一切捨てて
更生必要な個所だけを描いた(公正が知らない感情やシーンも含めて)
かをりの死や病状や家族の描写も公正には必要ないと思ったから描かなかった

そう思えば最後もすんなり入ってくる
最後はあっさりしているようにも見える
でもそれはお互い面と向かってハッキリ想いを伝えられなかったからこそで
公正にとっては当然のこと

「公正の物語」として読まないとキツイ話なんだろうと思う
好き嫌いはあるだろうし自分的には好みなタイプだけどこの話自体は好みじゃなかったな

長文失礼、これでスッキリしたわ

62 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:41:20.64 ID:L7KavuXH0
そして誤字脱字ごめんw

63 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:41:35.87 ID:+79k0BPk0
>>56
気持ちを伝えたかったってだけで付き合うとかはなかったんじゃないかな
自分は通り過ぎる人って意識があったし、渡や椿に謝っといてと言ってるから自分ではできないことがわかってる
そして手術は「うまくいっても……」って言われていたから、成功しても死ぬのは避けられなかっただろう

64 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:42:52.46 ID:CkMnSu8I0
>>57
遺書的なもんもあると思うんだよな、さっきまで一緒に居た君に書くのは~的な始まりかたしてたし生きてる内に渡すつもりなかったと思う

あと気になるのがかをりがいつヴァイオリン始めたかだな、耳聴こえなくなってから始めたんならあのかをり若すぎる気がする

65 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:43:03.13 ID:0Rr2pSfD0
あれっきり全然食欲がわかない

66 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:43:50.41 ID:cEWcVk3h0
>>14
43話だけなら、確実に死んでいると誰でも思うよ
でもそれ以前に、生存してもおかしくないように受け取れるような表現が
いくつも埋め込まれているから、もしかして生存endがあるんじゃないかと
思った人がでてきてもおかしくない
でもその表現で描かれていたかをりと公生は
公生とかをりの音楽による奇跡を起こすためのものだったんだよね

>>56
違うと思う
かをりは死ぬとわかっていただよ
その上で「好きです」だよ

67 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:44:56.22 ID:BSBV8PCnO
我慢しないと泣いちゃいそう

68 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:45:38.35 ID:QDN3NlL50
アニメ最終回であの手紙に声が付くと思うと涙腺崩壊待った無しや
どういう演出してくるのかも楽しみ。

69 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:46:11.68 ID:FFPjQup00
最終回は2月号と3月号でワンセットだな
通して読むと全然違う

70 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:46:42.12 ID:0Rr2pSfD0
>>64
かをりがピアノやめてヴァイオリン弾くことにきめたのは
公生の最初の発表会の演奏を聞いた直後だよ
公生と一緒に演奏するために。最終回にそういう描写があったはず

71 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:48:29.37 ID:tmso4coU0
>>66
死を覚悟していたとは思うけど、もっと生きたいという想いもあったはず。
じゃないと手術なんて受けない。

72 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:51:19.30 ID:cEWcVk3h0
>>71
かをりと公生は共演したかったんだよ

73 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:52:16.67 ID:5vAAqO3F0
>>64
かをりがヴァイオリン始めたのは
絵見がピアノ始めたのと同時期

公正がヒューマンメトロノームになる前で
公正の初めての舞台がきっかけ
かをりも絵見もそこから
公正に影響受け始めた。

公正の復帰後絵美が戻って来いといったのは
そのころの公正の演奏に戻ってほしいってことでは?

74 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:53:58.18 ID:0Rr2pSfD0
>>64
あ、ごめん、確かに今見返したら
ピアノやめた公生にピアノ弾いて欲しいからって読み取れるな
たしかに、若すぎるねw

75 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 12:56:16.78 ID:O8wkoQ350
>>61がいいことをいった
有馬コーセイというピアニストを形作った女と、解き放った女がいました
でまとめれば折り合いはつくな。ヒロインの心情を紐解こうとしたらくぁwせdrftgyふじこ

76 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:01:05.04 ID:TnJI2YBP0
満喫で読んできたけど、最終回でも感動しなかった
病気具体的に設定せず明らかにしないのは知られたくないから(これは病気当人の気持ちとしては分かるが)
ってことにすりゃ漫画作る側からすりゃ楽だよねw
他の人指摘してるけど、病気具体的にしてないの、説得力なくなって設定の粗がばれるからに思えちゃうんだな

病院の廊下で足に力入らなくて泣いてたとこだけでも
ちょっと知識あったり、家族が重病だったりして知識ある人に病気がかなり推測されちゃうしねえ。
ALSとかだと手術で治るもんでないしw

でも、やっぱ手術予後悪くて死ぬんじゃなくてすぐ死亡(なのか)なら叩かれてもしょうがないと思う。
自分は家族と彼女合わせて3人病気で亡くしてるから余計陳腐に感じた

77 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:01:08.37 ID:BSBV8PCnO
「ヴァイオリン習って公生のピアノと共演したい」って唐突だからな。補完するエピソードないし
>>64みたいに誤解する人がいても無理はない

78 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:02:57.77 ID:aKLTcR/n0
>>61
最終話はかをりの物語だよ
描かれたのは公正の物語として公正に何かを与えるかわいそうなかをり
死ぬシーンではなくて
公正が色づけてくれた世界で最後まであがく一生懸命な姿
生きるシーンだった
物足りないって人が求めてたのはきっと死ぬシーンだったんだろう

79 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:03:41.69 ID:cEWcVk3h0
最終話よんですごく幸せな気分になった
ヒロインが亡くなる話なのに
何でだろうとずっと考えていた
自分の感性がおかしいのかな
今朝、気づいたよ
この物語は公生とかをりが幸せになる話であることを

80 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:05:58.63 ID:3UDjBfsH0
癌だとかありきたりな病気ならまだしも珍しい病気だとクレーム入るから

81 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:16:06.25 ID:PFJWicVi0
>>77
なんでピアノに感動したのにヴァイオリンに転向したくなるのか、飛躍しすぎだよな。

82 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:18:13.05 ID:3sLWkEBe0
ピアノとバイオリンの協奏って珍しいの?

83 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:19:37.46 ID:+79k0BPk0
いまさら病名がどうの言うのは粗さがしにしかみないな
いままでの流れで病名がでないのはわかってたし、リアルな病名出すことは物語として重要な部分ではないからよくね?
って言われてきたのに、死んだとたんに問題にしだすのはちょっと……

ぎゃくに死ななかったら、死なない派が別に病名なんていいだろと言って、死ぬだろ派があの症状から治るなんてどんな病気なんだよ
と言ってた姿も安易に思い浮かぶけどw

84 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:23:52.01 ID:seQPOia/0
かをりは絵美みたいに同じになるとか張り合うとかじゃなく
一緒にしたかったからピアノ伴奏のつくヴァイオリンを志望したんだな

85 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:23:54.34 ID:PFJWicVi0
>>82
逆に、もしヴァイオリンやってた子がソロ・ヴァイオリニストに感動して、
それで協奏したいからヴァイオリンやめてピアニストになるとか言出したら、変だろ。

86 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:24:55.79 ID:5vAAqO3F0
>>81
作者がヴァイオリンを弾く女の子を描きたかったから

絵見がピアノをはじめたきっかけ。
(公正のようにピアノを弾きたい)
かをりは公正と競演したい
でヴァイオリンを始めた。
と言う対比もあるが絵見の方がやっぱり自然かな

87 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:28:08.09 ID:seQPOia/0
まあ、ピアノソロ来て、ヴァイオリンに即行き付くというのは
飛躍だなあとは思った

88 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:29:09.52 ID:3sLWkEBe0
かをりがバイオリン始めた理由はコーセー君にピアノをひかせるためじゃないの?

89 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:29:17.71 ID:aKLTcR/n0
最初からヴァイオリンをやってて両親の影響でピアノも見に行ってたってくらいでよかったと思うけどね
結局走りだすまで公正と絡むことなかったんだし

90 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:34:05.07 ID:EcGI72Ad0
君嘘終わっても月マガ読み続けて欲しいな。
せっかく面白いマンガいっぱいあるのに知名度が低すぎる(′・ω・`)

91 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:36:55.84 ID:2181Z++G0
「一人になんてなれるな」というのは椿が代表して言っているだけでようは皆
その皆に引き合わせてくれたのはかをりで、そこに残滓を感じ取って公正は複雑な笑みを浮かべる
でも皆がいてもそこにかをりはいないということを突き付けられて「君のいない春が来る」、というセリフと悲しげな表情のラストシーンに繋がる

92 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:39:10.34 ID:PFJWicVi0
>>86
作者が強引すぎて不自然だよな。
最終回に手紙だけで全部謎解きしようとして色々無理が出てるわ。だいなし。

93 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:39:23.68 ID:5vAAqO3F0
>>89
絵見がピアノを弾くきっかけだったから
かをりも何かのきっかけになってないと
しまらないと感じたのかも

94 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:41:40.19 ID:BSBV8PCnO
昼休みにTSUTAYAでまた読み返したった
公生は一応恵まれた環境にはいるんだよな。ピアノの才能もあるし、周りに良い友人も大人もいて、自分を好きでいてくれる幼馴染みもいる。
でも君のいない春が来るんだよな。いてほしかったよなー
椿と話した後の公生の微妙な表情。愛する人との死別なんて、簡単に吹っ切れるものじゃないよ

95 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:42:27.44 ID:9iAfsW7M0
かをり、ピアノ教室通う

公生のピアノ演奏を見て感動

公生がピアノやめたことを知る

公生にまたピアノ弾いて欲しくてヴァイオリン始める

96 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:43:38.87 ID:PFJWicVi0
>>95 順番間違ってる

97 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:44:09.49 ID:cEWcVk3h0
四歳のかをりが考えたことだよ
自分がヴァイオリンを弾けば自分と一緒に公生がピアノを弾いてくれると思ったんだよ

98 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:44:44.37 ID:LiDFdnFm0
公生のピアノを聴いて、自分の限界を感じたのかな?
本能的に(5歳ながらに)w

99 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:45:45.16 ID:5vAAqO3F0
>>89>>86
読み返してみるときっかけは
86さんのとおりでした。
わかりにくい。
なんせ絵見が泣いてからのコマの後の
「それなのに君はピアノをやめるんだもの」は
時間経過があったのか

100 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:45:46.08 ID:9iAfsW7M0
>>96
正解よろ

101 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:47:28.90 ID:bd2gW4rK0
絵見 公生と同じ舞台に立ちたい →ピアノ開始
かをり 公生と一緒に舞台に立ちたい ピアノ→ヴァイオリン

凪  棚ぼたで公生とピアノで共演・・・

102 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:47:30.10 ID:2181Z++G0
同年代で君を知らない演奏家はいないよ
君は私達の憧れだもの
というセリフの不自然さの回収じゃないの?

同じ演奏家といってもバイオリニストが畑違いのピアニストをトップとは言えよく知っているという不自然さ
有馬公生は悪名にもかかわらず憧れと言っていることの不自然さ

武士や絵見も公正に憧れているといえば憧れているのかもしれないけど、同じピアニストとして負けたくないという敵愾心を燃やしているし

103 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:48:14.93 ID:cEWcVk3h0
公生と楽しく演奏したかったんだよ
ピアノの連弾よりヴァイオリンとピアノでの演奏が
四歳のかをりには楽しそうに思えたんだよ

104 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:49:18.67 ID:3UDjBfsH0
子供なら余計にバイオリンにいくって発想にはなりにくいよなw
普通ピアノでしょ

105 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:49:32.46 ID:CkMnSu8I0
>>74
やっぱ若いんだよなあ。公生がピアノ辞めたのが確か2~3年前だったろ?曖昧で悪いが。手紙の内容とヴァイオリン始めるきっかけになった絵の使い方がちょっと合ってなかったかなあ、そこだけが最終話で不満

106 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:50:27.64 ID:47mhP+H30
何にせよ、もうかをちゃんはしんでしまったんだなぁ
せめてお墓でもあればなぁ。どうしてくれるんだよこの喪失感。

107 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:50:29.12 ID:5vAAqO3F0
>>99
このわかりにくさは
公正がピアノをやめるまで
ある程度時間が経っているにもかかわらず
かをりがほとんど成長してないせいか

108 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:51:06.77 ID:3sLWkEBe0
力石みたいに葬式やるか
マジで行くよ

109 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:52:43.06 ID:cEWcVk3h0
>>97 >>103
ごめん、四歳じゃなくて五歳だったね

110 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:54:40.23 ID:PFJWicVi0
>>107
中学生で死ぬ前の手紙の文言「それなのに君はピアノをやめるんだもの」と
その中で初めて公生のピアノを聞いた五歳時の発言がフラッシュバックする回想と。
これを、ごっちゃにするのは、読み方が悪いよ。

111 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:55:25.80 ID:aKLTcR/n0
まぁお子様思考だし、合理性とか求めるのも無粋だけどな
目指すものが同じでこれ以上は無いと思ったのか
代わりにピアノは任せたぜ!って感じだったのか

112 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:55:40.82 ID:FFPjQup00
>>90
月マガを終盤のカペタの目当てで読み始めた時に
なんと孫六がまだやってて驚愕した思い出がw

113 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:56:55.71 ID:PFJWicVi0
>>111
>まぁお子様思考だし、合理性とか求めるのも無粋だけどな
合理性が無いのは登場人物ってよりも作者だろ。

114 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:59:18.55 ID:2F1ROZxs0
>>110
ほんとこれ
わざわざ分かり易く幼く描かれてるのに
なんで勘違いするかな?
しまいには絵が間違ってるなんて
トンチンカンなこといっているのまでいるし
そんなワケないだろと

115 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:59:25.23 ID:cEWcVk3h0
五歳のとき、君の演奏を聴いて君は私の憧れになりました
なのに、中学になってピアノをやめるなんて君はひどいやつだね

五歳の私は、君に私と一緒にピアノを弾いて欲しくて
共演が楽しそうなヴァイオリンを習い始めました

ということじゃないの

116 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 13:59:50.69 ID:aKLTcR/n0
>>113
うん、だから>>89で言った上での話なんだけど

117 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:00:59.27 ID:5vAAqO3F0
>>110
すまん
「人の人生を左右しておいて」を
ヴァイオリン始めたきっかけと解釈していた。

「人の人生を左右しておいて」は
公正をおっかけをしていて
絵見がピアノをはじめたきっかけが公正の演奏を知っていたから?

飛躍しすぎか?
単純に音楽にのめり込んだきっかけを
「人の人生を左右しておいて」の表現しただけか?

118 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:03:51.15 ID:PFJWicVi0
>>117
>「人の人生を左右しておいて」を
>ヴァイオリン始めたきっかけと解釈していた。

それで別に間違ってないけど?

119 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:03:55.42 ID:MowXprBW0
>>90
26年買い続けてるよ
ここみると月マガ買わない人案外多いんだね。

120 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:07:18.39 ID:tmso4coU0
修羅とチンミは息長いなぁ。孫六は最近終わったんだっけ?

121 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:09:27.53 ID:LiDFdnFm0
今回初めて買ったよ!
月刊マガジンどころか月刊誌自体初めて買った。

122 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:13:08.30 ID:bd2gW4rK0
武士・凪をリストラして、
凪のかわりに絵見と共演する展開のほうがしっくり来そうだけど
絵見の存在感が強くなりすぎるのかな

123 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:14:09.33 ID:BSBV8PCnO
>>108
それ、オレも思った。葬式シーンないのが不満なら、お前らが葬式すればいいのにど。
オレは行かないですけど。

124 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:14:39.81 ID:8T3IB5cs0
2〜3作くらい好きな作品があると十分毎号買うモチベになるよ
月刊誌は読み応えがあるしね
さてこれが終わってしまったのでもう1作くらい入れ込む作品が欲しいところ
すっ飛ばし読みしてたのをいろいろ読み返してみるか

125 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:16:36.88 ID:5vAAqO3F0
>>118
うーんでも公正の最初の演奏を
ピアノやっていてヴァイオリンはじめるきっかけにするのは飛躍しすぎていて

公正にピアノを再開してほしいといった気持ちで
ヴァイオリンはじめたきっかけと読み取るほうが自然。

その後の「コーセー君にピアノ弾いてほしい」の台詞も
共演したいより、ピアノ再開してほしいと言う意味のほうがあってない?

126 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:16:45.64 ID:9iAfsW7M0
公生の初演を見た日にかをりはヴァイオリンを始めた

公生がピアノをやめたことを知ってかをりはヴァイオリン始めた

結局どっちだよ
根拠つけて頼む

「コーセー君にピアノ弾いて欲しいの」の台詞は公生がピアノをやめなきゃ出てこない台詞だと思ったんだが

127 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:19:13.33 ID:5Lb+EIRI0
タイトルの回収が普通すぎてヤバイ
かをり死エンドと嘘の内容は最初から決まってたと思うけど
安易なラストだったね
タイトルの意味を考えさせられるラストにして欲しかった

128 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:19:14.05 ID:PFJWicVi0
>>125
そりゃ飛躍しすぎてるけど(>>81以下既出)、作者の不手際なんだから仕方無いやんけ。
それを作者の虚構だってことを忘れて作品内だけで無理に辻褄合せすると、却って誤読する。

129 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:21:18.67 ID:47mhP+H30
>>126
いやでもそれは、「コーセー君に(一緒に)ピアノ弾いて欲しいの」って考える
こともできるだろ。わかりにくいけど十分あることだろう。しかも4歳児ならなおさら

130 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:21:43.08 ID:3sLWkEBe0
>>128
ちゃんと別の解釈を否定する理由つけなよ
ただ自分の解釈押し通してるだけじゃん

131 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:22:04.97 ID:2181Z++G0
絵見は公正と向かい合いたい
かをりは公正の隣に立ちたい
「コーセーくんに(私が演奏する横で)ピアノ弾いて欲しいの」

132 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:22:48.07 ID:LiDFdnFm0
>>126
普通に一緒に弾いて欲しい=伴奏して欲しいでしょ!
かをりが5歳の時は公生はピアノを弾いていたのだから。

133 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:24:36.22 ID:PFJWicVi0
>>130
既に>>114で指摘がある。
「かをり ピアノやめて ヴァイオリンやる」と発言した時点での幼い姿。
服装も、公生の初演奏を聴いた時と同じで、その直後に帰宅しての発言と見るのが自然。

134 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:25:22.25 ID:3UDjBfsH0
>>129
子供ならなおさら伴奏なんて考えにいくかなあ
考え方の違いだけどさ

135 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:27:44.35 ID:seQPOia/0
コーセーくん初演に感動したちびかをりが
わたしの伴奏してほしいの!っヴァイオリンねだったって読んでたわ

二年かそこらで、あのレベルのコンクールで弾くような演奏をするのは、
ちょっとリアリティないってそれしか考えんかった

136 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:33:22.27 ID:PFJWicVi0
>>135
読み方は、それでいいでしょ。
ただ、ヴァイオリン奏者としてはずっと鳴かず飛ばずだったのに
「偉そうに指図する譜面も私らしく弾いてあげました」
ってだけで聴衆総立ちの演奏が出来る腕前になれるってのもリアリティー無いけどね。
もう、作者が強引なので色々と作品に無理が出てるんだよな。

137 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:37:16.61 ID:3sLWkEBe0
やっぱり姿で判断してたのか

この作品は幼い時期→小学校高学年→中学時代の書き分けができていたっけ?

138 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:39:33.42 ID:47mhP+H30
>>136
腕はもともとあったんじゃないのかな。でも、病弱だったから
とくに中学からはほとんど登校できなくて、病院にいた時間のほうが
長かったと描かれてる。当然コンクールとか出場して名を挙げる余裕もなかっただろう。

139 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:41:41.79 ID:seQPOia/0
自分的には、もともと才能はあって
病気とかのせいで全てに抑制的な生き方してて
その影響で演奏の方の才能抑えられてたと
で、それからフリーになったんで人間的なしがらみも吹っ切れて
普通じゃないぐらい一気に開花したと脳内補完してた

140 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:42:10.06 ID:PFJWicVi0
>>137
初めてのピアノ演奏会での公生と、ピアノが弾けなくなった二年前の公生とでは幼さが異なって描かれてるよ。
6〜7巻参照。
まあ、あんまりうまく描き分けてはないけどさ。

141 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:44:56.16 ID:EcGI72Ad0
でも一番かわいいのは泣いてる絵見の隣にいた時のちびかをりだろ?

142 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:45:06.23 ID:BSBV8PCnO
>>110>>114はキツ過ぎ
充分わかりづらいと思うよ。

143 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:49:30.74 ID:LiDFdnFm0
>>139
そんな感じじゃない?
死期が迫っているのと、公生に認めて欲しい(最初の演奏の後感想を聞く時に手が震えていた)で覚醒かな?

144 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:52:00.01 ID:2181Z++G0
命を削るようにして自分を届けるべく弾いたのが圧倒的個性として映ったんでね
命がけは強い

145 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:54:39.36 ID:PFJWicVi0
うんうん、命懸けならリアリティー超えて何でもできますよね(陳腐なマンガの中では)

146 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:56:42.36 ID:47mhP+H30
>>144
それなんだろうなぁ。命の灯火を燃やしてるんだろう
残念ながらガラコンの直前に燃え尽きちゃったんだね・・・

147 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 14:59:47.63 ID:LiDFdnFm0
>>145
陳腐じゃないリアリティーのあるアニメあげてみてw

148 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:01:39.79 ID:5Lb+EIRI0
音楽とかピアノとか病気をメインの題材にした漫画じゃなくて
中学生の恋愛漫画として読めばいいんだよな
音楽や病気は恋愛を盛り上げる為の装置でしかない

149 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:02:05.84 ID:aKLTcR/n0
触っちゃいけないやつだったか

150 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:03:04.21 ID:2181Z++G0
かをり以上に私を見てと訴えかけてくる演奏者はいなかったから素人には受けた
けどもコンクールでそんなものが評価されるはずもなく落選
これも許されないとなると創作って大変だね、あひるの空くらい負け続けないとリアリティーがあると思ってもらえ無さそう

151 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:06:14.16 ID:LiDFdnFm0
アニメにリアリティーを求める事こそ陳腐です!

152 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:12:48.55 ID:PFJWicVi0
ここ、アニメ板だったんだ…… >>147>>151
有間は幼時から天才で、技術も仕込まれてる描写があったから、きっかけで化ける下地はあると理解できる。
宮園は、才能があったとも猛訓練したとも何ら仄めかされずに、それで感動の演奏を成功させるから、首を傾げさせられる。
虚構内リアリティーとしても、描き込み不足なんだよ。

153 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:14:46.84 ID:I7ttdPSO0
【完結】[四月は君の嘘」最終話、かをりは死亡、幼なじみがまさかの大勝利
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1415442399/

ネタバレ通りに

154 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:16:16.18 ID:5vAAqO3F0
>>126
PFJWicVi0さん言うとおりであっていました。
>>99
の解釈だと『それなのに君はピアノをやめるんだもの』
で時間経過が必要なのに
最後の公正との写真のかをりと
『人の人生を左右しといて』のコマのかをりの
服が一緒。

つまり
かをり、ピアノ教室通う

公生のピアノ演奏を見て感動

公生と共演して欲しくてヴァイオリン始める

公生がピアノやめたことを知る


最後の写真は公正の初めての演奏会だな。
やっぱり最初の解釈でよかったのか

155 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:28:06.70 ID:LiDFdnFm0
>>152
描き込み不足だと思うなら見なきゃいい事。
誰も見てって頼んでないでしょ。
アニメ(実話じゃない)なんだからアラがあって当たり前。
それを承知で見てるんじゃないの?
あなたが言う完璧な描き込みのアニメ早く教えてよ!

156 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:30:24.84 ID:PFJWicVi0
>>155 ムキになる前に、アニメでなくマンガの話をしてると気づいてね。

157 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:33:15.25 ID:sh+7tNXy0
死ねよアニオタは

158 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:34:16.06 ID:LiDFdnFm0
じゃぁ
あなたが思う完璧な描き込みをあげて!
あげられるならなw

159 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:35:34.75 ID:5Lb+EIRI0
アニメつき11巻高すぎだろ
最終話補完するような内容になればいいなと思ったけど
かをり出てこないぽいな

160 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:39:47.05 ID:PFJWicVi0
>>158 アニメでないってわかったかい? 頭冷えた?

あのな、一般にどんな作品も完璧でないとしても、許容範囲ってもんがあらぁな。
この作品の場合は、最終回に皺寄せがきた所為で、許容範囲を超えた。
それまでの得点も帳消しになりかねない無理な後付けがチラホラ出て、不満がある。
それだけのこったろ。

161 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:46:35.88 ID:ubXtOPDA0
どっちもどっちだしどうでもいいわ
ヴァイオリンを弾く女の子を描きたかったからが作者の理由だし
作中でのピアノをやめてヴァイオリンをとった説明には無理があるね
そうですね
それだけのこったろ()

162 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:47:39.85 ID:LiDFdnFm0
フィクションをフィクションと見れない人は
アニメだろうが漫画だろうが見ない方がいいよ。
整合性がある作品の方が稀有なんだから。

163 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:52:13.32 ID:PFJWicVi0
うんまあ虚構に限らず、現実でも整合性の無い非理性的人間の方が多いしな。>>162とかみたいに。

164 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:57:21.44 ID:5Lb+EIRI0
フィクションだからこそリアリティ求めるんだろ
ドキュメントならリアリティ無くてもそれが現実だから仕方ないというかそれが全てだけど
現実味があるのと現実は違うからな
創作物だからこそリアリティを追求できる

君嘘の世界の中でリアルだったらそれでいいわけで

165 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 15:57:46.44 ID:LiDFdnFm0
結局、自分が思う描き込みのいい作品はなしか
自分自身で答えがない事に文句を言ってる人が理性的って草生えるよ。

166 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 16:01:48.87 ID:imcIp+go0
小説版買ってきた

167 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 16:08:06.45 ID:sh+7tNXy0
>>166
スレチだから小説板でどうぞ

168 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 16:10:14.76 ID:DuGMMcmo0
マジでおもしろかった

169 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 16:18:08.60 ID:bd2gW4rK0
中途半端に医療面のリアリティを出しても鼻につくだけだし
「こうすれば助かっていた」とか「今の技術では助かっていた」
とか本筋と関係ない所に議論が飛んでウザいだけだよ

170 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 16:31:53.13 ID:LiDFdnFm0
>>163
何か答えるとアラを突かれる。
それってあなた自身の行為と同じだよね?
自称理性人さんw

171 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 16:37:49.24 ID:3UDjBfsH0
なんだこの粘着おばさん…

172 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 17:24:48.56 ID:KSF+kCB70
全レスおばさん

173 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 17:28:30.40 ID:FRqV8XCJ0
賛否があって然るべきかな
自分が思った通りじゃないから嫌という感想も、
粗があるという感想もまあいいんじゃね

個人的には最後まで大きな破綻もないし(脳内で都合良く解釈できるレベル)
無駄なくきちんと描ききったと思えるので特に不満は感じないかな

174 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 17:31:46.11 ID:4cmsCon10
なーに死ぬ死ぬ詐欺して死なないよりはいいだろw


ってバカ!ハッピーエンド厨の俺を裏切ったわ!!
全巻売ってくる・・・

175 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 17:37:34.47 ID:2F1ROZxs0
不満なのは今まで丁寧に描いて来てたのに
ラスト2話だけ駆け足で終わらせた感じが拭えないんだよね
あと一巻分ないし、二三話かければ
大分感じが変わったと思うんだけど

176 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 17:42:36.12 ID:FRqV8XCJ0
冗長にならずに付け足すとしたらどんな話がいいかな?

177 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 17:48:49.81 ID:5vAAqO3F0
最後のセリフを
「君と出会った春が来る
君のいない春が来る」を

「君と出会った春が来る
君は僕の中で生き続ける」

くらいに変更するとだいぶ印象違うんだけどね。

178 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 17:51:15.59 ID:vFgoE1dl0
公正眺めてたら渡見てると勘違いした友達がデートをセッティングしたって流れの方が
良かったかなぁ。

179 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 17:51:15.66 ID:VtjgC65Z0
>>176
渡が神視点だったのか、友達が恋敵になりそうだと年齢相応の葛藤を
抱えた男の子かどうかは読みたいな

180 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 17:54:53.65 ID:H0KuUwf20
かをちゃんのあの手紙、きっと何度も書き直したんだろうな
ずっと前から死を意識していたとしても、まだ中学生だし
憧れていた人と心が通じあって未練も出来て、でも別を告げなくちゃいけなくて
手紙書いてる間に涙が溢れてきて文字が滲んで書き直して

とか妄想していたら目から汗が…

181 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 17:57:03.38 ID:FRqV8XCJ0
>>179
渡や柏木さんは悟りでも開いてんのかって感じだったもんなw
そうだね、もうちょっと掘り下げがあっても面白いかも

182 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 17:57:48.31 ID:sh+7tNXy0
>>177
お前の中ではそうなんだろうな
俺はそんな最後だったら破り捨ててるわ

183 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 17:58:34.85 ID:2181Z++G0
君は僕の中で生き続けるとか欺瞞じゃない?
母親がそうだから、かをりも同じだというのは違う気がする
公正にとって母親は血肉だけど、かをりは好きな女の子
喪失感からは免れない

184 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 17:59:16.37 ID:2181Z++G0
逃れられない、だ

185 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 17:59:40.14 ID:mb6Yrjnv0
>>180
しかもだよ、公生と一緒に買い物に行ったときに
そのレターセットを買ってるんだよね。どういう気持ちで、とか考えると

186 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 18:00:34.50 ID:hf4n3DQ30
最終回読んだけどなんだあれ…切なすぎるだろ…
これから最終回までアニメでかをちゃん見る度に泣くわこんなん。
うすうすだろうな〜とは思ってたけど、いざくるとすごい喪失感だった。。
なんかもうラストなのに公正の表情がなんともいえずせつねえ。

187 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 18:02:36.16 ID:CuG/u5yj0
>>179同様渡関連をどうにかして欲しい。
渡は椿が好きだけど椿は公正が好きだから〜〜〜って方向だったら個人的に満足。
あとは想像通りだったからここをインタビューで触れてくれてたら嬉しいな。

188 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 18:10:03.78 ID:Gnpin8aS0
渡が椿を好きだとかキモすぎて無理だわ
そんなぐちゃぐちゃの関係だったらかをりが自分の入るスペースがないだなんて思うわけ無いだろ

189 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 18:18:10.46 ID:seQPOia/0
きっとかをりは公正と過ごした一瞬一瞬
いつも死を感じながらもう二度とないと思いながら過ごしただろう
公正との時間は文字通り夢にまで見た最高の瞬間だったろう
そして二度目はないことにたくさん泣いたんだろうと

190 :sage:2015/02/07(土) 18:24:24.83 ID:CGnx3Ewd0
アニメ二期OPのラスト、原作の最期のページと同じで
公正のピアノの左の隅にかをりの手紙が置いてあるな。
写真はバレバレになるせいか無いけど。
やっぱり前々から決まったラストでアニメとも整合とってたんだろうな。

191 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 18:25:12.99 ID:5vAAqO3F0
>>179
渡はかをりが本当は公正のことが好きとわかっていたのかも

10巻の最後で公正が渡にかをりが好きだと宣言した時の
渡の反応がうれしそうだったので

公正の携帯番号をかをりに教えたのも渡だったりするのでは

192 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 18:29:56.57 ID:Gnpin8aS0
6巻21話までは気付いていないことが確定してるけど、その後はうすうす察していただろう

193 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 18:31:52.39 ID:sh+7tNXy0
腐女子じゃなかったら柏木さんが一番いい女なんだよな
唯一まとも

194 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 18:33:34.75 ID:eB6abHBi0
>>177>>182
最後のページに何もないのが
かをり生存派の「公生の再引きこもり疑惑」を払拭できない理由と思われ
「−でも、僕たちは進み続けるー」という言葉が入っていたらどうだろう

それとも最後のDVDに後日談をつける伏線だろうか

ただ、ショパンバラード第一番ト短調OP.23は
もう今後涙なしでは聞けませんね・・・

195 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 18:36:11.07 ID:seQPOia/0
6巻で渡がかをりに公正が好きかと聞いてる
で、好きだ!とかをが答えてた
ただそれと同時にかをは「みんな好きだ」と煙に巻いてる
でも渡は自分が特別じゃないことは分かったと思う
それどころか「心中して」の時も公正に病院行ってやれと後押ししたり
公正とかをの仲を持とうとしてるみたいなところもちらほら見られる

196 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 18:48:00.49 ID:7ttYwhh50
渡は9巻の「お前のお願いならいいよ」が格好良すぎる
全編通しても印象に残ってる台詞の一つだ

197 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 18:54:25.33 ID:MWFnZp7V0
「ちゃんと墓が出てこないからかをりは生きてる!」ってレスを見て
そんな事言ってると最終巻の表紙がかをりの墓の絵になるぞと思ったんだが
ついでに、そういえばかをりはもう遺骨になってるんだなーと思い至って悲しくなった

198 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 19:00:19.70 ID:bd2gW4rK0
公生、絵見、武士は同じ音楽系の高校に進学するのかな
「比較的近くで」「それなりに良い」音楽系の高校の第一志望だと
ほぼ同じになるんじゃないかな

199 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 19:07:56.56 ID:BSBV8PCnO
かをりが無名だった理由は「病弱でコンクールと無縁だった」でいいかな?
地味かをりは真面目で暗そうだから、病弱なりにねちっこく基本練習して、多少のテクニックの裏付けはありそう
まあ本当はかをりにしろ公生にしろ、スタイルを大きく変えたらモノになるのに何年もかかるんだろうけれど

200 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 19:14:09.72 ID:EsRbN91O0
>>193
腐でも一番いい女は柏木でガチだろう

201 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 19:19:09.84 ID:iTOAq29e0
「有馬先生の弾くピアノになりたい」はあの歳ではハイレベルすぎるだろw

202 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 19:20:05.89 ID:iTOAq29e0
>>197
「有馬の中に住んでる」から

203 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 19:38:42.62 ID:ubXtOPDA0
>>196
あそこよかったね
渡ってモテイケメンで上から目線で公正に接してるんじゃなくて
あのヘタレメガネをずっと対等に尊重してるんだよな

204 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 19:43:27.75 ID:wAcuETPa0
幼少期もピアノ止めて燻ってる時も変わらぬ態度で親友やってたんだもんな
そういう芯を持っててイケメンでスポーツも得意で女の子に対して積極的…そらモテるわな

205 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 19:56:50.25 ID:oMYN4hJg0
最後の病院のベットがやばい
喪失感がハンパないな。

206 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 19:57:52.68 ID:FLE0ohyY0
かをりは「死んだ」んじゃなくて「生きた」
それをずっと忘れないでいてもらうことがかをりの願いだからあの最終話なんだな

207 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:00:14.87 ID:Ihsh3RIG0
あんまり話題になってないけど、椿と会話した後の公生の表情すごいよね。
笑顔なのになんだか物寂しい感じが伝わってきて・・・。

208 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:01:38.29 ID:jOUF4cEq0
イヤミで書くわけじゃないんだが、渡は便利なキャラだった
主人公の親友として性格が申し分ないし、
女好きという性格からして「かをりの嘘」のダシに使われても禍根が残らない

繰り返すが、イヤミじゃあないんだよ

けっこういるよな現実でも 残念系のモテ男ってゆうかw
本人に聞くと「んー、まー、でも未だ”出会ってない”って感じなんだよねー」とか
ぬかしやがるw (両脇に女かかえたような状態でw)
オレなんかからすると、「こいつ、首しめてやろうか」と思うんだがw

209 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:06:42.56 ID:vcps/d950
渡がちゃらいからといってあんな嘘ついていいわけない

210 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:08:50.12 ID:jOUF4cEq0
>>209
ま、まあ…たしかにオレが渡の立場だったら、真相を知った翌朝、
度胸試し橋の十倍くらいの高さから、身を投げてる可能性が高いなw

211 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:09:04.80 ID:HftYm+B30
最終回死ぬほど泣くだろうと思ってたけどそんなにだったな
妙にあっさりしてた
何ていうかもっとハッキリとかをりの死を描いて欲しかった
これは前回でやるべきだったのかもな

アニメ化でおかしくなった感があるわ
ラスト駆け足だったし

212 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:13:08.11 ID:Gnpin8aS0
改めて読み直したけどラスト三話くらいブレてね?
幸せなピアニストになって欲しいと願っていたはずの紘子さんがかをりを失った公正の演奏にうっとりしているところとか

213 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:13:53.61 ID:seQPOia/0
渡は自分が特別ではないのは6巻で気付いてるだろうし
一番きつい話は公正だけに話してるの知ってるから
かをりが自分と公正をそれぞれどう考えてるか
渡ならお見通しだっただろうと

それでバカにされたと怒らずに逆にアシストしてるんだから
無茶苦茶良い奴だと思うよ

214 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:24:19.82 ID:yS7L4LcF0
なかなか良かった
ますます高校編が見たくなる
そんな後ろ髪を引かれるくらいの最終回が一番いいんだろうな

215 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:26:36.39 ID:r339CWdQ0
>>209
その通りだけど結果として渡は渡で受け止めてるからいいよ

作中の渡が>>210だったら俺もさすがに叩く側に回ることにしたと思う
心が痛むw

216 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:26:53.11 ID:FR3/C7iy0
最後には失望した
母親殺して同じようにかをりも殺してって何これ
母親の死に苦しんだ公正と病気に苦しむかをり
二人が支えあって困難を乗り越えて幸せになる
そんな話が見たかったのに

中学生の女の子は死んでしまったけどすごくステキ人生だったよね
でもやっぱり死んじゃうのは寂しいよね辛いよね
そんな展開に感動するでしょ?泣けるでしょ?

みたいなのを見せ付けられた気分
つまらなくはなかったけど好きじゃなかった
読者の希望も登場人物たちの気持ちも全部裏切られたように思う

糞みたいなオナニー作品だった
作者を嫌いになる勢いだわ

217 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:29:19.27 ID:Gnpin8aS0
かけがえのない大切な人をまた失ったけど、今は大切な人が引きあわせてくれた皆がいるので前に進んでいけます

こういうことで良いのかな?

218 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:34:18.23 ID:FLE0ohyY0
あれだけしつこく死亡フラグ立てて進路なんて考える必要もない状況ってことも見せてるのに
まだ死んだから作者許さないって話になるんだな
裏切って欲しかったって気持ちは理解できるけど結果としては順当なところだろう

219 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:37:46.61 ID:HftYm+B30
まあでも一回死亡ルート回避か?って流れになったのにね
結局元に戻ったけど

220 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:43:33.59 ID:FLE0ohyY0
>>217
うちのめされた公正を前に進ませた存在が、苦しくてもあがき続けるかをりであれば
公正は失って進むピアニストになっていただろう
作中ではそれは椿であり、出会った人々だった
得たものによって進んでいるんだよ

221 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:44:57.96 ID:Gnpin8aS0
死亡フラグは立ってたけど「君は王女様じゃないよ」、「僕はラヴェルなんて絶対弾かない」などと母やいちご同盟の直美とは違うってことを散々強調しておいて似たような死に方をしたから
そういう意味で騙されたと憤る人はいるだろう

222 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:47:05.89 ID:N3XHmvsO0
この作者の作品はこれから安定スルーですね

223 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:51:06.22 ID:3UMBrvn40
新川「自分に都合よく勝手な解釈して、勝手に怒る。どうせーちゅうねん」

224 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 20:59:37.13 ID:FR3/C7iy0
母親の死を乗り越えた少年(主人公)と目の前にいる病気に苦しむ女の子しかもヒロイン

そもそもこの設定だけで死亡フラグなんて全部折れるわ

225 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 21:08:35.02 ID:N3XHmvsO0
>>39
浅田次郎の闘病モノはそういうところをきちんと描写してたな
読書中は涙が止まらんかったぜ

なお四月はお察し

226 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 21:10:52.18 ID:sh+7tNXy0
>>225
なんちゃらの100マイルやったっけ?
中学生くらいの頃読んですごい泣いた記憶がある

227 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 21:10:57.47 ID:N3XHmvsO0
>>53
手術してたから内臓系の病気じゃないの?

228 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 21:24:42.41 ID:N3XHmvsO0
>>226
天国までの100マイル

母ちゃん生きてください

こんなん卑怯やわ 絶対泣くわ

229 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 21:34:14.90 ID:4gXWmPN+0
かをりの両親が公正をあんなに気にいってたのも
最終回で理解した

230 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 21:34:43.89 ID:7yJtWTx40
単行本派なんだけど、妄想共演コンサートから手紙もらうまで時間経過どの位?
術中死しかない短期間?

231 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 21:36:30.13 ID:MowXprBW0
自分が中学生に戻って想像して両思いと後でわかった
でも もう骨です。なんてやばいわ・・・・

232 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 21:38:59.25 ID:seQPOia/0
手紙渡されたの「四十九日」の納骨の時と思ってたから
それぐらい後だと思ってたけど
話によるとすぐに納骨と言うところも多いらしい
だとすると数日後か長くて一週間以内?

233 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 21:43:04.12 ID:mb6Yrjnv0
結局かおちゃんの命日はいつなんだ。
せめてそれくらいは教えて。せめて黙祷したい。

234 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 21:48:49.10 ID:FLE0ohyY0
2月18日午後3時頃

235 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 21:52:35.25 ID:2D63Hw+T0
>>234
ありがとう

236 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 21:58:46.14 ID:7yJtWTx40
ありがとう。ほぼ術中死か
じゃあスピンオフで術後の短い日々が描写される可能性はないか

237 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 21:59:15.37 ID:aob6dYKm0
かをり視点で1巻から読み返し中。
かをりが椿に公生を伴奏者にすること話す時、やけに気まずそうだなと思ってたけど、公生を好きな椿に気を使ってたのかな

238 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 22:03:53.48 ID:8HFeGB2Y0
かをりの余命はあと1週間前後で、手術をするも芳しくなく余命を上回ることはできなかった。って感じのコメントがあればモヤモヤしなかった。

239 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 22:04:26.00 ID:cEWcVk3h0
>>219
死亡ルート回避か?って流れが死亡ルート回避ではなくて別の意味があったんだよ

>>221
いちご同盟とは異なることを書きたかったんだよ
でもそれは、かをりが死なないことじゃない

240 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 22:09:12.62 ID:YecWivHb0
>>239
いちご同盟を浅学にして読んでないんだけど、パクリだのオマージュだのなぞっただけだの意見しか見てないから描きたかった異なることが見えてこない

母親にしても周りにみんながいるかどうかの違いはあっても母親とかをりの違いが見えてこない

241 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 22:21:23.97 ID:tbefVlE00
手術前はあれほど動揺していたのに、公生がかをりの死をあっさりと受け入れているのが
腑に落ちない

242 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 22:23:44.07 ID:T52q5Uad0
>>212
今週のアニメ版で紘子さんは、公正に幸せを与えてくれるのは凪だって言ってたよ

243 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 22:23:44.14 ID:tC3WlHzb0
終わりがクソ全てが台無し
そんな漫画でしたわ

244 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 22:23:53.74 ID:giDAfdgu0
竹熊に言わせるとそういうのは世界観が崩壊してる漫画
ということになります

245 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 22:27:15.23 ID:2F1ROZxs0
>>216
自分が気持ち良くオナニー出来なかったからって
それを読者の総意みたいに語られてもな
誰も同意なんてしてくれないよ

246 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 22:27:32.13 ID:rYT7QAWD0
先月号の描写で死んだことは分かってたけど、
一読者の願いとしてはもう一度かをりと公生で幻ではなく演奏してほしかったなあ。
綺麗にまとまってて良い作品だ。

247 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 22:29:56.00 ID:cEWcVk3h0
いちご同盟は希望が描かれてない
出会いがすでに入院中、直美は自己の死を自覚してそれをただ受け入れることしかできず
肺を失い、滅菌ルームに入れられ、のどに穴をあけられ会話もできず
意識を失い、息が切れる瞬間まで良一は立ち会わされそれを忘れず記憶することを切望される

あくまで自分がこの作品を受け取った印象であって
作者が描きたかったことと異なるかもしれないけど、この作品は
いかに死にゆく少女と少女を好きな少年が幸せになれるか
を描いたんではないの?

248 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 22:32:07.82 ID:hQqIt5WG0
死にたがりのやつが死にたがり病を卒業できただけでも希望あるやろ>いちご同盟

249 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 22:51:02.05 ID:ZcjJccTz0
>>242
ずぶとく幼く残酷で生命力の塊だから>凪
鬼の道に踏み込みかねない公正に別のものをくれないかと願ったんでしょう

250 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 22:59:15.71 ID:FR3/C7iy0
>>245
同意してもらいたいわけじゃないよ
ただの感想だ
人気のある作品だと思うからこれに乗っかってヒロイン殺してお涙頂戴な作品が増えて欲しくもない
だからやっぱり批判しておく
そんな展開望んでない読者もいると知っておいてもらいたい

251 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 22:59:50.71 ID:YecWivHb0
「好きな人がいると全部がカラフルに見える」
それが思春期であり14歳であるというところから物語が始まった

そして好きな人を失っても公正は一人ぼっちではなく周りに皆がいることに気付き、演奏をやり遂げ好きな人にさよならを告げた

最終回で紘子さんは公正を大人になったと評している

つまり好きな人の存在の有無で世界がカラフルだったりモノトーンだったりする思春期を卒業し、好きな人との別離も糧に変えて前へ進む大人へと変わる物語だったんだね

252 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 23:22:00.12 ID:VAcKSWCB0
>>216
同意…

253 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 23:37:57.54 ID:iTOAq29e0
>>250
フォロワーが増えるほどの影響力はないだろ

254 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 23:46:04.60 ID:nGNgz4Sp0
お涙ちょうだいの話じゃないと思うけどな

255 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 23:51:36.45 ID:jOUF4cEq0
嫌いと思っただけでもたいしたもんだ
何も思わなきゃ、こんなとこ来て書き込みなんか見ないし、まして書き込まないだろ

かをりが気の毒すぎて、儚すぎて、そして鮮やかすぎて、強い感情を覚えたんだろ
そんなら、自分と本質的には同じだ

256 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 23:54:01.26 ID:xlSPSVGi0
最初っから死にそうだったキャラが死んで文句言う意味が解らないし、
母親が死んでヒロインが死んだから同じこと繰り返すなってのも意味が解らない。
高校野球漫画でセンバツと甲子園で優勝したら同じことの繰り返しだとか言うんだろうか。

257 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 23:55:37.95 ID:hf4n3DQ30
かをりの死ははじめから決められてたぽいしな。。なんとも
母親の死のトラウマを乗り越えて、確かにかをりのあれは追った出来事だったけど
かをりと一緒に成長した公正は明らかにあの時とは変わってる。
そもそも自責の念にとらわれた母親の死と比べるものではないけどな。

椿の言葉を受け止めてる公正の顔見たら椿エンドにもそうでないのにも見えるな。
何ともいえない悲しみを堪えた笑顔だったから。
まぁ強く生きなきゃいけないんだけど。

258 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 23:57:39.97 ID:cEWcVk3h0
死期を悟り投げやりになったかをりに
凪との演奏の後
公生は一緒にステージで演奏するという希望を与えた
その為に努力するかをり
でも弓も持てない立つこともままならない
最初から起こり得ない希望だったんだよ
それでも、かをりはあきらめなかった
かをりの死に怯えていた公生も椿のくしゃみで自分を取り戻し最高の演奏をする
そこで、音楽の力で奇跡がおきたんだよ
ステージでの公生とかをりが再び一緒に演奏するという奇跡を
最終話の公生に曇りは無いと思うよ

259 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 23:59:13.88 ID:w/OKlUhn0
死ぬのはいいし、わかってた。だからこそこの漫画のオチに使うほど強烈なものがないとも言える。
そんな最終回だった。

260 :作者の都合により名無しです:2015/02/07(土) 23:59:31.15 ID:DuGMMcmo0
かをりが最初に流した涙を忘れられないのはオレだけじゃないはず

261 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:03:34.96 ID:+HkxfyuW0
かわいがってた猫が死んで木の根元に埋めたら翌年見事に花が咲いた、みたいな
実は残酷なお話
強くなった公正はその後もさまざまな女を肥やしにして偉大なピアニストになる
なんでも食ってしまう芸術という怪物を育てるホラー

262 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:05:22.54 ID:FoZSwE6N0
ラストに「実は好きだったんだぜ」とか言われても、恋愛の駆け引きなんてほとんどなかったからピンとこない。
それまでにヒロインの本心をさぐるような踏み込んだものがなかったぶん。
お互いが演奏という共通した部分で高めあって惹かれあっていく描写が主で、
それが対人の場合、純粋な恋愛ごととして絡めた場合、ヒロインの本心や気持ちはことごとく雲をつかむようなものだった。

263 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:09:04.44 ID:uMr7VxhY0
死亡エンドでもいいと思うけど、もっとラストを丁寧に描いて欲しかった。
最後に公生がかをりの手紙を読んでそれで終わりって・・・

264 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:10:25.95 ID:hoXAjZCK0
べっとりとした恋愛マンガじゃないから重きは置いてない
テーマが違う

265 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:11:15.82 ID:FoZSwE6N0
うん、だから最終回のオチもピンとこなかった

266 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:14:08.45 ID:FoZSwE6N0
遠くに引っ越した。って言われても不思議ではないくらい、いなくなったことに対しての喪失感がない。

267 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:17:51.45 ID:FoZSwE6N0
やるべきことを全て終えて死んだって感じがするからかなあ。
不意をつかれる死はショックだけど、さあ死ぬぞ、さあ死ぬぞ感が強かったからかなあ。
うーん

268 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:23:44.97 ID:mh3aBa/60
>>263
真弥子の日記帳というのがあってな・・・
eveも昔になったものだワイ

269 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:27:38.48 ID:95DZGzRx0
かをりは椿に嘘をついて公正と知り合うきっかけをもらったし、後少ししか生きられないことも悟っていた
だから、自分の気持ちを伝えたいけど伝えられない・・

十分に恋愛マンガでもある

270 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:30:38.54 ID:7W6zUUt60
43話で公生が演奏中の公生はかをりに
「一人になんかさせてやるものか」

最終話で椿が
「一人になんてなれると思うな」
と公生に語ったあと公生は微かに笑い
「もうすぐ春が来る
君と出会った春が来る
君のいない春が来る」

271 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:34:02.26 ID:FoZSwE6N0
終始一貫してヒロイン視点で展開する方がよかったかもしれんな
そうなるとこの最終回は強烈なものになる

272 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:34:16.84 ID:c6tLNHjo0
母親とかをりは同じことが繰り返されたんだよ
「君は母さんみたいに突然いなくならないよね」「君は王女様じゃないよ」「僕はラヴェルなんて絶対弾かない」っていうのは公正の願望でしかない
5巻の最後に「君は心に何を持ってたの?」「何を支えにしたの?」というかをりの質問に対して「君がいたんだ」と答える公正がいる
ここで重要なのはかをりがそれを聞いてそれまで笑顔を浮かべていたのが真顔になっている
「ぼくがいつもそばにいて助けてあげられるとは限らないんだよ」
依存の対象が母親から自分に移っただけということをかをりは痛感して、なおかつ自分がいなくなることも分かっての消えた笑みなんだよね
つまりここまで旅の途上にいて公正は変わったように見えて本質は変わっていない

母親と同じようにかをりも突然いなくならなければならなかった、それは誰かに依存して演奏していた公正が今度こそ自立して大人になり母親の時には受け止められなかった悲しみを今度こそ受け止めるため
そうして初めて公正は自分探しでもヒューマニックメトロノームでもない表現者として演奏が出来たといえる
だから少しでいいから延命して欲しかったとか、死に際のやりとりがあって欲しかったって意見があるけど、そんなことをしたら作品のテーマが崩壊してしまうから無理なんだよね

273 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:36:19.82 ID:vnhsIrop0
地味子かをりだともし頑張って近づいても公生の気を引けなかった可能性も高いよな
そう考えると病気が両想いにしてくれたという面はあるんだよな
しかし最初のかをりの涙っぽいの(実際涙だった)があそこまで重大な伏線だったとは
完全に忘れてた
演奏の感想を聞く時の震えには気づいてたのだが

274 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:37:01.84 ID:RFtuqYq40
>>271
それは公正じゃなくかをりの物語で作品として全くの別物じゃないかな

275 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:39:46.17 ID:FoZSwE6N0
あの幼馴染の女の子いてるでしょ。
あの子が一番本音を読者に伝えてたと思う
ヒロインはなんか遠くの位置にいすぎてなんやようわからんかった

276 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:40:59.40 ID:vEERrY900
かをり→ホラ吹きで病人
椿  →サイコ
絵美 →ヒステリック
凪  →腹黒
柏木 →腐女子


公正くんには女難の層が出てますな

277 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:44:48.75 ID:P4gT2nch0
中3で初恋相手が死んじゃって、後で実は両想いだったとわかった。トラウマでピアノなんてひけねーわ

それ以上に椿がかわいそう
死人には絶対にかなわない

付き合うにしろ結婚するにしろ公正は絶対にかをりのことは忘れない
それがどれだけ辛いか

椿と公正は結ばれないか結ばれても別れるな
リアルならな

未来に救いがないお話になっちゃった
そもそも作者はこの作品で何を読者に伝えたかったのか、それがさっぱりわからない
残念です

278 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:45:42.34 ID:RFtuqYq40
「君のいない春が来る」って悲しいけど悲観的な台詞ではないね
母親がいなくなっても演奏するときにいつも幻影を見ていた公正が、今はかをりがいなくなったことを受け入れられる人になったってことだから
かをりの姿をどの演奏でも感じ取っていた公正が最後の演奏でようやくさよならできたわけだ

279 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:49:03.25 ID:gHJpDWiS0
まあ椿や渡の気持ちは考慮しないで、二人ともやけにものわかりよい善人にされとるわな
かをりも含め、あまりに主人公にばかり都合好い周囲の人たちの設定に、白けた。

280 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 00:58:12.12 ID:FoZSwE6N0
「実は好きだったんだぜ」的な告白を最終回の一話手前に置いて、
あ、やっぱり死ぬんかこれ。って思わせといて、結果的に手術は成功。みたいなエンドがよかったね。
ひゅー、ハラハラさせやがって。ってなるほうがよかったよ俺は

281 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 01:01:16.80 ID:gHJpDWiS0
>>258
空しい希望を持たせて、辛いだけで成果の無い努力をさせたのは、残酷やね。
せめて公生の幻覚だけでなく、かをりの側も共演の幻を感じた形跡でもあれば、いい奇蹟になったのに。
いまの描写のままだと公生の身勝手な妄想と大差無い。

282 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 01:03:55.34 ID:vEERrY900
公正ってかをちゃんをオカズに使ったりしてたのかな
それともキレイなものは汚したくないみたいな感じだったのか

283 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 01:07:07.16 ID:RFtuqYq40
夢は夢だよ
現実は容赦なく時を進める
大切なのはそれをどうやって受け止めるのか

284 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 01:07:52.74 ID:FoZSwE6N0
ちょっと死や悲劇を美化しすぎのような気もする
ヒロインも主人公もそれに酔っちゃってる感がある
テレプシコーラみたいな胸糞悪くなるような感情に至らないのはそのせいかもしれん
キレイすぎるんだよな全体的に

285 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 01:17:23.42 ID:MxLbZUzG0
主人公が達観なのか諦観なのか知らんが
淡々と処理した最終回だったな

286 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 01:23:02.81 ID:kIibeuFK0
死の直後をカットしたからな
当然かをりが亡くなった直後は公生も椿も渡も(?)泣きまくったろう

悲壮感全快の最終話にしないためだろうな

287 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 01:28:24.56 ID:PI6nh0450
43話でかをりが出てきた時には公生が驚いた後、物憂げな表情で目を瞑ってるんでこの時点で公生はかをりの死というか死期を悟ってるし死後直後の展開は蛇足でしょう。

288 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 01:29:57.33 ID:RFtuqYq40
かをりが死んだからって時が止まるわけじゃない
だからあえてのカットだとみた

289 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 01:30:48.44 ID:P6H0A+ry0
公正・かをり・椿の設定が先にあって
渡はそれを補完するために後から登場させたようなキャラだな
主人公の恋敵で嫌な立ち位置だが、不快さがない

それだけに椿のウザさがより引き立ってしまっている
それがかをりの喪失感に拍車をかけてる

290 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 01:46:42.15 ID:7W6zUUt60
>>281
かをりにとって公生とのステージで一緒に演奏することは
五歳の時からの願望
でも自分の死を自覚しなければ、走り出さなければ叶わなかった夢
それが叶ったのに公生は再びその夢をかをりに抱かせた
ステージのかをりが幻であり、公生の妄想と読者が受け取るなら
確かにこの作品は不完全なのかもしれない
作者は椿もかをりを感じたことぐらいしか描いていない
でも、この作品はステージのかをりが真実のかをりだったことですべてがつながる

291 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 01:54:20.03 ID:uMr7VxhY0
公生の存在がなかったら、かをりは自暴自棄になったまま生涯を閉じていた。
たとえ希望が叶わなくても、最後まで諦めず努力し続けたことに価値がある
ということなんだろうな。

292 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 01:55:53.00 ID:z2VbSeoD0
>>289
そのせいで渡が薄っぺらい感じになってる
もっと他に役割を与えられなかったのか

293 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 01:58:03.71 ID:RFtuqYq40
渡がいるから公正はいつまでも恋を自覚しようとしなかった
これ以上の役割はなかなかない気がする

294 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 02:04:04.97 ID:pjy2WdBH0
君嘘が終わって作者はしばらくお休みかな?

295 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 02:04:06.28 ID:/LXxxkrs0
まだ椿が公正を弟のような存在だと言ってたとき(何巻だったか忘れた)かをりが椿に公正のことどう思ってるか聞かれて「弟みたいなもん」と答えたのって椿と同じ感情を公正に抱いてるってことだったのかな
元々かをりは椿の公正に対する感情が分かってたらしいし

296 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 02:06:50.63 ID:zmWJlQsg0
公生とかをりは音楽を通じて精神を共有できたからこそ、43話で
一緒に演奏する奇跡が起きたのだろう。

その意味でも、公生にとってかをりの存在は大きく、例え絵美や武士、凪など皆の
力で、悲しみを乗り越えたとしても、やはり公生の進む道は「鬼の道」と言わざるを得ないな。

しかし救いはある。椿は「死んでしまったかをり」に敵わないと考えていない。公生との距離は近く
誰よりも公生のことを理解しているからこそ、ラスト「一人になんかさせないからね」
と公生に宣言していると考える。

音楽はわからなくても、音楽以外で公生を支えられる自信と覚悟があるからこその言葉だ。
公生の今後の人生をカラフルにしていってくれることと期待したい。

297 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 02:14:53.93 ID:/okX4+qr0
公正は母親しんだ後は戦いすらせず逃亡でしょ
かをり死後は逃げずに戦う。だが勝敗はわかりませんよのビターエンドでしょこれは
最後の言葉はこれから始める戦い(人生)への不安を表した言葉
母親死んだ後は幸不幸とかそれを掴む以前の状態

298 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 02:17:26.69 ID:c6tLNHjo0
君がいない春が来ることを悲しくても受け止めてたから勝敗でいうなら勝ってるね

299 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 02:20:41.24 ID:c6tLNHjo0
「大人になったのね……また一段と色っぽくなって」という紘子さんのセリフが最終回にあることからも確定的かな

300 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 02:21:26.97 ID:ZAXEwMY/0
そういう描かれ方してるし、そう読み取れるけどもなんか祖父母が大往生した時みたいな死の受け入れ方してんだよな公正のまわり
かといって何年も引きづるってのも変だが、納骨時に手紙渡したなら日が浅過ぎる割にと感じてしまう

と書いてて悲しむ場面が圧倒的に少ないからかと自己解決

301 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 02:21:52.04 ID:FoZSwE6N0
なんだかなー、だわやっぱり
好意的に解釈すればそうなんだろうけど、そこまで伝わってこないわ

302 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 02:23:06.22 ID:FoZSwE6N0
むしろ、そういう風に受け取れっていわんばかりの押し付けがましさを感じた

303 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 02:30:25.77 ID:RFtuqYq40
公正の周りっていってもかをりとまともに関わったのは椿と渡だけで、かをりが死んだあと負担にならないよう心を配っていた相手だからなあ
傷になったとしても覚えておいてもらいたいとかをりが願ったのは公正だけだし、手紙を受け取った公正以外は結構前に亡くなった友達って感じだし

304 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 02:32:06.62 ID:s6loporQ0
>>293
最初にかをりは渡が好きってのを刷り込まれなきゃ毎報コンクールの辺りでもっと違ってきてたかな
友達を好きな女の子っていう自分に対する言い訳も出来なくなるわけだし

305 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 02:37:55.98 ID:RFtuqYq40
>>304
そんなのカンケーねえじゃん
心惹かれるコに好きな人がいるのは当然
恋をしてるからそのコは輝くんだもん
だから人は――理不尽に恋に落ちるんだ

公正が好きになることから逃げる理由を探していただけで関係なかったかもね

306 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 02:43:35.93 ID:esfBfe9y0
かをりが病院で下車するところでもう「あ、このヒロイン死ぬんだ」と思い
いちご同盟を否定するくだりで「あれ?ひょっとして…」と思い
最後に「え、やっぱり死ぬのか…」という感じ

この流れはおそらく作者の計画通りなんだろうな
悔しいわ

終わり方自体は綺麗だったから読後感は余韻に浸れて悪くない
でも読んでる最中だと最後は展開や描写がちょっと雑に感じる
アニメのほう意識してあせっちゃったのかね

307 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 02:45:31.41 ID:RFtuqYq40
突然いなくなる、ってことを意識してそれまでのスローテンポから一転急展開で締めたのかもね

308 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 02:53:47.78 ID:s6loporQ0
>>305
まあ基本ヘタレだからねw
かをりの病状の悪化と渡の激が無ければもっとウジウジやってたろうなあ

309 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 03:02:31.67 ID:BP9JCenM0
読んできたわ

アレはアレでいいけど、ここに既にきてるレス分かるなあ
絵美と武士はw?とか
渡ちょっと可哀相とか
性急すぎね?もう1〜2話使ったらとか
どうしてもなんぼか感じる

というか泣きたいのに公生が泣かないのでこっちも泣かしてもらえるシーンがない・・・
死を受け止めるのはいいけど、好きな人を道半ばで失ったんだからきちんと公生を泣かせてあげないと可哀相

310 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 03:09:19.66 ID:puGj6+710
サル漫が指摘したとおりマンガで音楽書くのは無理だな

311 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 03:09:36.99 ID:RFtuqYq40
前回で涙流しているからなあ

312 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 03:15:54.83 ID:BP9JCenM0
前回だと、え、まさかウソでしょ?的なのがどうしてもあってなあ

313 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 03:17:32.48 ID:ybNlTM850
何かあっさりし過ぎじゃね?
つか渡知らなかったのかよw

314 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 03:21:33.69 ID:BP9JCenM0
渡のコマはアレ茶化すべきじゃなかったと思うわ

315 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 03:27:08.16 ID:C7y/W2VL0
この作者はコミカライズ版の冷たい校舎の時は止まるもオススメ。

316 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 03:27:40.61 ID:s6loporQ0
あそこは真面目というかちょっと感傷に浸るような顔が良かったな
悲しんではいるけど軽さの方が強く出ちゃってるし

317 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 03:30:01.28 ID:lzDIH6tb0
終わってみれば、何か色々と勿体無い漫画だったなという印象
かをりが死んでからの成長物語を期待していたが、残念
まぁメインヒロインが死ぬ、というのが作者の初期プロットにあったんだろうし
それを貫き通したんだろうなぁ

318 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 03:38:33.17 ID:RFtuqYq40
人の死を受け止めて成長する物語でなく、成長して人の死を受け止める物語

319 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 03:47:12.10 ID:6VwXTp0r0
泣き崩れる両親、公生たちがいたであろう、死の直後をカットしたのと
かをりの遺書が明るく前向きなことで
「ヒロインが死んだ」にしては読後感が悪くない

320 :デジ:2015/02/08(日) 04:01:41.60 ID:CM1srVSR0
つーか、読者にヒロイン死んで欲しくなかったと
思わせたら勝ちみたいなマンガでしょ。最初から。

反感が多く出るほど成功ともいえる。

321 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 04:06:34.16 ID:RL5DIJIL0
そうなんだよなぁ
夢にみるほどに心に刻み込まれちゃったからなぁ
負けた

322 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 04:22:31.82 ID:3WkVVlM/0
最終回を読んだ当初は端折り過ぎとか描写ぶん投げかと思った
でも最初から読み直すと公正が独り立ちするまでが一貫して描かれていたことに気付かされた

323 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 04:51:36.87 ID:tD8gdRzg0
かおりが自分の中で妥協して死を受け入れていた状態の時に
有馬からの電話越しの演奏で妥協しないで生きるために手術を受ける決意をしたんだし
有馬の方もかおりが開いてくれた未来を目指して演奏会に挑んで
一緒に戦ったはずだったのに普通に死んでて終わりはもったいないな

遺言のつもりで書いた手紙を読み終わったら
手術が奇跡的に成功したかおりが出てくる展開なら
よくあるパターンだとしても良かった良かったで読み終われたのに

324 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 05:45:52.85 ID:RL5DIJIL0
椿や渡、武士や絵見、凪、みんな魅力的に描かれてるんだけど
彼らをもってしても、かをりの喪失感を埋めきれない
誰かも言ってたけど、かをりを魅力的に描きすぎたのかな・・・。

325 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 05:46:18.36 ID:vEERrY900
かをちゃん愛用のクッションと俺が元カノにプレゼントした物が同じで泣ける

326 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 05:54:56.52 ID:MFgN4Bin0
>>294
連載は持たなくても単行本作業や特典漫画とかあるから休みはあんまりないんじゃない
あと冷たい校舎、さよならフットボール、君嘘とあまり間をとらず連載やってるから割とすぐ新連載きそう
イーノやプラス系列のものが創刊されるらしいし

327 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 07:12:28.57 ID:7W6zUUt60
「君のいない春が来る」の踏み切りは
まだかをりを知らなかった公生が
走り出したかをりとすれ違うシーンと対応してるよね

本当はカラフルな世界にいるのにモノトーンの世界に閉じ込められている公生
かをりは生きているのにモノトーンの世界にいる

カラフルな世界にいることを感じている一年後の公生
かをリはいないのにカラフルな世界にいる

328 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 07:31:59.14 ID:rJV6uGiU0
ある意味2巻以降で打ち切り食らっても半年で持っていけるくらいの汎用性はある最終話だけど
十分いいラストだと思う
長期化して描かれる中で希望を持ちすぎてた読者が多いんだろう
絶対に死ぬってことをまず受け入れなければどういう形にしたって不満しか残らない
それが出来ない思い入れの強さは作者の狙い通りなんだろう

329 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 07:41:27.59 ID:rJV6uGiU0
自分ももっと生きてて欲しかったし、もっと報われて欲しかった
手術なんか受けなきゃもう少しいっしょにいられたのにな、とか
無様にあがく姿を描いて結局死なせるのか、とか思ってたけど
でもがんばったんだからそうなるべきだろ、なんて考えはかをりの生きてた現実より全然甘い

かをりにとって死は近い将来の必然だった
一つの夢を叶えてもう忘れてほしいとまで言ってた
そのモノトーンの最後を迎えようとしていたかをりを公正はカラフルにした
がんばったんだから報われるべきだとか誰かのためにだとかじゃなくて
あきらめず夢を見て未来を求め続ける生、それ自体がかをりが得たもの

そしてその姿を覚えていて欲しいってことがかをりの願いだから
かわいそうな女の子のドラマティックな死じゃなくて
一生懸命でひたむきな少女の色鮮やかな生が描かれている

330 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 07:44:39.21 ID:vnhsIrop0
>>319
考えてみれば両親も配慮しただろうし公生は遺体とも対面したんだろうな
でも回想含めて一切そういうところは見せなかった
墓も直接描かないし
死のどうしようもない苦しさ、重さは抑えた演出は徹底してたな
「死んだ」というより「いなくなった」って感じが濃い

331 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 07:47:55.10 ID:cIiiBnET0
最終回で物語が妙に安っぽく見えてしまったのが残念だった

332 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 08:14:37.09 ID:kKLB9bOu0
もうちょっと公生とライバル達とのコンクールでのピアノバトル見たかったけどこの漫画に求めるのは違うのかな
あくまで公生とかおりの物語みたいだし

333 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 09:30:36.64 ID:vng1u22o0
誰の墓とか分かるように描かなかったこと、「死」や「亡」といった字を意図的に使用してないこと、
死ではなく「いなくなった」と表現していること・・・
続編が万一あるとして、実は生きていましたという言い訳にされないことを願う・・・

334 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 10:17:48.32 ID:gHJpDWiS0
>>329
>あきらめず夢を見て未来を求め続ける生、それ自体がかをりが得たもの

お花畑だな、自分に酔ってんの?
きついリハビリとかさせられた彼女の立場からしたら、骨折り損で辛いばかりやんけ。
希望を持つことはいいことだなんて欺瞞。だからターミナル・ケアってあるわけだし。

335 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 10:58:16.42 ID:rJV6uGiU0
>>334
骨折り損で辛いことだらけだの希望を持つことは欺瞞だの
それこそ単なる主観でなくて何なんだ?
欺瞞だというならそれを価値のない努力だと言うこと
つらい思いをすればその報いがなければならないって考え方のほうがずっとお花畑だろう

最後の時間に何を得るかを決めるのはその人自身で
すべての人がターミナルケアに頼らなければいけないわけではない
かをりにとってはそうではなかったというだけ

336 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 11:05:10.27 ID:gHJpDWiS0
>つらい思いをすればその報いがなければならないって考え方のほうがずっとお花畑だろう
勿論、そんなのは論外。
いい結果が期待できないのは前提で、それでも辛い努力をさせるのは、残酷なだけってこと。
喜ぶのは、父母や公生やお涙頂戴に弱い読者どもばかり。少しはきついことやらされる本人の立場になってみろや。

337 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 11:20:08.75 ID:12waKnqL0
>>240
前にもちょっと書いたが
母親の死とかをりの死の違いというと、読者の感情移入の差かな
その辺のことを考えていくと、今度は読者が人の死を受け止めて自分なりに咀嚼する番ですよ、ってことなのかなと

338 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 11:25:52.96 ID:rJV6uGiU0
>>336
なってみろやって言われても、だからそれは主観だろうとしかw
>いい結果が期待できないのは前提で、それでも辛い努力をさせるのは、残酷なだけってこと。
もっかい言うが自分も最初はそういう考えだったし
言い換えてるだけでその論外なお花畑とやらと全く同じ事言ってることに気付こう

すべてを諦めて忘れてって言ってたのはくる祭まで
死なせてお涙頂戴とかが妥当な評価なのはそこまででかをりはその先に進んでる
だから最後を悲惨で可愛そうな女の子が無念に息を引き取るいわゆるお涙頂戴展開にはしていない

339 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 11:30:30.23 ID:iNCgDeadO
>>284
山岸凉子先生は、歳をとってきたとはいえ天才だからな。
あの人の描写力と較べるのはちょっと酷だ。

340 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 12:06:38.26 ID:zmWJlQsg0
少年漫画月刊誌で、1年以上もかをりに死の影がつきまとい、フラグが立ち
フラストレーションがたまっていたからな。結末は手術が成功する奇跡が
起きるものと願っていた自分がいた。

それだけ長い時を過ごしてきたからこそ、読者としてかをりの死を
受け入れることが難しい面があるとも思う。

しかし、多感な青少年は、進路、友人、恋愛観や死生観に至るまで
多くを悩み、乗り越えていけるエネルギーがある。

かをりの死について「所詮は漫画」と忘れるのではなく、作品の世界を共有して
共感した読者として、自分の人生への糧とするのが作者の意図だろう。
毎年4月を迎えて「きみうそ」を思い出せばいいのさ。

341 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 12:28:24.76 ID:sSRenb+e0
クソ漫画の典型だな
第二部でこの世の未練タラタラな暴力クソ女の幽霊化はよしろよ
願い叶ったら浄化しろ

え?
それなんてめんま?

342 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 12:35:38.08 ID:+3RUsdkl0
死ぬのは仕方ないけど、クロノクルセイドみたいに納得のいく描写をして欲しかった

343 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 12:57:56.47 ID:ybOSzjdc0
>>341
おまえ滑り芸やってんのかww

344 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 13:12:55.73 ID:3WkVVlM/0
母のように猫のように突然いなくならないと物語が完結しないから
死ぬところを克明に描写するなんてもってのほか

345 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 13:17:30.91 ID:3WkVVlM/0
辛い努力とか残酷とか書いてあるけどそれは読者から見たら、ってことだよね
確かにかをりはそのようなことを口にしているけど、表情は明るい
何よりそこに夢を見たんだから
叶わない夢だから諦めるのか、出来る限りのことをするのか

346 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 13:26:05.14 ID:3OJ/WRj00
死んであっさり終わったな
まとめ方下手すぎ

347 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 13:27:52.94 ID:c6tLNHjo0
「忘れちゃえばいいんだよ」
「リセットボタン押すみたいに」
「そしたら心が軽くなる」
「覚えてたって意味ないもん」
レターセットを買った時点では手紙を残す気なんてなかったことが分かるね
かをりに手紙を書かせたのは、覚えておいてほしいを切に思わせたのは公正だよ

「迷惑でなかったらもらってあげて」
「いらなかったら破って捨ててください」
もちろんそう言われて貰わない、捨てる人はいないけど見るのも辛かったら奥底にしまい込むはず
それをピアニストである公正がいつもピアノの傍らに飾っているということは、そういうことなんだよ

348 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 13:30:41.80 ID:c6tLNHjo0
公正の主観に寄り添ってずっと作品を読み続けているとラストのあっけなさに驚く
でも結末を知った上でかをりが何を感じていたのか着目して一巻から読み直すと違うものが見えてきた

349 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 13:31:01.32 ID:q7HNcVgA0
原作はまゆりルートみたいなものと思ったので、アニメには助手ルートを期待している。

空想の世界ぐらいハッピーなものが見たいんだよ…現実はこういうつらい事の方が多いんだから


東京グールも原作とアニメで別ルートでやってるし、脚本次第で可能だろうから、頼む

350 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 13:39:21.65 ID:BP9JCenM0
この漫画はラストまで行ってからの2周目が面白い
アニメのクオがいいからアニメでゆっくり見るけど

351 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 13:40:25.32 ID:AVBeghmv0
最終回手前のヒロインが演奏中に出てくる展開でGガンダムを思い出した
ドモンよ流派東方不敗が〜とか言いながら師匠の幻が出てくるシーンね
不治の病の少女とその兄の救われない話の回 
幼馴染大勝利 
などなど この作品はGガンと相似点がある 相違点はもっとあるけど

352 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 13:45:58.79 ID:zGWvxs4w0
最終回でちょっと時間立ってるから読者からすると置いて行かれた感

353 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 13:51:42.44 ID:3WkVVlM/0
置いていったんだろ
手紙を受け取った公正以外は

354 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 13:52:11.83 ID:T9KShu2p0
>>272
ガラコンのラスト無視ですかそうですか
5巻時点ではそうだと思うけどね

355 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 14:01:43.06 ID:c6tLNHjo0
>>354
母親に代わるかをりという背中を見つけただけだよ
かをりをよく知らない紘子さんには公正が一人前になって前に進んだように見えるけれど、それが罠
紘子さんにとってかをりはドタキャンしたヴァイオリニスト、というようにしか見えてない

356 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 14:03:57.81 ID:q7HNcVgA0
>>352
正直それはあったね。納骨まで手紙渡してないってことはかなり間が空いてるし。
ただ一番置いて行かれた感を感じたのは時間の経過よりも、やっぱ絵美とかピアニスト達とのネタが無かった点かな。

俺はずっとピアノの森っぽさも感じつつ読んでたんだけど、
最後はピアノネタかどうかはさほど重要では無かったという終わり方したなと感じてしまった。
まあ表現の変化とかそういう所にピアノネタらしさがあるので全然無いとは思わないんだけど、
ライバル達の存在は結局モブだったんですね感は正直ある。

357 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 14:05:13.46 ID:jKrKbG2C0
ライバル達は43話でお役御免

358 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 14:07:13.75 ID:ohY2I97IO
>>310
これ音楽漫画じゃないよ、読めば分かるけど
作者も最初から音楽を描くつもりなんかなかったけど途中監修とか無理矢理つけられて迷走しそうになった、でも結局無駄なだけに終わった

まあ漫画で音楽描くのは無理ってのは同意

359 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 14:40:32.42 ID:VMRA/+Ad0
モブって言葉の意味わかってんのかな

360 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 14:46:39.94 ID:qbBbPvPjO
ヒロインがモブになっちゃった

361 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 14:47:30.92 ID:V5L71lEq0
ミステリーだとよくある構成だよね
「四月は君の嘘」の犯人と理由と動機がわかると
犯人視点で読み直しができて言葉の意味合いが違ってくる

最終回というかエピローグはセトさんが公生の演奏をうっとりと聞くシーンだけで十分
悲しみを乗り越えて演奏の中に彼女を感じられる

残念なのは、これから見るアニメが全部かおり視点で見ちゃうこと

362 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 14:48:37.46 ID:qbBbPvPjO
星は君の頭上に輝くよ、
これも伏線だったのか…

363 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 14:48:53.21 ID:qDPGbwPS0
公生に感情移入して音楽漫画としてみると陳腐に見える
かをりに感情移入して病気との闘いを描いた漫画とみると陳腐に見える
中学生の青春恋愛を描きたかったんだよね

364 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 14:49:42.51 ID:qbBbPvPjO
凪は帰って下さい

365 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 14:51:19.72 ID:jKrKbG2C0
恋愛漫画って作者が言ってる

366 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 14:54:09.72 ID:vPaMt2YG0
陳腐じゃない漫画ってどんな重厚な作品なんだろう
便利な言葉だね

367 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 14:58:30.34 ID:vEERrY900
>>366
こち亀
はい論破

368 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:00:54.32 ID:ZVGmPCZR0
登場人物たちの成長が絶対にブレてはならない最も大切なことだとインタビューで答えている
「特に公正とかをりの場合、彼らの淡い心情や瑞々しい感情と音楽は、寄り添って大人にならなければいけない」
思春期「青春」からの卒業は青春恋愛に入るのかね?

369 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:09:02.30 ID:7W6zUUt60
心の中に誰かを住まわせて演奏することを
亡くなる直前の母に否定され公生はピアノが弾けなくなった
これが母の亡霊
藤和コンクールでは
かをりの強引な導きで、優しかった頃の母を心に宿して演奏し、共演者や観客と心を重ねる感動を知った
毎報コンクールのとき
公生は母の亡霊の代わりにかをりを宿して演奏した
かをりとのつながりを宿した演奏で音はカラフルに色づいた
ガラコンでは、
かをりの選曲で、母の亡霊は公生の心が生み出した幻で本当の母は公生の中にいることを知り
母親にさよならをすることができた
東日本コンクールでは
かをりがいなくなるという不安を、助かるという希望で打ち消すように演奏し
出会った人すべてが公生をつくっていることをはっきりと感じた
そのこと目覚めた公生が演奏するから音はカラフルに色づいた
当然、かをりも公生の中にいる。かをりの中にも公生がいる
そのことをはっきりと自覚した公生の前にかをりが現れ一緒に演奏しさよならをした

かをりがいなくなっても、公生の中にかをりが居続ける
そのことに気付いた公生は幸せなピアニストになった

370 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:14:30.42 ID:qDPGbwPS0
自分はピアニストとしての公生に感情移入して恋愛や病気はあくまでも
ピアニスト公生の苦悩や葛藤やトラウマを際立たせる為の演出としてみてたから
かをりがついた嘘の内容で全てを台無しにしてくれた
最終話まで引っぱってきた君の嘘の内容が酷すぎる

371 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:18:53.09 ID:zncXC6CT0
嘘の内容なんて予想通り以外の何物でもないと思うんだが
どういう内容ならよかったんだ?

372 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:20:35.09 ID:c6tLNHjo0
http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20120125/E1327416504902.html

373 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:29:23.75 ID:gHJpDWiS0
>>338
諦めて大人しく死を受け容れるより、あがいたけど無駄だったって方が、悲惨な結末でお涙頂戴だっての。

374 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:31:35.38 ID:Rt0CPVm70
おまそう

375 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:34:26.06 ID:lKHUch6f0
14歳の有馬公生は最後まで誰にも勝っていない
結果がどうあれそこにある輝きを描くことがテーマだから
結果が伴わなければ無駄だろうっていう人にとってはかをりの悪あがきも無意味なんだろうな

376 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:34:34.33 ID:qDPGbwPS0
>>371
物語を考える才能がない一般読者の多くが予想してきた
かをりが死ぬって事や嘘が想像の範囲内だから陳腐だと言ってるんだけどな

嘘はタイトルにしてるくらいだし最大の伏線みたいなものだろ
推理小説を読んで序盤で予想してた犯人もトリックもそのまま正解でしたみたいなガッカリ感

377 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:34:58.56 ID:ZVGmPCZR0
>>374
ほんこれ

378 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:40:27.42 ID:c6tLNHjo0
――2巻では、あるキャラクターが一つ大きな嘘をつきますよね。『四月は君の嘘』というタイトルが持つ意味も、これから徐々に明らかになっていくのだろうと、予想しているのですが……。
新川 う〜ん。もちろん、タイトルに意味がない訳ではないのですが、そんなに深い意味もありません。あまり気にせず、読んでいただければと思います(笑)。

379 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:47:44.14 ID:RL5DIJIL0
>>378
必死で作者の意図をくみ取ろうと議論してる俺ら
只の馬鹿みたいじゃねーかw まあ、いいんだけどねw

380 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:50:10.05 ID:IlT3wobm0
>>376
もったいぶっておいてただのミサワか
煽りでも何でもなくものすごい陳腐な感想だな
推理小説じゃないし最初から一貫して奇をてらった展開なんて無い>>223

381 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:52:48.02 ID:c6tLNHjo0
――元になったという投稿時代の作品と、『四月は君の嘘』では、設定などにかなり違いがあるのですか?
新川 もっと恋愛に比重を置いていた気がします。

俺達はキャッチコピーに踊らされていたんだよ
青春ラブストーリーと銘打った作品がまさか主人公が思春期を脱して少年から青年に成長するところを描いた作品だとは俺も思ってなかった
だから最初はラスト三話の急展開についていけなかったわ

382 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:53:37.58 ID:c6tLNHjo0
キャッチコピーが最大の嘘だったというオチ

383 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:56:48.84 ID:2CnoMrJI0
そのインタビュー読んだことない人が結構いるんだな
やっぱアニメ効果で新規の読者が増えてたってことなんだろうか

384 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:57:37.44 ID:qDPGbwPS0
>>380
陳腐の意味わかってる?
俺の考えが一般読者の普通の感想だと思うって事だろ
勝手に解釈して勝手に感想述べるのが普通だろ

作者がどう思って描いたとかインタビューで作品を補完してくれとか
そんなの信者がやる事で
普通の読者は読んで感じた事が全てだろ

385 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:57:42.57 ID:Jczf3qkP0
結末を知った上で改めてアニメを見てみると、病気と闘うというよりも死を覚悟して悔いのない
ように生きようとした女の子の物語であって、音楽は主人公と女の子の大事な接点ではあるけど、
成長の表現方法の一つに留まる気がした。

386 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:59:08.83 ID:c6tLNHjo0
作品しか読まないって人もいる
俺は一話から追ってたけど完結してから読んだ

387 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 15:59:56.13 ID:XwpF+ars0
いくらなんでも尻切れトンボすぎだろう

388 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:03:22.93 ID:tboRp82L0
さよならフットボールもぬるっと終わったな

389 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:05:50.48 ID:IlT3wobm0
>>384
ちん‐ぷ【陳腐】
[名・形動]古くさいこと。ありふれていて、つまらないこと。また、そのさま。陳套(ちんとう)。「―な表現」「―なせりふ」

お前の感想は散々既出でありふれていてつまらない
嘘の内容が予測できたってこととありふれていてつまらないって感じるかどうかは別物だし人それぞれ

390 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:07:39.68 ID:pQjcFipH0
心に残らない終わり方だったなあ
あと信者きもい

391 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:11:30.80 ID:EoO8zOcR0
アンチきもいな

392 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:13:15.19 ID:4UV/1/KP0
アニメと同時に終わるみたいな情報が流れた時
あと1年位掛けなきゃ終わらないだろうにどうするんだろうと思ってたら
急に終わった
そして出来は・・・

393 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:13:27.45 ID:TrE5MTGl0
>>384
すごいね!

394 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:18:26.83 ID:qDPGbwPS0
>>389
2chに書き込まれる一般人の感想が陳腐なのは当然だろ
魅了されるようなレビュー期待して2chみてるの?
ならお前が陳腐じゃない感想述べてみろよ

自分は魅了されるような陳腐じゃない最終話を期待してたけど期待はずれだったってだけの事

395 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:21:30.53 ID:kvCPLwwk0
>>394
2chに何を期待して熱くなってるの?
陳腐なことだって自覚してるならすぐ消えればいいのに
どういう反応を期待してたか教えてくれ
その通りに反応するから

396 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:35:20.10 ID:gWEDahLm0
それなら4月1日まで命繋いでほしかったな
これから始まる新しい世界に自分だけはいけないみたいにして
それぞれ進学して高校の入学式の直前の朝に皆に看取られて死
告白されるが公生が自分のことを引きずらないようにあなたのことが嫌いと嘘をつく
エイプリルフールだから本心はわかってるよと

397 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:38:10.34 ID:qDPGbwPS0
>>395
何も期待してないけど
陳腐じゃない面白いレビューかけるなら書いてみて
作品じゃなくて作品の感想ですら陳腐が許されないレベルの高いスレみたいだし

398 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:39:38.87 ID:RFtuqYq40
望ましい死別なんて存在しない
突然いなくなるように死ぬもの、どんなに行かないでと願ったとしても
だとしたら、それをどう受け取るのか
そういう最終回だった

399 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:43:01.24 ID:RFtuqYq40
>>396
読者(公正)の望み通りにかをりと別れることができるなんて、そんな都合のいい話は無いんだよ

400 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:43:08.93 ID:kvCPLwwk0
>>397
作品を陳腐っていうのがまずいんじゃないかな?
あと、俺はお前のレスに対するお前の理想の反応を教えてって言ったんだけど、わかりづらかったかな?
もしかして文盲なのに作品を陳腐だって言っちゃったのかな?

401 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:45:36.62 ID:bIazKg3R0
ID替えてまで必死だな

402 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:45:40.70 ID:RFtuqYq40
>>400
だよなー
うんうん
俺もそう思う

ようは女に対する相槌を打って欲しいということだよ

403 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:48:55.66 ID:GFi2RIlV0
のだめの時もそうだったけど、こういう作品読んで一度はクラシックに興味持つんだけど、なんか敷居が高くて結局聴かずに終わってしまうわ。

404 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:49:25.10 ID:zGWvxs4w0
最終回で登場人物が、かをりの死を乗り越えてたからあっさり感強い
まさかのばっさりカットだったよ

405 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:50:14.26 ID:qDPGbwPS0
>>400
まずいって何が?否定的な意見や感想が一切禁止の信者スレだったのならゴメンね
自分の感想を適当に書いてみんながどんな風に思ったか見に来ただけだから

理想の反応?
俺の感想を陳腐だと全否定した上で俺を魅了させる最高のレビューするのが理想だから頼むよ
陳腐な感想を述べた人を叩くだけの糞みたいなレスは期待してないから簡便な

406 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:54:13.10 ID:iNCgDeadO
>>383
オレは四話くらいから連載を読んでて、アニメは見てない。作者のインタビューも知らない(そんなに興味もない)。
いろんな人がいるわけよ。

407 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 16:55:37.45 ID:tz+dgwtg0
43のかをりが公正の作った幻だったか
かをりの生き霊だったかで
かをりの術中死の印象が違う。
自分は後者だと思う。

408 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:00:41.31 ID:fLSZZDkS0
>>405
否定的な意見が出てもおかしくない言い方なのに、否定されたら怒る
これがまずいんじゃないかな?って意味なんだけど、読み取れないくらい頭が悪いのかな?

409 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:00:49.21 ID:kvCPLwwk0
>>405
否定的な意見が出てもおかしくない言い方なのに、否定されたら怒る
これがまずいんじゃないかな?って意味なんだけど、読み取れないくらい頭が悪いのかな?

410 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:05:02.43 ID:qDPGbwPS0
>>408-409
複数IP使ってるのかID変えて感想も述べずに
感想を述べた人を叩くだけの行為は期待してないからやめてくれよ
とりあえず自分の感想述べれば?

411 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:07:12.24 ID:OMNIsmH00
なんか怖い人がわいてるな

412 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:08:40.71 ID:bIazKg3R0
ID替えてまでこのスレに執着してるお前の方が怖いよ

413 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:09:36.10 ID:vEERrY900
サイコメトラーの人っぽい時もあれば焼きたてジャパンの人っぽい時もある絵柄な気がする
人の顔が

414 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:17:52.29 ID:qDPGbwPS0
作者が嘘に深い意味は無いと言ってるんだし気にしないで見ようって人もいるかもしれんが
自分は深い意味があって欲しかった
嘘の意味次第で一話から読み返した時に感じるキャラの行動や台詞の意味合いが変わってくるからな

415 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:18:01.98 ID:2CnoMrJI0
>>406
じゃあ連載終わってから初めて2chにもきたかんじ?
過去スレでもタイトルの意味は〜→インタビューで特に意味はないって言ってるよ
って流れは何回かあったけど

416 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:25:44.77 ID:TRXrVxZu0
最終回直後は締め方がひど過ぎると批判ばかり書いていました

417 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:26:35.84 ID:qDPGbwPS0
深い意味がないってのもハードル上げないためとかネタバレ避けるためってのもありえるし
深い意味を考えてなかったけど思い付いたとかもありえるだろうからな
この最終話は最初から考えてた嘘だったのかねやっぱ

418 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:27:56.76 ID:OMNIsmH00
>>416
かをロスってやつですね
今はどういう感想?

419 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:29:53.89 ID:TRXrVxZu0
タイトルが作品の要素として大きく関わってくる作品ってどれだけあるんだ?
ましてミステリじゃない作品で

スラムダンクも題名と違って左手は添えるだけで山王戦を締めているよね
あの成長速度がスラムダンクなんだ!!!みたいな見方が出来るかもしれないし出来ないかもしれないけど

420 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:29:55.69 ID:GFi2RIlV0
深い意味が無いってだけで意味が無いとは言ってないしな。

421 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:33:38.53 ID:TRXrVxZu0
かをりも結局母親と一緒じゃん、姑息な嘘を公正が暴いて生のかをりを見せてくれないと意味がない、手術したら即死ってなんだよと思ってたけど

愛の悲しみに再び公正が対峙して子供みたいに駄々こねて目に入れようとしないのではなく、成長して受け入れることが作品の肝だったんだなと
今なら公正はラヴェルを弾くことができる

422 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:37:56.51 ID:ohY2I97IO
作者のインタビューなんか読んでなくてもそもそもタイトルが日本語としておかしい時点でそこに意味を見出すことの無意味さに気づくはずなんだけどなあ
タイトル決定の心理のメカニズムとしては進撃の巨人と同じだよ

423 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:41:17.03 ID:QhQciAOm0
日本語として正しいタイトルにした場合どうなるの?

424 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 17:41:56.61 ID:qDPGbwPS0
かをりに感情移入して公生ラブって感じで読んでりゃ
予想通りだとしても納得のいく嘘だと思ったわ

425 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 18:00:31.50 ID:iNCgDeadO
>>415
そうだね、先月号を読んで初めてのぞきにきた

426 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 18:04:05.87 ID:oK2so9jJO
いやー信者まじキモいわ

他人の意見を否定しないと気がすまない病気なんだね

427 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 18:12:35.63 ID:ohY2I97IO
>>423
ありきたりだけど「ある少女の嘘」とかそんな感じかな

まあしかし漫画では内容と関連がないタイトルがつくのは珍しい話じゃないね
ONEPIECEやNARUTOだってそうだったしBLEACHに至っては「漂白剤」だから(笑)

428 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 18:20:05.66 ID:IYXU7JsV0
自分は死ぬか生きたとしてのそこまでの恐怖があるし
主人公の母親も死んでるしそこを丁寧に描写してくれうと思って読んでたから
正直ここまで入れ込んでがっくりしたわ
読み方は自由だし自分の思い入れと違っただけで作者が悪いとか下手とは思わないけど

まあ正直に言うと読んで損したと思ったよ
それだけ入れ込んでたからね
これを機にアニメもやめて忘れることにするわ
このスレがなかったら同人板にでも書いてたからここがあって助かったよ

429 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 18:22:43.01 ID:Qm+CmxOq0
やっぱり死んだのか。

430 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 19:09:52.88 ID:AYKj6pbK0
最終回読んだわ
まあ、佳作にはなったと思う
かをりが死ぬならもう少し病床のリアリティが欲しかった
全体的に記号的すぎる気がする
作者のこれからに期待

431 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 19:15:46.85 ID:7W6zUUt60
>>407
自分も後者だと思う

>>430
そうだね
記号的だよね
だから自分はこの作品が好きだよ

432 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 19:27:11.86 ID:3WkVVlM/0
43話のかをりは幻影じゃないのかな?
かをりだけを思って弾いていた演奏とさよならしたんじゃ

433 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 19:36:10.42 ID:tz+dgwtg0
>>432
公正のビックリした表情
行かないでというセリフ
椿にもかをりが見えていた。

434 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 19:36:22.99 ID:OMNIsmH00
さよならは公生の成長による自立がもたらす必然だったと思うな
ただ舞台にかをりの気配を感じたのは生霊だか虫の知らせだかそういうものだと感じた

435 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 19:45:20.77 ID:3WkVVlM/0
みんながいてその中にかをりもいる
それを自覚した公正は「病気なんて蹴散らしちゃえ」「そしてまた一緒にこの舞台でーー」というのがどう足掻いても叶わない夢だと自覚する
かをりは死ぬという現実を受け入れ始めたからこそ、行かないでという思いが公正から溢れ出す
そんな思いで弾く公正に引っ張られて椿はかをりをそこに見る
そして散っていくかをりの幻影、公正はさよならを告げる

生霊ってさすがにスピリチュアル過ぎるだろってことで苦しいかもしれないがこんな解釈

436 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 19:51:05.80 ID:BP9JCenM0
死をメイン(に近いところ)で扱う作品ってほとんど作品として短命だよね

437 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 20:02:48.15 ID:j9hJKZ+e0
>>436
そりゃおまえ・・・「あたし、近々、死ぬの・・・」

そう言って、彼女は死んだ・・・60年後に・・・

これじゃ、リリカル(詩的)でも何でもないだろw

438 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 20:02:48.92 ID:3OGLepRF0
久々にハマった漫画だったけど最後に萎えた

439 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 20:03:01.44 ID:tz+dgwtg0
天使 迎えに来たで
かをり えっ私死んじゃったの
天使 天国に行くで
かをり ちょっ 待った 今 何時
天使 どないした
かをり ちょっと よっていきたい所あるんだけど

かをり 会場へ

440 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 20:15:52.76 ID:K0Gabtkb0
>>234
2月18日の午後1時から手術が開始されて、
約2時間後、演奏中の公生にお別れしていっちゃったんだな

441 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 20:37:41.13 ID:Dt4eXZfv0
せめて二話くらい公生とかをりの最後を描ければ
流れ的に良い最終回になったんじゃない?
正直、やっぱり唐突で取って付けたような感じは否めない

442 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 20:41:18.53 ID:T9KShu2p0
>>432
幻で綺麗にお別れで済ましたのが微妙、母の焼き直し

最後の手紙もいっそ「友人Aへ」とバレバレの嘘つき通したほうが、喪失感が大きかったように思う
中三のかをりには酷だけど

443 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 20:44:26.98 ID:7W6zUUt60
一番最初のシーン
踏切ですれ違った公生とかをり
かをりがいるのに公生の世界はモノトーン
最後の踏切のシーン
かをりはいないのに公生の世界はカラフル

最初から世界はカラフルだったんだね

444 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 20:54:04.39 ID:K0Gabtkb0
>>443
アニメの話して悪いんだけどアニメには、

>踏切ですれ違った公生とかをり
このシーンがないんだよな

445 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 20:55:36.08 ID:cRbFRf/S0
幸せになって欲しかった
ただそれだけですわ

446 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:00:25.38 ID:OMNIsmH00
ほんとにな
生きて幸せな二人を見たかった
連載伸びて読者の思い入れが強くなりすぎたんだろうな
まぁいろんな重圧あっただろうに初志を貫いた頑固者の作者を評価したい

447 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:01:02.92 ID:7W6zUUt60
>>444
そうなんだよ
もったいない気がする

448 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:05:05.17 ID:782sS6gY0
ワンフェス行ってきたがかをりのフィギュア出るの決定って有ったわ
グッドスマイルカンパニーだったはず

449 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:06:04.17 ID:gHJpDWiS0
別にみんな不幸になる悲劇もあっていいんだけどさ。>>446
現状、主人公ひとり得をする結果になったのが御都合主義なんで、萎え。

450 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:07:13.18 ID:3WkVVlM/0
>>442
焼き直しってか同じ事を繰り返したことに意味があるんじゃ
子供じゃなく大人になった公正を描くためなんだから

451 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:08:51.83 ID:QRQfw3aC0
>>440
でも、手術時間20時間以上かかってたみたいのあったんだがな

452 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:09:49.98 ID:lWvxD5d80
駄作ですわ

453 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:12:22.05 ID:OMNIsmH00
>>451
あれは2時間だよ
20時間なら朝から手術しても日付変わってる

454 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:16:35.51 ID:vEERrY900
柏木さんエロいよぉ…

455 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:22:44.96 ID:WH5LlT9b0
萌えキャラをぶっ殺すと色々面倒くさいな

456 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:30:17.10 ID:vcIDoKTE0
最終回ラスト近辺で公正がピアノを弾けているのが納得できない
おまけにその周囲が「あの変なバイオリン女死んで、公正がピアノ専念できるようになって良かったね」みたいな雰囲気もおかしい
失敗じゃね?

457 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:34:20.80 ID:c6tLNHjo0
渡って公正の父親代わりだったよね
かをりが母親で椿が姉
そうやってずっと誰かの庇護下にいた公正が父親殺しという大人になるための通過儀礼を果たしたわけだ

458 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:36:31.76 ID:7W6zUUt60
かをりは
いなくなる運命でなければ
病弱なおさげ髪の地味メガネのヴァイオリン娘で
自分をヴァイオリンに向かわせた、五歳からの憧れの存在である公生を
同じ学校なのに二年間話すこともできず、ただ遠くから見ているだけ・・・
モノートンのかをりだった

いなくなる運命だから
カラフルなかをりになれた
あれだけキラキラと輝き、大好きな公生の運命を導いて
心を何度も重ねることができ
公生の人生に最も大切な存在になった

459 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:37:59.31 ID:gHJpDWiS0
>>458 作品に似せて読後感想文までポエムにしなくていいから。

460 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:41:41.80 ID:fqzwzUlj0
私はただ通過するだけの人間ってのは
火遊びでセックスさせたげるねーちゃんがよく使う言葉だな

461 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:45:38.97 ID:7W6zUUt60
本当は通過する気ないんだけどね

462 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 21:51:53.47 ID:PI6nh0450
今更だけど有馬が作中で弾いた曲聴いてみたがやばいな。
クラシックは全然知らないけど難易度が今までの曲のレベルじゃねえw
これを情感たっぷりに弾いてたら優勝もんですわ

463 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 22:15:41.04 ID:iNCgDeadO
武士絵見凪とかのエピソードが加わって話が長くなった分、拒否反応が増えたのかね。
公生とかをりのエピソードにしぼってかをりの死に一直線に行ってたら、ここまで言われてない気がする
ヒロインが死ぬフラグを散々立てて最終回で死んじゃったマンガというと「すんどめ」が思い浮かぶんだけど、アレも直後はスレがこんな感じになったのかな

464 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 22:22:17.32 ID:tz+dgwtg0
かをりが死んだことに拒否反応が出ることは
それだけかをりを魅力的にかいたからでしょ。
かをりが死んで皆納得なら
それは駄作でしょう。

465 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 22:27:39.87 ID:j9hJKZ+e0
「やっと死んだか」て思われるってw どないやねん そらーたしかに失敗作だろう

466 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 22:30:53.49 ID:gHJpDWiS0
あれだけ盛大に死亡フラグ立ててたら、まだかな、どうやって死ぬのかな、って期待させられるだろ。

467 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 22:32:06.07 ID:3OGLepRF0
これまで公正の成長描いてて例えかをりが死んでも公正はカラフルに生きていけるってわかってるのに殺すから無駄死になんだよなぁ

468 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 22:34:22.79 ID:uMr7VxhY0
こういう結末にするしかなかったんだろうな。
生存や延命ルートだと、どうしても安っぽい物語になってしまう。
死の直後を詳細に描くと、嘆き悲しむ描写ばかりになって暗い最終回になる。
最後にかをりの手紙で嘘の種明かしをしつつ、公生への感謝の言葉で物語を終わらせたのは
悪い選択ではなかったと思う。

469 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 22:46:58.88 ID:THU8hrkq0
ひさびさに読んで最終話だったけど、この人の漫画はこういう雰囲気が一番いいな。冷たい校舎の時から読んでるけどやっぱこの感じがいい。アニメ見てなかったけど見てみようかな。
あ、フットボールのやつはなんか記憶にないからいいです

470 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 22:47:03.63 ID:iNCgDeadO
このマンガは製作過程がちょっと気になるんだよね
作者は最初から大筋を決めてたんだろうけど、明らさまにかをり病気フラグ立てたのは遅いし、話を引き伸ばしそうなキャラやエピを出ししつつ無かったことにしていたり。一風変わったヴァイオリンコンクールの主催者とか、審査員とか、武士の彼女っぽい女の子とか。
色んな思惑が絡んでるんじゃないかなーと。

471 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 22:54:17.28 ID:tz+dgwtg0
死亡フラグは椿と一緒のバスのシーンから
1巻の終わり

472 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 23:17:19.86 ID:j9hJKZ+e0
かをり死にそうだな、だから生き急いでるし、公正の世話焼くんだな、とは
ちょっと読み始めてから、みんな思っただろうけど、

まさか最初からラブラブラブだったというのは最終話でしか分からんかったろう
そこはさすがに見事だと思うね
第一話の涙からすでに伏線でしたと種明かしされちゃえば、
まともな脳の持ち主なら後付と解釈する余地もなく、ぐうの音も出ない

最初から公正をリハビリする目的でしゃしゃり出てきた、マジ天使だったんですね
口悪いけどw

473 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 23:35:03.68 ID:iNCgDeadO
>>471
本当だ、大学病院前でバス降りてるんだな。
全然読み飛ばしていたわ。ありがとう。

474 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 23:41:35.57 ID:93x99YPb0
手術前の
ねえ先生、私たちみんなさよならのキスをしてくれる人が要るんです

これもいちご同盟とかいう小説のセリフ?

475 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 23:45:14.96 ID:c6tLNHjo0
>>474
スヌーピーのマーシーだってよ

476 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 23:46:29.14 ID:AVBeghmv0
サッカー男といい 幼馴染恋愛脳と付き合っていた先輩といい
良い男すぎるだろう どこに行けばこんなに良い男に出会えるんだよ
あて馬にされた男達がグウ聖過ぎるのは無理があり過ぎ ちょっと減点だ

477 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 23:47:43.80 ID:ZVGmPCZR0
学年一のモテ男達だからな

478 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 23:47:57.91 ID:Gl8AFaUP0
ピーナッツじゃないのか

479 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 23:48:51.54 ID:Gl8AFaUP0
ごめん更新忘れて被った

480 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 23:49:18.14 ID:Rpw7sFWl0
まあストーリー上はいらないのかもしれないけど
渡にも手紙残してやれば…

481 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 23:50:41.23 ID:ZVGmPCZR0
>>480
重荷にならないよう早く忘れて欲しい人になぜ手紙を残すというのか

482 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 23:52:35.14 ID:Rpw7sFWl0
じゃあ謝っといてとか言うなよ…

483 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 23:52:41.32 ID:12waKnqL0
これから公生は、ステージで演奏してると渡がオーバーヘッドキックしたり柏木さんがサイン出したり小春ちゃんがりんご飴グリグリしたりするんだろ
散りながら
確かに鬼の道だな

484 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 23:56:19.71 ID:ZVGmPCZR0
あ、ホントだ
すまん俺の勘違い
最初は忘れてもらうつもりで姑息な嘘をついたけど、公正のお陰でやっぱり覚えておいてもらいたいと思えたから謝っといてねって書いているのかな

485 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 23:56:23.42 ID:OMNIsmH00
渡にはいろんなことが割と伝わってるはず
一応小説読めばわかるが
かをりにとってもいい出会いだったんだろうな

486 :作者の都合により名無しです:2015/02/08(日) 23:59:43.16 ID:AVBeghmv0
>>477 >学年一のモテ男達だからな
モテ男スゲー と納得できるかw いくらなんでも老成し過ぎだ
モテル男ほどプライド高いんでキレそうな点もあると思う オワコンになった作品
にどうこういうのも無粋か コミック購入しようとしていた層は止めるだろうな

487 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 00:08:08.22 ID:DjHtek850
老成していて大人だからモテるんじゃん
中学生の女子にありがちなのが同級生はガキ過ぎる

488 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 00:08:24.79 ID:GPmBDPEb0
>>439
お迎えです。という漫画があってですね・・・

489 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 00:29:57.95 ID:9ETpddQn0
>>487
中学生のモテ男どころか英雄豪傑聖人階級に人間出来てるだろ
「私は本当に好きな人に近づくためだけに、お前をあて馬にした」
を納得して受け入れることのできる人間はそれほど多くないと思うよ
納得できるなら君の周りはグウ聖だらけなんだね 人間関係を大切にね

490 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 00:41:30.61 ID:jJ6aclip0
いまさら渡の話かよ
かをりは渡がどういうやつか知ってるからあれでいいんだろ

491 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 00:43:17.84 ID:DjHtek850
憧れであって好きな人じゃないよ
色んな結果好きになって、告白するつもりのなかった嘘を手紙にしたためたわけだし
まあかをりのエゴだけどさ
批判したくて読んでいる人にあれこれ言っても意味ないんだろうけど

492 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 00:52:21.61 ID:9ETpddQn0
>>491
君が言い返せないからって 批判したくて読んでいる人とかレッテル貼りされてもな
最期でヒロインが天使のように綺麗な人間でしたとしたかったんだろうけど
先輩とサッカー男の二人はもっと人間が出来ている聖人達だった作品になってしまった
この最終回は評判良くないのに献身的に擁護するとは泣けてくる 俺は去るけど頑張れ

493 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 00:55:36.81 ID:vsGWvWOx0
>>492
うん、おつかれさま。おやすみ。

494 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 01:21:11.06 ID:W/Xdd2QG0
聖人ってか、あまりに都合好すぎる設定が見え見えで醒めるよな

495 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 01:25:15.18 ID:fxXLHN4t0
>>293
言ってしまえば渡の役割はそれだけ。
それだけのために作られたキャラ。
でもそのキャラ配置でも、公正を成長させる役割を与えることはできる。
それをやらないから薄っぺらいって言われる。

496 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 01:28:15.93 ID:3lcT1KNeO
マンガいっきに読んだんだけどそこそこ良かった。
タイトルについて触れてるレスあったけど、自分も「四月は君の嘘」というタイトルなんだからもう少しかをりが吐いた嘘にピントを合わせた話が欲しかったな。
なんか嘘よりもカラフルとかモノトーンとか色での感情表現が多かったからそっちをタイトルにしてみたらよかったんじゃないかと思う。

497 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 01:29:07.21 ID:p/sU6cKd0
世界は色に満ちている

498 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 01:33:18.81 ID:pnsrCr6t0
>>119
いけないルナ先生、1+2=パラダイスの頃から読み続けてるの?

499 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 01:49:52.06 ID:W/Xdd2QG0
「カラフルに色づく」って言葉が繰り返されるたび、「頭痛が痛い」みたいで、笑。

500 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 01:50:05.31 ID:BjCEF6fd0
最終話の「コーセー君にピアノ弾いて欲しいの」って台詞は公生にピアノの道に戻って欲しいって意味なのか、協奏したいという意味なのか少しわからなかった。
前者だとしたら、かをりはまだ自分の死を予見していない頃だし、ヴァイオリン奏者になる必要もないと思うんだけど...

501 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 01:53:05.75 ID:HzvuSzC10
うわあ…
いちご同盟読まなきゃよかった…
もしくは四月は君の嘘読む前に読んどけばよかったよ…

502 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 01:58:08.25 ID:3xfuby660
>>501
面白いけど、教科書にのせる名作じゃないよなw
ある意味リョナ小説

503 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 01:59:58.63 ID:fL2GgoJV0
>>500
あれは協奏の方でしょ
第一公生がピアノ弾きまくってる現役バリバリ時だし
子供時代からの夢が叶って死ねたってことで救いにはなってる
と改めて思った部分

504 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 02:03:23.78 ID:GPmBDPEb0
気になるじゃねーか>いちご
つかそんなもんかをりに読ませるなよ。戦犯は渡か?

505 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 02:06:04.12 ID:J1aY39/A0
あれって公正が読んでたのを探して持ってきたんだろうか
それとも持ってきた本の中に偶然公正が読んでた本があったのか

506 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 02:06:30.56 ID:HzvuSzC10
>>502
今こんなのが教科書に載ってんのか
終わらせ方はいちご同盟の方がだいぶ格上だな
主人公の悲劇ぶりはこっちのほうが上だけど

507 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 02:08:59.31 ID:HzvuSzC10
>>505
偶然でしょ
小説を公正が読んでたの知ってて物語のセリフをなぞるんだから残酷だわ
かをりさんは

508 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 02:13:42.22 ID:fL2GgoJV0
「あたしと心中しない?」の時のかをりは精神状態本当ヤバかったんだろうな
引用元含めて公生への想いを隠すことも忘れてるようなもんだし
渡もこの話聞いた辺りで全てを察してたように見えた

509 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 02:13:51.06 ID:3xfuby660
>>506
文章はさすがだけど、おっさんの妄想の青春って印象で個人的に嫌いなまとまり方なので>いちご
気分変えたいなら「ナチュラル」原作→「ナチュラル」ハリウッド映画版おすすめ

510 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 02:15:20.77 ID:OWUGUlm+0
公生はいちご同盟読んでたから
番長オチで、かをりと一緒の高校行くと予想してたら外れた...orz

511 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 02:33:26.73 ID:8GC2zRHjO
みんなも知ってるだろうけど
キラメキって盛大なネタバレだったんだね

512 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 02:50:29.11 ID:Nj23sD1S0
>>498
ルナ先生でしこってたw

513 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 02:55:56.76 ID:J1aY39/A0
>>511
最終回で使ってほしい

514 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 03:22:07.94 ID:kURESjpI0
>>500
「それなのに君はピアノをやめるんだもの」「人の人生を左右しといてひどい奴です」
このセリフを入れるタイミングがおかしい。
「ピアノ弾いて欲しいの!!」のセリフのあとに入れないと、ピアノをやめた公生に再び
ピアノを始めて欲しいからヴァイオリンを習い始めたという意味にもとれてしまう。

515 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 03:26:52.16 ID:W/Xdd2QG0
>>500>>514
その件なら既に>>81-154あたりで議論があった。

516 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 03:36:06.98 ID:5Bqaco1/0
どう見ても5歳の公生の演奏を聞いたかをりが急いで帰ってヴァイオリンを始めたって風にしか見えないと思うけどな
ピアノをやめたのは11歳なんだからただの誤読だろう

517 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 03:55:06.53 ID:p/sU6cKd0
どこまで読者の理解力、想像力に委ねるかというのは永遠の命題

518 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 04:15:08.07 ID:OWUGUlm+0
まあチビかをりのセリフを
少し変えればいいだけだから
単行本作業で直すんじゃね?

ついでに20〜30ぺージぐらい増やして出して欲しいところだけど

519 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 05:05:45.30 ID:TT2hzgPA0
>>461
うん、君は忘れられるのってね
一番かなしいけど、綺麗な嘘だと思う

520 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 06:22:20.00 ID:fL2GgoJV0
>>511
スタッフは原作ラストのことは先に原作者に聞いたりして
知ってた気がするな
前期ED、後期のOP・EDの演出にこういう結末を意図してるような表現多いし
原作者とスタッフがここまで意思疎通出来ているなら、
同時期完結だしあんまり見ない理想的なアニメ化だった気がする

521 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 08:29:53.02 ID:mUzUVgm00
かをりは医療ミスのせいで予定より早く死んだってことでいいの?

522 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 08:48:22.33 ID:I+vhO5qw0
不明の病気で助かる可能性も無い手術を受けて手術をしない選択より早く死んだ

523 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 09:29:01.77 ID:blj8OGvY0
夜勤明け、さっきコンビニでマガジン
立ち読みして、
普段なら雑誌は買わないんだが購入した。

今、スマホに入ってる「キラキラ」聴きながら
電車の中で30過ぎの俺が涙目になってる。

お台場ノイタミナの先行上映会に通ってるが
アニメの最終回も泣く覚悟してる。

524 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 09:35:50.39 ID:zh5ehVa90
>>499
柿の実が色づく とかとも言うみたいだからいいんじゃない?

その場合、柿の実はカラフルに色づいてるわけじゃないし

>>500
一応、公生の初舞台での演奏直後(服から判断)の台詞だから、単に共演したい説が有力になってるみたいだね

525 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 10:02:27.81 ID:P7yE/Cdl0
>>489
聖人はともかく英雄豪傑って「好きな男がいる?こまけぇ事はいいから取り合えず一発やらせろ」みたいな人種だろ

526 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 10:07:19.37 ID:aJ10Mgfn0
こいつらなんでアニメ板でやらんの?

527 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 10:10:37.74 ID:iYhcfCGl0
一巻の情緒不安定な違和感が最終回でわかったけどわかるのに長かったw

528 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 10:58:58.45 ID:0v9Q4sZ40
ネタバレ見るのが嫌で二週間ほどこのスレから遠ざかってた。
みんなのレスであー、こんな考えかたもあるんだ、って思えるのは楽しい。
色々書かれてるけど個人的には納得いくラストだったな。

>>511
『光るなら』も、かをり視点で考えるとかなりなネタバレだと思うw

529 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:03:14.00 ID:p/sU6cKd0
「君は母さんみたいに突然いなくならないよね」
ラスト二話でかをりが唐突に亡くなった上ほとんど描写もなく物語が締められたのはこれの回収だったんだな
公正と読者にかをりが突然いなくなったように感じさせて、目を逸らすことなく悲しみを受け入れられるかっていう作者からの問いかけだったんだな

530 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:06:34.55 ID:2a4XVw6p0
処女のまま死んだかをりちゃんに満足した

531 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:12:56.12 ID:E6BzQy6I0
納得出来るかをりの最後の描写が為されていないというのは、納得いくまでかをりは生きていないといけなかったって言っていることになるのか

532 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:17:30.35 ID:yYucRqhS0
作品の受け止め方は人それぞれだけど
別に作者の意図と異なる受け止め方でもいいと思う
作品の不備は自分もいくつか見えるけど
自分には、何の不満も抱かせない素晴らしい作品だよ
個人的感想だけど公生とかをりの幸福さは半端ない
こんな題材なのにこんなに幸せな気持ちにさせてくれるなんて・・・
最終話読むまでここまで感動を与えてくれるとは思わなかった
来月の作者インタビュー、余計な気もするし、楽しみな気もする

533 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:22:08.23 ID:+rMhX9mt0
このスレだと椿が嫌いって人が多いけど自分は好きだな
かをりは状況と芸術的な性格から漫画的なキャラに見えるけど
その分椿は漫画のフィクションとリアルの女子中学生の両方が描かれていて
この漫画や公正に必要な人間なんだと思えた

時間がないかをりはともかく椿がいたから公正や椿はまだ子供でいい
間違ってもいい後退してもいい少しずつ進んで行けばと思えたよ
椿がいなければかをりも公正も薄っぺらく感じたと思うから椿がいて良かった

534 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:27:15.06 ID:E6BzQy6I0
大人になった、公正の成長が作品の一番の肝なのに子供でいいとは是如何に

535 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:29:49.58 ID:+rMhX9mt0
>>534
作中の幼少期から全ての時系列についての話だよ
悲しいことがあったから20歳になったからいきなり大人になれじゃなくて
自分のペースで良いとキャラは勿論読者にも伝えていると思う
そう受け取るかは読者の自由だけど

536 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:35:49.35 ID:D6ttVR8M0
主人公はこの後も大変だろうな〜。
高校に入ったら絵美とクラスメイト。近くの高校に進む椿からすれば気にならないはずがない。
そして3年になれば凪も入学してきて三つ巴のバトルに。

537 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:36:47.99 ID:aJ10Mgfn0
>>530
なぜ処女だと思った

538 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:40:33.29 ID:aSOc4dB/0
公正が背中を追いかけたきらきら星がかをり
いつも側で公生の背中を押してくれた背後霊が椿

539 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:40:55.55 ID:E6BzQy6I0
>>535
「今がずっと続けばいいって思ってたからーー」
「ーーでも時間は流れる」
「無慈悲に側を通り過ぎてゆく」
「(みんなは)支え合いながら進もうとしている」
「私だけーー踏み出せないでいる」
「時間が止まっているのは私だーー」

14歳の子供のままでいようとしていたことに気付いて涙を流す椿

「進め 踏み出せ 私ーー私の時間 動け」

残念だが俺には辛くても甘えることなく前に進もうとしなければならないとしか受け取れないし、自分のペースで良いって意見は人それぞれと許容することなく否定しなければならないと思う

540 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:41:02.37 ID:Y/fdMrvl0
ちょっと椿ってずるいよね・・・・・
高校入って絵美あたりにズバリ言われそうな感じがする・・・

椿は公正の横顔を見るたびに、かをりの幻影に悩まされそうな気が・・
将来的には凪か絵美か?

541 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:43:05.13 ID:Y/fdMrvl0
それにしても椿と付き合った野球部の先輩は最近稀にみる
いい男だよね。惚れそう・・・

542 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:46:28.93 ID:p/sU6cKd0
四月は君の嘘は思春期の大人と子供の中間にいる人たちに向けて嬉しい事や楽しい事だけでなく哀しいことや辛いこともある、でも子供のように目を背けることなく君たちは受け入れられる大人にならなければならないと容赦なく叱咤激励しているように思えるね
この作者はホントに残酷ですな

543 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:48:25.72 ID:Toa6ngs40
>>540
公生を振り回す感じがかをりに似ている凪じゃね
かをりはドーピングしてあれだったが凪は天然だからな
ピアノの先生が凪を買ってた部分ってそこじゃないか?

544 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:48:28.46 ID:aJ10Mgfn0
>>541
わかる
フェラしたいよね

545 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:48:51.28 ID:Nj23sD1S0
絵美なら椿から強奪しそう

546 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:48:59.89 ID:TT2hzgPA0
自分が15のころ考えると、そんなの子供に理解しろって無理じゃないの
とも思ってしまう。

547 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:54:53.94 ID:XWKfUElJ0
>>545
絵美と凪による公正争奪戦が見たいねー

548 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:56:23.74 ID:p/sU6cKd0
感受性の高まる15前後が逆に狙い目じゃね?
あの頃ほど何かに触れて衝撃を受けるってことがないという個人的経験に基づく意見ですが

549 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 12:56:28.90 ID:yYucRqhS0
主題を奏でる公生とかをり
かをりだけでなく出会った人たちすべてが公生の中にいる
公生にとっての出会った人達の代表が椿なんだね

550 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 13:04:50.80 ID:2HKrPjh20
>>547
小春「最終的に私が一緒になる。」

551 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 13:06:53.50 ID:NyPSECDV0
男も女も主要キャラみんな公生に好意が向いてるのがな
はじめは敵意向けてた人もみんな好きになる
ハーレムエンド

552 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 13:17:38.78 ID:2HKrPjh20
>>551
7巻 25話
早希「公正は 幸せになれるかしら」
紘子「バカ これ聴いてわからないの」
   「モテモテにきまってんじゃん」

553 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 13:24:26.42 ID:W/Xdd2QG0
>>532
>作品の不備は自分もいくつか見えるけど
>自分には、何の不満も抱かせない素晴らしい作品だよ

不備があるのに不満は無い、って理解できない。矛盾しとる。

554 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 13:27:26.72 ID:yYucRqhS0
なぜ「アゲイン」なのかを描いたんだよね

555 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 13:47:55.41 ID:aSOc4dB/0
>>553
粗捜ししたけりゃいくらでもできるけどそれ以上に魅力を感じるってことだろ

556 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 13:53:41.31 ID:W/Xdd2QG0
>>555
粗が見えるなら不満はある筈。
不満はあるけど魅力が上回る、とか言ったらよかったのに。

557 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 13:55:46.53 ID:gJ4Q4wx70
自分が納得出来ない言い回し一つを執拗にツッコむことに意味あるか?

558 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 14:00:59.89 ID:W/Xdd2QG0
不備不満はうやむやにせずに明確に指摘すべきだから。

559 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 14:02:09.86 ID:KK2MDaORO
>>378
3月のライオンのパクリだしね(笑)

560 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 14:17:56.36 ID:iYhcfCGl0
本当のことを教えてやったら渡も成仏できるはずw

561 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 14:25:38.05 ID:T0l2VGTb0
美女美少女に囲まれてる公正は椿みたいなブスじゃ満足できないだろうな

562 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 14:58:13.36 ID:xEHI9SdRO
う〜ん 残念な終わり方だ 王道的な終わり方だが、あまりに使いふるされた 凪の言葉なら陳腐と言われるエンディング
脳に経験の蓄積のない若い子には良いだろうが映画なり経験なり積んだ大人には残念な終わり方でしかない

私は両親を立て続けに失った 震災で亡くした若い子も多いのに 死で終わりにするやり方は王道であり陳腐であり希望などない
死んでいったかをりが渡を好きだったのが嘘なのもみんなわかっていた 最終回は誰もが予想し得る内容だった。
ゆゆゆが最終回唐突に蘇ったのも批判されたが俺はそれでも笑顔があるから良かったが
かをりが言った好きの言葉は呪いとなり公生を苦しめるはず たとえ滑り台から這い上がった幼馴染みの椿がいても

駄作と呼ばれても未来に生きて二人添い遂げるやり方を奇跡を望んだんだがなあ
まあ王道は王道のよさもある 私は一切感動しなかったが リアルに間近で死をみてきたからか

生きて笑いあうかをりと公生が見たかったよ 陳腐でもね

563 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 15:16:30.59 ID:hI7bC7DI0
>>562
自分の書き込みの最初の1文と最後の1文「陳腐」を読み比べてみるんだ

>生きて笑いあうかをりと公生が見たかったよ
俺は別の意見だけどここの気持ちはよくわかるよ

564 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 15:31:42.67 ID:2HKrPjh20
>>563
ぷっ
素直にかをりが死んで悲しいとは
認めたくないんだよ。

震災なんかまったくこの漫画に持ち込んでどうするんだ。
かわりは死ぬ運命だったけどあきらめずに最後まで頑張ったじゃないか。

565 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 15:39:36.60 ID:W/Xdd2QG0
最後まで頑張ったら、なんなの?  
空しいあがきは悲惨だから一層泣けるってか?

566 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 15:48:52.29 ID:2HKrPjh20
むなしい足掻きととるかどうかは読者しだい

ただかをりが
「このままふてくされて諦めたら
生んで育ててくれた お父さんやお母さんに
顔向け抱きないもの」
「このまま諦めてたら私がかわいそう」
と言っていた。

567 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 16:03:07.32 ID:W/Xdd2QG0
結果として病状の好転も一時の延命すらも失敗したんだから、空しい努力だったのは作品内での客観的事実やんけ。
それに対する感想は様々あるにせよ。
結果ではなく過程に何か意義があったってんならまだしも、それも見えてこないし。

568 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 16:07:45.13 ID:yYucRqhS0
>>554
かをりのコンクールは終わったのに
公生のコンクールは終わったのに
なぜ、アゲインなのか
助かる可能性は無いのになぜ頑張るのか
読み返すたびに感動する

569 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 16:15:13.09 ID:2HKrPjh20
努力する過程に意味を見出せないなら
しかたない。

あきらめて投げやりだったかをりが
走り出したって、かをりの両親が有馬に感謝しているし
リハビリ中のかをりもいい表情だと思った

570 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 16:18:53.32 ID:p/sU6cKd0
客観的事実なんて心に響かない
かをりが公正との交わりの中で生きようとあがくことに意味を見出したのが全て

571 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 16:30:45.93 ID:T0l2VGTb0
女子中学生が視姦なんて言葉知ってるのかね

572 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 16:51:45.84 ID:D6ttVR8M0
まぁ、10年も経てば良い想い出になるってことで。

573 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 16:54:56.96 ID:7Btid5ZgO
これだけの悲恋を経験すると、公生はヘタしたら10年かそれ以上恋愛出来ないんじゃないか。
椿や絵見、凪も年頃だから、その間に違う相手を好きになってしまうんじゃないか。
そうすると、成長した小春の方がまだ可能性ある

574 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 16:55:32.18 ID:5AUjjM1b0
ハッピーエンドしか認めない人ってやっぱ結構いるんだな
俺は結構すきだったけど

575 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 17:11:58.73 ID:GPmBDPEb0
くっそwww
最初から見直したらかをりの「届くかな」でいきなり泣かされた!!

576 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 17:23:09.23 ID:yYucRqhS0
>>575
公生君に届くかな
だよね

577 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 17:25:12.98 ID:ZULmsKng0
作者がこの漫画描き始めたのって、
バイオリンを弾く女の子を描きたかったから
ってインタビューかなにかで読んだ覚えがある

なのに、最初以外結局ロクにステージ上で弾けないまま殺しちゃったじゃないですかーやだー

578 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 17:26:07.01 ID:ZULmsKng0
別にラストに不満はないけど、
そこが心残りだわ

579 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 17:30:08.66 ID:TT2hzgPA0
海外のフォーラムみても、何故悲しむんだ
これはとっても幸せな物語なのに、な〜んて意見もあるけど
だとしても!しても!やっぱりかをちゃんに生きてほしかったんだ!

580 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 17:36:32.42 ID:W/Xdd2QG0
>>569>>570
何か「意味」があったとして、それがどんな意味だったのかを語ってくれないかな。
でないと、辛く苦しい努力をさせられても楽しめたってことの説得力が無いから。

581 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 17:37:09.42 ID:D6ttVR8M0
美しい別れ方でハッピーエンドじゃないか。

世の中にはこんな悲惨な死に方してる人もいるんだぞ。

【国際】サメに襲われ邦人死亡か=豪©2ch.net
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1423451117/

582 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 17:45:03.68 ID:+zvvFPx30
ID:W/Xdd2QG0 = ID:gHJpDWiS0 だな
その主張の説明はさんざん提示されてるのに
誰の意見も受け入れるつもりがないんなら何言っても無駄だろう

583 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 17:46:47.93 ID:W/Xdd2QG0
>その主張の説明はさんざん提示されてるのに
どこ? 具体的に、レス番号を参照するか、引用で示してくれない?

584 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 17:48:20.95 ID:+zvvFPx30
主張も指摘も含めてアスペだろお前

585 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 17:48:24.93 ID:vneXIUd20
>>582
分かりやすいからすぐNGに出来て楽

586 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 17:48:52.89 ID:2HKrPjh20
>>580
努力(リハビリ)はさせられたんではない。
かをりが公正の姿を見て自発的に行ったもの

公正ともう一度夢見ることと努力は不可分と考えれば納得できない?

587 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 17:50:01.73 ID:gJ4Q4wx70
感性感受性の問題で、
人によってははっきり提示されてるにも関わらず受け取れない人がいるんだな
マンガ読んで理解できないなら、ここで説明しても理解できないだろう

588 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 17:54:03.47 ID:W/Xdd2QG0
>>586
>かをりが公正の姿を見て自発的に行ったもの
9巻を見ると、「外道」な公生に促されてのものとして描かれてるでしょ。

>公正ともう一度夢見ることと努力は不可分と考えれば
でも結局そのもう一度の夢って叶ってないよね。

589 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 17:57:35.74 ID:5Bhg/6HJ0
まあ、努力が報われるとは限らないのが現実なんだから、
せめてフィクションの中では報われてほしいかなあ。

まあ、少年誌だからこれくらいでいいのかな。

590 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 18:00:44.83 ID:p/sU6cKd0
この作品の場合は現実逃避のはけ口にして欲しくなかったことが感じ取れた……はず
そういうのは別の作品に求めるべき

591 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 18:00:48.45 ID:W/Xdd2QG0
「報われない」方が悲劇的だから、より悲惨な物語にしたんでないの。
悲しいお話で泣くのが好きな読者って、珍しくない。

592 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 18:01:40.83 ID:+rMhX9mt0
>>539
作者はそれが絶対的に正しいと作品内で言ったか?
キャラはそう思ったのは事実だがそれが人間として正しいと言った?

受け取り方は自由と言うのはそういうことだよ
キャラの生き方や考え方に影響を受けるのは自由だし作者も嬉しいだろう
でも漫画に人生を左右されるなんて作者は望んでないだろ

あなたはこの漫画で受けた影響通りに受けて生きても良いけどさ
それを他人に押し付ける権利は一切ないし押し付けるならただの傲慢
自分はそう思うからこそこう書いたんだよ↓
>そう受け取るかは読者の自由だけど

593 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 18:03:59.47 ID:2HKrPjh20
>>588
公正と共演することを夢見た事自体が
かわりに勇気を与えた(結果夢がかなわなくても)。
その目標に向かう努力自体を楽しめた(諦めて何もせず死を待つより)。

これでもわからないなら解釈の違いとしか言えない。

594 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 18:06:16.15 ID:T0l2VGTb0
結局「君のいない春が来る」って言いたかっただけだろ
最期は

595 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 18:06:37.27 ID:OGfhhQDP0
3大自称マンガ読みが自分の気に入らない展開に対してする批評

・説得力が無い
・展開が雑


596 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 18:06:59.95 ID:+zvvFPx30
公生の本選でおそらく良い結果を取ったことを描かないところを見ても
結果が得られるかどうかは本作のテーマではないんだろう
いろんな人からの目線から得られる感想に耳を貸さず
延々とそこにしか目が行かないならいつまでたっても納得することはない
それは本人の自由だけど食いついてこられても困るだけだわ

597 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 18:11:38.51 ID:W/Xdd2QG0
>>593
解釈ってよりも価値観の差なのかな。
諦めて死を受け容れることは別に悪いことではない、場合によっては成長ですらあると思ってるんで。
逆に、夢や勇気を持ったりすることがそれ自体でいいことみたいに語られると、どうも脳天気で歯が浮く言葉に感じる。

598 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 18:21:45.53 ID:ef+XTtJv0
>>582
そいつって昨日の陳腐厨か?NG捗るわサンクス

599 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 18:25:56.08 ID:DjHtek850
ID:+rMhX9mt0が怖い

600 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 18:49:33.74 ID:B5IHhF5R0
なんかな〜
俺の君嘘は7巻でピークだったわ

601 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 18:58:46.23 ID:p/sU6cKd0
7巻途中までは愛の喜び
それ以降は愛の悲しみ

602 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 19:02:56.29 ID:yYucRqhS0
かをりと公生が望んだステージでの協奏は
演奏によって二人の心を重ね
互いの中に互いが存在することを感じる音楽による奇跡
かをりの努力はそのためのもの
だから、公生が出会った人すべてを自分の中に感じるカラフルな演奏によって
互いにひとりじゃないという
その奇跡を生みだしたのだから
ふたりは協奏したんだよ

603 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 19:04:20.75 ID:yYucRqhS0
41話、屋上で、
「僕はひとりぼっちになる」と
かをりがいなくなる不安に絶望している公生に
以前と同じようにかをりが
「私がいるじゃん」
そして、かをりは
「ほら、奇跡なんてすぐ起こっちゃう」
「私の中に君がいるよ 有馬公生君」
そして
「怖いよ 怖いよ 私をひとりにしないで」
と泣き崩れる
これが43話につながるんだね

604 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 19:07:11.58 ID:CRJEawb80
は?

605 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 19:32:56.57 ID:2HKrPjh20
>>597
価値観の違いか・・・

死を受け入れる : 諦めて何もせずただ死を待つ
死を受け入れる : 最終的に死ぬ運命だが悔いの残らないよう生きる

後者が作者の表現したかった事と解釈している。

かをりは手術の説明シーンで死を覚悟している。
そして41話の屋上のシーンで死の恐怖を戦っている。

死をうけいれること自体悪いことではない(受け入れようとする姿勢も含めて)
これには賛同する。

606 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 19:37:06.88 ID:u7RuQmDi0
今日立ち読みしたけどガチで死んでんじゃねえか
秒速5センチメートル並に後味悪いわw

607 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 19:41:20.03 ID:NyPSECDV0
死ぬだろうなとはみんな思ってただろうけどね
問題は死に方と嘘の意味
それがしっくりくるかどうかで最終話の評価が変わってくる

608 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 19:43:53.74 ID:T0l2VGTb0
流石にそんなクソ作品と比べるのはかわいそうだよお

609 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 19:44:55.50 ID:S59Fw+yo0
母親が愛の悲しみを弾く回想で悲しみに慣れておくために弾くって台詞がその辺示唆してるんだよね?
ただ、公生はただ慣れてしまったのではなく悲しみを糧にして演奏家として成長した

610 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 19:45:38.90 ID:u7RuQmDi0
嘘の意味っつってもよ・・まあ100パー不純な動機なわけじゃなく一緒に音楽したかったって酌量の余地はあるけど
やってることは眞一郎のそばにいたいから興味もないゴミ吉と付き合ったttの黒人と変わらねえぞ

611 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 19:50:24.21 ID:W/Xdd2QG0
>>605
>死を受け入れる : 最終的に死ぬ運命だが悔いの残らないよう生きる

いやそれ、受け入れてないで、死と闘ってないかい? 「生きる」だと死の反対になる。
「受け入れる」ってのはもっと、穏やかな態度の形容だべ。
受け入れるためには、「何もせず」ではなく、色々諦めたり心を落ち着かせたりする作業は要るかもしらんが。

612 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 19:54:32.34 ID:b2fftSCk0
>>606
新海と新川
踏切と桜
最後の杜撰さ
喪失とそこからのイマイチピンと来ない再起

なんかなあ・・・

613 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 19:59:14.69 ID:2HKrPjh20
>>611
この漫画では「死を受け入れる」は悔いの無いよう生きるの意味だと思う。
もちろん「心を落ち着かせる作業」でもあると思う。

614 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 20:00:26.83 ID:DjHtek850
最後まで生きようとあがくんだよ
そんな綺麗なものじゃない気がする

615 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 20:02:38.06 ID:p/sU6cKd0
本当は、死ぬ覚悟…出来てないです。多分『こりゃもう死ぬな?』って瞬間が来たとしても、ギリギリまで『生きたい』と思いそうです

宇宙兄弟のこのセリフがしっくり来る

616 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 20:08:34.35 ID:W/Xdd2QG0
>>613
>この漫画では「死を受け入れる」は悔いの無いよう生きるの意味だと思う。
作品に即す限り、作中に「死を受け入れる」って思考も言葉も出て来なかったと思った。
後悔はあっても死なざるを得ない、ってのが本当に死を受け入れる態度ではないかな。
死病に罹ってない我々一般人の場合は、悔むことあっても寿命までは生きざるを得ないって諦念になるか。

617 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 20:09:19.90 ID:SVC5EOjK0
ぶっちゃけ先月号が良すぎて
最終話はマジックの種見ちゃってがっかりした感じだったわ・・・

618 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 20:28:42.68 ID:nMG1u9NP0
先月号が良過ぎたってのはあるかもしれない
無難というか一通り決着つけたけど、結構淡々と進んだから盛り上がりにはやや欠けた部分もある
まあ好きです三連発のページはグッと来たけど

619 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 20:42:08.43 ID:2HKrPjh20
「死を受け入れる」は確かに作中には出てこない
別に「死を受け入れる」と言う言葉でなくてもいいんだ。

かをりの努力(リハビリなど)は死の恐怖と戦うことでもあるし
後悔を天国にもちこませないことでもある
それは「こころを落ち着かせる作業」と相反しないと言いたかった。

そもそも作品が死をただ静かに受け入れる事を表現したいのなら
かをりは病院の待合室で両親が泣いているのを見て
なにも行動を起こさない。

620 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 20:46:16.77 ID:pCRBbqMG0
死なせちゃダメ。
ハッピーエンドが見たかった。

621 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 20:52:37.90 ID:XWKfUElJ0
かをりが死ぬことが物語の根本的な設定なのに何を言うのか

622 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 20:55:45.13 ID:1MZF7Jhm0
まぁ正直言えば見たかったよねw
でも今アニメでラスト変えろって言ってる人たちはたぶんそれをいちご同盟超えとか言うんだろう
作者はいちご同盟とは違うヒロインの形を提示してみせたけど
それはいちご同盟を噛ませ犬的な踏み台にしたものじゃなくてちゃんとリスペクトした形のものになっていると思う

623 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 21:05:16.87 ID:nMG1u9NP0
本編のラストをかをり生存に変えるよりスピンオフで何かやってほしい
かをりの病気とかは置いといてキャラ達の日常生活描くとか
紘子さんや絵見達とかをりや椿達の絡みが見てみたい

624 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 21:08:02.33 ID:K30eWw8Q0
諦めろよ
もしくは自分で描け

625 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 21:10:47.91 ID:TeHwWVi/0
ゲームが出れば解決だな

626 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 21:24:04.94 ID:/YOJ7Bhr0
十年以上前にいちご同盟読んだからうろ覚えだけどリメイク?

627 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 21:32:41.15 ID:QaCM0AA80
>>626
作中で提示してセリフなぞって、主人公にセリフで否定させた挙句、最後は同じストーリーラインだった
だから賛否両論で荒れ気味

628 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 21:33:46.16 ID:vELJCixM0
43話を最終回にして
あとは読者のご想像に
だったらみんな暴れる?

629 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 21:40:17.00 ID:MepFYhKs0
生きようが死のうが、どんな結末でも荒れるだろ
生きてたら生きてたでそれなりに批判あったはず

630 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 21:47:17.54 ID:dp4OxCfT0
生存ENDだったらもっと荒れてたような気がする

もっともたとえ陳腐だと言われてもその方がよかった

631 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 21:50:27.48 ID:E6BzQy6I0
主人公にセリフで否定させたのはヒロインには希望の言葉になったけど主人公にとっては現実から目を背けていた言葉だったという罠

632 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 22:02:49.05 ID:7v3a3ghB0
>>626
やっぱりいちご同盟だよね。

中学校時代に読んで泣いたなー

633 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 22:05:37.08 ID:7Btid5ZgO
>>630
生存ENDで「次号から『四月は君の嘘2が始まります。お楽しみに!』」だったら
荒れるというか、「なんじゃそりゃあー!」ってなってただろうなぁみんな

634 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 22:09:54.82 ID:aJ10Mgfn0
>>626
リミックスみたいな感じ

635 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 22:16:56.25 ID:1MZF7Jhm0
>>633
商業的には正解でしょ
関係者的にはそっちで一儲けしたかったかもなー
食種みたいなのが結局売れるんだろうし

636 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 22:26:58.56 ID:aJ10Mgfn0
>>633
かをちゃんは片足無くしてて公正が渡の試合を撮影して病院に持っていくところから始まるんだろうなあ

637 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 22:50:46.74 ID:7Btid5ZgO
でも聴衆の反応とか、インフレ起こしてたからな
話を続けて公生達が成長して、今まで以上の名演奏聴かされたらあいつら発狂するぜ

638 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 23:03:56.49 ID:SncOVdhl0
色の話だったんだな
母の死によって失った色をかをりとの出会いによって取戻し
かをりを失う恐怖からかをり以外の色が見えなくなりかけ
くしゃみで自分の世界にある色は出会った人の分だけあると気付いた少年と
地味な色しかない世界から全力疾走することで色を増やし
病気の悪化で色を失いかけてもあがくことで色を失わずに走りきった少女の
音色が重なって終わったのか

639 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 23:13:57.37 ID:+hBqr1jK0
君嘘2はないだろうが、あったとしたらかをりと容姿が似ているピアニストが、
同じ高校で出てくるという設定がありがちでは?
かをりそっくりさんと椿の間で心が揺れる公生。

うーん、やっぱり面白くないな。

640 :作者の都合により名無しです:2015/02/09(月) 23:24:39.58 ID:QaCM0AA80
>>639
マガジンの瀬尾という作家さんの連載を見るんだ

641 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 00:26:33.20 ID:XH0BnSr70
椿 
・ホームランボール直撃(謝罪どころか証拠隠滅を図る)
・ガラス割った罰のビンタを公生に受けさせる
・後ろから忍び寄って後頭部にソフトボール投げつける
・ウィリーした自転車で背中突撃
・頭から流血した公生と血がついたソフトボールの描写
・渡と一緒に蹴りダンス

かをり
・盗撮魔と勘違いしてピアニカぶつける(のち、顔ボコボコにしてリコーダーで首絞める)
・ピアノ弾くの強制してスネ蹴り
・トラウマ話を一蹴して顔面に靴裏キック(追撃で何度も蹴り)
・追いかけ回して靴を頭に投げつける
・上履きカカト落とし

1巻だけ読んだけどひどい暴力漫画だった
特に椿は指でガラス切る心配はするくせに下手したらそれ以上の怪我をしそうなことばかりしてくるクズ

642 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 00:37:27.97 ID:Y0DNwmXl0
最終話を読んで見直すとかをりの最初の演奏の後の手の震えと
5巻の君がいるよってセリフがぐっとくるなあ。
完成度高いわ。

643 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 00:53:07.80 ID:giZcAiio0
>>642
最初の演奏前のかをりの「私の音楽届くかな・・・」
これは手紙の
「届くかな 届くといいな」
「有馬公生君 君が好きです 好きです 好きです」
なんだよね

644 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 01:51:53.35 ID:EhfImS/j0
>>641
生きづらそうだな

645 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 02:07:04.99 ID:QUUGoANq0
>>641
アニメ民さんちーっす

646 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 02:07:34.00 ID:oGjg36gu0
>>576
2周目はかをりのセリフが全部違って聞こえるww

1周目前半は公生のトラウマに視点が合ってセリフが聞こえてたのに
2周目前半はかをりの切実な思いが同時サラウンドで聞こえるわ

647 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 02:26:32.25 ID:wnQoMMWb0
この先は暗い 夜道だけかもしれない
それでも信じて進むんだ
星が その道を 少しでも照らしてくれるのを

648 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 04:56:29.44 ID:eNlNwhDB0
生きててほしかった

649 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 05:07:27.22 ID:Kc5/4yD20
なんだろうね
かをり病死END自体は兎も角、そのもってき方が何かイマイチで
あんまカタルシス無いんだよね
渡も活きてないし病死ENDならもっと椿を良く描いて欲しかったよ
良いシーンとかもあるんだけど

何か名作になり損ねて色々残念な作品
結構すぐに忘れられそう

650 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 07:58:16.46 ID:ZxZuZZ4r0
椿は公正のために作中何かしてあげられたとかそういうの何もないから本当にただのわがままマンコだったという印象しかないわ
あえてそういう風にしてんのかかおりと対照的に
だとしたら流石にもうちょいエンタメ的な部分考えて欲しかったぜ

651 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 08:15:36.78 ID:AvL89XTUO
正直、生きてて欲しかったけど、かをりの嘘の物語として一巻から見直すと泣けるね。
5巻のラストのかをりの表情やセリフとか、、、

652 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 08:41:36.88 ID:J+2/bJFf0
>>649
ここまで描いてもらっていてこれ以上良く描けとか椿に望みすぎw

椿なんぞより絵見や凪の方が魅力的

653 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 09:25:55.03 ID:qIsduVtY0
椿はかをりとキャラ被ってるのがな
それでいてかをりよりも何故かウザったいという
大人しいキャラにして差別化しつつ
脇で支えるって感じにした方が良かったかもなあ

654 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 09:35:08.54 ID:wnQoMMWb0
キャラかぶってる?

655 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 09:37:30.40 ID:Ljy8x28Z0
2〜3巻くらいで終わる漫画なら良い最終回だと思うけど
10巻以上でこのラストは安直すぎると思った

656 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 10:00:49.46 ID:giZcAiio0
>>653
どちらも強そうにみえる女の子だからね
控え目で静かなキャラじゃない

657 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 10:12:09.33 ID:EHq7jtZw0
主要キャラに好きなキャラが全くいなかった・・・
脇はちらほらいたけど

658 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 11:31:19.44 ID:ZxZuZZ4r0
かをりと椿が被ってるのは表面的な性格だけじゃない?
そもそもかをりは元々は地味少女だべ
俺は絵美がかをりと被ってると思ったけど

どっちも公正に一貫した想いがあってそのために努力したことがあったじゃん

659 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 11:50:39.70 ID:oqHxxwWJ0
凪や絵見のこと、コンクールの結果や進学のこと、公正がどう成長したのか等、
最後まで描いてないから中途半端な感じがする。
最終巻の発売がだいぶ先の5月であることを考えると、5/6か6/6発売の誌面で続編の新連載あるんじゃないか?

660 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 12:06:42.95 ID:95ogVSul0
>>649
カタルシスなんてこの漫画最初から最後までなかっただろ
正直漫画下手だよこの人
絵はうまいけどさ

661 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 12:08:56.77 ID:YuqJhAQX0
最終回は既に考えてあったんだろうけど、色々合点いったわ
有馬の輪に入るために、嘘ついてたのね
有馬に話すきっかけ探してたというのも驚いた

662 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 12:16:17.69 ID:giZcAiio0
>>656
そうだよね
似てるのは表面的な部分だけ

だからかをりにとっては幸福な
椿にとっては、自覚は無いけど不幸?な終わり方になってるような気がする

663 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 12:36:26.79 ID:giZcAiio0
この作品はある方向に対してすごく良く構成されている
だからこそ、別の方向を向いている者は中途半端な凡作に思える思えるんじゃないかな
逆に、作品と同じ方向を向いている者は半端ない浄化を得ることができる

664 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 12:42:08.81 ID:C4Hyki1v0
・盗撮魔と勘違いしてピアニカぶつける(のち、顔ボコボコにしてリコーダーで首絞める)
初っ端、かをりちゃん、ドキドキしたろうなあ。好きな人に初めて会話したのに・・・

かをりの両親が気の毒すぎる。公正あそこでケーキ買え。

665 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 12:43:57.76 ID:SeBXT4a90
最後の展開に納得行かない人は自分の中のイメージが凄く大きいんだろう
理想と現実の差異に我慢できないののだ

666 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 12:48:23.62 ID:oKsua01l0
事実上の最終回である43話を読んで、かをりが生きてると思った奴らだな>納得いかない、別の方向

667 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 12:50:15.50 ID:C4Hyki1v0
「8月は僕の嘘」っていう高校編を出してほしい。
同級生絵美に高校生活ギタンギタンにされる公正とか。
一人暮らしの部屋に遊びに来る絵美とか?椿と鉢合わせとか・・・

668 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 13:06:57.58 ID:6JsmRJhM0
絵美はヒステリックじゃなかったら良い子なんだけどなあ

669 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 13:18:03.42 ID:TQ8AnP2FO
最終話の手紙を冒頭に持ってきてから第一話を始めて、先月号が最終回でも何とかなる構造だなコレ
そしたら拒否反応起こす読者も少なかったかな
少年漫画だとそういう造りにすんの難しいだろうけど

670 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 13:21:18.51 ID:VnWt1IlHO
高校編があるかどうかは皆の要望次第だろうね
作者的にはこの辺りが限界だから物語を締めに入ったんだろうけど、要望が多ければあるいは………

671 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 13:22:46.69 ID:SeBXT4a90
生きたいという希望と生きて欲しいという願望が揃って意味がある
というか最終話から一話へと飛んで読み直せば手紙が最後にあるパターンも冒頭に有るパターンも楽しめるね

672 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 13:29:43.96 ID:hgDKDKqm0
続編ではもう死や病気で読者の興味を引っ張れないから
音楽表現のガチンコの発想力勝負になるけどこの作者にできるの?

673 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 13:32:00.47 ID:6JsmRJhM0
無理でしょ
いちご同盟の続編が出ない限りは無理

674 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 13:36:40.37 ID:T9E6uQTt0
続編希望っていう奴はたとえ高校編やったとしても次は大学編、社会人編、老後編とか言い出すだろうからキリがないんだろ。

675 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 13:46:38.56 ID:p9TpBgzh0
そうなんだよなぁ、かをちゃんの逃れられない死を受け入られるかどうかなんだろうなぁ
受け入れられれば、かをちゃんの最後の煌めきは本当に幸せなことだと思えるんだけど
そう簡単にはいかないなぁ

676 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 13:55:43.57 ID:+LpFkZ7P0
エピローグを掲載するんだ!
いわく夢オチ

677 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 15:13:23.62 ID:qvyjzQBz0
>>664
ピアニカを投げつけたのは、自分を撮っていたことに対する照れ隠しなんだね
今ならよくわかる

678 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 15:21:33.27 ID:MCE0ETa60
その頃には虎視眈々と公正と親密になること狙ってたんだよな
あざとい実にあざとい

679 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 15:42:10.03 ID:x9sPVcBA0
>>678
でもそれは自分の余命が短いと悟ったから。
お前だって余命宣告されたらやりたいことやるだろ?
俺だったら種蒔きに奔走するぞw

680 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 15:56:22.12 ID:pT2CMRSO0
>>678
何度もシミュレーションを繰り返してたんだろうなあ
パンプスはここにぶらさげて、スパッツはここで脱いで
って、おい、やめろw

681 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 16:16:03.66 ID:oGjg36gu0
かをりと公生の物語として終わったけど
周りがやたらいいキャラしてるから続編希望ってのは分かる

絵美なんて公生が、連弾しよーぜ?って誘えば一発でデレんじゃねの

ただ落としどころがないだろな
かをりとサヨナラでもさせん限り。やらんだろうしそれ

ピアノコラボコンサートにお客さん引けてるみたいだから続いては欲しいもんだが

682 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 16:30:52.92 ID:TQ8AnP2FO
スピンオフするなら、地味かをりの地味な生活を読みたい。
結婚してヨーロッパ行っちゃった先生とか、話を膨らませる余地がある

683 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 17:01:36.69 ID:pVF92jr80
今読み終わったけど、これといいANGEL VOICEといい少女が重病で死んじゃう漫画は
どうも俺にはむいてないわ・・
その部分以外は結構いい漫画だったと思われる、次回作を楽しみにしこう

684 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 17:16:56.66 ID:+Ik3xVDU0
3月のライオンをぱくった罪は重い。

685 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 18:11:12.03 ID:MCE0ETa60
>>679
何とか関係を持とうとするけど
クラスメイトでもある相手の幼なじみに嘘をついて近づくようなことはしない

686 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 18:27:44.97 ID:AvL89XTUO
>>682
スピンオフ要望にお応えして、屋台はりんご飴屋の嘘をやります!とかでも満足する?

687 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 18:59:15.93 ID:TQ8AnP2FO
>>686
あースマン、
「オレは続編作ってほしいとは思わないしスピンオフもなくてもいいけど
アニメの特典で幼少期の短編描くなら、将来的に単行本にするために幾つかスピンオフ短編を描く可能性はあるのかもね。
だったら地味かをりの話とかでいいよ」
って書こうとして、長いから端折っちゃったwww
世間話的に書き込んだだけで、特に強い要望ではないよ

688 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 21:04:42.30 ID:dsZl2GRa0
幼少期のやつはいらない。くさい。
ガチンコで絵美とのバトルを見たい。

689 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 21:31:06.47 ID:m+gpTJGR0
陳腐すぎるけど、手術成功してもう一度だけでも公生とかをりは共演してほしかった
そして演奏終わったら燃え尽きたかをりは死ぬ

690 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 21:34:39.20 ID:9SJo2fV+0
時間は無慈悲に過ぎてゆく
死が待ってくれるなんてことはない

691 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 21:41:33.43 ID:CFbKdEBs0
3巻11話ライバル投入
6巻23話でかをり欠場
7巻26話母親のトラウマ解消、死亡フラグ本格化(紘子・落合の話し合い、かをり入院)
な点を考えると

3巻12話くらいで終わるなら軽いラブコメ
6巻24話くらいで終わるなら +母親のトラウマ解消
9巻36話以上なら +かをりの死亡
くらいを構成してたんじゃない

692 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 21:48:23.41 ID:emzA6vH/0
>>661
あれ合点いったの?
正直に公正を紹介して欲しいと言ったら断られただろうからとかいう取ってつけたような辻褄あわせ
椿ってそんな狭量な女に見えてたのかおかしいだろと思ったわ

693 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 21:52:21.95 ID:6JsmRJhM0
クラスメートにそんな嘘つくくらいなら直接友達になってくださいっていう方が簡単な気がするけどな

694 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 21:53:22.76 ID:yqsblW+Z0
そもそも椿と深いつきあいなかったら、性格はそう分からないんじゃないの?

こっち(かをり)は、まして「誰あんた」状態で入って来るわけだし

695 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 22:05:47.31 ID:oGjg36gu0
ちなみに
最近の中学って下校時間過ぎても音楽室で粘ったり、夜間校舎内に侵入したりできんの
後者は端折っただけで管理人通ってるのかもしれんが

あとウンテイって危険遊具として撤去されたって聞くけど今でも残ってたりすんの

>>689
陳腐すぎるけどって部分含めて一行目俺もそう思うわ。1回切りで終わったからこそだろうけどさ
つーかアニメの方あの回気合入りすぎだろw 本当にA-1か?と疑ったわww

696 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 22:20:32.83 ID:9SJo2fV+0
ガラケーだし最近じゃないかもよ
てかフィクションだよ

697 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 22:22:03.29 ID:6JsmRJhM0
>>695
音楽室は使えるしうんていもあるし夜中にプールも入れる

698 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 22:40:03.33 ID:vPJufqPI0
セコムのおかげで夜中校舎にいたら警報鳴るし
プールも同様で馬鹿が夜侵入して捕まったことある

699 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 22:44:00.88 ID:ruNng7BI0
>>617
少し期間を開けて11巻の最後にオマケで今月号の話を添えるような演出のほうが良かったかもな
1ヶ月じゃ冷却期間にならんかったわ

700 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 22:53:44.03 ID:q8XrayTq0
近所の中学は夏の夜プールに忍び込んでるの居たな

701 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 23:16:42.84 ID:w0EsFOLi0
2011年からの連載ならまだスマホよりガラケー持ってる中学生が多かったからちゃうかな?知らんけど

702 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 23:23:58.95 ID:9SJo2fV+0
四年前だとまだガラケーか、スマホが当たり前になり過ぎててガラケーがだいぶ前に感じてしまう

703 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 23:33:02.41 ID:cQ3VAYeE0
>>689
手術後少しでも共演にむけ努力して、結局実現できずに死ぬ形でもよかった。2人であがいてほしかった
42話みたいなイメージの共演で約束守ったような扱いされるよりは

704 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 23:36:02.05 ID:AyH4f9Lm0
最後にごーストかをりじゃなくて 本当に一度だけ一緒に演奏させてあげてほしかったよ

705 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 23:40:32.25 ID:yEhEN5fV0
ヒロイン死なす展開は好きじゃない。今更すぎるけど。

706 :作者の都合により名無しです:2015/02/10(火) 23:42:31.72 ID:yqsblW+Z0
>>703
それで思い出したけど、ラスト前の回、寝間着のかをりに励まされて、
あのあと公正とかをり、どうやって別れたんだろ
「そういうわけだから、元気出して帰ってね」
「うん、そんじゃまたね。また見舞いに来るね」って別れたのかな

故人と最後に一目あった時の印象って、けっこうオレは残ってるもんだけどな

707 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 00:07:35.80 ID:XQvshsLT0
胸くらい触らせてあげたかも
あざといさすがかをりさんあざとい

708 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 00:09:26.41 ID:kOmAQqDw0
ほんとに心中したら荒れてたかな

709 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 00:20:34.79 ID:lZfERaud0
実は生きてるんだよ
最終回は別の次元の話で
手術は大成功、かをりちゃんは完治して公正と両想いになって共演するんだよ

710 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 00:32:15.69 ID:gNcpYe7YO
思いたいなら、最終回が嘘って思っててもいいんじゃない。
人それぞれだよ。
声高に言い回ると、人からちょっとアレだと思われるかもしれんが

711 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 00:45:59.01 ID:kJ5bWRdW0
>>684
ライオンは完全に超えてるよ ウミノ先生がまともに書いてくれないんだもん
新川先生のように2週間前には原稿上げているくらいでないと
ネガティブエンジン発動している場合じゃないよ

でもやはりかをちゃんは公生の腕の中で最後を迎えさせてあげたかったね
そして「椿ちゃん 有馬君をこれからお願いね」と言わせて
公生とかをちゃんとのさよならのキスの最中に息をとだえさせてあげたかった
これが最大の残念なところ

また、やっぱりやり残したことは多いよね
・かをりと絵見様の共演
・かをりと凪のホットトーク
・何よりも地味子メガネっ娘かをりと公生の共演
・世界の大舞台での共演

まだできること
・有馬公生X三池俊也「めちゃくちゃな、奇跡を生んだバイオリニストのオマージュ」

何とかさせてあげたいこと
化けて出られるように「妖怪バイオリン弾き」とウオッチを公生にあげる

やっぱり次回作は「四月h君の嘘 NEXT GAME」かな?

712 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 01:05:30.62 ID:fc3rulbO0
気持ち悪がられてたのによくまた同じ事書いたもんだ

713 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 01:43:52.98 ID:oPi//VgT0
有馬くんをこれからお願いってどんだけ上から目線なんだって話だろw
自分が通り過ぎる人間だって理解してる子が言える言葉じゃないぞ
公生の告白くさい言葉の後に喜ばず病気のことがあるから一緒にいられないとかしか言えなかった
椿や渡にも気を使っていたかをりには無理だわ

714 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 04:38:20.33 ID:2/9OQgcN0
>>661
そして、自分の死を知っていたからこそ
(自分の死によって)相手を傷つけたく無いために
敢えて(他の人が好きと言う嘘で)距離を
置いていた。

て言う事かな?
自分は恋愛中のおっさんだからそう感じる

715 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 06:22:02.03 ID:SleRMHAn0
かをりの頑張り、リハビリが無駄だったっていうひといたけど、
あの頑張りがなければ、屋上のシーンで奇跡を起こすことできなかったかもしれない。
公生を再び舞台に向かわせることができなかったかもしれない。
そうなると公生は、自分が一人じゃないと気付くことができなかったし、自分の中に
かをりがいると気付けなかっただろう。あの頑張りによってかをりは公生の中に
居続けることができたと思ってる。

716 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 06:35:40.52 ID:DWZzhMlK0
「アニメ化してほしい漫画」ランキング 未完結作品編
http://ereeto.jp/blog-entry-82.html

717 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 06:39:41.59 ID:CYEfcpU80
月マガ買ったけど椿の下りのページだけ破って捨てたは
11巻もそうするつもり

718 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 07:01:52.51 ID:DgH5omDX0
かをちゃんの本心や辿る道は物語の最初からほとんど全部読者に予感させる描き方だったけど、
その予感通りの悲しい一本道の結末に向けて何の容赦なく救済もなくまっすぐ真正面に展開しながら
読者を鬱々とさせず、むしろ清々しく読み切らせたのはすごいと思う

甘い砂糖にくるんで読者を漏れなく最後の舞台まで連れていって、そこでとんでもないトラウマをズドンと与える
超鬱精神攻撃砲作品でなくて助かった
(作者は、その気ならば簡単にできただろうけど)

そしてタイトルの「嘘」の意味も読者はたいてい分かっていながら、かをちゃんの手紙で
はっきりと言い切られたあとに作品を読み返すと、
やはり最初に読んでいた時から伏線と分かっていた部分まであらためて感じ入る部分が多い

719 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 07:16:05.87 ID:fW+jpj/K0
>かをちゃんの本心や辿る道は物語の最初からほとんど全部読者に予感させる描き方だったけど、
>その予感通りの悲しい一本道の結末に向けて何の容赦なく救済もなくまっすぐ真正面に展開しながら
>読者を鬱々とさせず、むしろ清々しく読み切らせたのはすごいと思う

そうだね。

いろいろ結末を予想していたけど、
最後にど真ん中のストレートがくるとは思わなかった。

720 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 07:22:51.12 ID:DgH5omDX0
>>709
全ての伏線を裏切らず、それでいて奇跡的なパズルのピースで
ハッピーエンドを迎える大どんでん返しの作品なら、それはそれで
別の種類の名作にはなったと思う

でも今回の作品は、避けないで描くと決めた悲劇を、最後までぶれずに避けずに真っ直ぐに描きながら、
その上で悲劇以外の何が描けるか、ということが作者にとってのテーマだったんじゃないかと思えてくる

それぐらい、この作品はすべてが真っ直ぐだ

721 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 07:32:23.15 ID:fW+jpj/K0
今、気がついたんだけど、
凪が「陳腐ですね」って言った時、
アニメでは公生の胴が真っ二つだけど、

漫画では「公生の首が飛んでる」、のな。

・・・・季節柄、アニメのキョウヘイ監督は、上手くリスクを避けたわ。

722 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 07:42:20.88 ID:fc3rulbO0
時世を考慮したものではなく偶然のリスク回避でしょ

723 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 07:47:55.80 ID:fW+jpj/K0
ノッてる人は、「持ってる」、ってことかな?
実社会でも、こういうことはよくあるよね。

たいしたことでなくてもひっかかって大問題となる奴と、
なんだか上手く行く奴。

724 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 07:50:03.45 ID:yLBMAIx+0
まっすぐだよね
作品の骨格がしっかりしている
話に歪みが感じられない
すごく感動した

>>717
なんで? 理由が知りたい

725 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 08:01:20.18 ID:QZSpbz6V0
前半 音が聞こえなくなることを理由にして
前に進まない公正をかをりが手を引っ張り舞台に上げる。
(それがつらい事とわかっているから かをりも泣いて謝るシーンあり)

後半 病状が悪化し、なげやりになったかをりに
凪との連弾を見せ、聴衆からの賞賛や拍手を忘れられのかと
かをりに「残り短い命」を何もしない理由にさせない。
(それがつらい事とわかっているから 公正は僕は外道なんだと答える)

表のテーマは公正の成長物語。
裏のテーマはかをりが死期を悟って、それでも懸命に生きた物語。

読み返すと色々な対比があって面白い。

726 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 08:04:17.81 ID:fW+jpj/K0
せっかく猫とかをりちゃんをリンクさせてたんだから、
映画『陽だまりの彼女』的に、一度死んで、復活路線もあったと思う。

あ、最終話に、猫が姿を見せてたな。。。
あれ、かをりちゃんかもな?

727 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 08:12:07.92 ID:fW+jpj/K0
ひらめいた!

エピローグで、あの黒猫チェルシーが公生のところに戻ってくるんだよ!
で、なんか、かをりちゃんっぽい雰囲気なの。

公生がピンチになった時に、それとなく助けてくれるとか。
ヴァイオリンとか、ピアノのそばで寝るとか。

てか、アニメのオープニングで鍵盤の上に黒猫が寝てたな!
無限ループだ!

728 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 08:21:21.53 ID:SleRMHAn0
>>727
化け猫エンド、いいと思いますw

729 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 08:59:18.97 ID:fW+jpj/K0
これマジなんですけど、

最終回が載った月刊少年マガジンの表紙絵の「かをりちゃんの絵」と、
映画『陽だまりの彼女』のラストシーンが同一だって、みなさんご存知ですか?

桜とヒロインと猫。

どちらもヒロインが弱って死んでいく物語です。
そしてヒロインと猫は激しくリンク。

新川先生は、映画『陽だまりの彼女』が好きだと思う。

730 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:02:59.67 ID:BeVO4RsR0
死ぬのは決定事項でもその死に方がなぁ。少しでも長生きするために危険な手術に挑んで失敗って、現実では多くてもフィクション、しかも少年向けでは見たことない。

後日談を一巻分描くか映像でもいいからどうか補完してほしいと思う。
主人公が三度目の喪失をどう消化して乗り越えたか、少年誌ならそこまで描いてほしいよ。あの幻の共演で乗り越えたにしてもその後が読みたい。

731 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:07:02.24 ID:aJed6P6A0
円盤最終巻の特典漫画や映像でそこら辺の事やる…とかだったりして

732 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:09:07.81 ID:fW+jpj/K0
「いちご同盟」自体が、
えええ、マジでヒロイン、そこで無残に死ぬんかい?、、、って物語だからな。

やっぱりあのヒロインも、言葉では伝えられなかった。
絶望の中、かろうじて口パクで、

「あ・な・た・が・す・き し・ぬ・ほ・ど・す・き」

まさかのバッサリで死ぬから、余韻が続くんだよな・・・(涙)

733 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:10:57.76 ID:NtCAHaqq0
世界を構成している(カラフルにしている)のは「ぼく」と「きみ」だけじゃない
これ以上の描写が必要かい

734 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:11:29.51 ID:BeVO4RsR0
>>731
できれば皆が読める漫画でやってほしいけど。でもあのラストに仕上げた作家ならあえてやらないかも知れないね。
前にも書いてた人いたけど、作品て作者のものなんだよなぁ。同人誌ならたくさんありそうだけど、商業誌、しかも少年誌であえてあのラストは逆に信念無いと出来なそうだね。

735 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:16:52.51 ID:py8oKMvd0
ここで挙がる補完はだいたい蛇足
色々と惜しまれるくらいがいいのだよ
満足したら忘れちゃうんだろ?

736 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:17:21.68 ID:fW+jpj/K0
>>734
ほんと、新川先生は信念あると思いますね。
いろんなシーンに感動したけど、それ、
表現できる元が作家の心の中にないと出てこないもん。

でも、これを病床で読んでた子供たちもきっと数限りなくいるわけで、
『陽だまりの彼女』みたいな猫オチでもいいから、
なにかこう、エピローグかスピンアウトか何かで、ふわっと着地させて欲しい。

737 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:17:55.87 ID:CYEfcpU80
>>724
一言でいえば、作中椿が「女」というキャラクターだけだったからからかな
かをり始め絵美武志公正ママ瀬戸先生どれも公正に対する想いは綺麗で格好良く描かれてるけど、椿のソレは強いものではあっても所詮思春期特有のもので醜いものだと感じた
だからこそ物語上重要なキャラクターだと思ったけど、感情的な部分ではやっぱり不快感があるなあって話

738 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:19:36.31 ID:aJed6P6A0
>>734
君嘘円盤には既に書き下ろしの特典漫画が付くのが決定してるわけで、
ひょっとしたら最後にそういうのやってくるかもって思ったりはする
個人的にはそういうのやめてほしいんだけどね

739 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:21:30.87 ID:BeVO4RsR0
>>736
うん、少年誌である以上は補完を期待するよ。作品として蛇足になっても。

740 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:23:09.11 ID:BeVO4RsR0
>>738
でもそれなら子供が気軽に読めないからなー。その後単行本にしてほしいけど…

741 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:24:20.88 ID:fW+jpj/K0
しかし、かをりちゃんに「いちご同盟」を持っていった渡。。。
無邪気過ぎて、なんて残酷な!

742 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:26:40.40 ID:py8oKMvd0
自己満足をsageることでageていくスタイル

743 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:27:41.27 ID:fW+jpj/K0
>>738
うん(涙)。蛇足でもいいからやってほしいな。

「わたしが可哀想」って頑張って手術を受けるかをりちゃんに
勇気をもらった病床の子供たちも、きっといると思うから(泣)。

744 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:29:08.14 ID:NtCAHaqq0
補完してほしいというのは読者として当たり前の感情だけどそれを作品に必要なことのように語るのは穏やかでない

745 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:32:17.61 ID:aJed6P6A0
>>740
まあただの杞憂だとは思うけどね
円盤最終巻発売からしばらくしたら特典漫画集めた単行本出してほしいけど、
特典漫画目当てに円盤買った人は業腹だしなあ

746 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:33:13.10 ID:fW+jpj/K0
確かに、もともと穏やかな作品じゃないもんな^^

病死どころか、8巻で公生の首が出血しながらぶっ飛ぶシーンまである。
後藤さん事件と同じ週の発売なら、どれだけ後味が悪かったか。。。w

747 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:36:16.91 ID:QZSpbz6V0
かをりが公正の演奏を聴いて
ピアノをやめてヴァイオリンをはじめるところは
やはり不自然なので

・かをりの両親がピアノとヴァイオリンの共演コンサートで知り合った

・かをりのピアノの先生がヴァイオリンとの共演相手と結婚した

こんなエピソードを脳内補完した。

748 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:38:37.89 ID:BeVO4RsR0
>>742
少年誌だからね。青年誌なら思わなかったかもしれない。

749 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:40:13.58 ID:kOmAQqDw0
便利な脳みそだな
椿みたいだ

750 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:40:47.21 ID:BeVO4RsR0
>>744
まあそうね。これ以上はやめとくわ

751 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:43:40.73 ID:py8oKMvd0
>>748
感受性が高まるのは思春期で少年期なんだよなあ
逆に青年誌なら必要なことで少年誌だから必要なかったことかもよ?

752 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:44:08.68 ID:fW+jpj/K0
>>747
そうかな?

子供の音楽発表会ではピアノ+ヴァイオリンの演奏を目にするし、
「公生と一緒に、素敵にやれる楽器!」と短絡に思ったんじゃない?
(※連弾はかをりと感性が合わないだろね、地味で。)

そこが、並んで座ってた絵美との対比なんだよ。

絵美「あんなピアニストになりたい」
かをり「公生が好き!一緒に演りたい!」

753 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:48:33.93 ID:QZSpbz6V0
>>752
〉子供の音楽発表会ではピアノ+ヴァイオリンの演奏を目にするし、

そうなのか なるほど。

754 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 09:53:20.55 ID:BeVO4RsR0
>>751
あなたの考え方も確かにそうかもと思った。色々だな。

755 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 10:04:04.44 ID:5aE1PpU+0
かをりがブスだったらこんなにつらい気持ちにならなかったのに

756 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 10:13:51.95 ID:LOU2VQZn0
何故かをちゃんを殺したのか
殺人者が一番強い、などと言わないで欲しい

757 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 10:23:37.25 ID:kOmAQqDw0
>>755
ブスなら公正も好きになってないだろうしな
実際椿には見向きもしてないし

758 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 10:41:11.33 ID:GQHgf0Fx0
死なないと話にならないから死ぬだろうって思ってたけど・・・

生存ENDってハッピーだけど安っぽいからな
作るのは簡単だけど何も残らない

759 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 10:41:35.32 ID:idjk6WWe0
>>741
図書室から大量に無断持ち出して見舞いに渡した内の1冊って設定はうまいな
無断持ち出しだから貸出カードが付いたままで公生がいちご同盟既読だとわかる
その後うるさいほど小道具として描写するのもよかった

760 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 10:48:18.98 ID:al6KqE8K0
死亡エンドの方が簡単

761 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 10:51:03.19 ID:iO25gMgz0
共演するかどうかだけ気になってたわ

762 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 10:55:01.57 ID:59cHSsBi0
>>756
陸奥圓明流かな?

763 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 11:14:16.02 ID:frc/Crkw0
>>756
殺したのは作者な
作者が一番つおいに決まっているw

764 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 11:58:02.48 ID:yLBMAIx+0
>>737
最終話の椿がいるから、公生とかをりが引き立ってるように感じるよ

最終話に全く不満はないし、手紙の内容を公生に残したことも含めてかをりなんだろうけど
もし、手紙の中身が、最後のP.S.と写真だけだったら印象かわるだろうな

765 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 15:50:13.19 ID:ULcNoS8I0
よう考えたら、
こんな議論が続くのは
ある意味
この作品の勝利かも知れんな

766 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 15:56:19.23 ID:0rvpQBFQ0
何だかスルーできずに一言いいたくなってしまう作品

767 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 16:50:28.35 ID:gNcpYe7YO
今月号は淡々としてたから
先月号が最終回で、今月号は単行本最終巻に書き下ろしでもアリだったな。

768 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 17:01:05.62 ID:dpOstzRm0
>>718-720
真っ直ぐ、ってよりも作者の手が透け透けって感じ。
イイハナシダナー(棒)、となる。

769 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 18:34:14.90 ID:QC+7cWq80
かをりちゃんショックでまた弾けなくなった公生を

今度は絵美が舞台に戻す続編『五月は君の嘘』は、

あんまり観たくない(妄想)。

770 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 18:37:15.10 ID:NI6czw6B0
なんでまた弾けなくなってんだよwwww

771 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 18:47:39.01 ID:UYzBCujs0
>>768
流石にそれは感じないが、描きたかったものに対しての力不足は感じる。
パンチ不足で泣けなかった。
たぶん作者は泣かせたかったと思う。

なぜパンチ不足だったのか。
イメージ優先、雰囲気優先で、細部に具体性が足りなかったからかな。
たとえば、病名が明らかにされてない。

恋愛にも医療にも音楽にも、取材と描写… 踏み込みが不足してた。

772 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 18:57:33.91 ID:al6KqE8K0
かをりが早い段階で倒れてフェードアウトした上に
公生が臆病すぎてかをりにあまり関わろうとしなかったせいで
かをり死亡も影の薄いキャラの死ってインパクトしか持てなかった・・・

773 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 19:07:45.46 ID:2a3LM0SZ0
音楽のことは素人なら特に違和感なく読めるけど
病名を明らかにしてほしかったってのには同意

774 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 19:11:57.87 ID:r4v96LlX0
読み返してるけどやっぱ面白いわこれ
悲壮感漂うかーちゃんに比べてとーちゃんの空気っぷりよ

775 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 19:13:53.65 ID:rrPE1CC00
結局死なせるんだから病名だすと実際にその病気の人やその関係からなんやかんやかるからじゃないの

776 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 19:30:39.21 ID:fXenhaL40
単純に大まかにも辻褄が合う病気がないだけだろ

777 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 19:41:30.93 ID:1vA7TG040
多分かをりが死ぬこととコーセーが再生すること以外は決まってない状態で描き始めたんじゃないかと。
父ちゃん空気過ぎるし母ちゃん鬼になったりそんな危うい母子家庭状態の親友の子供を数年放置する瀬戸先生とか、雑な描写多いと思う。
大筋は通ってるけどなんか丁寧じゃない感じ

778 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 20:11:18.52 ID:kOmAQqDw0
かをちゃんが初めて公正の部屋に行ったときはもちろん勝負下着

779 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 20:26:26.42 ID:/w8Xq+jm0
1巻から読み直してるけど
なるほどなるほどって感じで読めるな。

780 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 21:14:33.54 ID:dpOstzRm0
>>772 それあるわー。だから、かをりに感情移入できる人が不思議でさ。

781 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 21:45:53.74 ID:NI6czw6B0
感性の違いを不思議がるって不思議

782 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 21:54:21.50 ID:Ux35LdEI0
読み返して思ったけど かをりが最初に嘘をついて近付いたのは

共演する夢を叶えるため

だったんだろうね。
恋を叶えるつもりも
公正に恋をしてもらうつもりもなく
ましてや 公正がピアノ諦めてるとか知らなかったわけだし

そう考えると自然な嘘に思える

783 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 21:58:45.11 ID:yvXeK9/DO
あだち充なら1巻でかをちゃん殺してるけどね

784 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 22:09:33.97 ID:JpFD/+0e0
携帯小説みたいになったわ

785 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 22:12:52.53 ID:mT+P7i040
アナザーなら1話でピアニカ投げつけられたときに主人公死んでるけどな

786 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 22:35:35.16 ID:nWLN9SH40
病気は筋ジストロフィーで間違いないと思うよ

787 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 22:37:45.93 ID:yLBMAIx+0
>>777
作者が以前語っていたけど
最初は子供だけのの話で完結する予定で書き始めたら
単行本2・3巻ぐらいで、アニメ化の話が出て
それで話が長くなって音楽やってるのに指導者が出てこないのはおかしいので
大人をだすようにしたとか
凪は入院中のかをりの代わりに出したと語ってたよ

788 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 22:40:34.13 ID:NI6czw6B0
>>787
マジ?
それだと紘子さんが無能なのにも納得できるけど

789 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 22:42:35.06 ID:dpOstzRm0
かをりの音楽の先生は、謎のまんまだもんな。
海外行ったとかなんとか苦しい言わけしてたけど。

790 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 22:56:04.56 ID:tdpYzgA/0
本筋に関係ないので、べつに気にならなかったけど
子供一人で全部弾けるようになったとか明確に描いてあったら「あれ?」と思っただろうけどw
枝葉全部書こうとしたら、弾く気のない更正の家で誰がピアノ調律してたのかとか全部描かないといけなくなる
そんな問題には何の興味もない

791 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 23:04:24.02 ID:dpOstzRm0
あ、ピアノの調律はやはり気になった。
あんな埃かぶってたら、いきなり弾いても碌な音が出ないよなって。
確かにどれもつまらん問題なんだけど、それが積み重なってくと作者の拙劣さが鼻について、萎えるわ。

792 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 23:06:25.25 ID:kC+qbEHN0
>>787
瀬戸先生の存在理由がわからんかったけど
そんな理由だったのか…
かをりの先生は種だけばらまいといたけど回収できなかったパターンかな。
まさかアニメ終了に合わせて無理やり最終回早めたんじゃないだろうな

793 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 23:09:18.16 ID:72HQZnJL0
椿が弱い
もっと魅力的に描けてれば納得できるんだけど
ただのモブに毛が生えた程度なんでヒロイン死んで
誰もいなくなった印象しか残らない

794 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 23:14:40.68 ID:kC+qbEHN0
>>793
暴力描写とか幼馴染世話焼き設定とか昔の漫画みたいで逆に新鮮だった。
あんなテンプレキャラあえてヒロインを際立たせるために描いてたとしか思えない。

795 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 23:15:53.36 ID:kC+qbEHN0
あ、でもかをちゃんも暴力ヒロインだったな。作者の好みか

796 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 23:18:21.41 ID:yLBMAIx+0
>>787
スヌーピーのイメージで子供だけの世界にしたかったそうだよ
子供だけの話から変更しても父親を出さなかったのは
書きたかったけど、書いたら「いちご同盟」とかぶるかもしれないから
結局描かなかったとのこと
作者もその変更で齟齬や辻褄が合わないところが真ん中あたりにあるって語ってる

797 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 23:29:14.84 ID:nWLN9SH40
小さい頃転倒、歩けなくなる、車椅子、短命まで描写してるのに全く伝わってないんだな
筋ジスの理解を広めるためにも病名出してもよかったと思う

798 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 23:35:15.38 ID:tdpYzgA/0
まさに「どっちでもいい」としか思わない
ケチつけるなら、もっと共感できるネタを提供してほしいなあ

「あー、そりゃたしかに矛盾してるよ」みたいなの、または
「それ描いてあればたしかに10倍は面白くなったね」とかさ

799 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 23:40:44.19 ID:ooWh3oXr0
リドルなら生きてた

800 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 23:41:21.65 ID:44irFLxi0
>>792
このラストを見る限りアニメと共に終了のオーダーはありそうだね。

801 :作者の都合により名無しです:2015/02/11(水) 23:54:04.55 ID:yLBMAIx+0
>>800
アニメと原作の同時期終了は一年前にそういう話になったんだって
アニメ化も結末を話して決まったそうだよ
作者は結末についてはこれ以上ないくらい理想的になったって語っているよ

802 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 00:05:23.74 ID:m7I2Cl6r0
いちご同盟とかぶるって…
そもそもがほぼリメイクでしょ

803 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 00:13:49.12 ID:twzYdW2F0
よく言えばオマージュ、リメイク
はっきり言うとただのパクリ
最後までまんまだったし

804 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 00:27:23.13 ID:abOLwzyT0
盗作を誤魔化す言葉はたくさんあってよござんすな

805 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 00:45:40.63 ID:NijbjUFZ0
公正
携帯のパンチラ写真は消せよ
椿にみつかるとまずいぞ

806 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 00:47:32.83 ID:wxiCKEJi0
盗撮魔って、あれマジでそう思ってたら絶対その後の人間関係つづかないよなw
つまりあれだ、もちろん間が悪かっただけで盗撮する気がないこと分かってんだよな
からかってるだけだろう多分

807 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 01:06:38.58 ID:+/eQ17hP0
読んだ全員が全員分かりきってる事をいまさら言われましても・・・

808 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 01:29:14.15 ID:wxiCKEJi0
いやパンチラ写真まじで撮れてるって思ってんのかな、と
そんなわけねえよね、と一応確認したまでで

809 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 01:39:15.59 ID:PYLGyapI0
ギャグシーンの暴力表現やピアノの調律やら凄いどうでもいい事に文句言ってる人は普段どんな漫画読んでるのか気になる

810 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 01:39:47.11 ID:iuHVuvSKO
前も書いたがOPEDを聞けば分かる通りアニメに作者の意図がしっかり伝わっているのは明白
つまり、ラストも…ということ

811 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 01:47:11.59 ID:WE8aJpgg0
このマンガ好きだけど5巻くらいで終わりそうな内容を膨らませて11巻の漫画にした影響で本来は16巻とか20巻くらいで収まりそうなボリュームに感じられる
ヒロインが急死して描写も極力カットしたまま時間を飛ばしたのは作者の構想通りだろうけど5巻の時の構想を見せられているようでギャップを感じる

812 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 01:51:20.79 ID:6SXJzhLS0
実写化されたら嫌だな

>>810
アニメの監督、椿が好きらしいから・・・まさか変な変え方しないよな

813 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 01:53:45.94 ID:WE8aJpgg0
椿って嫌われてるの?

814 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 02:18:14.03 ID:6SXJzhLS0
>>813
作者がどういう意図で描いたかはわからないけど
自分には、最終話の椿のシーンは読め返すたびに絶妙に思えるから
原作以外で、変なアレンジを加えて欲しくない

815 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 02:21:12.78 ID:WE8aJpgg0
>>814
どう絶妙なん?

816 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 02:33:42.98 ID:6SXJzhLS0
椿の
「一人になんてなれると思うな」
というセリフと公生の表情

自分には、椿が言った意味と公生が受け取った意味の違いが絶妙に思える

817 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 02:42:00.47 ID:WE8aJpgg0
意味の違いを詳しく

818 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 02:45:06.05 ID:WE8aJpgg0
椿の言った意味は私がいるってことで、公正が受け取った意味は皆がいるってことかな

819 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 03:27:05.07 ID:6SXJzhLS0
椿の「一人になんてなれると思うな」は
いつも一緒にいるという具体的存在の親密さの継続

公生とかをりの
「私がいる」「僕はひとりじゃない」
「私をひとりにしないで」
「一人になんかさせてやるものか」
「僕の中に 私の中に 君がいる」
これらの言葉、思いは、椿が言ってることと違う
そのことを自覚した公生は、すでに一人ではない
かをりがいなくなっても公生の世界はカラフルなんだよ

820 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 03:58:41.86 ID:ibl8CiKq0
スヌーピーからもかなり影響を受けてそう
頭でっかちだけど優しい公生がチャーリー椿が公生を好きでおてんばな女の子のペパーミントパティ
走り出す前のかをりはチャーリーが好きだけど眼鏡をかけて大人しめなマーシー
チャーリーが忘れられない憧れの赤毛の女の子が走り出した後のかをり
渡はライナスとシュローダーを足して二で割って軽くしたような感じ

読み終えていちご同盟とピーナッツと黒澤明の映画『生きる』を足して3で割った感じだと思った
確か『生きる』も主人公のおっさんが納得して死んで行ったけど死ぬ前の苦しむ描写とかはなかった気がする

かをりは走り出した後はもちろん、走り出す前も凄く魅力的だから
もっと見たいと言う人の気持ちはわかる
予定調和で治って幸せエンドでも納得出来たような気がするけど
それだと走り出すほどのことじゃなくなって薄っぺらくなるだろうし
良く見直すと所々で生きるのがどう見ても難しい描写が入っているから無理だったと思う
自分をなんとか保てそうな時に思いの丈を書いた手紙エンドでよかったんじゃないかな

821 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 04:10:24.61 ID:KrjqDsMv0
>>775
描写めんどくさくなるわ読者に突っ込まれるわ
リスク回避だろ、病名だして作品作る自信なかっただけ

822 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 04:12:37.81 ID:WE8aJpgg0
>>819
うん、全く共感できなかった

823 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 04:35:58.73 ID:gWmI1ELo0
あそこは読者に委ねた部分だろうね
「一人になんてさせてやるもんか」
を思い起こしたんだろうけど

届かなかった自分の思いを噛み締めてるのか
かをりを偲んでいるのか
椿の中に自分の姿を見ているのか

824 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 04:40:45.44 ID:VzBNzYMW0
僕の中に君がいるってセリフの後にさよならしてるしカラフルなのはみんながいるからだよね
みんながいてカラフルだけど君だけはもういない
君のいない春が来る

825 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 06:59:56.80 ID:DM5RAV0F0
>>797
飛んだり跳ねたり走ったり、ヴァイオリン弾かせたりしたからじゃないのか?

826 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 07:23:16.90 ID:6SXJzhLS0
自分が作り出した母の亡霊に苦しめられた公生が
母の存在を自分の中に明確に見出したことで
母に「さよなら」
かをりがいなくなる恐怖で打ちのめされていた公生が
皆と共にかをりも自分の中に明確に見出したことで
かをりに「さよなら」
無論、かをりへの「さよなら」は
かをりがいなくなったことを感じた上での「さよなら」でもあるんだけど

827 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 07:37:13.58 ID:6SXJzhLS0
自分の受け止めなんだけど
かをりがいなくなっても皆がいるではない
皆と共にかをりもいるんだと思う

最後の「君のいない春がくる」で、君がいなくてもカラフルなのは
かをりがいなくなってもかをりは公生の中にいることだと思う
最初踏切で、かをりとすれ違ったとき
かをりはいても公生の中にいないから公生はモノトーンなんだよ

828 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 07:47:12.26 ID:3U44B0Xn0
.>>827
うん、自分もそう思う

829 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 07:54:45.12 ID:WE8aJpgg0
僕の中に君がいる、って言ったあとに言葉を続けていた途中でいなくなるかをりを感じておいて行かないでと叫んでるんだぜ
あがきがテーマとしてあるのに自分の中に明確に見出したからさよならっていうのはなんか違う
そんなに物分かり良くないし自分の中にいるから平気みたいに聞こえるぜ

830 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 07:55:10.58 ID:6SXJzhLS0
病院の屋上でのかをりの「私がいるじゃん」は
椿の「一人になんてなれると思うな」
とは違う
かをりはいなくなることを自覚している
無論、自分が公生の前からいなくなることへの恐怖が
あるから「椿がうらやましい」となるけど
「私の中に君がいるよ 私を一人にしないで」は
公生の中に存在したいというかをりの思いの叫びなんだと思うよ

831 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 08:03:29.50 ID:6SXJzhLS0
>>829
自分の中にかをりがいるから
かをりがいなくなってもいいとは思うひとはいない
公生が悲しまないわけではないよ
でも公生の、かをりの世界はモノトーンにはならない
星は頭上に輝いている
そのための「あがき」なんだよ

832 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 08:14:14.34 ID:DM5RAV0F0
自分の解釈はちょっと違う

かおりの人生をカラフルにしたのは公生で、公生をモノトーンの世界から開放したのはかおり。
だけど、心のなかにいるお互いだけが相手をカラフルにしているわけじゃない。

かおりの人生を彩ったのは音楽であり恋であり、公生という目標だったり両親もふくめて、周囲全て
それらに対して絶望して閉ざしていた心が開かれて前向きになれたからカラフルになった。
それは公生も同じで、椿や渡、音楽、母親の残したもの、先生、彼を目標にするライバルたちなどが彼の人生を取り巻いているのに
最初の公生の閉ざされた心はそれらを感じることができなかった。

かおりによって強引に開かれた心は、いまや彼女がいないという埋めがたい傷を抱えても、もう閉ざされることはなく
ちゃんと周囲の色を捉えることができるようになった。
そんなお話なんだろうと思う。

833 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 08:23:01.50 ID:WE8aJpgg0
>>832
俺もそっちだわ
母親だけ、君だけっていう世界から卒業して大人になった話かなって

834 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 08:40:25.26 ID:6SXJzhLS0
色々解釈があって面白いね
自分はあくまで、かをりはいなくなっても
美しい思い出ではなく、明確に公生の中にいることを描いていると感じたよ

835 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 09:33:20.27 ID:m7I2Cl6r0
同じ人の同じ評論はもう飽きたです

836 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 10:20:10.26 ID:zX3W2Qw90
上から目線というか何様って感じのレスたまにあるねこのスレ
常駐の人なのかな?嫌なら見なければいいのに

837 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 11:41:05.86 ID:dxx9omAU0
http://youtu.be/_4BLiOP1aaY
ランニング中に流れたこの曲が、かをりが居なくなった後の公生を唄っているようでちょっとジーンときた

838 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 11:49:22.19 ID:kfLd4BW40
ようやく読めた。
白けたなぁ、糞みたいな終わり方、
この作者、人を殺すことでしか感動させる手腕ないんか?
それとも連載が嫌になって放りだしたん?

839 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 12:19:21.47 ID:Hc59KdvJ0
>>838
白けたわ
人を奇跡的に生き伸ばす事でしか感動できないのか

840 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 12:55:39.38 ID:+/eQ17hP0
既出だとは思うが、アニメ第8話見たら、コーセーの初演奏の時の回想シーンで
かをちゃんとお母さんが、ロリ絵美ちゃんの隣の席に思いっきり映り込んでんのな。

841 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 13:02:34.23 ID:CWUDDrYU0
病人に気を遣って病名伏せるくらいなら
最初から病人出さない方がいいんじゃないか?
中途半端な配慮は偽善的すぎて意味不明だ・・・

842 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 13:14:03.59 ID:+0l7/ZPt0
逆にそこまで病名の明示を求める理由が分からん。
明示されたから面白くてされてないからつまらないってもんでもなかろうに。

843 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 13:14:09.71 ID:iQBxH/FJ0
昔話でも酷い結末をハッピーエンドに改変する話は聞くが
それで育った世代は、ハッピーエンド以外認めにくいのだろう

844 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 14:27:39.20 ID:35lRo7rzO
もともと、万能作家の描いた完璧な話ってわけではないと思うが、手厳しい人多いな。期待の裏返しか。
読み返すと、細かい箇所で変なところあるよね。紘子さんが二年間有馬家に近寄ってないことを、何故か落合先生が知っていたりとか。

845 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 14:33:19.89 ID:GglIQ2GZ0
そこおかしいか?
ふとした話題で落合先生に話振られて、瀬戸先生が自分で喋ったんだろ、程度にしか思わんかった
あのお茶の場面からしてそうだし

846 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 14:52:11.66 ID:AnDk3aTA0
落合先生との付き合いは前々からだから知ってても変とは思わんなぁ

847 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 15:03:30.63 ID:VnDWC2ok0
個人的にはあまり読んでる人を見ない月マガの漫画がここまで議論されるほど読まれていたことにすごく驚いてる(´・ω・`)

848 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 16:08:24.10 ID:GglIQ2GZ0
今月号よく売れてたぞ
コンビニでいつも一〜二山残ってるくらいなのに、売り切れか1冊残ってるかだったし。
それを立ち読みしてる最中、背後から3人くらいにグヌヌされた

849 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 16:16:02.88 ID:35lRo7rzO
>>845>>846
紘子と落合先生、そこまで親しそうに見えなかったけど。
でも「紘子さん、亡くなった有馬さんの話をしたがらないんだよ。家にも全然寄り付いてないらしいよ、あんなに仲良かったのに」なんて噂が流れて、落合先生が耳にした可能性もあるか

850 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 16:50:07.47 ID:coLoIqhv0
>>848
まさかこの作品の影響だと思ってるのか?
勘違いだぞ

851 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 17:06:41.23 ID:ngqr9rk30
そもそもかをりがほとんど中学に通えてなかったという事実を皆知らなかったのもすごい。

852 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 17:12:46.72 ID:CWUDDrYU0
ずっと入院してたクラスメイトが珍しく登校してきたのに
誰も体を気遣う様子のない生徒達も

853 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 17:24:01.87 ID:0Hrq8f5I0
ほんとどうでもいいわそんなこと

854 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 18:31:05.99 ID:1sbmKly20
渡って椿が間違った道を歩んでるってソフト部の同級生と話してる時に
「俺のこと好きじゃない子には興味ない」的な冗談言ってたよね

自分の事が好きじゃないかおりにも気付いたうえで公生にハッパかけるためにやってたのかなぁと思ってたけど
写メ見て悲しんでたり、あまりそこに言及されずに終わったのか

855 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 19:30:19.28 ID:so8eDqbu0
>>853
まさにw
恋愛成長漫画に、調律とか、クラスメイトとか話の筋に何の関係もない、
どうでもいいことをいちいち突っ込む奴は世間に出て成長しろw

856 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 19:44:02.16 ID:5oyeFumF0
どうでもいいことを、気づかせず・気にさせずに書くのも、作者の腕前のうちだけどね。

857 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 19:44:27.47 ID:sU4AmQjG0
先進的で、出すソフトも意欲作多かったドリキャスを買わず
プレステwなんか選んだアホなコンシューマーが日本のゲームをksにしたという
自覚もとうよ。バカだから無理か

858 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 19:48:23.94 ID:t3pIpV6L0
>>856
やっぱり後付け設定が多いから粗が目立つんだと思う。
別にここでちょっと話す位いいと思うけど嫌な奴もいるんだな。どうでもいいならほっときゃいいのにねw

859 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 19:59:05.14 ID:DM5RAV0F0
スポ根系というか、音楽漫画だと錯覚させたからネガティブな意見が出たのだと思う。
これはふつうに… なんだろ
恋愛漫画?

860 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 20:00:51.46 ID:5oyeFumF0
ピアノの調律の件だって、些細なことだから普通なら見逃せたかも。
でも1巻で、カフェできらきら星を弾いた時、公生に
「ピアノに水気は厳禁なのに生花を飾るなんて」
と神経質な発言をさせとったでしょ。
それなのに3巻で自宅のピアノは埃まみれの放置状態だったから、目立って読者に意識されやすくなる。
前の発言が無ければ、調律しなくていいのかなんてことまで気にせずに済んだかもしれないな。

861 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 20:07:39.62 ID:+0l7/ZPt0
そもそも2chのマンガ作品スレがほとんど粗探ししかしない場所だしな。
他作品のスレも粗探ししかやってないし。

862 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 20:27:17.70 ID:t3pIpV6L0
>>861
自分は最近ここ覗くだけだから知らんけど、それは単にあなたが粗探しが嫌いでそういう系のレスに敏感なだけなんでないの

863 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 20:31:14.63 ID:lqXZnHeN0
ここ覗くだけの奴が他作品のスレも覗いている奴に対して根拠もなしにレッテル貼りとか半端ねえ

864 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 20:32:43.09 ID:t3pIpV6L0
>>863
乱暴だったかね。嫌な思いさせてすまんね

865 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 20:33:37.97 ID:lqXZnHeN0
乱暴っていうか頭おかしいですww

866 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 20:36:37.87 ID:CWUDDrYU0
言論封殺しようとして人格攻撃するのはやめましょう

867 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 20:52:17.89 ID:wQdyLr8+0
ttp://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASDG11H1N_S5A210C1CR0000/

868 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 20:55:27.22 ID:UaxF4r5P0
乱暴なのは他スレが粗捜ししかやってないと言い切る>>861もだろ

869 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 20:57:07.12 ID:ytGRLEri0
この作品は音楽マンガじゃなくて音楽演奏は背景みたいなものだろうから粗があっても仕方ないね
この作品からはむしろ昔のマンガ『タッチ』や『もしドラ』(アニメ)を連想した

・「タッチ」のヒロインを2登場人物(ヒロインのバイオリニストとサブの幼なじみ)に分ける
どちらも励まし型 主人公は早い内に自分の分身の死を体験

・「もしドラ」での2登場人物を1つに統合
積極的に活動するヒロインと病院のベッドにいながら実質的なマネジメントをしようとする同級生

作者がこれらの作品に影響を受けたかどうかは全く不明だが
結末は必然的で納得 (最後の両親からの言葉も)

870 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 21:01:24.38 ID:lqXZnHeN0
>>861は暴論として>>862は論外だからな
少なくとも複数の漫画スレを覗いている奴しか判断基準を持たないことに口出ししているところが
素人意見どころじゃねえ

871 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 21:08:18.37 ID:t3pIpV6L0
>>870
なぜ君はそんなに>>861の肩を持つのか

872 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 21:20:15.64 ID:m7I2Cl6r0
坂本Aが黙って消えればいいだけだろ

873 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 21:34:27.94 ID:35lRo7rzO
もう終わった作品なんだから、気になる細部を検討や考察をしても当然と思うけれども。

874 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 21:46:05.90 ID:tsMpHn8g0
最後に公生に宛てた手紙に『さよなら』を書いてない所が
死を覚悟して綴った手紙なんだろうけどまだ生きる希望を残してたような気がして泣ける

875 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 22:16:03.33 ID:35lRo7rzO
そりゃ、死ぬために手術受けたわけじゃないからな。危険な手術だったとはいえ

876 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 23:04:19.52 ID:ryXntO2t0
アニメ1クールOPの歌詞ってずっと公生視点かと思ってたんだけど、最終話読んでからだとかをり視点って解釈もできるのかね?と感じた。

どうなんだろ。

877 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 23:16:28.45 ID:wxiCKEJi0
>>874
あー、言われてみれば。

公正が自分にどーも気があるなあと、気づいていたよね、きっと。
どういう心境だったんだろう。
「わたしは通り過ぎてゆく人間」って、おまえは銀河鉄道のメーテルか何かかw
自分で言っていて、本当に心から孤独で寂しくて辛かっただろうね。
公正の気持ちに気付いたら、なおさらだっただろう。
公正が椿のところに帰っていくのは最初から分かっていたし、そうあるべきだと。
自分は更正の心に残れたか、それだけ最期に気がかりだったんだろうか?

878 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 23:20:44.09 ID:Qli+q5VN0
>>877
これから育っていく公正がちゃんと歯磨きできるかといったこと以上に
しっかりとした「技術」を持ちえたか、それを伝えることだけがママにとっての証。
同様に香りにとっては、心に残れたかが大切だったんだろうな。

879 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 23:34:23.40 ID:cFodRRlL0
>>771
パンチが欲しければ山岸凉子の「テレプシコーラ」読むといいよ。
音楽マンガじゃなくバレエ漫画だけど。
Amazonのレビューで40件中39件が5つ☆の大名作だ。
君の希望をほとんど完璧に満たす作品だと思う。
自分も、あんな絵柄の漫画にあんな感情を味わわされるとは思わなかった。

2部形式の作品だけど、1部はまあウォーミングアップだと思って気楽に読めばいい。

880 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 23:47:50.60 ID:6SXJzhLS0
>>877
自分の解釈は違うよ
かをりは「通り過ぎる人間」「禍根を残したくない」て言ってるけど
それは、もうすぐいなくなるから、ドロドロした人間関係はごめんだよってことだよ
そのあとで「椿がいい返事をくれないだろう」と本音を書いている

実際、かをりは、「姑息な嘘」で椿に対する罪悪感を薄め、適度な距離感があるからこそ
的確に公生の心を掴んでいってるよ
自分がいなくなるからこそ、公生の彼女にならず、公生と心を重ね公生の中に生き続けること求めているんだ
椿と別れた後で公生の元に引き返したり、公生と二人で椿の応援をしたり、椿の前で二人だけの世界を作ったり
あくまで、自分の思いを優先させている
かをりは、「自分がいなくなったら椿ちゃんと幸せに」なんて思っているかな
公生と椿が結ばれる可能性はあるだろうけど、それはかをりの望みではない
かをりは確実に公生の中に生き続けることを望んでいるし、公生もそれを受け入れている
そんな姑息な面が逆にかをりの魅力だと思うよ

881 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 23:53:20.60 ID:wxiCKEJi0
公正の家にまんまと上がり込んで、でもまあ中高生男子じゃねーから
そこで異性とナニに及ぼうなどというw下心もあるはずはなく、
だとしても隣家の椿に目撃されたのは、内心「げっ」と思ったかもしれんなあw

そこはしかし無邪気ニッコリで華麗に危機を脱するあたり、
かをりの小悪魔女子スペックは、けっこう高いと見た。
つい先日まで地味メガネ女子だったくせに…w

882 :作者の都合により名無しです:2015/02/12(木) 23:58:59.20 ID:6SXJzhLS0
>>833
ガラコン時の公生と紘子さんの会話を何度も読めば
ガラコン演奏後に公生が「さよなら」といってるのは
いなくなった母を自分の中できちんと受け入れたということだよ
それは、公生の中に母がいるということを公生が認識したことで
母への依存からの「さよなら」ではない
同様に、かをりがいなくなることを受け入れたことが「さよなら」
それは公生の中にかをりがいることを認識すること

883 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 00:23:26.63 ID:c1/gFktv0
こいつうぜーな
いちいち人の解釈にケチつけなきゃ気がすまねえのかよ

884 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 00:48:57.59 ID:mY0J7fX10
長文はNG

885 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 00:53:30.18 ID:AtzzgPsZ0
母への「さよなら」とかをりへの「さよなら」が同じなら、かをりのエピソードはいらなかったと思うんだ

886 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 01:30:21.56 ID:9jYJ3Mfv0
「さよなら」は同じでも、母親とかをりでは公生にとって意味が違うでしょう

887 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 01:52:07.21 ID:AtzzgPsZ0
意味違うん?
役割的に一緒だと思ってたわ

888 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 02:20:03.77 ID:AlrmODXM0
ああ、つくづく思うわ
公生をかをりの頑張りを叫ぶべきだったし、かをりの死を泣き叫ぶべきだったんだわ
受け止めることが出来すぎてて、お別れがきちんと出来てるのか不安になるんだ、と思った

889 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 02:24:20.90 ID:Q4uQl0QO0
最愛の人が死んだけど自分の中にいるし見渡せばみんながいる、だから前に進めるって結論なのかこれ?

890 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 02:34:30.94 ID:lTk2Pv9S0
>>888
あえて描いてないんじゃないの

891 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 03:07:52.62 ID:N2UNlDhz0
なんかちょいちょいアニオタ臭いの湧いてんな
アニメスレから出てこなきゃいいのに

892 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 06:14:50.35 ID:dJH6oalq0
さっき、Yahoo!のキーワードのNO.1になってたよ。

「君嘘」が。

893 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 06:19:34.63 ID:dJH6oalq0
>>791

ピアノは弾いててもすぐに埃をかぶるし(真っ黒だから)、
良いピアノなら、そんなに調律は狂わないよ。

うちも公生と同じ部屋の配置でグランドピアノがあるけど、
ショパン・コンクールの調律してた調律師が、
このピアノ狂いませんね、て驚いてた。

グランドピアノは、ものすごく個体差があるんだよ。
良いピアノなんだろう。

894 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 06:22:56.41 ID:dJH6oalq0
若い調律師が来たこともあるんだけど、ピアノの中の調律記録簿を見て、
「あの方が調律したピアノを私は触れません」って恐れをなして帰っちゃうんだわ。

公生のピアノも、そういうピアノだよ。
母親が、あれだけ命をかけてたんだから

895 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 06:24:10.89 ID:2Hchnd1V0
>>888
かをりは手紙で想いを伝えられたけど公生は出来てないしね

896 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 06:51:52.94 ID:4QmZCRkh0
実は公生パパはピアノの調律師
公生ママとはその関係で出会った

897 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 07:03:06.18 ID:dJH6oalq0
>>895

「君がいたんだ」

・・・かをりはお見通しだよ。とっくに伝わってるよ。
かをりには、もうなんでも分かるんだよ。今はあっちの世界だし。

898 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 07:04:31.78 ID:dJH6oalq0
>>896

小説版?想像?ありそうな話だね^^
お父さんが調律師として世界をかけめぐっていれば、出てこないのも分かる。

899 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 07:09:58.48 ID:2Hchnd1V0
>>897
かをりは知ってても公生が伝えられてないって引きずるかも?ってことだよ。

900 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 08:02:07.11 ID:9jYJ3Mfv0
>>899
言葉がなくても心を重ねることができる
公生がわかっているからこそ「さよなら」なんだよ

901 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 08:45:29.63 ID:a18sK4zwO
>>879
山岸凉子を「あんな絵柄」って・・・
君にこそ山岸凉子の他の作品をお勧めしよう。80年代頃の短編は、背筋が凍るような切れ味の物が多いぞ。

902 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 09:00:57.81 ID:VlfteBLs0
つか、調律しても演奏に集中してきたら音聞こえないんだよね。

903 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 09:02:04.06 ID:sStjpq0wO
>>528
光るならは、結果的に実はかをり主観だが、
さすがにコウセイ目線で作った曲でしょう。

904 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 09:08:42.48 ID:sStjpq0wO
>>895
凪に話した演奏は言葉より雄弁に伝わるってところ大事
好きと言わなくても伝わるし、かをりへの思いは好き以上でしょう?

905 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 09:09:49.85 ID:sStjpq0wO
>>879
気軽に読むにはしんどいだろ

906 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 09:38:36.08 ID:mYbM7kWh0
43話の演奏でかをりの存在を感じ取ったのは、公生以外では椿だけだった
椿にはかをりがみえていたのか。だとしたら何故なのか

907 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 10:13:50.76 ID:BP/pI5+50
母親の時にはあんなにgdgdしていたのに
今回はえらくあっさり復活したな、尺の関係か?

908 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 10:20:31.83 ID:0cy/Sc9y0
>>907
かをりが死ぬ前から覚悟完了しとるし

909 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 11:05:47.77 ID:c1/gFktv0
>>906
落語家理論やろ
公正が演奏で見せた

910 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 11:21:53.92 ID:saSj1+GU0
成長

911 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 11:38:49.24 ID:wPpvAQ/y0
かをりの死についての公正の想いはきっと番外編を描くんだよ
多分これいらねーよな番外編になると思われw

912 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 11:44:21.52 ID:KC2weuP50
ピアノを弾く能力を放棄して公正は世界を飛ぶ能力を会得した
パラレルワールドをさまよいながら真実の世界を求める旅を続けるのだ・・・

デビッド・マレルの蛍だっけ?
SFっぽいの

913 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 12:05:21.90 ID:LQ7U/6kV0
ガラコンで終わっておけばよかったかも…

914 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 12:08:59.81 ID:SwCdYude0
>>911
あー確かに番外編あるんだっけか
その後を描くのか脇役目線のスピンオフかまったく本編に関係無い話か
できればその後をお願いしたい。

915 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 12:39:02.82 ID:ZNs3u/lV0
>>896
パパも音楽関係者だろうね。
弾く人が居なくなってもきちんと調律はしていたんだね。

916 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 12:43:36.16 ID:2vEBqVb80
番外編ってホントは本編に入れるべきストーリーをアニメ化のためカットされた部分だろ。

917 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 12:46:00.97 ID:LsE5BPj30
子供時代のは臭いからいらない。
絵美以上のツンデれピアノライバルもしくはバイオリン女子登場させてほしい。
かをりを真っ向否定して笑って吐き捨てるような・・・
公正、カラフルな世界から青い焔を燃やして・・・・

918 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 12:50:12.20 ID:r4gjQKer0
http://jbbs.shitaraba.net/sports/42269/

919 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 13:25:53.16 ID:U2PZIuUL0
>>917
ツマンネ

920 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 14:36:29.34 ID:U5CyD0HJ0
次スレ要んの?

921 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 15:25:01.63 ID:saSj1+GU0
なんでお前いんの?

922 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 15:29:29.36 ID:INGzE51e0
完結したから次スレは懐かし漫画でしょ
読み返してるけどガラコンの後まではホント出来がいいよな

923 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 15:29:40.52 ID:hR0eTDUW0
>>906
モノローグは椿だけだったけど
表情から紘子や渡にも見えていたような描写にもとれる。

924 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 16:29:47.44 ID:BXjtKVjh0
>>923
そういわれてみると確かにそうかもしれない
何かハッと気付いた描写がある。けど、かをりの姿が目に浮かんだのか、
何か気配を感じたのか、椿だけがそれをかをちゃんと気づいたのか、
ちょっとわからないな

925 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 16:36:09.48 ID:9jYJ3Mfv0
>>924
そこは読者のご想像にまかせてるんじゃないの
自分は他の者にも見えてたように感じた

926 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 17:03:42.18 ID:BXjtKVjh0
>>925
そうだよね、考えすぎだった

927 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 17:15:25.80 ID:FvCcqoRn0
おっさんですが、ラブレターが書きたくなった。
「好きです。」って書きたくなった。
昔は書いたものだが…。

928 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 18:11:25.67 ID:INGzE51e0
ラブレター奥さんに書いたら喜ぶんじゃない?
俺は彼女と交換日記してるけど吐き気しかしない

929 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 18:29:21.59 ID:FvCcqoRn0
>>928
嫁いねえよ。
交換日記って…。
吐き気って…。
…彼女くれ(笑)

930 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 18:36:04.08 ID:ajmbYMcl0
虹嫁がいるじゃん

931 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 18:48:43.66 ID:FvCcqoRn0
単行本が出たら、かをりの手紙に返事を書けば良いのかorz

昔書いたピュアなラブレター読み直したいな。
元カノ、まだ持ってたら返してくれないかなー(笑)

932 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 19:12:37.44 ID:LsE5BPj30
ラブレターはいいなあ。(ポワーン)
メール全盛の時代に中高生は頑張って書いたら?

933 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 19:38:55.97 ID:SokmRgpc0
なおラブレターの時代は直接告白しろよと言われた模様

934 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 19:49:08.14 ID:89rBcuOV0
話まとめて2-3話の短編で出していれば隠れた名作になれたかもな

935 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 20:15:26.66 ID:1HN/cOfx0
>>933
どっちもすれば良いじゃん。

貰った手紙捨てちまったな。

936 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 20:20:18.61 ID:w4LfiKfB0
確かに短かったらパクりでもそれなりに
評価された漫画になってた気がする
散々伸ばした挙句に最後までパクリオチかよ
ってガッカリした

937 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 20:22:54.64 ID:N2UNlDhz0
パクリオチってどこが?
そもそもいちご同盟読んでないだろ?

938 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 20:36:51.16 ID:QlpiI0Ft0
これでパクリオチといったら名作のいちご同盟に失礼

939 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 20:44:47.13 ID:FvCcqoRn0
いちご同盟おもしろいん?読もうかな。

ベタと言われるストーリーをしっかりと描いた良作じゃん。
まさか渡が好きってのが嘘だとは思わなんだが。

940 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 20:47:28.02 ID:2RLLClk70
分かりきっていたから嘘だと思わなかったのか、本当に気づいていなかったのか

941 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 21:04:28.90 ID:FvCcqoRn0
俺には読解力がなかった。

942 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 21:05:09.10 ID:7cAGqLYX0
渡とは冗談っぽい軽いノリでやりとりしてたけど、公生とは怒ったり泣いたり無茶したりと色々さらけ出してたからなあ
読者サイドからすると結構バレバレというか、疑問には思うとこじゃないかと思うが

943 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 21:18:21.02 ID:FvCcqoRn0
>>940
良く似たセリフをピアノの先生が言っていたね。

そうなんだけど、好きと同志とは違う気がする。公生の場合は同志。
かをりは両思いなのが分かってるんだったら、なんでなんもしなかったのかと。
あとで手紙で伝えてもさ…。

944 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 21:40:47.76 ID:2RLLClk70
>>943
かをりが手術を受けようと決意した時が公正を好きになった時だろうし、タイミングの問題じゃね

945 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 21:47:12.92 ID:oEnlOmG70
うそーん。手紙の内容と違うじゃん。

946 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 21:49:51.06 ID:2RLLClk70
好きだということを伝えようとした時、かな
読み直さないとわからん

947 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 22:06:55.93 ID:N2UNlDhz0
最初にあったのは一目惚れに似た憧れでその音楽に寄り添うことが夢だった
嘘のまま夢を叶えて通り過ぎることが本望だったんだろう
好きは好きだったんだろうけど彼自身をもっと好きになるとは思ってなかったんじゃないかな

948 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 22:08:02.23 ID:c1/gFktv0
公正はあんだけアピられてて気づかないってどんだけやねん
中学生とか仲良い女の子全員自分のこと好きだと思う年頃だろ

949 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 22:21:47.15 ID:4gu+KGBf0
糞みたいな話だったな
とんだ茶番だ

950 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 22:25:40.63 ID:d54fkWKt0
べつに原作がポエムだからってスレ民までポエマーにならなくていいよ
音楽に寄り添うとか・・・具体的にどうしたいんだって話

951 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 22:39:54.99 ID:N2UNlDhz0
中身読んでりゃわかる話なんだがいちいち説明すべきか?

952 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 22:49:26.71 ID:y6YoEF8s0
これさ、すごいと思うのが
最終回見るまでは主人公は有馬公正なんだけど
最終回見てもういっかい見るときは
かをりの視点で見るようになる
だから2回目は泣きまくって見てるわ

953 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 22:50:58.65 ID:9jYJ3Mfv0
いなくなるから、好きという言葉以上のつながりが欲しかったのではないかな

954 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 23:37:56.02 ID:lvyef4VY0
単純に最後の手紙に向けて全てが機械のように動いてたから公生もかをりも告白出来なかった、ただそれだけ。
手紙で綺麗に伏線回収したかったんだろうけどさ、作者があのオチにしたいが為に登場人物の感情を殺されていたのは否めない。

955 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 23:54:05.63 ID:9jYJ3Mfv0
数学の解答のような作品とは思う
でも、告白しないことは作品世界を作る上で重要な要素だよ

956 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 23:58:08.46 ID:OPVPh4TE0
「渡くん好きなのは嘘」で最終話公正がびっくりするシーンはギャグ調としてもがっかり
手術前の2人の時間でとっくに気持ちは通じているものかと

ここまでの鈍感設定はうざいし台無し

957 :作者の都合により名無しです:2015/02/13(金) 23:58:49.31 ID:9jYJ3Mfv0
この作品が、機械というなら、もっと複雑な機械なんだよ
最後の手紙へだけではないと思うよ

958 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 00:01:35.31 ID:OgguwnZu0
>>956
最終回のギャグ挟むのは正直ない
ごちゃまぜになっているせいでコメディもシリアスも台無し
最初はバランス良かったのに

959 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 00:02:16.79 ID:9pJl6sDN0
>>948
思わねーよ。
最初から渡が好きって聞かされてるのに
少々アピられても、まさかなって感じだろ。

960 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 00:03:49.84 ID:O9z7Rm0Y0
>>950
ポエム()を意味の無い自己陶酔の文章だと思ってるクチか
そのクセその内容を理解できる頭は持たないんだから傑作
作品理解も底が浅そう

ところで次スレここに立てんなよ

961 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 00:13:25.19 ID:SrSDs+dg0
別に複雑な設定だとは思わない、実際キャラの感情面を悪い意味で予定調和。短編ならこういうやり方もアリだけど長編では粗が見えまくり。
手紙を打ち破る想いが欲しかったね、正直なところ。こういう話の流れならマドマギで十分だと思う。

962 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 00:20:36.64 ID:gytEKhKo0
>>956
おまえエスパーなのかよ
お互いに気持ちがあっても通じるには「言葉」が必要なんだよ

963 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 00:29:13.10 ID:7w9/0aZx0
>>961
どんな話ならよかったの?

964 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 00:36:18.77 ID:gcdPgqlX0
>>952
意味不明
おまえが泣きまくると凄い作品なの?
説得力なさすぎていうかおまえがただのアホにしか見えないわ

965 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 00:38:00.92 ID:HHkFVYAc0
>>959
君は暗い青春を歩んできてそうだな

966 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 00:40:46.10 ID:SrSDs+dg0
>>963
どういう話というか、手紙の為にキャラクターの感情が抑制される話は嫌だったなと。
キャラクターは魅力的なんだし、もっとキャラクターの感情に任せて生き生きと描いて欲しかったな。
それやると手紙のオチは弱まるかもしれないけど、
この作品のファンはああいう手紙オチ展開求めてないだろうし(実際あの手の落ちならSF系ならよくある展開)。

967 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 00:46:15.79 ID:OgguwnZu0
>>966
手紙オチというとイリヤの空ばかり頭に浮かぶ
ボーイミーツガールのこの作品でも虚構が剥がれつつあったかをりに逃げてばかりいた公正が踏み込む展開が待ってそうな気がしてたわ
姑息な嘘が最後までばれなかったというのは公正がへたれだったからだよなあ、それで主人公が後悔する話というのも嫌いじゃないけどこの作品の場合はどうだったんだろうか

968 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 00:56:27.57 ID:SrSDs+dg0
>>967
嘘がバレない展開でもよかったけど、それなら短編がよかったなあと。短編なら粗も見えにくいし。
わざわざ長編で、主人公を鈍感で踏み込めないキャラにしてこの展開にするのは粗が見えすぎててキツかった。

969 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 01:13:52.77 ID:gcdPgqlX0
そもそも嘘つく必要なかっただろ
むりやりすぎるわ

970 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 01:19:05.51 ID:zivn6SM30
どうでもいい粗捜ししてドヤるレスしかなくなったな
まぁ感想は一通り出切ったから別にいいけど
>>969
そりゃ作中でちゃんと説明されてるだろ

971 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 01:32:21.90 ID:SrSDs+dg0
レッテル貼りしてドヤるよりはマシだわな。
登場人物の心理描写に関してはどうでも良い部分には思えないし。

972 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 01:39:06.60 ID:wOhuUn6yO
最後の手紙は 仮に手術が成功していたら 渡っていない。

つまり生きている間は告白するつもりはなかったと思うが?
賛否両論も意外と読んでいた人がいてちょっと嬉しい。

973 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 01:48:06.44 ID:9pJl6sDN0
>>965
うん、結構鈍感な青春時代を過ごしてたw

974 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 01:57:40.20 ID:+tWfI3FW0
>>967
「僕はラベルなんて絶対弾かない」っていじけたかをりに共演しろと踏み込んだシーン惚れたわ
重病でもなんでも俺のために生きろと

なお、気のせいだった模様

975 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 02:10:26.11 ID:gcdPgqlX0
>>970
説明って・・・
椿にストレートに頼んでも断られただろうってアレか?
それがなんの根拠もないムリヤリすぎるっての

976 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 02:37:32.16 ID:4bhQ8qGw0
前提として「公正に恋してるけど渡に恋してるって嘘をついた」じゃない
「公正のピアノに憧れてるけど入るスペースがないから渡に恋してるって嘘をついて近づいた」だ
ピアノ演奏じゃなくて舞台の外のことで心がいっぱい=本人に恋をしたのは想像と違う公正を知ってから
そんだけ読めてなかったら何の感動も無いだろうよ

977 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 02:52:45.12 ID:2ezHax4K0
かをりは渡にはファンだとしか言ってないんだけどね
椿が勝手に言い換えた疑惑があって
かをりは椿に合わせた可能性がある

978 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 03:34:15.60 ID:HHkFVYAc0
懐かし漫画
http://kanae.2ch.net/rcomic/

次スレは↑に立ててね

979 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 03:40:35.04 ID:KmSMTzfh0
連載中は結構次気になったし割りと面白かったんだけど
終わってみると、これ結局何が言いたかったんだ?
って印象しか無いんだよな

描写は一々温いけど勢いで誤魔化してた分が
終わる事によって一気に気付かされるというか

なんだかねー

980 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 03:45:41.62 ID:mEL60ka40
終わると何が言いたかった、か…そうだなあ
死んじゃう人って、死んじゃうんで。
死ぬまではがんばって生きることが大事なんじゃないかな。
反対に、大事な人が死んじゃったら生きてる人はその人の分もがんばらないと。

ありきたりかなあ。
年取るとさあ、周りの人どんどん死んじゃうもんだから、
やっぱり自分は何のために生きてるのか、とか考えるね。
あの人ならどうしただろう、今の自分に何を言ってくれるだろう。

どうせいつか思いもかけないタイミングで自分も死ぬだろうから
それまではがんばろう、今やる優先順位って何だ!?とか、いろいろ考えるけど
オレは。

981 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 03:56:34.41 ID:DP1OQ0dg0
温いというか、読者の心を痛めつけることが目的の作品でなくてよかった。
作者の人間性が分からなかったから、最後まで信じられずにものすごく身構えながら読んだけど。
テレプシコーラみたいな思いをさせられるのは30年ぐらいに1回で十分!

982 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 05:41:00.95 ID:k9Dgn68K0
>>946
9巻の病院のシーン?

983 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 06:20:40.59 ID:DP1OQ0dg0
1巻では公正もかをりもお互い「憧れ」って言葉を使ってるね。

公正は9巻では自分の気持ちを「恋」だと認める。
かをりは、8巻で渡の代わりということにして病院の外出許可日に公正を買い物に付き合わせたときに
「君でいいや」とか「君でよかった」とかいってる場面や表情は、
もうほとんど自分の気持ちがはっきりしているように見える。

まあ、中学生ぐらいの恋愛って実際は憧れも恋もそれほど距離が無いと思うけどね。
みんなそうだったでしょw

984 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 08:38:28.67 ID:7w9/0aZx0
自分は最終話まえから、最初からかをりも「好き」だと思ってた
そうしないと、最初の演奏での「届くかな」の重さが変わるし
手紙での「同じ中学だと知った時は舞い上がりました」のページの
切なさが生きてこないよ

公生は「憧れ」って言葉を使ったけど
実際「憧れ」もあるんだけど、誰が読んでも?最初から好きだよね
同様に、かをりも「憧れ」てもいるし最初から「好き」なんだよ

985 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 08:54:55.56 ID:qtWplPpk0
遠くから眺めていた存在を身近に感じて憧れが好きに変わったんでしょう
最初から好きってんなら見てくれや肩書を気に入ったのと何ら変わらないしそれこそ切なさが生きてこないよ

986 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 08:57:30.96 ID:qtWplPpk0
最終回見てしっくりこない理由がわかった
生のかをりとほとんど触れていないのに僕の中に君がいるってあまりにも薄い
四六時中レッスンを受けて血肉となった母親とは濃度があまりにも違いすぎる
一年という短い時間だからこそもっと濃密じゃないといけないのに言葉を交わしてばっかで肉体言語が少ないよ

987 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 09:00:05.77 ID:qtWplPpk0
忘れられない風景がささいなことって本当にささやかすぎる
会いたいと思ったから会いに来た、からがスタートなのにいきなりゴールかよ

988 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 09:06:10.57 ID:zCc+hBYk0
木春エンドなのか…
小春エンドはあり得ないのか…

989 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 09:07:43.84 ID:7w9/0aZx0
>>985
かをりは公生の最初の演奏で「憧れ」と「好き」を抱いたんだよ
人生を変えられたんだ

990 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 09:17:04.83 ID:DP1OQ0dg0
一方で椿と先輩は、「憧れ」の先にあるものが「好き」ではなかった
これは意図的な対比なのかな
「好き」でなかったことはないと思うんだけどね、「もっと好き」なのがいたってだけで

991 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 09:19:15.30 ID:7w9/0aZx0
>>978
単行本が完結していない作品はこのスレらしいよ
次スレはここでいいんじゃないの?

992 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 09:19:37.55 ID:kXtSq0xi0
>>986
一瞬で落ちる恋とはそんなものだよ。長い時間や緊密な交渉は不要。
公正の世界を一瞬でカラフルに変えたのだし、母親の場合と比較する必要はない

993 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 09:34:52.51 ID:7w9/0aZx0
次スレ誰か立ててる?
立てようか?

994 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 09:45:51.34 ID:7w9/0aZx0
次スレ立てたよ
http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1423874578/

995 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 09:47:33.58 ID:sILP5JOA0
>>994
乙。

賛否両論だけど、それってやっぱりこの作品には力があるってことだよね。
「好きの正反対は無関心」っていうし。

996 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 10:36:18.14 ID:7QqdqJ160
賛否あれど、いろんな感情がせめぎ合う余韻残しただけでいいよな。
個人的にはいい作品だった。

997 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 10:46:03.16 ID:k9Dgn68K0
>>986
自転車二人乗りと病院でのおんぶくらい?

998 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 10:52:00.05 ID:3arZl0d+0
>>3

999 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 11:20:04.27 ID:HHkFVYAc0
ペタンコだからあんまり触れ合えてなかっただろうなあ

1000 :作者の都合により名無しです:2015/02/14(土) 11:29:27.27 ID:8fgPEmoG0
>>999
スレンダーなコに期待するな

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

264 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)