5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

セクハラパワハラ上司に仕返しがしたい [転載禁止]©2ch.net

1 :sage:2015/10/12(月) 01:44:12.36
なんか良い方法ない?

2 :sage:2015/10/13(火) 04:40:17.18
弁護士法人ベリーベスト 労働問題解決サポート

パワハラ、職場いじめ・嫌がらせなど労働問題の弁護士相談は、
ベリーベスト法律事務所へ
https://www.vbest.jp/roudoumondai/

3 :sage:2015/10/13(火) 04:41:11.87
相談窓口

連合
http://www.jtuc-rengo.or.jp/
全労連
http://www.zenroren.gr.jp/jp/
連帯
http://www.kannama.com/index-2.html

4 :FROM名無しさan:2015/10/14(水) 00:23:25.92
退職金もらって会社辞めた後に、会社の前で待ち伏せして怪我しない程度に5〜6発殴ってやればおk

5 :FROM名無しさan:2015/10/14(水) 17:47:31.63
セクハラされたって言って訴えればいい

6 :FROM名無しさan:2015/10/17(土) 23:36:02.79
税法の一般的な解説をすることは禁止されていないと考えられています。しかし、相談者の質問は広範囲かつ不規則に飛んできます。

「今の答えは大丈夫だったのか」と迷うことは多いでしょう。誤解を恐れずに言えば、一つ一つの受け答えで税理士法について気を使っている方であれば、

厳密にいえば「危ない」場面があったとしても、 悪質なニセ税理士になることはないと思います。しかし今後、相続に関わる士業・企業が増えていくことで、法律の不知、あるいはうすうす違法とわかっていながら、

ニセ税理士活動に次第に手を染めることになるケースが増えていくでしょう。税理士、税理士法人、国税局長に通知をした弁護士及び弁護士法人に限られています。

その他の個人や法人が税理士業務を行うと、税理士法第52条違反として罰せられることになります。

今年から相続税の課税対象が広がったのを受けて、事業承継コンサルタント・税理士や金融機関、不動産・住宅メーカーなどが「相続税の節税ビジネス」を競っている。

だが、「相続大増税」の実態はイメージ先行で、本当に形式従業員持株会へ額面譲渡・持株会社へ未公開株式譲渡・預貯金を取り崩してまで

相続節税に備えるべき状況なのか疑問。事業承継コンサルタント・銀行や税理士に踊らされ、かえって後悔が残る相続結果になる恐れが拭えない。

(税理士業務の制限) 第52条 税理士又は税理士法人でない者は、この法律に別段の定めがある場合を除くほか、税理士業務を行つてはならない。

当初無償でもオーナ社長へ具体的に株式の譲渡の税務に絡んで配下の税理士に相続税の節税計算を依頼し財産評価基本通達に相続節税や租税回避の株式相続税の見解や譲渡税の意見回答し

税理士資格を持たないコンサルと名乗る脱税以南の偽税理士グレーな人たちが世の中には数多くいますが、彼らに責任を取ることができるのでしょうか。

無資格者(ニセ税理士)だけに、都合の悪いことが起これば消えてしまう人たちです。常識的な感覚を持っている税理士であれば、

この報道で最も重要なことは、創業家が相続税の税務調査を受けて追徴課税されたということではありません。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)