5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

漫画家はなぜ自費出版で単行本を出さないのか?2

1 :名無しさん名無しさん:2014/05/21(水) 02:58:47.72
続きです

漫画家はなぜ自費出版で単行本を出さないのか?
http://nozomi.2ch.net/test/read.cgi/iga/1386323471/

316 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 12:22:31.10
映像化で5億ももらえるような作品ってその時点で1千万部くらい売れてる作品じゃないの?

317 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 12:37:08.27
エージェント雇ったところでワンピやナルトクラスじゃないと5億ももらえないだろうな

318 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 12:56:10.92
10億の妄想って、キャッチボールすら出来ない奴が
「甲子園で優勝投手になったら、俺は日本の球団じゃなくてメジャーとだな
CMとかもバンバン出て伝記映画化だな」って言ってるに等しいww

319 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 13:03:59.85
そもそも現在出版で活躍中のプロ漫画家が、なんで取り分が多いはずの個人配信に乗り出さないのか?
ここにもう答えあるんだが?

これから「売れるかも知れない」じゃなくてな 「既に売れている漫画家」

みな10%の印税で契約してるよ。
10億の言う通りなら不満タラタラだよね。  でも個人配信はしない。

それはそこに確実にメリットがあるからだ。
メリットがあるなら変える必要もない。
ど素人の10億には既存の環境で生き残った人間の感覚は一生わからないだろうね。

320 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 18:34:11.93
お金だけの為には描いてないけど
(漫画を選ぶと言う時点でry)お金は欲しいかな

321 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 16:05:04.62
>>293
オサムシさんは、自分の漫画を自費でアニメにしていたぞ
これは超有名な話だけど

322 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 17:52:51.44
だからアニメつくりたきゃ自分でつくりゃいいんじゃね
今の漫画家だって作りたきゃじぶんでつくるだろ。作らないのはアニメとかどうでもいいだけで

323 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 18:48:34.44
あんなあ そりゃ自己満足の実験アニメレベルだ
毎週30分で送り出すレベルには程遠い。

手塚治虫が自費で作っていたというのは、彼がその頃超売れっ子であったからだ。
その頃アニメに興味があった漫画家はほかにもいただろうが
自費でスタジオ立てて番組制作までもっていけたのは手塚治虫だけだよ。
そんなのが一般例になるか。

324 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 19:20:11.61
>>323
オサムシのアニメは大人気だったぞ
あの人気で実験的とか言ったらダメだろ、結果はキッチリ出ているのだから

325 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 20:11:29.70
>>322
>今の漫画家だって作りたきゃじぶんでつくるだろ

映像化権を出版社に握られている時点で
漫画家が勝手にアニメ化するのは無理

326 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 20:17:10.51
>>325
そういうことじゃなくて、最初からアニメにするつもりならそういう企画として一から自分で作ってるだろって話しな
バカにはわからんのかね?

327 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 20:43:52.62
>>326
つまり出版社を通すなとお前は言いたいのだな?

328 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 20:51:49.75
>>327
アニメ作りたいなら最初からアニメ作れといいたいのな

329 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 20:52:41.46
間違い
「作れ」じゃなく「作る」な。

330 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 20:55:35.42
連続アニメは個人作業では不可能だろ
原作である漫画を描いてそれ以降は他人にバトンタッチ
   注 ただし日本のボッタ栗出版社は除く

331 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 21:06:37.85
>>330
不可能ならマコティック新海はなんだったのか
まさかお前、テレビシリーズでやりたいとか言ってるのか?
それこそどこの国だろうが無理な話しだぞ

332 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 22:19:34.77
Why?

333 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 23:02:37.63
【話題】止まらない視聴率低下・・・テレビ局はネットの普及によって圧倒的優位性を失った事実を受け止める
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1402442359/


テレビでさえネットの普及によって視聴率が低下する時代
出版だけがネットに対して無傷でいられると思う馬鹿がいるwwwww

334 :名無しさん名無しさん:2014/06/12(木) 03:56:02.93
えーとな、アニメーションにおけるスキルは、漫画とは全く別のものだ。
うまいマンガ家=うまいアニメーターではない。

個人でも作れるようにはなったが、それはあくまでも「個人レベルで」だ。
短編なら「個性」でごまかせるが30分 いや10分以上になるとトリッキーなだけでは持たなくなる。

何より物理的に時間がかかる。

335 :名無しさん名無しさん:2014/06/12(木) 04:03:13.00
>>出版だけがネットに対して無傷でいられると思う馬鹿がいる

あのね、じゃあ「ネットでなら無傷ですむのか?」ならそんなことはない。
発表の場がネットになればなるほど「ネットでの失敗者 失敗例」が
それこそ山のように出てくる。
いやもう出てきている。

もう「ネットでの販売」というものに、お客は何の新鮮さも持っていない。
インターネットテレビになれば番組全部観るか?
ネットで無料でばらまかれてる同人誌を全部見るか?

大きなネットの海に「とりあえずは存在している」ってだけでな
海の底に沈むような個人配信のゴミ溜め漫画は、何の意味もない。

336 :名無しさん名無しさん:2014/06/12(木) 05:19:50.27
>>334
だから余程作りたきゃ個人でもやるんだよ
作らないって事は表現としてどうでもいいんだって

337 :名無しさん名無しさん:2014/06/12(木) 12:28:39.27
>>324
手塚は日本にアニメと言う文化を根付かせる為に採算度外視でやってた
アトムは当時でも50万じゃ作れないけどスポンサーがそれしか出せないと言うからもう50万自分で出しただけ
虫プロが何回も倒産してんの知らんのか
そのたびに手塚が新しい雑誌の仕事をうけて補填してた
儲ける為なら自腹切ってアニメ事業なんてやらん方がよほど得だ
文化を生み出す為に資産を使うのは金しか興味が無い10億にはない発想だ

338 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 02:21:01.73
とにかくお金がきちんと欲しいのなら、漫画に限らず表現活動を仕事にするのはやめたほうがいい。

頑張って当たり前 頑張ったって評価されるとは限らない。
頑張ったと思ってるのは自分だけで「つまんないね」の一言でお客に全否定されることもある。


それでもやりたいんだ 描かずにはおられないんだって人間だけが挑戦すればいい。

10億にはそういう情熱はカケラも持ち合わせていないから
2ちゃんという安全な外野で未来予想して一生を終える。

339 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 10:53:31.43
>儲ける為なら自腹切ってアニメ事業なんてやらん方がよほど得だ

メディアミックスが本格化した現在では映像作品からの派生商品の配当金が重要
企業がなぜアニメに金出してるか全くわかってないなお前はw
アニメ自体よりその派生商品がもたらす配当金目当てなんだよwwww

340 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 10:56:32.84
>それでもやりたいんだ 描かずにはおられないんだって人間だけが挑戦すればいい。

失敗例がほとんどのこの業界で例外的に成功した場合でもリターンが低いことが問題だろ
海外と比べても異常に日本の出版社の印税率は低い
紙の単行本印税、映像化の際の収入、グッズ印税、などにおいて
日本は世界的にみて異常な低印税国家

341 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 11:03:51.82
邦画が好調の裏で、これでいいのか? [映画]
http://content.blog.so-net.ne.jp/2014-03-02

原作者への配分は、何も言わないと、出版社のいいなりで決められ、
MAXでも1000万円と勝手に決められており、いくら映画がヒットしても、
分配は増えないそうだ。

その原因とも言えるのが、「製作委員会」方式だ。
映画制作に出資した企業が、その利益配分を公平に分配する仕組みであるのだが、
公平なのは出資者に対してだけであり、出資者への利益を最大限にするために、
肝心のクリエイターへの配分はできるだけケチられるのが常だ。

原作料もそうだし、映画監督のギャラも、本当にギャラのみで、
著作権は制作委員会に召し上げられ、その後、いくら映画がヒットしても、
分け前が増えない契約になっているケースも多いらしい。

ジブリのような力のある会社でもなければ、
アニメーターに正当な利益配分が行われないのも、
この仕組みの弊害の一つだ。
それでいて、映画ヒットのためには、色々なところに引っ張り出され、
ほとんど無報酬で働かされ、監督自身の収入は全く増えないというのが、現状らしい。

342 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 11:07:51.70
日本の印税率は10%。欧米は再販制がないので国によって違うが、おおむねアメリカ15%、ヨーロッパ20%。
https://twitter.com/Fumika_Shimizu/status/203671622874431489

343 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 11:12:45.88
日本も再販制度をなくして印税率を20%にするべき
出版点数は大幅に減ってしまうだろうが再販制度はもう疲弊しきっている
そろそろ再販制度は止めるべき

344 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 11:38:33.26
製作委員会方式とLLPの活用

新たな製作委員会方式として「LLP」の活用が期待されている。
LLP(有限責任事業組合)は、2005年に日本でも設立できるようになった。

LLPにおいては、制作会社も出資者になり、業務の意思決定及び業務執行に従事するため、
わずかな出資額であっても事業への貢献に応じて大きな収益を得ることができる。
また、著作権も共有することから、制作会社も著作権使用料の分配を受けられる。

http://blogs.yahoo.co.jp/gut_expert/56764889.html

345 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 11:44:58.41
>わずかな出資額であっても事業への貢献に応じて大きな収益を得ることができる。
>また、著作権も共有することから、制作会社も著作権使用料の分配を受けられる。

LLP方式なら漫画家がわずかな出資額で配当金を得られるようにすることも可能だな
事業への貢献度は原作者としてMAXだろう
映像作品の著作権を漫画家も持てるようになり配当金が漫画家の懐に入る

漫画家が出資するのはリスクが高いと主張してる奴は
わずかな投資額で映像作品の著作権(映像作品の利益ゲット、派生商品の利益ゲット)
を得られるLLP方式の制作委員会方式を支持してやれよw

漫画家、アニメーターが僅かな出資で映像作品の著作権をゲットできる事は良い事だ
これには誰も反対しないだろ?

346 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 11:46:49.33
>わずかな出資額であっても事業への貢献に応じて大きな収益を得ることができる。
>また、著作権も共有することから、制作会社も著作権使用料の分配を受けられる。

LLP方式なら漫画家がわずかな出資額で配当金を得られるようにすることも可能だな
事業への貢献度は原作者としてMAXだろう
映像作品の著作権を漫画家も持てるようになり配当金が漫画家の懐に入る

漫画家が出資するのはリスクが高いと主張してる奴は
わずかな投資額で映像作品の著作権(映像作品の利益ゲット、派生商品の利益ゲット)
を得られるLLP方式の制作委員会方式を支持してやれよw

漫画家、アニメーターが僅かな出資で映像作品の著作権をゲットできる事は良い事だ
これには誰も反対しないだろ?


漫画家が出版社やテレビ局と同等の権利を持ち
共にウィンウィンの関係になれば業界は従来通り上手く発展するだろう
もっともその場合でも海外の出版社通したほうがもっと儲かるのだろうがw

347 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 11:47:29.40
日本の印税は印刷部数、海外の印税は実売部数にかかるんじゃなかったか?
結果的に日本の印税のほうが儲かる場合もあるだろ?

348 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 11:54:28.05
>>347
>結果的に日本の印税のほうが儲かる場合もあるだろ?

それは売れない漫画家の場合だろw
売れる漫画家がすべてを補填
出版社は正確な実売予想に努めそれに合わせて初版部数を決定すれば丸儲け

それよりも原稿料を倍以上に引き揚げてすべての作家の生活を安定させ
さらに実売印税で印税率を20%に引き上げる(当然その他の印税にも影響する
再販制度は当然即時撤廃

349 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 12:01:16.14
今時の漫画のほとんどは大して売れないのに実売予想に従って部数を減らしたら本屋に行き渡らなくて予想通りすらも売れなくなるだろうが

お前の言うとおりにしたら売れてる漫画はいいが中堅以下の漫画はみんなダメージ食らうわな

350 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 12:06:18.53
ありえない日本の漫画業界

・連載する(仕事する)と赤字になる(出版社が原稿料で搾取、出版社員の世界一水準の高給維持の為
・なぜか発生する赤字分を単行本印税から補填する慣習が出来上がっている
・単行本が必ずしも出るとは限らないケースも多い
・単行本印税は本来は15%だったが10%に落とし、さらに落とす動きがある
・映像化して数十億ヒットしても漫画家には100万ポッキリ(MAX上限は1000万となぜか決定済み
・映像作品の著作権を漫画家に持たせないようにしているため漫画家は配当金を得られない
・極めて低額の印税率で漫画家は我慢させられ儲かるのは出版社やテレビ局
・売れても悲惨、売れなければもっと悲惨なのが漫画家

海外における人気作家への待遇

・実売印税で20%
・映像化で5億円
・フォーブズ発表によれば年間100億円プレイヤーが何人も存在
 (トップでなくとも100億円プレイヤーが何人も存在し数十億プレイヤーも何人も存在


出版させてやる、と考えるのが日本の出版社
作家がいるから出版できる、と考えるのが海外の出版社
この差はどこまで行っても埋まらない

351 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 12:09:46.48
>>349
だから原稿料を倍以上に引き上げろと言ってるだろw
マスメディアの給与レベルは異常だと世間から批判されてるだろ?
1600万平均から1000万平均に落とせば50億程度捻出可能
それをすべて原稿料に注ぎ込む

352 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 12:18:05.15
お前は結局楽に儲けてる奴が憎いだけなんだよな

353 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 12:36:50.59
まずはご自身で経営してみればいいんじゃないですかね

354 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 12:38:27.14
実売印税率20%とか殆どの新人は死ぬだけですね。
ああ、シネと言ってるんだな

355 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 12:40:43.97
だから最初から映像化は原作売るための広告だと何度も

356 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 13:57:52.33
集英社で計算してみたら、年収1118万で786人、
仮に年収1000万に平均落としたら、浮くのは92748万、まぁ9億3千万。

で、集英社の漫画の年間ページ数を大雑把に計算してみると、
WJが400(漫画以外を50P前後で計算)×52で20800.
YJは300(400くらいだけど漫画以外が多いので、こんくらいで)×52=15600
ジャンプスクエア700(800前後だが、同上)×12で、8400
ウルトラジャンプ300(4〜500だが、少なめで)×12=3600

計算すんの嫌になってきたが、男性向けの半分くらい合計しただけで、
浮いた分ページ数で割ると、2万切るぞ。
女性用まで合算したら、殆どすずめの涙になるんじゃね、ページ数あたりの額。

357 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 13:57:59.50
>実売印税率20%とか殆どの新人は死ぬだけですね。

原稿料を倍に引き上げてしまえば新人も原稿料だけで生活できるし貯金も出来る
大昔は原稿料だけで家が建った時代もあるという
単行本は人気次第でどこまでも収入が増える追加収入と考えろ

358 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:01:17.77
>>356
お前さー
いつもいつも秒単位、分単位で俺のコメントの前後に書き込んでるが
俺のパソコンに何か仕込んでるだろ?w

出版社の工作員はさすがだなーw

359 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:02:37.56
715 :名無しさん名無しさん:2010/08/22(日) 12:47:27
間違った額(ぶんどりすぎ)だと思います。テレビ局も出版社も。RT @satoshuho: 全社員平均は1500〜1600万くらいみたいですよ。お昼ご飯食べてきます。 (#mangalive live at http://ustre.am/i4Fc )

ttp://twitter.com/souji64

360 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:02:46.65
なら単行本派は実売数よりも印刷冊数の現行方式の方が得じゃないですか
ばかは計算も出来なくなったんですか?

361 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:03:49.13
御三家だとページ数辺りなら、数百円上がるかどうかだね、
編集者どころか社員全員の給与落としても。
その程度に年間のページ数が多い。

362 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:06:06.29
そもそも契約書とか実際に見たことないんじゃね?

363 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:06:14.30
講談社は資本の形態上、情報が外部に出難いが、
一ツ橋グループは平均年収が普通に公開されていて、
それは上記の数字だ。

PCに仕込んでるだの工作員だの言い出す、
自分で調べてすらみない奴に言っても無駄だろうが。

364 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:06:20.80
>全社員平均は1500〜1600万くらい

某漫画家が暴露した所によると
出版社員の年間給与平均は1500万〜1600万
年間平均所得1600万で社員数が1000人で計算すれば
600万×1000=60億円

余裕ありすぎw

365 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:07:52.48
漫画家の、〜みたいですよという憶測のtwitterを情報ソースにする前に、
企業情報調べなさいよ。

366 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:09:24.85
某漫画家によると手厚い福利厚生(例えば高級マンションが破格に借りられるらしいw
などもあるらしいwどんだけ漫画家をないがしろにして儲けてるんだって話w

367 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:09:52.29
漫画家が暴露した出版社員の給与ってのがすでに笑えて仕方が無いというか
何でお前がそんな事知ってるんだというかね

368 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:11:41.39
これあれだろ。宇宙人研究家がアメリカのNASAでは宇宙人と先にコンタクトしてるからズルイみたいな話しだろ

369 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:12:02.94
まともに調べられる数字調べると、自分が主張したいことに都合悪いから、
明らかに間違ってる漫画家のtwitterをソースにし続けようとしてるのか。

そんなんだから駄目なんだよ。

370 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:12:45.22
全部結局「らしい」というね

371 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:16:23.95
僕の当時の原稿料は\8,500円。
1日3枚描いたとして日給\25,500円。
画材費など諸経費を差し引いても\20,000円は手元に残るので悪い稼ぎではありません。
でも、編集者と食事に行くと、その倍以上のお金が簡単に彼らの財布から出ていくのです。
そして、ごちそうになったお礼を言わなくてはなりません。
最初の頃は接待してもらえることに浮かれていましたが、段々と矛盾を感じるようになってきました。
出版社が漫画を売って商売をしているのなら、大元の漫画を描いているのは漫画家です。
なぜ漫画家の1日の収入より多い額をたった1回の食事で使えてしまうのか?
むしろ食べさせてあげているのは漫画家じゃないのか?
今に続く疑問を感じるようになってきました。
http://ch.nicovideo.jp/shuhosato/blomaga/ar323153

僕の住んでいた部屋は6畳の和室に4畳程の台所が付いた安アパートでした。
家賃は6万7千円。
家賃を払った時点でマイナスです。
スタッフを3人迎え入れる広さの部屋に引っ越す余裕はありません。
もちろん、別に部屋を借りるお金もありませんから僕は仕事場が自宅です。
と言うか、僕の生活費はどこからも出ません。
軽く見積もっても毎月20万円の赤字になりそうでした。

それを漏らすと、編集部は「借金をさせてやる」と言うのですが、なぜこれから連載を始めるというのに、
借金までして掲載させてもらわなくてはいけないのか訳が分かりません。
僕は単行本が発売されるまでは、貯金を切り崩して漫画を描く覚悟を決めました。
単行本が出れば印税収入が入ってくるはずですからね。
もっとも連載が続く保証も、増してや単行本が発売される保証もないのですが。
http://ch.nicovideo.jp/shuhosato/blomaga/ar354750

372 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:16:51.22
しかしやり口が自身が嫌っている糞メディアの低俗記事そのものって言うのは何かのギャグなのか

373 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:17:42.83
漫画家・佐藤秀峰氏が語る「漫画家志望者が減っている」

個人的には、HPや同人誌で「漫画を描きたい」という欲求を満足する人が増えたためかと。
そちらの方が煩わしい事少ないですし。
あと、漫画家さんの赤裸々な現状もネットで随分判明してきましたし。

まず、漫画家になるのが大変で、漫画家であり続けることはもっと大変で、なのにお金にならない状況があって、
「好きなことやって食ってるんだから文句言うな」って言われるのが漫画家だとしたら、
やっぱり、未来がないと思う。(佐藤秀峰)

漫画家志望者も減っていて、出版社の新人賞の応募作品数は10年前の半分以下だと、編集者も嘆いていました。
大学の漫画学科、専門学校はまだ盛況みたいですけど。
大手出版社が、今期は黒字とか言っても、売り上げが下がってる中で、
どんだけ資産を売り払ったんだよ?って話しだし。(佐藤秀峰)

http://togetter.com/li/142424

374 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:21:34.58
佐藤はマンガ描きたいんじゃなくては金儲けの為に描いてたまさにお前の理想タイプだから崇拝してるのかい?

375 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:22:56.86
>業界最大手の出版社、小●館の社員の年収

>非上場企業のため、正式に年収は公表はされていませんが、
>月収や賞与などから推察した年収ランキングでは、30歳平均年収で約1,268万円との調査結果があります。

>この年収額は業界第1位となっていますが、残業の多い部門では、
>さらに残業手当が加算されるため、年収には変動があることが予想されます。

>手当てとしては、勤務手当ての他、住宅手当や家族手当、時間外手当が加算され、
>さらに福利厚生では育児休業、介護休業、そしてクリエイティブ休業を取得することが可能となっています。

376 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:24:16.70
そんなことより今日の12:09:46.48〜13:57:59.50の間にこのマヌケが何をしていたのかが気になります

377 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:24:20.08
30才平均で約1,268万円?

40才平均、50才平均だと幾らに跳ね上がるんだよw

378 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:26:19.99
新人達よく理解しろ
出版社は既得権益を守る為なら何でもやるw

379 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:26:43.52
随分と減ってるじゃねぇか平均

380 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:27:16.04
>>376
盗聴乙w

381 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:27:56.17
356の年収にほぼ一致で糞笑った

382 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:29:36.52
>>380
ウンコでもしてたのかい?タイプスタンプが出ると不便だね

383 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:34:02.47
>>363
>一ツ橋グループは平均年収が普通に公開されていて

→非上場企業のため、正式に年収は公表はされていません

ソース出せよw
普通に公開されてるんだろ?
ソース!ソース!

384 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:46:55.88
平均年収627万円とかなんだけど随分差があるんだな

385 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:50:55.68
>普通に公開されていて
>普通に公開されていて
>普通に公開されていて

平気で嘘をつく奴は信用できない
関係者の発言がやはり一番信頼できる

386 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 15:13:32.61
つまりお前の発言は一切信頼できないって事じゃないか

387 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 15:23:37.03
       ,、、、----‐‐‐‐‐--、,
     /           :ヽ
    /              :\
   ./            ,,,,;;::''''' ヽ
  /    ,,,,;;:::::::::::::::       __   ヽ
  |   .  __       '<'●,   |
  |.   '"-ゞ,●> .::            |
  |           ::: :⌒ 、      |
  ヽ.      ;ゝ( ,-、 ,:‐、)      |  平均年収は普通に公開されてる ←馬鹿w
   l..            |  |      |
   |        __,-'ニ|  |ヽ_     |
    ヽ:        ヾニ|  |ン"    /__
    .ヽ:        |  l, へ      ::::ヽ,
     l.:`.         / /  , \  /ヽ  ::\
     `、:::::       |    ̄ ̄\/ ノ    :::ヽ
      |::::::      |      ー‐/ /      ::::\

388 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 15:25:43.52
確かに馬鹿だと思うね。同レベルの馬鹿二人を見下ろしてる快感です

389 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 15:33:53.69
521:名無しさん名無しさん:2010/11/27(土) 01:50:35 downup
>掛須 「コアミックス」の「北斗の拳」の原さんと北条さんと個別に少し付き合いがあります。
>創刊前に、「どうしてこの本に参加するのですか」と聞きました。
>彼らが、「週刊少年ジャンプ」で描いていたころ、
>自分たちはこんなに売れているのにどうしてお金が入らないのだ。
>権利の問題とか、キャラクターも自分たちの許可なく使われていた。
>そういったことに対して憤懣があって、
>それで今回のプロジェクトに参加するのだと言っていました。

>何10億円、何100億円の資金を使っても、ストーリーが良くなかったら当たらないと思います。

http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2001/00082/contents/00004.htm

これが漫画だ 100万部売れても儲からない TVドラマ化→一話30万 映画70億ヒット→0円
ttp://2chnull.info/r/news/1277118348/1-1001

390 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 15:36:20.61
0部も売れない→日本の印税なら刷った分はもらえる
海外→実売数なんで0円

391 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 15:39:07.08
>>389
コピペするのはいいけど、チェックしてから貼ったほうがいいと思うぞ
紹介サイトが運営終了して記事にたどり着けないとか、お前のマヌケさそのものじゃないか

392 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 16:11:49.45
漫画においては売れなくてすみませんよりも
もっと刷れのほうが多いと思うわ
マイナー誌読んでて気に入った作品あっても既刊新品が手に入らないとかザラ

393 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 16:22:52.45
そりゃマイナー誌発ですもの

394 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 19:22:47.69
やはり海外か・・・・・・・
時代は海外なんだな・・・・・・・・
印税率の高い海外出版社と組んでフォーブズに載る!

時代はまさにこれだな!

395 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 19:53:15.69
まさにコレといいつつも誰も漫画家でやっていないあたりが流れは一切ないみたいだな

せめて海外で日本と同じくらいの規模で漫画市場がありゃ説得力もあるものを

396 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:00:57.39
>>395
紙の単行本市場は日本を狙えばいいんだよ
海外出版社を通して日本で売る
そして映像化以降は海外市場は大きくなる

映画化アニメ化商品化、英語圏その他のほうが日本単体よりも巨大だ
もちろん日本市場でも稼ぐ

海外出版社にとっても日本の世界的コンテンツを手に入れられるのは良い話だろう
印税も海外における人気作品レベルで十分なのだしな
世界的ヒットになれば年間100億以上は当たり前の世界なのが海外

海外で売れたら宮殿が建つと聞いたことがあるがまさにその通りだな
一年で100億以上入ってくるならまさにその通りだ
日本の出版社は「数億稼げたら御の字だろ?」「売ってやっている」
話にならないwありえないw

ポケ○ンクラスのコンテンツならば一体どのくらい稼げるのだろうか?
派生産業を含めると数兆円の売り上げがあったらしい
海外経由でヒットさせ海外基準の印税収入が手に入るならば
果たして何百億円入ってくるのだろう・・・・・?

日本は搾取が酷すぎる、下請け奴隷とはまさにこのことだ
やはり時代は海外出版社だな!

397 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:02:30.00
アニメ市場が日本よりも巨大とかどんなギャグだ

398 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:04:17.44
まぁ、作った結果実写版DBのようになるのが原作者のお望みならそれはそれで好きにすればいいとおもうよ

399 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:07:39.43
単行本売れてる売れてる水増し詐欺までやってあの金額だからな日本は
海外は日本でそれほど有名ではない作品でも巨額の収入を得ている
世界的に人気レベルを獲得した漫画は多い
そうした漫画を生み出した作家には本来巨万の富が転がり込んでいるべき
海外経由で流していればそれは実現できた

もはや日本の出版社経由には夢がない
フォーブズのトップ5以上のレベルをコンスタントに保つには
海外出版社を経由するしかない

世界的な基準、世界的な常識、世界的な良識から見れば
日本の出版社の提示する印税率は異常に低すぎる

天才の価値を正しく評価する海外出版社と組むべきだ
これからの漫画家志望者達にとってこれは忘れてはならない重要事項

400 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:07:46.10
100億もらえるのは全体の何割なんすか?

401 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:09:21.93
漫画文化を正しく評価してりゃ自国でもっと描く人が居るんじゃないですかね
評価できてないから描く人が居ないんじゃないかと

402 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:09:22.94
>>400
ネットストーカー乙w
数秒単位でレスするとはお疲れ様というべきかw
雇われ工作員の年収は幾らだ?

403 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:10:13.87
>>402
で?何割なんすか?当然答えられるんすよね?

404 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:14:24.51
海外でも漫画が売れることは証明済み
これは日本人の感性が受けているわけだ
売れる市場はある

紙の単行本市場はさすがに日本が最強だが
映像化以降は海外のほうが巨大

405 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:20:10.10
それは一から売れることがあったらまだ証明できるんだけどな
つまり映像化しないと何にもならんと自分でいちゃった訳だ

406 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:22:57.90
結局海外で売れてる漫画も日本の出版社経由なのに、そこでドヤ顔されてもさぁ

407 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:29:12.41
>>400
>最も稼いだのは全世界で7000万部を売り上げたと言われる
>「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」シリーズ原作者のE.L.ジェイムズ。
>その額9500万ドル(!)これまで小説を書いたことがなかった英国の主婦がいきなり1位です。
>まだ映画化や商品化前でこの印税額
>2位は「多重人格殺人者」のジェームズ・パターソン(9500万ドル)
>3位は「ハンガーゲーム」シリーズのスーザン・コリンズ(9100万ドル)

最低でも約100億円プレイヤーは年間3人はいる
年間約30億円以下はそれ以上に転がっている

世界的に大ヒットしたコンテンツの作者の収入が年間100億200億に
なったことが果たして今までに一度でもあるのか?
これからの新人で成功に応じたリターンが欲しい場合は海外に目を向けるべき

>>405
そこで電子書籍による個人出版
海外では個人作品が商業作品を超える人気を獲得するケースが多々出現中
今後映像化のケースも多く出てくることだろう
年間100億レベルで稼げる印税率ならもはや海外出版社と完全に組んでも
不満はないと言える

それが数年続けば数百億の個人資産となりこれに不満を唱える作家はそれほど多くはないだろう
やはりこれが世界的な感覚であり日本の異常な欲にまみれ天才達に寄生する連中が異常なのだ
世界的大ヒットコンテンツ作家には年間100億200億300億は当たり前
それが世界基準

日本「数億稼げたら十分だろ?後は何も考えず俺達にまかせておけ。」

408 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:31:17.36
だから全体の何割なのか聞いてるのに、何でそれは答えられないんですかね
3人居てそれならそりゃ100%ですごいんすけど、全体から分らなけりゃ意味ないっすよ?

409 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:32:23.11
>>407
へぇ、。海外で100億稼いだ個人作品の漫画が存在するなら見てみたいが。紹介してくれないかい

410 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:42:42.78
>結局海外で売れてる漫画も日本の出版社経由なのに、そこでドヤ顔されてもさぁ

日本の出版社経由だからというよりも日本人の感性が受けて売れている
日本人の感性によって作られた漫画を海外の出版社を経由させることで
漫画家に落ちる印税額を上げることが可能となる

世界的ヒットになれば年間100億は当たり前の世界
3年ヒットし続ければ300億
二作ヒットを出せば6年で600億

数兆円規模の派生産業を生み出す漫画原作には
本来この程度の価値はあって当然
それを日本の出版社は世界一の高給を維持する為に利益の大部分を手に入れようとする
漫画家には庶民的なレベルで我慢させる

世界的に見てこれはまさに異常な環境であり異常なシステムだ
世界は天才に対して日本のような酷い扱いはしない

天才は日本にいては報われない
海外出版社と組んで年間100億200億300億とどこまでも稼ぐべき
仮に年間200億レベルの大ヒットとなれば2年で400億3年で600億

本来はそれが当たり前なのだ
誰も出版社員の高給を維持する為に漫画家を目指すわけではないはずだ
海外のシステムがすべてパラダイスとは言わないが
天才の対する待遇についてはやはり海外が素晴らしく日本は異常に劣悪

もう決まりだな
売り込むなら海外の出版社だ
有利な条件で組むにはもちろん電子書籍でヒットさせるのが条件になるだろう
これからの新人には大きなチャンスが待っている
電子化は世界的にみてもこれから本格化する

411 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:50:44.90
>>408
娯楽の世界はほとんどが売れない世界だろw
何割が100億突破するだと?笑わせるなw
ランキング上位を比べた結果、日本は異常に印税率が低いと判明
実際海外は単行本印税は20%映画化5億円などなど日本とは桁違いの待遇

日本経由は効率が悪い、悪すぎる

412 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 21:00:36.41
あーあ…。殆ど売れないって自分で言っちゃったっすね。
そんな博打を進んでやる人間が居ないのは当然なんじゃないっすか?自分で言っちゃったし

413 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 21:08:45.27
出版経由の力でないならとっくの昔に海外と個別契約して成功した奴が出て、流行っているはずなんですがね

414 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 21:09:13.91
>殆ど売れないって自分で言っちゃったっすね。

大勢の志望者がいる日本ですら99,97%が売れない
売れてやっとリーマンレベル
そこから大ヒットになって億万長者になる確率はもっと低い
さらに数十億プレイヤーになる確率はもっと低い

ほとんど売れない世界なのはどこでも一緒
だからこそ売れた時の還元率が重要になる
つまり印税率の高さが重要

世界は極めて高い
日本は極めて低い

世界は天才に対しては良心的で日本は差別的
正当な評価を受けようと思えば天才は海外出版社を選ぶしかない

415 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 21:12:38.79
売れなかったときのことは考えないんすか?だって売れないんすよね?
自分でそういったんだし。
なら印税が実売数の海外計算だと売れないとか目も当てられないっすね

416 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 21:27:22.94
>>415
そこで電子書籍個人出版の出番だ
個人出版なら連載はいつでも開始可能で兼業から出発できる
過去5年の出版物においては既に個人作品が商業作品を圧倒し始めているというデータもある
これは海外電子書籍での動きだが日本でも必ず発生するだろう
出版社のブランドや資金力に個人でも十分に対抗可能

日本でも売れない作家は単行本印税が出たとしても初版は極めて少なく
数年持たずに職歴なしの無職に転落する場合がほとんど
それよりも兼業から出発するほうが良いし今後雑誌が減っていくと予想され
やがて紙から電子に舞台が移動する可能性が高い

327 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)