5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

漫画家はなぜ自費出版で単行本を出さないのか?2

1 :名無しさん名無しさん:2014/05/21(水) 02:58:47.72
続きです

漫画家はなぜ自費出版で単行本を出さないのか?
http://nozomi.2ch.net/test/read.cgi/iga/1386323471/

2 :名無しさん名無しさん:2014/05/21(水) 04:05:24.64
また立てたのかw

アンチが立ててるのか?
それとも前スレ見て興味持った奴が立てたのか?

とりあえず乙w
またやりあうのか・・・・馬鹿アンチとw

3 :名無しさん名無しさん:2014/05/21(水) 04:06:26.60
米出版業界を震撼させた個人作家向け市場調査サイト「Author Earnings」、レポート第四弾を公開

【編集部記事】年初から現地出版関係者を震撼させている
米国の個人作家向け電子書籍市場調査サイト「Author Earnings」が、
調査レポート第四弾を公開した。

 同サイトは、個人作家Hugh Howey氏がAmazon.com用Webクローラーを自作して
Kindle個人作品市場の成長度合いを調査・分析しているもので、
レポート第一弾では無名の個人作家たちがAmazonの電子書籍コーナーを実質掌握していることを明らかにし、
関係者に大きな衝撃を与えた。

 今回のレポート第四弾では過去のレポートを数字を上下を比較。
それによると、新人が作家デビューした場合、大手出版社経由であろうが個人出版であろうが
日々のランキング変動幅は変わらず、
結果として個人出版ルートのほうが27%程度収益効率が高い選択になるという。【hon.jp】

http://hon.jp/news/1.0/0/5497/

4 :名無しさん名無しさん:2014/05/21(水) 04:15:19.47
これまでのまとめ

・無名の個人作家たちがAmazonの電子書籍コーナーを実質掌握している
・新人が作家デビューした場合、大手出版社経由であろうが個人出版であろうが
 日々のランキング変動幅は変わらない
・個人出版ルートのほうが27%程度収益効率が高い選択になる

以上は電子化が進んだ海外の小説分野での現象
しかし漫画でも個人作品がトップに立ったケースはある
つまり漫画でもこの先小説と同様の傾向になる可能性が高い

アンチは「音楽と出版は違う」から鞍替えして
「小説と漫画は違う」と主張し始めたがこれがアンチ最後の砦
ここが崩れるとすべてが大崩壊する

電子化で売れば個人作品だろうと商業作品だろうとランキング位置に影響はなく
すべては作品の面白さ(もちろん個人の場合SNS等を使った宣伝は必須)で決まる
紙の単行本は依然として現在も大きな市場であるが電子書籍で人気を出した後に
紙の単行本化を行っても遅くはなく、その場合は出版社に出版権だけを貸与だけにとどめる

日本において電子書籍市場が拡大してしまえば個人出版への道は大きく拓け
電子書籍でのランキングは個人作品が掌握し、利益率は個人出版のほうが高く
さらに映像化における契約条件やグッズ化における契約条件も出版社経由を
大きく上回ることが出来る

5 :名無しさん名無しさん:2014/05/21(水) 04:25:42.27
紙の雑誌には物理的な限界もある
枠は限られておりさらに時間もかかる

何万人と存在する漫画家志望者達はおそらく今後は思い立った時に即連載開始を願うだろう
もちろん漫画の質は当然上げる必要はある(低レベルで開始しても意味はない
何万人と存在する漫画家志望者達の中には売れる漫画がいくつか含まれているはずだ
新しいコンテンツに飢えた出版社もそうした漫画を欲しているはずだが
その売れるコンテンツが出版社経由ではなく個人出版経由を選んだならば
個人出版経由でのヒットが次々に生まれてくることになる

一度ダムに穴が開くともう崩壊は止まらない
我も我もと個人出版ブームに火が付くことだろう
もちろん個人出版に近い形でインフラを提供する準出版社的な企業も出てくるはずだ

書店においては棚の存在感は圧倒的だがネット空間になれば
出版社のサイトとてそれほどまでの存在感はない
むしろ2ちゃんねるのほうが存在感があるレベル
電子書籍市場が存在感を示す時こそ出版社からインフラが切り離される瞬間だ
出版社も個人出版と同列のプレイヤーになる

作品力がすべての時代になるわけだ

6 :名無しさん名無しさん:2014/05/21(水) 05:15:09.00
一つの節目は今の雑誌の看板作品の終了とそれに伴う引継ぎ作品とのバトンタッチ時
一部の看板に極度に依存する雑誌が多いがその看板が終了すると部数は一気に削られる
その時までに次の看板作品が育っているかどうか

育っていれば崩壊はしばらく避けられる
しかし育っていなければいよいよ部数大崩壊となり業界の多くは迷走し始める
巨額の赤字転落も雑誌によっては避けられないだろう

そしてその頃には電子書籍市場の存在感は現在と比較にならないほど成長しているだろう
このタイミングで次の大ヒットが個人出版作品から発生することになれば
これ以上のタイミングはない

アンチはそのようなことはありえない、絶対に起こりえない、と主張するだろうが
これまでにそのありえない事は何度も起こってきた
絶対に起こるはずのないことが何度も起こってきた

答えは未来が教えてくれるのだろう

7 :名無しさん名無しさん:2014/05/22(木) 15:54:27.60
Deloitte英国法人が調査レポート「英国人の過半数は、電子書籍のほうをより多く購入する」

今年になって初めて、被験者の51%が紙書籍よりも電子書籍を多く購入していることが判明。
書籍全般についても、39%がAmazonで検索し、22%が書店に足を運ぶという。

http://hon.jp/news/1.0/0/5499/

8 :名無しさん名無しさん:2014/05/22(木) 15:55:29.93
米出版業界を震撼させた個人作家向け市場調査サイト「Author Earnings」、レポート第四弾を公開

【編集部記事】年初から現地出版関係者を震撼させている
米国の個人作家向け電子書籍市場調査サイト「Author Earnings」が、
調査レポート第四弾を公開した。

 同サイトは、個人作家Hugh Howey氏がAmazon.com用Webクローラーを自作して
Kindle個人作品市場の成長度合いを調査・分析しているもので、
レポート第一弾では無名の個人作家たちがAmazonの電子書籍コーナーを実質掌握していることを明らかにし、
関係者に大きな衝撃を与えた。

 今回のレポート第四弾では過去のレポートを数字を上下を比較。
それによると、新人が作家デビューした場合、大手出版社経由であろうが個人出版であろうが
日々のランキング変動幅は変わらず、
結果として個人出版ルートのほうが27%程度収益効率が高い選択になるという。【hon.jp】

http://hon.jp/news/1.0/0/5497/

9 :名無しさん名無しさん:2014/05/22(木) 16:01:30.14
・今年になって英国では電子書籍のほうをより多く購入するようになった
・米国では無名の個人作家たちがAmazonの電子書籍コーナーを実質掌握している
・新人が作家デビューした場合、大手出版社経由であろうが個人出版であろうが
 日々のランキング変動幅は変わらない
・個人出版ルートのほうが27%程度収益効率が高い選択になる


米国と英国は電子書籍における変化が早い国だが
多くの先進国はやがて似たような状況になると言われている
日本でもやがてこのような市場が形成される可能性は高い

紙市場はやがてマイナー市場に転落し電子書籍が主戦場となるのだろう
もちろん紙がメジャー市場である期間でも後から紙で出版すれば問題ない
将来日本でも電子書籍個人出版が活発化するのはほぼ間違いないように思う

10 :名無しさん名無しさん:2014/05/22(木) 21:55:27.58
これまでのまとめ

市場がゼロだったのから「場」が生まれるのだから「将来日本でも電子書籍個人出版が活発化するのはほぼ間違いない」
のように思うだけ。 

デビューするに至らないど素人が自己申告で「漫画家ごっこ」が簡単に出来る時代が来る


でもそれだけ

「発表できる」と「発表し続ける」がまず雲泥の差。
さらに「発表する」と「それらをいちいちチェックして買うか」にはドカンと距離がある。

個人作家の漫画文化そのものが無いといってもいい英国や米国の「前例」は全く当てにならない。
なぜならそこでの「個人作家のオリジナルジャパニーズコミックが大ヒット」の例は皆無。

取り分が高かろうが、将来的な作品の権利も含めグレーやブラックゾーンが多いのが電子書籍。

それを甘く見ると手痛いしっぺ返しが待っているので、プロの漫画家たちは個人配信には懐疑的。
電子出版出すとしても、プロテクトがしっかりしてる出版社から出す。特に新作は。
これが現状。

11 :名無しさん名無しさん:2014/05/22(木) 22:02:42.02
「キンドルがやって来れば個人配信を待ち望んでいた志望者たちがどっと乗り出す
その中には未来の天才がきっといる!!!!」

なんて言ってたのだが、黒船キンドルがやってきて1年半もたつのに
一向にそのような動きも成功例も生まれない。



相変わらずキンドルで買われるのは、既存出版社が出している人気作品ばかり。
本気で漫画家を目指す志望者は、黒船は無視して出版を目指す。

これが現状。

12 :名無しさん名無しさん:2014/05/22(木) 22:08:17.90
これだけの事実が目の前にあるのに、あいかわらず「2ちゃんでのみ」
妄言を吐く自称スレ主は「出版に届かなかった落ちこぼれ」


そこからくるコンプレックスで「出版に未来は無い 個人出版こそ未来の主戦場」
とのたまっても「じゃああんたが乗り出せば?」には応えられない。

「受ける腐女子漫画の書き方を俺に教えろ」なんて恥さらしなことを平気で言える無能さ。
こんな落ちこぼれの無能が推奨するのが「個人出版」

これが自称スレ主の現状。

13 :名無しさん名無しさん:2014/05/22(木) 23:36:06.11
だれかの成功例がないと不安でしょうがないから他人煽るんだな

でも漫画って誰かが成功したからって自分が上手くなるわけでも成功率が上がるわけでも無いよなー

14 :名無しさん名無しさん:2014/05/22(木) 23:46:22.36
ほんの数年すら待てないアンチw
焦ってるなw海外の電子書籍市場の拡大にwwww

15 :名無しさん名無しさん:2014/05/23(金) 00:06:39.67
焦ってなきゃいかんのは漫画家になろううとする奴らの方だろ
お前みたいに落ちこぼれた無能は何年でも待てる(何もしない)がなwww

創作活動で食おうってやつが、そんなにのんべんだらりで送り出すスキルが育つか馬鹿

16 :名無しさん名無しさん:2014/05/23(金) 00:17:17.03
海外の事例で判明していることは個人でも電子書籍を用いることで
ランキング上位に食い込むことが可能だと言うことだ
出版社のブランド力、宣伝力に十分に対坑することが可能
英国では電子書籍が完全に紙書籍を上回りつつある

つまり作品を仕上げる以外の部分については既に外堀が埋められている状況だ
あとは日本の漫画家志望者の厚い層の動き次第だろう

20年後30年後⇒数年後に端末発売
音楽と出版は違う⇒小説は既に出版社が苦戦になりつつある
小説と漫画は違う ←今ココ

最後の内堀を埋めるだけ

17 :名無しさん名無しさん:2014/05/23(金) 00:46:55.24
ゲームと出版は違う⇒同じだったw
テレビと出版は違う⇒同じだったw
音楽と出版は違う ⇒同じだったw

小説と漫画は違う ⇒最後の審判



証明論から言っても
まだこれからの分野の出来事において完全否定できるものではない
むしろ海外の事例を考えると成立する可能性が圧倒的に高い

最後の内堀が埋められるかどうか待つべきだろう
埋められたらアンチも一緒に逝ってまえw
完全論破完了だからなw
議論のすべてが終了するw
論破され厨としてアンチは永遠にミジメな存在にwwwww

18 :名無しさん名無しさん:2014/05/23(金) 16:16:18.44
はいはい 自分が全部正しくて周りは全部アンチでよかったね

で?
その正しさに賛同してくれる人間は見つかったかい?

19 :名無しさん名無しさん:2014/05/23(金) 16:24:02.79
別に個人出版が鳴かず飛ばずで終わっても君を責めたりはしないよ

だって当たり前のことだからね
そこで勝ち誇って「論破終了〜〜〜〜」なんてくだらない

周りはね 君のアンチじゃないの
君が馬鹿で、からかって面白いから遊んでるの

こんな能無しが偉そうな顔して勝ち誇ってんのがギャグなの


本当に勝ち誇っていいのは、どんな時代でも実際に作品を描き 送り出し
それで実績を残した人間だけなの


君の勝利宣言っていうのは 誰も認めてくれない虚しい一人芝居なの

2ちゃんがなかったら君の存在なんてゴミみたいなもんでしょ?

20 :名無しさん名無しさん:2014/05/24(土) 01:18:24.77
電子書籍って「俺は漫画家あきらめた」ってスレに行きゃいいんじゃないの
そういうの一杯あるでしょ2ちゃんには

自分が通用しない、挑戦もしないのに他人煽るだけなんてギャグにもならんし

21 :名無しさん名無しさん:2014/05/24(土) 10:55:29.50
つーかここのスレタイを
「電子書籍はなぜ自費出版で単行本を出さないのか?」にすれば答えは明白なんだけどなwww

理屈と分析とコピペを100万回やっても漫画家としては1円も稼げない

22 :名無しさん名無しさん:2014/05/24(土) 20:30:15.56
統計的に考えられない奴はほんとうに頭悪いよなw
漫画家志望者達は何万人といるわけだ
そして今までの商業経由のヒットもその漫画家志望者達の中から生まれた
漫画家志望者達が個人出版を選択すればその中からヒットが生まれるのは確実だ
電子化が進めば出版社の宣伝力やブランド力は低下していく

アンチの飼い主である出版社にとっては避けたいんだろうが
しかし電子化は世界の流れ

TPPは避けられてもコンテンツの電子化を避けることは出来ない

23 :名無しさん名無しさん:2014/05/24(土) 20:34:45.18
出版とゲームもテレビも音楽も、全部状況違うと思うが。

ゲーム、ソーシャル系フリーミアム拡大、でも運営開発共に企業で、
個人クリエーターの居所は既に事実上無いも同然。
ソーシャルで個人クリエーターが稼げたのは初期のみ。

音楽、itunesなどの有料配信が既に欧米でも減少、
定額制のspotifyなどがシェア拡大。

テレビ、特に変化無し。

電子書籍馬鹿、海外の情報疎いんじゃね?

24 :名無しさん名無しさん:2014/05/24(土) 20:38:46.27
電子書籍馬鹿の言ってる事って、
楽天に騙される生産者レベルの認識じゃね。

25 :名無しさん名無しさん:2014/05/24(土) 20:55:17.36
ゲームはオンライン化で据え置き(囲い込み)企業が苦戦
音楽の有料配が常に右肩上がりでなければ否定するのか?
テレビはテレビ離れが加速しつつあり、超高速通信時代とネット化で崩壊する可能性大

フリーミアムはやがてすべてそこに辿り着く
これには個人も商業もない
その前にひと稼ぎできるかどうか

26 :名無しさん名無しさん:2014/05/25(日) 09:45:58.71
スガシカオ「DL販売だと利益無しで制作費赤字。CDで買ってください。業界が抱える問題」2
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1400952704/

27 :名無しさん名無しさん:2014/05/25(日) 10:54:31.76
だからねー
ネット時代の若い奴は「出来るだけタダがいい」が基本なんだよ

漫画もね  金出していいと思うものにだけ金払う
なんで面白くもない素人の個人配信に金はらわなきゃなんねーの?だよ

もうエロパロなんてどこでも無料でばらまかれてる
それと同じ運命だよ


参加する奴がいくら多くても、食える人間なんてごくごくわずか
「描くことは描いた  配信はした」ってだけのアマチュアが増えるだけ

28 :名無しさん名無しさん:2014/05/25(日) 11:00:04.72
だから「電子化すれば俺の漫画を世界中の人間が読んでくれる 買ってくれる」なんて夢のまた夢

誰でもYouTubeに「俺の歌を聴けー」って配信できるけど
それが有料になったら誰が買うかwww

29 :名無しさん名無しさん:2014/05/25(日) 16:43:09.20
>>27>>28

>>3を一万回読めw

・今年になって英国では電子書籍のほうをより多く購入するようになった
・米国では無名の個人作家たちがAmazonの電子書籍コーナーを実質掌握している
・新人が作家デビューした場合、大手出版社経由であろうが個人出版であろうが
 日々のランキング変動幅は変わらない
・個人出版ルートのほうが27%程度収益効率が高い選択になる

30 :名無しさん名無しさん:2014/05/25(日) 22:39:38.07
>>3のどこにも「オリジナルのジャパニーズコミックが大ヒット」が見当たりません

「米国の個人作家」とは「米国の個人小説家」のことです。
ここは漫画業界版ですので「漫画のみのデータ」を持ってきなさい。

こういうデータは、小説家板へ。

以後、漫画に触れないデータを貼るたびにコピペしてあげますよ。

31 :名無しさん名無しさん:2014/05/25(日) 22:45:21.62
電子書籍はアメリカの小説家データしか持ってこれない時点で日本じゃ全然火がつきませんって白旗上げてるんだがwww
アメリカの5年後が日本なら今のタイミングでアメリカの個人漫画家が多数大成功でなきゃwww

32 :名無しさん名無しさん:2014/05/25(日) 23:03:52.70
>>31
米国では漫画文化がないと発言したのはアンチだったが
では漫画文化が根付いている日本で可能となるのでは?

33 :名無しさん名無しさん:2014/05/25(日) 23:20:15.10
>>30
米国でも日本でも漫画で個人作品がトップになったケースはあるだろ
個人でもランキング一位になれることはすでに証明されている
ソースは前スレにあるから調べろ

あとは大ヒットが出るのを待つばかり
焦るな、焦るな、しばらく待ってろ
出たらアンチは責任とって自発的に行けよw

34 :名無しさん名無しさん:2014/05/25(日) 23:58:10.99
最近アンチは仕事しないな
金貰って工作してるくせにふざけたアンチだ
やはり飼い主の出版社が赤字にでも転落して経費節約になったのか?

35 :名無しさん名無しさん:2014/05/26(月) 01:14:58.46
あのね
君はここで書き込むのが唯一の仕事だろうけどね
みなさん普通にちゃんと社会人してるのよ
かまってくれないからってワガママ言うんじゃありません

あ、それと>>32の発言は今までの君の主張と矛盾してるってことに気づかないほどの馬鹿?
苦し紛れに吐いた一言が自分の頭の悪さ 露呈しちゃってるよ

36 :名無しさん名無しさん:2014/05/26(月) 01:29:10.72
質問でーす

「米国で個人作品がトップになったケース」ってのはなんで日本では読めないんですか?
それ読みました面白かったよって声は、ネット上で皆無なんですけど?

小説の方が数的に多いにせよ「アメリカで個人作品で大ヒットしたのはこれ!」って
日本で翻訳されて売られないのはなぜですか?

そういうのが日本でベストセラーになった!なんて聞いたことありませんが?  

37 :名無しさん名無しさん:2014/05/26(月) 05:08:54.75
>>36
現時点で証明されていることは個人作品でもトップに立ったという事実
これは日米ともに発生している
個人発の大ヒット漫画はこれからそのうち出てくるだろう
商業誌でも最近はヒットがほとんどでない
たった数年も待てないようでは恥ずかしいぞ

これから登場する、もしくは、生まれてくる天才志望者達に期待だ

38 :名無しさん名無しさん:2014/05/26(月) 09:06:19.72
個人作品でもトップに立ったという事実
個人作品でもトップに立ったという事実
個人作品でもトップに立ったという事実


といいながら、何一つその具体的な作品がここで紹介されない方が よっぽど恥ずかしいんですけど?
何も証明されてませんよーーーーーーーーー
馬鹿はこんなこともわかりませんかーーーーーーーーーー

商業誌でも最近はヒットがほとんどでない?何を持ってそう言ってんの?
あんた書店に行ったことあんの?

あ、書店すらないど田舎に住んでんのかwww  
天才っていうのは「誰かが大ヒット飛ばしてくれるまで何も発表せずに数年待ってる人」なのかwwwww

待ってりゃ上手くなんのか?
なんねーよなあ

2ちゃんの書き込みしか出来なくるんじゃないの? 「自称天才くん」はwww

39 :名無しさん名無しさん:2014/05/26(月) 15:11:06.59
どっかの他人が大ヒットしてるんだってよ
じゃあ俺のも大ヒットするかもな

こういう考えでやっていけるほど漫画家は甘くない

現状、商業誌でも同人誌でも人気の出ないものが個人配信したとこで結果は同じ

40 :名無しさん名無しさん:2014/05/27(火) 00:30:00.06
【漫画家志望者達】

●●●●●●●●●●●●●●●   ●=雑魚志望者
●●●○●●●●●●●●●●●   ○=稀有な天才志望者
●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●○●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●
●●●●●●●●●●●●●●●


大量の個人作品が生まれたらどれか当たるだろw
どれが当たるか、それは誰もわからない
しかし当たるものは当たる

41 :名無しさん名無しさん:2014/05/27(火) 01:20:41.91
アンチが敗北を予感して逃走体制に入っている模様w

42 :名無しさん名無しさん:2014/05/27(火) 01:29:02.65
ASCII.jp:アマゾンで年間利益1000万円の衝撃――鈴木みそさんの場合 (1/3)|まつもとあつしの「メディア維新を行く」
http://ascii.jp/elem/000/000/893/893630/
ASCII.jp:作家は1000人の村を育てる術を考えるべき――鈴木みそ氏 (1/3)|まつもとあつしの「メディア維新を行く」
http://ascii.jp/elem/000/000/893/893794/

43 :名無しさん名無しさん:2014/05/27(火) 01:33:05.93
ASCII.jp:同人小説で食べていく――野田文七さんの場合 (1/4)|まつもとあつしの「メディア維新を行く」
http://ascii.jp/elem/000/000/885/885725/

44 :名無しさん名無しさん:2014/05/27(火) 03:51:50.73
雑誌がどんどん売れなくなってきていて、Webへの過渡期だと言われています。

さそう:そうですね、今はもう雑誌がどんどん売れなくなってきていて、Webへの過渡期だと言われています。
今の学生は大変です。みんな漫画家になりたいんですけど、雑誌が売れなくなってきているので、
雑誌のほうでもなかなか新人を載せてくれなくなってきているんです。
これからはもうKindleやiPadみたいな電子書籍になっていくだろうと予想されてはいるのですが、
どういう形で配信していくのか、どういう版型でやるのか、などすべてにおいて未知数なんです。

さそう:今は単行本の場合、印税10%なんですけど、作家が自分で直接webに配信するようになると、
その取り分もこれからどんどん上がっていって、逆に今まで流通の過程で利益を取っていたところが、
もう取れなくなっていってしまうという、それはもう確実にそういうふうになるような気がしますよね。

さそう:出版社はいらないっていう感じになっていくだろうと言われていて、僕みたいにおまかせ、
なんてしていると10%ぐらいしか取り分はないんですけど。
漫画家の中でも敏感な人は「本当は100%近く取れるはずだ」と考えていて、世界中の人を相手にして、
自分の漫画を買ってくれる人や会社と個別に契約していくみたいなことをしようと考えている人もいます。
出版社にしてみれば、そういう動きが怖いでしょうね。

http://www.sanno.ac.jp/univ/ic/dclab/research/interview/interview_008.html

45 :名無しさん名無しさん:2014/05/27(火) 03:59:26.95
漫画家の中にも準備してる奴はいるんだなw
市場の拡大とともにそうした漫画家達も出てくるのだろう

業界の本音としてはWEBへの移行期であるのはわかっているが
なるべく遅らせたい、といったところか

無差別級の世界になると出版社作品は劣勢になると
米国電子書籍市場で結果が出てるからなーw
流通を支配する前提があってこその勝利だっただけにすぎないわけだ

46 :名無しさん名無しさん:2014/05/27(火) 04:45:03.65
あいかわらず自分じゃ漫画で1円も稼げない奴が業界語ってる(だけ)ですねwww

47 :名無しさん名無しさん:2014/05/27(火) 04:55:46.55
>>44
4年も前の記事持ってきて、そんで4年でなにか大きく変わりましたかね?
その間にキンドルもやって来ましたが

「こういうこと考えてる人もいます」程度じゃダメなんだよ  そんなのはいつの時代もある

現在売れっ子の作家10人が、明日からその活躍の場を個人配信のみにした!位のインパクトがないと
それで確実に出版よりも実績が出ないと

「売れないマンガ家がこうやってなんとか生き延びてる」程度じゃね

48 :名無しさん名無しさん:2014/05/27(火) 05:50:07.68
尾田クラスが突如電子専売へ移行くらいのインパクトでもないと無理やろな

49 :名無しさん名無しさん:2014/05/27(火) 16:05:41.78
このまま進めば紙市場大崩壊のディープインパクトが発生するがなw
部数減に歯止めがかからない状況

50 :名無しさん名無しさん:2014/05/27(火) 17:27:31.10
個人作家向け市場調査サイトAuthor Earnings「大手出版社と契約しても、執筆で生計を立てている人は少ない」

【編集部記事】年初から現地出版関係者を震撼させている米国の個人作家向け電子書籍市場調査サイト
「Author Earnings」が、調査レポート第五弾を公開した。

 同サイトは、個人作家Hugh Howey氏がAmazon.com用Webクローラーを自作してKindle個人作品市場の
成長度合いを調査・分析しているもので、レポート第一弾では無名の個人作家たちが
Amazonの電子書籍コーナーを実質掌握していることを明らかにし、関係者に大きな衝撃を与えた。

 今回のレポートではそれぞれの収益源となっている作家クラスターを分析。

それによると、大手出版社は5年以上前から契約関係にある有名作家からの収益にたよっており、
それ以降に登場した個人出版ルートの新人作家たちに圧されているという。

さらに、世間のイメージとは大きく異なり、大手出版社と契約した作家で、
執筆のみで生活できる人が激減したとの推計もはじき出している。【hon.jp】

http://hon.jp/news/1.0/0/5517/

51 :名無しさん名無しさん:2014/05/27(火) 17:31:02.61
>無名の個人作家たちがAmazonの電子書籍コーナーを実質掌握
>大手出版社は5年以上前から契約関係にある有名作家からの収益にたよっており、
>それ以降に登場した個人出版ルートの新人作家たちに圧されている
>大手出版社と契約した作家で、執筆のみで生活できる人が激減

一度流通が変わると出版社は新しい手駒が手に入らず
既存の人気作家だけに頼るようになるということか?

いったい日本はどうなってしまうのか・・・

52 :名無しさん名無しさん:2014/05/27(火) 20:42:57.57
てか、日本の最大の自費出版市場は、年に2回、盆暮れの薄い本即売会だろ。

53 :名無しさん名無しさん:2014/05/28(水) 01:36:47.97
あいつらも売れてる奴は同人の方が遥かに儲かるが
世間への名刺代わりに商業でも仕事うけてる
(負担の大きい漫画は限られるがラノベの挿絵とかカードゲームのイラストとか)
プロと言う看板がある方がド素人の描いた同人より売れるからな
知名度は大事よ
10億の出版社軽視の視点で欠けてるのはそこ
人前での発表が容易になってもゴミの山の中から客は一つ一つ宝を探したりしない

54 :名無しさん名無しさん:2014/05/28(水) 07:49:40.05
その知名度とやらも出版社の存在感がある間だけだろ
米国では既に個人出版作品が出版社作品を圧倒し始めた
一定期間を過ぎると立場が逆転するわけだ

知名度は確かに重要で日本は電子化への過渡期にあり
その過渡期においては出版社経由で知名度を上げる方法も有効だろう
しかしそれはあと数年内限定であり今すぐ連載開始するのでなければそれほどの意味はない

55 :名無しさん名無しさん:2014/05/28(水) 07:53:26.41
>人前での発表が容易になってもゴミの山の中から客は一つ一つ宝を探したりしない

米国ではゴミの山の中から宝の個人出版作品が発見され
ランキングにおいて商業作品を圧倒しているわけだがw

馬鹿アンチは今の米国の状況を5年前10年前15年前に予測できたのか?
出来なかっただろ?まさか、だっただろ?
それはつまり曇ったメガネで世界を見ている証拠だ
もっと謙虚に考える習慣をつけろ

56 :名無しさん名無しさん:2014/05/28(水) 08:19:48.70
>>50
>無名の個人作家たちがAmazonの電子書籍コーナーを実質掌握
>大手出版社は5年以上前から契約関係にある有名作家からの収益にたよっており、
>それ以降に登場した個人出版ルートの新人作家たちに圧されている
>大手出版社と契約した作家で、執筆のみで生活できる人が激減

これがすべての答えなんだろうな

日本は再販制度により本を金融化しそして自転車操業状態
もしこの状況で電子書籍が浸透し個人作品が圧倒的上位に君臨し始めると
非常に面白い現象が起こるだろう

論より証拠
実際に米国や英国で起こっている現象を受け入れるべきだろう
固定観念や常識に刷り合わせるのではなく現実に刷り合わせるべきなのだ

過渡期における多少の揺らぎを語っても意味はない
電子化が完全に浸透した場合の衝撃がどの程度なのかを想像するべきだろう

57 :名無しさん名無しさん:2014/05/28(水) 22:00:43.42
     ∩___∩     /゙ミヽ、,,___,,/゙ヽ
     | 丿     ヽ    i ノ       `ヽ'
    /  ○   ○ |    / `(○)  (○)´i、  先生助けてっ!、
    | U  ( _●_)  ミ  彡,U ミ(__,▼_)彡ミ   馬鹿アンチが息をしてないのっっ!!
   彡、    |∪| ,,/   ,へ、,   |∪|  /゙
   /  ヽ  ヽノ  ヾ_,,..,,,,_ /  '  ヽノ `/´ ヽ
   |      ヽ  ./ ,' 3  `ヽーっ   /    |
   │   ヾ    ヾl   ⊃ ⌒_つ ソ      │
   │    \__`'ー-⊃⊂'''''"__,,,ノ   |
               ` ̄´  ` ̄´

58 :名無しさん名無しさん:2014/05/28(水) 22:01:37.21
     ∩___∩            /゙ミヽ、,,___,,/゙ヽ
     | 丿     ヽ           i ノ       `ヽ'
    /  ○   ○ |           / `(○)  (○)´i、
    | U  ( _●_)  ミ         彡,U ミ(__,▼_)彡ミ
   彡、    |∪| ,,/          ,へ、,   |∪|  /゙
   /  ヽ  ヽノ  ヾ_,,..,,,,_         / '  ヽノ `/´ ヽ
   |      ヽ  ./ ,' 3 /;|      /`ヽーっ    /   |
   │   ヾ   ヾl  ⊃|;';;|      |  ⌒_つ ソ    │
   │    \__`'ー-⊃ノ       ヽ⊂'''''"__,,,ノ   |
              ` ̄´           ` ̄´

59 :名無しさん名無しさん:2014/05/28(水) 22:04:03.39
以前のアンチのあの自信たっぷりの否定書き込みがめっきり減ったなw
米国や英国の歴然とした結果に首が回らなくなったんだろうw

日本は雑誌部数や単行本部数がまた目に見えて下がり始めた
電子出版がやがて主戦場になる
そこで海外先進国の動きが日本でも生まれることだろう

そうなったらアンチは一体どう責任を取るつもりなのか聞いておきたいものだw

60 :名無しさん名無しさん:2014/05/29(木) 00:02:12.44
そりゃまぁ、お前と違って志望者は作品制作と売り込みにがんばってますから。
出版社相手だろうが自主だろうが。

61 :名無しさん名無しさん:2014/05/29(木) 05:01:34.33
どうなろうと10億には一円も入って来ない

62 :名無しさん名無しさん:2014/05/29(木) 08:40:07.85
パブーしか知らないんだけど
ペイパルとかキンドルって誰でもすぐに利用できますか?
売ろうと思ったらすぐ売れますか?

>>40
雑魚には不運も入れてください

63 :名無しさん名無しさん:2014/05/29(木) 18:49:46.51
ヤマダ電機wwwww

64 :名無しさん名無しさん:2014/05/29(木) 20:08:50.33
iTunes、GooglePlay、amazon以外で電子書籍を買うのは自殺行為に等しい

65 :名無しさん名無しさん:2014/05/29(木) 20:17:25.22
ヤマダの様な不誠実なことやられると
電子書籍なんて奇特なものに金を払うやつが更に減少するな
これは一企業の問題じゃなくどこの会社でも起こり得ることだ
電子書籍は本を買ってるんじゃなく有料で閲覧権を買ってるだけだから
サービス提供期間未定のレンタル本と言う認識してない客は騙されたと思う

66 :名無しさん名無しさん:2014/05/29(木) 20:20:33.94
コレクターアイテムとしての価値はないわな

67 :名無しさん名無しさん:2014/05/29(木) 20:29:11.32
だけど、電子書籍化の流れは止められないよ
残念だったね

68 :名無しさん名無しさん:2014/05/30(金) 14:11:11.35
いや、電子書籍にもピンからキリがあるわけでな

全て等しく売れるはずないでしょ  当たり前だが面白いと評判のものが売れる
あと、定番がしっかり売れる

この「面白い」と「定番」ってのが素人の個人配信で可能か?ってことだよ
一回や二回面白くったってダメでな
定期的に送り続けることができないと

電子であれば花が咲くってわけじゃないんだ  残念だったね

69 :名無しさん名無しさん:2014/05/30(金) 14:17:43.38
>>米国や英国の歴然とした結果

ああ、ジャパニーズスタイルの漫画がいつまでたっても根付かないってことか
10年前も5年前も現在もずっとそうだな

嘘だというのなら日本人誰もが知っている英国や米国の「ジャパニーズスタイルのコミック作家とその作品」
をあげてみろ。 最低10人な。


流れがどうのこうの言う前に、実例を書け
データ揃えるのは得意なんだろ?  その画像も添付な。

70 :名無しさん名無しさん:2014/05/30(金) 14:36:00.07
何よりも「僕は個人配信でこんなに売れました 受けました」ってのが
全然聞こえてこないじゃん
出版不況がどうのこうの言う前に

売る場は既にある ただそこで売ればいいだけだ
しばらく待つ必要なんか全く無い

で、そういうのが聞こえてこないってのは「そこで売る気がない」と取られて当然だろ?
出版がつぶれるまで待つ必要がどこにあるんだよ
自分の作品に自信があるのなら今すぐ売ればいいだろうに


ここがスッポリ抜け落ちてんだよな 10億の脳みそは

71 :名無しさん名無しさん:2014/05/30(金) 19:14:06.66
10億の脳みそは 「おれを認めなかった出版社がひどい目にあえばいい」で埋め尽くされてるからな
これからの志望者なんてどーでもいいんだよ ただの隠れ蓑だ
腐った脳みそには腐った考えしかわいて来ない

誰ひとり賛同者が現れないのは腐った臭いが漂ってるからだ

72 :名無しさん名無しさん:2014/05/30(金) 19:22:12.27
>>日本人誰もが知っている英国や米国の「ジャパニーズスタイルのコミック作家とその作品」
をあげてみろ。 最低10人な。


流れがどうのこうの言う前に、実例を書け
データ揃えるのは得意なんだろ?  その画像も添付な。

↑10億くんはさっさとこの問いに答えるように「4年待て」は認めませんよ

73 :名無しさん名無しさん:2014/05/30(金) 22:59:30.19
凄まじい勢いで出版社の価値が無くなってきている


首吊る準備しとけやカス共

74 :名無しさん名無しさん:2014/05/30(金) 23:08:57.26
電子書籍、個人出版の普及の話から


日本の漫画家の話にすり替える意味不明さ


まあキチガイだから仕方ないか

75 :名無しさん名無しさん:2014/05/30(金) 23:41:44.63
おいおい意味不明じゃないだろ?
日本の漫画家の未来についてのことだろうが、この議論そのものが。
これがどんなだけ重要なことかわかってないのか?

自分で「海外では成功例がこんなに!!!」って言っておいて
じゃあ漫画の(ここが超重要)成功例出せって言ったらキチガイ扱いか?


これがすり替えなら、今までのお前の海外データとやらが全部捏造ってことだぞ?

まあ思った通りのレスで笑ったけどな。
都合の悪いことは全部言い訳で逃げ回る。

お前の人生そのものの中身のない 糞のようなレスだったwww

76 :名無しさん名無しさん:2014/05/30(金) 23:43:49.75
>>日本人誰もが知っている英国や米国の「ジャパニーズスタイルのコミック作家とその作品」
をあげてみろ。 最低10人な。

流れがどうのこうの言う前に、実例を書け
データ揃えるのは得意なんだろ?  その画像も添付な。

↑10億くんはさっさとこの問いに答えるように「4年待て」は認めませんよ


しばらくこれ何度もコピペしてやるよ
あの手この手で逃げ回る無様さを晒してくれwww

77 :名無しさん名無しさん:2014/05/30(金) 23:52:52.04
凄まじい勢いで10億の価値が無くなってきている


首吊る準備しとけや10億

78 :名無しさん名無しさん:2014/05/30(金) 23:54:24.80
もともと10億の価値なんて,なーーーーーーーーーんにも無かったがなwwww



79 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 03:54:40.62
海外の電子書籍販売において判明していることは

・個人でも出版社の宣伝力に対抗できる
・多くのテーマで個人出版作品が出版社作品に対して優勢になる

あとは漫画文化がある日本で漫画でも同じことを実現するだけ
そして漫画でも短期間ではあるが個人作品がトップになった事例が存在する

待てない奴はミジメ
じっくり待て

80 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 03:58:51.70
【国内】ヤマダ電機の電子書店が7月31日で閉鎖 購入書籍は閲覧不能、ポイントも返金せず
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1401347623/


このようなケースがあるのも普及の妨害だな
期間レンタルにするなw

81 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 10:10:29.83
>>日本人誰もが知っている英国や米国の「ジャパニーズスタイルのコミック作家とその作品」
をあげてみろ。 最低10人な。

流れがどうのこうの言う前に、実例を書け
データ揃えるのは得意なんだろ?  その画像も添付な。

↑10億くんはさっさとこの問いに答えるように「4年待て」は認めませんよ

82 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 10:14:05.06
誰かがヒット作を飛ばしてくれたら、自分もその恩恵でヒットにつながるとでも?
馬鹿の極みだなwww


待ったって待ったって、クソみたいな才能はクソのまんまだよ
君がそうでしょ?
2ちゃんで書き込みしてる間に上手くなったか?

待てない奴がミジメ?
待ってる奴が100万倍ミジメだろうがwwww

83 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 10:21:02.90
>>79
腐った脳みそに一応レスしてやんよ

だからそれの中に「ジャパニーズスタイルの漫画があるかどうか答えろ」ってんだ。
アホの一つ覚えみたいに小説家のビギナーズラックにすがってんじゃねえ

「日本でも短期間だが」だってwwww

それのどこが天才くんだ? その作品名も書けないのか?
まあ腐った脳みそは都合の悪いこと全部スルーで「じっくり待て」しか言えんのだろうなwww

84 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 10:54:37.57
自我拡大
他者の成功を自分の事のように思い込むこと

10億よ、君は出版界という敵を作り出しそれを打倒してくれるような存在に自分を投影する事で満たされない気持ちを緩和しているんだ

個人の成功=君の成功ではないし、出版界の敗北=君の勝利でもない
君はおそらく元漫画家志望者の無職なのだろう?君がネットで自己主張しようと何も変わりはしない。君の生活は君自身が何とかするしかないんだ

85 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 12:08:22.47
アンチは雇われて書き込んでいるわけだが
安心しろ
書き込み理由の一つはまさにお前らそのものだw

端末発売は20年後30年後!
音楽と小説は違う!

そう主張していた馬鹿どもは失踪したw
そういった奴等を後から嘲笑するのが面白いw
過去レスは残るからなw20年後30年後発言など場外ホームラン級の馬鹿レベルw

出版社だとか日々の生活だとか色々アンチは言っているが
本来あるべき出版の姿を論じているだけだ
そしてそれに反対する者達のレスをこうして現存保存させることで
数年後にそいつらの過ちが証明されるw
これは知的予想ゲームだ

20年後30年後と叫んでいた奴はいまどうなった?
顔を真っ赤にして穴に頭から潜って出てこないだろw
これは傑作だwそして今まさにその類の連中が量産されようとしているw

小説と漫画は違う! ←今ココ、最終砦

これが崩れたら完全崩壊決定w

86 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 12:57:02.58
10億よ、お前の故郷の電子書籍板たまには見てきた方がいいぞwww
むしろあっちの方が現状に悲観的でお前にとっちゃ辛い現実だろうけどwwwwww

87 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 14:04:31.57
10億、俺はお前の敵ではない
>>84をよく読み心理学について勉強してみよう
「自我拡大」と「外集団均質性バイアス」を学ぼう

88 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 15:47:03.41
知的予想ゲームっていうのは、出版で通用しなかったから2ちゃんという外野で
自分の無能ぶりは棚に上げて未来予想する(だけ)って事ですね!

そりゃ気楽でいいやあwww
「知的」には程遠いけどさ
  
言い訳と誤魔化しばかりで自分に都合の悪いことは完全スルーなら
誰でも「自称完全勝者」になれるね!

89 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 15:50:57.21
キンドルという黒船も1年半前にやってきて、個人配信できるとこはいっぱいある。

なのにそこからヒット作も話題作も生まれない。プロ達もそこへ移らない。

一番簡潔な答えが出てますな。

90 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 15:54:52.94
キンドルがやってくれば個人配信を待ち望んでいた志望者たちが
どっと乗り出して行って、流れが大きく変わる!!!

・・・・とか言ってた人は、自分の発言に責任とってね

誰だったっけなあ  1億だか10億だか言ってたなあ・・・・

91 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 16:21:10.37
そもそも米国の成功例が小説家がほとんどだとして
じゃあそれの流れで「日本の小説家の個人配信が大ヒット」がなきゃいかんだろ
漫画よりよほど簡単だぜ  乗り出すだけなら

そのデータが一切貼られないのがおかしいじゃん
漫画に前例が無いなんてもうわかってるけどさ

乗り出しやすい小説でさえ日本じゃ火がつかんのなら
「小説と漫画は違う」にすらならん

いっときのケータイ小説ブームがあったが、スマホになってからなにか話題作が生まれたか?
それって個人配信か?
10億はなぜこれに触れない

92 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 16:33:25.19
何回も言われてるが、いっちゃんデジタルと親和性が高いラノベでさえ
移管できてない時点でヤバいって電子書籍…

93 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 18:19:40.27
欧米人は企業に頼らず頑張る個人や個性を応援し賞賛する体質
日本人は集団から外れてる個人は胡散臭いと思い企業や肩書きのあるものから入ってく体質
国民性が全く違うんだよね
電子書籍くんはそのあたり真面目に考えたほうがいいよ

94 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 18:48:20.43
自費出版電子書籍くんの心がポッキリ

95 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 20:05:15.67
米国でもキンドル発売後一年で個人作家作品がランキング上位を占める現象などなかっただろ
日本でも米国同様に個人作品が上位を占めるようになるまで数年は必要
あるいは必要ではないかもしれないし必要であってもそれが普通なのだろう

過渡期の多少のズレで勝利宣言するのもいいがレスは永久に残ることを覚悟しておけよw
端末発売20年後30年後発言馬鹿のようにホームラン級の馬鹿証明になるぞw

アンチの予想はことごとく外れてきた
最後に残るのは「小説と漫画は違う」これだけだ
すべて予想を外してきている奴の発言に説得力はないわけだが
それでも最後の砦に執着しているアンチだが雇われているとはいえ情けないw

最後の砦も粉微塵になったとき場外ホームラン級の馬鹿の殿堂入りが決定するw
これは楽しみだw

96 :名無しさん名無しさん:2014/05/31(土) 20:16:03.39
     ミミ ヽヽヽヽリリノノノノ    ⌒⌒
    ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡    ^^
    l  i''"        i彡
 ̄ ̄ ̄| 」  ⌒' '⌒  |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ,r-/  <・> < ・> |   電子書籍端末の登場は20年後30年後!
    l       ノ( 、_, )ヽ |    音楽と出版は違う!
    ー'    ノ、__!!_,.、|
     :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::     ∧_∧
      ::::::::::::::::::::::::::::       ( ::;;;;;;;;:)   ホ・・ホームラン級の馬鹿発見!
        ::::::::::::        /⌒`'''''''''''^ヽ
               /⌒ヾ/ / .,;;;;;;:/.:;|
-―'――ー'''‐'ー'''―‐'―''''\,./ / .::;;;;;;:/‐'| :;|'''ー'-''――'`'
 ,, ''''  `、 `´'、、,   '''_ソ / `:;;::::ノ,,, | :;| '''  、、,
    ,,,   ''  ,,   ''''' ξ_ノ丶ー'ー< ,ゝ__> '''''  ,,,,
 ,,     ,,,,     ''' ,   ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::  ,,
            ,,,,,,,     :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::

97 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 01:42:34.72
キンドルの予想が外れた時点で電子書籍もまた「予想を外してきている奴の発言に説得力はない」
なんですがーーーーーーーー


自分のことは全部棚上げですかーーーー
個人配信で乗り出す天才君たちはちっとも現れないんですがーーーーーー

98 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 01:51:57.04
「漫画 個人配信 大ヒット」
これでググってみたら、このスレがトップでヒットするという事実

普通なら個人配信漫画が何本かトップに現れるよね
そういうのは全く無し これから配信を考えてるとかもね

この事実をどう受け止めるんだ?

99 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 02:01:11.52
>キンドルの予想が外れた時点で

まだ外れてないだろw
米国同様にあと最低4年は待ってろよw
電子書籍化の妨害とも思えるような期間レンタルや紙より高い価格設定などで
移行が延びることもあるかも知れないが10年はかからない
10年もすれば紙は干上がっているだろうしな
雑誌部数や単行本の売り上げ現象に高齢読者の卒業とさらなる少子化加速
そして何より新規読者の獲得が全く上手くいっていない現状
業界関係者の発言でやがてすべてのコンテンツは電子化されるとあったが
出来るだけ遅らせてもはや電子化に舵をきる時にどうするか考えている最中だろう

全く予想は外れていない
むしろ正常運転中

100 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 02:15:14.57
>電子書籍端末の登場は20年後30年後!
>音楽と出版は違う!

10年前でもこんな発言は知的障害レベルと断定できるが
端末発売が既に遠い昔となっている現在から見ると大便レベルだなw
ふんぞり返ってこんな発言をしていた奴がいたのかとwwww
世界に向けて「20年後!30年後!」「音楽と出版は違う!」発言ww

端末はすぐに複数発売され
海外では個人出版作品が多くの分野で商業作品を圧倒し
さらにもはや商業作品の新規作品はほとんど利益にならず
電子化以前に有名になった作品に頼っている状況だという

端末発売は20年後30年後!
音楽と出版は違う!
出版社の宣伝力ブランド力がなければ作品は知られることすらない!

これほどの下痢便発言をよく堂々と出来たものだなw
人間としてまともな頭を持っていればありえないレベルだろうw
さすがアンチクオリティw
チンパンジー以下w

101 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 02:22:32.33
おいアンチ、もう一回言ってみろよw

「端末発売は20年後30年後!キリッ」
「音楽と出版は違う!キリッ」
「出版社の宣伝力ブランド力がなければ作品は知られることすらない!キリッ」

笑わないからもう一回言ってみろw
過去スレに永久保存だぞ?
安心して斉唱しろよw

「端末発売は20年後30年後!キリッ」
「音楽と出版は違う!キリッ」
「出版社の宣伝力ブランド力がなければ作品は知られることすらない!キリッ」

爆笑wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

102 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 03:19:10.23
あーあ
追い詰められて狂っちゃったよ10億

もう哀れだね  コピペコピペで自画自賛しかできない

あ、「画」が無いんだコイツの場合www

103 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 03:24:52.39
必死で「過去スレ過去スレ」ってわめいてるけどな

そんなとこ覗きに行くのだーーーれもいないぞ

2ちゃんなんてどんどん消えてくだけの世界だからね
だから10億の無様な発言も消えてく  よかったね

自分にとって都合のいいことだけ過去ネタにして「キリッ」って書いときゃ勝った気になれるなんて
とんだ厨二病だwww

あまえいくつになった?  頭ん中は厨二でも体はぶくぶく醜い中年になってんじゃねーか?

104 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 03:45:19.40
「キンドルという黒船がやって来る!端末発売だ!キリッ」
「眠れる天才たちはこのときを待っていた!キリッ」
「彼らが大挙押し寄せれば一挙に流れは変わる!キリッ」

爆笑wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


こっちが現実でしょ

105 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 05:19:36.17
10億っていつからいんの?

106 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 07:28:55.45
>そんなとこ覗きに行くのだーーーれもいないぞ
>2ちゃんなんてどんどん消えてくだけの世界だからね

20年後30年後発言した馬鹿はお前だろ?w
そんなに悔しいのかwさすがに土下座謝罪もせずに遁走しただけはあるなw
お前のホームラン馬鹿発言は永久に2ちゃんで永久保存されてる現実から目を逸らすなw

小説と漫画は違う ←この間違いが証明されるとコンプリート決定w

散々馬鹿にされるだろうが・・・・良かったなw

107 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 07:33:12.19
海外の自費出版の漫画で日本において日本の漫画以上に流行ったものがありましたっけ?
と、これだけでも小説とまったく違う訳で

108 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 07:40:30.31
>>107
漫画の個人出版発のヒットに関しては日本から生まれる可能性が高い
漫画は日本のお家芸とも言えるわけでな
同人文化がありただでさえ漫画家予備軍が多く
それらを含めた漫画家志望者達は膨大だ
そこからヒットが出てくるだろう
そしてそのヒットは従来は出版社から出る類のものだったはずだ
当然出版社発のヒットは減る
将来どこかでヒット数が逆転する

ランキング上位が多くの個人作品で埋められる日が来る可能性が高い

109 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 07:44:13.29
まら海外の小説のお流れはまったく当てにならんということだな

110 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 07:45:39.69
海外における電子書籍事情により判明したこと

・出版社の宣伝力ブランド力に個人でも対抗可能
・時間が経てば商業作品よりもやがて個人作品が勝るようになる

これだけで十分だろう
あとはこれらを基礎に漫画で実行するだけ
数万人の漫画家志望者達が実行するのを待つのみ

端末の進化と習慣の浸透の課題はあるがこれも時間の問題

111 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 07:46:04.07
>>108
話をそらさないで
海外の自費出版の漫画で日本において日本の漫画以上に流行ったものがありましたっけ?

112 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 07:48:52.45
端末発売は20年後30年後と発言していた馬鹿が常駐しているようだが
こいつは米国でのキンドル発売すら予測できなかったわけだ
つまり米国での現象も外しているw
こいつの言うことは信用ならんなw
下痢便レベルw

113 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 07:49:29.78
小説と漫画は違うのはお認めになるのですね
おやおや

114 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 07:53:40.06
まったくやれやれだぜ

115 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 07:56:08.55
>>111
海外の自費出版の漫画である必要はないだろw
議論の焦点は個人作品発の漫画がヒットするかどうか

ヒットさせるためには出版社の宣伝力やブランド力が必要だとの主張が過去にあったわけだが
米国や英国などで証明されつつあるように個人でも対抗可能
宣伝力やブランド力に対抗できるのであれば残るは作品力だけだ
作品の面白さが勝負を分ける時代が来る

ならばわざわざ出版社の言い値で出版社を通す理由はない
先ずは個人出版でランキング上位に入りそれから高額契約が賢い
現実に米国では個人作品が多くの分野で商業作品を圧倒している

システム面においてはもはや完全に個人出版作品が商業作品を
超えうることが証明された

あとは漫画でそれを再確認するだけ
漫画家志望者達の気分の問題だ

116 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 07:58:13.56
>小説と漫画は違うのはお認めになるのですね

小説と漫画が違うのではない
漫画に関してはこれから証明される
日本の漫画家志望者達が証明してくれるだろう
そう急くなw

117 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 08:00:48.42
では現段階では違う事は確実なのですね
なんと哀れな

118 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 08:10:28.47
>>117
違う ×
単に時間のずれ ○

移行期の多少のズレで勝ち誇られてもなw

もちろん今後4年間限定であれば出版社経由も最後の花火として活用する手もあるが
だからといってそれが商業経由の勝利とはならない
最終的には米国の流れにたどり着く

漫画でも証明されてしまえばアンチは敗者確定w
2ちゃんのレスは永久に残るw金で雇われたミジメな存在とはいえ
ホームラン級の馬鹿発言をした存在として散々ネタにされ続ける存在にw
間もなく下痢便扱いされるアンチだが安心しろ
アンチが下痢便だからといって俺は笑いはしないw多分なwwwwwwww

119 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 08:12:52.31
つまり自分で今までの事がズレた論理展開だったと認めてしまったわけですね
アホ丸出しですね。あなたを生んだ親はここまでバカになるとは思っていなかったでしょうに

120 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 08:15:59.65
お疲れさまでした。早いところ自殺して生まれ変わってミミズにでもなった方がまだ役に立つかと思いますよ
本当にお疲れさまでした

121 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 08:23:22.55
>今までの事がズレた論理展開だったと認めてしまった

出版社ももう少しまともな奴雇えよw
1分後に電車が来ると予想して実際に来たのが1分と1秒後だったとして
それが論理のズレになるとでも言うのか?w
そもそも先進性に富んだ米国でも5年必要だった
日本はまだ1年程度しか経過していない
にも関わらず論理のズレとはこれ如何にwwww

>ズレた論理展開

しかしこれも数年後にはホームラン級の馬鹿嘲笑ネタになるなw

>>119
>120に言われてるぞw

122 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 10:17:02.77
生まれる可能性が高い
生まれる可能性が高い
生まれる可能性が高い


つまり何も生まれていないって事を自分で言ってんのねwwww
ひとつやふたつは生まれるかもしれんがな
大きなムーブメントが起きなきゃタダの単発打ち上げ花火だ

アメリカが先進って信じ込んでるのもお笑いだ。
環境じゃなくな

「漫画文化」という概念そのものは日本と比べ物にならない後進国だぞアメリカは。
というか世界中で日本だけが異常に漫画文化が発展してんのよ。

だから「前例」っていうのはまだ何も無い。 

123 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 10:22:49.77
ついでに言っとくと、国土の広いアメリカでは「わざわざ書店に本を買いに行く」というのが困難なとこも多い
だからネット配信で気楽に買えるのならそれでいいってふうに広まる土壌がある。

日本では「同じものなら電子より本がいい」ってほうが未だ根強い。
漫画ファンは特にな 本を好む。
「ただ読めりゃいい」って客もいるが「手元に永久に残る本じゃなきゃダメ」って感性は日本人の基本とも言えるもんだ。

124 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 10:50:27.94
>>最終的には米国の流れにたどり着く

ああつまりアメリカでの個人配信漫画は全然ダメだったってことがな
たどり着く以前に日本じゃ現状でもそうだが

顔真っ赤になって否定したいのなら「アメリカの個人漫画で大ヒットした作品」をここに貼って案内してくれ

125 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 13:32:49.48
アメリカの個人配信漫画で大ヒットした作品があるのなら、少なくともマスコミが取り上げてアマゾンが持ち上げるだろ
商売考えりゃそうなる

そういう事実が全く聞こえてこないのになんで「先進のアメリカで成功例が」なんだかwww
何よりそれがあるのならとっくに10億がドヤ顔で「こういうのがこれからの時代のヒット作だ!」ってコピペ連貼りだろ

カナダの16歳少女がどーのこーのってあった気もするが、それ以降そんなビギナーズラックさえ無い
まあそのカナダの少女のも、日本じゃ最低の同人レベル以下だしwww 

126 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 14:13:17.41
10億は電子書籍板でとことん馬鹿にされまくって追い出された奴だから
相手してくれる人が居るこの板が大のお気に入り。

127 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 18:17:01.74
あーーーー つまり「かまってちゃん」なんだwwww

まあこんな穴だらけのデータで本気で相手してくれる人間いないよねえ
俺様の未来予想大当たり!って自己完結してりゃいいんだから気楽なもんだ

嫌われてもいいから、かまってボクを!ってか?

128 :名無しさん名無しさん:2014/06/01(日) 21:04:54.10
音楽配信市場、日本だけでなくアメリカでも縮小中。
itunesユーザー一人当たりの年間購入額4ドル以下で、二桁ペースで減少中。

電子書籍は音楽と同じだから成功するとかいうレス見たが、
既に流れ変わってんじゃね。

129 :名無しさん名無しさん:2014/06/02(月) 01:41:15.20
メデイアとして珍しいうちは飛びついてくれても ちょっと経ったら
「買うまでもないな」って冷静に感じ 買わなくなる。

それまでゼロだった市場が数年は前年対比が上がるのは当たり前
それで「これからはこれの時代だ」なんて思ってたら馬鹿を見る。

表現者は「どこで売るか」の前に「何を生み出すか」の方がはるかに重要
金儲けと取り分しか考えない馬鹿は表現者には程遠い。

130 :名無しさん名無しさん:2014/06/02(月) 11:28:52.22
>世界中で日本だけが異常に漫画文化が発展してんのよ。

だからこそ日本で本格的な大ヒットが生まれる可能性大だろw

>「手元に永久に残る本じゃなきゃダメ」って感性は日本人の基本

日本の電子書籍は端末縛りなどの期間レンタルにしてるからなw
価格を紙より安くしどんな端末にもDLできるようにすればその感性も変わる

131 :名無しさん名無しさん:2014/06/02(月) 11:32:32.39
>>128
CDが二桁ペースであがってるとでも?
ヒット作の不在の可能性もあるだろう

>>129
米国で多くの個人作家がランキング入りして商業作家を圧倒してる現象はどう説明する?
5年以上前の作家は稼いでいるがそれ以降は個人作家が優勢だと言う

132 :名無しさん名無しさん:2014/06/02(月) 18:37:45.22
そもそもアップル自体が音楽販売は既にオワコン認識だから、
史上最大規模の買収しかけて、定額サービス手に入れたんでしょ。
明らかに売れてないんだもん、当たり前。

あと、元からアメリカでランクインしてる個人作家は、
多くない上、数少ないランクインしてる連中も、
無料やそれに近い宣伝目的の叩き売りでのランクインじゃん。
しかも、継続的にヒット出して食えてる人、ほぼ皆無。

アマンダホッキングとか、結局あの後続かなかったし。

133 :名無しさん名無しさん:2014/06/02(月) 18:44:46.95
キンドルランキング見てごらん。
殆どペーパーバックやハードカバーの本の価格も載ってる、
出版社販売のプロ作家の本だろ?

今現在ランキング見たが、全然入ってないよw

134 :名無しさん名無しさん:2014/06/02(月) 18:58:57.26
な・・・んだと?

あのソースは一体なんだったんだw
おのれ・・・・

135 :名無しさん名無しさん:2014/06/02(月) 19:03:00.76
あるいは5年前から現在までの
新人作家のことなのかもな
既存作家で食っていけるのは5年前までの作家

それ以降は個人出版が優勢なんだろう
ソースによればそうなるが・・・

136 :名無しさん名無しさん:2014/06/02(月) 19:18:42.01
だからランキング実際もってこいといったのに

137 :名無しさん名無しさん:2014/06/02(月) 19:36:04.76
しかしこれによって個人出版が終わったわけではないからな
まだ勢いは続いている

138 :名無しさん名無しさん:2014/06/02(月) 20:26:59.89
つまりゴミが大量生産されているだけなんだな

139 :名無しさん名無しさん:2014/06/02(月) 20:46:12.39
それは商業誌とて同じ
個人出版に才能が流れていけば
それは加速するw




俺も出版社に持ち込むか・・・・・

140 :名無しさん名無しさん:2014/06/02(月) 20:47:50.97
今年の国際電子出版EXPOは7月2日〜4日に開催、キーワードは「個人出版」「キュレーション」
http://hon.jp/news/1.0/0/5535/

141 :名無しさん名無しさん:2014/06/03(火) 00:33:53.75
鈴木みそ『ナナのリテラシー』が描く電子書籍の未来 出版の救世主になれるのか?

電子書籍で読まれているもののほとんどが、ガラケーでのエロマンがだという。
毎年7%から8%も売上が落ち続けている出版業界を、
その全体のたった4%しかない電子書籍で埋めるのは不可能。
だから、仁五郎は「結論から言えば電子書籍が出版社を救う可能性はほぼありません」ときっぱり言い切る。

かつて売れっ子だったり、人気があった中堅作家も、マンガ業界の構造的な問題で、
今では出版社の庇護なしでは生きていけなくなっているという。
しかし、その肝心な出版社に頼ることも難しくなってきた。
そんな状況から抜け出すために、電子書籍はとても有効なツールになりえる。

電子書籍は、出版社や業界の未来ではなく、作家の未来なのかもしれない。

http://ddnavi.com/news/184554/

142 :名無しさん名無しさん:2014/06/03(火) 06:43:31.86
「結論から言えば電子書籍が無能な志望者を救う可能性はほぼありません」でしょ。

鈴木みそは何年も前から、おそらく漫画会でもトップでこの問題に向き合ってきた。
それは彼が「ルポタージュマンガ家」という得意な位置にいるからでもある。
自分自身を実験台にして確かめてるのだ。

だからこそ「これが一般の漫画家の例」にはなりにくい。
漫画家は作品を作ることがエネルギーであり、売り方はめんどくさくないのを取る。
あと作品の権利がしっかりしてるのね。

アマゾンはじめ電子書籍は、売るとこは多数あれど権利についてはとにかくグレーゾーンが多い。
自分で値段決められると思ってたら、ある日突然「こちらで決めることになりました」って言われても何も出来ない。
文句あるのならアメリカ行って裁判だ。

とにかくコロコロ変わるんだよ。 電子書籍事情は。
今現在決まってることも未来はわからない。

この「〜〜かもしれない」に多くの漫画家は振り回されてらんない。
だから契約のしっかりしてるとこと組む。

143 :名無しさん名無しさん:2014/06/03(火) 06:51:28.90
つまり下手くそは「安くして売る」しか出来ないんだが
志望者皆がそれを選ぶのなら安くもなんともない。

たとえ無料にしても同じ。 人気のないとこには客が訪ねても来ないから広告収入も無い。

個人配信の10円や無料ってのは「つまらん漫画志望者のしるし」ってことだ。
そういうサイトは金払う価値のないフキダマリ。

クソが何万人集まってもクソ。

144 :名無しさん名無しさん:2014/06/03(火) 18:14:45.75
「その中にも掃き溜めに鶴が!」って言うんだろうが
自分のことをよく知ってるやつは、わざわざ発表の場所に掃き溜めを選ばない。

確実に自分に目が行くとこを選ぶよ。 当然だろ。

個人配信はハードルが低けりゃ参加がたやすくなる。 たやすいとゴミが来る。
漫画家として生きていくのはどんな手段で発表の場を選ぼうが、ハードルが低くなりはしない
低いってのは、それはイコール「レベルが低い」ってことだ。

底辺で漫画家ごっこすんのには楽園だろうけどね。

145 :名無しさん名無しさん:2014/06/03(火) 18:18:34.80
過去に出版でヒットしたものは、いろんな意味で「漫画としてレベルが高かった」からだよ。
電子書籍や個人配信に金払う客だけが「値段下げりゃレベル低くても買ってくれる」にはならない。

となりのおっさんがカラオケで録音したCDが1円だからって買うかい?

146 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 02:23:10.55
英会計コンサル大手PwC社「英国の電子書籍市場は4年後には3倍まで成長し、紙書籍を超える」
http://hon.jp/news/1.0/0/5549/

147 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 02:33:53.81
次のヒットはアンチの言う所の素人集団の中から生まれる
そうでないというなら今すぐ漫画賞をすべて廃止すべきだろうw

問題はその素人集団がどこへ向かうかだ
米国や英国など電子化のスピードが速い海外では個人出版を選択し
そこからヒットが出ている

漫画としてレベルが高ければ個人出版でも問題なくヒットするだろう
出版社を通さなければ漫画としてレベルの高いものにはならないとでも
アンチは主張するのだろうがそれは妄想そのもの

実際に海外の事例では個人出版が商業出版を超えるヒットを出すこともしばしば

>「値段下げりゃレベル低くても買ってくれる」にはならない。

こいつのような頭にウジが沸いてるレベルでは話にならない
レベルが高い個人出版なら買うだろう

宣伝と実力、この二つがポイントとなるわけだが
宣伝は既に個人でも大変ではあるが十分に出版社の宣伝力ブランド力と勝負できると証明された
もう一つは実力だがこれも実際に海外で証明されている

レベルの高い個人出版作品がSNS等を通して売れている現実
そしてそれらが出版社作品よりもヒットするケースも既に出てきている現実

アンチに聞きたいのだが「レベルの高い個人出版作品」が出てきても
それは売れないと主張するのか?

148 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 02:41:10.14
コミケとか同人とか出来て何年経ったっけ
作家ってのは同じ雑誌で競い合ったり客取り合ったりして成長していくものなんじゃないの
素人集団の個人個人なんてぬるま湯の中でレベルの高い作家が育まれるとは思えないな

149 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 02:46:53.75
>>148
コミケや同人(エロ漫画)に行く奴は二軍三軍だろ
従来は出版社に一軍が行っていたが将来は個人出版に流れるようになる
海外の事例ではまさにそうなっている
そして結果は個人出版が商業出版を超えるケースもしばしば
つまり才能集団の移動が始まった証拠だ
個人作家間の競争や読者との勝負は当然あるわけで心配はいらないだろう

出版社は二軍三軍を集めてその切磋琢磨とやらをさせてりゃいいと思うぞw

150 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 02:53:14.40
>>>>>>次のヒットはアンチの言う所の素人集団の中から生まれる

バカなの?自分で書いたのもう忘れたの?

151 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 03:03:47.58
■素人集団の成分表■

(一軍) この一軍が個人出版に流れ始める
(二軍) 
(三軍)
(それ以下)

一軍からそれ以下まで今後も出版社に流れるだろうが格段に減っていくわけだ
そしてやがては海外の事例のように個人出版発のヒットが生まれる
日本でそれが再現された場合、自転車操業状態の出版社にとって大ダメージだろう
となればこれもまた海外で発生し始めている「出版社に属しているがそれだけでは食えないから副業」
というケースが日本でも発生するわけだ

実際雑誌を支えるヒットは一つ二つのケースが多い
その一つ二つから一つ二つと減った場合どうなっていくのだろうか?

素人集団から商業経由、個人出版経由とどちらの道にも流れていくことになるが
重要なポイントは一軍が個人出版経由に流れはじめることだ
アンチは常に一軍は出版社の門を叩くと考えている
しかし海外の事例を見るとやがてその願望は崩壊していく

152 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 03:16:03.61
時間の無駄だった

153 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 03:27:17.17
何の誰にとっての時間の無駄だよw
暇つぶしの2ちゃんだろw
何をいまさらw

154 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 03:31:20.07
漫画雑誌は今後かなりの確率で休刊廃刊していくとも言われている
現状のペースで部数が下がり続けた場合休刊廃刊は時間の問題
ただでさえ少子化が加速していくが高齢読者層の卒業で一気に部数が減る時が来る
ネットに主戦場が移れば出版社の特権は消滅する

足場を個人出版で固めそこから出版社を鵜飼の鵜として利用する
これが主流になっていくだろう

155 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 03:37:43.07
アンチにとっての最後のオアシスは
日本に海外レベルの個人出版時代がいつ来るかそこがまだ不透明だという点だろう
英国でも電子書籍が紙書籍を上回るまで3年と予測があるが
そこから米国のように個人作家が大きく優勢となるまでプラス数年

保守的(端末縛りなどの抵抗勢力が存在する)日本ではさらに数年後の可能性もある
従ってそのタイムラグにアンチの余命が託される
一作品のヒット期間程度であればまだ出版社経由が優勢だろう
しかしそれ以降は確実に変わっていくはずだ
その境目をどう読むかどう予測するか難しい

156 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 03:43:51.87
未来の終着点は個人出版勝利にほぼ確定と言っていいだろう
しかしそこまでの期間が5年程度だとすればこれは待てない期間ではないだろう
ただし10年後となった場合これは長すぎる

もっとも世界的ヒットを出せるレベル
あるいは国内レベルのヒットを出せるレベルならばどの道でも成功するだろうが

日本において個人出版全体が完全に優勢になるまで何年後なのだろうか?

157 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 09:38:45.40
個人出版が優勢?

残念ながらならないんだよこれは。

環境云々というよりこれは「漫画という仕事そのものの質」が加わるから。

商業誌でないとパワーとスピードが上がらないんだよ。 これは確実なんだ。
「好きな時間に好きなだけ描けばいい」だとね。 ほとんどの志望者は月に16ページも描けない。
年二回のコミケですら落っことす。 それが99%。

逃げようと思えばいくらでも逃げられる漫画家なんて商売は、連載という恐怖に追われないとスキルは上がらない。
質も量もだ。


過去の大ヒットマンガ家は皆、連載という「質と量」をクリアーしてる。
これが「出来た時に単行本にしてあげる」だとね。
モチベーションが続かない。

158 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 09:46:09.17
今現在でも、月刊誌のほとんどは赤字だよ。 でも商業誌は必要。
漫画家にとって「自分の漫画が必ず月一回、世に放たれる」という事実は
励みにもなるし、恐怖にもなる。

30〜50ページを毎月送り出しながら、読者の反応をさぐる。

これが180ページまとめて描きおろし」だと
読者の反応にズレが生じた時の調整が後手後手になる。

単行本の指名買いって連中も、連載時の評判をどこかで聞いてるからこそだ。
まったく知りもしないの買わないよ。

159 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 14:46:37.57
漫画を描く才能ってのは、絵だけなら今の世の中結構転がってるんだが
その才能を「量産する才能」ってのは同時には備わってない。

ピクシブで好き勝手描かせると上手い奴らも「これをオリジナルストーリー仕立てにして月産30ページな」になると
全く歯が立たない。

自分が楽しむことはできても、大勢の客を楽しませることができない。
自己満足な自負出版ならいくらでも出来るよ。

だがそれで売れなかったら簡単に「やーめた」
お客につまらないって言われたらそこで終わり。

で、2ちゃんで何年もうじうじ業界批判するのさ。
誰かさんみたいにwww

160 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 15:32:41.93
同人誌でオリジナルの売れなさを考えると、
同じ方法で売るの2次創作の方がまだ売れるのだから
とてもじゃないがそれで食べるのには無理がある

161 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 16:21:28.33
それはオリジナルのテンプレが固まってないだけでは…

162 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 16:25:28.19
実際行ってみりゃ分るあののんびりムード

163 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 19:08:50.79
他人のフンドシで相撲取るのがあたりまえになってる連中には
オリジナルで面白いものは一生作れないよ

ましてや月イチで高レベルなのを送り出すなんて到底無理

164 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 19:16:07.89
いや。だからさそれ以下の自費出版オリジナルでどう生活すんのって話し

165 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 21:27:45.22
魔道のサイトは頑張ってると思うよ
最大手だからできたことか

166 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 21:50:12.80
漫画じゃないけど、自分で作った作品をダウンロード販売している。
数年前、とあるお店から現物販売を勧められた。最初は断っていたけど
あまりにしつこかったのでとうとう折れていやいやながら物販の取り扱いも始めた。
そしたら思っていた以上に売れて驚いた。ダウンロードと物販の比率が7:3〜4:6くらい。
作品によってはダウンロード版よりも売れていたりする。
物販よりもダウンロード版のほうが値段が安くすぐに買えるにもかかわらずだ。

物販を始めて5年以上たつけど、その状況は依然変わらないまま。
個人的には在庫を抱える心配のないダウンロードのみでやりたいのだが、売り上げを考えると
物販を切ることができないでいる。
何となく感じるのは、ダウンロード版を買う人と物販で買う人は種類が違うのかなと。
だから物販で買っている人がダウンロード版にはなかなか流れて来てくれない。

テレビが出てきてすでに数十年、ネットが普及して10年以上たつけど未だに新聞が
無くなっていないのを見るに、紙の漫画が完全に無くなることは今後30年は絶対にない。
それこそ戦争や自然環境の変化などで紙の値段が10倍以上にでもならない限り無いと思う。
そして紙の本の販売が無くならない限り、個人出版が出版社を駆逐するのは到底無理。
なぜなら個人が売れる作品を作った場合、出版社はその作者と本の出版契約を結ぼうとするから。
そしてその契約は作者にとっても大変おいしい契約だから、名前を聞いたこともない胡散臭い出版社や
よほどの弱小出版じゃない限り契約したほうがいろいろお得。

よって、10億くんの望む個人が出版社を駆逐する未来はいつまで待っても来ないと思う。

167 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 22:52:30.99
紙の値段が高くなったら高くなったで、出版社も電子版にチカラ入れるだけ。

同じ「電子の漫画」で出版と個人がケンカしたら、当たり前だがうまいプロが揃ってる方を読むし買う。

個人がプロレベルの作品をコンスタントに送り出すのはまあ無理。
まず心構えが全然違うので無理。
取り分が多いから・・・でそっち選ぶのならとっくに多くの同人作家がやってるよ。

でもやんないでしょ? やれないんだよ。
彼らには「要求に応える」というスキルが無いから。 ただ漫画というスタイルのものが「描ける」だけ。

168 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 22:58:26.29
ついでに言うと、いい年して漫画なんか描いてる人間は、親 親族から冷たい目で見られる。
それを跳ねのけるには「オレ、こんなとこで描いてるんだ」ってアピール。

それが妙など素人がほとんどのネットサイトなんて、ますます胡散臭く思われる。
つまり 皆が知ってる聞いたことのある場所で「手に取れるカタチで」活躍してるって示すこと。

電子のデータはその点が圧倒的に弱い。
こういう内面的なことって、年食えば食うだけ効いてくんだよ。

169 :名無しさん名無しさん:2014/06/05(木) 23:01:42.18
「おれ、毎日2ちゃんに書き込んでんだよ」って親に自慢できるか?10億

普通言われるよね
「そんな1円にもならないことさっさとやめて、まっとうに働きなさい」って。

170 :名無しさん名無しさん:2014/06/06(金) 01:37:38.56
見えない敵に向かってごくろうさん
虚しくならない?

171 :名無しさん名無しさん:2014/06/06(金) 01:44:15.23
文字として見えてるから見えない敵ではないな

172 :名無しさん名無しさん:2014/06/06(金) 01:54:04.70
がんばって戦って親に自慢してくださいね

1円にもならないけどね

173 :名無しさん名無しさん:2014/06/06(金) 02:07:28.79
>>172
それは自分に言聞かせているのかw
哀れだな

174 :名無しさん名無しさん:2014/06/06(金) 02:29:04.34
最近自費出版君はいつも以上に反論できなくてボロボロだね

175 :名無しさん名無しさん:2014/06/06(金) 12:00:43.97
実際10億には一円も入ってこないしな

176 :名無しさん名無しさん:2014/06/06(金) 12:15:12.82
月刊少年ライバル(講談社)が、本日6月4日に発売された7月号をもって休刊。
一部連載作品の移籍先が発表された。
「なぜ東堂院聖也18歳は彼女ができないのか?」などの作品はマンガ雑誌アプリ「マンガボックス」に、
「ヘルズキッチン」「ほんとにあった!霊媒先生」などは
来春創刊される新雑誌のWEBサイトに移籍。
「東京レイヴンズ Sword of Song」はWEBマンガ誌「水曜日のシリウス」にて、
「ももプロZ」はももいろクローバーZのファンクラブサイト「ANGEL EYES」にて連載を続行する。
月刊少年ライバルは2008年4月に創刊。松本ひで吉「ほんとにあった!霊媒先生」や、
樋口彰彦「あしたのファミリア」、兎中信志「弟キャッチャー俺ピッチャーで!」など、ジャンルにとらわれないさまざまな作品を多く発表してきた。
http://cdn2.natalie.mu/media/comic/1406/0604/extra/news_large_rival201407.jpg
http://natalie.mu/comic/news/118136

@******
休刊に伴う連載の移籍先がweb漫画サイトやスマホアプリばかり…!
これは、多くの紙の雑誌はこの先存続できないってのを示唆してるかも。
:【ナタリー】月刊少年ライバルが休刊、連載作の移籍先も発表 natalie.mu/comic/news/118…

177 :名無しさん名無しさん:2014/06/06(金) 12:49:37.77
ライバル自体何処に向かって玉投げてるか分らん雑誌だったし当然の帰結かと

178 :名無しさん名無しさん:2014/06/06(金) 20:57:32.88
まあこれから先出版社の漫画のスタイルが
1軍=中堅からベテランで紙の雑誌。
2軍=新人や不安定な作家でWEB雑誌。こういう方向へ向くかもね

しかし3軍=個人配信の志望者 は無い。
そんなクズどもまで出版社は面倒みない。

179 :名無しさん名無しさん:2014/06/06(金) 21:05:03.98
つまりは従来、増刊号や隔月刊号だったようなのがWEBに取って代わるってだけだな。
才能のある新人はいきなり飛び級で紙の本でいいんじゃない?

電子出版にもピンキリがあって当然。
ヘタレでヘタクソな連中は「キリ」のサイトで漫画家ごっこ。

180 :名無しさん名無しさん:2014/06/06(金) 23:35:29.65
漫画の売上減がシャレにならないくらいヤバイ たった5年で マガジン25%減 サンデー40%減
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1402059388/

181 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 02:11:00.76
>当たり前だがうまいプロが揃ってる方を読むし買う。

うまいプロが揃わなくなったらどうするつもりだw
才能の流れが変わることを未だに無視するとはw

182 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 02:20:10.83
奔放で流れがまるで変わっていないのに変わると言われてもただの妄言にしか

183 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 02:20:58.00
本邦ね

184 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 02:23:07.26
海外では個人出版からヒットが出始めてるだろ
従来ならばそれは出版社に流れていた才能だった
市場拡大までしばらく待つ必要はあるが
大きなヒットが出てくれば早く拡大していくだろう
時間の問題

185 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 02:41:57.24
漫画の売上減がシャレにならないくらいヤバイ たった5年で マガジン25%減 サンデー40%減

95 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/06/06(金) 22:26:57.48 ID:x79PbNoq0
漫画市場は終わってるよ。ピークの5000億から今じゃ二十年前の市場規模に戻って下がってるの歯止めきかないしな
海外でもぜんぜん受けないしゲームの凄さを知る

132 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/06/06(金) 22:42:29.08 ID:i2O30AcK0
お前らの大好きなマンガ、アニメ業界がゼンショーにも張り合えるブラック業界と知れ渡ったからな

160 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/06/06(金) 22:56:51.00 ID:qPtctbfm0
新人漫画がろくなのが無い
編集者の質が下がってるんじゃねーのマジで
後無駄に引き延ばすのやめろ今の漫画はどれも長すぎる

172 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2014/06/06(金) 23:00:14.33 ID:VmtNCOYn0
どれもこれも、絵もストーリも似通ってきてるしな。
つまんなく成って来た。
テレビと同じやな。
爆乳少女にとんがり耳少女で、目をデカく書けばいいみたいな感じだし。
ヒョロヒョロした欠食児童見たいな髪サラサラ男の子…
何かって言うと団体での暴力シーン。
もう、飽きたよ。

http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1402059388/

186 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 02:45:15.02
不況・少子化・ブラック企業判明・志望者数激減・才能の枯渇・長期連載作品の限界

少しも改善する見込みがないままさらに落ちていくのか・・・・・w
だがそれもまたいいだろう
何事も経験だ
そこから何かを学べ

187 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 02:47:22.42
中二病ノートメーカーを志望者ターゲットにすべきだったと思う
どっちみちつまらないんだからさ

ラノベ?あれはハーレム過ぎて中二病ノートとは別

188 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 02:54:19.98
腐オタ向けに逃げた今の編集どもはまじで糞だな
あれが日本の漫画を駄目にした
部数の維持というが腐オタ向けを取り入れただけで
漫画の主戦場である少年向け作品は縮小一直線

この先間違いなくとどまることを知らぬレベルで売り上げが下がっていくだろう
長期連載作品の終了は一気に部数が減る

恐ろしいw

189 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 02:57:53.38
海外の市場、、特に米では従来から出版業の地位は低かったはずだが

190 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 06:21:21.23
だって海外における「漫画の概念」なんて日本とは比べもんにならんくらいレベル低いし。
そんな漫画後進国で、ちょっろっと素人マンガ家が受けたからって日本的には何の参考にもならんし影響もない。

10億のバカは、海外において「漫画雑誌」というものがほとんど存在しないの分かってんのかな?
海外における漫画(カートゥーン)は基本、子供のため。
もしくはアメコミのような旧態然としたの。

日本のような表現の幅もなければ、雑誌文化の歴史もない。
おんなじこと繰り返して、そこそこ良質ならいいんだよ。

191 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 06:24:42.56
何かを学べってセリフ言う奴ほど、自分自身が何も学べてない。
誰かが作ってくれたデータ集めて学べたつもりになってるだけ。

「学べた」っていうのは、後に何らかの結果に結びついてこそ言えるセリフ。

192 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 06:50:11.29
通用しない通用するは挑戦してから初めて言えることだ
挑戦してもいないうちに通用するもしないもないだろw

193 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 08:59:45.02
流れも変わっていないうちに流れが変わるも何も無いってことだな

194 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 11:36:22.08
いやいや、「流れさえ変われば上手く行く」って考えてる脳みそがそもそも腐ってる

ろくに泳げもしないのに流れの変わった大河に飛び込んでも溺れて沈むだけ

195 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 16:38:38.66
ろくに泳げるなら流れの変わった大河に飛び込めば泳いで進めるだろw
米国個人出版市場が証明している

もちろんろくに泳げない奴等のほうが大勢だろうがそれは商業とて同じ

196 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 19:45:02.16
同じならまだ生活保障されてる商業選ぶわー

197 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 19:58:27.29
今後、キンドルが流行って黒子事件を超す
凶悪犯罪が起きませんように

198 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 21:31:51.03
ほとんどの消費者にとっちゃ、今持ってるスマホで読めりゃいいんだよ
わざわざ漫画読むためだけに専用端末買って持ち歩くか?

ガラケーのままなら、まだキンドルの優位さもあったが
こんだけ大画面のスマホがあるならキンドル必要ない

通勤電車に乗ってみな ほぼ99%スマホいじってる
飽きっぽいユーザーはゲームにもメールにも瞬時に対応できるスマホで十分なんだよ

199 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 21:34:46.06
>>195
米国個人出版市場が個人配信漫画はヒット作無いって証明しているな
よくわかってるよ もうwww

200 :名無しさん名無しさん:2014/06/07(土) 22:53:18.04
「誰でも簡単に発表できる場」なんてーのは
そういうのにホイホイ飛びついてくるバカ相手だからちょうどいいんだよ。

甘い水で呼んでおいて、環境使わせてあげて しっかり持っていく。
作品だけではなく権利までね

きちんとした契約書交わすわけじゃないから、環境作ったほうが強いの
配信するも途中で切るも、サイト自体閉めるのも向こうの勝手

そん時になって「データ返して 削除して」なんて言っても後の祭り
好きなようにネットでばらまかれる。

訴えたいのならアメリカに行って、難しい法律関係の手続き(もちろん全部英語)を
本人がしなくてはならない。

そういう覚悟があるのなら個人配信どうぞおやんなさい(^-^)

201 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 06:36:57.86
>こんだけ大画面のスマホがあるならキンドル必要ない

スマホでもキンドル本読めるだろw
キンドルは端末を選ばないw
それからキンドル以外でも売っていいんだぞ?
個人出版の自由度の高さは異常w

202 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 06:40:02.25
>好きなようにネットでばらまかれる。

紙も同じだろw
いつでも高画質スキャン食らった上にネットでばら撒かれている
人気作ほどその傾向が強い
逆に言えばネットでばら撒かれるレベルにならなければならない

>そういう覚悟があるのなら個人配信どうぞおやんなさい(^-^)

なぜニコニコマークなんだよw
気持ち悪w
それは商業とて個人出版とて同じ

203 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 06:45:10.80
ならばら撒かれてもちゃんと金が入る商業でやったほうが生活できますよね

204 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 06:52:06.14
電子書籍でもばら撒かれるほど人気があるなら生活できるだろw
紙でも出版する上に映画化商品化となれば版元として君臨できる

電子書籍の場合の困難はスタートダッシュ
スタートダッシュは原稿料など出版社経由のほうが有利
しかし人気が出たあとの加速が全く違う
版元の地位を生かしてしっかり稼げる

205 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 06:59:45.35
なんだ。やっぱり商業でやったほうが良いという結論を自分で言い出したじゃないか
あほらしい

206 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 07:00:14.88
>配信するも途中で切るも、サイト自体閉めるのも向こうの勝手

別に痛くもなんともないだろw
売るルートはいくらでもあるからな
問題は人気が出るかどうかであってどの販売サイトで売るかではない
どこまで行っても実力の問題だ

紙は今異常なスピードで落ち込んでいるようだがまさに予想通りの展開だw
このまま落ち込んでいけばどこかでネットに移行することになる
それは出版社経由のメリットの消滅を意味する

207 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 07:26:31.00
飽きもせずまだやってるのかw
10年後も同じこと言ってそうだなw

208 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 07:42:40.90
>10年後も同じこと言ってそうだなw

10年後は予想が現実になって同じことを言ってると思うが
紙厨は10年後は違うことを言ってそうだなw
       ↓

10年後のアンチ「紙なんて衰退するのは当然」
         「個人出版が最終的に勝利するのも当然」

209 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 08:09:16.53
印税と原稿料
これに関しては、大いに関心があると思います。

日本の場合、定価の10%が相場です。
国際相場的に日本の印税率は低いのですが、出版不況を口実に更に下げようとしている出版社がいるようです。

ttp://www1.odn.ne.jp/drinkcat/topic/lecture/stop_it/debut.html

210 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 08:10:37.84
>国際相場的に日本の印税率は低い

日本の印税は低いのかw
そりゃ売れっ子作家が憤懣するわなw

211 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 08:45:12.71
Kindle Fire HDX 7を買ったら漫画購入が止まらなくなった

 最近は購入する本の8割以上が電子書籍です。
今数えたら、Kindle Fireにしてから買った漫画本が97冊ありました。
これは単なる紙から電子へのシフトを超えて、
「紙ならおそらく買っていなかったであろう本」が大幅に増えた結果です。

ttp://machine.livedoor.biz/archives/Kindle_Fire_HDX7.html

212 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 09:04:00.77
キンドルで漫画を売りたい人に向けてKDPが本気出してきた!

Amazonが行っている電子書籍サービス「キンドル」の、
個人が出版社を介さずとも電子書籍を発売できるサービス「キンドル ダイレクト・パブリッシング(以下KDP)」
の運営からメールが届きました。文章をコピペすると「コラッ!」と怒られそうなので、要約しますと。

 「今までKDPにアップロードできる電子書籍のファイルは50MBが上限でしたが、その上限を650MBに変更しました」

これで「KDPで漫画を発売する」際の最大のネックだった容量問題が解決しました。

70%ロイヤリティを選んだ際、それまでは「配信コスト」として
「1MB=1円」が差し引かれる計算だったのですが……
10MB以上の本に関しては「配信コスト」がかからないようになっていたそうです。

今回同時に変更された点で「活字の本で使える画像ファイルの1枚辺りの上限が127KBから5MBに変わりました」
というものがあったので、ライトノベルなんかも恩恵が大きいと思います。

 ただ、やはり……これは「日本の漫画家」を狙い撃ちにした変更じゃないのかなと私は思うのです。
この「10MB以上の本は配信コストが無料です」という仕様は、世界中で日本だけなんです。

「KDPで大容量の本を発売しようと考える」と日本は相当優遇されているように思えますし、
日本市場を獲るためには大容量の本が売れるようにしなければならないとAmazonが認識しているように思えます。

http://yamanashirei.blog86.fc2.com/blog-entry-1760.html

213 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 10:10:50.62
>>210
売れっ子なら10%でも充分稼げて文句ないだろ
50万冊売れる作品を10巻出せば1億とかになる

むしろ、中途半端なやつの方が印税率に文句言う

214 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 10:54:16.54
>>213
その売れっ子が憤懣を抱いたと言ってるんだから察するべき
海外でアニメ化ドラマ化映画化したら原作者はセレブの仲間入りらしい
日本は数億稼げてよかったねwレベルだろ?

一般論としても上でやっとそれなら
上以外は全部悲惨ってことだ

やはり国際相場的に日本の印税率は低いのだな

215 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 10:58:45.21
数億稼げれば個人資産としては充分じゃね

216 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 11:03:03.45
印税率なんて決まってないんだから文句があるなら自分で交渉すればいいだけだろ・・・

217 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 11:04:41.44
上で「やっと」それとかいうが、お前自分は幾ら一生で稼げると思っているのだ

218 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 11:18:02.74
>>215
そんな認識では漫画家志望者は今後も減っていくばかりだろう
リスクに対してリターンがあまりに低すぎる
数億なんてその辺の中小企業の社長以下だろw
一人の編集者ですら生涯で6億稼ぐんだろ?
編集者一匹にすら劣るとは漫画家も舐められたものだw

219 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 11:20:52.94
>>216
日本の出版社は海外よりも不当に低い印税率10%を画一的に設定してるんだろ?
交渉しても微々たるものなんだろうな
フォーブズに日本の漫画家がどれだけランクインしてるんだ?
ほとんど海外の作家だろ?
海外は売れると半端ないらしい

>>217
俺は漫画家志望ではないw

220 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 11:26:21.95
キンドルは容量問題が解決したようだな
これで従来の画質の悪さ問題はなくなった
あとは動作問題と価格
快適に高画質の漫画をすらすら読める低価格端末の登場

時間は多少かかるかも知れないがしかし時間の問題だろう
恐ろしい速さで沈没している雑誌だが
そこにアマゾンによる日本市場への本格進出が開始される

個人的な予想だがこのパターンが完全に上手くはまった場合は
日本の出版業界は焼け野原状態になり海外資本に流通を支配される

予想確率50%

221 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 11:35:41.36
米経済誌フォーブスが2012年度の「作家長者番付」を発表しました。
最も稼いだのは全世界で7000万部を売り上げたと言われる
「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」シリーズ原作者のE.L.ジェイムズ。
その額9500万ドル(!)これまで小説を書いたことがなかった英国の主婦がいきなり1位です。

2位は「多重人格殺人者」のジェームズ・パターソン(9500万ドル)、
3位は「ハンガーゲーム」シリーズのスーザン・コリンズ(9100万ドル)、
4位ビル・オライリー(2800万ドル)、5位ダニエル・スティール(2600万ドル)となっています。

http://cue.ms/news/forbes-e-l-james/

222 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 11:39:37.60
んで日本の上位クラスの漫画家より稼いでる海外の漫画家どれくらいいるんだ?

223 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 11:42:35.55
海外ではトップは一年で9500万ドル
一ドル100円計算なら日本円にして年間90億円
まだ映画化や商品化前でこの印税額

漫画1冊は単価が安いとはいえ日本にも小説はあるわけだが
書籍だけで一年に90億円を日本で稼げるのか?
稼げないだろ?

海外市場の規模が大きいのかも知れないが
印税率があまりに違うのが原因じゃないのか?

上位3人が年間90億円プレイヤー

日本は年間90億プレイヤーは何人だ?

224 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 11:44:53.05
>>223
ソースは?
海外の誰と誰と誰がそんなに稼いでるんだ?

225 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 11:49:13.60
>>222
海外では個人で全てを描く漫画文化が日本ほどなく
多くの場合出版社の期間社員として働きその内容は
出版社の所有する過去コンテンツをシナリオ作画ペンシラーカラーリングに分け
作っていることがほとんどだからだろう

ここで分かったのは「国際相場的に日本の印税率は低い」ってことだ
もし漫画でもオリジナルコンテンツを個人が作り海外経由で発表すれば
桁違いの額を稼げることを意味している
出版社を通しても年間90億は遥かに越える
なぜならば漫画にはアニメ化〜グッズ化といったメディアミックスがあるからだ

やはり日本の出版社経由では稼げない
国際相場的に日本の印税率は低い
漫画家志望者が減るのも当然だなw
ブラック企業だとも既に知れ渡っているしなw

226 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 11:52:05.86
>>224
>>221
>米経済誌フォーブスが2012年度の「作家長者番付」を発表

>最も稼いだのは全世界で7000万部を売り上げたと言われる
>「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」シリーズ原作者のE.L.ジェイムズ。
>その額9500万ドル(!)これまで小説を書いたことがなかった英国の主婦がいきなり1位です。
>まだ映画化や商品化前でこの印税額

>2位は「多重人格殺人者」のジェームズ・パターソン(9500万ドル)
>3位は「ハンガーゲーム」シリーズのスーザン・コリンズ(9100万ドル)


日本の作家はどんだけ効率の悪いことやらされてるんだよwwwwwwwww

227 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 11:54:53.78
>>226
それ漫画じゃねえだろ?
結局漫画家は日本のほうが売れてるんだよな?
電子書籍の浸透した欧米市場より日本の市場の漫画家の方が儲けてるんじゃしょうがないな

228 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 11:59:42.06
世界規模で売れた漫画は日本にいくらでもあるだろ?
フォーブスにコンスタントに日本の漫画家が入っているとでも言うのか?

国際相場的に日本の印税率は低い、らしいがどうやらマジ話だな
派生産業が数兆円にも達する作品もいくつかあったが
もし海外の出版社を通していれば天文学的な収入額になったはずだ
個人出版〜版元として有利な契約でやればさらにおいしいはずだがw

229 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 12:07:44.78
>>227
日本にも小説はあるだろw
比較した結果、日本は海外と比べて明らかに印税率が低いようだ

漫画の場合、海外では個人で漫画を生み出し描き上げる文化が乏しい
しかしだからといって漫画が売れないわけではない
実際に日本の漫画が売れまくったこともある

単純に海外では描き手が少ないだけで漫画でも海外でヒットさせることは可能
ヒットさせるなら個人出版でヒットさせそこから出版社に高額契約させるべきだが
その場合にも日本の出版社を選ぶより海外の出版社を選んだほうがいい

まあ海外の場合売れる作品は印税率が跳ね上がる契約なんだろうが
どうせヒットさせるなら海外経由のほうが得だな

>電子書籍の浸透した欧米市場より

だからこそこれからは変わる可能性が高い
毎週毎月個人レベルで漫画雑誌が発行できるインフラが欧米にも出来たわけだ
あとは個人で漫画を生み出し連載する文化が生まれるだけ
日本にはそれがすでにある
日本から海外市場へ打って出るべきだろう
そしてヒットさせてしまえば日本の出版社を通すより遥かに稼げる

230 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 12:13:27.41
一年で100億近く稼ぐプレイヤーが何人もいるなら
日本の出版社もある程度還元しているなと思うが
例外的水増しヒットでアニメ化映画化グッズ化ですら遠く及ばないw

そして日本の出版社は世界一高給を誇っている
どこに金が消えてるか一目瞭然だなw

日本の出版社を通すメリットは皆無
電子化で欧米にも漫画流通の基盤が出来た
あとは面白い作品を生み出し流すだけ

とりあえず個人出版、そこから高額契約で海外出版社と契約
世界規模でこれからそれが始まるだろう
これで決まりだな!

231 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 12:27:31.83
漫画家志望とか関係なくて今の稼ぎから一生どれだけ稼げるか分ると思うのだが
億と言う数字がどんなものかを理解していない様子だがお前。

あ……もしかして働いていないのか
だからか

232 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 12:33:44.80
>>231
お前の言葉の定義を押し付けられてもなw
漫画家になりどれだけ稼げるのかと普通は思うだろw
俺は漫画家志望者ではないためどれだけの才能があるかわからない
よって漫画家になったとしてもどれだけ稼げるのか予想不可能

それとは別にそもそもヒットさせても日本の出版社の提示する印税率は低いようだ
やはり日本の出版社よりも海外の出版社と組むべき

個人出版で人気を出し海外出版社と日本の出版社を競争させるべきだと思ったが
どうやら現時点で海外出版社のほうが印税率が高く良心的だとわかった
海外では契約時には注意が必要だがそこさえしっかりすれば海外ではヒット作品の
日本に比べて原作者には桁違いの金額を還元することが判明した

もはや比べるまでもない
あとは海外出版社間で競争させるだけだな

233 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 12:36:15.52
だからお前が漫画家とか志望者とか関係なく、お前の言うたかが数億を稼ぐのにどれだけ働くかを聞いてるのな
バカは本当にバカなんだな

234 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 12:38:49.20
何で漫画志望者とは関係ない話を言ってるのに、漫画家になったらどれだけ稼げるかとか予想不可能とか答えてんだよ
日本語読めないのか?ぼくちん

235 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 12:44:24.08
スレと何の関係もない話をいきなり持ち出されてバカ呼ばわりされてもなw
リスクに見合ったリターンがないってことだろ

日本の出版社が設定する印税率が海外と比べて不当に低いことはもうわかった
これは日本の出版社を通す選択はありえないことを意味する

漫画は世界的に有名でフォーブズに載るような作品よりも
よほど世界的な人気を得ているケースが多い
しかし漫画家の収入額は遥かに下

漫画で成功したら大金が入る!これしかない!

と言うくらいならせめてフォーブズの上位にコンスタントに入るくらいは
還元するべきだろうな

数億稼げれば個人資産としては十分?

フォーブズ上位作家達に言ってこいよw
個人には数億で十分だから残りは出版社に返せとでも言って来いwwwwwwwww

236 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 12:50:03.32
海外の出版社を通したほうが儲かると思っていたが
正直ここまで凄いとは思わなかったw
ハリポタ作者の年間300億は確かに例外だと思ったが
年間100億円プレイヤーが何人もいるとはw

海外出版社経由でここまで儲かるなら
個人出版発でヒット出したらさらに上乗せ

日本は才能を下請け扱いというがまさにその通りだなー
やはりヒットさせるなら海外経由だ
ありえないありえない日本の出版社経由はありえない

237 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 12:58:51.83
漫画は世界的大ヒットになることも多々あり
派生産業を含めると数兆円にまで膨らむことも多い

そのすべての中心にあるはずの漫画家が
コンスタントにフォーブズ上位に入れないとは
これはどこかおかしい、すべてがおかしい
日本の出版社を通すことそのものが間違った選択であるのだろう

出版社を通すなら印税率の高い海外出版社を通すべきである

238 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 13:01:17.98
自分で稼ぎもないやつがリスクの話とか笑えるなおいwwww
お前自分は数億なんてのはすぐに稼げる端金って思ってるみたいだけどもさ
本物の馬鹿って言うのはお前みたいなのをいうんだろうな。
だからお前一人でいつまでもズレた妄言はいてる訳か
とりあえずこんなところで妄言吐くよりも働き口探せよwww

239 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 13:07:01.42
効いてるw効いてるw ってやつだなw

志望者激減、ヒット出ない、長期連載終了間際、
少子化加速、高齢読者卒業、新規読者離れw

5年で数十パーセントも減らしてるようだが
このまま進めばどうなるかバカでもわかるw
そりゃ出版社に不利なことは言わせまいと工作員も雇うわなw

240 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 13:11:41.14
5年で40%も減ってる雑誌もあるという噂を耳にしたが本当なのか?

5年で40%ならさらに5年後にはどうなってるんだろうなw
10年後はおそろしいことになるんじゃないか?

もう雑誌の時代は終わりだな
間違いない

241 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 13:31:51.35
マジレスすると海外は表現規制が厳しくて日本でヒットしてる漫画の多くはそのままじゃ売ること自体できないぞ
コミックの規制がゆるい日本だからこそ創作できて売れてるわけ
漫画もアニメも輸出されるときかなり改変されて原型とどめてないの多いだろ

242 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 13:45:01.62
まあそこは確かにその通りだな
しかしそこさえクリアすれば売ることは出来るわけだ
日本向けはそのまま売れるしな

日本の漫画は面白ければ海外でも売れるのは既に証明されている
あとは海外向けに規制箇所の修正だな

しかし日本のキンドルは規制も緩やかだと聞いたが
あれは世界中で売ってるはずだ
それとも日本のサイトだけでしか売ってないのか?
あるいは電子コミックに関してはまだそれほど規制は強くないのかも知れないな

243 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 13:59:28.55
「コミケ」の電子掲示板版サイトを作れば良いだろう。

そこには、同人が集って、作品を掲載して、ダウンロード販売をする。
もっとも、パロディの元ネタにされた出版社や著者達が黙って認める
かどうかが問題だが。

244 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 14:02:17.25
同人=エロ漫画だろw
そんなものをわざわざ売ってどうするw
オリジナル作品で勝負しよw

245 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 14:25:57.59
プロモいてオリジナルで勝負なコミティア会場に一度行ってみるといい
如何に個人でのオリジナルが売れにくいか良く分るから

でもバカは外に出れないもんな。馬鹿だから

246 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 14:32:09.03
規制つうか購入制限掛かるぞ
キンドルキンドル煩いくせにそんな事も知らないとか

247 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 18:41:05.42
漫画が売れてるのは子供が小銭持って本屋で単行本買えるからだろ
電子購入なんて大人か親が代わりに買わなきゃ無理なんだからなかなか売れないよ
音楽や小説は購買層が大人だからいいけどさ

248 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 18:53:08.76
たしかにその問題はあるな

249 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 20:03:13.22
支払いとか子供じゃなにするか分ったものじゃないしな

250 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 20:10:16.71
フォーブズの上位にランクインするくらいでなければ
日本の出版社は漫画家に十分な還元をしているとはとても言えないよな
年間100億稼いだ作品より世界的に人気になった漫画コンテンツはあるよな?
そいつらが年間100億以上稼いだのか?

数年で資産が数百億に達してなければ十分ではないな
何作も大ヒット出して何十年もトップにいたら数千億に達しているべき

それでこそ「漫画で成功したら大金が入る!これしかない!」
が真実味を帯びてくるというもの

251 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 20:16:30.14
某雑誌などは時冊者まで出るほど過酷な競争を強いているにも関わらず
漫画家に十分な還元をしてないらしいからな
それほどまでにリスクを冒させておいて成功報酬が低いのはまさに外道
せめて世界基準で稼がせるべきだ

大ヒット出したら年間100億は当たり前の世界にするべき
ハリポタレベルの世界的ヒットになれば年間300億近くにするべき
海外の出版社では実際にその金額を還元しているのだからな
そうすれば減り続ける志望者数も間違いなく回復する

いやむしろ漫画家のほうが積極的に海外の出版社に売り込みをかけるべきかもな
もちろん個人で電子出版し人気を出してからの話だが
日本の出版社に期待しても決してフォーブズ上位にはランクイン出来ない

252 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 20:33:29.07
海外の出版社にとっても日本の漫画文化をそっくりいただけるなら歓迎だろう
もともと日本より高い印税率を設定しているならそれだけで日本の漫画家は大喜びだ
年間100億、世界的レベルのコンテンツになればそれだけの金を生み出すわけだ
ハリポタ作者は年間300億〔正確には270億〕まで到達

海外の出版社と有利な条件で組むためには個人出版から始めなければならない
個人出版で人気を獲得しそれによって有利な条件を引き出す
海外の出版社と組んでワールドワイドに漫画ビジネスを展開
もちろん日本市場も徹底的に占領する
漫画家に利益を還元しない出版社の作品に負けてはならない

そのようにやれば自ずとフォーブズの上位にランクインできるだろう
海外の出版社と組むことで成功レベルに応じた報酬を手に入れられるわけだ

世界的大ヒットとなれば最低年間100億は当たり前!が正道
10年ヒットし続ければ資産一千億以上は当たり前!が正道

これくらいは当然だろ

253 :名無しさん名無しさん:2014/06/08(日) 21:33:36.82
印税と原稿料
これに関しては、大いに関心があると思います。
日本の場合、定価の10%が相場です。
国際相場的に日本の印税率は低いのですが、出版不況を口実に更に下げようとしている出版社がいるようです。
http://www1.odn.ne.jp/drinkcat/topic/lecture/stop_it/debut.html

アメリカの作家の儲けっぷり―How much would a bestselling author earn?
フォーブス誌で「儲けている作家リスト」なるものを見つけたので興味深く読ませてもらった。
こういう金額を見てしまうと、いかに日本の作家が効率の悪いことさせられているかが浮き彫りになって気の毒なのだ
映画化権だけでも500万ドルって話だし。
http://oharakay.com/archives/3060

米経済誌フォーブスが2012年度の「作家長者番付」を発表しました。
最も稼いだのは全世界で7000万部を売り上げたと言われる
「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」シリーズ原作者のE.L.ジェイムズ。
その額9500万ドル(!)これまで小説を書いたことがなかった英国の主婦がいきなり1位です。
2位は「多重人格殺人者」のジェームズ・パターソン(9500万ドル)、
3位は「ハンガーゲーム」シリーズのスーザン・コリンズ(9100万ドル)、
4位ビル・オライリー(2800万ドル)、5位ダニエル・スティール(2600万ドル)となっています。
http://cue.ms/news/forbes-e-l-james/

254 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 04:05:25.42
「製作委員会」シンドローム −顕在化して来た、映画の著作権共有リスク−
http://www.kottolaw.com/column_090909_1.html

■製作委員会とは

「製作委員会」とは、基本的には複数の会社が資金を出資しあって映画を製作し、
完成した映画の著作権を出資者が共有する方法である。

原作者への配分は、何も言わないと、出版社のいいなりで決められ、
MAXでも1000万円と勝手に決められており、いくら家ががヒットしても、分配は増えないそうだ。

その原因とも言えるのが、「製作委員会」方式だ。
映画制作に出資した企業が、その利益配分を公平に分配する仕組みであるのだが、
公平なのは出資者に対してだけであり、出資者への利益を最大限にするために、
肝心のクリエイターへの配分はできるだけケチられるのが常だ。

http://content.blog.so-net.ne.jp/2014-03-02

255 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 04:11:46.47
映画の原作使用料の金額には、一定の基準がある。
日本文藝家協会の規約第25条の「映画制作及び上映等における著作物の使用料は、番組制作費や提供価格等を斟酌(しんしゃく)し、
1000万円を上限として利用者と本協会が協議して定める」という取り決めが、目安となっている。原作使用料のボリュームゾーンは200万〜400万円。
製作費が高額な場合や、原作、作家の知名度が高ければ相対的に上がるが、高額でも700万円程度。
原作者はこのうち約60〜80%を受け取る(図2)。

256 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 04:15:01.50
>公平なのは出資者に対してだけであり、出資者への利益を最大限にするために、
>肝心のクリエイターへの配分はできるだけケチられるのが常だ。

>1000万円を上限として利用者と本協会が協議して定める」という取り決めが、目安となっている。
>原作使用料のボリュームゾーンは200万〜400万円。
>高額でも700万円程度。原作者はこのうち約60〜80%を受け取る

海外では映画化だけでも500万ドル〔5億〕だろ?
どんだけwwwww

257 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 04:18:10.71
54:名無し物書き@推敲中?[sage] 2010/01/27(水) 08:35:48
>>47
>著作者を囲い込む作戦とみられており、既存の出版社には脅威となりそうだ。
この部分はただの被害妄想だよ
単に欧米の標準的な考え方を持ち込んだだけ

日本は粗利を作家と出版社が1:2で分配してる
でも欧米は作家と出版社の割合が2:1
売ってやってると考える日本と著者がいるから本ができると考える西洋の考え方の違い
35%、70%も慣習としての分配率が使われたに過ぎない

258 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 04:30:24.96
どこぞの馬鹿は「マンガ家はリスクの高い仕事してるんだからもっともらえて当然」っていってるが
そこがまず、根本的に馬鹿。

あんね、リスクが高いってのはマンガ家だけじゃないの
表現活動という仕事全部がそうなの。

「こんなに頑張った こんなに時間かけた こんなに人生賭けた」っていうのはね
はっきりいって「面白くなきゃ、客が満足しなきゃ全てが無駄」なの。

表現活動はすべてそうだよ。漫画も映画も音楽もお笑いも。

259 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 04:37:25.73
だからすべての漫画家を「漫画家だから」でイコールコンディションで還元させろというのが
そもそも、なーーーーーーーーーーんも作ったことのないやつのクソみたいな妄想なの。

才能の無いやつは稼げない  これで普通。というか大原則。
同時にいくら才能があっても量がこなせない 送りだすのに時間がかかる。
これも稼げない。 

そんなことは漫画家を本気で目指すやつは、皆承知の上だ。
それでもこの危険な商売に乗り出していく。

なんで?
それは君には全く理解できないだろうね。
リターンしか考えない、自分でものづくりをせずに、誰にも届けたことがない部外者には一生わからないよ。

わからないからこんな2ちゃんで虚しい金勘定してんだ。
ウジ虫の遠吠えをね。

260 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 04:40:09.56
>>258>>259
単純に考えろ

海外の出版社の利益配分 作家:出版社=2:1
日本の出版社の利益配分 作家:出版社=1:2

どっちを選ぶ?
これは単行本における配分だ

そして海外で映画化されると原作者に5億入る
日本は1000万を上限と勝手に決定した上で
漫画原作では100万〜200万ぽっきりがほとんどww
数十億ヒットしようがインセンティブ収入はないw

グッズ販売についても映像化作品の出資者優先で利益配分されるため
原作者への配分は常にケチられるというオチw

ここでの思想は「金出した奴が偉い」
漫画家は映像化で一円も損しないというが漫画家は作品を生み出すために
人生のリソースを注いでいるわけだがその対価が100〜200万ポッキリw
「金出した奴が偉い」なら金はクラウドで集めるべきだな
金しか出せない能無し企業がふんぞり返るなら金すら出させないようにするべき

261 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 04:45:13.92
>>259
>そんなことは漫画家を本気で目指すやつは、皆承知の上だ。
>それでもこの危険な商売に乗り出していく。

漫画家志望者はここ10年で半減してるだろw
頭良い奴はブラック仕事だと気付いて他分野に逃げてるな間違いないw
残ったのはヒット出せない二流三流集団のみ
商業でヒット出る頻度が恐ろしく減ってるだろ?
ブラックな環境だと某漫画家が暴露してくれたおかげだなこれもw

262 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 04:55:18.79
日本は出資者同士でつるんで原作者を大事にしない文化があるようだ
金を出す奴等が偉いという薄汚い思想が蔓延っているのが日本

反対に海外では原作者がいなければ作品は生まれないと考えるようだ
つまり原作者が偉いという至極まともな思想が海外

原作者を下請けとみなして金を還元しないのが日本

原作者あってのビジネスとみなして原作者に金を還元するのが海外

単に考え方の違いなのかも知れないが電子化時代になったのだから
原作者により多く還元してくれる海外の出版社を選ぶのも一つの方法だろう

263 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 06:00:45.61
自費出版君の反論はいつも反論になってないのがすごいな
本当に日本人なのかと思える読解力

264 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 07:36:35.51
>>221
年7000万部も売れたマンガって、日本にあるの?

265 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 10:30:26.37
ないと思うよ
2010年→2011年のワンピースの5000万部が日本で一番だ
今後これを抜くのはワンピース自身でも無理だろう
この時は一年中オリコンの100位以内をワンピの単行本60冊以上が入っていていて
1万部くらいの小粒の作品の売り上げがさっぱりわからない状態だった
本屋側もワンピさえあれば他の漫画はいらないというくらいワンピだけに依存してた

266 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 12:10:20.90
だからねー 10億の理屈は「100万部のヒット出せない 儲かることのできない漫画家は漫画家じゃない」なんだよ
ホントに幼稚な頭。

一つの文化を大ヒット漫画家だけが支配してると思ってるのが幼稚きわまりない。
それ以外の「たいして売れはいないけど自分の好きなもの描いてるマンガ家」っていうのが
漫画文化を支えてるんだが?

そういう良作があるからこそ、そこを目指す志望者も生まれる。
読者もそう。 皆が100万部漫画だけを欲しがってるわけじゃない。
そこが世界で唯一、独自に進化 発展した漫画感性なんだけどね。

ジャンプ漫画の価値観しかないお粗末な脳みそwww

267 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 12:18:03.08
出版の漫画が皆「原作者を大事にしない」って決め付けてるのも二重の馬鹿

もしそうなら、全部の漫画家にワンピと進撃の巨人のコピーを命じるよ。
これだけいろんなスタイルの漫画が現存するってことは
「君が面白いと思うもの描いてごらん」って土壌があるからだ。

結果それが売れなくてもね
反省し改良することができる。

出版社の言うがままに描かされるってのは、
そいつが自分で描きたい、表現したいものを持ってないからだよ。
絵だけ今風に描けるけど、何も中身持ってないやつ。

すぐに「面白いヒットする漫画の作り方教えろ」っていう どこかの誰かと同レベル。

268 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 12:54:40.28
じゃあなんで名誉男性設定が消えないんですかね
オタ雑誌がわざとつまらなく描いた話まみれなんですかね
読者が求めてる話(×設定)ってすごく分かりやすいのに
同じ売れない漫画なら、好きな描き方を取ればいいのに

269 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 13:53:04.66
だ・か・ら
そういう話しか描けないの。 そういう漫画家は。
と同時に「そういう漫画だけでいい」って客もいるの。

自分が嫌いだ 理解できないからってね
そういう客全部を否定しちゃいかん。

君が好きな漫画もある人にとっちゃ「こんなの読んでる奴 趣味ワリー」だぞ。

270 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 14:48:06.44
>>267
スレの流れからすれば

「原作者を大事にしない」=「原作者に金が落ちない」

だと思うが?

271 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 14:49:16.57
それはお前だけの流れでは

272 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 14:54:40.36
これまでのスレの流れをまとめると

■紙の単行本利益配分

〔海外〕作家:出版社=2:1
〔日本〕作家:出版社=1:2

■映像化における原作使用料

〔海外〕約5億円(500万ドル)
〔日本〕100万〜200万(最高上限1000万と勝手に決めてるw)

■グッズ印税

この詳しい数字はまだ調査中だが紙の印税率や原作使用料金などから
推測しておそらく海外は高く日本は異常に低いと予想される


【結論】日本は世界的にみて印税率が異常に低い!

273 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 15:03:18.72
日本も本来は紙の印税率は15%だった
作家にも在庫費用負担をさせようと10%にした
そしてさらに下げようとする動きがあるらしい

海外では実売印税ながら印税率は
米国で15%
欧州で20%

出版不況の日本において現在は極めて初版部数は減らされており
極めて悲惨な状況になっているため刷り部数に印税が発生するといっても
ギリギリのラインを出版社は見極めて刷るようになっているらしい
また印税率をさらに下げる動きも出てきているため論外だ

原稿料を今の倍にして実売印税方式に代え印税率20%にすれば
ようやく欧州並みの水準になる

もちろん映画化における出資者配当に相当するものを
漫画家が無出資で手に入れられるようにすることや
グッズ印税なども同様の水準で引き揚げるべきである

そうすることによって日本の漫画界は再び優秀な人材を確保することだろう

フォーブズのランキング上位に日本の漫画家がコンスタントに入るレベルになれば
そこで初めて十分な還元をしていると認めよう

274 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 15:04:56.46
らしいといっても現在一巻の初版幾つ刷るものなのかな?もちろん知ってるんだよね

275 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 15:18:21.85
>>274
そのサイトには様々な要素を考慮して刷るため
画一的に決定しているわけではないが出版不況の昨今では
総じて極めて低い刷り部数になっていると書いてあった

最近は特に初版部数が極めて少ないらしい

276 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 15:23:11.35
だから幾つくらいを想定していってんの?まさか分らないのかよwww

277 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 15:30:04.38
フォーブズにランクインした作品よりも人気が上の漫画なんて
過去にいくらでもあっただろ?

つまり日本の漫画家もフォーブズランキング上位10作品以内に入るレベルの収入があってもいいはずだ
しかし日本の漫画家の収入がコンスタントにランクインするレベルだとは思えない
年間100億円の収入を何人もコンスタントに得ているとは思えない

単行本を年に4冊出しても例えば印税10億以上得られる漫画家が何人いるというのか
紙の単行本で10億にすら到達しないのであればいくらメディアミックス収入があっても
年間100億円の収入には到達しえないだろう

フォーブズランキング上位の作品よりもよほど人気のある日本の漫画コンテンツは
あったはずであるが果たして収入の面でフォーブズランキング上位の作家と五分
もしくはそれ以上の収入が原作者の漫画家にあったのだろうか?

やはり海外の印税率は高く、日本の印税率が低いことが原因だろう

278 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 15:32:13.26
>>276
ネットで検索すればすぐに出てくるだろw
雑誌によっても違うし人気によっても違うと某有名雑誌の編集者の発言がある
腐るほど出てくるから検索して参考にしろ

分かっていることは最近の初版刷り部数は極めて少ないということだ

279 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 15:33:49.75
すぐ出てくるなら答えてみろよwほれ、ちゃんと数字出してみな
何にも知らないって正直に開き直ったほうがまだ可愛げがあるってもんだ

280 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 15:38:50.73
出版社はもう終わりだよ
存在価値が無い
漫画家志望が持ち込むなんて過去のモノ
残念だったね

281 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 15:39:54.25
そうだな。ゴミ志望者が減ってマシなのが残って万歳だな

282 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 15:45:33.23
>>279
「漫画 単行本 初版部数」で検索しろよw
その中で出てくる数字を読めw

>>281
むしろゴミ連載漫画が増えていると思うが?w
漫画雑誌が数年で数十%部数を下げてるのがその証拠だw
冷静に考えて極めて危機的状況だろ?
一般常識から考えてそうなったら普通はもうオワコン業界と認識する
泥船に乗ってる奴はいつまでも気付かないのかも知れないがw

雑誌の時代はもう終わった

283 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 16:24:52.82
やはり狙うべきは海外出版社だな
個人出版で人気を出し高額契約で海外出版社と組む
そしてそこから海外市場&日本市場を一気に占領
大儲けだろどう考えてもw

未来の天才漫画家志望者達よ
お前らの出番だ

284 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 18:51:48.04
なんだ。やっぱり数字自分では一切出せないくらいに知らないんだな
よくわかったわwwww

285 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 22:06:30.58
しかし雑誌ももう終わりだな
終わりといっても即消えるわけではないが
5年で数十%も部数を減らしているらしい
このまま進めば多くの雑誌がネット配信になるだろう
週刊雑誌は減り続け月刊雑誌に変わりそしてついにネット雑誌となる

出版社など必要ない
改めてそう思わされるニュースだ

286 :名無しさん名無しさん:2014/06/09(月) 22:25:52.12
目指せ!世界で大ヒット!キンドル米漫画チャート1位作品の4カ国語翻訳プロジェクト

英語版は2012年6月に、Kindle Store U.S.A. 漫画チャートで1位を獲得いたしました。
現在もコンスタントに50位以内にチャートインしております。

ttp://camp-fire.jp/projects/view/334

287 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 00:26:56.83
10億って書き込めば書き込むほど、自分が出版で通用しなかったことの
ひがみだけで生きてんだなあとwww

出版社の時代はもう終わりだ
そこを選ばなかった俺様の判断は正しいと

自分の無能さを棚に上げて、出版のシステムが悪いからヒット作が生まれないと

じゃあシステムが良くなりゃ、お前のクソな才能が開花するのかとwww
クソはどこへ行ってもクソ
2ちゃんで愚痴言うだけしかできないクソ


出版者が必要ないんじゃない
お前という人間を社会が必要としていないんだよwww

288 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 02:14:52.12
>>283
駆け出しの漫画家に、個人出版を出す金があるわけねーだろ

289 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 02:26:10.95
>>283
最初から英語で漫画書いて、内容も最初から海外受けを狙った内容にしないと
海外出版社は契約してくれないけどね

290 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 03:37:08.31
>>288
電子書籍で個人出版するのに金がいるとでも?ww
海外で個人作家が億稼ぎ始めただろうがw

>>289
海外受けを狙わなくとも日本国内で人気が出たものはだいたい
そのまま海外でも人気が出ただろ?
規制部分のすり合わせは必要だろうが万人受けなら
殊更海外向けを意識する必要はないだろう

291 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 04:06:37.66
143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/08(日) 21:31:51.94 ID:7xrkhku9
大手は自分たちで市場をコントロールしようとしてるみたいだけど、
それならどちらかというと作家を厚遇すべきなんだよな。

今みたいに二束三文で買いたたいて何の相談もなく外国語翻訳版を出したり、
ドラマ化アニメ化して作家には雀の涙ほどしかギャラ払わなかったりと馬鹿にした態度を取ってるけど、
物凄く舐めた事されるなら自分で出すって作家が増えちゃったら業界は結局は根元から腐ることになり、
営業の根幹に当たるコンテンツが枯渇してすぐにダメになっちゃうからなぁ。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/06/09(月) 13:00:34.63 ID:AYwZ5vqD
ビジネス本なんかは、Kindleデビューの作家が結構いて、そこまでアンテナを張ってない俺でも
著名を聞くようになるくらいに売れてる作家も出てきてる。

292 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 08:10:46.92
はいはい、ここでもまた世間知らずのバカがいますね。

「ドラマ化アニメ化」って、漫画描いてりゃ勝手にやってきてくれると思ってんの?
しょせん一個人の超零細企業でしかない自営の漫画家の仕事場に、大企業がやってきて
「あなたの作品をドラマ化したいんですが」が起こると?


バーーーカーーーーでーーーーすーーーねーーーーーwwwwwwww

293 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 08:24:00.01
ドラマやアニメを一本作るのにどんだけ金が掛かるか知ってんのかね。

仮にそれが一本1000万だとして、「自分の作品ですから」って漫画家が自分で制作費出すかい?
出せないだろ?
つまり制作費は全部「向こう持ち」だ。

ここんとこを、完全に忘れて「自分の漫画のイメージと違うのを作られてプンスカ」ってね。
商品というものは「金出したところが、発言権がある」なんだよ。
自分の理想どうりにしたけりゃ、環境も流通も映像制作スタッフ自腹で作らないといけない。

アマゾンやキンドルも同じ。
「環境を金出して作ったのはこちら  君らにはそれを使わせてやってるだけ」にすぎない。
価格も売り方も向こうが決める。
アメリカンビジネスとはそういうもんだ。

294 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 09:04:46.62
だから「作家も意見を言える場所」として「企業対企業」で渡り合うんだよ
それが作品を発表している出版社だ。
これが「企業体個人」だと、好きに作られて終わる。

いっとくが「だから作家のわがままが通る」ではない。
あくまでも「言う機会がある、言って聞いてもらえる可能性がある」までだ。

作品や作家の方向性を組んでくれるかどうかは、映像側が「オリジナルを大切にしたい」と思うかどうか
ただそれだけだよ。

295 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 09:37:43.43
「マネジメントを出版社にまかせて作家は自分の作品(漫画)に打ち込む」

「金を得る代わりに時間を浪費して自分で勉強してマネジメントする」
のどっちが良いかってことかな?

日本の前者の従来型だと原作である漫画の権利は圧倒的に作家が強いんだよね?

296 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 09:59:31.96
そう
アメリカのエンタメ市場だと売れるように平気で内容変えられる
内容変えないなら売ってくれない
あまり知られてないが日本の小説の英訳本なども出版社や訳者に勝手に数章省かれたり終わりを改変されたりしてる
欧米の小説を忠実に和訳する日本の本だとまず考えられない
米市場は売るために原作なんてどうでも変えていいと思ってるし原作者の意見も尊重しない

297 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 10:10:49.52
>>292
>「ドラマ化アニメ化」って、漫画描いてりゃ勝手にやってきてくれると思ってんの?

キンドル作家の成功例を見るとアニメ化は個人でも可能だと俺は思うがな
クラウドファンディングを併用すれば十分に可能
もちろん人気があって売れる作品の場合限定だが本来はそれがアニメの形だろう
一年に数億あればアニメ放送が可能
これは人気漫画であれば市場から資金を調達可能だろう
一般に投資対象として資金を集める
漫画家は自動的に制作委員会のメンバーとして配当金を得る(原作使用料とは別

298 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 10:13:26.83
ん?アニメは原作売るための宣伝広告だぞ
何言ってんだ

299 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 10:13:35.83
>仮にそれが一本1000万だとして、「自分の作品ですから」って漫画家が自分で制作費出すかい?

単行本が売れまくったら出せない金額ではないし
またそれが難しければ市場からクラウドファンディングで調達する方法がある
すべてのヒット作が独立してしまうともちろん出版社は完全に干上がるがw
将来的に半々程度にまでは進むだろうな

金を出してる奴が偉いのかそれとも作品を生み出す奴が偉いのか
これからの時代はそれに答えを出す時代になりそうだ

300 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 10:18:36.21
>>298
>ん?アニメは原作売るための宣伝広告だぞ

もちろんそうだがアニメを制作する場合に現在用いられている制作委員会方式では
資金投じた額に比例して配当金を得る仕組みになっている

漫画家が得る原作使用料とはまったく違う
これから漫画家が手に入れるべきは「配当金」のほうだ
新しい法律で漫画家などが資金を出さずとも配当金を得られる方式のものが出現している

漫画家も出版社やテレビ局など出資者に相当する配当金を無出資で
得られるなら特に不満はないだろう

原作使用料+配当金=漫画家の収入

最も良いのは映像化権を保持して人気を獲得し市場から資金調達しアニメ化
これで漫画家がビジネスの頂点に立てる

301 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 10:20:09.81
>>295
エージェント雇うだろwバカすぎw

>>296
日本向けまで変わるわけじゃないだろw
その国に沿った表現に多少変えるくらいは問題ない

302 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 10:21:52.88
やはり海外市場だな
日本の出版社の印税が国際標準的に不当に低いと判明した以上
海外市場を狙った作品を描き人気を獲得し海外の出版社と有利な条件で出版するべきだ

303 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 10:37:24.46
つまりアニメで失敗してこけたら漫画家の責任で、その負債分を背負うのか
人件費とか大変そうだな

304 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 10:41:25.42
実売数の海外と印刷冊数の日本じゃ同じ印税でも全然違うけどな

305 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 10:55:23.60
>>303
負債分を背負う?
アニメ化に賭ける自由もあるべきだろうし
賭けてどうなるかはやってみなければわからない

また資金をクラウドファンディングで集めてしまえば
失敗したとしてもそれほどの痛手にはならない
そもそも人気になってからのアニメ化で人気を出す為のアニメ化ではないからな

どちらにせよ映像化するなら海外経由だな
日本経由はどんなに頑張っても1千万を上限に一般的には200〜400万で
手数料を引かれて100〜200万になってしまう
そしてそれっきり何も入ってこない

海外なら映像化で五億
紙の単行本印税も20%でグッズ印税もおそらく高い

日本経由は糞だw

306 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 10:59:07.50
むしろ逆に俺が出版社やテレビ局であれば
漫画家を出資者相当に迎え入れて配当金を流すがなー
それでがっちりコンテンツを押さえることが出来る
しかし日本のメディア界隈は強欲の集まりなんだろうw
日本の癌細胞であるマスメディアだが
これから衰退傾向は間違いない

307 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 10:59:58.30
映像化で五億の作品ってどれくらいあるの?
去年だけで何作?

308 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 11:03:50.62
>>307
まあ人気などによって違うんだろうが
少なくとも映像化で100万200万ポッキリの
日本の糞出版社と糞テレビ局とは天と地の差があるのは間違いないw
漫画家側がこいつらにコンテンツを流さなければすぐに干上がる
どうせ組むなら海外の出版社だな
ここがキーポイントだったとはな

個人出版で人気出す→有利な条件で海外の出版社と組む
              →世界市場並びに日本市場を占領

これが勝利の方程式というわけだ

309 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 11:13:09.16
何作と聞いているのに答えられないあたりがもうね

310 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 11:18:48.08
海外のクオリティで日本の漫画をアニメ化されてもまったく毛色の違うものしか生まれない気がするが

311 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 11:19:18.79
>>単行本が売れまくったら出せない金額ではないし
>>エージェント雇うし


この「まず売れてることが大前提」ってどこまで馬鹿なんだwwwww
そこに行くまでがまず驚異的に可能性が低いのに「売れたら可能」なんて馬鹿すぎーーーーー

売れてみろよ まずお前の才能でwww

人気を出す? どうやって? 何を描いて???
それが誰でも可能なら1億人が漫画家目指すってwww

人気が出るってのは「面白い漫画を大量に量産できる」ってスキルがまず何より必要なんだが?
皆がそれが出来てるのなら、出版不況なんて無いよなあwww

もうクソ クソ以下 狸の皮算用って言うほどのもんでもない
ウジ虫の妄想www

312 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 11:23:52.45
ま、実際そんな才能ある奴が居るなら既に現段階で個人でそれなりに活動しているとは思うんだが
あと4年だか5年だっけ?今からでも割と積み重ねてなきゃ5億級うんコンテンツになるの、難しいんだけど誰か居るのそんな人

313 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 11:27:10.19
まず10億は「これが俺が考えた超売れる企画」ってのをここで言ってみなよ
描けなくてもいいよ。
描けないのはとうの昔に分かってる。

それで皆に「俺様の才能」を見せつけてみな。

まあ何も期待しないがなwww
あれこれ屁理屈で逃げるのはわかってる
「なんでその売れる企画をやすやすとお前らに教えなきゃならないんだ」とかってwww

悔しかったら自分の実力を見せてみなーーーー
志望者崩れのウジ虫くんでないことを証明して見せろーーーー

314 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 11:28:55.71
正味金儲けの為に漫画描いてるわけでも無いしな
必要な分稼げて好きに漫画描ければそれで充分だし

315 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 12:16:46.54
原作料が高いとしてもドラゴンボールの実写みたいにされるのは嫌だべ

316 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 12:22:31.10
映像化で5億ももらえるような作品ってその時点で1千万部くらい売れてる作品じゃないの?

317 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 12:37:08.27
エージェント雇ったところでワンピやナルトクラスじゃないと5億ももらえないだろうな

318 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 12:56:10.92
10億の妄想って、キャッチボールすら出来ない奴が
「甲子園で優勝投手になったら、俺は日本の球団じゃなくてメジャーとだな
CMとかもバンバン出て伝記映画化だな」って言ってるに等しいww

319 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 13:03:59.85
そもそも現在出版で活躍中のプロ漫画家が、なんで取り分が多いはずの個人配信に乗り出さないのか?
ここにもう答えあるんだが?

これから「売れるかも知れない」じゃなくてな 「既に売れている漫画家」

みな10%の印税で契約してるよ。
10億の言う通りなら不満タラタラだよね。  でも個人配信はしない。

それはそこに確実にメリットがあるからだ。
メリットがあるなら変える必要もない。
ど素人の10億には既存の環境で生き残った人間の感覚は一生わからないだろうね。

320 :名無しさん名無しさん:2014/06/10(火) 18:34:11.93
お金だけの為には描いてないけど
(漫画を選ぶと言う時点でry)お金は欲しいかな

321 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 16:05:04.62
>>293
オサムシさんは、自分の漫画を自費でアニメにしていたぞ
これは超有名な話だけど

322 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 17:52:51.44
だからアニメつくりたきゃ自分でつくりゃいいんじゃね
今の漫画家だって作りたきゃじぶんでつくるだろ。作らないのはアニメとかどうでもいいだけで

323 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 18:48:34.44
あんなあ そりゃ自己満足の実験アニメレベルだ
毎週30分で送り出すレベルには程遠い。

手塚治虫が自費で作っていたというのは、彼がその頃超売れっ子であったからだ。
その頃アニメに興味があった漫画家はほかにもいただろうが
自費でスタジオ立てて番組制作までもっていけたのは手塚治虫だけだよ。
そんなのが一般例になるか。

324 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 19:20:11.61
>>323
オサムシのアニメは大人気だったぞ
あの人気で実験的とか言ったらダメだろ、結果はキッチリ出ているのだから

325 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 20:11:29.70
>>322
>今の漫画家だって作りたきゃじぶんでつくるだろ

映像化権を出版社に握られている時点で
漫画家が勝手にアニメ化するのは無理

326 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 20:17:10.51
>>325
そういうことじゃなくて、最初からアニメにするつもりならそういう企画として一から自分で作ってるだろって話しな
バカにはわからんのかね?

327 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 20:43:52.62
>>326
つまり出版社を通すなとお前は言いたいのだな?

328 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 20:51:49.75
>>327
アニメ作りたいなら最初からアニメ作れといいたいのな

329 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 20:52:41.46
間違い
「作れ」じゃなく「作る」な。

330 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 20:55:35.42
連続アニメは個人作業では不可能だろ
原作である漫画を描いてそれ以降は他人にバトンタッチ
   注 ただし日本のボッタ栗出版社は除く

331 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 21:06:37.85
>>330
不可能ならマコティック新海はなんだったのか
まさかお前、テレビシリーズでやりたいとか言ってるのか?
それこそどこの国だろうが無理な話しだぞ

332 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 22:19:34.77
Why?

333 :名無しさん名無しさん:2014/06/11(水) 23:02:37.63
【話題】止まらない視聴率低下・・・テレビ局はネットの普及によって圧倒的優位性を失った事実を受け止める
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1402442359/


テレビでさえネットの普及によって視聴率が低下する時代
出版だけがネットに対して無傷でいられると思う馬鹿がいるwwwww

334 :名無しさん名無しさん:2014/06/12(木) 03:56:02.93
えーとな、アニメーションにおけるスキルは、漫画とは全く別のものだ。
うまいマンガ家=うまいアニメーターではない。

個人でも作れるようにはなったが、それはあくまでも「個人レベルで」だ。
短編なら「個性」でごまかせるが30分 いや10分以上になるとトリッキーなだけでは持たなくなる。

何より物理的に時間がかかる。

335 :名無しさん名無しさん:2014/06/12(木) 04:03:13.00
>>出版だけがネットに対して無傷でいられると思う馬鹿がいる

あのね、じゃあ「ネットでなら無傷ですむのか?」ならそんなことはない。
発表の場がネットになればなるほど「ネットでの失敗者 失敗例」が
それこそ山のように出てくる。
いやもう出てきている。

もう「ネットでの販売」というものに、お客は何の新鮮さも持っていない。
インターネットテレビになれば番組全部観るか?
ネットで無料でばらまかれてる同人誌を全部見るか?

大きなネットの海に「とりあえずは存在している」ってだけでな
海の底に沈むような個人配信のゴミ溜め漫画は、何の意味もない。

336 :名無しさん名無しさん:2014/06/12(木) 05:19:50.27
>>334
だから余程作りたきゃ個人でもやるんだよ
作らないって事は表現としてどうでもいいんだって

337 :名無しさん名無しさん:2014/06/12(木) 12:28:39.27
>>324
手塚は日本にアニメと言う文化を根付かせる為に採算度外視でやってた
アトムは当時でも50万じゃ作れないけどスポンサーがそれしか出せないと言うからもう50万自分で出しただけ
虫プロが何回も倒産してんの知らんのか
そのたびに手塚が新しい雑誌の仕事をうけて補填してた
儲ける為なら自腹切ってアニメ事業なんてやらん方がよほど得だ
文化を生み出す為に資産を使うのは金しか興味が無い10億にはない発想だ

338 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 02:21:01.73
とにかくお金がきちんと欲しいのなら、漫画に限らず表現活動を仕事にするのはやめたほうがいい。

頑張って当たり前 頑張ったって評価されるとは限らない。
頑張ったと思ってるのは自分だけで「つまんないね」の一言でお客に全否定されることもある。


それでもやりたいんだ 描かずにはおられないんだって人間だけが挑戦すればいい。

10億にはそういう情熱はカケラも持ち合わせていないから
2ちゃんという安全な外野で未来予想して一生を終える。

339 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 10:53:31.43
>儲ける為なら自腹切ってアニメ事業なんてやらん方がよほど得だ

メディアミックスが本格化した現在では映像作品からの派生商品の配当金が重要
企業がなぜアニメに金出してるか全くわかってないなお前はw
アニメ自体よりその派生商品がもたらす配当金目当てなんだよwwww

340 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 10:56:32.84
>それでもやりたいんだ 描かずにはおられないんだって人間だけが挑戦すればいい。

失敗例がほとんどのこの業界で例外的に成功した場合でもリターンが低いことが問題だろ
海外と比べても異常に日本の出版社の印税率は低い
紙の単行本印税、映像化の際の収入、グッズ印税、などにおいて
日本は世界的にみて異常な低印税国家

341 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 11:03:51.82
邦画が好調の裏で、これでいいのか? [映画]
http://content.blog.so-net.ne.jp/2014-03-02

原作者への配分は、何も言わないと、出版社のいいなりで決められ、
MAXでも1000万円と勝手に決められており、いくら映画がヒットしても、
分配は増えないそうだ。

その原因とも言えるのが、「製作委員会」方式だ。
映画制作に出資した企業が、その利益配分を公平に分配する仕組みであるのだが、
公平なのは出資者に対してだけであり、出資者への利益を最大限にするために、
肝心のクリエイターへの配分はできるだけケチられるのが常だ。

原作料もそうだし、映画監督のギャラも、本当にギャラのみで、
著作権は制作委員会に召し上げられ、その後、いくら映画がヒットしても、
分け前が増えない契約になっているケースも多いらしい。

ジブリのような力のある会社でもなければ、
アニメーターに正当な利益配分が行われないのも、
この仕組みの弊害の一つだ。
それでいて、映画ヒットのためには、色々なところに引っ張り出され、
ほとんど無報酬で働かされ、監督自身の収入は全く増えないというのが、現状らしい。

342 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 11:07:51.70
日本の印税率は10%。欧米は再販制がないので国によって違うが、おおむねアメリカ15%、ヨーロッパ20%。
https://twitter.com/Fumika_Shimizu/status/203671622874431489

343 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 11:12:45.88
日本も再販制度をなくして印税率を20%にするべき
出版点数は大幅に減ってしまうだろうが再販制度はもう疲弊しきっている
そろそろ再販制度は止めるべき

344 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 11:38:33.26
製作委員会方式とLLPの活用

新たな製作委員会方式として「LLP」の活用が期待されている。
LLP(有限責任事業組合)は、2005年に日本でも設立できるようになった。

LLPにおいては、制作会社も出資者になり、業務の意思決定及び業務執行に従事するため、
わずかな出資額であっても事業への貢献に応じて大きな収益を得ることができる。
また、著作権も共有することから、制作会社も著作権使用料の分配を受けられる。

http://blogs.yahoo.co.jp/gut_expert/56764889.html

345 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 11:44:58.41
>わずかな出資額であっても事業への貢献に応じて大きな収益を得ることができる。
>また、著作権も共有することから、制作会社も著作権使用料の分配を受けられる。

LLP方式なら漫画家がわずかな出資額で配当金を得られるようにすることも可能だな
事業への貢献度は原作者としてMAXだろう
映像作品の著作権を漫画家も持てるようになり配当金が漫画家の懐に入る

漫画家が出資するのはリスクが高いと主張してる奴は
わずかな投資額で映像作品の著作権(映像作品の利益ゲット、派生商品の利益ゲット)
を得られるLLP方式の制作委員会方式を支持してやれよw

漫画家、アニメーターが僅かな出資で映像作品の著作権をゲットできる事は良い事だ
これには誰も反対しないだろ?

346 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 11:46:49.33
>わずかな出資額であっても事業への貢献に応じて大きな収益を得ることができる。
>また、著作権も共有することから、制作会社も著作権使用料の分配を受けられる。

LLP方式なら漫画家がわずかな出資額で配当金を得られるようにすることも可能だな
事業への貢献度は原作者としてMAXだろう
映像作品の著作権を漫画家も持てるようになり配当金が漫画家の懐に入る

漫画家が出資するのはリスクが高いと主張してる奴は
わずかな投資額で映像作品の著作権(映像作品の利益ゲット、派生商品の利益ゲット)
を得られるLLP方式の制作委員会方式を支持してやれよw

漫画家、アニメーターが僅かな出資で映像作品の著作権をゲットできる事は良い事だ
これには誰も反対しないだろ?


漫画家が出版社やテレビ局と同等の権利を持ち
共にウィンウィンの関係になれば業界は従来通り上手く発展するだろう
もっともその場合でも海外の出版社通したほうがもっと儲かるのだろうがw

347 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 11:47:29.40
日本の印税は印刷部数、海外の印税は実売部数にかかるんじゃなかったか?
結果的に日本の印税のほうが儲かる場合もあるだろ?

348 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 11:54:28.05
>>347
>結果的に日本の印税のほうが儲かる場合もあるだろ?

それは売れない漫画家の場合だろw
売れる漫画家がすべてを補填
出版社は正確な実売予想に努めそれに合わせて初版部数を決定すれば丸儲け

それよりも原稿料を倍以上に引き揚げてすべての作家の生活を安定させ
さらに実売印税で印税率を20%に引き上げる(当然その他の印税にも影響する
再販制度は当然即時撤廃

349 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 12:01:16.14
今時の漫画のほとんどは大して売れないのに実売予想に従って部数を減らしたら本屋に行き渡らなくて予想通りすらも売れなくなるだろうが

お前の言うとおりにしたら売れてる漫画はいいが中堅以下の漫画はみんなダメージ食らうわな

350 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 12:06:18.53
ありえない日本の漫画業界

・連載する(仕事する)と赤字になる(出版社が原稿料で搾取、出版社員の世界一水準の高給維持の為
・なぜか発生する赤字分を単行本印税から補填する慣習が出来上がっている
・単行本が必ずしも出るとは限らないケースも多い
・単行本印税は本来は15%だったが10%に落とし、さらに落とす動きがある
・映像化して数十億ヒットしても漫画家には100万ポッキリ(MAX上限は1000万となぜか決定済み
・映像作品の著作権を漫画家に持たせないようにしているため漫画家は配当金を得られない
・極めて低額の印税率で漫画家は我慢させられ儲かるのは出版社やテレビ局
・売れても悲惨、売れなければもっと悲惨なのが漫画家

海外における人気作家への待遇

・実売印税で20%
・映像化で5億円
・フォーブズ発表によれば年間100億円プレイヤーが何人も存在
 (トップでなくとも100億円プレイヤーが何人も存在し数十億プレイヤーも何人も存在


出版させてやる、と考えるのが日本の出版社
作家がいるから出版できる、と考えるのが海外の出版社
この差はどこまで行っても埋まらない

351 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 12:09:46.48
>>349
だから原稿料を倍以上に引き上げろと言ってるだろw
マスメディアの給与レベルは異常だと世間から批判されてるだろ?
1600万平均から1000万平均に落とせば50億程度捻出可能
それをすべて原稿料に注ぎ込む

352 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 12:18:05.15
お前は結局楽に儲けてる奴が憎いだけなんだよな

353 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 12:36:50.59
まずはご自身で経営してみればいいんじゃないですかね

354 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 12:38:27.14
実売印税率20%とか殆どの新人は死ぬだけですね。
ああ、シネと言ってるんだな

355 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 12:40:43.97
だから最初から映像化は原作売るための広告だと何度も

356 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 13:57:52.33
集英社で計算してみたら、年収1118万で786人、
仮に年収1000万に平均落としたら、浮くのは92748万、まぁ9億3千万。

で、集英社の漫画の年間ページ数を大雑把に計算してみると、
WJが400(漫画以外を50P前後で計算)×52で20800.
YJは300(400くらいだけど漫画以外が多いので、こんくらいで)×52=15600
ジャンプスクエア700(800前後だが、同上)×12で、8400
ウルトラジャンプ300(4〜500だが、少なめで)×12=3600

計算すんの嫌になってきたが、男性向けの半分くらい合計しただけで、
浮いた分ページ数で割ると、2万切るぞ。
女性用まで合算したら、殆どすずめの涙になるんじゃね、ページ数あたりの額。

357 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 13:57:59.50
>実売印税率20%とか殆どの新人は死ぬだけですね。

原稿料を倍に引き上げてしまえば新人も原稿料だけで生活できるし貯金も出来る
大昔は原稿料だけで家が建った時代もあるという
単行本は人気次第でどこまでも収入が増える追加収入と考えろ

358 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:01:17.77
>>356
お前さー
いつもいつも秒単位、分単位で俺のコメントの前後に書き込んでるが
俺のパソコンに何か仕込んでるだろ?w

出版社の工作員はさすがだなーw

359 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:02:37.56
715 :名無しさん名無しさん:2010/08/22(日) 12:47:27
間違った額(ぶんどりすぎ)だと思います。テレビ局も出版社も。RT @satoshuho: 全社員平均は1500〜1600万くらいみたいですよ。お昼ご飯食べてきます。 (#mangalive live at http://ustre.am/i4Fc )

ttp://twitter.com/souji64

360 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:02:46.65
なら単行本派は実売数よりも印刷冊数の現行方式の方が得じゃないですか
ばかは計算も出来なくなったんですか?

361 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:03:49.13
御三家だとページ数辺りなら、数百円上がるかどうかだね、
編集者どころか社員全員の給与落としても。
その程度に年間のページ数が多い。

362 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:06:06.29
そもそも契約書とか実際に見たことないんじゃね?

363 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:06:14.30
講談社は資本の形態上、情報が外部に出難いが、
一ツ橋グループは平均年収が普通に公開されていて、
それは上記の数字だ。

PCに仕込んでるだの工作員だの言い出す、
自分で調べてすらみない奴に言っても無駄だろうが。

364 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:06:20.80
>全社員平均は1500〜1600万くらい

某漫画家が暴露した所によると
出版社員の年間給与平均は1500万〜1600万
年間平均所得1600万で社員数が1000人で計算すれば
600万×1000=60億円

余裕ありすぎw

365 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:07:52.48
漫画家の、〜みたいですよという憶測のtwitterを情報ソースにする前に、
企業情報調べなさいよ。

366 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:09:24.85
某漫画家によると手厚い福利厚生(例えば高級マンションが破格に借りられるらしいw
などもあるらしいwどんだけ漫画家をないがしろにして儲けてるんだって話w

367 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:09:52.29
漫画家が暴露した出版社員の給与ってのがすでに笑えて仕方が無いというか
何でお前がそんな事知ってるんだというかね

368 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:11:41.39
これあれだろ。宇宙人研究家がアメリカのNASAでは宇宙人と先にコンタクトしてるからズルイみたいな話しだろ

369 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:12:02.94
まともに調べられる数字調べると、自分が主張したいことに都合悪いから、
明らかに間違ってる漫画家のtwitterをソースにし続けようとしてるのか。

そんなんだから駄目なんだよ。

370 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:12:45.22
全部結局「らしい」というね

371 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:16:23.95
僕の当時の原稿料は\8,500円。
1日3枚描いたとして日給\25,500円。
画材費など諸経費を差し引いても\20,000円は手元に残るので悪い稼ぎではありません。
でも、編集者と食事に行くと、その倍以上のお金が簡単に彼らの財布から出ていくのです。
そして、ごちそうになったお礼を言わなくてはなりません。
最初の頃は接待してもらえることに浮かれていましたが、段々と矛盾を感じるようになってきました。
出版社が漫画を売って商売をしているのなら、大元の漫画を描いているのは漫画家です。
なぜ漫画家の1日の収入より多い額をたった1回の食事で使えてしまうのか?
むしろ食べさせてあげているのは漫画家じゃないのか?
今に続く疑問を感じるようになってきました。
http://ch.nicovideo.jp/shuhosato/blomaga/ar323153

僕の住んでいた部屋は6畳の和室に4畳程の台所が付いた安アパートでした。
家賃は6万7千円。
家賃を払った時点でマイナスです。
スタッフを3人迎え入れる広さの部屋に引っ越す余裕はありません。
もちろん、別に部屋を借りるお金もありませんから僕は仕事場が自宅です。
と言うか、僕の生活費はどこからも出ません。
軽く見積もっても毎月20万円の赤字になりそうでした。

それを漏らすと、編集部は「借金をさせてやる」と言うのですが、なぜこれから連載を始めるというのに、
借金までして掲載させてもらわなくてはいけないのか訳が分かりません。
僕は単行本が発売されるまでは、貯金を切り崩して漫画を描く覚悟を決めました。
単行本が出れば印税収入が入ってくるはずですからね。
もっとも連載が続く保証も、増してや単行本が発売される保証もないのですが。
http://ch.nicovideo.jp/shuhosato/blomaga/ar354750

372 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:16:51.22
しかしやり口が自身が嫌っている糞メディアの低俗記事そのものって言うのは何かのギャグなのか

373 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:17:42.83
漫画家・佐藤秀峰氏が語る「漫画家志望者が減っている」

個人的には、HPや同人誌で「漫画を描きたい」という欲求を満足する人が増えたためかと。
そちらの方が煩わしい事少ないですし。
あと、漫画家さんの赤裸々な現状もネットで随分判明してきましたし。

まず、漫画家になるのが大変で、漫画家であり続けることはもっと大変で、なのにお金にならない状況があって、
「好きなことやって食ってるんだから文句言うな」って言われるのが漫画家だとしたら、
やっぱり、未来がないと思う。(佐藤秀峰)

漫画家志望者も減っていて、出版社の新人賞の応募作品数は10年前の半分以下だと、編集者も嘆いていました。
大学の漫画学科、専門学校はまだ盛況みたいですけど。
大手出版社が、今期は黒字とか言っても、売り上げが下がってる中で、
どんだけ資産を売り払ったんだよ?って話しだし。(佐藤秀峰)

http://togetter.com/li/142424

374 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:21:34.58
佐藤はマンガ描きたいんじゃなくては金儲けの為に描いてたまさにお前の理想タイプだから崇拝してるのかい?

375 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:22:56.86
>業界最大手の出版社、小●館の社員の年収

>非上場企業のため、正式に年収は公表はされていませんが、
>月収や賞与などから推察した年収ランキングでは、30歳平均年収で約1,268万円との調査結果があります。

>この年収額は業界第1位となっていますが、残業の多い部門では、
>さらに残業手当が加算されるため、年収には変動があることが予想されます。

>手当てとしては、勤務手当ての他、住宅手当や家族手当、時間外手当が加算され、
>さらに福利厚生では育児休業、介護休業、そしてクリエイティブ休業を取得することが可能となっています。

376 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:24:16.70
そんなことより今日の12:09:46.48〜13:57:59.50の間にこのマヌケが何をしていたのかが気になります

377 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:24:20.08
30才平均で約1,268万円?

40才平均、50才平均だと幾らに跳ね上がるんだよw

378 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:26:19.99
新人達よく理解しろ
出版社は既得権益を守る為なら何でもやるw

379 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:26:43.52
随分と減ってるじゃねぇか平均

380 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:27:16.04
>>376
盗聴乙w

381 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:27:56.17
356の年収にほぼ一致で糞笑った

382 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:29:36.52
>>380
ウンコでもしてたのかい?タイプスタンプが出ると不便だね

383 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:34:02.47
>>363
>一ツ橋グループは平均年収が普通に公開されていて

→非上場企業のため、正式に年収は公表はされていません

ソース出せよw
普通に公開されてるんだろ?
ソース!ソース!

384 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:46:55.88
平均年収627万円とかなんだけど随分差があるんだな

385 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 14:50:55.68
>普通に公開されていて
>普通に公開されていて
>普通に公開されていて

平気で嘘をつく奴は信用できない
関係者の発言がやはり一番信頼できる

386 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 15:13:32.61
つまりお前の発言は一切信頼できないって事じゃないか

387 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 15:23:37.03
       ,、、、----‐‐‐‐‐--、,
     /           :ヽ
    /              :\
   ./            ,,,,;;::''''' ヽ
  /    ,,,,;;:::::::::::::::       __   ヽ
  |   .  __       '<'●,   |
  |.   '"-ゞ,●> .::            |
  |           ::: :⌒ 、      |
  ヽ.      ;ゝ( ,-、 ,:‐、)      |  平均年収は普通に公開されてる ←馬鹿w
   l..            |  |      |
   |        __,-'ニ|  |ヽ_     |
    ヽ:        ヾニ|  |ン"    /__
    .ヽ:        |  l, へ      ::::ヽ,
     l.:`.         / /  , \  /ヽ  ::\
     `、:::::       |    ̄ ̄\/ ノ    :::ヽ
      |::::::      |      ー‐/ /      ::::\

388 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 15:25:43.52
確かに馬鹿だと思うね。同レベルの馬鹿二人を見下ろしてる快感です

389 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 15:33:53.69
521:名無しさん名無しさん:2010/11/27(土) 01:50:35 downup
>掛須 「コアミックス」の「北斗の拳」の原さんと北条さんと個別に少し付き合いがあります。
>創刊前に、「どうしてこの本に参加するのですか」と聞きました。
>彼らが、「週刊少年ジャンプ」で描いていたころ、
>自分たちはこんなに売れているのにどうしてお金が入らないのだ。
>権利の問題とか、キャラクターも自分たちの許可なく使われていた。
>そういったことに対して憤懣があって、
>それで今回のプロジェクトに参加するのだと言っていました。

>何10億円、何100億円の資金を使っても、ストーリーが良くなかったら当たらないと思います。

http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2001/00082/contents/00004.htm

これが漫画だ 100万部売れても儲からない TVドラマ化→一話30万 映画70億ヒット→0円
ttp://2chnull.info/r/news/1277118348/1-1001

390 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 15:36:20.61
0部も売れない→日本の印税なら刷った分はもらえる
海外→実売数なんで0円

391 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 15:39:07.08
>>389
コピペするのはいいけど、チェックしてから貼ったほうがいいと思うぞ
紹介サイトが運営終了して記事にたどり着けないとか、お前のマヌケさそのものじゃないか

392 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 16:11:49.45
漫画においては売れなくてすみませんよりも
もっと刷れのほうが多いと思うわ
マイナー誌読んでて気に入った作品あっても既刊新品が手に入らないとかザラ

393 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 16:22:52.45
そりゃマイナー誌発ですもの

394 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 19:22:47.69
やはり海外か・・・・・・・
時代は海外なんだな・・・・・・・・
印税率の高い海外出版社と組んでフォーブズに載る!

時代はまさにこれだな!

395 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 19:53:15.69
まさにコレといいつつも誰も漫画家でやっていないあたりが流れは一切ないみたいだな

せめて海外で日本と同じくらいの規模で漫画市場がありゃ説得力もあるものを

396 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:00:57.39
>>395
紙の単行本市場は日本を狙えばいいんだよ
海外出版社を通して日本で売る
そして映像化以降は海外市場は大きくなる

映画化アニメ化商品化、英語圏その他のほうが日本単体よりも巨大だ
もちろん日本市場でも稼ぐ

海外出版社にとっても日本の世界的コンテンツを手に入れられるのは良い話だろう
印税も海外における人気作品レベルで十分なのだしな
世界的ヒットになれば年間100億以上は当たり前の世界なのが海外

海外で売れたら宮殿が建つと聞いたことがあるがまさにその通りだな
一年で100億以上入ってくるならまさにその通りだ
日本の出版社は「数億稼げたら御の字だろ?」「売ってやっている」
話にならないwありえないw

ポケ○ンクラスのコンテンツならば一体どのくらい稼げるのだろうか?
派生産業を含めると数兆円の売り上げがあったらしい
海外経由でヒットさせ海外基準の印税収入が手に入るならば
果たして何百億円入ってくるのだろう・・・・・?

日本は搾取が酷すぎる、下請け奴隷とはまさにこのことだ
やはり時代は海外出版社だな!

397 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:02:30.00
アニメ市場が日本よりも巨大とかどんなギャグだ

398 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:04:17.44
まぁ、作った結果実写版DBのようになるのが原作者のお望みならそれはそれで好きにすればいいとおもうよ

399 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:07:39.43
単行本売れてる売れてる水増し詐欺までやってあの金額だからな日本は
海外は日本でそれほど有名ではない作品でも巨額の収入を得ている
世界的に人気レベルを獲得した漫画は多い
そうした漫画を生み出した作家には本来巨万の富が転がり込んでいるべき
海外経由で流していればそれは実現できた

もはや日本の出版社経由には夢がない
フォーブズのトップ5以上のレベルをコンスタントに保つには
海外出版社を経由するしかない

世界的な基準、世界的な常識、世界的な良識から見れば
日本の出版社の提示する印税率は異常に低すぎる

天才の価値を正しく評価する海外出版社と組むべきだ
これからの漫画家志望者達にとってこれは忘れてはならない重要事項

400 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:07:46.10
100億もらえるのは全体の何割なんすか?

401 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:09:21.93
漫画文化を正しく評価してりゃ自国でもっと描く人が居るんじゃないですかね
評価できてないから描く人が居ないんじゃないかと

402 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:09:22.94
>>400
ネットストーカー乙w
数秒単位でレスするとはお疲れ様というべきかw
雇われ工作員の年収は幾らだ?

403 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:10:13.87
>>402
で?何割なんすか?当然答えられるんすよね?

404 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:14:24.51
海外でも漫画が売れることは証明済み
これは日本人の感性が受けているわけだ
売れる市場はある

紙の単行本市場はさすがに日本が最強だが
映像化以降は海外のほうが巨大

405 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:20:10.10
それは一から売れることがあったらまだ証明できるんだけどな
つまり映像化しないと何にもならんと自分でいちゃった訳だ

406 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:22:57.90
結局海外で売れてる漫画も日本の出版社経由なのに、そこでドヤ顔されてもさぁ

407 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:29:12.41
>>400
>最も稼いだのは全世界で7000万部を売り上げたと言われる
>「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」シリーズ原作者のE.L.ジェイムズ。
>その額9500万ドル(!)これまで小説を書いたことがなかった英国の主婦がいきなり1位です。
>まだ映画化や商品化前でこの印税額
>2位は「多重人格殺人者」のジェームズ・パターソン(9500万ドル)
>3位は「ハンガーゲーム」シリーズのスーザン・コリンズ(9100万ドル)

最低でも約100億円プレイヤーは年間3人はいる
年間約30億円以下はそれ以上に転がっている

世界的に大ヒットしたコンテンツの作者の収入が年間100億200億に
なったことが果たして今までに一度でもあるのか?
これからの新人で成功に応じたリターンが欲しい場合は海外に目を向けるべき

>>405
そこで電子書籍による個人出版
海外では個人作品が商業作品を超える人気を獲得するケースが多々出現中
今後映像化のケースも多く出てくることだろう
年間100億レベルで稼げる印税率ならもはや海外出版社と完全に組んでも
不満はないと言える

それが数年続けば数百億の個人資産となりこれに不満を唱える作家はそれほど多くはないだろう
やはりこれが世界的な感覚であり日本の異常な欲にまみれ天才達に寄生する連中が異常なのだ
世界的大ヒットコンテンツ作家には年間100億200億300億は当たり前
それが世界基準

日本「数億稼げたら十分だろ?後は何も考えず俺達にまかせておけ。」

408 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:31:17.36
だから全体の何割なのか聞いてるのに、何でそれは答えられないんですかね
3人居てそれならそりゃ100%ですごいんすけど、全体から分らなけりゃ意味ないっすよ?

409 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:32:23.11
>>407
へぇ、。海外で100億稼いだ個人作品の漫画が存在するなら見てみたいが。紹介してくれないかい

410 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:42:42.78
>結局海外で売れてる漫画も日本の出版社経由なのに、そこでドヤ顔されてもさぁ

日本の出版社経由だからというよりも日本人の感性が受けて売れている
日本人の感性によって作られた漫画を海外の出版社を経由させることで
漫画家に落ちる印税額を上げることが可能となる

世界的ヒットになれば年間100億は当たり前の世界
3年ヒットし続ければ300億
二作ヒットを出せば6年で600億

数兆円規模の派生産業を生み出す漫画原作には
本来この程度の価値はあって当然
それを日本の出版社は世界一の高給を維持する為に利益の大部分を手に入れようとする
漫画家には庶民的なレベルで我慢させる

世界的に見てこれはまさに異常な環境であり異常なシステムだ
世界は天才に対して日本のような酷い扱いはしない

天才は日本にいては報われない
海外出版社と組んで年間100億200億300億とどこまでも稼ぐべき
仮に年間200億レベルの大ヒットとなれば2年で400億3年で600億

本来はそれが当たり前なのだ
誰も出版社員の高給を維持する為に漫画家を目指すわけではないはずだ
海外のシステムがすべてパラダイスとは言わないが
天才の対する待遇についてはやはり海外が素晴らしく日本は異常に劣悪

もう決まりだな
売り込むなら海外の出版社だ
有利な条件で組むにはもちろん電子書籍でヒットさせるのが条件になるだろう
これからの新人には大きなチャンスが待っている
電子化は世界的にみてもこれから本格化する

411 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 20:50:44.90
>>408
娯楽の世界はほとんどが売れない世界だろw
何割が100億突破するだと?笑わせるなw
ランキング上位を比べた結果、日本は異常に印税率が低いと判明
実際海外は単行本印税は20%映画化5億円などなど日本とは桁違いの待遇

日本経由は効率が悪い、悪すぎる

412 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 21:00:36.41
あーあ…。殆ど売れないって自分で言っちゃったっすね。
そんな博打を進んでやる人間が居ないのは当然なんじゃないっすか?自分で言っちゃったし

413 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 21:08:45.27
出版経由の力でないならとっくの昔に海外と個別契約して成功した奴が出て、流行っているはずなんですがね

414 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 21:09:13.91
>殆ど売れないって自分で言っちゃったっすね。

大勢の志望者がいる日本ですら99,97%が売れない
売れてやっとリーマンレベル
そこから大ヒットになって億万長者になる確率はもっと低い
さらに数十億プレイヤーになる確率はもっと低い

ほとんど売れない世界なのはどこでも一緒
だからこそ売れた時の還元率が重要になる
つまり印税率の高さが重要

世界は極めて高い
日本は極めて低い

世界は天才に対しては良心的で日本は差別的
正当な評価を受けようと思えば天才は海外出版社を選ぶしかない

415 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 21:12:38.79
売れなかったときのことは考えないんすか?だって売れないんすよね?
自分でそういったんだし。
なら印税が実売数の海外計算だと売れないとか目も当てられないっすね

416 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 21:27:22.94
>>415
そこで電子書籍個人出版の出番だ
個人出版なら連載はいつでも開始可能で兼業から出発できる
過去5年の出版物においては既に個人作品が商業作品を圧倒し始めているというデータもある
これは海外電子書籍での動きだが日本でも必ず発生するだろう
出版社のブランドや資金力に個人でも十分に対抗可能

日本でも売れない作家は単行本印税が出たとしても初版は極めて少なく
数年持たずに職歴なしの無職に転落する場合がほとんど
それよりも兼業から出発するほうが良いし今後雑誌が減っていくと予想され
やがて紙から電子に舞台が移動する可能性が高い

417 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 21:29:48.38
あれ?娯楽は売れないなら結局電子書籍だろうと売れないって事になるはずじゃないっすかね?
言ってる事が都度手の平返すの何とかしてくれないっすか?ブレまくりっすよ?

418 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 21:33:31.19
日本経由を主張する奴はせめて日本経由でフォーブズのトップ3レベルに
漫画家が入るようになってから主張しろ

日本の出版社に漫画を預けることはどぶに捨てるようなものだ
成功してもリターンが極めて少ない
世界では映画化だけでも5億円のケースがあるが
日本はなぜか1000万が上限と決定されているwwwwwwwwwww
そして実際には100万ポッキリが多いwwwwwwww

海外通せば5億、日本を通せば100万(しかも上限は1000万と決められているw

映像化だけでもこれだけの違いがある
異常すぎるんだよ日本経由は
日本の出版社を選択するのは愚かな行為としか言えない

>>417
売れないものはどこを通しても売れないが
反対に売れるものはどこを通しても売れる
どこを通しても売れるなら印税率の高い海外出版社を通したほうがいい

419 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 21:38:54.84
最初から売れる物作れるなら誰も苦労しないと思うんっすけど?
もう作品がブランドとして確立しているからこそできる出来レースなんでして

420 :名無しさん名無しさん:2014/06/13(金) 22:00:09.59
なんか言い負かしてしまってスマンっすね。もう少し発言に矛盾が無いように頭使った方がいいとは思うっすよ
では、さらば

421 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 00:18:43.24
だっておバカ10億の頭は常に「まず売れていること」から始まってますからwww


その「売れるまで」が超大変で難関なのに「売れさえすれば」が基本。
これがいかに矛盾してるか気づかないほど馬鹿なのか、気づいてるけど逃げてるのか

出版が総崩れになるような世界は、日本人が漫画というメディアそのものに飽きたということなのに
なんで電子漫画や個人配信漫画を読むんだよ

「出版はオワコン」ってことは「漫画はオワコン」っていってんのと同義
終わったメディアは、どんなカタチで売ろうが客はつかない
そんな未来がお望みかな? 10億のバカはwwww

422 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 00:31:57.47
そして多くの漫画家は「漫画家として 自分の作品が評価され 売れること」が大原則。
映像化やグッズ化は、それのホンのおまけ。

ここがスッポリ抜け落ちてんだよね  金儲けしか頭にないから。

自分が漫画で1円も稼いだことないのに、取り分だ海外だってwwwwww
無能が恥の上塗りしてるだけ  それも何重にも上塗りwwww

423 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 01:57:34.99
>>420
>言い負かしてしまってスマンっすね

何がスマンっすねだw言い負かされた記憶は一度もないわw
売れることは難しいがそれはどのルートを通そうと同じ
商業経由を通そうが個人経由を通そうが売れるものは売れるし売れないものは売れない
売れるケースはほとんどなく売れないケースが99%以上
それは商業出版でも個人出版でも同じ

しかし売れる物は売れる
売れるならば儲かるルートで流すべき
その一つが個人出版〜海外出版社と有利な条件で組む
クラウドファンディングで資金が集まるなら海外出版社と組む必要もなく
また自費でアニメ化できるならそれが一番だろう

いずれにせよ日本の出版社と組む余地はない
映像化で100万ポッキリwの日本のメディア界隈は論外
最高でも1000万を上限と勝手に決めているwww

スルーが一番だろう

424 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 02:01:35.07
>「漫画家として 自分の作品が評価され 売れること」が大原則。

当たり前だろwバカかお前はw

>映像化やグッズ化は、それのホンのおまけ。

おまけではないね
そこが一番の稼ぎ所だ
単行本も稼ぎどころだが映像化作品の著作権を持ち
グッズ印税並びに配当金をダブルで手に入れることが出来れば巨万の富を稼げる
しかし日本の出版社と交渉するよりも素直に話しの分かる海外出版社と組んだほうがいい

海外ではヒット作家には年間100億円レベルなどは当たり前に還元してくれるようだからな
日本は「数億くれてやるから喜べ」「売ってやっている」だからなw
これでは話にならない

425 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 06:43:06.39
おやおや。また言ってる事がぶれているじゃないっすか

売れるものだと確実に分るならなら誰も苦労はしないわけで、
それはそちらがご自身で「売れない場合が99%以上」とおっしゃっているので、まぁ理解できているものと仮定するっす。

しかしそうすると大半の漫画家には関係のない話って事になるっすよね?だって全体の1割にも達していないと自分で言ったんすから
今更まさか手の平返すとか格好悪い事しないとは思うんすがね
その一分未満の一握りの人の話なら誰も漫画家が手を出さないのは当然といえば当然っすね

むしろ売れないのが1割にも達していない状態であるならば、海外や個人出版に手を出すメリットってなんすか?
9割以上が組む余地はないっすね?何の保障もされていないんすからね。


そんな訳で。まるで反論になっていないっすよ?自分で自分の論拠を崩壊させるってどんな気持ちっスか?
だから言ったじゃないっすか、発言に矛盾のないようにしたほうがよいともしかしてお馬鹿さんなんすか?
また言い負かしてスンマセンでしたね

426 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 10:12:03.64
>大半の漫画家には関係のない話って事になるっすよね?

志望者数に対しての失敗確率が99,97
すでに漫画家になった者に対しての数字ではない
勝手に理論構築されてもなw

427 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 10:16:35.86
へぇ?また手の平返しっすか?
商業出版でも個人出版でも売れない場合と言っていたのに
ほら、これこれ
>商業経由を通そうが個人経由を通そうが売れるものは売れるし売れないものは売れない
>売れるケースはほとんどなく売れないケースが99%以上
>それは商業出版でも個人出版でも同じ

いつの間にその数字は漫画家になる志望者数とかおかしなことを言い始めているんすかね
自分の言葉も忘れるとか大丈夫っすか?

428 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 10:23:53.76
アマゾンで物体としての本を注文したり、電子版の電子ブックをネットから
ダウンロード購入すると、
 1)購入履歴が未来永劫に残る。
 2)間接的に買ったであろう個人が特定されやすい
  (特に部数の出ないもの多くいろいろと買っていると)

時代が変わったり政治的に過激な方向に世の中が移ると、
そういった情報を元に、何が行なわれるか

429 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 10:40:21.55
再三言ってるすけど、発言に矛盾のないようにしたほうがよいっすよ?
こうして形に残る以上、恥をずっと晒し続けるだけっすからね。あ、また言い負かしてスンマセン
ではさらば

430 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 14:24:47.49
10億の脳みそは未来永劫「俺は賢くて言ってることは全部当たってる!」で
自己完結してる可哀想な子なんで・・・・

こんなとこの言葉ごっこ自分の勝利を宣言するより
リアルな自分の人生で勝利したほうが何万倍もいいんですが、それが叶わないんで
2ちゃんで偉ぶってんですよ。

2ちゃんなんてもんがあるから、こういう歪んだ能無しに発言権があるって気になっちゃうんです。
能無しは能無しで、なーーーーんも変わらないんですが。

自分の仕事に誇りもって前向きに生きてんのなら、他人の仕事の取り分なんてどーでもいいですよ。
いかに自分の人生が矮小で惨めなものかの裏返しですね。

431 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 14:33:40.31
その気になればどんな馬鹿でも知恵遅れでもエンペラー気取れるのが
ネット社会の駄目な所だよな。

432 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 15:04:40.06
「そんなに個人配信が有利ならば、まず自分が真っ先に乗り出すのでは? なんで君はしないの?」

「おれは漫画家志望者ではない」

「志望者でないのなら なんで他人の人生にあーだこーだ命令してんの?」
君の人生には全く無関係でしょ」

「俺様は漫画界の未来予想をしているのだ」

「予想して仮に当たっても君の功績でも何でもないよ
ああつまり、予想しかできないんだ」

「うるさい俺は勝利者だ」

「2ちゃんで誰かが自分の考えた通りに動いてくれたら勝利者? 本気で言ってる?
 周りの誰かが君のこと勝利者って認めてくれたの?」

「うるさいうるさいうるさい  ハイ論破」






 

433 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:13:50.08
>>427
>いつの間にその数字は漫画家になる志望者数とかおかしなことを言い始めているんすかね

初めから志望者の母数に対しての確率として語っていたんだが?
お前が勝手に先読みして顔真っ赤にしてるだけだろwアホすぎるw

99,97%が成功できないとは以前にあるネットニュースで出てたやつだ
出版社を目指す漫画家志望者の総数に対して99.97%が成功出来ない
そこから人気作品となるかどうかで確率はさらに落ちるわけだ

>再三言ってるすけど、発言に矛盾のないようにしたほうがよいっすよ?

お前が勝手に勝手な先読みして矛盾だと主張しているだけw
アホは交代しろw別の奴に代われw論理的な対話が出来ない奴は面倒くさい

434 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:19:35.30

どうみても図星突かれて慌てふためいてるようにしか見えません
これが論理的な人物の書き込みでしょうかwww

435 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:21:32.29
>>433
おやおや?初心者の母数だというなら今までのあなたの発言と随分矛盾があるじゃないっすか?
あなたの言った事ちゃんと貼り付けておいてあげたのに、そこには触れずにスルーっスか?
ちゃんと吐いた言葉の責任くらいとってくださいっすよ。
むしろ先読みでも何でもないっすよねコレ。あなたは自分で自分の首絞めるのが好きなんすか?


あ、つまり何度も言い負かされて勝てる見込みが無いから交代しろだとか言っているんすかね?
論理的だというのならば、素直に助言に従ったほうが見の為な気もするっすけど、ま、残念な敗北宣言と受け取っておくっす

436 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:23:26.79
自分の書いてきたことが矛盾してるかどうかすら、冷静に見ることもできない

困ったらアホって言い返せば勝った気になれるの?

もう10億くん・・・・・ 哀れすぎてな

437 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:28:02.47
>>435
他人の論理展開に対して勝手な先読みする前に
何に対する確率なのかを質問するくらいはしろよw
お前の定義で俺が語るわけないだろw
ニュースに出ていた数字で俺は語っていたわけだしな
お前は批判するならば前提となる数字の定義を質問するべきだった
一人で顔真っ赤にして勝ち誇られてもまるでつまらない

ところで時代はやはり海外出版社だな
印税率が違いすぎる・・・・

438 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:30:13.97
>>99,97%が成功できないとは以前にあるネットニュースで出てたやつだ
出版社を目指す漫画家志望者の総数に対して99.97%が成功出来ない
そこから人気作品となるかどうかで確率はさらに落ちるわけだ

これのニュースソースがどこかは知らんが、これは別に「出版社だから」じゃないよ。
どこを通しても通用するのはごく一部だ
個人配信にしたら自己申告デビューできるってだけで、人気作になれるわけじゃない。

なぜなら読む読者は、出版だから個人配信だからって意識しないから。
つまらんものはつまらん そんだけだよ。

ただネットの海にいるってことが「成功率が上がった」って思ってんのなら
ますます実際の成功率は低くなるよ。

439 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:30:54.82
アメリカの話なら、そりゃ新人は自費出版メインだから、高くて当たり前。
昔から自分で金出して印刷製本した本をワゴンに積んで、新人は全国ツアー自費でやるのがお約束なのが、
アメリカの出版業界。

440 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:33:59.51
>>437
先読みもなにもあなたが書いた事実に沿っているだけで、それは先読みでないっスから。
勝手に先読み高をしてっ自爆したのはむしろ、あなたな訳でして
それを悔しがられても、今更回りも「なに言ってんだこいつ」くらいにしか思わないっすよ?
勝手に人の言葉を先読み勘違いして顔真っ赤にしてるなんて、偉く情けないないっすかね?あなたは?

という訳でまた言い負かしてしまいましたっすね。
何でこう自分に全部還って来る言葉をつかうんすかね?マゾなんす?

441 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:35:00.18
つまらん漫画しか描けないやつには「印税率」なんて全く意味が無い

99,97%が成功できないのなら、それが生きてくるのは0・03%の人間だけだ。
君は当然99・97%の方でしょ?

そんな落ちこぼれが0・03%の人間の印税率心配しなくていいよ。

442 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:36:33.11
「スポーン」新映画は原作者T・マクファーレン本人が自費製作!?

ダークヒーローの活躍するアメコミ「スポーン」がインディーズ系コミックの歴史上、
2作目となる200冊達成を果たしたと、米エンタメサイトSCREENRANTが伝えている。

http://www.excite.co.jp/News/cinema/20110114/Hollywoodch_20110114_1001.html

443 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:39:02.15
海外でもインディーズ発で大ヒットになった漫画はあるんだな

「スポーン」 原作者T・マクファーレン

個人単位での漫画文化が少ないためヒット数は少ないが
面白ければ海外でも売れて大ヒットするわけだ
なるほどな

444 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:39:42.49
はい、今夜も10億くんはみんなに「お前アホでしょ」って言われておしまいですね

最近10億くんスランプ?
いや絶好調なのか
「嫌われてもいいからかまってちゃん」としてはwww

445 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:42:09.01
まさかスポーン知らなかったのかよ。一体何年前の作品だと思ってるんだお前

446 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:42:46.33
>>438
>なぜなら読む読者は、出版だから個人配信だからって意識しないから。

だったら個人出版でも面白ければ売れるってことだろw
お前以前は読者は出版社のブランドがあるから安心して読むとほざいてたよなw
どんだけw時代の流れに妥協したかw一歩二歩三歩と引きまくりだなw

>ただネットの海にいるってことが「成功率が上がった」って思ってんのなら
>ますます実際の成功率は低くなるよ。

そんなことを思う奴がいると考えるお前の頭はおかしいw
成功率はどのルートを通そうが限りなく低い
だからこそ成功した場合の成功報酬は限りなく高くあるべきだ
そして世界基準で見れば年間100億から300億といった事例があり納得できる
日本はどうだ?映像化100万ぽっきりw配当金は出版社やテレビ局などが独占w
漫画家にはさっぱり金が落ちない仕組みを敷いているw

447 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:44:36.56
>>445
お前は知っていたがあえてそれでも
海外で個人(インディーズ)発の成功例はないと
主張してたのか?w

448 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:44:50.33
スポーンで思いだしたが、当時ジャンプでカラーページで映画紹介もされてたぞ。
るろ剣の和月もスポーンのイラスト描いてた。

449 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:46:46.34
必死になって「海外の成功例」にすがるしかできない・・・・

いつまでたっても「日本で個人配信の成功例」が現れないからね

「スポーン」の原作者?
そりゃもともと出版界でメジャーになった人だからこそ出来る展開だね

全く無名の人間が無発表の漫画で大ヒットした例なんて無いって自分から言ってんじゃん
根本から矛盾してんですけどwww

450 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:47:08.76
おや?またどのルートを通そうが限りなく成功率は低くて成功した場合の報酬は限りなく高くあるべきだとか
志望者の成功率と違う事言い出したっすね。いい加減手の平返しすぎて千切れるんじゃないっすか?

451 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:49:37.06
>>447
スポーンは個人というより会社だし何度も倒産しそうになってるぞ

452 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:50:14.84
>>447
ん?スポーンは出版社経由だぞ

453 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:50:32.37
なんの取り柄もないゴミ虫は0・03%が100億ヒット飛ばしたら
業界が存続できると思ってますよwww


本当にゴミ虫は儲けしか考えませんねえ
ゼロか100億の選択肢しか無いんですよ ゴミ虫の脳みそはwww

454 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:52:13.04
>>449
>そりゃもともと出版界でメジャーになった人だからこそ出来る展開だね

この五年間においては小説では完全に素人個人発の作品が商業作品と互角に渡り合ってるだろw
お前の言ってることは過去にそんなケースはなかったと言ってるだけにすぎないw
面白ければ売れることは証明済み
後は実行する天才が出てくるのを待つだけ

悔しかったら原理的に不可能だと証明してみろよw
個人の作家がランキング上位に食い込めないことを証明してみせろw
無理だろ?w
小説では個人作品のほうが優勢になりつつあるしなw
漫画では無理だとでも主張するのか?

だったらなぜ漫画では無理なのか証明してみせろw
お前の願望でしかないだろwwwww

悪魔の証明など誰も出来ない
お前はそこに挑戦しようとしている
原理的にも既にお前の負けだ

455 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:52:22.09
キリの良い数字しか覚えないよなw10億ってアダ名にしてもそうだけどww

456 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:56:57.92
1000人の新入社員に向かって
「君達の中で成功できるのは3人だ  その3人は100億稼げる  あとは知らん」
なんて会社がやっていけますかね

もうアホですね
1000万稼げる人間が100人出る方がいいに決まってるし、だからこそ業界が存在してんのに。
どっかが自分の都合で発表したデータ鵜呑みにすると、こういうアホが誕生するわけです。

457 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:57:36.43
>>452
インディーズで発表して出版社経由になったのか?
どちらにしても海外の高い印税率を享受しているわけだな
日本の漫画家でも海外に通用する漫画を描けば海外出版社と組めるわけだ
その前例が既にあり、日本の漫画は世界的にヒットすることがある事実

つまり日本の天才達がインディーズ作品として発表しその人気次第で
海外出版社と高い印税率で組むことは可能だということだな

海外出版社を通せば世界的な販売ネットワークに乗る
膨大な売り上げになるはずだ
もちろん紙の単行本は日本が最大市場であるためそこは日本市場に乗り込む
それ以外は海外の巨大な英語圏市場を重点的に狙う
日本の出版社は世界に対しコンテンツを過去において二束三文で売り飛ばした実績もあるがw

すべての道はひらけたな

458 :名無しさん名無しさん:2014/06/14(土) 23:59:25.83
逆に言えば何故漫画で成功すると思っているかな訳だが
小説が成功してるから漫画もというのはおかしな話だろう

何故なら実際漫画が流行るならもっと発展して既に海外で上位に食い込んでいるべきなのだから
原稿の日本の漫画を輸入したものでも、そんなに向こうの市場に食い込んでいるものがあるのかという単純な話

459 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:00:11.62
>>456
フォーブズのランキングトップ10だけの話でそれ以下がいないと思ってるのかw
物凄い独善的論理展開だなwwwwwwwwwwww

日本の漫画界は二極化が進んでいるというが
上が抜けたら下は即食えないだろうな
そこは出版社が自腹で支えてやるべきだろう

460 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:00:18.87
>>だったらなぜ漫画では無理なのか証明してみせろw


だって君が無理じゃんwww
君みたいな無能が99・97%なんでしょ  自分で言ってるよね

一般社会じゃ99・97%の失敗率ってのは100%と同じなの。

461 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:00:59.82
>>457
ちなみにスポーンの映画は実写マンでビルマンなんで、推して知るべし

462 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:03:45.55
>>458
逃げるなw逃げるなw
悪魔の証明をしてみろよwお前が望んだことだろ?

ないことを証明して見せろよw

しかもこの場合はいくつもの成功例が出ている上に
後はその組み合わせで漫画における完全素人個人発のヒット漫画の出現は
時間の問題レベルであるわけだがなw
小説では既に成功例がいくつも出てきているわけだが
小説に出来ることが漫画で出来ないとでも?

早く証明してみせろよw
ないことを証明してみせろw
悪魔の証明を早くしてみせろw

463 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:04:48.53
10億の古巣の電子書籍板でも悲観論の方が目立ってるのにねw
よっっっっぽどここが居心地良いんだろうねーーーーーwww構ってくれるしww

464 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:06:13.00
漫画界は二極化?

つまりどうしようもない無能がみんな個人配信組になるってことか
二極化の「最低」のほうに集うんだねwww

465 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:06:25.15
>>462
逃げるも何も事実として、現行で日本の漫画が輸入されている訳だが
それが小説と比べて向こうでの市場にどこまで食い込んでいるのかという話
馬鹿なのか?

466 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:07:16.31
460「だって君が無理じゃんwww 」

↑こいつ恥を晒して何とも思わないのかねw
俺は漫画家志望者ではないが仮にそうだとしても
俺が成功しないからといって漫画で成功例が出ないと
判断するか?ww頭おかしいだろw

次世代の天才達は完全素人個人の集団の中に存在している
その彼らが乗り出せば成功例は出てくるだろう

>一般社会じゃ99・97%の失敗率ってのは100%と同じなの。

漫画社会のことを語っているわけだがいつの間にか一般社会のことを語りだしたw
そんな論理展開が許されるならどんな結論でも導けるわwアホすぎるwww

467 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:08:09.56
電子書籍板では(ここでもそうだが)10億の理屈はトンデモ過ぎて誰からも馬鹿にされる。
漫画家志望では無いってのは周知の事実だが、それよりなにより
こいつ電子書籍を使う事すらしてないんじゃなかろうか、とさえ感じるw

468 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:09:31.61
>>462
じゃあお前も海外の印税が20%って証明しろよ
海外でも売れてる作品の印税が高くなるだけで普通は10%前後、
売れてない作品はそれ以下だって聞くぞ

469 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:11:01.04
460「一般社会じゃ99・97%の失敗率ってのは100%と同じなの。 」

何度も噛み締めると笑いが止まらなくなってきたwwwwwwwwwww
お前は漫画社会のことについて語っていたんじゃないのかとwwwwwwww
蛆虫レベルを通り越してるだろwwwwこれはマジでやばいレベルww

もっとましな論客を雇えよな
疲れがどっと出てくる
今回は爆笑したがw

470 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:13:17.22
何も生まれてないものに対し「絶対に生まれないって言えるか」って馬鹿の極み。

じゃあ「生まれたからって存続し続けることが出来るか証明しろ」って言われたら自信を持ってYESって言えるか?

可能性ってキーワード使えばなんだってゼロじゃないってだけでな。
漫画志望者でダメダメな君が、小説なら成功できたか?

471 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:13:55.62
もう返事もないみたいなんで、負け犬が吼えてる様を観戦してるのたのしいっすね

472 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:16:14.85
>>468
どこかにソースが出てただろ?人に何でも聞く前に探せw

人気次第で印税率が変わるのはその通り
だからこそ個人出版で人気を獲得して有利な条件で組むわけだ

ちなみに日本でも10%を切るケースが出てきている
海外は人気次第で15%〜20%可能なのだから実力社会にふさわしい待遇を用意している

日本は画一的で天才を迎える環境とは言えない
フォーブズトップ3にコンスタントに入るレベルの還元を開始したら見直すが
現状のように漫画家を下請け奴隷として扱うのではまるで話しにならない

473 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:17:23.28
>>470
悪魔の証明で愚ぐれw
お前が頭悪いことは十分分かったw面倒くさいw
もっと数学勉強してから来いw

474 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:18:04.57
あのねー
「漫画社会」ってのは「一般社会」の一部だよ。  そんなことも分からない?
漫画業界だけが特別なファンタジーとでも思ってんの?

モノ作って、お客が気に入ったら買って、そこから利益が出て 作り手に行く。
これが一般社会だよ。

ネットでもそれは同じ。ネットだってファンタジーじゃない。
君本当に実社会で働いた事あんの?
すんごく頭悪そう。  

475 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:20:00.52
>>472
お前が言い出してることだからお前がソース出せよ
お前はたぶん公式じゃなく誰かが書いてたこと信じてるんだろうけど、
お前の言ってることと全く違うこと言ってる人も多いぞ
お前も自分に都合のいい情報だけ言ってるだけで、ほんとはもう知ってるんだろ?

476 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:21:09.60
そもそもこの人契約書とか本物見たことあるんすかね

477 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:23:30.79
日本だって人気があれは印税率の交渉できるけどな
っていうか人気獲得前提の話してどうすんだよ
日本の個人が海外じゃ人気獲得むずかしいって話してるのに

478 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:25:05.09
映画化で5億入るのが海外なんだがw
当然ピンからキリまで色々だとしても
日本のようにMAX上限が1000万で実際は100万ポッキリが多いなんてことはないw

日本の出版社はもうどうでもいいなw
完全な個人出版ルートもあれば海外出版社を絡めた複合ルートもあるわけだ
日本の天才志望者達は安心して海外を目指せる

479 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:25:31.58
それで、海外で現在日本の漫画が小説と比べてどれだけ売れてるかの比較はよ

480 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:26:49.02
ピンからキリまで色々を得られる確立はどれなんだと前から聞かれているが?答えんのかい?

481 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:30:20.13
>日本だって人気があれは印税率の交渉できるけどな

印税率の交渉は上限で何%だ?
15%か?20%か?

海外では映画化すると人気次第で5億貰えるケースもあるわけだが
日本は交渉したとして上限はいくらだ?
MAX1000万までとなぜか勝手に原作者の知らぬ所で決められているようだがw

おかしいだろwどう考えてもw海外出版社は良心的だわwwww
実力世界にもかかわらず勝利者から搾取する日本の精神は異常
海外のように成功者には年間100億でも200億でも還元するべき

ちなみにスポーツや文化といった完全実力世界限定だがな
それ以外は日本がおおむね正しい
日本は天才達への待遇がわかっていない
他分野では海外に天才達が逃げることも多い
漫画もいよいよ電子化で志望者たちに翼が生える
より条件の良い所へ逃げていく

482 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:30:55.72
こいつの印税率のソース、ツイッターかなんかで誰かが呟いてたのだと思うんだけど、
検索したら違う話がいろいろ出てくるんだよな

483 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:31:48.31
ブロードバンド流行り始めの頃にこういう奴ちょくちょく居たけどね。
「これからはネット社会!仕事も学校の形態も全てが変わる!
人と関わらなくて済む新世界だ!」みたいなのを本気で信じてたバカ
ニートって言葉も浸透してなくてヒッキーと呼ばれてる類の連中が信奉してた幻想w

484 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:33:18.82
ネット万能論は確かに愚かな幻想だったが
こいつの電子書籍万能論はもっと愚かだ

485 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:34:05.24
>>481
年間200億還元されてる成功者って誰?
年間何人いるの?

486 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:34:39.39
何で原作者も知らない事をお前が知っているのかと

487 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:35:17.58
中学生でも高校生でも本気で漫画描いてる奴らは
ジャンプ目指してます!とかマガジン志望です!とかだらけなんだけどな
電子書籍目指してますとか聞いた事ねえし

488 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:39:21.64
「紙の漫画」にもピンからキリまであるように
「電子書籍」にもピンからキリまでが生まれる

その「キリ」のほうに素人の個人配信漫画が集中するってだけでしょ

489 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:42:37.76
中高生の例はなんだが、実際の漫画家ですらな状況だもの
あと形態をあまりよく分っていないよな。連載よりも書き下ろしで一冊一気に出すことが多々ある小説と、
描き下ろしで一冊本を出すことが極端に少ない漫画。
それを同じ土俵で語るのは正直厳しい。本という形態が同じなだけで、作業手順はまるで別物だから金のかけ方も当然違う訳で

490 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:44:11.92
「電子化で志望者たちに翼が生える 」
こんなクソみたいな幻想 粉みじんに砕け散るぞ

飛び出しやすくなっただけで、ろくに磨いても鍛えてもいない翼なんて
「ナニコレ ツマンネ」の一言で崩壊だwww

491 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:44:24.06
キリの個人配信漫画も増えるが
ピンの個人配信漫画も増える

漫画界においてはピンの選択がすべてを変える
今の雑誌を支えるのは一つ二つの作品であることが多い
それを継ぐ作品が入ってこなくなる可能性があるわけだ

492 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:47:42.14
>>490
「大手と同列に」も10億の大好きなキーワードだぞww

493 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 00:52:30.88
まあとにかく、漫画を描いたこともない
それで儲けたことも当然無い ど素人のゴミ虫の妄想なもんで・・・・

それで飯食ってるプロ達が取り分や印税だけで流れないって現状で
ハッキリ答え出てるのにね

自分が通用しなかった世界で、出版目指して成功するかもしれない奴がいるのが
腹ただしいのだろう

494 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 10:06:14.97
10億はとりあえず、自己の主張する「全く無名の個人配信漫画で大ヒット」ってのが
日本で10作品ぐらい出るまでは寝てろ

「可能性がある」じゃ話にならんし 1作くらいがまぐれ当たりしてもムーブメントにはなりえない
まあそれが起こったとて、君の手柄でも何でもないんだがwww

495 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 13:03:42.78
そもそもあいつ漫画描いてないから。

496 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 13:09:41.06
ネットの悪しき所を体現したかのような奴だからな10億は。
出所不明の「自分が信じたい内容」に叶った情報(デタラメを多く含む)を盲信して
しかも最初に覚えた事を正しいと思いこんで是正もUpdateも無し、と。
閉じた脳である事を吐いてるに等しい。

497 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 16:23:55.67
あーあ10億の底の浅さって、2ちゃんのどこに行っても知れわたってるね。
いや、もともと何の深さも無いか。

こいつの言動全てが「金が欲しい」なんだよね。
漫画というものに対する「好き」が、これっぽっちも伝わって来ない。
どんなひねくれた人生送ってきたんだか。

498 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 18:51:07.63
連投お疲れさん

無意味な書き込みしてる間に

出版業界は今日も衰退中です

499 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 19:10:41.94
>>493
>腹ただしいのだろう

アンチのレスを永久保存して将来完全論破されたときに
笑いものにする楽しみでやってるんじゃないか?w
知らんがw

500 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 19:19:21.26
一晩経っても悪魔の証明は出来なかったようだなw
一般社会の常識を掲げてかわそうとする姿はけなげだったがw
出版社はどうしようもないクズを雇うのは止めろw
もっと論理的に電子書籍個人出版の可能性を否定する奴を雇え

501 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 19:41:36.98
漫画描いてないお前には無関係だよ、出版社も電子書籍もw

502 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 19:54:06.24
マヌケ予想するアンチが馬鹿にされることだけはほぼ確定w
良かったなw

503 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:08:14.80
>>出版社はどうしようもないクズを雇うのは止めろw

うん、だから君みたいな無能は相手にすらしなかったよ。
よかったね。
それと君が無能呼ばわりしてる編集員たちは、皆君よりはるかに高学歴だ。
年収は数倍だ。

2ちゃん弁慶の君が逆立ちしても入社できないとこが出版社だ。

504 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:11:12.82
>>もっと論理的に電子書籍個人出版の可能性を否定する奴を雇え


え? これってまさか 「オレ様みたいな優秀なのを雇え」って言いたいのwwww
最高のギャグだね!
君の出版社コンプレックスがこういうとこからにじみ出てるねwww

505 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:19:00.52
論理的な10億くんは
「キンドルがやってきて1年半も経つのに一向に個人配信の天才志望者が現れない」という事実を
論理的に証明してくださいな&#9825;

「スマホがこれだけ爆発的に普及してるのだから、スマホ経由で個人配信しようと思ったらいつでも出来るのにヒット作皆無」の理由もね。

キミのお得意の「端末普及がまだだ」はもう通用しないよ。頑張ってね。
君の主張の根本に関わる問題だぞ。
逃げんなよ。

逃げたら無能の証明だけはできるよ!

506 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:19:10.38
だから、10億くんは証明云々言うならまずは自身の掲げる論の証明をするべきなのに一向にしてくれないのだからなぁ
散々言われている事なのに

507 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:20:10.91
あ、&#9825; に意味はない。なぜか文字化けしたようだ。

508 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:24:31.23
端末の普及と市場拡大に伴って志望者達の大移動は開始されるだろうな
もちろんすぐに移動する可能性もあるわけだがこればかりは志望者集団の気分次第
じっくり待つべきだろう

509 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:29:43.72
気分次第という事はつまりなんの論拠もなく騒ぎたかっただけなんだな

510 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:29:55.34
1億円以上を稼ぐ新人作家も相次ぎ誕生!
侮れないアメリカの電子“自費”出版ブーム

アメリカでは今、この自費出版に対する人々の認識がすっかり変わろうとしている。

デビューからわずか1年後に、若くして、作家としての地位も膨大な収入も手に入れた。
すべては自費出版のおかげなのだ。

ttp://diamond.jp/articles/-/12852

511 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:31:06.38
つまるところそれって移動しない可能性もあると自分でいってるだけじゃないか
あ、逃げ道作ってるのか。

512 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:38:59.13
>>511
世界は確率で表記される
より確率の高い方を俺は支持しているだけ
最終結果は現実が示しそこで決着がつく
漫画において個人出版作品が優勢になるかどうかその答えはやがて出る

小説その他がデジタル化しつつあるにも関わらず
漫画だけが取り残される、とは考えにくい
端末の技術的な問題やサイトの人為的な非利便性の問題はあるが
どれもこれも解決は時間の問題だ

最後は読者も志望者も移動するだろう
その可能性が最も高い

513 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:40:19.55
じゃあ表記してみてよ。はよ

514 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:45:01.80
翻訳で横文字にしてしまうと視線誘導が滅茶苦茶になり作者の意図からずれるのは幾らやっても解決はせんと思うがの

515 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:47:32.53
>>513
お前は波動関数から勉強しろw

確率と言えば日本でも電子書籍が優勢になる確率80%以上だろうな
もはや紙の時代は終わった
よほど読者や志望者が紙に執着しないかぎり紙の時代は終わる
世界的に電子化の流れは止まらないしな
日本だけ、漫画だけ、電子化の流れから逃れられるとは考えにくい
アホだけがそう考えるw

516 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:49:45.37
80%以上というのはどういった手段で算出したんですかね
確立という事はしっかりと統計を取ったはずなんで、ちゃんとした数値で観測されなければならんので
はよ、その算出方を

まさか勘とか恥ずかしいこというなよ

517 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:51:15.05
>>516
俺もそう思ったwww
なんで波動関数って言っといて百分率よ、とwwww

518 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:53:11.88
波動関数っていいたかっただけなのかよ

519 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:54:05.01
なんつーか知識の最大値をポロっと言ってしまった感が哀れだよなww

520 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:55:14.09
世界は確率で表記される(キリッ

521 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:57:24.19
80%に関しては勘だw
しかし今まで外れたことがない

様々なデータから判断しておおよそこのくらいの確率だろうということだ
日本だけ電子化から逃れられる、漫画だけ電子化から逃れられる、
そんなことは様々なデータから判断しておよそありえない

最終的な確率として80%の高確率で漫画も電子化されていく
そして新人の流れも同時に変わっていく

522 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 20:59:07.92
>なんつーか知識の最大値をポロっと言ってしまった感が哀れだよなww

その言い回しはセンスいいなw
アンチの書き込みに初めて感嘆したw

もっとも最大値はまだまだ上だがなw

523 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:00:21.87
波動関数10億君www

524 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:01:58.29
なんだよ。表記されてねぇんじゃないか
512の書き込みの上2行は何なんだよ
つまり自分の山勘を自分で支持してるだけで、何にも表に出てないって事じゃないか
世界は確率で表記されてるんだろ?表記はよ

525 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:02:45.78
あ〜あ。自分で憶測で何の根拠もないって言っちゃった。勘だって言っちゃったね

526 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:04:22.72
勘でもいいけど80%以上の算出方法を早く出してね
勘なのに8割ってどうなんだとは思うけど

527 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:07:32.38
波動関数は収束確率を導く方程式だっただろ?
物理で習ってないのか?低脳?

528 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:09:10.96
何を与式に変数として組み込んだか、が語れないから馬鹿だって言ってんだよ10億

529 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:10:38.01
波動関数とかイキがる割には口から出る言葉は全部キリの良い数字だもんなw
100万ポッキリとか1000万とか80%とか、5年とかwww。

530 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:15:02.43
>>528
既得権益人間が関わる事柄を完全な方程式で表記することは難しい
しかしおおよそこの程度の確率に収束するだろうと予測は可能
それが80%
勘とはいってもこれまでに蓄積したデータに基づいたものだ

電子書籍端末の普及は20年後30年後とほざいていた奴がいたが
そいつにとっての確率は何%だったのか聞いてみたいものだw
結果は0%だったわけだがwwww

やはり人間力の差だな
未来を正確に読む力の差だ

531 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:16:05.29
数値で出したんだからそのデータも数値じゃないとおかしいんだが
はよ算出データ

532 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:17:03.67
コレもう何をどう取り繕っても山勘と言う名の妄想というオチじゃないか

533 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:18:12.94
電子書籍端末の普及は20年後30年後とほざいていた奴と同じ道を歩いている事に気付かないのかよ

534 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:19:54.15
馬鹿にされたくないから何か難しそうな事言って頭良い感を出そうとして
益々馬鹿にされるパターン発生!!

535 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:20:34.39
どんな雑誌だろうと次が入ってこなければやがて休刊廃刊となる
出版分野のデジタル化が意味することは個人出版だけにとどまらない
他業種からの参入が激化するということでもある
家電企業が農業に進出する例も出てきているが
漫画界に大きな資本を持った企業が進出し始めることもあり得る
今以上の才能の拡散は必須

どちらにせよ大荒れすることに変わりない
そしてこの動きは志望者達にとっては歓迎すべきことだ
独占体制であった出版界に競争原理が持ち込まれるからだ

紙は終わり海外を含めた天才争奪戦が始まる

536 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:22:05.91
そこらへんもうKADKAWAあたりが最近動き激しいがな

537 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:24:22.06
と、いうかさ
自分達に密接にかかわりのある出版社が何も考えていない訳が無いんだよな

538 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:25:55.35
漫画部門のなかった大手や中小出版社の新規参入は前からよくあるけどな
大体失敗してるけど

539 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:26:55.85
スケールの大きい所だと、環境問題や資源問題や食料問題の試算と同じでさ、
シミュレーションの条件が「今のまま何もしなければ」が入ってるんだよね…。

俺らがガキの頃「石油は2000年を待たずに枯渇する!」って断言してるメディアも
あったワケでして

540 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:27:35.95
任●堂が数年で一気に苦戦陥ったように
ソ●ーがアッ●ルに一気に持っていかれたように
時代が変わると環境が変わるとルールが変わると
それまでの体制は一瞬にして崩れ去る

漫画界にこれまでにない変化が訪れようとしている
端末価格が5千円を下回れば一気に変わる
また画面の解像度アップや画面操作のストレス軽減が実現されれば
もはや完全に電子化に傾くだろう

コンテンツ産業の根幹を握るにはコンテンツを押さえることだ
出版社は激烈な競争に巻き込まれることになるだろう

541 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:29:35.49
マイクロソフトがアップルならわかるんだけどソニー…?

542 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:31:20.41
出版社が何かをしようとしても出来ない理由

・高コスト体質を止めることが出来ない
・電子化で紙媒体の売り上げを下げることが出来ない
・短期間で再販制度は廃止できない、実行すると自転車操業が破裂
・出版社は資本力で言えば非常に小さな存在
・漫画家の意思は出版社とは関係なく動き始める

543 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 21:36:07.49
理由が全部「らしい」がつきそうな辺り、いつも通りだな

544 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:08:29.51
何も反論できなくなったようだな

545 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:10:35.47
そうだな。早く確率の算出やらをデータやらの数値化を待っているんだが

546 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:12:42.81
>542の的確な指摘にアンチが反論出来ないw

高コスト体質では今後勃発する競争には勝てない
紙媒体の売り上げ減は死活問題
急激な再販制度撤廃は死活問題
資本力の小さな出版界はネットの世界では弱小企業
漫画家志望者の流れを出版社が止めることは出来ない

547 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:14:55.18
だって全部お前の妄想だって自分で言っちゃったじゃないか。勘なんだろそれ

548 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:16:17.80
出版社の問題とお前が常々言ってる個人が漫画で数億儲かる世界の到来は話が別だろw

549 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:17:53.08
だから明確なものを出さないと説得力が無いと以前から何度も言っているのだが
しかも自分で勘とか言いでしては更に説得力がなくなってしまってだね

待っててやるから。はよ

550 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:18:22.82
コンテンツ産業で大きな利益を出している国は二カ国程度
米国と日本
その他の国ではまともなコンテンツを生み出すことが出来ない
とは言いすぎだが主にこの二カ国が世界における巨大なコンテンツ生産国だ

もし世界が日本の出版社の漫画家に対する下請け奴隷的な扱いを知ったらどうだろうか?
当然そこを突いてくるだろう
なにせ世界におけるコンテンツ生産国のコンテンツを手に入れられるのだから

お前らは何もわかっていない

>>547
勘という名の正確な未来予想だ
実績があるからな
ことごとく言い当ててきた実績がな

>>548
出版社作品が落ち代わりに個人出版作品が売れ始める
これも海外ですでに発生し始めていることだがな

551 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:22:12.87
正確な未来予想ね。なのにその根拠は勘とか子供かよ
外れてもいい逃げ道があるようなものを当った実績とは言えないかと

552 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:23:52.80
8割が正確なのか、それとも予想内容が正確なのか
どちらにしても勘なんだけどって、いうのが、ちょっと…

553 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:26:27.67
連投お疲れさん
早く死ねカスwwwwwww

554 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:27:08.90
何を言っても勘だって事になっちゃうから早く数値でデータ出してね?
証明って言うのはそういうことだよ

555 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:28:10.41
端末発売は20年後30年後のアンチに言われたくはないわなw
一体どんな根拠を元に20年後30年後と予想したのかw
そんな予想を聞いたら幼稚園児ですら苦笑するだろw
予想を外した20年後30年後アンチは一体どこへ逃げたのかw

>どちらにしても勘なんだけどって、いうのが、ちょっと…

正確なデータの蓄積に基づいた未来予想を勘と言っているだけで
20年後30年後のような妄想とは違うからなw
結果はすぐに現実が示すのだから焦らず待ってろ

556 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:28:14.49
データキチガイwwwwwwwwwwwwwwwwwww


数値wwwwwwwwwwwwwwww

557 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:29:37.13
だからその正確なデータを早くといっているのに
ばかなのかしら

558 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:30:30.96
自分でデータの蓄積〜と言っているんだし当然だよな

559 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:31:03.70
そもそも20年後30年後とかそんな奴知らんのだけど
誰と敵対してんだよ

560 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:31:12.66
御三家たいてい1000億前後の売り上げ、十億前後の利益あるんで、
ここが資本力が無いとか言い出すと、日本中の企業が資本力不足扱いになるね。
角川スクエニは同格、リクルートは御三家以上。

再販価格維持制度に関しては、
出版業界が委託販売制度を続けている限り、
まず制度としてなくなる可能性が無い。

仮に公正取引委員会が出版物の例外規定を外しても、
在庫リスクを背負う存在による再販価格拘束は、事実上止められないから。

561 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:31:47.50
こんな糞スレもう潰せよ

562 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:32:07.23
これまでのスレの流れをまとめると

■紙の単行本利益配分

〔海外〕作家:出版社=2:1
〔日本〕作家:出版社=1:2

■映像化における原作使用料

〔海外〕約5億円(500万ドル)
〔日本〕100万〜200万(最高上限1000万と勝手に決めてるw)

■グッズ印税

この詳しい数字はまだ調査中だが紙の印税率や原作使用料金などから
推測しておそらく海外は高く日本は異常に低いと予想される


【結論】日本は世界的にみて印税率が異常に低い!

563 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:32:37.19
粘着ひでえなキモ過ぎ

564 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:33:07.06
まとめると俺の勘は正しい(キリッ
勘w(プゲラ

なだけかと

565 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:34:41.54
そこまで正しいんでしたら是非電子書籍板にお戻りの上、ご自分の持論を展開して下さいな、っと

566 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:36:13.60
余程その20年30年とか言っていた奴に恨みがあるのだな。ソイツに対してすごい粘着でキモイ

567 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:40:42.66
日本の出版業界がドイツより規模小さいの知ってる?
映像産業は中国やインドを、市場規模世界シェアとうの昔に下回ってるの知ってる?
映像音楽輸出額なら既に韓国に負けてるの知ってる?
音楽産業でイギリスがどんくらい世界から稼いでるか知ってる?
フランスがファッション産業で、どれくらい世界から稼いでるか知ってる?

日本とアメリカだけとか、悪い冗談だ。

568 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:42:04.30
勘なんかより数値の方が余程世間的に信頼あるんで、はよ

569 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:44:17.87
>映像音楽輸出額なら既に韓国に負けてるの知ってる?

韓流ドラマの売り込み先は日本の左翼メディア向けがほとんどだろw
コンテンツとは漫画映画アニメとその関連商品のことな
音楽やファッションは別板で語れw

570 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 22:45:39.40
ファッション業界とか昔から続くステマの大御所だからな
インターカラーとか数年前に流行色決めて、流行らせる為に裏で色々するんだから

571 :名無しさん名無しさん:2014/06/15(日) 23:05:36.29
何もわかっていないというが、そもそも漫画家のことをお前がわかっていないのでは

572 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 00:09:05.49
>>567
>日本の出版業界がドイツより規模小さいの知ってる?
ドイツやヨーロッパの電子出版普及ってどんな感じなんだろう?

573 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 03:32:43.35
>>論理的な10億くんは
「キンドルがやってきて1年半も経つのに一向に個人配信の天才志望者が現れない」という事実を
論理的に証明してくださいな&#9825;

「スマホがこれだけ爆発的に普及してるのだから、スマホ経由で個人配信しようと思ったらいつでも出来るのにヒット作皆無」の理由もね。

キミのお得意の「端末普及がまだだ」はもう通用しないよ。頑張ってね。
君の主張の根本に関わる問題だぞ。
逃げんなよ。

逃げたら無能の証明だけはできるよ



↑10億はグダグダ勘に頼って逃げてないで、さっさとこの問題に答えろ。
どうなるかわからん5年後よりも、現状を認識しろ。

574 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 04:08:42.03
どう見ても10億って、頭のいいふりをしたいだけのお馬鹿さん。
語れば語るほど、上っ面の知識だけで「自分の経験上」ってのが皆無。
そんなやつが未来予想?
自分に都合のいい「誰かが語ってたこと」を繋ぎあわせてるだけでしょ。

575 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 04:21:05.13
そんなに印税や映像化やグッズの利益が欲しいのなら10億くんに最高の情報をあげるよ。
「凄くヒットする漫画を描くのだ!」
ね?これが一番確実な方法だ。

描きさえすればいいんだから、簡単だね!
頭のいい君なら出来るよ。
君はやれば出来る子だよ。

え?描かない?なんで?
儲かるのが分かってるのに!!

576 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 06:01:46.46
儲け方知ってますとか、宝くじの当て方知ってますとか
そんな詐欺商法みたいな言い分だよな。毎回

577 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 06:29:15.72
どちらかというと終末思想とか陰謀論とかで
自分の専門外の科学知識をわけもわからず解釈して自分の妄想結果に強引にたどり着かせようとするタイプの人間だろ、10億マンは

578 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 06:39:35.42
なるほど。なるほど韮澤先生タイプか

579 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 08:18:36.64
勘とか言い出した段階でもう終わっただろ。

580 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 08:21:35.47
>>579
なにこの自演の多さ

581 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 08:34:31.76
全部同一に見える病気なのかい?大変だな

582 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 10:12:17.30
俺たちは電子書籍や個人配信というシステムそのものを否定してんじゃないよ。
紙資源のことや、旧作の掘り起こしなんか考えたら電子化は大変結構なことだ。
大手が持っている膨大な過去の作品に出会える可能性があるからね。

個人配信も、気軽に漫画家ごっこをするという意味では、ピクシブの「気軽なイラストレーターごっこ」
という意味で、ライトユーザーには表現の場として面白いと思う。

だが、どちらも「プロレベルの漫画を生み出す場」としては、ぬるい。

漫画家100人、いや1000人に聞いてもいいけど
「あなたは締切がいつでもよくて、何ページ描いてもいい ただし原稿料は出ない」だったら
そちらを取りますか? って質問をしたとする。

ほぼ100%の漫画家がNO!だよ。

583 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 10:21:49.09
なぜならそれは「アマチュアでしかない」だからだ。

漫画家にとって原稿料というものは「原稿料を払うに足る作家と認めてもらえたこと」でもある。
当たり前だが商業誌に載るレベルに足していないものには原稿料は支払われない。
ヘタクソが何千ページ描いて漫画賞に応募しようが、価値は0円だ。


そしてそれが、漫画家の自信につながる。 同時に責任感にもね。
一度送り出したら、送り出し続ける。それでやっと「プロ」といえる。
そうでなければただの趣味だ。

584 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 10:31:39.72
商業誌に載るレベルに足していないものには⇒「達していないものに」だね
タイプミスだ。 ごめん。

締切がないというのも、漫画家にとっては楽園のように見えて実は地獄へのお誘いだ。
「いつでもいい」は、怠けようと思ったらどんどん怠けられる。
そんな環境からいい漫画は生まれない。 

過去のすべての漫画の名作、ヒット作は「締め切りに追われたからこそ生まれた」と言い切っても構わない。

ここを甘く考えてたら、とてもプロレベルの漫画家の仕事は出来ないよ。

585 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 11:29:33.88
漫画家の知り合いすらいなさそう

586 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 13:24:37.48
10億は落書きのような物でもいいからペン入れした漫画を1Pも描いたことないだろ
作業量的に小説のように兼業や個人でやれるものじゃないし
同人で年2回くらいの発表のペースでは10億の妄想するような大金を稼げない
定期的に作品を発表するには制作に没頭できる環境が必要で
個人が有料配信の収入をあてにスタジオを構えるのはあまりにリスクがあり過ぎだ
最低でも一度は商業誌で売れた経験が無いと誰が読むんだよ、無名の漫画を有料で

587 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 13:30:03.64
自分で漫画描いてないから、漫画描くのが、どんな事かすら分からんのだろう。

588 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 17:47:24.78
現在Kindle版が無料の佐藤秀峰『漫画貧乏』を再読:漫画業界そして電子書籍の革命家

結果として関連売上が1億円を超えたというから驚きだ。
今までは出版社という「カゴの中」にいた佐藤が、
そのカゴいやオリを出て自由を享受し責任をもって取り組んだ結果として付いてきたのがこの数字だ。

いま日本の漫画界は変革の真只中にあり、実におもしろい。
佐藤秀峰のような個性的かつビジネスセンスに長けた漫画家が続々と生まれているように思う。

もう一度言おう。いま日本の漫画業界はとんでもなく面白い。『進撃の巨人』だけじゃないんだ。
それはアクの強い個性的な作品が次々と登場してきたという「創作」の面だけでなく、
クセのある作風ゆえに販売売上は期待できないものの最終的に作家の手に残る利益は
紙媒体のコミックよりも多くなり得るという電子書籍の「仕組み」、
そして荒々しくも自由な海に船出しようという挑戦心に溢れた作家たちが
従来の出版社との契約関係を見直し始めたという「業界変革」といった視点でみても、
わくわく感が抑えられないのである。

明日はどんな新しい漫画家の、どんな新しい作品に出会えるのか、楽しみでならない。

http://youngecon.com/manga-on-web/

589 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 18:02:30.93
>>582
今はまだ電子書籍市場が立ち上がってないからだろ
18禁漫画市場はガラケーで広がったが一般向け漫画市場はまだまだこれから
十分な市場規模になれば独立の動きは加速するだろう

今後の漫画家に対して電子化権を縛るのは止めるべきだろうな
100%の漫画家がNO!と言うなどと主張するならば縛る理由がないw
どこから電子化するかは漫画家の自由にさせるべきだw

590 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 18:12:33.83
お前いろんなスレに似たようなこと書き込んでるのなw

590 名前:名無しさん名無しさん[age] 投稿日:2014/06/16(月) 17:57:53.41
サ●デーなどは数ヶ月に3万部ペースで減らしている
このまま進めば残るのは数誌のみ
大部分がネットに移行
商業電子雑誌でも売れないものは売れない
そうなるとそれもただの漫画家ごっこにすぎない
売れるものは商業電子雑誌を通さずとも売れる
これからプロとアマの違いがなくなっていく

591 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 18:16:08.17
集英社のアンチスレにもいたな

592 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 18:18:14.41
というか、漫画家の契約書とか見たことあって言ってるのかねぇ

593 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 18:20:00.33
490 名前:名無しさん名無しさん[sage] 投稿日:2014/06/16(月) 18:19:08.31
現在Kindle版が無料の佐藤秀峰『漫画貧乏』を再読:漫画業界そして電子書籍の革命家
http://youngecon.com/manga-on-web/


紙で買えば1280円もする『漫画貧乏』が今ならキンドルで無料!
お前ら急げ!

594 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 18:24:49.43
もうヲチするスレになってしまいそうだ

595 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 18:38:08.77
佐藤に頼らないといかん時点で結局「出版でメジャーになっとかんと注目されない」ってことなんだが?

596 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 18:41:12.07
しかし本当に佐藤好きだな。金のことしか考えていない思考が同調しやすいのかね

597 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 19:06:06.57
電子書籍とくに漫画界における近年の革命の多くが、この人の孤高の闘いに負ってきたのだと。

以前に『漫画とビジネスと佐藤秀峰』で書いたように、佐藤は常に出版社と闘ってきた。
「原稿料」の定義を明らかにし、契約書を作成し、二次使用等の権利についても明確にした。

考えるまでもなく、上記のような仕事の仕方は他の業界では至ってアタリマエのことであり、
ここからもいかに漫画業界というものがヘンな場所であり続けたのかが分かる。

いま日本の漫画界は変革の真只中にあり、実におもしろい。

荒々しくも自由な海に船出しようという挑戦心に溢れた作家たちが
従来の出版社との契約関係を見直し始めたという「業界変革」といった視点

598 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 19:17:11.53
如何にもどこからか丸コピしたって感じの書き込みだな

599 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 19:21:55.44
佐藤自体が出版社に過去も今も頼りまくりだというのに。

佐藤が自費出版で出してるの、コラム漫画みたいなのばっかで、
完全に過去の切り売り商売してるだけじゃん。

600 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 19:33:24.16
あれはわりと屑だからな。賛同者がロクに居ないというのが何よりの証拠で

601 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 20:42:06.26
屑では決してない
正直者なんだよ
世渡りは上手ではないかも知れないが正直者
そしてあれが作家の本質的な姿だろう
いつかお前にも理解できる

602 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 20:44:31.15
あれはただのキチガイだからな。お前とおんなじで

603 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 20:47:59.77
キチガイにも二種類ある
元からキチガイ
あえてキチガイ

結果は同じでも中身は全く違う

604 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 20:49:00.23
お前は元からキチガイだもんな

605 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 20:50:18.93
ウンコに種類があるのと同じってことだろ?
傍からみりゃウンコカテゴリである事は変わらないわけだから意味ないけどな

606 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:05:42.80
天才とキチガイは紙一重と昔から言われてるだろw
凡人にはそれがウンコかご馳走か判別できない

607 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:06:56.61
ウンコはウンコだからな。ウンコが何を言ってもウンコである事実
食便趣味があるようだからこれからお前のこと、食便って呼んでいい?

608 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:12:11.13
進撃をウンコと判断したアホ編集がいたらしいw

609 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:13:56.69
ウンコというより雑誌のカラーにあっていないだけで今でも正解だと思うがの
ところで食便。なんでウンコがご馳走なの?

610 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:17:08.78
言い訳番長発見!
お前は民主党か!w

611 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:18:00.63
お前民主党が好きなのか。スゴイな食便は

612 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:19:01.10
英Nielsen、2013年の英国内における個人作家の電子書籍売上が前年比+79%成長していたことを明らかに

【編集部記事】現地報道によると、書店POSデータなどを集計している現地Nielsen Bookscan社が、
英国内においても個人作家による電子書籍売上が急増していることを明らかにしたのこと。

 この数字は先週金曜日に行なわれたLiterary Consultancyカンファレンスで発表されたもので、
1年間で1,800万部相当の個人作品が購入されたという。
これは、英国の出版市場規模からするとまだ5%程度のシェアだが、今年はさらに増えるものと予想される。【hon.jp】

http://hon.jp/news/1.0/0/5583/

613 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:20:45.08
食便くんは何でウンコと民主党が好きなんだい?性質が自分と似てるからかな?

614 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:21:32.09
英国も米国同様の成長曲線を描いてるな
米国でも全体の一割と突破したあとは一気に過半数まで進んだ
日本もこれに数年遅れて同様の成長曲線を描く可能性が高い
独国などもやはり電子化個人出版の動きが出てきている

もう決定的だな

615 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:22:21.42
あれ?まさか10億くんが食便だったのかよ
意外な趣味だったな。驚いたよ

616 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:25:02.18
むしろウンコ漫画ばかり連載開始させる某漫画雑誌の性癖だろw
一時期の逃避には優れているだろうが世界的な戦略からは大きく遠ざかった
もはや世界的コンテンツを生み出せる連中ではない

日本には新しい漫画雑誌が必要だ

617 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:26:22.24
日本だと個人出版でもコミケやらイベントという海外では余り類を見ない規模の奴があるから、難しいかと

618 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:26:55.15
じゃあ食便が漫画雑誌立ち上げちゃいなよ

619 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:31:29.96
>コミケやらイベントという海外では余り類を見ない規模の奴があるから

日本の漫画が売れていた頃もあっただろw
世界的に日本の漫画が売れなくなっている
そして同時期にアニメがゴールデンから追放された
答えは一つだ

腐オタ向けに走り特殊な読者層をメインに据えたが
一般向け人気を失い新規読者の獲得が出来ずにそのまま衰退一直線

商業誌を通すと腐オタフィルターをかけられる危険性がある
世界を目指すなら個人出版だろうな

620 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:32:46.36
だから、海外と違ってもう個人出版の土壌は既に日本にあるんだってば

621 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:33:19.27
■【北米】2010年の日本アニメの映像パッケージ市場規模は1.6〜2億ドルの見込み 5年で60%減少…ICv2調べ
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1286457645/

■【アニメ】米国バンダイ・エンタテイメント、北米BD・DVD発売事業から撤退…自社直営オンラインストアの営業も既に終了
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/moeplus/1325563960/

[Part1] FRANCE/バブルがはじけた?
http://globe.asahi.com/feature/110207/01_1.html

[Part2] FRANCE/もう売れるタマがない
http://globe.asahi.com/feature/110207/01_2.html

スペインにおけるコンテンツ市場調査(2012年5月)
http://www.jetro.go.jp/world/europe/es/reports/07000958

>2010年以降は日本マンガ以外の新刊は発行されておらず、11年は346点と02〜03年並みの水準まで後退した。
>近年の日本マンガ自体の傾向として、読者層が細分化されているという点がバイヤーの多くから指摘された。読者を極度に選ぶため、ただでさえニッチな日本マンガがスペ
>イン市場でさらに受け入れられにくくなるという。

622 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:34:47.78
早く食便は雑誌を作るなり、ポータルサイトを作るなりすればいいと思うんだ!

623 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:36:52.24
>>620
>もう個人出版の土壌は既に日本にある

あとは才能の上層集団の意識変化を待つのみというわけだな
映像化だけでも5億積む海外出版社と100万ポッキリの日本の出版社との間で競争勃発w
核兵器と竹やりの勝負

おっと愛国者として不謹慎な発言だった
失礼した

624 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:36:56.51
別に世界で読まれたいと思っている漫画家が多いわけじゃないからなぁ
世界基準で読まれたいなら最初からコマ割や視線誘導を海外向けにやるだろうし

625 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:38:55.63
うん。それでその土壌のコミケは年々参加者増えてる訳でな
で、なんだかんだで直接皆交流したいわけよ
ここの意識改革をするのは正直難しいと思うよ。副次的に電子で売るにしても、もうその手のものもあるしね

626 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:43:09.05
>別に世界で読まれたいと思っている漫画家が多いわけじゃない

多いわけではないのは構わないとしても結果として世界で読まれないことは劣化の証明
過去の漫画は世界で人気だった
商売の方法は今と比べて格段に下手だったとしても

その精神こそが腐オタ雑誌を作り上げる根源なんだろうな
後ろ向きの精神では世界には通用しない
アニメはゴールデン枠を獲得できない
そのまま永久に沈んでいけ

627 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:43:12.89
自費出版の方が儲かるならみんなそうするだろ
現状では出版社利用したほうがいいんじゃないの?
ほら、宣伝力とかいろいろあるだろ出版社には

628 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:46:10.75
>>621
>5年で60%減少

異常事態すぎるだろw
どんだけつまらないもの輸出したんだwwwwwwww
腐オタに受けたからと鼻息荒く意気揚々として輸出したんだろうなwwwww

世界につまらない漫画を輸出するなアホ
日本の恥

629 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:49:57.77
>>627
>現状では出版社利用したほうがいいんじゃないの?

現状ではな
しかしそれもあと数年、長くて5年
日本読者の保守性と出版社の妨害(高価格、端末縛り、品薄、)がどう影響するかで変わる
それ以降は海外のように個人作品が出版社を飛ばしてランキング上位に食い込み始めるだろう

今すぐ連載組ならばいいだろうがこれから漫画家を目指す連中にとっては
個人出版は大きな選択肢の一つとなる

630 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:49:58.71
だから世界で通用したいなんて誰も思ってないわけでな
流行っている当初からさ
娯楽が増えて漫画に固執しなくなっただけ

631 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:52:31.55
>世界で通用したいなんて誰も思ってない

昔はそれでも世界で通用しただろ
つまり今の漫画は「生ける劣化証明」

>娯楽が増えて漫画に固執しなくなっただけ

言い訳番長wwwwwwwwwwwwwwwwwww乙wwww
進撃の爪の垢でも食ってろwwwww

632 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 21:53:29.93
的確な指摘されると言い訳番長って言うしかなくなるらしいな

633 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:00:20.60
まとめると
食便としては出版社が嫌い、オタクが嫌い、
だから衰退させたくてとりあえず勘で海外って言っていると

食便くんは金銭的な損得抜きで描き手のことをもう少し考えたほうがいいと思うよ
ほら、こらから雑誌立ち上げるんでしょ?なおの事もっとさ

634 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:02:16.10
娯楽が増えても面白ければ客は食いつくんだよ

>621でも指摘されてるだろ

>近年の日本マンガ自体の傾向として、読者層が細分化されているという点がバイヤーの多くから指摘された。
>読者を極度に選ぶため、ただでさえニッチな日本マンガがスペイン市場でさらに受け入れられにくくなる

近年の日本の漫画原作アニメがゴールデンから次々撤退し深夜放送も当たり前になってきたが
一般向けではなく腐オタ向けに作った結果だろう
娯楽が増えたことが原因ではなく極度に読者を選ぶ漫画ばかりを量産しすぎなんだよアホ
お前みたいな奴が業界に多いから日本の漫画文化は沈没するんだアホ
海外から指摘されてりゃ世話ないなw
日本の恥

蓮舫「2番じゃダメなんですか」
アホ「世界で通用しなきゃダメなんですか」

もはや末期症状

635 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:04:45.68
あれ。じゃあ海外でやることなくね?
また自分の首絞め始めたぞおい

636 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:07:18.74
別に日本の漫画文化が発達したのは海外に発信したからな訳じゃないしなぁ

637 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:07:39.96
>>娯楽が増えて漫画に固執しなくなっただけ

これは漫画に限らずすべてのご楽に通じることだよ
これを否定することはすべての娯楽を否定することになる頭の悪い証拠

出版の部数が減ってるのは娯楽が多様化、細分化したため
選択肢が増えれば一つあたりのキャパが小さくなるのは当然

ついでにずっと続く不況で若い奴は金持っていないから、
タダで手に入る娯楽に流れる

黄金期の出版事情と比較して「衰退した」っていってるのは
他を見ていない馬鹿
客が貧乏になって選択肢が増えりゃ、ひとつのメディアには集中して金が入ってこなくて当然

電子産業もどんどん現れては淘汰される 
個人配信も同様
珍しがってる時だけの打ち上げ花火で終わる可能性がすごく高い

638 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:09:48.03
>近年の日本マンガ自体の傾向として、読者層が細分化されているという点がバイヤーの多くから指摘された。
>読者を極度に選ぶため、ただでさえニッチな日本マンガがスペイン市場でさらに受け入れられにくくなる

これは別に腐オタ向けが増えたといってるんじゃなくて、ジャンルが広がりすぎてるって話しなんだが
もしかして読解力ないのか?

639 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:13:12.92
>ついでにずっと続く不況で若い奴は金持っていないから、
>タダで手に入る娯楽に流れる

金持ってない若い奴でもテレビは無料で見れるだろw
漫画原作アニメがゴールデン枠を取れない現実を見ろ
テレビ局「つまらないから視聴率取れない」視聴者「ゴールデンに流すな」

アニメでも古参作品は視聴率取れてる
それにすら勝てないのは今の漫画原作のつまらなさの証明
まさに>読者を極度に選ぶ、作品であることが原因

いつまでも腐オタのアイドルとして浮かれてろw
ついでにそのまま帰ってくるなw

やはり日本には新しい漫画雑誌が必要だ

640 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:15:17.53
海外が日本の漫画に注目したのは「こんな文化メディア うちの国にはない」だからな

それでもすべての日本漫画じゃない
当たり前だが「海外が手に入る日本の漫画情報の中から」だ

アメリカでは星の数ほど映画が作られるけど、日本人が見られるのは
どこかの代理店が選んで販売権を買ったものだけ

それと同じだよ
ネットになってもこの基本は変わらない

641 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:18:11.14
新しい漫画雑誌が必要だって言うだけなら馬鹿でもできるの

じゃあそれってどんな漫画雑誌?
君のそのビジョンが見えてる?
どんな漫画雑誌なら売れるって具体例が出せる?

なんも持ってないでしょ? 君のお粗末な脳みそじゃwww
「売れる作品を描けばいい」なんてクソみたいな理論は答えじゃないの

642 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:22:17.84
食便は今日もこうして苛められるのかぁ

643 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:24:36.99
すぐに答えは出てくるだろうよ
このまま少子化以上のペースで部数が下がり続ける傾向ならば
今の漫画雑誌の方向は間違っている証明だ
少なくとも社会現象レベルのヒットの連発くらいは当たり前にこなさないとな

今の漫画雑誌は腐っている
答えはすぐに現実が証明するだろう

であるならば結論は一つ
新しい方向の漫画雑誌を創刊することだ

644 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:26:52.42
おう。食便が創刊するのを期待してるぜ
口だけじゃないのを証明してくれ

645 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:27:42.92
脳みそがウンコなのに利口ぶってるから哀れなんだよな

ほんとに利口な奴は2ちゃんになんかいないで、とっくにデビューしてお客つかまえてるよな

646 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:29:30.48
>>644
漫画雑誌を創刊するのは別の奴の仕事だろうな
このスレはあくまで議論の場

647 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:35:45.28
・娯楽の多様化
・若者は金がない
・少子化
・世界で売れなくてもいい
・腐オタ向けで十分

言い訳番長は凄まじい言い訳を繰り返すが
この根底にあるのは一般受けする作品を到底作れないという認識だろう
つまり弱小であるため発言が常に後ろ向きの言い訳番長化する

これがいわゆる「低脳」と呼ばれるものである

648 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:35:53.19
実現する気も、する能力も無い人の議論や主張など、無意味。

649 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:38:53.68
しかしこれがよく当たるんだ!

650 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:58:23.75
なんだ。結局口だけかよ

651 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 22:59:11.32
逃げ道作ってどちらにも転べる状態にしてりゃそりゃ当るだろうさ

652 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 23:14:43.31
電子化個人出版化に逃げ道も糞もないだろw
どちらにも転べる?
転ぶ先は一つしかない

日本にも必ず海外と同様の動きが発生する

653 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 23:24:42.98
俺もそろそろ漫画家を目指すとするか

誰かいいデッサン教室とシナリオ教室を知ってたら教えろ
あるいは美大向けの予備校に通うのもありかも知れんな
10年後に向けてそろそろデッサンを開始しないとな

654 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 23:32:40.73
食便教室でも開くのかい?

655 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 23:38:51.30
さすがに釣れなくなったなw
馬鹿も何度も釣られりゃ学習するということかw

656 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 23:39:45.68
食便の創刊する雑誌が今から楽しみだよ

657 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 23:44:28.81
雑誌を創刊するのは出版社もしくは新規参入組だろ
個人は単体作品連載がほとんどだろう
人気作品が複数出た後にその個人作家同士が雑誌形式にすることはあるだろうが

新しい雑誌の創刊は現在の商業誌にとっての命題
出来なければ沈む

個人作家ルートを目指す連中にとっては「どうでもいい事」

658 :名無しさん名無しさん:2014/06/16(月) 23:46:33.89
うん。そもそも漫画家を目指す連中は、海外とかどうでもいい事なんだけどな

659 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:01:55.32
今の10億君が良く例に挙げる小説もさ
まずは自国で流行ってからなんだよね

660 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:03:01.64
はっきり言ってやろう
日本国内市場は長期的な少子化で先細り決定
王道漫画でヒットを出せない出版社は腐オタ向け市場を開拓して逃避したがこれは自殺行為
腐オタ読者層の卒業とともに一気に部数が減る

漫画ビジネスを維持発展させる為には人口爆発している世界をターゲットにしなければならない
日本国内を目指す漫画家はおそらく碌なヒットを出せずに終わる
せいぜい腐オタ相手の単行本が売れる程度でそれ以降が振るわない典型的な内弁慶で終わる

やはりこのような時代には攻撃的にならなければならない
成長する世界市場に向けて漫画を発信することが生き残る鍵だ
それ以外に道はない

視野の狭い連中は志望者だろうと編集だろうと何だろうと「どうでもいい連中」
そのまま国内の出版不況の中、腐オタと共に消えろw

661 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:06:53.31
だから、元々世界をターゲットにしてる作家は小説でも居ませんぜっと

662 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:07:14.19
あれこれ偉そうに語るくせに、結局は他力本願でしかない

「ここは議論の場」だってwwww

自分が能無しで何の行動力もないって宣言してやんのwww
今からデッサン始める?
お前数年前にも同じこと言ってたなあ


ここ数年は何してたの? 結局口だけでなーーーーーーーーーーーーんもしてないだろうがwww

663 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:08:03.08
>>660お前の場合、視野が広いつもりで地に足が着いていないってだけだよ

664 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:09:26.31
ある意味今の出版界の人間は恐ろしい
海外で流通システムの大変化が起こっているにも関わらず
殻に閉じこもり既得権益を守ろうとしている
これほど粛清される性質のものはない
変化に対して脆弱すぎる

米国に続き英国がその後を追い始めた
日本はその次かその次の次あたりだろう
変化がそばで起き始めなければ認めない連中はオワコン
才能の大移動が決定的になればおそらく全滅に近い状態になる
高コストはどの道維持出来ないからだ

まあこれも現実が証明するまで信じないだろうが

665 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:10:59.55
今の現実見てもアメリカがこうなるからこうなるはずって言って信じない奴が何を言ってもさ

666 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:11:17.19
議論しかしなくてーーー
2ちゃんで人生逃げ回ってる奴がーーーー

「やはりこのような時代には攻撃的にならなければならない 」だってさ みんなwww
君の人生のどこが攻撃的なの?

667 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:13:25.99
10億くんは口先だけは攻撃的だけど、基本的に行動は何にもできないという典型的なキモオタだもん

668 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:15:50.38
>>663
20年後30年後発言の奴に関してはそうだろうなw
斜め上でファンタジーの世界に生きてた奴だったw

電子派はキンドル発売以前から数年内の端末発売を予想し
個人作品が商業を上回るとも予想してたがまさにその通りになった
当時そう予想した奴がどれだけいただろうか?

過去にタイムスリップしたならばアンチはこう言うだろう

「それはただの勘だろ?」と

電子派は素晴らしい
その一方で
アンチ=低脳

669 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:16:08.45
まあこんな脳みそウンコが生息していられるのも 2ちゃんならではだな

コイツの同窓会で同じこと言ってごらん
「お前何様?」でみんなから嘲笑されるよwww

10年後を目指してデッサン始めようと思ってる なんて言ったら
「それまでなにして暮らすんだ馬鹿」ってまた大爆笑

670 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:18:29.22
>>668
そうなんだ。なんか今のお前にそっくりな奴が居たんだな
あと低能だよ。日本語間違っているが震えているのかい?

671 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:19:31.94
>>電子派はキンドル発売以前から数年内の端末発売を予想し


だ・か・ら 端末がこんだけ普及しても全然個人配信のヒットがないでしょ
いつまでこの現実から逃げ回ってんの?
肝心要の予想が外れてんでしょうがwww

672 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:21:48.07
出版社にとっては時代が攻撃的にアタックしてくるだろうな
驚愕的ガクブル部数減として
そんな出版社に攻撃的な経営は不可能だろう
守りに入るのみ

一方で個人出版ならば攻撃的な連載が可能となる
国内の腐オタ向けから開放された冒険的試みが可能だ

海外の現象は日本でも必ず起こる

673 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:26:26.82
んー、現状でニコ動あたりで好きな人は連載してる訳だが、海外で売れるコンテンツがあるのかねぇ
ちょっと読んで来いよ、参考にさ。どうせ見た事無いんだろうし

674 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:30:35.88
現状でプロ作家がロクに動いていないんだし、そいつ等に期待は当然できんわな。10億くんとしては。

なら志望者に期待するしかないわけだろうから、今から実際イベントやらピクシブやら現状のレベルを見てくるといいとおもうよ。

675 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:33:21.82
才能の大移動
天才集団の決意

これらが起こるのが5年後くらいだろう
10年後には出版社経由が明らかな衰退を迎えているだろう
米国や英国の流れが日本で起これば変化もそれまでの反動で早い可能性が高い
成功例が出始めれば我も我もと右に倣えが日本人

過渡期には空白期が発生する
その空白期にごちゃごちゃ無駄な抵抗を垂れる奴はうざいw

676 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:34:38.82
じゃあ成功例が出なけりゃ誰もやらん訳だ
作者が成功できると思っても出来略労しない訳だが、数年後に活躍できる誰かめぼしい奴でもいるんですかね?

677 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:36:34.44
実際出版雑誌で成功してる漫画家にあこがれてるわけだから、いつまで経っても右に倣えで変化はしないだけかと

678 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:36:43.17
>>670
お前の脳ミソが半分以上カラッポで
常人と容量を比べるとその高さが半端なく低いって意味だw
猿人並みの大きさ、それが低脳w
もちろん能力も容赦なく低いw

679 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:38:18.93
自分の作品が本屋に売られるってのも憧れがあるんじゃないかねぇ

680 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:40:03.28
>>676
海外でもそうだっただろ
それまでネットもあり自費出版もあったわけだが
キンドル普及以前は個人発ヒットは中々でなかった
そんな人材が存在するとは海外の出版社サイドは予想しなかった
しかし端末普及と共にゆっくりと出てきた
そしてその勢いは止まることなく過半数を突破
海外の出版社は極めて驚いていた
なぜ驚いたのか?

理由はここの馬鹿アンチと同じw

出版社のブランドがなければ売れない
個人では出版社の宣伝力に勝てない
個人では質の高い作品を作れない

全て覆されたw

681 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:40:16.11
>>678
なるほど。つまり自分が如何に馬鹿かを告白した訳だね?
キミの人生は常に楽しそうだね、親は大変だろうけど

682 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:43:39.60
売り上げ全部が個人じゃないからねぇ
途中で出版が介入してる宣伝した段階で宣伝力では敵わないしブランドの力もあって売れるわけで
全部個人だけでやった奴って居るのか?

683 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:43:42.80
もう10億の言動が小学生の悪口レベルwww

ほんとコイツって実社会では友達一人もいなさそうwww
親も大変だな こんな腐った人間になっちゃってwww

684 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:44:56.82
20年後30年後の奴は超低脳だったよなw
土下座謝罪もせずにネットの藻屑となって消えていったが・・・・
低脳の極みww

これがあるから未来予想は止められないw
後から散々馬鹿に出来る快感w
あれだけ20年後30年後と叫んでいた馬鹿は一言も発しなくなったw
まるで屍のようだwww

685 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:48:33.05
馬鹿の一つ覚えの「海外ではそうだ」

これを繰り返せば繰り返すほど「日本では一向に現れない」の証明になるんだが

日本で実例があるのなら、真っ先に自信満々で紹介してるだろ
それが出来ない  いつまでたっても

だから海外海外海外 来る日も来る日も海外海外www

686 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:48:37.34
結局はまず自国である程度育てないと世界的のも流行らなくてダメなんだって言うのがわかるだけでしたと

ま、翻訳が手間だからな

687 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:48:38.77
お前もあと5年でって言いながらもう1、2年経ってるよな?

688 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 00:55:50.26
おーーーい 誰かかわいそうだから「僕がその20年後くんです」ってことにしてやんな
10億くんが発狂寸前だぞwww

あ、謝る必要は無いよ
結局個人配信の成功者なんて日本じゃ全然現れないんだし

もう誰かの「20年後」って書き込み一つにすがって得意がってるよコイツ
馬鹿の極みだけどさ
こんな事でしか自我が保てないのさ

689 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 01:00:04.72
食便君が発狂しようと割とどうでもいい
ウンコがご馳走に見えるらしいくらいにもう狂ってるみたいだし

690 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 01:03:25.55
10億はそんなに海外で個人小説家が成功してんのわかってんなら
自分で小説書いて海外で売ればいいと思うんだ

え?英語で書けない?
それ以前に創作できない?
議論するだけ?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それでよく他人を低脳呼ばわりすんなあ・・・・

691 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 01:13:19.37
10億くんと滅茶苦茶ホモセックスした

692 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 07:16:35.94
必死で誤魔化してる小説家のほうですら
日本で成功例が無いからねえ。
まずそこで話題にならなきゃならんはずだが小説界では
この問題はどーなってんの?

693 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 07:19:01.48
彼曰く才能は漫画に流れてるらしいよ
そもそも小説読んだ事あるのかすら疑問だけど

694 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 07:31:13.38
漫画描いた事無いとか小説書いた事無いとか、そこは仕方無いとも言えるが、
そもそも10億は電子書籍自体を使った事も無いんじゃないかという意見が多過ぎる

695 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 07:40:19.91
本当に社会人なのかというのも疑わしいくらい物を知らんしなぁ

696 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 08:09:08.31
なに1人でブツブツつぶやいてんの?

697 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 08:20:44.10
また一人に見える病気か

698 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 08:56:06.54
ネットでかき集めただけの知識が全てだからなあ。
自分の経験から得た感覚が1つも感じられない。
いかに薄っぺらい人生を送ってきたかが小学生みたいな切れかたで丸見え。

699 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 11:09:46.13
>>694同意。電子書籍イチ"利用者"としても薄すぎる。
だから電子書籍板で相手にされなかったんだろうけど。

700 :名無しさん名無しさん:2014/06/17(火) 12:09:03.44
大分前に、誰かが言ったらしい予想が外れた。
たったこんだけのことにすがって、有頂天になれる。
自分の予想が外れたのは全部 棚の上でスルー。
当たったとかいう自分の予想も、誰かが言ってたのの丸パクリ。

所詮、マスコミに踊らせられるだけの存在なのにね。

701 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 19:38:12.42
>自分の予想が外れたのは全部 棚の上でスルー。

過渡期に外れたと言われてもなw
これからが本番だろ
日本の電子書籍市場の成長曲線は米国などと同様の軌道を辿っている

20年も30年も市場が変化せず出版社作品が天下を獲るならその通りだが
海外に比べスタートは遅れたが同様の成長曲線を描いている最中に
予想が外れたと言われてもなw

702 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 19:52:51.58
やっぱり逃げ道作ってるじゃないかw

703 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 20:04:53.42
どこに逃げ道がある?
4〜5年内、遅くとも10年内
天才達の動向次第のため多少のぶれはあるとしても
20年後30年後発言のアホとは違うw

日本は米国と同様の成長曲線を描いている真っ最中だ
現時点で予想に全く問題はなく順調そのものだ

704 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 20:07:30.04
4、5年内から10年内と増えてるあたりがもうwww

705 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 20:09:34.25
同じ成長曲線を描いているって言うソースはまだ見た事無いんだが
本当に見た事あるのだろうか

706 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 20:14:30.63
>>704
基本は4〜5年内だが
思ったよりも端末の技術的進化が遅かったのと
日本の出版社の電子書籍に対する消極的姿勢による市場規模の低速感が大きい

数年延びたからといって予想が外れることにはならない
20年後30年後に個人作品の時代が来たとなればこれは外れたと言って良いレベルだがw

データ上は米国と同様の成長曲線を描いている
現在のところ予定通り4〜5年内というわけだ
そこから数年遅れる可能性があるというだけでぶれたわけではない
天才集団の生まれた年によっても数年のブレは生じる

707 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 20:16:10.16
何だやっぱり逃げ道作ってるんじゃないか

708 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 20:18:04.73
米Amazon副社長「英国もドイツも日本も、米国と同じ電子書籍市場の拡大パターンをとるだろう」

【編集部記事】米国のIT系ニュースサイト「GigaOM」が、
先週ドイツで開催されたFrankfurt Book 2013カンファレンスでの主要講演内容をいくつか紹介している。

 なかでも目を引いたのが、Amazon社(本社:米国ワシントン州)のKindleコンテンツ担当副社長である
Russ Grandinetti氏の講演。

Grandinetti氏は同社Amazon.comサイトで紙書籍・電子書籍の売上比率が逆転した様子をグラフで示し、
米国と比較して英国は1年遅れ、ドイツ等は3年遅れ、日本は5年遅れで同じ成長曲線カーブを描いていることを明らかにした。

  Grandinetti氏によると、「国々によってこの成長パターンに大きな差は出ないと思う」と結論付けている。【hon.jp】

http://hon.jp/news/1.0/0/4857

709 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 20:20:41.12
結局その成長曲線とやらは実際に見たこともないってことを露呈してるだけなのだが大丈夫かい?
あれか、朝鮮日報の言う事とか信じちゃうタイプか

710 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 20:21:28.66
米国→英国→独国などその他先進国→日本

今米国の現象が起こりつつあるのが英国
その英国の後に独国など数カ国で発生し
その後日本で起こるとデータは示している
データ予想の範囲内

>Grandinetti氏によると、「国々によってこの成長パターンに大きな差は出ないと思う」と結論付けている。

>馬鹿アンチ「日本だけは!漫画だけは!だけは!だけは!」

さっさと氏ねwwww

711 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 20:23:02.06
そのデータを見たこともないのに粋がるとか頭大丈夫かよwww

712 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 20:23:54.00
え、受け売りなだけなの?え?

713 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 21:05:04.80
だって日本の漫画界だけが超ガラパゴス進化してるんだから
海外なんか何の参考にもならない。
まず日本で起こって、それが他の国に影響するとかならわかるが。
で、日本の漫画家志望者は出版でメジャーになることを目指すんだから。

個人配信するやつも出てはくるだろうがね。
レベルが低いのでは、ただの落ちこぼれの吹き溜まりだよ。

714 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 21:06:14.65
海外の奴もまずは自国で売れてからだからなぁ

715 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 21:39:36.34
>個人配信するやつも出てはくるだろうがね。

ブレブレだなw
レベルが高いのも出てきたらまたブレブレになるんだろうなw

海外の出版社の中の人間も当初は出版社のブランド力宣伝力がない個人出版では
ヒット作品は到底出てこないと予想していたが蓋を開けると逆転したw
ここ5年間の新規作品では個人作品が圧倒
確実に才能の流れが変化してしまっている

716 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 21:42:13.84
で?成長曲線は見てもいないのにデータって何ですかね?

717 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 21:46:24.38
>Grandinetti氏は同社Amazon.comサイトで紙書籍・電子書籍の売上比率が逆転した様子をグラフで示し

Kindleコンテンツ担当副社長であるRuss Grandinetti氏がグラフで示しただろ
偽りのグラフを提示するとは考えにくい

過去においてキンドルの個人作品と商業作品においても
馬鹿アンチはその発表はアマゾンの誇張が入っていると言っていたが
結局それが普通になってしまった

見苦しい抵抗はやめろw

718 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 21:48:48.82
つまりお前は実際見てないんだろ?公演を聴いた訳でもないんだろ?
お前も見苦しい抵抗しないでご自慢のデータでも提示したらどうだい?

719 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 21:49:43.32
え?結局人の受け売り?そうなの?まじで?

720 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 22:09:38.28
>海外の奴もまずは自国で売れてからだからなぁ

自国で売れるといってもすべてが出版社を通して売れたわけではないだろw
完全に個人連載でランキング上位に入る個人作品が多く出現しているわけだ
日本でも英国独国などの後にその現象が起こると思われるが
その前にヒットを目論むなら既に市場が立ち上がりつつある海外市場を狙うのも一つの方法だ

すべては天才達の気分次第
彼らがどう動くか我々は待つしかないだろう

721 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 22:18:34.39
ん?だから自国で売れてからだろ?
一足飛びで海外で売れるわけないって話し

馬鹿なのか?

722 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 22:20:43.81
天才?
そんなものがゴロゴロ転がってたら天才じゃないしwww
今の商業誌、同人誌見回してみな。
つまり、それが現実だ。

個人配信が始まったら「個人配信専用」の天才なんぞは現れない。
いつもと同レベルの新人が並ぶだけ。

天才とやらも何が悲しくてわざわざマイナーでレベルの低い場を
選らばにゃならん。

723 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 22:23:02.33
>>722
海外の出版社の中の人間もお前と同じ意見を言ってたんだよなw
蓋を開けてみると失神したw
そして降参し、個人作家にも販売システムを提供開始

日本はおそらく高コスト体質が原因ですべてがひっくり返るレベルまで行くだろうな

724 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 22:31:05.56
いや、だからもう日本では個人出版は盛んだからさ

725 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 22:32:54.49
だ・か・ら・
もうとっくに蓋は開いてるだろ?
いくらでも売り場はある。

なのにどうだ?
何も有力な新人が現れない。
既存のプロも乗り出さない。

なんで?
なんでそんなに待たなきゃならん。
自信があるなら、どんどん乗り出せばいいのに。

726 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 22:33:45.43
商業作品と個人作品が同じ棚に並び
一般読者が気軽に購読できる環境を提供する
電子書籍端末の普及がまだ日本では遅れている

米国(今ココ)→英国(次がココ)→独国(その次がココ)→そして日本

データではこうなっている

727 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 22:35:38.64
データ見た事無いのにデータとは

728 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 22:42:06.91
その(今ココ)の漫画の!レベルが海外は壊滅的に低いの。
低いというか、無いに等しい

あるというのならアメリカ、イギリス、ドイツの漫画の!
最大ヒット作品を、ここに貼れ。

729 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 22:49:58.22
>>728
ハリポタ作者は絵も上手いが漫画で出してたら漫画でヒットしてただろうな
才能の流れが海外では小説に流れているだけ
日本はその点漫画文化がある
面白い漫画は海外でも売れることは多くのヒット作品が証明済み

大人しく待ってろよw

米国(今ココ)→英国→独国→日本

アホw

730 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 22:54:23.08
で、結局具体的なデータの一つも提示できない妄想狂でFA?

731 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 22:59:22.46
あ、やっぱり貼れないんだwww
肝心なことは、いつもいつも逃げまくりwww

仮説なんてどうでもいいんだよ。
海外の事情が日本にくる!なら
漫画の事情を貼らんでどうするwww

端末普及?
スマホが十分に普及してるだろ。
キンドルでなきゃいけない理由は何もない。
売り場はある。端末もある。

でも皆は選ばない。これが現実だ。

732 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:05:56.96
>スマホが十分に普及してるだろ。

米国でも事情は同じだった
ネットは普及している、スマホもある
しかし個人出版作品が売れ始めたのはキンドル普及後だった

現実がそうなっているのだから諦めろw
既に現実化しているのだからそこに理屈は要らない

海外の出版社もお前と全く同じことを5年前には言っていた
今は降参して人気個人作家にラブコールを送るようになっているw

733 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:14:24.89
別に昔からでも日本でも個人作家の出していた作品を出版が出してたりするけどな
世の中知らんらしいの

734 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:15:12.91
>>732
アホじゃないの?

735 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:16:20.90
>>733
日本では昔から個人作品がランキング上位を占めたのかw
アホすぎるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

736 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:21:19.22
>>735
いや、個人作品を取り扱うのは日本ではキンドル関係なく
既にに以前から漫画業界では個人出版も個人作品も文化が形成されている訳でな

お前の言うのが事実ならもっと前にはやるはずだから

737 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:22:36.21
>>735は本当に理解力が無いのをこんなに露呈させてご満悦とかスゴイ

738 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:23:43.31
733がキンドルランキングにどう関係があるのかと

739 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:27:59.23
人気個人作家には昔からラブコールしてるつうの
それで普通に契約してるんだから余計な世話だわな

740 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:28:27.68
>>737
一人で喧嘩して、なにやってんだ

741 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:31:45.28
一人で喧嘩してたのかよ10億は(驚愕

742 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:32:50.36
キンドル普及を待ってるのなら、逆にお先は暗いな。

スマホで全部すませればいいって客が圧倒的だから。
電車に1日乗ってみな。キンドル使ってる人間がどんだけいる。
99%がスマホだよ。

ならばこっちを主戦場にして当然だろ。
で、その主戦場には天才とやらは現れない。

743 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:35:11.97
そりゃ、現役のプロですら個人出版の同人を電子主体でなく冊子主体にしてる現状ですもの

744 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:41:11.80
同人を欲しがる層って、圧倒的に「薄い本」で欲しがるんだよね。
いっときCDデータで売ろうという流れもあったけど、全然火がつかなかった。

日本人の漫画好きっていうのは、よっぽど長期連載作で単行本が何十巻とかってのじゃない限り
やはり紙の単行本で欲しがる。

745 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:47:17.95
今日の10億くん

652 名前:名無しさん名無しさん[sage] 投稿日:2014/06/18(水) 23:28:42.61
もうジャンプも以前のような輝きは取り戻せないんだろうな
これも時代なのかもしれん

サンデーの次がマガジン
マガジンの次がジャンプ

合唱

746 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:47:33.25
漫画家にとっても現状のキンドルは「漫画を読むハード」としては全然役不足。
解像度云々よりも、見開き表現が使えないのが最大のネック。
すべての漫画家は見開きを前提でコマを割る。
つまり今のキンドルでは、漫画家本来の演出が生かされない。

小説はOKでも漫画にはNO!ってのはここがでかい。

本当に漫画を電子で読ませたけりゃ超薄型でふたつ折りってハード作らにゃ。

747 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:48:40.24
合唱www

748 :名無しさん名無しさん:2014/06/18(水) 23:49:11.65
あとねー。海外個人でやるなら文字がねぇ

749 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 00:00:17.52
あと、日本の倫理基準、暴力基準、性描写基準で
気軽にホイホイ海外に売ったら、即配信ストップ。 訴えられたらとんでもない金額だよ。

性犯罪者リストでブラックリストに載ったらお先真っ暗。

750 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 00:10:01.32
あとあとうるせーよ童貞

751 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 00:13:33.05
ポッキリうるせーよポッキリ

752 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 00:13:47.90
まともな議論されたくない出版社側のマッチポンプくさいわ

753 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 00:22:17.13
まともな議論って言われても、一度たりとも10億くんがまともだった事無いから仕方が無い
そもそも、議論に勘て

754 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 00:25:32.38
ほう、10億食便ちゃんは出版社側のマッチポンプ要員なのかい?
どうでもいいけど

755 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 00:52:53.20
追い込まれると一切の疑問、質問には具体的には答えない。
小学生以下の悪口という貧弱なボキャブラリー。
これが何年間も変わらぬ10億の反応。

756 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 00:59:16.26
10億て色んなスレで日記みたいな長文書いて荒らしまわってる奴のことだろ
ほんと迷惑なんだが

757 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 01:09:16.89
10億くんはボロクソにされると他の場所でその憂さを発散させようとするけどまたボコられてるんだろ。笑える

758 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 03:08:16.45
もう少し時間ずらして書き込めよw
一人で大勢を装うには無理がありすぎるw
工作員は頭悪いなw

759 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 03:22:09.63
雑誌大手Time社が予定どおりWarner Brothersと分割、New York Times紙に続き「ジャンク」扱いに
【編集部記事】日本の株式ニュースブログ「Market Hack」によると、米国のメディア大手Time-Warnerグループが今月予定どおりグループ分割し、雑誌部門はTime社(本社:米国ニューヨーク州)としてニューヨーク証券取引所に再登録されたとのこと。


 Time-Warnerグループは昨年から、業績不振にあえぐ名門誌「Time」などTime社の著名雑誌の売却について中堅出版社グループMerideth社(本社:米国アイオワ州)と交渉を続けていたが、Merideth側が受け入れず、結局自力で独立させる方式を選択。

 今回の銘柄再登録に伴い、大手格付け機関のMoody'sはTime社をジャンク格付けにした模様。紙媒体の上場企業としては、すでにNew York Times紙もジャンク扱いになっている。【hon.jp】

http://hon.jp/news/1.0/0/5601/

760 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 03:24:06.70
>大手格付け機関のMoody'sはTime社をジャンク格付けにした模様。
>紙媒体の上場企業としては、すでにNew York Times紙もジャンク扱い

世界的に紙はもうオワコンだな
日本の出版業界に明るい材料があるはずもない
出版不況はこれからが本番

761 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 03:31:45.23
本当にお前は馬鹿だな。早くデータはよ

762 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 03:41:12.68
出版状況クロニクル

4月の出版物推定販売金額は1339億円で、前年同月比6.5%減となり、近年の最大の落ちこみである。
その内訳は書籍が7.7%減、雑誌が5.4%減、雑誌のうちの月刊誌が4.1%減、週刊誌は10.1%減で、
返品率は書籍が34.8%、雑誌が42.1%と、またしても雑誌のほうが高返品という異常な事態を迎えている。

欧米の出版業界が成長はしていないにしても、微減であるし、横ばい状態の売上高を保っていることがわかる。

それゆえにこれも本連載で繰り返し述べてきているけれども、
ドラスチックな出版危機に追いやられているのは日本だけであるとはっきり認識できるはずだ

http://d.hatena.ne.jp/OdaMitsuo/20140601/1401548443

763 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 03:45:12.28
あれ?成長曲線が同じなのを出すんじゃないの?
それはまだなんですかね?待ってるんだけど

後お前この記事最後まで読んでないだろ

764 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 05:21:03.08
こりゃまーた突拍子もない長文コピペだな・・・・・

765 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 06:58:52.15
出版業界が衰退する=個人配信が活性化する

こう思い込みたいらしい。
まあ、デビューの手段として利用するのはいいとしても
それで「俺の漫画を世界中の人が読んで、買ってくれる!」
ではない。
全然無い。

「海外の成功者」とやらも、そいつらが三年後、十年後まで
作品をコンスタントに送り出すかどうかは疑問。
瞬間打ち上げ花火がほとんどだよ。

766 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 08:26:59.72
出版不況を喜んでる馬鹿は、それはつまり漫画家不況を喜んでるのと同じ

自分が漫画家として通用しなかったから、漫画業界も漫画家志望者も同じように腐ってしまえ!
落ちこぼれの歪んだコンプレックスってのはタチが悪い

767 :名無しさん名無しさん:2014/06/19(木) 23:52:19.30
>そいつらが三年後、十年後まで
>作品をコンスタントに送り出すかどうかは疑問。
>瞬間打ち上げ花火がほとんどだよ。

商業作家でも同じだろw
瞬間打ち上げ花火がほとんど
過去5年間の新人作家に関しては
ランキングで個人作家が圧倒とある
無駄な抵抗はやめろw

768 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 00:26:29.42
ソース

アマンダホッキングが話題になったのが、おととしの末あたりから。
その前は話題になるような人すらいないのに、
過去五年のデータで、勝負なる訳ないと思うが。

今の米kindleランキングも個人作家殆ど上位にはいない。

769 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 00:37:28.94
音楽の録音物を売る時代はとっくに終わった〜元レコード会社社員が語る、ミュージシャンは個人事業主たれ

「音楽を録音物として売る時代は終わった」「録音物は宣伝ツールに過ぎない」
「CDを売るレコード会社の役目は終わった」「メジャーデビューという言葉は死語になった」と語る小山さんだが、
CD全盛時代にバリバリ音楽業界で働いた方だ。

数年前から時代の変化を察知。「もうCDを売るビジネスモデルは終わる」「アーティストがレコード会社やメディアとお付き合いせずとも、独立してやっていける時代に変わる」と感じ、今はアーティスト自身がセルフプロデュースできるよう支援活動を行っている。

「レコード会社にいた時に不思議に思ったんです。ミュージシャンはお金のことは知らなくていい。
おまえらはただ音楽を作っていればいい。そういう風潮がありました。
でも今の時代、それではミュージシャンは生き残っていけないと思うのです。

「確かにこれまでの古い業界常識やシステムから抜け出せない人にとっては、
厳しいでしょうし、いずれ淘汰されていくでしょう。
でも今はレコーディングにしても何にしても飛躍的にコストが安くなった。
大資本がないと音楽が作れない時代ではなくなり、個人でも十分クオリティの高い音楽が作れるようになった。
こんな可能性のある素晴らしい時代はない」

「今はまだ古い業界の人や古いビジネスモデルが残っていますが、
5年先、10年先になったら、がらっと業界は様変わりすると思います。
セルフプロデュース、セルフプロモーションができるミュージシャンが、
録音物だけの収入を依存しなくても、音楽で食べていける時代がやってくると思う」

もう多くの業界関係者やミュージシャンは、過去のビジネスモデルが通用しないことをとっくに気づいており、
新しい音楽ビジネスモデルを模索し、活動を始めている。

http://blogos.com/article/88739/

770 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 00:41:48.82
>CDを売るレコード会社の役目は終わった
>メジャーデビューという言葉は死語になった
>もうCDを売るビジネスモデルは終わる

>大資本がないと音楽が作れない時代ではなくなり、個人でも十分クオリティの高い音楽が作れる
>今はまだ古い業界の人や古いビジネスモデルが残っていますが、
>5年先、10年先になったら、がらっと業界は様変わりする

>もう多くの業界関係者やミュージシャンは、過去のビジネスモデルが通用しないことをとっくに気づいており、
>新しい音楽ビジネスモデルを模索し、活動を始めている。

変化の早い音楽業界ではすでに共通のコンセンサスになりつつあるんだなw
漫画業界でも気付いてる奴は気付いてるんだろうが
馬鹿アンチには気付けないw馬鹿だけにw
もはや商業デビューの価値は崩れ去っていくばかり

現在は過渡期であるためあと数年はまだ効果はあるがそれっきりだろう
その過渡期にアンチのような蛆虫が沸くw

771 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 00:41:49.53
167 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[] 投稿日:2014/06/19(木) 18:06:28.87 ID:ufFXyKZe0 [3/5]
CNN「日本は児童ポルノ単純所持を禁ずるのに、なぜ漫画は許されているのか」
http://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1403140129/

これもそうだが、NYタイムズも英国BBCもみんな寄ってたかって
ポルノコミック規制しろって怒ってるんだよなあ・・・・
秋葉原のこととかボロクソに貶してるよ

やっぱ外圧がキツイんだよ

772 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 00:45:02.10
>>771
蛆虫ストーカー乙w
何秒差で書き込んでるんだよw
ネットストーカーwwwwwww

773 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 00:49:47.17
漫画業界でも数年後は↓となってるだろうな


紙の単行本を売る出版社の役目は終わった
商業デビューという言葉は死語になった
もう紙単行本を売るビジネスモデルは終わる

大資本がないと漫画が作れない時代ではなくなり、個人でも十分クオリティの高い漫画が作れる
今はまだ古い業界の人や古いビジネスモデルが残っていますが、
5年先、10年先になったら、がらっと業界は様変わりする

もう多くの業界関係者や漫画家は、過去のビジネスモデルが通用しないことをとっくに気づいており、
新しい漫画ビジネスモデルを模索し、活動を始めている。

774 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 00:53:31.79
アンチその恥発言

・音楽と出版は違う!
・端末発売は20年後30年後! ←爆笑wwwww
・小説と漫画は違う!
・日本と海外は違う!


日本だけは!漫画だけは!
だけはだけは五月蝿いw
出版社に金貰って工作して生活してるんだろうが
頭悪すぎるとしか言いようがないレベルw
未来予想に負けて人生を終える虚しい工作員w

775 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 00:54:56.26
なにこの連投コピペ怖いんですけど

しかも「だからなんだよ?」としか言い様がないし

776 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 01:00:08.63
>>775
工作員の仕事とはいえ
大変だなーお前もw
俺の生活リズムに合わせて生活してんのかw
まるでメイドか執事だなw

777 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 02:43:54.11
食便ノ生活リズムってって臭そうだな

778 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 04:31:28.19
>>776
自意識過剰じゃね?
それよりも、キチガイコピペで業界板荒らしてるの自分ですって白状してるようなもんだけど
そろそろ荒らし行為やめるべきじゃないかな

779 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 16:04:33.07
10億くんの頼みの綱の「携帯端末の普及」 つまりキンドルだが・・・・

はっきり言って売れていない。
日本では「こんなのイラネ」が圧倒的だ。
特に漫画好きには全く評価されていない。

キンドルの性能でなんとかなるのは「文字だけ しかもアルファベットのみ」
日本では小説すらきちんと表示されなくて見づらい
拡大すると行間が変わってしまい本来のリズムで読めないなど問題が山積み

漫画はもう問題にならん
解像度が足りないのはともかく、吹き出しのセリフがとにかく読みづらい。
少年誌のようにルビ(ふりがな)がふってあるものはさらにキツイ。

ちゃんと漫画を電子で読みたいのなら、自宅のパソコンか
大型画面のiPad使うしかないが、とても携帯サイズとは言えない。

アルファベットさえ表示すればなんとかなる英語圏とは全く事情が違う。
残念だったね。

780 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 16:48:06.51
前に端末が20年後30年後って言われたことを笑ってるみたいだけど、
漫画が紙並みに読める端末の普及って意味ではそのくらい後になるかもな

781 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 18:47:18.23
つまりは「スマホユーザーが電子で漫画を買ってくれる」でないと話にならないんだが
電車内の客を見てりゃわかるが、漫画や小説読んでるのって稀。
大体がゲームか音楽、あとメール。

782 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 19:16:15.39
>>779
解像度に関してはその問題は確かにあるな
それは認めざるを得ない

しかしこれも時間の問題で解消されるのは間違いない
時間の問題だが何年必要なのかという所
20年後30年後とは絶対にならないだろうがw

あるいは端末の進化というより単に
米国(今ここ)→英国→独国→日本、の順番待ちかも知れない

783 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 19:47:31.12
純粋に文字翻訳が面倒なんで

784 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 21:14:54.12
解像度ってのはある所まで行ったら人間の視力との戦いだよ。
4K TVが盛り上がらないと言われてるのはそのため。
ハッキリ言って2Kで大画面でも事足りてますので…。

785 :名無しさん名無しさん:2014/06/20(金) 21:21:54.89
電子書籍専用端末の解像度はその段階じゃないだろw
基本スペックが低い

786 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:16:46.69
解像度が上がって、読みやすくなったところで そこで買われるのは「買うだけの価値が有る漫画」のみ

いくら値段下げても、仮に無料でもレベルの低い漫画は読まれない

「個人配信ならレバルが高い」って定評がつきゃ別だが、残念ながら全くそれの逆
「個人配信はレベルが低い」で認識されたら、フツーの客はわざわざそこを覗きに行かない

787 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:21:18.13
正しくは

「個人配信はレベルの高いものから低いものまで混在する」

どちらか一方に偏ると考える奴は低脳w
低脳はレベルの低い方に偏ると考える傾向にあるが
それでは海外の個人出版作品の成功はあり得なかった

低脳は結論ありきw

788 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:26:59.08
じゃあその「レベルの高い個人配信」は今現在なんでひとつも世に出てこない?

事実を見ろよ いつまで地下に潜ってんの?
なんで潜る必要がある? もういつでも配信可能だぞ。

低脳は事実を見ることができんのか?

789 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:28:37.90
いつまで低脳って間違い続けるのかなぁ
日本人じゃないのだろうけど、意地なのかなぁ

790 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:29:59.33
何よりお得意の「海外の成功事例」に一番近いはずの
日本の小説家の個人配信成功者が出てこない。

この事実をどう説明するの?
いっときのケータイ小説家も、もう鳴かず飛ばずで終わってるぞ

791 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:31:10.09
>>788
米国の事例でもそうだっただろ
才能が流れ読者が集まるまで多少のタイムラグは出る
そう急くなw

>>789
自分に突っ込むなw

792 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:31:13.37
ここで暴れてるのって

アニメーターの労働環境を改善させる為には 其の6
http://nozomi.2ch.net/test/read.cgi/iga/1401369314/

このスレの業界人ぶってるニートのアニヲタでしょ?
中身の無い長文で色んなスレ荒らすのやめて

793 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:32:31.41
>>791
お前のことだよ。低脳なんて日本語無いの
わかる?ねぇ?

794 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:33:08.69
漫画でも小説でも、日本での成功者、成功作が一つでもあるのなら
ここで大いにコピペして紹介すりゃいいのに、それが出来ない。

この時点でどんなに屁理屈並べようが「笛吹けど踊らず」でしかない。

795 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:33:09.56
>>792
ついでに集英社アンチにも見かけたぜ

796 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:40:36.43
>>793
正しくは「低能」だよね。
でも誤変換でも一般用語として既にかなり定着している

何より10億くんには「低脳」のほうが似合うwww

797 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:40:53.48
自分達で荒らしておいて責任は何でもかんでも人になすりつける
朝鮮人みたいな根性したネトウヨだな

798 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:42:50.84
>>797
自己紹介か。アホかお前

799 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:44:05.89
キンドルが発売され1年半たち、スマホがこんだけ普及し、配信サイトはいくらでもある

もう「多少のタイムラグ」なんてーのじゃ逃げられないよなあwww

800 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:45:08.30
>>799
自演するならアンカーないと他の人に話がわからんだろ

801 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:46:24.95
自演するならちゃんとやれ
専門家気取りで安っぽい議論(笑)もやめろ
もっとまともな内容の自演でスレ盛り上げろ

802 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:46:45.78
>キンドルが発売され1年半

米国でもまだその頃は出版社作品の天下だっただろ

803 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:47:56.10
まともな議論に勘(笑)は確かにないわなぁwww

804 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:49:45.02
短文連発自演を相手にするよりも
記事を淡々と貼っていくだけのほうが有益なことに気付く
かも知れない

805 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:51:20.22
今日も食便10億くんは負け戦かぁ

806 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 00:56:06.34
「日本の成功例」の記事を淡々と貼れないのって悲しいねwww

807 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 02:03:10.78
KDPをやるとしても1巻あたり200Pの長編マンガを
一人で完成させられるやつって世界にどれだけいるんだろうか
大半の人が面倒くさすぎてやらないだろうし、
半年〜1年ぐらい無収入でかつ高ストレス環境の中で執筆するわけだからとてもやってられないだろうな。

808 :名無しさん名無しさん:2014/06/21(土) 19:27:53.33
ちゃんとアメリカのキンドルランキングみてみ、
ほぼ出版社本で埋め尽くされてるの分かるから。
個人作家なんて、たまに叩き売りのが混ざってるくらいで、ほぼ見かけない。

売れてないからこそ、たまに売れる人が出ると、ニュースになるんだし。
それだけ珍しい存なのだから。

809 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 02:08:24.72
たいていペーパーバックとか紙の本の新刊中古が、
価格比較で並んでるから、自主以前に電子書籍オリジナルのが少ないね。

810 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 14:40:46.81
大原:「アメリカでは電子書籍が本の売上の半分を占める」という誤解もあるようですが、
あれは今年10月にアマゾンのキンドル担当役員がドイツのブックフェアで
『今年中にアメリカで売られる本の半分以上がお店でではなくて
オンラインで売買される(Eブックと紙の本を含む)ようになる』と発言したものを読み違えたのだと思います。

実際は、本の売り上げ全体では電子書籍は30%も行っていないと思いますね。
もちろん、作家や作品によっては電子書籍の方が多い、という例もありますが。
7割くらいは紙の本を選択しているのが実情です。

電子書籍が喧伝された際には、全ての本が電子書籍で読まれるようになる、という主張をされた方もいますが、
2013年の状況を見ると、その成長は鈍化してきています。50%くらいで落ち着くのではないかなと私は考えています。

アマゾンにしてみれば、本が紙で読まれても、電子で読まれてもアマゾンでの購入には変わりないわけですから、
そこにそれほど拘りがないようにも見えますね。

http://ddnavi.com/news/172653/

811 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 14:42:39.49
米国で現在30%なのか・・・・
50%に落ち着くとの予想だが・・・・

個人発のヒットが連発するようになればまた状況も変わるだろう

812 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 17:08:51.36
>電子書籍は30%も行っていないと思いますね。

ちょっと前に10%超えたことから考えて30%でも凄いペースだわな
最終ラインが50%でも十分独立できる市場規模になる
出発が電子で人気が出れば本でも出すわけだし問題ないな

813 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 17:19:30.54
要するに利益配分の問題だからな
誰がどれだけ利益を手にするのか
電子と紙の比率が最終的にどこに落ち着くかは最上位の問題ではない
電子書籍市場が市場全体の50%まで行くなら独立できる
そこから紙や映像やグッズなどに展開する
紙は二次利用だ

デジタルデータが本体
その他は二次利用された商品

814 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 17:35:29.28
【漫画家】漫画ビジネスの中心

【紙の単行本】漫画を紙の単行本という商品にする、この時に組むのは出版社
【映像作品、アニメ、映画】漫画を映像作品にする、この時に組むのはアニメ制作会社や出資企業
【ゲーム】漫画をゲームという商品にする、この時に組むのはゲーム会社
【グッズ、関連商品】漫画をグッズなどの商品にする、この時に組むのはグッズ会社

【漫画家】−実務仲介者として【エージェント】を雇う−
を中心に各方面に商品展開

出版社はゲーム会社やグッズ会社と同列の企業に収まるようになる
版元はあくまで【漫画家】であって出版社ではない

815 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 19:44:17.90
エージェントとかこいつ何言ってんだ

816 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 19:45:35.15
>>版元はあくまで【漫画家】であって出版社ではない

うん、そう主張するのは勝手だが それだと企画そのものが通らない
世の中はそういうふうに出来てんのwww

特に何の実績もないど素人が権利だけ主張してもね
「それなら自分で会社起こして流通確保して売れば?」になるよ

商品価値のある作家と思うから耳を貸すの
ウジ虫には貸さないの

817 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 19:50:42.35
何でいつも毎回確実にヒット作になる事前提なんだろうか

818 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 20:30:30.88
才能のある人がいて電子書籍でヒットを出せれば紙より金には成るのはわかるんだけど
制作費をすべて自分で出さなくていけない問題は解決してないな。
既存の漫画家は出版社からの金で満足してるし、作家ですらないこれからの新人が電子出版でデビューしようにもまず金がない。
この間が埋まらなければ日本で電子出版が成功する例はゼロのままだろう。埋まらないのだからベテランも新人も出版社に行くしかない。
この問題を埋める案としては例えば漫画家専門のクラウドファンディングサイトを立ち上げるとかして
出版社が担っていた新人育成や原稿料制度もユーザーに任せるような事ができればいいのじゃないかと思うね。
30P無料で公開して続きが読みたければカンパしてもらうとかさ。

819 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 20:35:03.08
売れない段階で何度か外しても、投資続けてくれてるビジネスパートナーだから、
売れっ子漫画家の殆どは出版社離れないんだよ。
自分だけで成功してるなんて思うほど、馬鹿じゃないから。

独立自体は好きにしろな話だけど、
独立して出版社の批判ばかりをネタにして、まともな作品作ってない奴とか、
パチンコ北斗焼き直しパチンコ北斗焼き直し続けてる連中とか、
間違っても憧れられる成功例じゃねえわ。

820 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 21:34:01.02
>うん、そう主張するのは勝手だが それだと企画そのものが通らない

出版社を通すわけではないんだがw
何が企画そのものが通らないだよw

アニメ化などもクラウドファンディングなどを利用して資金を集める
どこかの企業に金を出してもらうわけではないからなw
人気が出れば現在のコンテンツ枯渇時代には向こうから金出させてくれと言ってくるだろうがw

821 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 21:35:55.48
>制作費をすべて自分で出さなくていけない問題は解決してないな。

兼業から出発して地道に連載する道もあるだろう

>この問題を埋める案としては例えば漫画家専門のクラウドファンディングサイトを立ち上げる

その動きは日本でも少し出てきている

822 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 21:40:35.04
漫画家ー出版社ーテレビ局

これらが平等に利益を三等分して利益を得るなら文句はない
やはり「平等にみんな仲良くお手手を繋いで山分け」とするべきだろう

テレビアニメに関しても視聴率によって
漫画家にも広告収入の10%が入るくらいのインセンティブはあっていい

823 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 21:42:34.90
>>817
>何でいつも毎回確実にヒット作になる事前提なんだろうか

個人出版であれば例えば10万人が連載してほとんどが失敗としても
その中から成功例がいくつか出てくるだろう
そいつらのケースが該当

824 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 21:45:35.74
一人でずっと喋ってるけど、イカれてんのか?

825 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 21:46:46.97
>>824
お前は無料で使えるbotだなw

826 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 21:56:59.55
「マンガボックス」に誰でも漫画を投稿・公開できる「インディーズ」開始 人気作には100万円
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1403/28/news085.html

827 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 22:01:15.79
出版社が噛んだサイトがインディーズ作品の投稿サイトを提供開始?
志望者が逃げ始めてるのか?
まともな志望者はマンガ賞や持込みするならインディーズは用意する意味がない

一体なぜこんな動きが発生しはじめたのか?

828 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 22:11:01.23
■ニコニコ静画でも「ジャンプ次世代マンガ賞」の投稿受付スタート!


■裏サンデー

連載投稿トーナメント
漫画家になりたい人、連載したい作家が連載したい作品を投稿して、
読者の投票、コメントで評価され、優勝すればそのままその作品で必ず連載できるという内容である。

829 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 22:33:52.63
もう10億の頭は「ヒットすれば」「人気が出れば」「優勝すれば」のオンパレード。


根本である「どうしたらヒット作になる漫画を生み出せるようになるのか」には全く触れない。
触れたところで金儲けしか頭のないど素人に、何のビジョンも企画力も無いが。


「10億さんの言うとおり個人配信してみましたが全く儲かりません どうしたらいいですか?」

「人気の出るヒット作を描けばいいのだ」

「ヒット作ってどういうのですか?」

「人気の出る作品だ」
「だから、人気を出すには?」
「評価され優勝することだ」

以下エンドレスの会話・・・・・


こういうことだよ 君の論理ってwwww

830 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 22:36:17.78
海外の個人発でランキング上位の作家達に聞いてこいよ
どうやったら個人でランキング入りしたんだってな

831 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 22:40:56.73
出版社通しても売れるものは売れるし売れないものは売れないだろw

出版社を通したからといって売れないものが売れるわけじゃない
売れるものが売れるのは別に出版社を通したからではない

個人の才能がすべてだな

832 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 22:50:10.59
その理屈欲お前言ってるけど、なら個人出版でするメリットってないよな
確実に売れるってならメリットはあるけどさ

833 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 22:54:25.44
>>826
こういうのは大量にあるけど読む気がしないね
大手が始めたぐらいの新規性しかなくてやってることは
新都社と同じだろ?これじゃビジネスに発展するようなムーブメントは起きないよ。
ネットを通すならブランディングやセルフマネジメントを重視しなくてはいけないはずだが
大量の糞の中に自分の作品を投下すれば自分も糞になることに気づかないといけない。
電子出版で利益を出したいと思うなら、こんなとこに投稿するのは間違いだと思うよ。
漫画投稿の敷居を下げて志望者を今までどおり出版社の子飼いにしたいという思惑があるんだろうが本命とは言い難いな。

834 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 22:56:26.14
>個人出版でするメリットってないよな

売れない奴がおこぼれ目当てで出版社目指す場合はメリットないと言いたいのかw
確実に売れないものは出版社が拾ってやれよw
絶対的に売れる志望者は揃って個人出版へ

売れるものは売れる
売れないものは売れない

売れるものは個人出版発で
売れないものは出版社へ

835 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 22:58:19.14
最初から売れるものって分るなら誰も苦労しないわけでな
馬鹿には分らんのだろうけど

836 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 22:59:00.29
ついに崩壊しちまったなぁ>>834

837 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:00:04.17
いくら力説しても 笛吹けど踊らず

838 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:00:19.85
いくら力説しても 笛吹けど踊らず

839 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:04:05.29
マジで聞きたいんだが
漫画家と出版社とテレビ局が仲良く利益を三等分がなぜ出来ない?
それさえ実現すればいかにも日本的解決ですべて上手くいくだろうに

840 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:04:33.23
絶対的に売れる志望者wwwww

言葉で言うのは簡単だよなあ

まあ2ちゃんで未来予想なんかしてる奴ではないなwwww

841 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:06:55.47
>>839
マジで聞きたいんだが、なんでそれが成り立つと思ってんの?
馬鹿? 世間知らず? 働いたこと無い?

842 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:07:25.57
売れる売れないは仕組みができてからだからさ、現時点の話をしたって仕方ないよ

今のとこ映画やアニメ専門のクラウドファンディングサイトはあるけど
漫画専門のクラウドファンディングサイトがないのはおかしいね
youtubeでさえ映像クリエーター向けのクラウドファンディングを立ち上げようとしてるのに漫画がないのはなぜ?
代わりにあるのは出版社からのスカウト待ちの無味乾燥な投稿サイトのみ。こんなのいらんのよ。
漫画家有志で集まって誰か作ればいいのに

843 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:08:42.26
このスレにはいないだろうが日本のどこかにいるわけだ
それも何人もいるだろう
海外で個人発作品が幾つもランキング入りしたように

志望者がネットで自主的に発表し始めたら
出版社も将来ネットで募集し始めるんじゃないか?

844 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:17:40.59
>>841
>マジで聞きたいんだが、なんでそれが成り立つと思ってんの?

利益を三等分するのは簡単だろ
数式で割り算すればいい
あとは関係者の気分の問題

気分の問題なら気分を変えてしまえばいい
変えられないなら志望者が気分を変えて個人出版w

志望者達に逃げられて全部失うのと
仲良く三等分するのとどちらを取るかの問題
海外通したほうが文字通り桁違いに儲かるらしいし

845 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:33:31.31
誤魔化してるけど、売れる事が最初からわかってたら誰も苦労しない訳で

846 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:36:38.50
売れる事が最初からわからないから苦労する奴=(イコール)
志望者を大量にあつめてその中から見つけなければならない奴

素直に良心の声に従って三等分しろよ
それですべてが丸く収まる
日本的解決方法だ

847 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:38:19.80
いやいや。志望者だって売れるって最初からわかってたら苦労しない訳でな
馬鹿だろお前

848 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:40:10.14
苦労が同じなら素直に三等分だよなw

漫画家は才能を出版社とテレビ局は資金とインフラを
そして利益は仲良く三等分

これしかないだろ

849 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:40:38.88
お前のよく例に出してる海外の小説の連中も確実に売れると思って書いてたわけじゃないだろマヌケ

850 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:43:36.85
>>849
苦労が同じなら素直に三等分だよなw

851 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:45:19.73
>>850
どうした?同じ事しかいえなくなったか?まったく内容とかみ合っていないぞ食便野郎

852 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:52:53.15
雑誌の部数はだだ下がり
単行本も発行点数が上がってるだけで実質下がりまくり
新規読者が全く育っていない
新規漫画家のさらなる深刻な低能化を招く
高齢読者の卒業と共に部数は一挙に低下
数年内にヒットが個人出版へ一部は確実に流れる

気分を変えて三等分するとこの問題の多くは解決される
気分を変えられなければ問題は解決せず炸裂する

3000億円入ってきたら

漫画家1000億円
出版社1000億円
TV局1000億円

これでいいだろう
これをやれば関係者が一致団結して海外勢に対抗する時代が来るぞ

853 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:57:34.97
(漫画家)(出版社)(テレビ局)
この三者が黄金のトライアングルを形成することで
漫画界ひいてはクールジャパンに真の朝日が昇る
これこそまさにライジングサン!

9000億円入ってきたら
漫画家3000億円
出版社3000億円
TV局3000億円

854 :名無しさん名無しさん:2014/06/22(日) 23:58:24.29
とらぬ狸の皮算用ってしってるか?日本人なら知ってると思うけど

855 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 00:00:25.70
>>854
30円入ってきたら
漫画家10円
出版社10円
TV局10円

どこでも三等分w

856 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 00:02:40.90
しらないんだな。なんだ、日本人じゃないんだな

857 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 00:05:14.51
食便は語れば語るほど自分の首絞めていくなぁ
何で自分の論を何度も破綻させて悦に浸れるんだろうww

858 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 00:07:58.22
ttp://www.1book.co.jp/000906.html

出版物から得る利益は、現状ですら作者と出版社は大差無いのだけど。

印税10%と出版社取り分の70%を比較する馬鹿がいるけど、
この70%の中には上記の色々な負担分(売れなければ損するリスク分)が含まれているので、
そのまま利益になる訳ではない。

返本率40%平均の今だと、出版社の利益は10%あたりがせいぜいだ。

859 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 00:10:53.20
自分自身に「同意」とかレスしてるよこいつw

860 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 00:13:37.40
お前そんな事してたのか。哀れだな

861 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 00:14:34.50
映像の場合、出資者が増えるので、当然元の権利者の取り分は減る。
しかも、出資というリスクを取る存在の権利が強いので、
自分で金出さない限り、原作者でも取り分は少ない。

ここで金も出さない原作者が、どんなに取り分主張しても、
出資者は自分が儲からないなら出さないだけで、その場合映像化自体がなされない。
出資者は自分が儲ける為に出資するので、当たり前だが。

この金を出す奴が強いというのは、日本よりアメリカの方が徹底してる。
日本の場合、作品の内容自体には原作者口出せるけど、
アメリカはそれすら出来ないよう、事前に契約で縛るから。

862 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 00:36:48.97
>>858
>出版物から得る利益は、現状ですら作者と出版社は大差無いのだけど。

出版物に文句言ってる奴がこのスレに一人でもいたのか?w
つまらないものを出版点数稼ぎに出版する出版社にすべての責任がある
自転車操業をやめろw

>>861
>しかも、出資というリスクを取る存在の権利が強いので、
>自分で金出さない限り、原作者でも取り分は少ない。

出資リスクというがせめて漫画家が望むだけ出資できる権利を残せよw
金出す奴は逆に言えば金しか出せない無能
今後は金はクラウドで集めることが出来る

>金も出さない原作者が、どんなに取り分主張しても、
>出資者は自分が儲からないなら出さないだけで、その場合映像化自体がなされない。

とりあえず漫画家の映像化権を縛り上げるのを止めてから言えw
大金出さなくても出資者権利相当の配当金を得られる制作委員会方式が既に法整備されただろ
映像化は漫画家主体でやらせろ
クラウドで集めるなり数億なら単行本利益から出せる場合もあるだろうし
漫画家が出資者相当の配当金を得られる仕組みを利用する場合もあるだろうし
いよいよ手段がない場合のみ従来の制作委員会方式を採用するといい

>アメリカはそれすら出来ないよう、事前に契約で縛るから。

だが映像化だけで5億はくれるだろw
そのほうがいいだろwwwwwwwwwww
日本は最高1000万と勝手に関係者が決めているw
実際のところ100万〜200万wwwwwwwwww

863 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 00:44:04.07
漫画家が率先してリスク背負って出資するなら文句ないよな?
クラウドで金集めて利益は漫画家に一番落ちるようにするんだがw
もちろん出版社にはリスクは一切ない(当然映像化による配当金収入はない
リスクを負わずに単行本の宣伝をしてくれるなら出版社は万々歳だろう

金出すリスク、金出した奴が一番偉い、と叫ぶ前に
漫画家に漫画家が主導で映像化する選択を与えるべき
つまり映像化権を縛らない
出版権だけの契約にとどめる

リスクはクラウドに背負わせる(もちろん成功すれば配当金の半分はクラウドに還元

864 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 00:50:41.52
出版社「我々にも配当金を渡せ」
漫画家「何言ってんだ糞野郎ども」
出版社「我々には配当金が必要だ」
漫画家「金出してない奴が欲しがるなボケ」
クラウド「そうやで、金はワイらが出したんやで」
漫画家「俺達がリスク背負って単行本の宣伝してやってんだ、土下座して感謝しろ」
出版社「金を出させてください!」
漫画家「断固として断る!」
出版社「ガーン!」

金なんて出版社に出してもらう必要もなければ必然性もない
人気があればクラウドで出資金は集まる
あるいは海外企業の中から有利な条件を引き出せる
映像化で5億渡すこともあるのが海外だからな

金を出す奴が一番偉い ×
金を出すしか能がない ○

とりあえずクラウドに問え! ○
とりあえず世界中の企業に問え! ○

865 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 00:53:39.24
つまりほぼ大半の漫画家には関係のない話で志望者にも殆ど関係ない話しな訳だ

866 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 00:54:10.29
出版社が自らヒット漫画を作れるならわざわざ志望者を集めたりはしないわなw
逆立ちしても自らはヒット漫画を作れないからこそ志望者を集める
漫画家から搾取した金しか出せない出版社
出版社は金を出す前に社員に漫画描かせてヒットを作れよw
それなら丸儲けだ

金しか出せない奴は無能
世界を探せば他に腐るほど見つかる

867 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 00:56:29.32
>>865
トップ層が抜けたらそれ以下を養う余裕は出版社にはない
残念だったなw

868 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 01:03:48.63
残念なのはお前の頭だ。お前の自論だとトップは抜けずに、誇大妄想狂にお前の自論を賭けると言っているだけでな

869 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 01:09:32.64
「2ちゃんでしか語れない奴は無能」

これに尽きるだろwww

870 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 01:15:52.26
これが自分で描いて、それが大ヒットしてる漫画家が言うのならまだ分からんでもないが
何も描けない、生み出すこともできない素人が言ってるから「ただの妄想」なんだよなあ

ゴミのような存在が、すべての漫画家や志望者の代弁者を気取ってる
みんなから笑われてるのに、その愚かさに気付かない

「それほど儲かるのならてめえがやってみろ」だ

871 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 07:11:02.45
ニュースを見るのに、ソースがにちゃんねるだと噂程度で終わる
にちゃんでもニュース速報+とかは大新聞とかのサイトの情報がソースになってる

読者が大出版社に寄せる信頼は大きいよ
品質も、安定して供給されるという期待も、価格も適正、

ネットにしろうと作家のタダの漫画とか、有料の漫画がいくらでも発表されてるじゃない
でもほとんど誰も読まない
個人でやっても誰の目にもとまらないんだよ

872 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 08:37:59.93
根本的に10億が勘違いしてんのは「ここは日本で 漫画文化は日本独自のもの」ってのを甘く見てることだね

必死で持ち出そうとする海外の成功例にしても、それは「漫画文化において」じゃない
日本のようにマーケットが巨大で、表現の幅が広く、作る方も受け取る方も歴史の蓄積がある

物珍しげな新メディアでいるうちは個人配信も多少は興味持ってくれても
結局、いつものように安定して面白いものを定期的に提供してくれるとこへ行く

この「いつものように安定して面白いものを定期的に」ってのが
個人配信において一番難しいことだ

1年に1本や2本 50ページくらい描けても大きな流れにはならない
それがつまり年二回コミケで売ってるような奴らの限界

それの場がネットに移っても評価は同じ
二次創作という手法さえ禁じられ、オリジナルだともっとレベルは低くなる
しょせん、漫画家ごっこで終わる
30になろうが40になろうがね

873 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 09:32:18.86
だって10億って日本人じゃなくて、糞の国の人種だろ?

874 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 12:32:19.82
漫画描いてない、ただマスメディアにルサンチマン抱いてる、
2chによくいるタイプの人だもん。

875 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 14:53:28.64
プロレベルの仕事がこなせない人間が、いくらネットで情報だけ集めて業界語ろうとしても
けっきょくネットの書き込みにに振り回されるだけの素人なんだよ

その仕事で生きているプロ達が個人配信なんてものを選ばない
ここでもう答えは出てる

876 :名無しさん名無しさん:2014/06/23(月) 22:47:46.07
ここの荒らしの報告もこちらへどうぞ

業界板荒らし対策本部
http://nozomi.2ch.net/test/read.cgi/iga/1403462980/

877 :名無しさん名無しさん:2014/06/24(火) 13:03:13.17
締め切りに追われて編集者に尻叩かれたギリギリの時に
徹夜で朦朧とした状態で脳内麻薬が奇跡的な発想を生み出すのはよくあること
誰にも管理されず自分のペースで描くと実力の7か8くらいの力しか出せない
雑誌連載と言うのは生活の安定のほかに限界を超えた力を引き出すと言う効果もあるから
ヌルい環境じゃヌルいものしか作れない

878 :名無しさん名無しさん:2014/06/24(火) 13:39:23.01
好きに練習していいよー
試合も気が向いたときでいいよー

なんて環境じゃ、あらゆるスポーツ競技者は強くならない。
表現者も同じ。
時間に追われ、ライバルと競ってこそ磨かれていく。
特に若いうちは。

879 :名無しさん名無しさん:2014/06/24(火) 21:47:46.80
話題の個人作家Hugh Howey氏が加Kobo社内で講演「エージェント会社はいずれ弁護士事務所みたいになるかも」

【編集部記事】年初から現地出版関係者を震撼させている米国の個人作家向け電子書籍市場調査サイト
「Author Earnings」が、カナダのKobo本社を訪問し、講演を行なった模様。


 同氏はAmazon.com用Webクローラーを自作して個人の電子書籍作品市場の成長度合いを調査・分析している作家で、
レポート第一弾では無名の個人作家たちがAmazonの電子書籍コーナーを実質掌握していることを明らかにし、
業界関係者に大きな衝撃を与えた。

 今回の講演はKobo社の個人出版プラットフォーム「Kobo Writing Life」の定期セミナーとして組まれたもので、
「エージェント会社はいずれ弁護士事務所みたいになるかも」など興味深い発言をいくつかしている。【hon.jp】

http://hon.jp/news/1.0/0/5620/

880 :名無しさん名無しさん:2014/06/24(火) 22:02:03.75
>>877
その割りに今の漫画雑誌はヌルい作品ばかりだなw
某人気漫画雑誌を読んでもキャラクターグッズとして欲しくなるキャラが皆無
絵は綺麗で上手いが一般人に興味を持たれるキャラとは違う
さすがに深夜アニメ化が進んでいるだけのことはあるw

881 :名無しさん名無しさん:2014/06/24(火) 22:29:24.73
ヌルい作品とはいったい

882 :名無しさん名無しさん:2014/06/24(火) 22:48:12.27
>877に聞けw

883 :名無しさん名無しさん:2014/06/24(火) 23:04:58.60
877はヌルい作品とは言っていないから、ヌルい作品といっている>>880に聞いたわけだが

884 :名無しさん名無しさん:2014/06/24(火) 23:08:31.55
>>883
877「ヌルいもの」

885 :名無しさん名無しさん:2014/06/24(火) 23:10:36.81
ヌルいものができるといってるだけで、今現在作品としてあるとは一言も言ってないように思える
対して880は明確に作品があるといっている訳で。だから聞いたの。

886 :名無しさん名無しさん:2014/06/24(火) 23:32:20.58
こんな低レベルしか来ないのか・・・・・

887 :名無しさん名無しさん:2014/06/24(火) 23:34:23.63
うまいこと言い返せないからって人を低レベル扱いするとか、どれだけ雑魚なんだよ

888 :名無しさん名無しさん:2014/06/25(水) 01:19:39.87
尻叩かれないと作れないのはあるでしょ。
漫画制作はあまりにも面倒くさい。週刊連載ですらアシスタント費用が出て編集のプレッシャーで
なんとか作れるものなのにそれすら無い状態で一人でやるなんて、ほとんどの漫画家ができないと思う。
仮に一人で頑張れても年間100ページぐらいだろ?これじゃ利益はでない。
アメリカじゃ自費出版の小説で億単位の利益を出した人がいるみたいだけど
そういうのを聞くとどうして毎日徹夜で死にそうになりながら話以外に絵まで描かなくては行けないのかと思う。

889 :名無しさん名無しさん:2014/06/25(水) 01:48:59.35
テキトーに「今の出版の漫画は全部つまんない」
とでも言っておけば、自分がレベルの高い人間ですアピール出来ると思ってるお馬鹿さんですからwww

つまりは、現代日本の新人漫画家はその程度と言いたいのだろうが
それは同時に「個人配信もその程度」と、同義なんだがwww

890 :名無しさん名無しさん:2014/06/25(水) 01:58:36.52
だって個人配信って「出版を拒否して個人配信を撰ぶ」ではなくて
実際は「出版レベルが描けないからヌルくて誰でもデビュー出来る個人配信を撰ぶ」ですからwww

出版拒否してんじゃなくて、出版に拒否されてんの。
クソレベルはいりませんってwww

891 :名無しさん名無しさん:2014/06/26(木) 02:20:14.56
選ぶ理由なんざどうでもいいけど、現実問題として売れとらんし。
一部昔売れてた人が個人配信して、少し売れてる程度の話しかないだろ。
鈴木みそとか(しかも殆どは出版社の雑誌連載作で、パブリシティ出版社依存)。

昔の名前で出ていますじゃなくて、個人電子書籍出版ネイティブで、
億単位儲けましたみたいな人が何人も出りゃまだしも、
一人もそんな夢のあるサンプルがいないじゃん。

892 :名無しさん名無しさん:2014/06/26(木) 02:56:16.87
出版である程度ネームバリューがある作家が
「個人配信してみました」で、やっと興味持ってくれるかなー位だからなあ

全くの無名が出したところで、存在すら気付かれない
今風の絵で漫画描ける奴なんて はいて捨てるほどいる

893 :名無しさん名無しさん:2014/06/26(木) 21:10:43.29
今の商業誌作品が海外で人気を得るシーンは想像できない
おそらく国内のマニアック層向けの人気に収束するはずだ
つまり海外での競争相手にはなりえない
やはり作品力なのだろうな

894 :名無しさん名無しさん:2014/06/26(木) 21:33:14.32
別に海外で競争したいなんて漫画家が思ってる訳じゃないですし

895 :名無しさん名無しさん:2014/06/26(木) 22:05:57.20
漫画家の意思の問題ではなく作品力の問題だろ
2位3位でも良いと考える馬鹿は1位にはなれない

896 :名無しさん名無しさん:2014/06/26(木) 22:17:01.42
一位になりたいなんて思ってないだろ

897 :名無しさん名無しさん:2014/06/26(木) 22:29:25.00
そんな連中は競争相手にはなり得ない
つまり無視していい

898 :名無しさん名無しさん:2014/06/26(木) 22:38:04.49
つまり現状でそんな奴がいないのは誰も海外に自費出版してないので明らかな訳だから
全部無視でいいってことか
納得wwwww

899 :名無しさん名無しさん:2014/06/26(木) 23:15:28.38
無料botはレベルが低いな
相手をする気力が沸かない

900 :名無しさん名無しさん:2014/06/26(木) 23:27:25.33
また言い負かされたからって泣くなよ10億。お前がザコなのは皆知っているんだからさ

901 :名無しさん名無しさん:2014/06/26(木) 23:41:32.82
言い負かされた?
20年後30年後にまた来いよw

それよりも海外に日本文化を浸透させるにはどうすればいいのか考えろ

902 :名無しさん名無しさん:2014/06/27(金) 03:19:36.27
日本の漫画家は、まず日本で受け入れられ客をつかむこと。
それが第一目標であり、それがなし得ないのに海外もへったくれもない。
だって、日本が世界で一番漫画文化のレベルが高いんだから。
何も描かないど素人は黙ってなwww

903 :名無しさん名無しさん:2014/06/27(金) 03:29:29.68
ついでに言っておくが、漫画家は「漫画文化のために」漫画描いてんじゃない。
漫画で自分を表現したいから漫画描いてんだ。
金が入って来るのはその結果でしかない。
儲けるための手段だと思ってないか?
ただ金儲けがしたいのなら漫画なんて手がかかって不確かなもの選ばないよ。
こういうことも何も描いたことない馬鹿には一生涯分かんないだろうな。

904 :名無しさん名無しさん:2014/06/27(金) 06:52:12.39
海外に浸透させるには自国でまず売れる事が前提なんで
それはお前の大好きないつも言ってる海外の小説家達が証明してる事でな

言い負かされたな、また

905 :名無しさん名無しさん:2014/06/27(金) 08:56:48.07
その成功した海外の小説家たちとやらが、自国以外でヒットしたかってデータもないしな
日本には全くそういう話題がやってこないんだが?

つまりそれって「個人配信なんて自国以外は商売にならない」か?
これで海外に目を向けろと言われてもなあ
特に漫画で

906 :名無しさん名無しさん:2014/06/27(金) 09:01:30.26
日本以外の国の漫画家たちが、ちゃんと日本語にセリフや擬音を変換して
日本に向けて個人配信してるって例をまず持ってこいよ

それが面白くてヒットしてるかどうかもな
簡単だろ? お得意のコピペすりゃいいんだから

アメリカはとっくに個人配信が有利なんだから そういう例はいくらでもあるはずだよなあ
個人配信先進国なんだからさ

さ、貼ってくれ  思う存分 

907 :名無しさん名無しさん:2014/06/27(金) 09:05:04.71
アメリカの個人配信の達人たちは、とっくに世界に目を向けてるはずだよね!
5年先行してんだから
漫画といえば日本がどでかいマーケットなんだから、この国で売らない手はないよね!

さ、貼ってくれ  思う存分

908 :名無しさん名無しさん:2014/06/27(金) 13:13:33.33
そもそもアメリカのキンドルストアのランキング上位に、
個人出版殆ど見当たらんのだから、言わずもがなという奴。

909 :名無しさん名無しさん:2014/06/27(金) 13:50:58.98
電子出版市場1000億円突破 13年度、コミックがけん引
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ230DE_T20C14A6TI0000/
日本経済新聞 2014/6/23 23:39


 調査会社のインプレスビジネスメディア(東京・千代田)によると、2013年
度の電子出版市場(電子書籍・雑誌合計)は前年度比31.9%増の1013億円とな
り、初めて1000億円を超えた。主にコミックの売れ行きが伸び、市場をけん引
した。同社は18年度には電子出版市場が3000億円超に成長すると予測している。

 出版社や電子書店など主要な電子書籍関連事業者への聞き取りなどで集計した。

910 :名無しさん名無しさん:2014/06/27(金) 14:44:04.90
えとつまり、出版社丸儲け、イッエーイって話しだね

911 :名無しさん名無しさん:2014/06/27(金) 15:42:59.82
あれーおかしいなー
出版不況なのに電子書籍コミックスの売り上げが好調だぞ。
個人配信の売り上げは・・・・・
話題の欠片もないね。

これじゃあ、漫画家志望者はみな出版デビューを目指して当然だね。
やっぱり皆、読むに値するものだけにお金を払うんだね。

こまったねえ10億くん。
個人配信の天才とやらはどこにもいなかったよ。

912 :名無しさん名無しさん:2014/06/27(金) 16:56:25.64
日本の電子書籍ランキング、ほぼ紙のランキングと同じだからな。
中高年そうがまだ余り手を出していないのか、若年層向けのラノベとかが強い傾向があるけど。

日本のキンドルコミックスランキングも、出版社が普通に出してるのばかり。

913 :名無しさん名無しさん:2014/07/01(火) 19:30:53.15
連載決まってアシやめて5話書き溜め → 連載2日前に「これ有害図書じゃねーか」 連載取り消しに
ttp://fox.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1404202389/

これ北斗コンビの会社の雑誌じゃんw
酷過ぎだろ、企業として。

914 :名無しさん名無しさん:2014/07/01(火) 19:59:28.04
スレで自業自得が大半というね

915 :名無しさん名無しさん:2014/07/02(水) 04:26:11.93
相変わらずこういったくだらんゴシップ引っ張り出して出版のイメージをなんとか低下させようともがく。

レベルが低すぎて話にならんwww

916 :名無しさん名無しさん:2014/07/02(水) 13:53:50.29
エロが問題になりそうだろうが、その前提で仕事進めてたのだから、
寸前で中止とか有り得ないし、その場合は相応の損害賠償して当たり前。
北斗コンビの会社は問題外レベル。

917 :名無しさん名無しさん:2014/07/02(水) 20:27:12.48
>個人配信の天才とやらはどこにもいなかったよ。

最短でもあと数年は必要
なぜなら海外の事例ではそうなっているからだ
日本の保守性のため多少遅れることもあるだろうが

918 :名無しさん名無しさん:2014/07/03(木) 07:53:15.95
906 :名無しさん名無しさん:2014/06/27(金) 09:01:30.26
日本以外の国の漫画家たちが、ちゃんと日本語にセリフや擬音を変換して
日本に向けて個人配信してるって例をまず持ってこいよ

それが面白くてヒットしてるかどうかもな
簡単だろ? お得意のコピペすりゃいいんだから

アメリカはとっくに個人配信が有利なんだから そういう例はいくらでもあるはずだよなあ
個人配信先進国なんだからさ

さ、貼ってくれ  思う存分 


907 :名無しさん名無しさん:2014/06/27(金) 09:05:04.71
アメリカの個人配信の達人たちは、とっくに世界に目を向けてるはずだよね!
5年先行してんだから
漫画といえば日本がどでかいマーケットなんだから、この国で売らない手はないよね!

さ、貼ってくれ  思う存分

919 :名無しさん名無しさん:2014/07/03(木) 07:54:28.45
どうした10億
この問題に答えない限り「あと数年かかる」も怪しいぞwww

920 :名無しさん名無しさん:2014/07/03(木) 08:00:55.81
>>917
すでに海外では現れてるんだろ?
当然漫画の個人配信の成功者もわんさか誕生してるよね?
それを紹介しろよ まずそこだろうが ここは漫画板なんだから

海外の事情が日本でも起こる!!!!なら まずその前例を正確に貼ってくれ
「ジャパニーズスタイルのコミックで! 全世界に発信して成功してる例」をな!


いっとくが「小説家の成功例」なんて全く意味無いからな
そこに逃げた時点で「ああやっぱり漫画じゃ無理」が決定だ
さあ頑張ってなwww

921 :名無しさん名無しさん:2014/07/04(金) 20:34:44.50
未来を考えるスレかと思ったら厨房の煽りあいスレだったでござる

922 :名無しさん名無しさん:2014/07/04(金) 20:48:31.16
国内の漫画は世界に通用しなくなっている
ディズニーのほうがよほど世界を席捲している
腐オタ向けの後遺症は悪化するばかり

923 :名無しさん名無しさん:2014/07/04(金) 22:34:15.27
何で世界で通用させにゃならんの?

924 :名無しさん名無しさん:2014/07/04(金) 23:17:32.87
なぜモデルは自分でヌード写真集を出さないのか

と、答えが同じ気がする

925 :名無しさん名無しさん:2014/07/04(金) 23:27:46.37
超絶かわいこちゃんだったら爆発的に売れるだろ

926 :名無しさん名無しさん:2014/07/04(金) 23:32:01.14
国内市場が縮小する中で成長をしたければ海外市場しかないだろうな
そもそも海外に通用しなければ国内でもやがて通用しなくなる
腐オタ層が去ったら一気に傾く

927 :名無しさん名無しさん:2014/07/04(金) 23:35:18.42
日本で通用しないものが世界でなら通用すると思ってんのか?

なんで日本の漫画とディズニーのアニメを較べてんだよ
比較するなら日本のアニメとディズニーのアニメだろうがwww

もう10億くんのアタマ 可哀想な目に・・・・・・

928 :名無しさん名無しさん:2014/07/04(金) 23:38:37.46
わい無料乞食だけど端末買わないと読めないものはわざわざ読まないで
ブラウザで読めるものは読むで

929 :名無しさん名無しさん:2014/07/04(金) 23:38:31.55
ネットに融合してしまうと競合相手は娯楽コンテンツすべて
頭悪い奴多いな

930 :名無しさん名無しさん:2014/07/04(金) 23:40:35.68
ネットに融合しないと床屋と蕎麦屋のおっさん向けの雑誌しか残らないだろ

931 :名無しさん名無しさん:2014/07/04(金) 23:41:20.32
それはネットとか関係ないわ

932 :名無しさん名無しさん:2014/07/04(金) 23:42:42.59
関係あるで。若者向けはある程度ネットだけで読めてしまうんやで

933 :名無しさん名無しさん:2014/07/05(土) 00:04:08.02
新しい個人出版ニュースが出てこないと
スレも過疎り気味になるな

934 :名無しさん名無しさん:2014/07/05(土) 11:50:11.86
まあ「競合相手は娯楽コンテンツすべて」なんて言ってる奴は
一生表現活動には乗り出さないからwww

データ集めてあっちの水こっちの水って、ネット情報で振り回されて終わる

935 :名無しさん名無しさん:2014/07/05(土) 11:53:54.21
裏サンデーとか見てると素人に毛がはえた程度の奴がネット配信したところで売れるわけがないと思った

936 :名無しさん名無しさん:2014/07/05(土) 11:55:32.93
>>新しい個人出版ニュースが出てこないと

新しいもなにも、古いものすら無いじゃん この日本では

937 :名無しさん名無しさん:2014/07/05(土) 12:05:52.54
競合相手は娯楽コンテンツすべてってネット関係ないよなぁ
昔からじゃん

938 :名無しさん名無しさん:2014/07/05(土) 12:16:27.82
どうせ出版社から出してる電子書籍のワンピとかバカ売れしてるんやろ?
それを自費出版にしても信者は買うやろ?(適当)

939 :名無しさん名無しさん:2014/07/05(土) 12:28:01.03
馬鹿ウレはしてないな

940 :名無しさん名無しさん:2014/07/05(土) 20:42:24.90
一部のコンテンツが奇跡的に支えている状況ってことだな
そして次が育ってない

邦楽は100万枚ヒットが当たり前の状況から
10万枚ヒットなら万々歳の状況に突入している
この変化は漫画でも発生する可能性が高そうだ

941 :名無しさん名無しさん:2014/07/05(土) 20:56:54.20
電子書籍でしか出さない新作を有名漫画家が描けばいいのにな。
それでどれくらい売れるか一つの指標になる

942 :名無しさん名無しさん:2014/07/05(土) 21:04:43.79
それも一つの指標になるが
さらに重要な指標は無名の新人による個人作品のヒットだろう
そのうちいくつも出てくるだろうが論より証拠としてアンチ悶絶になるだろうw
邦楽の悲惨な状況を漫画界も体験することになる

943 :名無しさん名無しさん:2014/07/06(日) 03:20:23.30
「100万部売れなきゃ漫画じゃない」

こういう古臭い考えが一番終わってるんだがwwww

944 :名無しさん名無しさん:2014/07/06(日) 03:29:26.84
別に今に限らずな
100万部超えるヒット作なんて、漫画業界ではごく一部しか現れない。
それで普通。

で、それ以外が全く無価値かというととんでもない。
「それ以外の多様さ」が日本の漫画業界を、漫画文化を支えてんの。

別に漫画志望者も、現役のプロ作家も 誰もが100万部作家を目指してるわけじゃない。
自分の描きたいものがあるのなら、それを世に出して、2〜3万部でもきちんと評価されれば
ちゃんと漫画家として生きていける。

大金持ちになることしか頭にないのは「作ったことの無い外野」の価値観。
作る喜びを知ってる絵描きは、そういうのに振り回されない。

読む方もそう。
別に自分の気に行ってる漫画や漫画家が、どうしても大ヒット作家になってくれなくてもいい。
面白いものを提供してくれればね。

945 :名無しさん名無しさん:2014/07/07(月) 23:42:21.74
【漫画】 電撃大王の敏腕編集者「単行本が10万部売れない漫画家はいらない。」

私は最近周りの編集者に対して言ってるんですよ。
10万部売る気のない作家はいらない。幸せにならないから。
3万部売れる作家とか3万部売れる作品とかやってたら誰も幸せにならないから、そもそも、そんな作家はいらない。
3万部くらいだったら安定して売れる作家っているんですよ。
でも、逆に言うと、運が良くてもせいぜい5万部、ヒットしても10万部まではいかないっていう子。
私はもうそういう子はいらないって最近言ってます。

http://read2ch.net/comicnews/1224913676/

946 :名無しさん名無しさん:2014/07/07(月) 23:51:32.52
また古いネタだな
今見つけたのかい?あほだなぁ

947 :名無しさん名無しさん:2014/07/07(月) 23:53:28.04
>それを世に出して、2〜3万部でもきちんと評価されれば

>敏腕編集者「単行本が10万部売れない漫画家はいらない。」

>それを世に出して、2〜3万部でもきちんと評価されれば

>あほだなぁ

948 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:01:20.54
その編集者で調べない所があほだよ

949 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:03:27.84
>敏腕編集者「単行本が10万部売れない漫画家はいらない。」

これがすべてなんだろうな
ぶっちゃけ
本音ぶちまけてるなw

950 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:07:10.89
きみの大好きなオタ雑誌の電撃大王とかを崇めてていいのかい?

951 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:11:05.88
もちろんそういう編集もいるよ

でもそれは「自分の社内での成績が欲しいから」であってね
漫画家の都合とは関係ない。

成績指導の先生がひとりでも有名校に送り出したいってのと同じ
それを真にうけちゃう馬鹿がいるのはいつの時代も変わらない。


君は「年収200万以下の人間は日本経済にいらない」って言われたら国外に行くのかい?

952 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:15:15.28
「2ちゃんに巣食ってるような奴らは日本にいらないね」って敏腕政治家に言われたら
きっと10億くんは死ぬのだろうwww

953 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:18:39.65
2〜3万部の漫画家は結局数十万部売れる漫画家に食わしてもらってるわけなんだよな

954 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:19:56.42
うん 君のようなゴミ虫が親や大人たちに食わしてもらってるのと同じだね

955 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:22:59.37
2〜3万部しか売れない漫画家の平均活躍年数ってどのくらいだ?
数年で消えるとしたら意味ねーw

956 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:24:53.01
「売れないマンガ家はいらない」ならば新人漫画家の9割以上はそれに当たる

現在売れっ子とされてる奴らも、最初から何十万部のヒット飛ばしてるのはごくごく少数。
その時点で見限ってたら、ヒット作もヒット作家も育たないし生まれない。

馬鹿な編集のリップサービスに踊らされて嬉しいかい?

957 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:25:28.12
その記事の最近がもう最近じゃねーじゃねーか

958 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:29:34.55
漫画家の平均活躍年数?

「ピンからキリまで」 としか言いようがないね

何万部売れてたからっていうのは、ただの過去データでしかない。
要はその漫画家が「送り出したい 描き続けたい」って意志があるかどうか

いっとくが、デビュー時にどんだけ売れたって過去の栄光でずっと食えるほど甘くはないよ
送り続けないとそれは「消えた漫画家」の仲間入りだ

959 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:29:39.03
今更見つけて何はしゃいでると思った

960 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:30:25.42
>その時点で見限ってたら、ヒット作もヒット作家も育たないし生まれない。

数回の連載チャンスがあるがすぐに結果を求められそして結果によっては即見限られるわけだ
2〜3万部作家レベルじゃ地道に長期間漫画家続けることは不可能
やはり商業の宿命として売れなければ存在価値を市場から認められない
文化的価値は個人に委ねられるとしてもその場合商業である必要もない

961 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:31:54.50
最近静かって某所で言ったらこことか他で暴れだして笑える。

962 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:33:39.39
>過去の栄光でずっと食えるほど甘くはないよ

過去の栄光で描かなくても食えるレベルにすべきだろw
一作でも大ヒット出したら十分な利益を還元
海外なら宮殿が建つレベルで還元されている
日本は「数億あったら十分だろ?」をマジ顔で押し付けるw
精神が貧困している
飛びぬけた成功者を作ろうとはしない
むしろ骨までしゃぶるのがメディア界隈にいる一部の日本人

963 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:35:36.03
最近はアンチの相手をすることに意義を見出せなくなったw
淡々とソースを貼るだけで十分でそれが最も効果があると悟ったw
ソースを無駄に流さずに広く知らしめる
これだ

964 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:54:04.39
ああ、淡々と「いつまでたっても現れない個人の天才漫画家」の現実を貼るのか?
そりゃ一番効果があるなwww

965 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 00:58:12.92
自分じゃ何も生み出せないやつが「海外なら宮殿」だってwwww

どんだけ脳内お花畑なんだwww
残念だったねえ  君にはその才能の欠片も無くて

宮殿どころか日本の底辺の そのまた隅っこで「漫画で成功した人種」を「一生羨んでなよ
2ちゃんだけが君の宮殿だよwww

966 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 01:02:14.09
>>965
お前他人のレスを一つ貰うごとに金が貰えるのか?w
乞食だなw

2ちゃんによくいる屑の典型例だなw
俺も似たようなもんだがw

967 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 13:10:31.56
おいおい、自分が2ちゃん乞食のクズだからって他人が全部そうとは限らんぞ

「そうに違いない」って思い込みたいのはわかるがwww

968 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 22:45:25.88
アンチすら面白いと納得する漫画を描いてみたいものだ
まずはデッサン教室から通わないといけないな

969 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 22:55:52.95
今日は内容もよく読んでないでコピペしてズレた願望はきださんの?

970 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 23:07:17.70
>>968
数年前にも同じこと言ってたよねwww

自分が口ばかりで何もしない無能者ってカミングアウトしてんじゃん

971 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 23:07:48.08
電子書籍はマイナー漫画家を不況から救うのか

「結論から言えば、電子書籍が出版社を救う可能性は、ほぼありません」

これは、鈴木みそ『ナナのリテラシー』(Kindle版)の一文。
電子書籍は確かに伸びている。でも出版全体の売上の4%程度の電子書籍がちょっと伸びても、
毎年7%から8%落ちている出版業界は支えられない、と作中では語ります。
あまりにも厳しい。

もしこのまま、出版社の紙媒体で、今まで通り描き続けていたら。
出版業界全体が落ち込んでいるんだもの、どん底に行くしかない。

「すべて人任せで何も決めて来なかった。考えることさえしなかった」「それは奴隷ですよ?」
中堅漫画家である自分に、作中のキャラは問いかけます。
今は、漫画家が自分で鎖を断ち切って、漕ぎだすべきときだ。

http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20140221/E1392913568999.html

972 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 23:08:55.32
>毎年7%から8%落ちている出版業界

凄まじいなw
凄まじすぎる数字だ・・・・・

973 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 23:29:06.96
10年後はほとんど存在感のない業界になってるわけだ
しかも出版不況はこれからが本番で加速していくと言われている
少子化もこれからさらに加速
看板も老朽化し次が育ってなくこれまで以上のごり押しが必要だがそれで乗り切れるのか

商業はオワコンすぎるw

974 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 23:39:13.83
だ・か。ら
そういう数字が怖いチキンくんは、最初から漫画家なんて表現活動には向いてないの
向いてない商売をどんだけ研究しても無意味なの

「ああよかった この手の業界に挑戦しなくって」ってチキンがチキンを重ねるだけ

975 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 23:44:03.96
そのくせ数年おきに
「アンチすら面白いと納得する漫画を描いてみたいものだ
まずはデッサン教室から通わないといけないな」

だからなwwww

自分がチキンで無能なくせに 金だけは欲しがる夢を見る
ホント ゴミ虫って哀れだね

976 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 23:45:42.57
また釣れたとか騒ぎ出すんじゃね

ばかだから

977 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 23:46:27.98
今後は志望者全体において
商業を専業で目指す意識が薄らいでいくだろう
これは電子化の動きを高めリスクを軽減しリターンを拡大する効果をもたらす
もはや一年で一割近く削られる業界など斜陽すぎて話にならない

出版社に求められた機能はもはや代替可能
アマゾンでもグーグルでも何でもいいし国内新興勢力でもいい

重要なことは沈み行く船には乗り込まないことだ
一年で約一割沈んでいく船w
雑誌ならばいつ沈没(休刊廃刊)してもおかしくないw

978 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 23:53:22.23
>そういう数字が怖いチキンくんは、最初から漫画家なんて表現活動には向いてない

その数字を脅威と考えるのは出版社であって志望者達ではないだろう
志望者達は無理に沈没船に乗る必要はなく別の船に乗り込むだけ

沈没船と新しい船のどちらかに乗れといわれてわざわざ沈没船に乗り込むのはただの馬鹿
それは勇気でもなんでもなくただの愚者w

沈没船は遠くからその沈み行く様を見ているだけでいい
毎年10%近く削られ今後さらに加速していくのであれば約10年でほぼ水没
ゼロにはならないとしても存在感の薄さは顕著になっているだろう

これからの志望者はもっと広く表現活動の場を探すべきだ

979 :名無しさん名無しさん:2014/07/08(火) 23:55:08.14
975 ←何度も釣られる馬鹿www

980 :名無しさん名無しさん:2014/07/09(水) 00:01:54.62
>もしこのまま、出版社の紙媒体で、今まで通り描き続けていたら。
>出版業界全体が落ち込んでいるんだもの、どん底に行くしかない。

数万部レベルの作家はどん底に行くしかない時代になるんだな
もはや存在価値を認められない時代になりかねない
自分の納得いくものを描いてそこそこ食っていければ幸せ、が通用しない時代になりそうだ
おまけに上が抜けたら真っ先にそいつらは出版社から切られる可能性が高い
おそろしい時代がやって来そうだな

世界的大ヒットを出すしか業界が助かる方法はない
しかし腐オタにすがる現状ではそれは夢物語
このまま毎年一割近く削られていく運命からは逃れられないのだろう

981 :名無しさん名無しさん:2014/07/09(水) 02:09:24.21
まずは船をこさえてから抜かしてください
乗り込める船すらないのにアホかよ

982 :名無しさん名無しさん:2014/07/09(水) 02:11:59.40
いまやレコード会社に正社員を雇う余裕なんてない。

正社員を募集しているなんて、まれだ。
大抵が契約社員。何年も前からそうだ。
まったく潰れる気配のなさそうなメジャーなレコ社、いくつある?

音楽だけじゃない。
出版業界だって一緒だ。

一部の大手版元をのぞけば、編集者やライターなんてみんな奴隷だ。
編プロで雑魚寝してる若者達も、あと数年で使い捨てられる。
業界への憧憬を餌に、若者をどんどん使い潰していっているんだ。
貴重な20代を食いつぶして疲れ果てた人々が次々に去っていく。
まるで大昔の炭鉱労働者たちを見てるようだ。

音楽で言えば、1年間に日本でリリースされるCDのタイトル数は、アメリカのそれよりも多い、と言われている。
縮小しつつあるマーケットに供給過多。
モノが売れないのも当然だ。CDも当然売れない。

無論、粗製乱造漂白ポップスでそんなライトユーザーを取り込み、大きく成長したのが90年代の音楽産業だった。
メジャーレコード会社にとって、かつてのお得意様がいまの仮想敵だ。

「音楽業界は斜陽産業」だ。
そんなことみんな知ってる。ずっと前から。
そして、だから、多少でも危機感のある音楽業界の人間はみんな、あがいている。
宣伝と言えば、相変わらず顔の見えないマスに向けて闇雲に乱射している。彼らの客はもうそこにいないのに。
いや、本当はそんなこと百も承知かもしれない。でも、とりあえず何かやらなければいけないのだ。
だって会社が潰れそうなのだから。

そろそろ新しい海図を作ろう。

http://d.hatena.ne.jp/rmxtori/20070924/p1

983 :名無しさん名無しさん:2014/07/09(水) 02:16:54.83
>いまやレコード会社に正社員を雇う余裕なんてない。
>出版業界だって一緒だ。
>編プロで雑魚寝してる若者達も、あと数年で使い捨てられる。
>業界への憧憬を餌に、若者をどんどん使い潰していっているんだ。
>貴重な20代を食いつぶして疲れ果てた人々が次々に去っていく。

恐ろしいなw

>粗製乱造漂白ポップスでそんなライトユーザーを取り込み、大きく成長したのが90年代の音楽産業だった。

腐オタ向けで一時的なオアシスを見つけた漫画業界は
一昔前に音楽業界がやったことをそのままやってるわけだ
そしてその後に待つものは・・・・・・

984 :名無しさん名無しさん:2014/07/09(水) 02:22:56.34
出版業界で起こる変化は音楽業界でことごとく起こっているようだな
そして音楽業界の今は会社が潰れそうになっている所が出始めた段階

出版業界も毎年一割近く縮小している
長期看板作品の終了、少子化加速、高齢読者層の卒業、出版不況加速、次看板のさらなる劣化小粒感
部数は全体として毎年のように下がり明るい材料が何一つとしてない

このままでは音楽業界の変化をそのまま辿る可能性が非常に高いと言わざるを得ない

985 :名無しさん名無しさん:2014/07/09(水) 09:59:31.88
で?
恐ろしいだ 斜陽だ 不況だってのが分かって?

君に何ができるの?  何かすんの?



何もしないし 何も生み出せないよね

986 :名無しさん名無しさん:2014/07/09(水) 10:05:19.95
ここのバカは「これからは恐ろしい時代が来るのだから、せめて安全な道を」って言いたいのだろうが
そもそも漫画家って商売を目指した時点で 恐ろしい人生の選択肢なんだが?


漫画黄金期と呼ばれた時代だって、それは全く変わらない
通用しない人間のほうがはるかに多い
いつの時代もクソはクソ

個人配信になろうがその原理は全く変わらない
クソを大目に見て、つまらなくても買ってくれる時代がやってきたんじゃない

クソでも発信できる時代になったってだけ

無能でも書き込める2ちゃんと同じ

987 :名無しさん名無しさん:2014/07/09(水) 10:09:24.21
自分が漫画家として全く通用しなかった劣等感を
時代や環境のせいにして正当化したいだけだろwww

小物臭ハンパねェwww

988 :名無しさん名無しさん:2014/07/09(水) 22:49:30.39
リスクの多い仕事ってのは、なるべく安全な道を選ぶやつと
リスク覚悟で望むやつでは、圧倒的に後者の方のパワーがある

いつも逃げ道や言い訳考えてるような奴が、本気のやつに勝てるはずないんだよね

327 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)