5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

【歪アリ】ナイトメアプロジェクト総合4【オズ歩】 [転載禁止]©2ch.net

1 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/09/29(火) 19:33:59.47 0
ようこそ皆様、ここはオズ大王が統べるエメラルドの都の王宮、その応接間でございます。
どうぞおくつろぎくださいませ。オズ大王は貴方様を賓客として迎え入れるとの仰せですわ。
ここは何をする場所かと申しますと、携帯ゲーム「歪みの国のアリス」や「オズの国の歩き方」などについて語らい、皆様に知って頂くための場所でございます。
未プレイの方、作品を知らない方でもご自由にお使いくださいませ。私達は歓迎致しますわ。
作品を知らない方はこちらの公式サイトをまずご覧になるとよろしいかと存じますの。
http://www.sun-denshi.co.jp/gsec/index.html

2 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/09/29(火) 19:34:52.61 0
申し遅れました、私はリジーと申しますわ。この王宮にて主任接客係を務めさせておりますの。

クロウ「僕もいるヨー!」

まぁ、クロウ様ってば!
たまにこうしてクロウ様なども登場致しますので、どうかご了承くださいませ。
カカシのクロウ様は少々おおらかな性格をしてらっしゃいますから、私のような進行役が必要になるのですわ。
まず私のプロフィールから簡単に説明致しますと、私はエインセル……陽気で野菜を好み、背が低く耳のとがった種族ですわ……で、一般的なフォモールの成人女性より20センチ程低いですわね。
趣味嗜好が少々ダークだと評される以外は、勤勉で仕事に生きる女、でしょうか?

クロウ「僕はクロウ、ドロシーに名付けて貰ったんだヨー! 種族はカカシ、かナ? あとドロシーの枕だヨ!」

そんな感じでお送り致しますわ。何か質問があればいつでもお訪ねくださいませ。

3 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/09/29(火) 19:35:26.89 0
「歪みの国のアリス」とは
携帯向けホラーテキストアドベンチャーゲーム。現在は書籍版も発売中。
『お帰り、僕らのアリス』

主人公・葛木 亜莉子(かつらぎ ありこ)は夕暮れの学校で目を覚まします。
その目の前には、なぜかフードを被った怪しい男が。
驚く亜莉子に、男はチェシャ猫と名乗り、こう言うのでした。

 『さあ、僕らのアリス。シロウサギを追いかけよう』

人の消えた世界、妙なケモノ、妙なヒトたち。
アリス(=亜莉子)はチェシャ猫に導かれ、シロウサギを追いかけます。
その果てに待つものとは……?


そしてひとつの悲劇は、新たな惨劇を呼び起こす……。



「オズの国の歩き方」とは
「――ようこそ、世界へ」
見知らぬ館で気づいた、金色の髪の少女。
愛犬トトのこと以外、何も覚えていないのに、出迎えたひとびとに<救世主:ドロシー>だと言われて…!?

不気味で気のいいカカシ、優しく物騒な高性能ロボット、無駄に偉そうなライオン、そして、愛犬のトトを連れて、黄色い煉瓦道をたどり、ドロシーの旅が始まります。
記憶を取り戻すため、そして、<魔女の呪い>に蝕まれつつある世界を救うために。
――けれど、個性的な仲間と住民にかこまれて、ドロシーの旅は順調にはいかなくて?

ドロシーの記憶は戻るのか? 仲間たちの願いは叶うのか? 世界を統べる大魔法使いオズの正体とは? そして、世界を蝕む魔女の呪いとは…!?

やがて、ドロシーと仲間たちは、絆を胸に、最後の煉瓦道を歩き始める…!!

4 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/09/29(火) 19:36:07.87 0
クロウ「他にもタイトルはあるから見て欲しいっテー!」

私の趣味だとセブンスブラッドヴァンパイアなどが好みですわ。
流血描写が多くてドキドキ致しますの。これぞホラー、ですわね。

クロウ「僕はガレオン戦記が……」

そんなタイトルはありませんわよクロウ様!
ガレオン戦記は私達の国で流行っている小説ですので、悪しからず。

この部屋では基本ナイトメアプロジェクトの二大タイトル「歪みの国のアリス」と「オズの国の歩き方」を推して行きたいと思っておりますの。
他にもタイトルはありますが、全てを紹介するとキリがありませんので。
特にスマホ向けゲーム「オズの国の歩き方」は基本無料アプリとなっておりますので、慣れ親しむには最適かと思いますわ。

5 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/09/29(火) 19:47:23.29 0
ドロシー「と言う訳で新スレね。昨日落ちたのが容量オーバーだったせいなんて、うっかり気付かなかったわ」

アリス「私も気付けば良かったのに、ごめんね? 幸いにも向こうに取り残されたレスがないのが救いかな。発掘は面倒だから」

ドロシー「まぁ大丈夫でしょ。ここの再開もお客さんなら気付くだろうし」

アリス「ドロシーってメンタル強過ぎよね……見習いたいかも」

ドロシー「アリスも結構メンタル強いと思うわよ? ホラー体験に突っ込み入れるって、普通出来ないもの」

アリス「あれは現実が曖昧だったから意識が逸れただけで、いつでもあんなメンタルじゃないから!」

ドロシー「ふーん、どうかしらね? まぁ、私のメンタルは元からと言うより皆に鍛えられた感があるけど」

アリス「確かに、周りがアレだと鍛えられるよね……うちにもチェシャ猫がいるからなぁ」

ドロシー「つまり私達って、周りに振り回されてばかりなのね」

アリス「そうだね……」

6 :レオン:2015/09/29(火) 20:35:15.27 0
新スレのお祝いなのだ
つシロウサギ(雪乃)
焼いて食うなり、煮て食うなり、好きに料理して食べるのだ

7 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/09/29(火) 20:42:32.83 0
>>6
ドロシー「レオン? またウサギを狩って来たか勧誘だかしてきたの? ……って、向こうのシロウサギを捕まえちゃ色々と駄目でしょ!」

レオン「例え二足歩行だとしてもウサギならば食えると思ったのだが……」

ドロシー「食べちゃ駄目! むしろ食べたりしたら世界観が崩壊するから」

レオン「だがうまそうだぞ?」

ドロシー「そういう問題じゃない! あ、アリス? 悪いけど引き取ってくれる?」

アリス「うん、あ……ホントにシロウサギなんだ……」

ドロシー「なんか色々とごめん……」

アリス「大丈夫、ここはパラレルな場所だから!」

ドロシー「そうだけど……本当にそれで良いのかしら?」

8 :名無しになりきれ:2015/09/29(火) 20:44:33.62 0
      ∧
  ┌、  | ||             /|ヽ
  ト、\ | | |   ,r───-、   | | //ト、
  \\ヽ!| | /        \ | / / //
    \__Lレ'           ∨// /
       i〜〜〜@〜〜〜〜「 ̄ ̄
       |/⌒ヽ、, 、、_/⌒! ├、   呼びましたかな?
       ∧─┰   ─┰  /ヽi
        Y  r‐、_r─-、    レ'
       |  i(lllllllllllllllllllト、  ノ
       \        ,イ´
 ┌──-、  `ー‐ァ‐─-' `十──---、
  `ニニ_  \  /\    ノ |      \
     `T  ヽ/\  ヽ/ ├──‐‐ヘ  \
      ヽ     ヽ/   |      \  \
       \_____,/     |        し、_ノ
      r─‐┤       ト、
    /// `⌒⌒⌒⌒⌒  ヽ
   ////川i        ii iミヽ
  /ヾレ巛巛川川川川川川リリリ!
  |   、/`ゞW人八从川川リリ
  |、、ヽ |       |    |
  小ヽ、 |       \   ヽ
   ト、′〈        ヾ、ヽ `ー、
    |   )         \   ノ
   |  /           _|  /
  ⊂,__」           (__ノ

9 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/09/29(火) 20:52:11.74 0
>>8
アリス「呼んでないから早々に立ち去ってくださいお願いします」

チェシャ猫「アリス、目が死んでるよ?」

アリス「見苦しい汚っさんを見ちゃったせいだから大丈夫、一時的なものよ」

チェシャ猫「確かに風変わりだね、歪みの国の住人かな?」

アリス「やめて! そんな人歪みの国の住人にしちゃダメだってば!」

チェシャ猫「僕らのアリスが嫌ならしないよ。このおじさん、殺す?」

アリス「それはそれで見たくないからやめて。丁重にお帰り願おう」

チェシャ猫「アリスはこのおじさんが嫌いなんだね」

アリス「嫌いと言うか、気持ち悪い? みたいな」

チェシャ猫「やっぱりアリスのために殺すよ」

アリス「私のためでもそれはやめて!」

10 :名無しになりきれ:2015/09/29(火) 20:56:34.70 0
      (\(\
      ヽ、\ `、
       ヽノノノヽ
       ( ^▽^) <新スレおめでとうだぴょーん♪
     (^/ つ_つ
      (   ノ
      し'し'
    彡
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

11 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/09/29(火) 21:09:33.51 0
>>10
ドロシー「ありがとう。って、あれは普通の喋るウサギね、安心したわ」

ジャック「前スレの開始が6月末でしたから、かなり快調なペースにて進行していると思われます」

ドロシー「早いような遅いような……まぁ、この板にしては早い方よね」

ジャック「しかしその分お嬢様の負担も大きくなります。お疲れではございませんか?」

ドロシー「大丈夫よ、気軽にお返事しているもの。片手間だからちょっと反応は遅いかもだけど」

ジャック「しかし今日は新スレを建てるという大仕事をなさいましたし、無理は禁物かと思われます」

ドロシー「新スレを建てたのは私よりリジーの貢献が大きいから、むしろリジーを労うべきよ」

あら、私をですか? いえいえ、この程度なんでもありませんわ!
むしろドロシー様やアリス様のお役に立てて、嬉しいくらいですもの。

ドロシー「リジーはぶれないわよね……」

12 :名無しになりきれ:2015/09/29(火) 22:18:55.42 0
一番嬉しいプレゼント何?
イノシシ以外で

13 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/09/29(火) 22:37:04.10 0
>>12
ドロシー「心がこもっていれば何でも……と言いたいところだけど、またイノシシとか貰うと困るのよね……」

レオン「イノシシの何がいけないのだ?」

ドロシー「いや、気持ちは嬉しいのよ? 気持ちだけは。それにリンゴばかりじゃ体にも悪いし」

レオン「ならば感謝するが良い!」

ドロシー「イノシシはプレゼント向けじゃないのよ。もっとプレゼントらしいものがいくらでもあるでしょう?」

レオン「ウサギか? それともウシか?」

ドロシー「肉から離れなさい! ほら、レオン前に私にくれたじゃない」

レオン「……花か! よし、花を食べるのだな?」

ドロシー「食うか!!」

14 :名無しになりきれ:2015/09/30(水) 09:28:12.37 0
この柿おいしいよ
つ渋柿

15 :名無しになりきれ:2015/09/30(水) 17:59:49.84 0
                _,,;' '" '' ゛''" ゛' ';;,,
               (rヽ,;''"""''゛゛゛'';, ノr)
               ,;'゛ i _  、_ iヽ゛';,    
               ,;'" ''| ヽ・〉 〈・ノ |゙゛ `';,
               ,;'' "|   ▼   |゙゛ `';,
              ,;''  ヽ_人_ /  ,;'`ヽ
                    シ、  ヽ⌒⌒ /   リ-‐‐゙ー=: .、
           ,. ‐='´` "r,, `"'''゙´  ,,ミ゛      ヘ
              /   /   リ、    ,リ          ハ.
            i   ;      ゛r、ノ,,,r"     ヽ,、  _  /`ヽ.
            }.   {         !         ∧`´ `゙'´`ヽ. ',
         / ∨`ヽ       ノゝ .._  。  _ノ ヘ.     \.',
            { ,'   ゝ゚.. ィ´ { _,._'  ̄ ̄<.__  ヘ.     ,   `',
           /      .イY⌒`゙{´  `¨´∨ ハ、 ノ ヽ. リ     ',
         / ヾ.    / ト.、_____ ;.... -‐‐‐イ//ハ,/    Y    ハ
       /   ヘ-、/   }{   `.:      ノ',/ ; ハ     ゙i   ノ/ i
        !    :  i   |ハ、......c;r '"  ̄ } し' |     ',/ ,ノ  ;

16 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/09/30(水) 20:10:39.61 0
>>14
ドロシー「そういえばもう柿の美味しい季節なのね。ありがとう……ってまずっ! 渋っ!? なんなのよ、これは……」

ジャック「解析の結果、渋柿であると判明しました。このままでは食用に適さないでしょう」

ドロシー「渋柿なんて生まれて初めて食べたわよ……」

ジャック「熟成させるか、干し柿に加工することで食用に適するようになるでしょう」

ドロシー「干し柿も美味しいわよね。もったいないし、加工をお願いしようかしら」

ジャック「では私のエンドエフェクタでは加工が難しいため、クロウの手を借りてもよろしいですか?」

ドロシー「だってさクロウ、手伝ってくれる?」

クロウ「もちろんだヨ!」

ドロシー「よろしくね。クロウ、ジャック」

クロウ「よろしク!」

ジャック「かしこまりました」

>>15
ドロシー「お前サバンナでも同じこと言えんの……って言いたげな顔してるけど、レオンの同類かしら?」

レオン「知らん! だがライオンは余一人で十分なのだ」

ドロシー「確かにライオンが何頭もいたら迷惑になりかねないわね……でも、レオンみたいに傍迷惑なライオンじゃないかも」

レオン「余が、迷惑……!?」

ドロシー「そこ、驚くポイントなんだ? まぁ、レオンはちょっと迷惑だけど大事な私たちの仲間よ」

レオン「ふん、余は細かいことは気にしないのだ」

ドロシー「そんなショボンとした顔で言っても説得力ないわよ?」

17 :名無しになりきれ:2015/09/30(水) 20:41:14.65 0
秋の夕日を見てると死にたくなってくる

18 :名無しになりきれ:2015/09/30(水) 20:59:54.11 0
体育のサッカーの授業ってオフサイドないよな?

19 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/09/30(水) 21:03:13.71 0
>>17
ドロシー「死にたく? 綺麗じゃないの、秋は夕暮れって言うくらいだし」

クロウ「麦畑で見る夕日はとてもキレイなんだヨ」

ドロシー「そうね、そんな綺麗な景色を見て死にたいだなんて、ナンセンスが過ぎるわよ?」

クロウ「夕日っテ、また明日ねってアイサツをしてくれてるんだヨ?」

ドロシー「詩的な表現ね。クロウってたまに変な表現するくせに」

クロウ「ヘン?」

ドロシー「はいはい、どうせ分かってないのよね」

クロウ「脳ミソがあれば分かるノ?」

ドロシー「さぁ? どうかしら」

20 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/09/30(水) 21:11:51.39 0
>>18
ドロシー「私の通っていた学校は、そもそもサッカーの授業が男子だけだったのよね。その間私たち女子は踊ってたわ」

ジャック「故に、サッカーのルールをご存知ないということですか?」

ドロシー「そうとも言えるわね。まぁ、サッカーに興味なんてないんだけど」

ジャック「オフサイドとは、要はゴール前でパス待ちをされないためのルールです。敵選手が2名以上……」

ドロシー「いや、説明されても分からないから止めて」

ジャック「サッカー観戦などなさる際に、ルールを把握しているとより楽しめると思われますが」

ドロシー「そのサッカー観戦をしないから良いの。サッカーなんて結果だけ分かれば十分よ」

21 :名無しになりきれ:2015/09/30(水) 21:50:10.83 0
男と女で別々の授業をさせるのは男女差別につながる
教育委員会に訴えよう

22 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/09/30(水) 22:05:54.90 0
>>21
ドロシー「そういうのは放っておいても誰かが言うだろうし、別にいいんじゃないの? そもそも男女別で困ることもないし」

男女別の名簿の作成の禁止、席を男女に分けないなど、面倒な決まりが最近は横行しているそうですわね。
男女別で処理したほうがずっと効率的だと思われますけど。

ドロシー「このまま変な男女差別の撲滅が続けば、男子校や女子校すら消滅するかも知れないわね」

あり得ることですわ。生徒を男女で分けることで教育はより効率化されますが、それがなくなるのは困りものですわね。
そういえば、ドロシー様なら女子校でモテそうだと私は思うのですが。

ドロシー「そんなことないと思うわよ? 確かに男子よりは女子に好かれるタイプではあるみたいだけど」

ご自覚はないのですわね、まぁ良いですわ。

23 :名無しになりきれ:2015/09/30(水) 22:19:27.91 0
ドロシーはバイ?

24 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/09/30(水) 22:43:23.11 0
>>23
ドロシー「バイ?」

ジャック「バイセクシャル、両性愛者を示す語句ですね。男女どちらにも恋愛感情を抱ける者を指します」

ドロシー「あー……モーナのことがあるから否定出来ないわ……」

ジャック「幸いにもこの国では同性愛者や両性愛者の存在は否定されておりません。気になさらなくてもよろしいかと」

ドロシー「うん、この国ではその辺がフリーダムなのよね? だから空気に呑まれちゃったけど、私ってどうなんだろ……?」

ジャック「ご自分でもお分かりにならないのですか?」

ドロシー「アレよ! 好きになった人の性別ならどっちでも受け入れるってことで!」

ジャック「性別のみならず、他種族や非生物に至るまで結婚は可能です。性別など些細なものでしょう」

ドロシー「そうよね! そんな小さなこと気にしてもしょうがないわよね」

25 :名無しになりきれ:2015/09/30(水) 22:53:33.02 0
ウォシュレットの水圧は強じゃないと嫌?

26 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/09/30(水) 23:38:38.89 0
>>25
アリス「何でこんな質問が私のところに回って来るの!? 嫌がらせ?」

廃棄くん「アリスの出番を作ろうっつー配慮だろ?」

アリス「そんな配慮いらないよ……」

廃棄くん「で、実際どうなんだ? ウォシュレットの設定は」

アリス「至って普通だけど……って、こんな質問に意味があるの?」

廃棄くん「さぁな? それで喜ぶ野郎もいるなら結構なことじゃねーか?」

アリス「何も結構じゃないから! チェシャ猫もなんとか言ってよ?」

チェシャ猫「アリスの秘密には価値があると思うよ」

アリス「掘り返されるからやめて!」

27 :名無しになりきれ:2015/10/01(木) 02:50:14.06 0
ちんこ好きやろ?

28 :名無しになりきれ:2015/10/01(木) 11:16:39.03 0
   __∩
  / rrr||\
 < (<◎>| >
  \ >―く/
    ̄ ̄ ̄

そうだお
 僕がともだちだお
    ___
   /__∩\
  // rrr||\\
 |< (<◎>| >|
  \\ >―く//
  /\ ̄ ̄ ̄/\
 |   ̄ ̄ ̄  |

29 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/01(木) 19:52:12.98 0
>>27
ドロシー「リジー、このゴミ片付けお願い」

かしこまりましたわ……って、このお客様の成れの果てがどうかなさったのですか?

ドロシー「発言が不愉快だったのよ」

シンプルですわね。まぁドロシー様が気に入らない程の発言というからには、相当不愉快だったのでしょう。自業自得ですわね。
残念ながら私たちにお客様を選ぶことは出来ません。たまには失礼なお客様もいらっしゃるでしょう。
ここは王宮ですので、お客様も失礼のないよう来て頂きたいですわ。お気をつけくださいませ。

ドロシー「そうよ、セクハラとか信じられないわ」

まあ! この方まさかドロシー様にセクハラをかましたのですか!?
それはいけませんわね、地下牢にでも叩き込んでおきますわ。
陽の届かない暗い地下牢で一年も反省すれば、心根も少しは矯正されることでしょう。

>>28
ドロシー「しんよげんの書によると、今年で西暦は終わるのよね」

レオン「年号の変更は、度々繰り返されるものなのか?」

ドロシー「んー、国の支配者が変われば変更されることもあるわね。きっと歴史に自分の名前を刻みたいのよ」

レオン「では余が王になれば、新しい年号が始まるのだな!」

ドロシー「まだ王様になるつもりでいたの?」

レオン「うむ、余は生まれついての王であるからな!」

ドロシー「レオンには砂の王って道もあるのよ?」

レオン「ネーミングがイマイチなのだ……」

ドロシー「何そのワガママ」

30 :名無しになりきれ:2015/10/01(木) 20:28:01.88 0
今年も残り3ヶ月か

31 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/01(木) 20:54:32.58 0
>>30
月日は早いものですわね。思えばこの場を開設したのは、年明けすぐのことでしたわ。
あれから10カ月……ここも4スレ目に突入し、お客様もずいぶんとたくさんいらっしゃいました。
ナイトメアプロジェクトの名が広まっているのか、それとも知らずに参加してくださっているのかは分かりませんが、多くの方が訪れたことは嬉しく思いますの。
クロウ様はここをどのように思ってらっしゃいますの? お聞かせ頂ければ幸いですわ。

クロウ「ンー、人がいっぱい来て面白いヨ! ドロシーも楽しそうだしネ」

そうでございますか、ならば良かったですわ。
都合上私が司会的な役割を担っておりますが、一番負担だったのはドロシー様でしょうね。貴重な突っ込み役でしたから。
私、突っ込みというものを行うのは得意ではありませんの。かと言ってボケらしいボケでもありませんが。

クロウ「僕にもツッコミ出来るかナ?」

クロウ様は……大変大らかな性格でらっしゃいますし、あまりそういうのは向かないのではありませんこと?

32 :名無しになりきれ:2015/10/01(木) 21:38:07.21 0
|∀・) ダレモイナイ・・・
|⊂)】 オドルナラ イマノウチ
|

       ♪  ,,;⊂⊃;,、
     ♪    (・∀・∩)   カッパッパ♪
          【( ⊃ #)    ルンパッパ♪
           し'し'


     ♪    ,,;⊂⊃;,、
       ♪  (∩・∀・)   カッパキザクラ♪
           (# ⊂ )】    カッパッパ♪
           `J`J

33 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/01(木) 21:57:08.72 0
>>32
|ー・) ジー

ドロシー「河童ね」

ジャック「河童ですね」

ドロシー「河童なんていたのね」

ジャック「はい、ごく少数ですが主に南水地方にて生息が確認されています」

ドロシー「まぁ人魚がいるのだから、河童が居ても不思議じゃないわね」

ジャック「河童は優れた製薬技術を持っているとされていますね。河童の軟膏は非常に珍しいですが、いくらかは流通しています」

ドロシー「へー。ところがあの河童、アレは何をしているのかしら?」

ジャック「おそらくは踊っているのだと思われます」

ドロシー「それは分かるわよ。どうしてこんな場所で一人で踊ってるのか訊いてるのよ」

ジャック「不明です。主に気分が高揚したか、何かの練習という可能性もあります」

ドロシー「なんだか邪魔するのも気が引けるわね……」

34 :名無しになりきれ:2015/10/01(木) 22:20:51.15 0
ドロシーのばあちゃんって不法滞在者で逮捕されたんだろ?

35 :名無しになりきれ:2015/10/01(木) 22:35:07.12 0
もう北海道は雪が降ったみたいだね

36 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/01(木) 22:49:20.23 0
>>34
ドロシー「おばあちゃんの時代は戦後のドタバタがあったから、その辺は大丈夫だったんじゃない?」

戸籍、でございますか。この国でも全国民の戸籍登録を目指しているのですが、なかなかに難航しているようですわ。
集落に属さない者、野生の動物たちなど、挙げたらキリがないのです。

ドロシー「大変そうね……あ、私も戸籍登録しなきゃいけないのね」

そうですわね。良い機会ですから、王宮の戸籍登録窓口へ行ってみてはいかがでしょうか?
手続きは然程難しくありませんから、書類に拇印を押す程度で済むでしょう。
時折名前のない方の登録が非常に手間だそうですが、ドロシー様はドロシーという名前で登録可能ですね。

ドロシー「苗字は必要ないの?」

ええ、中には女神の子供たちもおりますから、必須記入事項ではありませんわ。
ご自分でも苗字を新規に作ることも可能ですが、いかが致します?

ドロシー「いや、自分で決めるとか気が引けるから」

>>35
ドロシー「もう? 早いわね、季節なんてあっと言う間ね」

ジャック「この世界では雪は北のほうで年中降っていますので、見ようと思えばいつでも見れます」

ドロシー「寒いからやだ。せっかくそれほど寒くならない都にいるんだから、冬はここで過ごすわよ」

ジャック「都は四季の変化が少ない土地ですから、風情に欠けるとも言われておりますが?」

ドロシー「風情なんてどうでも良いの。都でも雪は降るの?」

ジャック「はい、少々は。冬を快適に過ごすのでしたら、南に移住することをお勧めします」

ドロシー「南ね……またモーナにも会いたいし、行ってみるのも悪くないわね」

ジャック「その際にはお供致します」

ドロシー「どうせ全員付いて来るんでしょう?」

37 :名無しになりきれ:2015/10/01(木) 22:58:07.91 0
クロウやレオンも女神の子?

38 :名無しになりきれ:2015/10/01(木) 23:07:47.29 0
松茸ごはんと栗ごはん、食べたいのはどっち?

39 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/01(木) 23:10:24.00 0
>>37
ドロシー「女神の子供って、だいたいは親なしの子を主に指すのよね?」

はい、はぐれキャベツから生まれた親の決まっていない者などを指す場合が多いですわね。
クロウ様の場合、カカシに何らかの要因で魂が宿った訳ですから、同じく女神の子供に含まれますわ。

ドロシー「ならジャックは?」

ジャック「私はアッカーマン博士の被造物です。親とは言い難いですが、女神の子供とは呼ばれないでしょう」

ドロシー「ふーん、なら私もざっくりと女神の子供に分類される訳ね。御使いは本当に女神の娘な訳だし」

ドロシー様に関しては別格ですわね。まさに女神の娘、同じカテゴリに入れるのもおこがましいですわ。

40 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/01(木) 23:20:29.14 0
>>38
ドロシー「松茸御飯! どうせなら普段なかなか食べられない物の方が良いじゃない」

レオン「そういえばドロシーはピンクのキノコを食べておったな。キノコが好きなのか?」

ドロシー「うん、嫌いじゃないわよ。ソテーにしたりアヒージョにしたり、汁物や炊き込み御飯も最高よね」

レオン「キノコは毒があるから嫌いなのだ……」

ドロシー「まぁ毒のあるキノコも多いわよね。でも、正しい知識でキノコの採取すれば、安全に美味しく食べられるわよ」

ジャック「毒キノコの判別は私が致します。お嬢様は、この季節キノコ狩りなどなされてはいかがでしょうか?」

ドロシー「いいわね! 山も近いし、キノコ狩りにしゃれ込むのも悪くないわ。美味しいキノコがいっぱい食べられるし、ジャックがいれば食中毒の心配もないわね」

レオン「同じ狩りなら動物相手の方がうまいと思うぞ」

ドロシー「じゃあレオンは肉担当、後のメンバーはキノコ担当にして、キノコと肉の鍋でも作る?」

レオン「ふむ、悪くないな」

ドロシー「松茸とか手に入るかしら……」

41 :名無しになりきれ:2015/10/02(金) 17:32:01.29 0
松茸の形は好きか?

42 :名無しになりきれ:2015/10/02(金) 19:27:23.07 0
つ葡萄

43 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/02(金) 20:11:34.14 0
>>41
ドロシー「形? 味や香りじゃなくて? んー、別にあんまり気にならないけど」

ジャック「一般に流通している松茸は、傘が開ききっていない状態で販売されています。傘の開いた松茸は一般的なキノコの形になりますね」

ドロシー「傘の開いた松茸なんて見たことないけど……開いたら不都合があるの?」

ジャック「傘が開いた松茸は味も香りも良くなりますが、風味が二日程で飛んでしまうのです」

ドロシー「なるほど、確かにそれは不都合かも。あーあ、松茸食べたい……」

ジャック「王宮のシェフに注文しておきましょう」

ドロシー「よろしく。やっぱり旬のものを楽しむのが一番よね、秋は色々あるから楽しいわ」

>>42
ドロシー「ぶどうも旬ね。やっぱり巨峰が美味しいけど、レッドグローブなんかも手軽で悪くないわ」

オズ「ぶどうと言えばやはりぶどう酒だな。この国のぶどう酒はうまいんだぞ? ドロシーも飲むか?」

ドロシー「オズ!? 公務が忙しいからこっちには顔を出さないんじゃなかったの?」

オズ「ちょっとだけ暇が出来てな、様子を見に来た。駄目だったか?」

ドロシー「別に構わないけど……。お酒は飲まないわよ、私未成年だもの」

オズ「この国では未成年の飲酒を禁止してはいないぞ。種族で成人年齢がバラバラだからな」

ドロシー「そうなの? まぁ、少しくらいなら飲んでも良いけど……」

オズ「酒を酌み交わす相手が欲しかったんだよ。ヴァイオラはアレだし、ヒューイは飲めないからな」

ドロシー「言っておくけど、どのくらい飲めるか分からないわよ? 最初は用心して味見程度にするわ」

オズ「構わないさ、無理はさせないから安心しろ。しかし感慨深いな……」

ドロシー「何が?」

オズ「ドロシーも大きくなった……って思ってな。少し前まであんなに小さかったのに」

ドロシー「そりゃ私だって育つわよ。オズとは長い付き合いなんだし」

44 :名無しになりきれ:2015/10/02(金) 20:35:24.83 0
高校生のとき酒もたばこもやっていただろ?

45 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/02(金) 20:51:41.18 0
>>44
ドロシー「やってないわよ! 私、これでも勤勉で模範的な学生だったのよ?」

クロウ「キンベン? モハン?」

ドロシー「要するに真面目な学生だったの、それに私、タバコは嫌いだわ」

クロウ「タバコって煙をぷかーってするやつだよネ? 面白いのかナ?」

ドロシー「あれは煙で遊んでるんじゃなくて、煙を吸い込んでるのよ」

クロウ「吸い込ム? 僕にも出来るかナ?」

ドロシー「クロウは息しないから無理ね。それに私、タバコの匂いの染み付いた枕なんて嫌だからね?」

クロウ「ならタバコには触らないヨ。僕はずっとドロシーの枕だからネ」

ドロシー「クロウって、あくまで私の枕をやめる気はないのね……」

46 :名無しになりきれ:2015/10/02(金) 20:54:58.63 0
千と千尋以降の宮崎駿作品は全部駄作だよね?

47 :名無しになりきれ:2015/10/02(金) 21:06:04.21 0
涼しくなってもドロシーのブーツは相変わらず臭い!

48 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/02(金) 21:36:57.97 0
>>46
アリス「そうかなぁ? ハウルの動く城や崖の上のポニョはそれなりに面白いと思うけど。風立ちぬも悪くはなかったよ」

廃棄くん「それ以外がことごとく駄作だったってことだな」

アリス「んー、人によって感想は違うだろうから何とも言えないけど……」

廃棄くん「でも、アリスはそう感じたんだろ?」

アリス「まぁね。駄作って決め付ける程でもなくて、ジブリにしてはつまらなかったな、って程度だけど」

廃棄くん「ちなみに一番つまらなかったのは?」

アリス「圧倒的にゲド戦記」

廃棄くん「だと思ったぜ。やっぱり監督が変わると駄目なんだろうな」

>>47
ドロシー「縊り殺すわよ?」

ジャック「申し訳ありません。私には臭気センサはないため、評価することは出来ません」

ドロシー「でもブーツは十分に清潔でしょう? 匂いなんてするはずがないわ」

ジャック「はい、問題はないかと思われます」

ドロシー「うん、やっぱりそうなのよ。ブーツを履いてるからって、何で言い掛かり付けられるんだか」

ジャック「対策をしてみてはいかがでしょうか?」

ドロシー「対策?」

ジャック「靴の臭気を消す方法はいくつかあります。それらを実践することで、問題がないことを証明するのです」

ドロシー「納得行かないけど……例えば?」

ジャック「備長炭を入れると、臭気を吸い取る効果があるとされています」

ドロシー「ふむ、それならすぐに試せそうね」

ジャック「では、炭を焼いて参ります」

ドロシー「そこからするの!?」

49 :名無しになりきれ:2015/10/02(金) 21:49:48.23 0
月見より月見バーガーの方が好き?

50 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/02(金) 22:19:31.79 0
>>49
ドロシー「月見バーガー……美味しいわよね。期間限定の憎いやつだわ」

花より団子……と言うより、ドロシー様の場合色気より食い気ですわね。
しかし食欲があることは良いことです。健康的なドロシー様もまた素敵ですわ。

ドロシー「明らかに褒めてないわよね……まぁ良いけど。月見と言えば、私スーパームーンはちゃんと見たわよ?」

それは良うございますわね。時には月に想いを馳せるのも一興ですわ。

ドロシー「満月は毎月見られるけど、やっぱりスーパームーンって言われると気になるのよね」

月の光は神秘の力を宿すとも言われておりますのよ?
ハイラム市長もおまじないとして月の力を借りていたかと。

ドロシー「あー、そうかも。確かに月の光は神秘的な輝きだし、不思議な力を感じるかも知れないわね」

51 :名無しになりきれ:2015/10/02(金) 22:30:36.63 0
8頭身に憧れる?

52 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/02(金) 22:55:04.01 0
>>51
ドロシー「別に憧れないけど……身長を伸ばすか、顔が平均より小さくないと八頭身にはならないのよね」

平均的なフォモールでしたら、だいたいは七頭身だそうですわね。
私のようなエインセルには程遠い話ですわ。

ドロシー「小さいのも可愛くて素敵だと思うわよ? それにリジーってあんまり小さいって感じないのよね」

背筋がピンと伸びているから、背の低さが感じられないと評価されたことがございますわ。
まぁエインセルには私より小さい方はたくさんいらっしゃいますから、特別小さい訳ではないのです。

ドロシー「エインセル好きってロリコンに含まれるのかしら?」

それは……どうなのでしょう? 近年ではミニコンという造語も生まれているそうですし、ロリコンとはまた異なる……と、良いですわね。

53 :名無しになりきれ:2015/10/02(金) 23:12:18.17 0
ドロシーは5頭身

54 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/02(金) 23:29:18.42 0
>>53
ドロシー「アニメキャラか! ほとんどデフォルメじゃないの、それ」

クロウ「五頭身のドロシーもカワイイと思うヨ!」

ドロシー「リアルに八頭身なクロウに言われても、ねぇ」

クロウ「ドロシーはカワイイよりカッコイイのが良いノ?」

ドロシー「んー、どうだろ? どっちでも極めれば良いかも知れないわね」

クロウ「じゃあドロシーは五頭身になると良いヨ」

ドロシー「なんでそうなるのよ!?」

クロウ「ドロシーはカワイイからネ!」

ドロシー「……恥ずかしいからそれやめて」

クロウ「カワイイが恥ずかしいノ?」

ドロシー「恥ずかしいの!」

55 :名無しになりきれ:2015/10/02(金) 23:58:03.02 0
今、好きなスマホゲーは?

56 :名無しになりきれ:2015/10/03(土) 14:00:55.41 0
ツチノコに出会ったときはおおはしゃぎしていたのに、人魚に会ったときはあまり騒がなかったね

57 :名無しになりきれ:2015/10/03(土) 18:23:33.61 0
ドロシーの決め台詞

「私、脱いだらすごいんだからっ!」


wikiから引用

58 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/03(土) 20:32:31.88 0
>>55
ドロシー「それは……ないわ!」

ない、のでございますか? 僭越ながらドロシー様は割とゲームが好きなようにお見受けしますが。

ドロシー「うん、ゲームは好きよ。でもね……電池切れするから無理なのよ」

なるほど、それは困りますわね……。

ドロシー「それに外出先だとゲームする余裕がないのよね。携帯は専ら通信ツールだわ」

まぁ携帯の正しい使い方ではありますわね。
電池切れで困る以前には、どのようなゲームをなさっていたのですか?

ドロシー「んー、友達に勧められたLINEのゲームとか、アニメ化された某サンリオの音ゲーとか、かしらね」

ほう、なかなかですわね。
まぁゲーム嫌いな人が、オズ歩などをご存知のはずもありませんわよね。
歪アリ世代からナイトメアプロジェクトをご存知の方は、相当息の長いファンでらっしゃいますわ。

ドロシー「長年のファンなら、7thBVやオズ歩は待望の長編ゲームだったに違いないわね」

そうですわね。新作ゲームの製作も行われている様子ですし、今後も楽しみですわ!

>>56
ドロシー「人魚も驚いたけど、モーナの手前あまり騒ぐ訳にも行かなかったのよ。ツチノコで慣れたしね」

ジャック「この世界ではツチノコは然程珍しい生物ではありません。お嬢様のかつていらした世界とは違うのですね?」

ドロシー「私の感覚だと、ツチノコは幻の生物だったのよ。空想の産物と言ってと良いくらい」

ジャック「もしお嬢様がお望みでしたら、ツチノコを捕獲して飼うことも出来ますが」

ドロシー「いや、見るだけで十分よ。それに私、蛇の類を飼う気分にはなれないし」

ジャック「確かに飼育が難しい生物でございました、申し訳ありません」

ドロシー「餌が生きたネズミとか、アルが聞いたら卒倒するかも知れないわね」

59 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/03(土) 20:33:07.94 0
>>57
ドロシー「wikiにもそんなこと書いてないわよ!」

クロウ「何がすごいノ?」

ドロシー「クロウは気にしなくて良いの!」

クロウ「ドロシー、怒ってル?」

ドロシー「少しね。どうしてこんな下品な人がお客さんなのかしら?」

クロウ「色んなお客さんがいるよネ!」

ドロシー「クロウは楽しそうね?」

クロウ「うン! だって色んな人に会えるからネ」

ドロシー「私は出来ることなら、無礼なお客さんには出くわしたくないわ……」

クロウ「ブレイ?」

ドロシー「こっちを怒らせるような人よ」

クロウ「僕もブレイなのかナ?」

ドロシー「……たまにね」

60 :名無しになりきれ:2015/10/03(土) 20:48:35.15 0
ドロシーの母親「ましゃが結婚しちゃった…。私と結婚するはずだったのに…。死にたい…」

61 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/03(土) 21:03:37.96 0
>>60
ジャック「お嬢様、確かお父様はご存命との話でしたが?」

ドロシー「うん、離婚もしてないわよ……。アレは単なる行き過ぎた俳優ファンよ」

ジャック「なるほど、そうでございましたか」

ドロシー「結婚したからファンをやめる人の神経が、私には分からないのよね。ファンなら祝福してあげれば良いのに」

ジャック「その辺りの心境は複雑なのでしょう」

ドロシー「俳優なんて遠い人、私はそこまで好きになれないなぁ」

ジャック「遠いからこそ憧れる、ということなのでしょう」

ドロシー「ふーん、そういうものなの?」

ジャック「場合によるかと思われます」

62 :名無しになりきれ:2015/10/03(土) 21:27:22.97 0
ロールキャベツうめえええええええ

63 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/03(土) 21:37:44.44 0
>>62
キャベツの損壊を確認、衛兵に捕まりましたわ。
キャベツを食べるなど非人道的にも程があるでしょう。恐ろしいことですわ。

ドロシー「そ、そうね……。キャベツ食べたことあるなんて誰にも言えないわ……」

ドロシー様、何かおっしゃいましたか?

ドロシー「ううん! 何でもないわよ、何でも」

少しいつもと様子が違いますわね……どうかなされたのですか?

ドロシー「いや、キャベツ食べるなんて怖いなー、なんて」

まぁ! そうでございますか、ショックを受けられたのですね。
ご安心を、悪党は裁きを受けますわ。あんな恐ろしい行い、許せませんもの。

ドロシー「でも、キャベツだって食べてみたら案外美味しいかもね」

……ドロシー様?

ドロシー「嘘ウソ、冗談よ」

64 :名無しになりきれ:2015/10/03(土) 22:03:55.72 0
レオンに猫まんま食わせよう

65 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/03(土) 22:22:15.53 0
>>64
レオン「猫まんま? 余は猫ではないぞ」

ドロシー「いいから食べてみなさい、美味しいから」

レオン「ふむ、匂いは良いな……はぐっ、美味い! 美味いぞ!」

ドロシー「ほら、美味しいでしょう?」

レオン「うむ、悪くないぞ」

ドロシー「私も猫まんまは結構好きなのよね。手軽に作れて美味しいし」

レオン「そうなのか。食の趣味が合うのは良いな!」

ドロシー「ちなみに猫まんまって、関西と関東では違うものを指すのよね。私は関西風が好きよ。でも関西風は玉ねぎとか入れる場合があるから、猫には与えないようにね?」

66 :名無しになりきれ:2015/10/03(土) 22:41:15.01 0
キャベツはダメでもシュークリームは食べてもいいよね?

67 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/03(土) 22:56:42.60 0
>>66
ドロシー「シュークリーム? 何か関係があるの?」

ええ、シュークリームのシューとは、元来フランス語でキャベツを指しますの。
キャベツという名前も、同じフランス語で頭でっかちという意味から来ていますわ。

ドロシー「確かにシュークリームって、キャベツに似てないこともないわね」

独特のあの形に焼き上げるには少々コツがありまして、加熱しながら生地を練り、焼く際には霧吹きで水をかけるという少し手間のかかるお菓子なのです。
王宮には最高のパティシエがおりますから、せっかくですしお客様に美味しいシュークリームを提供致しましょう。

ドロシー「私も食べる!」

もちろんドロシー様の分も大量に用意させて頂きますわ。

68 :名無しになりきれ:2015/10/03(土) 23:07:03.42 0
3分の1は3倍すると1になるけど、3分の1を少数に直した0.33333……は3倍しても0.99999……で1にならない

69 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/03(土) 23:31:35.98 0
>>68
ドロシー「関数電卓を使いなさい」

ジャック「お嬢様、計算が必要でしたら私が代行致しますが」

ドロシー「あー、その方が楽ね。ジャック、経理とかやってみたら?」

ジャック「確かに適性は高いでしょう。しかし、経理の仕事をしていてはお嬢様のお世話が出来ません」

ドロシー「あくまで譲らないのね。私は一人でも大丈夫なのよ?」

ジャック「いいえ、お嬢様お一人では万が一の際に対策が取れません」

ドロシー「万が一は滅多にないから万が一なのよ?」

ジャック「しかし、起こってからでは遅過ぎます」

ドロシー「ジャックは心配し過ぎよ……でも、気持ちは嬉しいわ」

ジャック「いいえ、こちらこそ申し訳ありません」

ドロシー「じゃあ、ジャックの世話は必要ないわね?」

ジャック「それとこれでは話が違います」

70 :羽入:2015/10/04(日) 01:17:16.52 0
亜栗子はL5の危険な状態なのです
あうあう

71 :名無しになりきれ:2015/10/04(日) 02:33:12.04 0
それコーラじゃない!麺つゆや!

72 :名無しになりきれ:2015/10/04(日) 14:36:14.31 0
単語の後ろにドロシーをつけると卑猥になる

(例)
恍惚ドロシー
屈辱ドロシー
淫乱ドロシー
乳首ドロシー
陰毛ドロシー

73 :名無しになりきれ:2015/10/04(日) 16:01:21.03 0
磯野フネの声変わるのか…
サザエの声だけは一生変えないで欲しいけど、無理だよね

74 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/04(日) 20:16:41.06 0
>>70
アリス「亜栗子って誰? 一応確認だけど、私の本名は亜莉子だからね? とりあえず、その誰かさんは危険な状態なの?」

廃棄くん「L5を発症すると、疑心暗鬼と被害妄想が極大してかなり危険らしいぞ?」

アリス「それって本人より周りが危険なんだよね?」

廃棄くん「本人は首を掻き毟って死ぬんだよな」

アリス「壮絶だね……病気ってことは、薬はあるんでしょ?」

廃棄くん「俺の知る限りでは未完成らしいけどな。まぁ、鎮静剤くらいにはなるんじゃね?」

アリス「そう。ところでさっきの角の生えた女の子、誰?」

廃棄くん「知らねーよ。人間じゃないっぽいし、案外歪みの国の住人かもな」

アリス「ふーん、あんな可愛い子なら歓迎ね。歪みの国の住人って、不気味な人ばっかりだもん」

>>71
ドロシー「嘘!? くんくん、本当だ! 教えてくれてありがとう、危うくラッパ飲みするところだったわ」

ジャック「コーラをご所望でしたら、こちらにあります」

ドロシー「あら、悪いわねジャック。やっぱりおやつはポテチにコーラが定番よね」

ジャック「塩分に油脂、糖分がそれぞれ高く、あまり体にはよろしくありません」

ドロシー「食べ過ぎなきゃ大丈夫よ。ジャックは心配性ね」

ジャック「お嬢様の体調を慮ってのことです」

ドロシー「それが心配性って言ってるのよ。おやつなんてだいたい似たようなものだわ」

ジャック「でしたら、おやつに煮干しなどいかがでしょう? カルシウムや鉄分など栄養が豊富です」

ドロシー「嫌いじゃないけど……さすがにチョイスが微妙だと思うわ」

75 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/04(日) 20:17:14.03 0
>>72
ドロシー「卑猥って何よ!? それらの言葉が卑猥なのは、単に前の単語が卑猥だからでしょう!?」

確かに言い掛かりも甚だしいですわね。ドロシーと言う名前は、この国ではとても神聖なものなのですわよ?

ドロシー「そう言われると、ドロシーって名乗るのが申し訳なく思われるわね。やっぱり本名の方が良いのかしら?」

いいえ、ドロシー様はドロシー様でございますわ。名前をわざわざ変える必要などございません。
むしろドロシー様はもっと堂々と名乗るべきですわ、恥ずべきことなどありませんもの。

ドロシー「まぁ、ドロシーって名前が定着しちゃったし、私自身も違和感はないからドロシーを名乗るのも構わないとは思うわ」

ならば問題はありませんわね。

ドロシー「でも、ドロシーを名乗ったり金髪が目立ったりすると扱いが……ね」

まぁドロシー様は、言わば神の代行者ですからね。扱いが丁重になるのも致し方ありませんわ。

ドロシー「それが嫌なのよ……」

>>73
ドロシー「声優も人の子なんだから、代替わりするのも仕方ないわよ。むしろこれからの時代を築く人材なんだから、喜んで迎えてあげましょう?」

レオン「声優とはなんなのだ?」

ドロシー「アニメや映画に声を当てる人のことよ。レオンには馴染みがないのも当然ね」

レオン「映画……そういえばテレビと言うものは見たぞ! 箱の中の人が喋って動くのだ!」

ドロシー「テレビなんて最近は見てないわね……ここに来る以前はあんなに見てたのに」

レオン「箱に入るほどに小さな人間がいるのだな。余は知らなかったぞ」

ドロシー「なんて典型的な……まぁいっか、レオンが勘違いしても誰も困らないし」

レオン「余が勘違い? 何の話だ?」

ドロシー「ううん、何でもないわ。今度一緒にテレビ見ましょうね」

76 :名無しになりきれ:2015/10/04(日) 20:34:24.97 0
ドロシーは付き合ったその日にHしそう

77 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/04(日) 20:55:45.98 0
>>76
ドロシー「さすがにそれはちょっと……」

ドロシー様はそこまで尻軽ではありませんわ!
快活で明るい性格ではありますが、とても貞淑で乙女なドロシー様なのですわよ?

ドロシー「乙女なんて言われるとちょっと恥ずかしいわね……」

あら、良いではありませんか。恋愛に疎いところも含めて、愛らしいドロシー様ですもの。

ドロシー「まぁ私は恋愛脳ではないわね。って言うか恋愛って面倒そう……」

恋に恋する乙女と言うのも、また悪くはないのですわよ?
ああ、私にも素敵な御方が現れないものでしょうか!

ドロシー「リジーの趣味だとかなり難しいと思うわよ?」

78 :名無しになりきれ:2015/10/04(日) 21:00:23.92 0
母子家庭の女の子は寂しさから援助交際をする子が多いらしい
アリスはどうなの?

79 :名無しになりきれ:2015/10/04(日) 21:18:52.78 0
ドロシーは結婚するまでHなんかしないよね?ね?

80 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/04(日) 21:41:49.15 0
>>78
アリス「確かに寂しいときもあるけど、それを理由に援助交際しようとかは思わないなぁ。それに今の私には、チェシャ猫にお祖母ちゃんに叔父さん、武村さんもいるから大丈夫よ」

チェシャ猫「僕はずっとアリスのそばにいるよ」

アリス「ありがとう、チェシャ猫。雪乃に会えないのはちょっとだけ寂しいけど、仕方ないことだもんね」

チェシャ猫「仕方ないね、僕らのアリス」

アリス「ところで今更だけど、チェシャ猫は私以外には見えないんだよね?」

チェシャ猫「見える人には見えるよ」

アリス「そうなの!? じゃあ、チェシャ猫とお出かけするのは難しいね」

チェシャ猫「見えたところで問題はないさ」

アリス「いや、今のチェシャ猫は生首なんだからね!? 見られたら大変だから!」

チェシャ猫「そうかな?」

アリス「そうなの!」

>>79
ドロシー「そういう下世話な話はやめて欲しいわね」

そうですわ! 仮にもドロシー様は清らかな乙女なのですから、耳が穢れますわ!

ドロシー「だから乙女はちょっと……」

それにそういう行為は、異種族間では難しいのですわ。特に体格差が大きい場合は。

ドロシー「相手がリスとか? そりゃ無理よね、まぁ子作りの必要なんてないんだし、問題ないわね」

ドロシー様って、本当にこちらの世界に馴染むのが早いですわね。
常識の齟齬とか、気になりませんの?

ドロシー「最初記憶がなかったからかな、あんまり気にならないわ。最初こそ色々驚いたりもしたけど」

ドロシー様らしいですわ。ところでドロシー様は結婚は考えませんの?

ドロシー「んー、今は忙しいし別に……って感じ?」

ドロシー様の周りには素敵な御方ばかりですのに、その気がないのでしたら仕方ありませんわね。

ドロシー「何か言った?」

いいえ、ドロシー様は自由奔放になさると良いですわ。

81 :名無しになりきれ:2015/10/04(日) 22:11:05.03 0
揚げパン好き?

82 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/04(日) 22:37:14.99 0
>>81
ドロシー「ええ、好きよ。小学生の頃給食でときどき出てたっけ、懐かしいなぁ」

ジャック「都に美味しい揚げパンを供する店があるとのデータがあります」

ドロシー「本当!? すぐ行きましょ!」

ジャック「お嬢様は食欲旺盛ですね」

ドロシー「食べ盛りなのよ。それに食べても太らないから大丈夫なの」

ジャック「しかし食べ過ぎは体に良くありませんし、栄養の偏りも心配です」

ドロシー「基本は王宮の食事なんだから大丈夫よ。栄養バランスくらい考えてくれているでしょう?」

ジャック「はい、王宮の食事は栄養バランスが良く考えられております。しかしお嬢様は、それ以外に摂る食事も多いですから」

ドロシー「揚げパンの二つや三つ食べたってそんなに変わらないわよ、大丈夫大丈夫」

ジャック「そんなに食べる気だったのですか?」

ドロシー「……駄目?」

ジャック「少しは控えてください」

ドロシー「えー」

83 :名無しになりきれ:2015/10/04(日) 22:37:46.29 0
FFもドラクエもオワコン
FFは9までドラクエは8までで終わるべきだった

84 :名無しになりきれ:2015/10/04(日) 22:46:27.30 0
GOだ……
俺は指を賭けるっ………!

85 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/04(日) 23:15:13.49 0
>>83
アリス「んー、私RPGってほとんどやらないからよく分かんないけど、今の世代にはFFやドラクエをはるかに超えるゲームがあるの?」

廃棄くん「さぁな? まぁ、シリーズを繋げてきた重みって奴はあるだろうな。古参のファンの信頼は裏切らず、新しいものを作っていくってのは難しいと思うぜ」

アリス「なんだか最近は、子供が純粋に楽しめるゲームが減ったように思うんだよね。客層を大人に絞り過ぎと言うか」

廃棄くん「今は親世代こそがゲームをする時代だからな。お金を持ってるのもその世代な訳だし、手っ取り早く儲かるのは大人を狙うことだな」

アリス「そういうもの、なのかなぁ? 今流行りのスプラトゥーンやマリオメーカーなんかは、子供でも何とかなるかもね」

廃棄くん「どうだろうな。通信して交流するゲームは子供に悪影響が、とか言うから」

アリス「最近のゲームは通信が基本だし、気にする必要なんてないんじゃない?」

廃棄くん「どう森もポケモンも通信が基本だっけか。時代も変わったな」

>>84
ドロシー「それ負けフラグだから。勝てない勝負はしないほうがいいわよ?」

クロウ「ニンゲンは指を切ってもつながらないノ?」

ドロシー「最近の医療がどうかは知らないけど、クロウみたいに簡単にはくっつかないわよ?」

クロウ「じゃあ、約束指切りはよくないネ」

ドロシー「指切りげんまんのこと? あれは本気で指を切ったり針千本飲んだりしないから大丈夫よ」

クロウ「そうなノ? じゃあ大丈夫だネ!」

ドロシー「けじめをつけるために指を詰めたりする怖い人もいるらしいから、あながち指切りも例外はあるけどね」

クロウ「ドロシーは指切っちゃダメだヨ? くっつかなかったら大変だからネ」

ドロシー「さすがに指を賭けの対価や約束に使わないから大丈夫よ」

86 :名無しになりきれ:2015/10/04(日) 23:17:47.76 0
今週は皆様にお知らせがあります。王宮の改装の援助をお願いいたします。 市民の皆様すべてが金貨700枚をご援助頂ければ、この募金活動は1時間で終了します。

87 :名無しになりきれ:2015/10/04(日) 23:42:42.50 0
リジーのスッピンは見るに堪えない

88 :名無しになりきれ:2015/10/05(月) 04:11:12.74 0
アリスは学校で昼食を食べるとき、いつもトイレの中で食べてるってホント?

89 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/05(月) 19:47:22.92 0
>>86
ドロシー「金貨700枚って相当な額よね? いくら国のためとはいえ、そんなに集まるの?」

概算では都の住人の50%が銅貨一枚づつ支払うことで、目標の金額に達するそうですわ。
この国の行政は信頼されておりますから、必ずお金は集まるはずですわね。

ドロシー「ふーん、オズって信頼されてるんだ? 結構いい加減なところもあると思うけどなぁ」

オズ大王は、行政に関しては決して手を抜くことはありません。
長年にわたり確かな行政を行って来たという実績もございますから、信頼も当然でしょう。

ドロシー「聞いた話だと、オズって国民に顔を見せないのよね? そんな王様で良いのかしら?」

確かに謎めいた人物であるとはされております。しかしそれを含めて尚信頼されているのですから、人徳は確かなのでしょう。
窓口としての政治に関してはヴァイオラ様が行っているため、知名度ではヴァイオラ様の方が上かも知れませんわね。

ドロシー「ヴァイオラさんだったら信頼出来るわね。なるほど。」

>>87
あら、これでも私は薄化粧なのですわよ? 接客係には清潔さが求められますからね、あまり濃い化粧は好まれないのですわ。
化粧はあくまでほんの少し、淡く引き立てる程度にするのが私流ですわね。スッピンとはさして差はないでしょう。
私の肌は人一倍白く透けるようですし、王宮接客係になるためには容姿も評価されるのですわ。
それでもお客様、女性のスッピンを揶揄するのは感心しませんわよ?

ドロシー「リジー、落ち着こう。そういえば私も化粧ってほとんどしたことがないのよね。リジーに教わろうかしら?」

あら、私などでよろしいのですか? 専門のヘアメイクアーティストをお呼びすることも出来ますのに。

ドロシー「私の周りで一番綺麗なのがリジーだからよ。ヴァイオラさんは除外するけどね。それにリジーなら教えるのも上手そうだし」

分かりましたわ。このリジー、誠心誠意を込めてドロシー様に化粧を伝授致しましょう!

>>88
アリス「そんな寂しい食事なんてしてないから! いつもは中庭で雪乃と二人で食べてたよ」

チェシャ猫「でもユキノは実在しな……」

廃棄くん「はい猫は黙ろうな! まぁメシなんて人と食べてもさして変わらないものだよな。気にすんなよ?」

アリス「別に最初から気にしてないけど……」

廃棄くん「ところでアリスの昼食はパンだったか? それともパンだったか?」

アリス「それってパン一択だよね!? まぁ、私パン好きだったからだいたいパン食だったけど」

廃棄くん「うんうん、さすが俺たちのアリスだな! パンがそんなに好きなら俺を食っても良いんだぜ?」

アリス「お腹壊すから遠慮するね」

90 :名無しになりきれ:2015/10/05(月) 20:09:19.70 0
またいつの日か出会えるさ
それまでしばしのお別れだ
泣くんじゃねー!

91 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/05(月) 20:25:50.15 0
>>90
ドロシー「出会ってまだ顔も覚えてないような人にそんなこと言われても困るけど……。一応私たち初対面よね?」

ジャック「私の記録した範囲では、初対面であると推察されます」

ドロシー「良かった。もし顔見知りでこっちが一方的に忘れてたら、なんだか申し訳ないものね」

ジャック「測定によるとお嬢様の記憶力に問題はありません」

ドロシー「そんなものまで計測してるの!?」

ジャック「はい、お嬢様の行動は全て記録解析しております。非常に健康的であると算出されていますからご安心を」

ドロシー「いや、その測定がなんだか嫌なんだけど……」

ジャック「申し訳ありません、測定方法に不備がありましたか?」

ドロシー「そうじゃないけど……まぁいいわ、ジャックはそういう性格だものね」

92 :名無しになりきれ:2015/10/05(月) 20:49:58.89 0
乳がんこわい

93 :名無しになりきれ:2015/10/05(月) 20:54:38.02 0
泣ける漫画があったら教えて

94 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/05(月) 21:02:35.27 0
>>92
ドロシー「確かに怖いわね。確率も高めだし、罹る覚悟は必要かも知れないわ。でも、治らない病気じゃないのよ?」

そうですわね、医学は日進月歩で革新されております。
必要なのは備えですわ。いざというときの覚悟、お金の用意や保険など、準備を怠らないことが肝要でしょう。

ドロシー「あと必要なのはまめな健康診断ね。早期発見が大切だって言うもの」

王宮にも医術師はおりますから、ドロシー様もたまには健康診断を受けることをお勧め致します。

ドロシー「OK、分かっているわよ。ところで健康診断って……体重は測るの?」

もちろんですわ。お身体の状態を確認するのに体重測定は必須でございます。

ドロシー「……食事、多少控えた方が良いかしら」

95 :医者:2015/10/05(月) 21:09:54.86 0
おっぱいもみもみ

96 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/05(月) 21:13:49.22 0
>>93
アリス「実は私、あんまり漫画は読まないんだよね……でも私の知ってる範囲だと、友達に勧められた「最終兵器彼女」って漫画は泣けたよ」

廃棄くん「確かアニメ化もされてたよな? どんな内容なんだ?」

アリス「アニメもあるけど出来れば漫画で読んで欲しいな。えっとね、主人公のドジな女の子が兵器に改造されちゃって、戦争に巻き込まれて行くの。彼氏がそんな彼女を支えようとするんだけど……って感じかな」

廃棄くん「最終兵器を名乗るだけあって、かなりえげつない性能なんだよな。物語もすごく深いんだぜ?」

アリス「まぁ有名な漫画だし、題名くらいは知ってる人も多いよね。最後が特にいい感じだから、最後まで読んで欲しいかな」

97 :名無しになりきれ:2015/10/05(月) 21:42:42.28 0
最終兵器はブーツ

98 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/05(月) 21:50:37.18 0
>>97
ドロシー「いい加減ブーツネタ出して来ると、こっちも怒るわよ? 仕方ないじゃない、オズが用意した魔法のブーツなんだから」

レオン「余も嗅いでみたが、特に不快な匂いはしなかったぞ」

ドロシー「レオン、人の靴を嗅がないの!」

レオン「あう、申し訳ないのだ」

ドロシー「まぁ鼻の利くレオンが言ってるんだから、ほぼ間違いなく問題ないわね!」

レオン「うむ、余の鼻は信用に値するぞ」

99 :医者:2015/10/05(月) 21:52:22.81 0
おっぱいもみもみ

100 :水木一郎:2015/10/05(月) 22:06:09.89 0
100ゲットォオオオオオオオオオオオ!!!!!

101 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/05(月) 22:11:18.80 0
>>99
ドロシー「医者は胸を揉むことはないらしいわよ? したがって貴方、偽物ね!」

ジャック「登録された医師でないことを確認、排除を実行します」

ドロシー「医者に化けて胸を揉もうとする変態なんて、レーザーで真っ二つにされちゃえばいいのよ」

ジャック「捕獲しました。レーザーによる切断を実行しますか?」

ドロシー「うん、アレを切り落とす程度なら事故の範疇よ」

102 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/05(月) 22:16:26.10 0
>>100
ドロシー「暑苦しい上にうるさいわよ! 歌ったり叫んだりするのは他所にして!」

クロウ「でもこの人ステキな声だよネ」

ドロシー「歌手らしいからね。でもやっぱりうるさいわ」

クロウ「歌手! 僕も歌おうかナ?」

ドロシー「首を絞めるわよ?」

クロウ「歌うのはダメなノ?」

ドロシー「私は今、夜のしじまを楽しみたいの!」

クロウ「ドロシーらしくないヨ?」

ドロシー「絞めるわよ!?」

クロウ「絞めてから言わないデー」

103 :名無しになりきれ:2015/10/05(月) 23:02:06.94 0
>>80
挿入からがセックスですか?

104 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/05(月) 23:17:05.65 0
>>103
ドロシー「知らないわよ、そんなの!!」

クロウ「ドロシー、挿入とかセックスって何かナ?」

ドロシー「クロウは知らなくて良いことよ」

クロウ「僕、新しいことを知るの大好きだヨ?」

ドロシー「この世界には知らなくて良いこともあるの」

クロウ「エー」

ドロシー「知りたいなら自分で調べなさい。それなら自己責任だから」

クロウ「そうするけド……どうしてドロシーは話したがらないノ?」

ドロシー「それに関連する話はしたくないの。調べて分かっても、私にその話題は振らないでね?」

クロウ「分かったヨ、ドロシー」

105 :名無しになりきれ:2015/10/05(月) 23:34:59.86 0
ドロシーの性の知識は保健体育レベル
アリスはそういうのは知らなそう

106 :名無しになりきれ:2015/10/06(火) 11:33:48.48 0
今日の晩食はマツタケのフルコースです

107 :名無しになりきれ:2015/10/06(火) 12:51:00.93 0
>>97は臭い触れた書き込みじゃなのにそんなに怒るって、やっぱり臭いんだ…

108 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/06(火) 21:01:48.59 0
>>105
ドロシー「……だそうよ、アリス?」

アリス「保健体育なら普通に好成績だったよ?」

ドロシー「そういう問題なの!?」

アリス「え?」

ドロシー「えー」

廃棄くん「訳の分からん会話すんなっ!」

アリス「保健体育で性の知識って、要するに性教育でしょう?」

ドロシー「あ、分かるんだ?」

アリス「さすがに高校生でそれを知らない人はいないと思うな」

ドロシー「最近の少女漫画って結構アレだものね」

アリス「え?」

ドロシー「え?」

>>106
ドロシー「やった! 網焼きに土瓶蒸しに炊き込みごはん、色々あるわよね」

本質的には他のキノコと大差ありませんから、他の調理法でも良いでしょうが……やはり香りを楽しむものですからね、日本の伝統的な調理法が一番でしょう。

ドロシー「聞いた話だと、風味を消さないために薄味に調理するのが基本らしいわ」

ドロシー「繊細なのですね、奥深いですわ。ちなみに私のお勧めはホイル焼きですわ」

ドロシー「それも美味しそう!」

>>107
ドロシー「頭が痛くなって来たわ……」

ジャック「お疲れのご様子ですね、お嬢様」

ドロシー「変なお客さんの相手をするのは疲れるのよ……」

ジャック「すぐにお休みの準備をさせましょう」

ドロシー「ううん、平気よ。この程度慣れたものだわ」

ジャック「無理はいけません。お客様はこちらで処理しておきますので」

ドロシー「ううん……って今処理って言った!?」

109 :名無しになりきれ:2015/10/06(火) 21:17:45.60 0
妹と弟どっちが欲しい?

110 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/06(火) 21:29:59.27 0
>>109
ドロシー「あー、追加エピソードにそんな話もあったわね。そうね……弟かな?」

レオン「ふむ、やはり男児か」

ドロシー「やはりって何よ? ほら、弟の方が妹より従順に育ちそうな気がしない?」

レオン「弟は下僕ではないのだぞ?」

ドロシー「その方が可愛いってことよ。私のお下がりの服とか着せたいなー」

レオン「それは新手の嫌がらせか?」

ドロシー「男の娘って可愛いじゃない!」

レオン「ドロシーの弟にだけは生まれたくないな……」

111 :名無しになりきれ:2015/10/06(火) 21:40:51.46 0
しずかちゃんはみたいに1日三回入る女は嫌だけど、ドロシーみたいに何日も風呂に入らなくても平気な女はもっと嫌だ

112 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/06(火) 22:03:39.20 0
>>111
ドロシー「平気じゃないわよ! 冷たい濡れタオルで拭くくらいしか出来なかったから、かなりしんどかったのよ?」

ジャック「申し訳ありませんお嬢様」

ドロシー「砂漠では水が貴重だから体を拭うことも出来なかったし、雪原も寒過ぎて無理だったし……最悪よ、まったく」

ジャック「申し訳ありませんお嬢様」

ドロシー「でも、お風呂に三回も入りたいとは思わないな。ほとんど河童か何かじゃない? それって」

ジャック「はい、河童は水辺を大変好みます。人魚なども同様に、大量の水を必要としますね」

ドロシー「じゃあモーナが都まで来るのは難しいわね……会いに行くしかないなぁ」

ジャック「旅の予定を変更して、南水地方へ向かいますか?」

ドロシー「ううん、落ち着いたらにするわ。もしかしたらモーナも訪ねて来るかも知れないし」

113 :名無しになりきれ:2015/10/06(火) 22:11:49.94 0
毎月お小遣いはいくら貰ってる?

114 :名無しになりきれ:2015/10/06(火) 22:22:20.45 0
http://www.youtube.com/watch?v=xhDN_KWB0zM

115 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/06(火) 22:49:15.29 0
>>113
アリス「母子家庭のうちは結構厳しかったから、昼食代以外は申告制だったわ。お釣りは好きにして良かったけど」

廃棄くん「へぇ、じゃあ遊ぶときとか結構不自由じゃなかったか?」

アリス「滅多に遊びに行かなかったから大丈夫!」

廃棄くん「アリスは友達少ないもんな……悪いこと訊いたぜ」

アリス「でもお祖母ちゃんと暮らすようになって、お小遣いを貰えるようになったんだよ。自由に買い物出来るっていいね」

廃棄くん「まぁ女ってのは金がかかるからな」

アリス「でも私、バイトしようと思ってるんだよね。頼ってばかりもいられないし」

廃棄くん「パン屋か? それともパン屋か?」

アリス「なんでパン屋一択なの?」

廃棄くん「片方は鶴岡パン店で、もう片方がベーカリー・カメダだ」

アリス「なんでそんな修羅場に勤めなきゃならないの!?」

>>114
アリス「年齢制限で見られなかったよ?」

廃棄くん「ああ、アリスの設定年齢って17歳だったか」

アリス「設定言わない! R18動画を見るにはまだ早いってことね」

廃棄くん「ドロシーに任せれば良かったんじゃねーの?」

アリス「これから夜食って言ってたから」

廃棄くん「本当によく食うんだな……」

アリス「ドロシーに食べて貰おうとか考えちゃダメだからね?」

廃棄くん「しねーって。他作品の連中に迷惑はかけねーよ」

アリス「ふーん、なら良いけど。それにしても、何の動画を見せるつもりだったのかな?」

廃棄くん「大抵はエロかグロだろ? どっちにしたって碌なもんじゃねーよ」

116 :名無しになりきれ:2015/10/06(火) 22:55:29.12 0
>>114
猿が自分のおしっこ飲む動画だよ

117 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/06(火) 23:14:47.64 0
>>116
アリス「あー、見なくて良かった」

廃棄くん「案の定ロクでもねー動画だったな」

アリス「って言うか、猿ってそんな習性があるんだ?」

廃棄くん「知らねーよ。ノドでも渇いてたんじゃね?」

アリス「下手に頭が良い分、変な習性を覚えたりするのかもね」

廃棄くん「糞を投げるとか、そういうのだな」

アリス「アレも謎だよね……もし当たったら1日凹む自信がある……」

廃棄くん「そりゃな。手近に投げるものがそれしかなかったのか、それとも意味があるのかが気になるな」

アリス「ならないよ、そんなの……。まぁ、危険じゃないのは良いことかも」

廃棄くん「石でも投げたら危ないもんな」

118 :チンパンジー:2015/10/06(火) 23:17:15.86 0
ドロシーに糞をぶつける

119 :クロウ:2015/10/07(水) 03:31:29.16 0
運がついて良かったネ!

120 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/07(水) 19:39:04.18 0
>>118
ドロシー「ちょっ、危ないわね! 当たったらどうしてくれるのよ? 第一何でチンパンジーを連れてるの?」

あら、可愛いではありませんか、チンパンジー。
ちょっとしたお茶目だと思えば可愛い悪戯ですわ。気になさらないのが肝要ですわよ?

ドロシー「んー、あまりチンパンジーを可愛いと思ったことがないのよね……」

私は好きなのですけどね……まぁ人の好みは千差万別ですわ。
そうですわドロシー様! ペットを飼ってみると言うのはいかがでしょう?
チンパンジーからとは申しません。犬猫など好きな動物はありませんか?

ドロシー「私は犬好きなのよね、トトを飼ってたから。でも、今はペットはいらないわ」

あら、そうでございますか。少々残念ですわ。
まぁこの国ではペットを飼う習慣はあまりありませんのよね。
ほら、動物も意思を持つ世界ですから。

>>119
ドロシー「どこで覚えて来たのよ、そんなの。第一私、当たってないからね?」

クロウ「当たると良いことがあるって本で読んだヨ?」

ドロシー「それはその本が誤りなの。当たるだけで充分不幸だわ」

クロウ「そうなノ? 本にも間違いはあるんだネ」

ドロシー「そうよ、知識は鵜呑みにしちゃダメ。可能なら検証するか人に訊くのも大切ね」

クロウ「僕、脳ミソの解剖図ってのを読んだけド、検証して良いのかナ?」

ドロシー「それはダメ! 検証するのは無難なものだけにして!?」

クロウ「ブナン?」

ドロシー「そう、当たり障りのないものだけよ?」

121 :名無しになりきれ:2015/10/07(水) 20:15:42.85 0
かれー食べているときにうんこの話はやめろ

122 :名無しになりきれ:2015/10/07(水) 20:34:31.90 0
つカエルの肉を使った高級フランス料理

123 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/07(水) 21:04:40.74 0
>>121
ドロシー「あー、ごめんなさい。食事中だったのね、気が回らなかったわ」

レオン「ドロシー! 余もカレーを食うぞ!」

ドロシー「何レオン? あれだけ食べてもうお腹減ったの? すいませーん、カレーふた皿!」

レオン「む、何故ふた皿なのだ?」

ドロシー「決まってるでしょ、私も食べるからよ」

レオン「ドロシーも食事したばかりではないか」

ドロシー「いいの、人がカレー食べてるの見ると欲しくなるのよ」

レオン「ドロシーは本当によく食うのだな」

ドロシー「太らないから大丈夫!」

>>122
ドロシー「何これ美味しい! 鶏肉かしら?」

ジャック「いいえお嬢様、それはカエルの肉です」

ドロシー「カエル!? カエルなんて初めて食べたけど……美味しいのね」

ジャック「気に入られたのですね。記録しておきましょう」

ドロシー「基本肉ならなんでも好きよ? 野菜ももちろん好きだけど」

ジャック「お嬢様は、ボリュームがありスパイスの効いたものを好む傾向にあります」

ドロシー「そうなの? 自分では意識してなかったけど……まぁ美味しいならなんでも良いのよ!」

124 :名無しになりきれ:2015/10/07(水) 21:27:05.61 0
すっかり飼い猫になっちまったな…レオン…

125 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/07(水) 21:40:50.59 0
>>124
レオン「余は猫ではない! 偉大なるヒャクジュウの王であるぞ!」

ドロシー「はいはい、偉いわね。ならそれらしいところを見せなさいよ」

レオン「え……あ……ほら、吠えたりとかなら」

ドロシー「レオンの吠え声って結構可愛いわよ?」

レオン「む……子供だから仕方ないのだ」

ドロシー「育つと邪魔になるから育たないで欲しいのよね……」

レオン「それでは立派な王になれぬではないか!」

ドロシー「冗談よ。早く育つと良いわね」

レオン「ふん、目にもの見せてくれるわ!」

126 :名無しになりきれ:2015/10/07(水) 21:52:45.52 0
トト「俺と契約して救世主になってくれ」

127 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/07(水) 21:59:50.21 0
>>126
ドロシー「つまり私って、トトに騙されて救世主になったってことかしら?」

ジャック「救世主になるために魂を対価とする契約を行なったのですか?」

ドロシー「覚えてないのよ、この世界で気が付いたときには救世主って呼ばれてたし」

ジャック「オズはそのような非道な契約は結ばないと思われます。問い質しましょうか?」

ドロシー「んー、多分大丈夫なんじゃない? 別に今更失うものなんてないし」

ジャック「お嬢様はオズを信頼されるのですね」

ドロシー「ええ、だって私の愛犬だもの!」

128 :名無しになりきれ:2015/10/07(水) 22:41:44.97 0
夫婦だもんね

129 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/07(水) 22:54:14.97 0
>>128
ドロシー「夫婦ちゃうわっ!」

オズ「ん? 誰のことだ?」

ドロシー「うわっ、出た!」

オズ「なんだよ、人に向かって。俺が来ちゃ何かマズいのか?」

ドロシー「別にー?」

オズ「もしかして、夫婦って言われたのが気まずいのか?」

ドロシー「そ、そんなことないわよ!」

オズ「まぁ大丈夫だ、俺はあと百年くらいは独身貴族を楽しみたいからな」

ドロシー「そんなこと言ってると婚期逃すわよ?」

オズ「そのときは若返りの魔法でも試すさ」

ドロシー「そんなのあるの!?」

オズ「何しろ大魔法使いだからな。基本的に不可能はない!」

130 :名無しになりきれ:2015/10/08(木) 00:03:16.42 0
耳掃除しておくれ(アリスの膝の上に頭を乗せる)

131 :江戸川コナソ:2015/10/08(木) 11:27:51.63 0
真実はいちもつ!

俺は江戸川コナソ、童貞さ!

132 :名無しになりきれ:2015/10/08(木) 18:04:55.08 0
他人のちんこ見たことある?

133 :名無しになりきれ:2015/10/08(木) 18:42:43.82 0
ドロシー「くぁwせdrftgyふじこlp」

134 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/08(木) 20:09:40.59 0
>>130
アリス「み、耳掃除!? 私人の耳なんて掃除したことないけど……いいの?」

廃棄くん「下手したら鼓膜が逝くんじゃねーの? まぁ、立候補したんだから覚悟はあるだろ」

アリス「怖いなぁ……自分でやってるのと違って感覚が分からないから、手加減出来そうにないんだけど……」

廃棄くん「まぁ頑張れ。応援だけはしてやるぜ? 責任は取れないけどな」

アリス「……そうだ! 廃棄くんで練習するってのはどうかな?」

廃棄くん「俺で? 言っておくが俺はパンだぞ? 耳はあっても耳垢なんてねーからな?」

アリス「イチゴジャムを掻き出すの。それなら誰にも迷惑じゃないよね?」

廃棄くん「俺が迷惑だ! 他でやれ、他で。パンを粗末に扱うな!」

アリス「えー、良いアイデアだと思ったのに」

>>131
ドロシー「パクりな上に下品だわ。自分が情けないと思わないの?」

クロウ「ドウテイって何かナ?」

ドロシー「クロウが知る必要はないわ」

クロウ「僕は色々知りたいナ」

ドロシー「いいから黙りなさい」

クロウ「エー、喋らないと絵にならないってリジーが言ってたヨ? 僕らを絵に描くのかナ?」

ドロシー「まぁ、沈黙で済ますのはお客さんに失礼だけど……こんな下品な相手に敬意を払う必要なんてあるのかしら?」

クロウ「お客さんもお話ししたいんじゃないかナ?」

ドロシー「私は話したくないけどね……」

135 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/08(木) 20:10:15.20 0
>>132
アリス「え……いきなり何言い出すのこの人!?」

廃棄くん「知性がないんだろ?」

アリス「かも知れないね……」

廃棄くん「で、アリスは母子家庭だから見る機会なんてなかったんじゃねーか?」

アリス「続けるんだ? ……うん、お父さんが生きてた頃のことは思い出せないから」

廃棄くん「まぁそれは仕方ないよな」

アリス「見て得がある訳でもないし、私は気にしないよ?」

廃棄くん「うん、アリスは気にすんな。」

>>133
ドロシー「私そんなこと言わないから」

レオン「悲鳴のひとつも上げてみせよ。可愛げのない奴め」

ドロシー「きゃーって? 嫌よ、みっともない」

レオン「本当に可愛げがないな」

ドロシー「レオンこそ、ジャックに撃たれて悲鳴上げてたじゃない」

レオン「い、いや悲鳴なんて上げてないぞ!?」

ドロシー「嘘、きゃーとか言ってたわよ?」

レオン「そら耳だ、そら耳! ほら、森にはおかしな声で鳴く生き物はたくさんいるからな!」

ドロシー「ふーん、誤魔化すんだ? 情けないの」

レオン「余は情けなくなんかないぞ! 情けなくないから悲鳴も上げないのだ!」

136 :名無しになりきれ:2015/10/08(木) 20:56:08.30 0
小学生の運動会のとき組体操で組む相手がいなくて先生と組んだのは嫌な思い出

137 :名無しになりきれ:2015/10/08(木) 20:56:33.03 0
として残っている…

138 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/08(木) 21:21:17.97 0
>>136-137
ドロシー「それは嫌な思い出ね……まぁ二人組って余ることもあるから、早く忘れるのが吉よ?」

レオン「余るはずがないのに余ったら、それはぼっちの証拠だな」

ドロシー「しーっ、思ってもそういうこと言わないの! 気持ちを察しなさい」

レオン「ふん、ヒャクジュウの王たる余には、ぼっちの気持ちなどさっぱり分からぬわ」

ドロシー「えー、森では孤立してたくせに」

レオン「そ、そんなことはないぞ!? 余は皆に囲まれ、崇められていたのだ!」

ドロシー「距離を置かれてたってことね。大丈夫よ、今はひとりじゃないわ」

レオン「励ますな! 同情するな!」

139 :名無しになりきれ:2015/10/08(木) 21:34:06.28 0
アリス「私には雪乃がいるから、ぼっちじゃないよ?」

140 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/08(木) 21:46:13.07 0
>>139
チェシャ猫「アリスには僕らがいるよ」

廃棄くん「でも俺たちって、アリスの空想から生まれた存在なんだよな……それってぼっちじゃねーの?」

チェシャ猫「人には見えなくても、いることが大事なんだよ」

廃棄くん「まぁ、アリスにとってはいるんだろ。でもそれでいいのかな?」

チェシャ猫「アリスなら大丈夫だよ」

廃棄くん「そうだな、俺たちのアリスはきっと大丈夫だろうよ」

141 :名無しになりきれ:2015/10/08(木) 22:40:06.07 0
アリスちゃんにはおじさんもいるよ(アリスを優しく抱きしめる)

142 :ジャック:2015/10/08(木) 22:53:13.97 0
心がないから私はお嬢様のことをドロシーと呼べないのかもしれませんね…

143 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/08(木) 23:00:37.93 0
>>141
アリス「誰っ!? 気持ち悪い!」

廃棄くん「おじさんであって叔父さんではないみたいだな」

アリス「お祖母ちゃーん! 不審者! 警察呼んで!」

廃棄くん「通報すんのか。じゃあこいつ、取り押さえようか?」

アリス「廃棄くんじゃ体が千切れるからやめて」

廃棄くん「大丈夫、流れるのはイチゴジャムだからR指定は入らないぞ」

アリス「そういう問題じゃないから!」

チェシャ猫「僕が足でも喰い千切れば動けなくなるよ?」

アリス「スプラッタ禁止! どう説明したらいいか分からないでしょ!?」

廃棄くん「じゃあカラーボールでも投げとくか。不審者には効果的だぜ?」

アリス「コンビニ強盗みたいだね……」

>>142
ドロシー「ジャックは気負い過ぎなのよ。もっと自分に正直に生きても良いんじゃない?」

ジャック「その場合、お嬢様の自由を奪うことになりますが?」

ドロシー「何する気!?」

ジャック「私はお嬢様がとても大切です。24時間の監視、及び行動制限をかければ安心出来るのです」

ドロシー「どうしてそっち方面になっちゃうのかなー……」

ジャック「全てはお嬢様を想うが故の行動です」

ドロシー「落ち着いてジャック! 可愛い子には旅をさせよって言うでしょ!? その精神が大切よ?」

ジャック「出来れば現在の旅も危険なのでやめて頂けると」

ドロシー「世界が滅んじゃうから! 世界と私、どっちが大切なのよ!?」

ジャック「それはもちろんお嬢様です」

ドロシー「えー!?」

144 :名無しになりきれ:2015/10/09(金) 11:19:51.40 0
ドロシーの足はタコだらけ

145 :名無しになりきれ:2015/10/09(金) 18:17:04.96 0
山をなめるな!

146 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/09(金) 20:00:56.41 0
>>144
ドロシー「タコというよりマメね。結構つらいのよね、これが。もう足の裏なんてボロボロよ? どれだけ歩いたと思ってるのよ」

クロウ「僕が絆創膏を貼ったんだヨー」

ドロシー「東の村で絆創膏をいっぱい貰っておいて正解だったわ」

クロウ「僕が絆創膏を貼ったんだヨー」

ドロシー「何故繰り返した!?」

クロウ「ドロシー聞いてるかなって思ってネ」

ドロシー「聞いてるわよ、まぁクロウには世話になったわね。ひとりで足の裏に絆創膏貼るのって案外難しいのよ」

クロウ「ドロシーの足の裏マメ?でいっぱいだったからネ」

ドロシー「まぁ今では痛くないし歩くのにも慣れたから、絆創膏を消耗する必要はないわ」

クロウ「エー、もっとドロシーの足の裏に絆創膏貼りたいナ?」

ドロシー「遊びで貼ってるんじゃないの!」

>>145
ドロシー「山はつらいわ……坂道ばかりだし民家はないし、屋根と壁が恋しくなるのよね」

ジャック「おとうさんの家にお嬢様がお訪ねになったのも、民家で休むことを所望してのことでしたね」

ドロシー「うん、最初は本当に野宿がつらかったから」

ジャック「お嬢様にはつらい思いばかりさせてしまい、大変申し訳ありません」

ドロシー「いいのよ。屋根と壁は持ち歩けるようなものじゃないし、野宿も慣れれば楽しいわ」

ジャック「テントを持ち運ぶという選択はなさらなかったのですか?」

ドロシー「この国ってテントあったの!?」

ジャック「はい、少々重量はありますが、雨風を凌ぐことは可能です」

ドロシー「なんだ、重いのね……じゃあ仕方ないわ」

147 :名無しになりきれ:2015/10/09(金) 21:24:31.10 0
ドラえもんの声は大山のぶ代じゃないと嫌?

148 :名無しになりきれ:2015/10/09(金) 21:30:24.41 0
iOS9にしたらオズ歩出来なくなる?

149 :名無しになりきれ:2015/10/09(金) 21:36:08.48 0
        __.
       /  ー ヽ、
      /    /  ̄ ̄~ヽ
     /     ト、.,..    \.
    =彳      \\    ヽ
    /         \\   |
    |        /⌒ヽ ヽ  |
     |       |   | |  /
    |       |    ヽ|/
    |       |        チャリーン
    |_____ヽ _.__ lヽ,,lヽ
        _| ::|_       | |Θ|(    )
   | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|_ |_|_|と   i
   |___|__|_|  |_|  しーJ



              ,, -―-、       
            /     ヽ   
      / ̄ ̄/  /i⌒ヽ、|    オエーー!!!!
     /  (゜)/   / /          
    /     ト、.,../ ,ー-、       
   =彳      \\‘゚。、` ヽ。、o   
   /          \\゚。、。、o
  /         /⌒ ヽ ヽU  o
  /         │   `ヽU ∴l
 │         │     U :l
 │_______│ _.__ lヽU :l
        _| ::|_       | |Θ|(  |:! )
   | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|_ |_|_|と U i
   |___|__|_|  |_|  しーJ

150 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/09(金) 22:01:36.37 0
>>147
ドロシー「声優が水田わさびに交代してからもう10年になるのよ? 今更じゃない?」

子供にとっては10年は長過ぎますわね。すでに定着したと言って良いでしょう。
最近ではサザエさんのフネも声優が交代したのだとか。

ドロシー「それマジ!? 知らなかったわ……色々と変化していくものなのね」

オズ歩が出てから1年半余り、歪アリに至っは9年を超えましたのよ?

ドロシー「なんとも時の流れは早いわね……」

ドロシー様、のんびりしてはいられませんわよ?
時の流れより早く、我々は前に進まねばならないのです。そうしないと時代に取り残されますわ。

ドロシー「そ、そうね! 頑張らなきゃ!」

>>148
ドロシー「公式サイトの広報ではそのような情報は発信されてないから、詳しくは分からないわね」

ジャック「更新による未知の不具合が発生する可能性は否めません」

ドロシー「まぁ不具合があったとしても、ちゃんと対応してくれるでしょ」

ジャック「はい、問題はほとんどないと思われます」

ドロシー「気になる場合は、ゲームを無闇に起動させないことね。触らなければ不具合もないだろうから」

>>149
アリス「お金を払った上にこの仕打ちって……」

廃棄くん「最悪だな、文句つけてやろうぜ?」

アリス「誰に言えばいいのかな?」

廃棄くん「……責任者だ!」

アリス「……いないね、責任者」

廃棄くん「さては逃げたな?」

アリス「まぁ、タチの悪い悪戯だろうからね」

廃棄くん「張り紙でも貼って、被害者が出ないようにするか」

アリス「うん。紙と……あとマジック、チェシャ猫お願い」

チェシャ猫「持って来たよ、アリス」

アリス「ありがとう、チェシャ猫」

廃棄くん「仕事が早いな、チェシャ猫って」

151 :名無しになりきれ:2015/10/09(金) 22:39:37.65 0
杏奈「ふとっちょぶた」

152 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/09(金) 23:07:50.48 0
>>151
ドロシー「思い出のマーニー、だっけ? 酷評されてたから見てないのよね」

ドロシー様、それでは話が終わってしまいますわ!

ドロシー「だって見てないんだもの、話の続けようがないわ」

評判だけ聞いて判断するのはよろしくないと思いますの。ご自分の目で確かめるのも大切ですわよ?

ドロシー「それで貴重な2時間を無駄にしたくないのよ」

そうでございますか。ちなみに酷評を真に受けたのは何故なので?

ドロシー「アリエッテイがあまり面白くなかったから」

直球ですわね、まぁ気持ちは分かりますが。

ドロシー「物語の根底にある、メッセージのようなものが欠けてるのよ。監督の意志が見えないわ」

なるほど、確かにそれでは退屈もしますわね。
それで今作も観るのを控えたのですか。

ドロシー「まぁ、気が向いたら観るかも知れないわね」

153 :名無しになりきれ:2015/10/09(金) 23:15:16.09 0
俺も今日初めて見たけど、酷評されるような作品ではなかったよ
危うく泣きそうになった

154 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/09(金) 23:23:26.28 0
>>153
ドロシー「そうなの? じゃあ……ちょっとくらいは観ていいかも……」

ドロシー様、ツンデレっぽくなってますわよ?

ドロシー「わっ、私はデレないから! ふん、観ないわよ」

ああ、余計にツンデレっぽく……。

ドロシー「まぁとにかく、気が向いたら観るかも知れないとは思う。気が向いたらね」

その辺りはドロシー様の匙加減ですわね。なかなか気まぐれな部分もありますから。

ドロシー「最近泣ける作品に出会ってないのよね……たまには泣ける作品のひとつも観たいわ」

ドロシー様に涙は似合わないと思うのですが……。

ドロシー「何その酷評!? いいじゃない、たまにはそういうのもアリなのよ!」

それでは泣ける作品をこちらで募集致しますわ。
これぞ最強に泣けると思われるものを、教えてくれたらドロシー様が喜びますわね。

155 :名無しになりきれ:2015/10/10(土) 00:52:42.49 0
恋空

156 :名無しになりきれ:2015/10/10(土) 13:28:21.13 0
ドロシーが一週間履き続けたパンツは臭そう

157 :名無しになりきれ:2015/10/10(土) 15:14:52.79 0
たまごサンド「サンドイッチと言えばぼくでしょう」
ツナサンド「いやいや、俺だろ!」
トマトサンド「私も人気がありますわよ」
カツサンド「雑魚共はだまっていろ!」

158 :名無しになりきれ:2015/10/10(土) 19:22:52.53 0
目玉焼きの黄身の硬さはどれくらいがお好みですか?

159 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/10(土) 19:55:47.23 0
>>155
ドロシー「ケータイ小説で人気を博した作品よね? そういえば書籍や映画にもなったんだっけ」

泣ける話として好評らしいですわね、ドロシー様もご覧になってはいかがでしょう?

ドロシー「うん、そうしてみる。せっかくお客さんが勧めてくれた作品だしね。……時間があったら」

ドロシー様、番組改編期だからと色々チェックし過ぎですわよ?
時間にも限りがあるのですから、ちゃんと観る番組を決めて掛からないと。

ドロシー「そうは言っても、観てみないとどれが面白いか分からないじゃない」

それだから時間を掛け過ぎるのですわ。睡眠時間も削られるのですから、気を付けて頂かないと。

ドロシー「大丈夫、これでも削ったのよ? それにあと少しで一話チェックも終わるし、問題はないわ」

それならよろしいのですが……くれぐれも生活習慣が乱れないようお気を付けくださいませ。

ドロシー「はーい」

>>156
ドロシー「毎日履き替えてるわよ! もう、馬鹿じゃないの!?」

ジャック「お嬢様、衣類……特に下着はちゃんと取り替えて頂かないと、衛生的に問題があるかと思われます」

ドロシー「だから大丈夫だってば!」

ジャック「そうでしたか、失礼しました」

ドロシー「お客さんの戯言を真に受けちゃダメよ?」

ジャック「はい、気を付けます」

ドロシー「ジャックは根が真面目で騙されやすいと思うのよ、クロウやレオン程じゃないけど」

ジャック「そう思われますか?」

ドロシー「そう思うから注意してるのよ」

ジャック「人の嘘というのは、どのように区別したらよろしいのでしょう?」

ドロシー「えーと……直感よ! おかしいと気付くことが大事なの!」

ジャック「定義が曖昧だと思われます」

ドロシー「んー……とにかく気を付けて!」

160 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/10(土) 19:56:18.57 0
>>157
アリス「パン族って喧嘩しなきゃ生きてられないの ?」

廃棄くん「まぁ、どのパンが美味しいかは重要な議題だからな」

アリス「ちょっと中身が違う程度で、どうしてそこまで揉めるのかなぁ?」

廃棄くん「ジャムパンは中身の定番はイチゴだから、そう揉めることはないぜ?」

アリス「……でも揉めたことはあるんだ?」

廃棄くん「まぁな。でも今は問題ないぜ?」

アリス「喧嘩はしちゃダメだからね?」

廃棄くん「……大丈夫、しないさ」

アリス「んー、本当にどうしたものかなぁ? やっぱり喧嘩は良くないよね」

廃棄くん「首を突っ込むのはやめたほうが良くないか?」

アリス「止めないとダメじゃない?」

廃棄くん「いや、止めたって無駄だぞ」

>>158
ドロシー「私は生っぽいのが好きよ? 決して他のが嫌いって訳じゃないけど」

ドロシー様はたまに気分で他のものを注文なさりますわね。

ドロシー「うん、でも目玉焼きの焼き加減くらい簡単に変えられるじゃない」

はい、それほど難しいものではありませんからね。
そういえばドロシー様は、付け合わせはベーコンよりウィンナーがお好きでしたわね。

ドロシー「概ねはね。でもそれも気分で変わるわよ?」

ドロシー様の気分は読みづらいですわ……。

ドロシー「何か言った?」

いいえ、なんでもございませんわ。
やはりその日の気分で物事を変更なさるのも楽しいですわよね。

161 :名無しになりきれ:2015/10/10(土) 20:52:55.02 0
生好き?(性的な意味)

162 :名無しになりきれ:2015/10/10(土) 20:59:29.13 0
この はし わたる べからず

163 :名無しになりきれ:2015/10/10(土) 21:09:06.40 0
けいおんの映画とあの日見たあの花の名前を僕達はまだ知らないは泣ける人は泣ける

164 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/10(土) 21:16:14.98 0
>>161
ドロシー「生? 生魚……お刺身とかのこと? ええ、嫌いじゃないわ」

レオン「生魚か! 南で食べたが、あれはうまかったな!」

ドロシー「レオン、猫っぽいわよ?」

レオン「余は猫ではない! 立派なライオンであるぞ!」

ドロシー「はいはい、ライオンだってお魚くらい食べるわよね」

レオン「うむ、うまければなんでも食うぞ」

ドロシー「ちょっとは肉食獣らしくなさいよ。でも、馬刺しとかも美味しいわよね」

レオン「バサシ?」

ドロシー「馬の生肉よ。赤身でなかなか美味しいのよ?」

レオン「馬は食ったことがないな……ジュルリ」

ドロシー「馬を無闇に襲ったらダメだからね?」

>>162
アリス「それ、有名なとんちだよね? 一休の」

廃棄くん「とんちと屁理屈って、どこが違うんだ?」

アリス「んー、面白いかどうか……かな?」

廃棄くん「面白いなら許されるのかよ」

アリス「面白いって大事だよ? 芸人とか、ただのうるさい人になっちゃうじゃない」

廃棄くん「俺にはただのうるさい人にしか見えないけどな」

アリス「私も少しだけ、そう思うけど……」

廃棄くん「テンションの高さだけで押し切られるお笑いって、俺には分からんな」

アリス「そういう芸人って消えるのも早いよね」

165 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/10(土) 21:16:45.18 0
>>163
ドロシー「どっちも観たけど、なかなかいい感じよね。泣く……ことはなかったけど」

クロウ「ドロシー、泣いちゃダメだヨ?」

ドロシー「感動の涙は違うのよ」

クロウ「カンドウ?」

ドロシー「心が揺り動かされること、かな?」

クロウ「心って胸にあるんだよネ? 僕にもあるのかナ?」

ドロシー「本を読んで楽しいとか感じるのなら、心はちゃんとあるわよ」

クロウ「そっカ! ガレオン戦記は面白いんだヨ?」

ドロシー「そうみたいね。クロウも本をいっぱい読めば賢くなるかも」

クロウ「脳ミソがなくてモ?」

ドロシー「私、クロウはそこまで頭悪くないと思うわよ?」

166 :ジャック:2015/10/10(土) 22:05:07.34 0
脳みそがないクロウにも心があるのに、なぜ私にはないのでしょう…

167 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/10(土) 22:16:49.61 0
>>166
ドロシー「ジャックには人と同じではないけど、ちゃんと心はあると思うわよ?」

ジャック「人と違う……ですか?」

ドロシー「ロボットにしては上等な心よ。私、とっても素敵だなって思うわ」

ジャック「それでも私は、人と同じ心が欲しいのです」

ドロシー「だからって人になるのはどうかと思うなぁ……ほら、ロボットの体って便利じゃない」

ジャック「確かに人の体は不便ですが、利点もございます。特にお嬢様の身の回りの世話に関しては」

ドロシー「私が耐えられないからやめて欲しいな……」

ジャック「お嬢様は私の世話に不満があるのでございますか?」

ドロシー「世話そのものが不満なのよ。私は自立したいの」

ジャック「しかしお嬢様は……」

ドロシー「いいから! しつこいと無視するわよ?」

ジャック「……申し訳ありません」

168 :名無しになりきれ:2015/10/10(土) 22:48:37.04 0
あの花の「あなる」は監督が声優にあなると言わせたかったから、あんなアダ名にしたんだろうね

169 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/10(土) 23:10:25.37 0
>>168
さすがにそれはいかがなものかと思われますわよ?
単に、今更ちょっと恥ずかしい変なあだ名、という意味合いで付けたのではないでしょうか?

ドロシー「あの花は良かったなぁ。原作なしで丁寧な作りは見易くて素敵だったわ」

昨今では漫画やゲームを題材にした作品があまりに多いですものね。
特にゲーム関連の作品は、このところあまり良いものがないように思えますわ。

ドロシー「ペルソナ4は私好きよ? ゲームやってないけど」

左様でございますか。
そういえば原作が小説という「すべてがFになる」の放送が始まりましたわね。

ドロシー「あの小説は最高だったわ。アニメでどれだけ雰囲気を出せるか分からないけど、原作ファンとしては見守りたいと思うわね」

170 :名無しになりきれ:2015/10/10(土) 23:14:10.37 0
ドロシーのあだ名をあなるにしよう(名案)

171 :レオン:2015/10/11(日) 10:52:33.77 0
アリス、余の下僕にしてやるのだ

172 :名無しになりきれ:2015/10/11(日) 12:17:26.64 0
ハリネズミに出会ったとき、何でハリネズミが言葉を喋ってることには驚かなかったの?

173 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/11(日) 19:54:49.25 0
>>170
ドロシー「絶対嫌! 何の関連もないじゃない。冗談じゃないわ」

クロウ「アナルって何かナ?」

ドロシー「あまり言いたくないけど……尻穴のことよ」

クロウ「ドロシーはお尻に穴が開いてるノ!? 僕開いてないヨ!?」

ドロシー「それはクロウがカカシだからよ。だいたいの生き物には開いてるの」

クロウ「フーン……見せテ?」

ドロシー「えっ!?」

クロウ「見せてよドロシー」

ドロシー「嫌、絶対無理!」

クロウ「どうしテ?」

ドロシー「どうしてもこうしてもないわよっ!」

>>171
アリス「えーと……そういうのはドロシーに言ったらどうかな?」

レオン「ドロシーは言うことを聞かないのだ」

アリス「まぁドロシーだもんね……。私を下僕にしても良いことないよ?」

レオン「アリス、お主はとても美味だと猫から聞いたぞ?」

アリス「ちょっとチェシャ猫!?」

レオン「下僕にしておけばいつでも食えるし、他の奴に食われる心配もないのだ」

アリス「私が美味しいってデマだからね? そもそも人間は美味しくないからたくさん居る訳で」

レオン「そうなのか!? ドロシーはおいしそうに見えたのだが……ふむ、まずい肉はいらぬな」

アリス「そうそう、だから下僕とか勘弁してね?」

レオン「だがアリスは何かに役立つかも知れぬのだ!」

アリス「ないから! 私何も出来ないよ!?」

>>172
アリス「驚いたよ? 「なんでハリネズミが日本語喋ってるの?」って訊いたし。返事貰えなかったけど」

チェシャ猫「歪みの国では皆喋るよ?」

アリス「うん、それは痛感した……今更驚いたりはしないわ」

チェシャ猫「言葉を話せないと不便だからね」

アリス「コミュニケーションは大事だよね、うん」

チェシャ猫「それにアリスと話せたほうが、アリスを美味しく食べられるよ」

アリス「いや、その理屈はおかしい」

174 :廃棄くん:2015/10/11(日) 20:00:52.78 0
ドロシー、俺を食え!(フォークをちらつかせ脅かす)

175 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/11(日) 20:37:55.15 0
>>174
アリス「また始まったの? ……公爵夫人もいるんだから、もう満足したんだよね?」

廃棄くん「いや、せっかくなら俺はアリスに食われたい!」

アリス「無理なものは無理だから……ごめんね?」

廃棄くん「一口だけ、一口なら良いんじゃねーか?」

アリス「一口でも絶対お腹壊すからやだなー……」

廃棄くん「……済まないな、ワガママ言って。アリスに食べて貰おうなんておこがましいか」

アリス「こっちこそごめん……私に鋼の胃があったら良かったんだけど……」

廃棄くん「まぁ気にしないさ! 俺は公爵夫人に食べられる、それで満足だから」

アリス「なんだかごめんね……」

176 :名無しになりきれ:2015/10/11(日) 20:48:57.24 0
クロウ「キノコたくさん採ってきたヨー」

177 :名無しになりきれ:2015/10/11(日) 20:50:02.92 0
いやあああああああああああああああああああああああああああああああ

178 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/11(日) 21:14:08.47 0
>>176
ジャック「クロウ、それは全て毒キノコです」

クロウ「食べられないノ?」

ジャック「はい、人間が食べたら確実に死亡します」

クロウ「じゃあドロシーに食べさせられないネ」

ジャック「そのキノコは危険なので焼却処分致します」

クロウ「でもキレイだヨ?」

ジャック「キノコの子実体の寿命は短く、美しさは数日と保ちません」

クロウ「そうなノ? でももったいないヨ?」

ジャック「万が一お嬢様が口にしてしまってはいけないので、やはり焼却処分致しましょう」

ドロシー「ジャック、私が何でも食べるとでも思ってるの?」

ジャック「お嬢様、申し訳ありません。そのような意味合いではなく、万が一を想定した結果です」

ドロシー「万が一でも生キノコなんか食べるかっ!」

>>177
ドロシー「ちょっと、何叫んでるのよ? 虫とかネズミでも出たの?」

ジャック「危険ですお嬢様。何があるか分からないため、近付かない方がよろしいでしょう」

ドロシー「でも、お客さんが悲鳴を上げてるのよ? 助けなきゃ」

ジャック「それは私が代わりましょう。お嬢様はお下がりください」

ドロシー「でも、ジャック一人じゃ心配だし……」

ジャック「ではクロウと参りましょう。クロウも私も生物ではありませんから、危険は少ないはずです」

ドロシー「無理は駄目だからね?」

ジャック「承知致しました」

クロウ「行ってくるネー」

(数分後)

ドロシー「ジャック、大丈夫だった?」

ジャック「はい、どうやらお客様はアルを見て驚かれたそうです」

ドロシー「なんだ、またアルか」

179 :名無しになりきれ:2015/10/11(日) 21:31:02.21 0
アリスよりドロシーの方が太っているよ

180 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/11(日) 21:47:20.01 0
>>179
ドロシー「そ、そう!? 確かにアリスってスタイル良いわね。あんなエプロンドレスが似合うのだもの」

レオン「ドロシーは大食らいだからな」

ドロシー「レオンのほうが食べるじゃない!」

レオン「余は成長期というヤツなのだ。ドロシーと違ってな」

ドロシー「レオンのくせに……いいわよ、肉落とすくらいすぐに出来るわ」

レオン「ほう、断食でもするのか?」

ドロシー「ううん、ちょっと王宮周りを走ろうかと思って」

レオン「あくまで食う量は減らさないのだな」

ドロシー「要するに消費しちゃえば何でも良いのよ」

レオン「だが、王宮の周りは長いぞ?」

ドロシー「……中庭からにしよう、かな?」

181 :名無しになりきれ:2015/10/11(日) 22:11:52.03 0
 フ゜ッ ∩ 
  ℃ゞノ ヽ(・ω・ )
  ⊂´_____∩

182 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/11(日) 22:22:02.37 0
>>181
ドロシー「ちょっと、汚いわね! 時と場所を考えてくれない? それにそんなにくつろいじゃって、一体何様よ?」

まぁ王宮は過ごしやすい環境でございますから、自宅のようにくつろいでくださって構わないのですわ。
放屁に関しては……えーと、人目に触れない程度でしたら。

ドロシー「思いっきり人目に触れてるわね」

あー、まぁ仕方ないこともあるでしょう。
お客様だって今回限りと言うことで、今後は気をつけてくれるはずですわ。

ドロシー「ここは公共の場なんだから、あんまり変なことすると追い出すわよ?」

不愉快に思う方もいるということで、お気をつけなさいませ。

183 :名無しになりきれ:2015/10/11(日) 22:31:34.03 0
ヤキイモ   ∫ 
タベヨウネ ∫ オイシソウダネ
    ○○
J( 'ー)レ[ ̄ ̄](∀`)
( >>  L○亅 << )
    ^^^^

     ∫
    ∫
J( 'ー)レ[ ̄ ̄]('A`)
( >>  L○亅 << )=3
    ^^^^   プゥ

ケラケラケラ  ∫ オナラデ
    ∫   チャッタ
J( 'ー)レ[ ̄ ̄](∀`)
( >>  L○亅 << )
    ^^^^
カーチャンモ
      ∫
J(ー` )レ  ∫
ノヽノヽ=3[ ̄ ̄](∀゚)
 くくプゥ L○亅 << )
     ^^^^

      从巛ミ彡)
J('ー`)レ ノ⌒ヾミ彡)"
ノヽノヽノ"  彡)彡
 くく⌒〜L○彡<< )
     ^^^^

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄
__     o
た|    ゚
け|
し|
の|
墓| ○ J('ー`)レ...
 ̄ ̄|∀  << )

184 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/11(日) 22:43:06.03 0
>>183
アリス「ちょっと笑えない、かな……いや、笑うべきかも知れないけど」

廃棄くん「確かに屁は引火するらしいな。アリスも試してみたらどうだ?」

アリス「絶対無理っ!! 第一こっちに引火するかも知れないし」

廃棄くん「屁で火傷とか、医者に行ったら笑われるぜ?」

アリス「嫌よそんなの!」

廃棄くん「人気者になれるチャンスだと思ったんだがなー」

アリス「そんな人気はいらないから!」

185 :名無しになりきれ:2015/10/11(日) 22:49:03.95 0
ドロシーのおじいちゃんはオズ?

186 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/11(日) 23:05:48.04 0
>>185
ドロシー「いいえ、向こうの……お客さんと同じ世界の人よ。路頭に迷ってたお婆ちゃんを助けたらしいわ」

ジャック「詳しいことは不明なので、推察でしかありませんが」

突然異世界に飛ばされて、右も左も分からぬ中助けてくれた人と恋に落ちる……素晴らしいですわ!
ああ、私もそんなゾンビな方と恋に落ちたいものです。

ドロシー「何故ナチュラルにゾンビが入った?」

ジャック「不明です」

あら、良いではありませんか。
美丈夫だろうとゾンビだろうと、恋に落ちた人が最愛の人なのですから。

ドロシー「リジーは良い事を言ってるのか違うのか、よく分からないわね……」

187 :名無しになりきれ:2015/10/12(月) 04:10:40.99 0
某オンラインゲームでストーカー被害にあっている…
俺のいるところいるところに必ずストーカーさんが現れてめっちゃ話しかけてくるんだ…
いつもそれを聞いて優しい言葉をかけちゃう俺に原因があるのかもしれないけどさ…
最近マジで怖くなって来た…
まだゲーム辞めたくないし、どうしたらいいんだよ…

188 :バカボンパパ:2015/10/12(月) 05:13:52.63 0
わしのマネをするのはやめるのだ!(レオンを殴る)

189 :名無しになりきれ:2015/10/12(月) 10:39:49.64 0
 ああああぁぁぁぁ! アリスの家が!!! 〈      、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘ .・”
                          〈       ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、
YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY´     ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;
                              、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;
::::::::::::::::::::::   ____,;' ,;- i                、 ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人
::::::::::::::::::   ,;;'"  i i ・i;                _、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、___
:::::::::::::::  ,;'":;;,,,,,, ;!, `'''i;.               / ( ´;`ヾ,;⌒)´  从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・/\
:::::::::::  ,/'"   '''',,,,''''--i                / :::::. :::    ´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ. _/    \
:::::::::  ;/  .,,,,,,,,,,,,,,,,,   ;i'⌒i;         /    ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ__/       \
:::::::  i;"     ___,,,,,,,  `i"        /_______________/|          |\
::::::: i;    ,,;'""" `';,,,  "`i;          ̄|   _____  .______.  |   葛木宅  .|
::::::: |  ''''''i ,,,,,,,,,,  `'--''''"          |  |       |  |         |  |          |
::::::: |.    i'"   ";                 |  |       |  |         |  |          |
::::::: |;    `-、.,;''"                    |  |       |  |         |  |          |
::::::::  i;     `'-----j             |  | ==== .|  | ===== .|  |          |
                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

190 :シロウサギ:2015/10/12(月) 18:41:39.83 0
 君が涙のときには 僕が歪みを吸いとる
 孤独な人につけこむようなことは言えなくて
 君を泣かせたあいつの正体を僕は知ってた
 ひきとめた僕を君は振りはらった遠い夜
   ここにいるよ 愛はまだ
   ここにいるよ いつまでも

191 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/12(月) 20:21:40.37 0
>>187
ドロシー「ゲームでストーカーかぁ。突然接触を断つのは良くないらしいわよ? それで住所とか詮索されたら困るでしょう?」

愛故に、ですわね。構ってくれる人、優しい人に好意を寄せてしまうのはある意味仕方のないことでしょう。
だからと言って、態度を変えてしまうのも危険ですわ。相手に変な刺激を与えるべきではありません。

ドロシー「まぁ対策としては、警察も動けないだろうから……当事者同士の話し合いね。でも二人きりは駄目よ?」

ええ、信頼出来る第三者が入ることで、相手に対する抑止力になりますから。
お互い冷静に話し合い、納得出来るまで追求することが必要ですわね。
相手も人間なのですから、冷静に話し合えば分かってくれるはずですわ。

ドロシー「それでも駄目なら……GMに通報するしかないわね。あまりお勧め出来ないけど」

必要なのは相手を感情的にさせないこと、冷静に対処することですわ。
身近に相談出来る人がいると良いのですけど……。

ドロシー「まぁストーカーが出来る程人当たりが良いなら、信頼出来る人のひとりくらいはいるでしょ」

>>188
レオン「何をするのだ変なヤツめ! 食いちぎってくれようっ!」

ドロシー「人に怪我させちゃ駄目よ、レオン?」

レオン「だが、殴って来たのだぞ?」

ドロシー「レオンは強いのだからへっちゃらでしょ?」

レオン「まぁ、それはそうだが……」

ドロシー「なら我慢なさい。王様なんでしょ?」

レオン「う……うむ、我慢するのだ」

ドロシー「ついでに話し方も直したら?」

レオン「むっ、これは偉そうだからこうしているのだ! 威厳があるだろう?」

ドロシー「いや全然?」

レオン「ドロシーにはこの良さが分からぬのだ!」

ドロシー「分かりたくもないわよ」

192 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/12(月) 20:22:15.39 0
>>189
アリス「家がジュラル星人のせいで!」

廃棄くん「ああ、盛大に燃えてるな」

アリス「ど、どうしよう!?」

廃棄くん「あきらめろ、こうなったらどうしようもない」

アリス「そんな……」

廃棄くん「今は叔父さんの家に住んでるんだし、問題はないんだろ?」

アリス「そうだけど……」

廃棄くん「思い出だって嫌なものばかりなんだから、気にすんな」

アリス「そうだね……思い出と一緒に燃えちゃうのかな……」

廃棄くん「しかしこの火力、もったいないな」

アリス「へ?」

廃棄くん「バーベキューでも出来ないか?」

アリス「そんなことしたら、焦げパンが一丁出来上がるよ?」

廃棄くん「……それはまずいよな」

>>190
アリス「空と君のあいだに、の替え歌だね。ふーん、シロウサギはこういう歌も歌うんだ?」

チェシャ猫「シロウサギは作中でも歌ってたね」

アリス「作中とか言わない! ちょっと不気味な歌だったけどね」

チェシャ猫「歪アリの曲は良いものばかりだね」

アリス「そうね……雰囲気が出てて、私は好きだなぁ」

チェシャ猫「サントラCDもあるよ」

アリス「何故宣伝!?」

チェシャ猫「設定資料集も出るんだよね」

アリス「それは私も楽しみ! どんな裏設定が出て来るのかなぁ?」

チェシャ猫「アリスのスリーサイズとかだよ」

アリス「それは困るから!」

193 :アルフォンスエルリック:2015/10/12(月) 20:28:46.75 0
あなたの魔法で僕を人間に戻して下さい

194 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/12(月) 20:51:22.39 0
>>193
オズ「んー、お前の肉体は別の者に囚われている。欠けたままでは人間の身体には戻れないな」

ドロシー「それは残念ね……でも、鎧の身体って便利じゃない?」

オズ「いい加減なことを言うんじゃないぞ、ドロシー。こいつだってそれなりに苦労しているはずだ」

ドロシー「……ごめん。戻りたいってことは、やっぱり嫌なのよね」

オズ「お前はいつも考えなしに喋るからなぁ……そういうところ、少しは直せ」

ドロシー「オズに心配される程じゃないわよ……私だって成長したんだから」

オズ「ほぅ、どこがだ?」

ドロシー「……オズ、親父っぽい」

オズ「俺はまだ若いぞ!」

195 :名無しになりきれ:2015/10/12(月) 21:09:36.85 0
ドロシーはエラが張ってる?

196 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/12(月) 21:23:12.63 0
>>195
ドロシー「張ってない! むしろ細身な骨格よ?」

ジャック「某ゲームがアメコミ化された際、主人公の顎が割れたとお嬢様は大変喜ばれてましたね」

ドロシー「まぁね。でも考えてみたらこの作品だってメディアミックスされる可能性もあって、どんな変更が加えられるか分かったものじゃないわよね……」

ジャック「その可能性は否めません。一番の可能性は、話の短縮でしょう」

ドロシー「話の短縮?」

ジャック「オズ歩は大長編です。故に、話を削って尺を調整する可能性が高いと思われます」

ドロシー「それは……ちょっと嫌ね。もったいないわ」

ジャック「その可能性を視野に入れますと、メディアミックスの危険は低くないものと考えられますね」

ドロシー「難しいのね、そういうのも」

197 :名無しになりきれ:2015/10/12(月) 21:39:59.65 0
短いスカート履いてると子供産めなくなってばっちゃんが言っていた

198 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/12(月) 21:50:05.03 0
>>197
ドロシー「何その迷信。第一私のスカートは膝丈くらいだから、そこまで短くないわよ?」

アリス「ミニスカートの基準って世代によって違うのかもね」

ドロシー「その点アリスのスカートは文句無しのロングスカートよね。スカートが膨らんでいる分ウエストが細く見えるのが素敵だわ」

アリス「ドロシーだって似合うと思うな。試しに衣装チェンジしてみる?」

ドロシー「いや……もしどっちかがキツいってなったら哀しいからやめましょ……」

アリス「大丈夫だと思うけどな。私の見立てだと、ドロシーと私ってサイズ同じだもん」

ドロシー「分からないわよ? 近いからこそ微妙な差が問題になるのよ」

アリス「ドロシーは太らない体質なんだから大丈夫だって」

ドロシー「ふーん、アリスは自信あるのね?」

アリス「ううん、気にしないだけだから」

ドロシー「その無神経さが羨ましいわ!」

アリス「えー……」

199 :名無しになりきれ:2015/10/13(火) 18:34:47.29 0
ドロシーは1日何回うんこする?

200 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/13(火) 19:42:29.49 0
>>199
ドロシー「ノーコメント。っていうか女の子にする質問じゃないわよ? 最低」

確かに品性に欠ける質問でしたわね。この件に関しては私から注意しておきますわ。

ドロシー「うん、よろしくリジー。やっぱりお客さんを招くからには審査が必要じゃない?」

オズ大王曰く、異世界より広く自由に客人を招くことで、新たな可能性を模索する……とのことでしたわ。
どんなお客様が新たな可能性になるかは分かりません。だから審査をしないのでしょう。
不愉快なお客様に対してはちゃんと対処致しますので、ドロシー様も少しだけ我慢して頂けると助かりますわ。

ドロシー「む……分かったわ。まぁいちいち怒るのも大人気ないわね」

ありがとうございます、ドロシー様。では先ほどのお客様を沼に沈めて参りますので、少々お待ちくださいませ。

ドロシー「よろしく……って沼!? さすがにやり過ぎじゃない?」

大丈夫ですわ、沼に落雷が起こると新たなお客様が生まれるそうでございますから。

ドロシー「何故にスワンプマンを持ち出すのよ?」

201 :名無しになりきれ:2015/10/13(火) 20:06:02.39 0
ジブリで一番好きな作品は?

202 :名無しになりきれ:2015/10/13(火) 20:09:44.04 0
  (\
  | )  /)
  / /  ( |
  / /  ||
 ( \  / |
  \ \/ /
 _|   /_
   ̄三三三二

203 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/13(火) 21:34:35.68 0
>>201
ドロシー「ジブリで……ナウシカかな。原作も面白かったし」

レオン「ほう、それを選ぶのか」

ドロシー「ナウシカの良いところは、良い意味で原作改変をしてるところなのよ。実際の物語はもっと長いものだから」

レオン「そんなに長いのか?」

ドロシー「漫画で確か7巻、緻密な書き込みだからもっと長く感じるわよ?」

レオン「ふん、機会があれば読んでやろう」

ドロシー「レオン、漫画読めるの?」

レオン「造作もないのだ!」

>>202
ドロシー「八つ墓村か!?」

ドロシー様、正しくは犬神家の一族でございますわ。

ドロシー「あ、間違えたわ。たまにごっちゃになるのよね」

そうですわね。こうして見ていると、シンクロナイズドスイミングにも見えては来ませんか?

ドロシー「足が綺麗に伸びてないわ、3点」

あら、お厳しいのですわね。お客様の渾身のボケなのですわよ?

ドロシー「ここはお笑い番組じゃないのだから、芸で人気を集める必要なんてないわ」

まぁ、そうでございますわね。
あのお客様はいかがしましょう? 一人ではおそらく元の姿勢に戻れないと思われますが。

ドロシー「放っておいても大丈夫じゃない? 駄目でも土左衛門がひとつ出来るだけよ」

土左衛門! ああ、それは素敵ですわ!

204 :名無しになりきれ:2015/10/13(火) 21:46:56.31 0
ドロシーの髪を黒くしてあげる

205 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/13(火) 22:22:57.00 0
>>204
ドロシー「それ私も試そうと思ったんだけどね、女神の力が内包されてるこの髪には、染料の効果は効かないらしいのよ」

206 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/13(火) 22:29:35.41 0
あら、うっかり投稿しちゃいましたわね?
まぁ、気にせず進めましょう。

ドロシー「うん、そうするわ……。で、私に黒髪って似合うかしら?」

えー、似合わないこともないとは思われますが、その金髪も大変お似合いですわよ?

ドロシー「そう? 私ってあまり色白じゃないし、似合ってるのかしら……女神みたいに美人でもないし」

ドロシー様、ドロシー様にはドロシー様だけの美しさがあるのです。
ご自分の美しさを理解することもまた、乙女の嗜みですわよ?

ドロシー「そう? あ、髪型はどうかしら? 短くしても良いかなって思うのだけど」

短い髪もきっと似合うと思いますわ。
しかし、せっかくの金髪を切ってしまうのは惜しいですわね……。

ドロシー「どうせストーリー上切ることになるんだけどね」

207 :名無しになりきれ:2015/10/13(火) 22:53:15.27 0
ドロシーはショートボブが似合いそう

208 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/13(火) 23:17:26.33 0
>>207
ドロシー「ショートボブかぁ、悪くないわね」

クロウ「ドロシー、髪切るノ?」

ドロシー「まぁ考えているとこ。前髪はどうしよう? 長く横に流すのも良いけど、パッツンも可愛いわよね」

クロウ「ドロシーはそのままがキレイだと思うヨ?」

ドロシー「えっ、そう?」

クロウ「ドロシーの髪はピカピカしてキレイだからネ」

ドロシー「私の頭は豆電球か何かじゃないのよ?」

クロウ「まるでお月様みたいだよネ!」

ドロシー「よく分からないけど……まぁ、クロウが言うなら長いままも良いかもね」

209 :アリス:2015/10/14(水) 04:44:09.77 0
同情するならお金をちょうだい!

210 :名無しになりきれ:2015/10/14(水) 18:12:44.07 0
ドロシーのわき、くさっ!

211 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/14(水) 20:21:46.85 0
>>209
アリス「そんなこと言わないから!」

チェシャ猫「アリス、お金に困っているのかい?」

アリス「困ってないよ、気にしなくて良いってば」

チェシャ猫「お金ってニンゲンが持ってるんだよね?」

アリス「はい禁止! 人からふんだくったりしちゃ駄目だからね!?」

チェシャ猫「ヒトを×せば文句は言われないよ」

アリス「駄目だってば!」

チェシャ猫「エー」

アリス「えーじゃない! 全く、少しは常識を弁えてよね?」

チェシャ猫「ジョウシキ?」

アリス「そこから説明しろって言うの!?」

>>210
ドロシー「秋だし新しい香水を試してみたんだけど……そんなに不快な匂いだったかしら?」

そんなことないと思いますわよ? むしろドロシー様が香水などのお洒落に気を配るようになって、私としては嬉しいですわ。

ドロシー「匂いの付くものはトトが少し嫌うのだけど、今更気にする必要はないかなって」

なるほど、そうでございましたか。
まぁ今更ですわよね、気になさる必要はないかと。

ドロシー「香水は色々あるけど、私は柑橘系が好みなのよね」

ドロシー様らしくて良いと思いますわ。
爽やかな果実の香りは、気持ちをリフレッシュさせる効果があるのだそうですわね。
今回ドロシー様がお付けになったものは、一流の調香師に特別に作らせたものです。ドロシー様だけの香りですわ。

ドロシー「なんだか高価そうね……」

オズ大王の私財から払われておりますので、気にする必要はありませんわ。

ドロシー「なんだ、なら豪遊しても大丈夫ね!」

212 :名無しになりきれ:2015/10/14(水) 20:41:14.95 0
メロンパン → メロン入ってない
          でもメロンは存在する

ウグイスパン → ウグイス入ってない
           でもウグイスは存在する

カニカマ → カニ入ってない
         でもカニは存在する

きつねうどん → きつね入ってない
           でもきつねは存在する

金太郎飴 → 金太郎入ってない
         でも金太郎は実在した人物

わんこそば → わんこ(犬)入ってない
          でもわんこ(犬)は存在する

カッパ巻き → カッパ入ってない

上記の例より、カッパが存在することは確定的に明らか

213 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/14(水) 20:58:17.71 0
>>212
ドロシー「それなんて暴論!? まぁ昔の人にとっては、河童は実在する生き物だったんじゃないかしら?」

ジャック「そちらの世界では不明ですが、こちらでは河童は実在する存在です」

ドロシー「あ、前にもそんな話したっけ?」

ジャック「はい。お嬢様は河童にご興味がおありで?」

ドロシー「んー、別にどうでも良いかな? 綺麗な人魚は見れたんだし、水棲生物はお腹いっぱい」

ジャック「モーナ様のことですね?」

ドロシー「うん、モーナ綺麗だったなぁ。儚いというか、お淑やかというか」

ジャック「では、見習って所作を身に付けてみてはいかがでしょうか?」

ドロシー「モーナみたいな所作を私が? いや、似合わないわよ」

ジャック「そうでございますか?」

ドロシー「うん、私みたいな普通の女の子があんな華麗な所作は絶対似合わないわ!」

ジャック「言い切るのですね?」

214 :名無しになりきれ:2015/10/14(水) 21:01:21.69 0
金木犀の匂いは好き?

215 :名無しになりきれ:2015/10/14(水) 21:09:57.56 0
読書の秋だけど、本を読んでる?

216 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/14(水) 21:23:16.69 0
>>214
ドロシー「ええ、好きよ。でも、そろそろ金木犀も散った頃よね。あれは秋の訪れを告げる花だから」

芳香剤や香水、ポプリなど季節外でも香りを楽しむことは出来ますわね。
変わったところだと、桂花陳酒という金木犀のお酒もありまして、それを用いたカクテルを楊貴妃と言うのですわ。

ドロシー「へぇ、色々あるのね。さすがにお酒は早いけど、あの甘い香りの飲み物って素敵」

ワインベースのリキュールで度数も13〜18度とあまり高くありませんから、飲酒初心者にも優しいですわね。

ドロシー「13度って、決して低くない数字だと思うけど……」

あら、そうでございますか? これは失礼を。
あまり変なことを言うと、酒呑みだと思われてしまいますわね。

>>215
ドロシー「んー、今年はあんまり読んでないなぁ」

クロウ「本ならガレオン戦記を貸そうカ? ドロシー」

ドロシー「ガレオン戦記って結構な長編……って言うかシリーズ執筆中なのよね。そんな長いの読めるかしら?」

クロウ「ドロシーなら大丈夫だヨ」

ドロシー「その自信はどこから?」

クロウ「僕でも読めるかラ」

ドロシー「なるほど。でも私、クロウほど我慢強くないのよね」

クロウ「そうだネー」

ドロシー「そこは否定なさいよ!」

217 :ジャック:2015/10/14(水) 21:43:28.80 0
最近、お嬢様の体重は3キロ増加しております

218 :名無しになりきれ:2015/10/14(水) 21:55:16.57 0
雪乃の苗字は何だ?

219 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/14(水) 22:08:04.76 0
>>217
ドロシー「嘘!? って言うかどうやって測ったの?」

ジャック「失礼ながら寝室でお休みの際、抱き上げて測定させて頂きました」

ドロシー「勝手に測るの禁止!」

ジャック「申し訳ありません」

ドロシー「でも3kgかぁ……。あ、もしかしたら!」

ジャック「どうかされましたか?」

ドロシー「これよ!」

ジャック「それは……ライフルでございますね」

ドロシー「昨晩はこれを抱いて寝てたのよ」

ジャック「なるほど。しかし何故ライフルを?」

ドロシー「このひんやり感が心地良くて。やっぱりライフルは良いわよね」

>>218
アリス「雪乃の苗字……えっと、聞いた覚えはあるんだけどな……なんだっけ?」

チェシャ猫「ユキノはいないよ」

アリス「じゃあ確認のしようがないかぁ。親友の苗字を忘れるなんて、私どうしたんだろ?」

チェシャ猫「仕方ないさ」

アリス「いつも雪乃って呼んでるから、苗字なんて口にしないんだよね……」

チェシャ猫「アリスもアリスだよ」

アリス「私には葛木って苗字があるから! 名前だって亜莉子でアリスじゃないからね?」

チェシャ猫「アリスはアリスだよ」

アリス「チェシャ猫、人の話聞いてる?」

チェシャ猫「アリスの声はいつだって聞こえるよ」

アリス「なら会話しようよ!?」

220 :名無しになりきれ:2015/10/14(水) 22:37:26.19 0
雪乃は雪が苗字で乃が名前だろう

221 :名無しになりきれ:2015/10/14(水) 23:00:10.78 0
お嬢様聖水ってどんな味?

222 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/14(水) 23:17:48.32 0
>>220
アリス「……それはないと思うけど……」

チェシャ猫「僕もチェ=シャ猫だよ」

アリス「何その衝撃の事実!?」

チェシャ猫「冗談さ」

アリス「えー……チェシャ猫の冗談は冗談に聞こえないから!」

チェシャ猫「猫だからね」

アリス「猫関係あるの!?」

チェシャ猫「猫は冗談が好きなんだよ」

アリス「やっぱり私のことからかってる?」

チェシャ猫「さぁ? 僕らのアリスだからね」

>>221
ドロシー「売ってるのは知ってるけど……見たことないし、当然飲んだこともないわ」

ジャック「女性向けのエナジードリンクですが、一部の男性から強く支持されているようですね」

ドロシー「不思議よね、そんなに美味しいのかしら?」

ジャック「データが不足しています。ただ、ネーミングに惹かれる男性が多いのだとか」

ドロシー「ネーミング?」

ジャック「信憑性に欠ける情報源のため、こちらも詳細は不明です」

ドロシー「まぁ、ちょっと変わった名前よね。そのせいかしら?」

223 :名無しになりきれ:2015/10/14(水) 23:23:09.77 0
男性に人気ぐあるのは、若い女性店員の反応を見て楽しみたいからじゃないか

224 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/14(水) 23:31:58.73 0
>>223
ドロシー「なるほど、その可能性は考えなかったわね……で、それって意味あるの?」

レオン「店員に奇異の目で見られて何が楽しいのだ?」

ドロシー「さっぱり分からないわね」

レオン「うむ、余にも分からぬ」

ドロシー「試しにやってみましょう! レオン、行ってきて」

レオン「余に買いに行けと言うのか!?」

ドロシー「だって、レオンなら間違いなく奇異の目で見られるわよ?」

レオン「嫌なのだ! 余は変な目で見られても嬉しくないのだ!」

ドロシー「そこはちょっと我慢なさいよ。男の子でしょ?」

レオン「むむ、ドロシーはゴクアクなのだ……」

225 :名無しになりきれ:2015/10/15(木) 12:44:57.71 0
ドロシーは聖水の意味を知ってるのか(ドン引き)

226 :名無しになりきれ:2015/10/15(木) 15:28:49.11 0
年を取ると紅葉を観賞するようになるのかね

227 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/15(木) 20:44:15.98 0
>>225
ドロシー「聖水ってアレでしょ? 聖職者に清められた水とか、聖なる泉の水とか……とにかく聖なる水のことね」

この世界にも聖水は存在しますわ。女神が身を清められたという伝説のある泉がございますの。

ドロシー「へぇ、そうなんだ?」

あまりに人が押し寄せるので、現在では沐浴は禁止されておりますけどね。

ドロシー「それは大変ね……」

あと話は少々変わりますが、海に繋がる不思議な沼があるという噂もありますわね。
一説によると、南水地方の湿地帯の沼のひとつだとか。とても美しい水が特徴だそうですわ。

ドロシー「色々とあるのね。女神信仰ってこの国では本当に大切にされているようね」

この国では異世界のように、複数の宗教が存在する訳ではありませんから。
言わば私たちにとって信仰は空気のようなもの、存在することが自然なのですわ。

ドロシー「そう言われると、なんだか女神の娘ってことになってる私の存在が申し訳なく思えて来るわね……」

あら? 素敵なことではありませんか。御使いの存在もまた信仰の対象なのですわよ?

ドロシー「だから申し訳ないのよ」

>>226
ドロシー「そう? 紅葉を鑑賞するのに年齢なんて関係ないわよ。私も好きよ、紅葉狩り」

レオン「赤い葉っぱなんぞ見て何が楽しいのだ?」

ドロシー「綺麗じゃない。それに秋は過ごしやすい季節だから、紅葉を目的としたピクニックも楽しめるのよ?」

レオン「ふん、余には分からぬな」

ドロシー「レオンも行きましょうよ、お弁当持って」

レオン「お弁当! 良いな、実に良い!」

ドロシー「気持ちは分かるけど落ち着きなさい。レオンも食いしん坊なんだから」

レオン「ドロシーに言われたくないぞ!」

ドロシー「どういう意味よ?」

レオン「余よりドロシーのほうがずっと食いしん坊なのだ」

ドロシー「怒るわよ?」

レオン「むぅ、小突いてから言う台詞ではないのだ」

228 :名無しになりきれ:2015/10/15(木) 20:51:03.52 0
つニンニク味噌ラーメンチャーシュー抜き

229 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/15(木) 21:03:02.65 0
>>228
ドロシー「チャーシュー抜いちゃうの? もったいないわね」

アリス「その前に私はニンニクが駄目だけど」

ドロシー「アリス、ニンニク嫌いなの?」

アリス「嫌いじゃないよ? 嫌いじゃないけど……匂いが気になるから」

ドロシー「何よ、女の子みたいなこと言って」

アリス「私たち二人共女の子だからね!?」

ドロシー「口臭がそこまで気になるなら、匂い消しの錠剤とかあるじゃない」

アリス「あー、あれって逆に匂いキツくない?」

ドロシー「まぁ、匂いを匂いで消してる訳よね?」

アリス「それにお店だと服にも匂いが移ったりするから、そもそもその手のお店は遠慮したいな」

ドロシー「そんなこと言ってると美味しいものが食べられないわよ?」

アリス「そのくらい我慢出来るから!」

230 :名無しになりきれ:2015/10/15(木) 21:17:48.64 0
好きな芸能人教えて

231 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/15(木) 21:24:08.38 0
>>230
アリス「んー、実は芸能人とか興味ないんだよね……」

廃棄くん「アリスはほとんどテレビとか見ないもんな」

アリス「うん、天気予報とニュースが最低限分かればそれでいいから」

廃棄くん「でも歌手は好きだろ?」

アリス「歌は好きだけど歌ってる人には興味ない」

廃棄くん「アリス……人間に興味持たないからぼっちなんだぞ?」

アリス「ぼっちじゃないもん、雪乃がいるもん」

廃棄くん「おいおい拗ねるとか子供か!」

アリス「まだ高校生よ!」

廃棄くん「いい加減高校生にもなったら拗ねたりしねーぞ?」

232 :名無しになりきれ:2015/10/15(木) 21:32:50.59 0
新品のジャムパン「アリス、僕を食べて」

233 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/15(木) 22:03:14.76 0
>>232
アリス「えーと、その、ごめん。今お腹いっぱいだから」

廃棄くん「俺は食わねーのにそっちを食うんだったら、危うく殺すところだったぜ」

アリス「なにそれこわい」

廃棄くん「いや、冗談だ。俺たちがアリスを殺す訳ねーだろ?」

アリス「その割に死の危険にはたびたび遭ってるんだけどね……」

廃棄くん「確認するが、アリスは別にパンが嫌いって訳じゃねーんだよな?」

アリス「うん、むしろ好きよ? 特にあんパンとストロベリージャムパンは大好きかな」

廃棄くん「じゃあ何で食わねーんだよ?」

アリス「人型はちょっと抵抗あるのと……また小さくなったりしたくないんだよね……」

廃棄くん「それはどうしようもない、諦めろ」

アリス「えー……」

234 :名無しになりきれ:2015/10/15(木) 22:19:04.26 0
                  ,!  \
           ,!\          !    \   これは乗り越えるべき試練だ・・・
         i  \         l      \,,..__
          ,i′  ,\___,,--―l       \::゙'冖ーi、、
        i     :;\::::::::::..l              `'‐、、
       /__,..;:r---―-、,..__.     ,;'il:;}          .;:::`L__
   ,.:f''""゙゙゙´          、 ̄ヽ,//           ...::::::l;;;:;;::::
  _/       ......  、   \//、            ::::::::リ;;:::::::::....
//       ......:;::::::::::::. ヽ、\ ゙ヽ  ヘ    ●      ....:::::::::i';;;;::::::::::::
;;/    ::::::::::::;;;;;ノ ̄\:: 〉 〉゙'、 `ヽ_ノ       ......:::::::.;;;:ノ:;;;:::::::::::::
/    ..::::、__;;ノ;;;`ヽ_/: / /⌒)メ、_ノ/         .....:::::;;;/;;;:::::;;:::::::::
     ..:::イ;;.ヽ::;;;;;;;;;(__ノ /'"..:::::::::::::/  ...............:::::::::::;;;,;ノ;;::::::::::::::::
     :::::::l;;;;;;;;;\;;;;;;;,.(__ノ;.;:.\:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::;;;;;/;:::::::::::::::::
    ::::::::,!::;;;;;;;;;;:.`゙'-、、  ::: \_/::::::::::;;;___,.;-―''"::::::::::::::::::::::::
   ..::::::::::,!;;;;;:;;;;;:::;;;;;:::;;;;;;`゙ ̄'''冖''―--―'";;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::::

235 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/15(木) 22:31:28.16 0
>>234
ドロシー「何を落ち込んでるのよ? 話くらいは聞くわよ? あ、あと王宮は禁煙ね」

乗り越えるべき試練……と仰ってますわね。
何か苦境に立たされているのでしょうか?

ドロシー「どんな苦境か知らないけど、立ち向かう勇気さえあれば大丈夫よ。安心して本気を出しなさい」

ドロシー様はもういくつも壁を乗り越えたという面構えですわよね、さすがでございます。

ドロシー「こっちに来てからの旅は、苦境の連続だったもの。今更ちょっとやそっとの修羅場くらいじゃビビらないわ」

素晴らしいですわ!
やはりドロシー様は讃えるべきお方、私共とは別世界の存在なのですわね。

ドロシー「いや、そんなことないわよ。私はあくまで普通の人間。でも、だからこそ出来ることもあると思うのよ」

普通だから、出来ること?

ドロシー「共に寄り添うこと、一緒に頑張ること……それは同じ立場じゃないと出来ないでしょう?」

ふふ、ドロシー様はやはり素晴らしいお方ですわ。
しようと思えても出来ないことと言うのは、たくさんありますもの。
それを実行出来てしまうドロシー様はやはり特別なのですわ。

ドロシー「そんなことないと思うけどなぁ」

236 :名無しになりきれ:2015/10/15(木) 22:40:49.70 0
原作を勝手に改変するアニメ監督をどう思う?

237 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/15(木) 22:56:35.44 0
>>236
ドロシー「んー、出来れば原作に忠実な方が良いと思うけど、そっちの方が面白いってこともあるのよね……」

クロウ「そうなノ?」

ドロシー「そういうこともある、って話よ。クロウはガレオン戦記がアニメ化とかされたらどう思う?」

クロウ「楽しいと思うナ!」

ドロシー「そっか、楽しんだ者勝ちよね」

ジャック「ガレオン戦記は人気が高いため、舞台の演目として演じられることも多いそうです」

ドロシー「そうなの!? ちょっと観てみたいわね、クロウ」

クロウ「そうだネ!」

238 :名無しになりきれ:2015/10/15(木) 23:04:02.71 0
夏目漱石の本は読んだことある?

239 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/15(木) 23:24:39.09 0
>>238
アリス「うん、何作か読んだよ? 一番面白かったのは吾輩は猫である、かな。猫の擬人化なんて今じゃ当たり前だけど、当時としては珍しいものだったんじゃないかな?」

廃棄くん「アリスは本が好きなんだっけ?」

アリス「んー、普通? でも幻想的な物語とかは大好き」

廃棄くん「だから俺らのようなものが生まれるんだな……。その手の傾向なら何が好きなんだ?」

アリス「色々とあるけど……一番はミヒャエルエンデのモモって作品! 時間をテーマにした物語なの」

廃棄くん「時間ねぇ。まぁアリスが好きと言うなら、良い話なんだろ」

アリス「そういう台詞は読んでから言って欲しいなぁ」

廃棄くん「分かった、時間があったら読むさ」

アリス「その時間に関する考え方が一変するよ?」

240 :名無しになりきれ:2015/10/16(金) 05:09:07.97 0
_(:3」∠)_

241 :名無しになりきれ:2015/10/16(金) 06:29:06.37 0
朝食はご飯派?

242 :名無しになりきれ:2015/10/16(金) 16:24:07.16 0
ドロシー「こんな星などもういるもんかー!粉々に打ち砕いてくれるわー」

243 :雪だるま:2015/10/16(金) 20:37:06.93 0
ダーリンは寒いのも暑いのも嫌いだと思ったから、東地方の秘境に新しい家を建てたよ
二人で一緒に住もう

244 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/16(金) 20:51:21.96 0
>>240
ドロシー「どうしたの? そんなにダラけて。床と融合するまで寝てるつもり?」

レオン「余も眠いのだ……この頃は朝方目が覚めて困る……そもそも余は夜行性なのだ」

ドロシー「夜行性な生活してると、ご飯食べ損ねるわよ?」

レオン「ドロシーはひどいのだ!」

ドロシー「別にご飯あげないって言ってるんじゃないんだから、ちゃんと生活習慣を整えれば良いのよ」

レオン「それが難しいと言っておるのだ!」

ドロシー「ご飯本当にあげないわよ?」

レオン「むむむ……」

>>241
ドロシー「ご飯かパンかという論争に、あえてシリアル派を提唱したいわね」

話がややこしくなりますわよ?

ドロシー「でもシリアルも美味しいわよ? コーンフレークとか」

何より手軽なのが重宝しますわね。調理の必要もありませんし、食物繊維も豊富です。

ドロシー「牛乳が定番だけど、あえてヨーグルトと合わせるのも美味しいのよ?」

栄養が摂れてよろしいですわね。
ちなみにドロシー様はどのメーカーのシリアルがお好きなのですか?

ドロシー「イチオシはフルーツグラノラね。オールブランもなかなかよ」

>>242
ドロシー「フリーザか何かじゃないんだから、そんな物騒なこと言わないわよ」

レオン「ド、ドロシーは星を壊せるのか!?」

ドロシー「いや無理だから」

レオン「お、恐ろしいのだ……余はとんでもない者を下僕にしてしまったのだ……」

ドロシー「壊せないし下僕でもないからね!?」

レオン「本当か?」

ドロシー「本当よ、第一どうやって壊すってのよ?」

レオン「こう、ジャックみたいにビーって」

ドロシー「出来るかっ!」

245 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/16(金) 20:57:57.59 0
>>243
ドロシー「東風地方にも別荘建てたの!? 本当にお金持ちなのね、馬鹿じゃない?」

雪だるま「ダーリンが喜ぶかと思って」

ドロシー「私は都会に住むのが憧れだったのよねぇ、住んでたのが田舎だったから」

雪だるま「じゃあ都にも三軒目を」

ドロシー「無駄遣いするなっ! 家なんて賃貸で十分じゃない」

雪だるま「他人と顔を合わせるのはちょっと……」

ドロシー「そういうところ、少しは直した方が良いわよ?」

雪だるま「ダーリンが言うなら頑張る……」

246 :メグ姉さん:2015/10/16(金) 21:04:46.94 0
ドロシーちゃんはおっぱい揉むの上手ね
あぁん、感じちゃうわ!

247 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/16(金) 21:19:07.79 0
>>246
ドロシー「メグねえさん……普通に乳搾りさせてくれない?」

メグ「ふふ、冗談よ。ところで坊ちゃんとの仲は進展したの?」

ドロシー「するかっ! そもそも私、キース嫌いだもの」

メグ「坊ちゃんはちょっと人当たりが悪いだけで、本当は良い子なのよ?」

ドロシー「優しくない人と付き合う気はないなぁ」

メグ「じゃあジャックちゃん!」

ジャック「申し訳ありません、現在お嬢様のもとを離れることは出来ないので」

メグ「残念だわー……うちの坊ちゃん、いい歳なんだからそろそろ結婚してくれなきゃ……誰か良い人紹介してくれない?」

ドロシー「雪だるまでも紹介する?」

248 :名無しになりきれ:2015/10/16(金) 21:40:47.69 0
どこいってもハロウィーン、ハロウィーンでうざい

249 :名無しになりきれ:2015/10/16(金) 21:46:50.80 0
         ..-‐''" ̄~''‐,,
     _,.-‐''"        ''‐,,
   ,.-'      ,.--、      \
   / /~~\  / /ёl\__     ゙i,,
 . / l /ΘヽV | ー'| | 丶、   ゙i,,
 /  /ヽ 二 |、 ̄ У    ヽ、  ゙i,, _,.
 l /  ヽ___/ ヽ_/      L,,-‐''i"
 |/      (  |       ,,..-‐"|   |
‐‐|--,,.___   `T゙         | __,,⊥-‐
  'i,        |         ̄l  /
  'i,       '-、     丶、/  /
   'i, /     -<    |   /丶、'
 _,. -‐く /    ー′  l  ,'  ∠__'‐、
     X  ',      /  ,' r'´    ゙''‐,,
    / \  '--─一'´   r'"        ゙;,
   ,.-‐'''" ''‐- __,,...‐'′            ゙;,
           | | /              '';,

250 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/16(金) 22:01:00.56 0
>>248
ドロシー「あら、良いじゃないのハロウィン。子供が喜ぶ良い祭じゃない」

そんな嫌がらずとも、子供にお菓子を与えて祭りに参加すればよろしいのですわ。

ドロシー「そういえばこっちにはハロウィンってあるの?」

はい、ハロウィンという名称ではありませんが、秋には収穫祭が催されますわ。
ハロウィンも元は収穫祭なのですから、まぁ似たようなものではありませんか?

ドロシー「んー、多分そうね。カボチャを用いる辺り、収穫祭っぽくて素敵よね」

昔のハロウィンではカボチャではなくカブを使っていたそうですわ。まぁ秋の収穫物という点では変わりありませんが。

>>249
ドロシー「気持ち悪いから、変な絵を飾るのはやめて頂戴」

ジャック「申し訳ありません、セキュリティ上の都合により、撤去は出来ませんでした」

ドロシー「えっ、このままってこと? せめて布でもかけて隠しましょ」

ジャック「直ちに用意致します」

ドロシー「もう、お客さんも手間取らせないでよ? こんな気持ち悪いの、どこから持って来たか知らないけど」

ジャック「申し訳ありません、ちょうど布を切らしているとのことです」

ドロシー「えー……このままはやだなぁ」

ジャック「では、私がレーザーで焼き払って」

ドロシー「火事になるからやめなさい!」

251 :名無しになりきれ:2015/10/16(金) 22:26:59.77 0
雪乃のみたいな友達が出来たらいいね

252 :名無しになりきれ:2015/10/16(金) 22:59:56.55 0
キースはホモだからドロシーは眼中にない

253 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/16(金) 23:32:05.38 0
>>251
アリス「雪乃は本当に良い友達だったなぁ……いつもそばにいて見守ってくれるみたいで、励まされることも多くて……」

廃棄くん「まぁ、その雪乃には諸事情で会えない訳だけどな」

アリス「そうだよね……私、雪乃なしで生きてけるのかな……」

廃棄くん「おいおい、少しは頑張れよ!」

アリス「だって、雪乃しか友達いないんだもん」

廃棄くん「友達は勝手に出来るもんじゃねーぞ?」

アリス「うぅ、頑張る……」

>>252
ドロシー「あー……そうなんだ? でもほら、そういうのは個人の勝手って言うか、この国では正式に婚姻も認められている訳だし……」

ジャック「特に問題はありません」

ドロシー「そう! そうよね! それにキースの趣味なんて私には関係ないし」

ジャック「お嬢様はキース様を嫌ってらっしゃいましたね」

ドロシー「嫌いってほど嫌いではないのよ? 少なくとも好きじゃないけど」

ジャック「それはどのように違うのですか?」

ドロシー「えーと、好きでも嫌いでもなくて……要するに中間、どうでもいいって奴よ!」

ジャック「なるほど、お嬢様はキース様に関心がないのですね」

ドロシー「そういうジャックはどうなの? ずいぶん大切にされてたじゃない」

ジャック「お嬢様以外の方には、私も特に関心はありません」

ドロシー「ジャックは真面目過ぎるわよ? 少しは自分勝手にしたらどうなの?」

ジャック「……検討してみます」

254 :キース:2015/10/17(土) 12:13:55.59 0
ほ、ほ、ホモじゃねーよ!
俺はロボットが好きなだけだ!
ジャックさんが女型のロボットでも好きになってたぞ!

255 :名無しになりきれ:2015/10/17(土) 17:03:28.53 0
ドロシーに浣腸したい

256 :名無しになりきれ:2015/10/17(土) 17:22:47.93 0
アリスに浣腸したい

257 :名無しになりきれ:2015/10/17(土) 19:53:20.81 0
(アリスの手を見て)白魚のような指だね

(ドロシーの手を見て)農夫のような指だね

258 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/17(土) 21:54:48.13 0
>>254
ドロシー「子供の頃読んだ手塚治虫の火の鳥って漫画に、ロボットに恋する人間が出て来るのよ」

ジャック「人とロボットの恋愛、でございますか?」

ドロシー「うん、手術の後遺症でロボットが人間に見えるのよ」

ジャック「不思議な話ですね。その二人は結ばれるのですか?」

ドロシー「まぁね。あの結末は単に結ばれるとかそういう問題じゃないと思うけど」

ジャック「キース様も、似たようなものとお考えで?」

ドロシー「いや、あれは重度のロボットフェチよ。回路がショートしてるんじゃない?」

ジャック「好意と恋愛感情が混線している……そのような状態でしょうか?」

ドロシー「多分ね。いっそジャック、付き合ってみたら? 目が覚めるかも知れないわよ?」

ジャック「私には恋愛感情というものが理解出来ません。それにお嬢様のそばを離れる訳にはいかないので不可能です」

ドロシー「相変わらず生真面目なのね、ジャックは」

>>255
ドロシー「死ね! 氏ねじゃなくて死ね!」

ドロシー様、落ち着いてくださいまし。お客様の妄言を間に受けることはありませんわ。

ドロシー「だって気色悪いじゃない」

お気持ちは分かりますわ。いくら妄言とは言え許されないものでしょう。
今後はお客様に対する懲罰なども検討していこうと思いますわ。

ドロシー「クロウとジャックとレオンにトト、誰に殺されたい?」

どれもロクな死に方じゃありませんわね。

ドロシー「オススメはレオンに火あぶりにされることね。じっくり苦しめるわよ?」

最後のトト様……げふんに至っては、何が起こるか分からない辺りが怖いですわね。

259 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/17(土) 21:55:27.16 0
>>256
アリス「死ね! 氏ねじゃなくて死ね!」

廃棄くん「おいおい、アリスらしくない上に発言が被ってるぞ?」

アリス「ちょっと真似してみただけ。変かな?」

廃棄くん「十分過ぎる程変だな。アリスはアリスらしくしろよ」

アリス「私らしく……って、考えてみたらよく分からなくなりそう」

廃棄くん「自然体でいいってことだよ。アリスなら……うわ、気色悪い……みたいに言うんじゃね?」

アリス「多分そうかも。実際気持ち悪いよね、前レスの真似なのは分かるけど」

廃棄くん「俺がぶん殴って……は腕がもげるな。チェシャ猫に一発殴らせたらどうだ?」

アリス「チェシャ猫は手加減出来ないと思う……」

廃棄くん「あー、死ぬか。確かにそんなことで死なれたら後味悪いよな」

アリス「結果的に、無視が一番良いよね」

廃棄くん「この時点で無視は失敗してるけどな」

>>257
アリス「白魚って半透明でぶにぶにしてるよね……そう考えちゃうと気味悪いかも」

ドロシー「こっちの農夫ってのも何よ! 箸より重いものを……って程じゃないけど、手荒れには注意してるのよ?」

アリス「結果的に、どっちも褒められてない感じ……なのかな?」

ドロシー「どうせお客さんの妄言よ。気にしないのが一番ね」

アリス「でも、ドロシーの手は本当に綺麗だよね?」

ドロシー「そう?」

アリス「ほっそりとして女の子らしくて、柔らかで温かい素敵な手だと思うな」

ドロシー「アリスだって、多分骨格がそもそも細いのね。すらりとした綺麗な手よ?」

アリス「ありがと。これから冬場はハンドクリームが欠かせないよね」

ドロシー「あー分かる。一度手荒れしちゃうと治らないのよね」

アリス「ハンドクリームつけて手袋して、風や水に晒さないように気をつけなきゃ」

ドロシー「でも冬場は水仕事を頼まれやすいのよね……」

260 :名無しになりきれ:2015/10/17(土) 22:10:16.98 0
空を飛ぶ鳥はあまり美味しくない

261 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/17(土) 22:36:57.66 0
>>260
ドロシー「鴨肉はとっても美味しいじゃない。食べたことないの?」

ジャック「市場に出回る量は少なく、また料理は専門店でしか提供していないためかと思われます」

ドロシー「機会があれば食べてみたら良いわ。ちなみに旬は脂の乗る冬よ」

ジャック「飛べない鳥、という件ですが、流通している鴨肉のほとんどは家鴨のものだそうです」

ドロシー「家鴨……は飛ばないわね。まぁ、合鴨なんかも食用なんだし、気にしないのが一番よ!」

ジャック「日本ではほとんど食用にはしませんが、鳩や雀などは大陸で暫し食されております」

ドロシー「美味しいのかしら……雀なんて食べる部位がなさそうだけど」

ジャック「日本に限定しますと、鶴や雉が昔より食されています」

ドロシー「雉は聞いたことあるけど、鶴も食べるのね」

262 :名無しになりきれ:2015/10/17(土) 22:48:52.75 0
ワンピースってあと5年以上続きそう

263 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/17(土) 23:00:13.32 0
>>262
アリス「それはどうかな? ナルトは思いの外あっけなく完結しちゃったし、先のことはどうなるか分からないよ?」

廃棄くん「アリスはジャンプ読んでないだろ?」

アリス「まぁね。そもそも私はあまり漫画読む習慣がなくて」

廃棄くん「なら適当なこと言わない方がいいぜ?」

アリス「大丈夫、そもそも私は自分の発言に責任なんて持たないから!」

廃棄くん「少しは持て!」

アリス「だって、ここに来るお客さんって何人だと思う? 適当なこと言ってもバレないよ?」

廃棄くん「おいおい……」

264 :名無しになりきれ:2015/10/17(土) 23:09:27.68 0
サザエさん家のテレビはいつ液晶テレビになるん?

265 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/17(土) 23:33:44.07 0
>>264
ドロシー「きっと気が付いたらいつの間にか変わってるんじゃない? 見てないから知らないけど」

そういえばサザエさんの母、フネの声優さんが交代しましたわね。
これからも長寿番組として、よりいっそうの活躍が期待されますわ。

ドロシー「家族構成が現代人の感覚から掛け離れてるのよね……」

いつの間にか、結婚後は別居が普通になりましたものね。どうして変わったのでしょう?
仕事や育児の負担を考えたら、同居の方が効率が良いと思われるのですが。

ドロシー「それ以前に、現代人は結婚そのものに興味を示さなくなって来たわね。日本滅びるんじゃない?」

まぁ、滅びてもドロシー様はこちらの住人ですので安心ですわ。
人口の減少、労働者の不足による会社の経営困難からの経済破綻が目に見えるようですが、他人の畑だと思えば問題ありません。

ドロシー「結婚のメリット、価値観が破綻してるのよ。国は育児環境をもっと整備しなきゃ駄目ね」

そういうドロシー様は、ご結婚はなさらないのですか?

ドロシー「…………考えておくわ」

266 :名無しになりきれ:2015/10/18(日) 18:39:12.52 0
さつまいも食い過ぎると大変なことになるぞ

267 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/18(日) 20:04:55.19 0
>>266
ドロシー「やっぱり太る? 太るかなぁ……」

レオン「さつまいもを食べるとおならが出ると聞いたぞ?」

ドロシー「あー、そっちか。確かにそれもあるわね……一応科学的根拠もあるらしいし」

レオン「どういう根拠なのだ?」

ドロシー「さつまいもを分解する腸内細菌が活発になるとか何とか……でも、イモのおならは臭くないらしいわ!」

レオン「そういう問題なのか?」

ドロシー「匂いと、あと気合いで音を誤魔化せれば何とかなるってことよ!」

レオン「だからと言って、人前でおならをするのはどうかと思うぞ?」

ドロシー「しないわよ、最悪の場合ってこと!」

レオン「どう最悪なのだ?」

ドロシー「色々あるじゃない……まぁ、大抵は我慢出来るから問題ないわね」

レオン「そもそもさつまいもを食べなければ良いのではないか?」

ドロシー「それは無理! だって秋の味覚の代表格よ? これを食べずして秋を過ごせる訳ないでしょ!?」

レオン「ドロシーは相変わらず食いしん坊なのだな」

268 :名無しになりきれ:2015/10/18(日) 20:11:52.74 0
ドロシーはすかしっ屁の達人

269 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/18(日) 20:46:12.47 0
>>268
ドロシー「失礼ね、ひねり潰すわよ?」

クロウ「ドロシー、怒ってるノ?」

ドロシー「大したことはないわ。それよりどうかしたの?」

クロウ「僕、ニンゲンはオナラってのをするって本で読んだんダ!」

ドロシー「またおならの話なの? ……で、それが何よ?」

クロウ「ドロシーのオナラ、見せテ!」

ドロシー「ちょっ、何よ!? 嫌に決まってるでしょ?」

クロウ「本の挿絵だとモワッとなってたヨ? 見てみたいんダ!」

ドロシー「実際は見えるようなものじゃないわよ?」

クロウ「そうなノ?」

ドロシー「ええ、だから諦めなさい」

クロウ「エー」

ドロシー「エーじゃないわよ!」

270 :アル:2015/10/18(日) 21:02:04.72 0
ドロシーしゃんもおならをすると… メモメモ_φ(・_・

271 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/18(日) 21:14:31.78 0
>>270
ドロシー「アル、またいたの!?」

レオン「ネズミ!? ネズミぃーっ!!」

ドロシー「レオン、食べちゃ駄目よ? 襲うのも禁止」

レオン「食べてないぞ、ちょっと前足で踏みつぶしてるだけなのだ」

ドロシー「それをやめなさいと言ってるの!」

レオン「ちぇ、ドロシーは口うるさいのだ」

ドロシー「アル、大丈夫?」

アル「あぁ、ドロシーしゃん……なんとか大丈夫でしゅよ」

ドロシー「アルも気をつけなきゃ駄目よ? いつも私が止めてあげられないんだから」

レオン「ドロシー、何故食ってはいけないのだ?」

ドロシー「私の友達だからよ」

272 :名無しになりきれ:2015/10/18(日) 21:46:41.12 0
白ライオンは王にはなれないらしい

273 :名無しになりきれ:2015/10/18(日) 21:48:48.97 0
アリスはフレが欲しいのか?
じゃあ、俺がアリスと(セ)フレになってやるよ!

274 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/18(日) 22:08:34.86 0
>>272
レオン「なんとっ!?」

ドロシー「あら、知らなかったの?」

レオン「なんということだ……余は……余は!」

ドロシー「ただのホワイトライオンね」

レオン「この白いのがいけないのか!? ならば毛染めを!」

ドロシー「それは反則よ?」

レオン「うぅ、ならばどうすれば良いのだ?」

ドロシー「諦めたら?」

レオン「余はなんとしても王様になるのだ……」

ドロシー「冗談よ、レオンだって頑張れば王様になれるんじゃない?」

レオン「じょ、冗談だったのか? 余は王様になれるのか!?」

ドロシー「王様は頭が良くなきゃいけないから、いっぱい勉強しなきゃいけないと思うわよ?」

レオン「が、頑張るのだ!」

>>273
アリス「確かに友達は欲しい気もするけど……お客さんはなんか気持ち悪いからパスで」

廃棄くん「容赦ないな」

アリス「だって気持ち悪かったんだもん」

廃棄くん「あー、なんかニタニタしてたな」

アリス「ああいう何か良からぬこと考えてる友達は欲しくないよね」

廃棄くん「アリスはどんな友達が欲しいんだ?」

アリス「んー、必要なときは一緒に居てくれて、でも邪魔じゃなくて、一緒に居ると安心出来るような、面倒くさくないような性格の……」

廃棄くん「要求が高いぞおい」

アリス「だって雪乃はそんな子だったんだもん」

廃棄くん「よっぽど都合のいい友達だったんだな。甘やかし過ぎだぜ」

275 :名無しになりきれ:2015/10/18(日) 22:19:39.10 0
雪乃「私の家でお泊まり会?…ごめん、私、家ないんだぁ…」

276 :名無しになりきれ:2015/10/18(日) 23:00:39.94 0
ヘンリックはイケメン

277 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/18(日) 23:10:58.12 0
>>275
アリス「そういえば私、雪乃の家を知らなかったなぁ。あんなに仲良くしてたのに、何故変に思わなかったんだろ?」

廃棄くん「まぁ実体のない存在だった訳だからな、不思議もないさ」

アリス「架空の友達って……なんだか改めて思うと怖いね……」

廃棄くん「まぁ幼子なら架空の友達の一人もいるだろうさ。アリスの場合はそれが定着しただけ、って思えばいいんじゃないか?」

アリス「それ、私が子供ってこと?」

廃棄くん「ちげーよ、架空でも存在はしてたんだからな」

アリス「雪乃はずっと私を守ってくれていたんだよね……」

廃棄くん「感謝しろよ?」

アリス「もちろんしてるよ。いくら感謝しても足りないくらい」

廃棄くん「今度はアリスが、普通の友達を作る番なんだからな」

>>276
ドロシー「カニのイケメンがどんなのかは分からないけど、少なくともヘンリックの性格はイケメンだったわね」

レオン「あー、あの青いクモか」

ドロシー「カニだってば」

レオン「どちらも足がいっぱいあるぞ?」

ドロシー「ハサミがあって、水に住む方がカニよ」

レオン「難しいのだな」

ドロシー「どこがっ!?」

レオン「で、あのカニがどうかしたのか?」

ドロシー「どうもしないけど……あ、カニ食べたい」

レオン「うまいのか!?」

ドロシー「すごく美味しいわよ。ちょっと食べるのが難しいけど」

レオン「確かにあの殻を割って中身を食べるのは大変そうだな」

ドロシー「脚の肉を取り出して食べるのが美味しいんだけど、なかなか難しいのよね」

レオン「……余は面倒な食事は嫌なのだ。殻ごと食えば良いではないか!」

ドロシー「すごく硬いから無理だと思う」

278 :モーナ:2015/10/18(日) 23:20:46.32 0
カニ鍋… 食べたい…

279 :名無しになりきれ:2015/10/19(月) 19:41:03.14 0
オズ歩の好きなところを3文字で教えて

280 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/19(月) 19:57:19.73 0
>>278
ドロシー「モーナ……そんなになるまで我慢してたの? カニ、用意させるから食べる?」

ジャック「あくまでヘンリック様を食べたいという欲求ではないため、問題ないのではないでしょうか?」

ドロシー「でも、ヘンリックからしたら複雑だと思うわよ?」

ジャック「どういう意味でしょう?」

ドロシー「あくまでカニが好きなのかヘンリックが好きなのかって問題よ」

ジャック「好きの形が異なるように思います」

ドロシー「まぁね、でもヘンリックはそう思うかしら?」

ジャック「それで難しいという訳でございますね?」

ドロシー「モーナはちゃんとヘンリックを愛していて、それとは別にカニが好きなんだと思う。出会った頃とは違うのよ」

ジャック「出会った頃はカニ好きが故にヘンリック様と一緒におられたのでしょうからね」

ドロシー「でも長い年月をかけて、モーナの好きは変わったのよ。だから大丈夫だと思うわ」

ジャック「ヘンリック様も、それを理解すれば問題はないのでしょう」

>>279
ドロシー「三文字!? またえらく短いわね。そうね……面白い、に尽きるかしら?」

クロウ「面白いよネ!」

ドロシー「他にも色々とオススメポイントはあるけれど、登場人物の掛け合いの軽快さが面白いと思うのよ。もちろん私達のことね」

クロウ「僕モ?」

ドロシー「クロウは予測出来ない珍妙な行動が刺激的よね。面白いと思うわ」

クロウ「ワーイ!」

ドロシー「真面目なジャックも時々思いもよらない行動をするし、レオンはアンバランスな性格が笑いを誘うのよね。私は……至って普通だけど」

クロウ「ドロシーのツッコミは面白いと思うヨ?」

ドロシー「私、いつもそんなに突っ込んでた?」

クロウ「うン! ドロシーが一番面白いんじゃないかナ?」

ドロシー「えー……」

281 :名無しになりきれ:2015/10/19(月) 20:17:28.83 0
鼻の奥に鼻くそが詰まっていたら、指でほじくり出す?

282 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/19(月) 20:41:07.68 0
>>281
ドロシー「そんな汚いことするはずないでしょ! 鼻をかむなりすればいいじゃない」

ジャック「通常女性は人前で鼻をほじるなどの行為は避ける傾向にあります。はしたないという感情が働くのでしょう」

ドロシー「私も女の子なんだから、人前でそんなことしないのよ。分かった?」

ジャック「では、人前以外では行うのですか?」

ドロシー「え……し、しないわよ!」

ジャック「そうなのですね。人前には限らないとデータを書き換えます」

ドロシー「と、当然よ。日頃から注意するのが基本だわ」

283 :名無しになりきれ:2015/10/19(月) 20:46:17.27 0
40代おっさん「ドラクエ1は神ゲー」

30代おっさん「ドラクエVは神ゲー」

10代のガキ「どっちも糞ゲーwww」

284 :名無しになりきれ:2015/10/19(月) 21:09:00.68 0
神隠し 坊さん
で、ググるなよ?絶対だぞ、いいな!

285 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/19(月) 22:01:09.01 0
>>283
ドロシー「実は私、ドラクエしたことないのよ」

そうなりますと話を合わせるのは難しいですね。
ドロシー様は普段からあまりゲームをなさらないのですか?

ドロシー「うん。FFなら少しはやったけど」

私には正直どちらも分からないのですが。

ドロシー「まぁ異世界の話だものね。こっちの世界にはテレビゲームとかないの?」

インベーダーゲームのようなものでしたらあったそうですが……コアエメラルド内蔵型は値段が張るため人気が出なかったのですわ。

ドロシー「なるほど……それは仕方ないわね。精巧なロボットが作れる技術があるのにねぇ」

こちらには地下資源というものはコアエメラルド以外ほとんどありませんから、技術の開発が難しいのでしょう。

ドロシー「オズが風力や太陽光発電を持って来れば良いのよ」

それは地下資源に頼ることなく、コアエメラルドの代用品として使えるのですか?

ドロシー「多分ね。そうしたらゲームなんかも出来るかも」

それは素晴らしいですわね。オズ大王にご提案しましょう!

ドロシー「あ、でも向こうに行くだけなら簡単だけど、戻るのに十年かかるんだっけ?」

それは……少々困りますわね。

>>284
アリス「ホラーの話なら私達が頑張らなきゃと勇んでたのに、検索してみたらBLの話だったんだけど」

廃棄くん「女子はみんなBL好きなんじゃねーの?」

アリス「少なくとも半数は好きじゃないと思うな。事実私も興味ないし」

廃棄くん「一夜怪談はBLだ……って意見もあるらしいぜ?」

アリス「それは……仕方ないんじゃないかな?」

廃棄くん「認めるのかよ……」

286 :名無しになりきれ:2015/10/19(月) 22:36:22.11 0
恋したことあるの?

287 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/19(月) 22:46:21.54 0
>>286
アリス「んー、ない!」

廃棄くん「ないのかよ!?」

アリス「だって、雪乃以外に好きになれる人がいなかったんだもん」

廃棄くん「まさか、雪乃が好きだったんじゃ……」

アリス「ん? 雪乃は好きだよ? だって親友だもん」

廃棄くん「そうかよ。でも、人間嫌いは感心しないな」

アリス「んー……これから頑張る!」

廃棄くん「雪乃のためにも、ちゃんと友達作れよ?」

アリス「分かってるってば! ……いつか雪乃みたいな親友も出来るのかな?」

廃棄くん「そりゃ縁と努力次第だ。まぁアリスなら大丈夫じゃねーか?」

アリス「そうかな……頑張らなきゃね」

288 :名無しになりきれ:2015/10/19(月) 22:52:08.09 0
髪を切ったドロシーのaa

               , -‐  ̄`ヽ、    
             ////: :/ノ: |: リ、ヽ\
           /: : : : : :/. /: :|}: | \: :ヽ
          /: : : : : : : /: / : リ |   ヽ: :'ヽ
         /: : : : : :f: :/: /: : ノ :ノ    ヽ: : :i 
        /: : :/: : : :ノ:/:/ :/彡'   '≡シリヘヽ
        /: : :/: : : :f/: :/ ,,ィrュ-、   ィァゝ‐ヽミ、
       /: : /: : : :ノ// ´⌒ ̄´    、    ',ミ
       /: : :/ : : : : イ       / _ r、)::.   }ミ、
      {: : :/:: : : : ::{::       ,`ー'`''´ `ー  イミミ、
      ∨ノ/: : :: :: {:::   ::.... /、ィェエエエア}   l::
    ___弋《::: :: :: :《;;;      〈 \____ノ ヽ /
  /: : 〈:⌒\戈〈〈f《、..    ...::/ `⌒´  )/´

289 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/19(月) 23:01:23.64 0
>>288
ドロシー「リジー、こいつ殺していい?」

ドロシー様、この方は一応お客様ですわよ?
それにこの国でも殺害は犯罪ですわ。

ドロシー「御使いへの不敬罪とかで逮捕出来ないの?」

そうですわね……一応不審者として衛兵に捕らえさせましょう。
そのあと適当な罪でも被せて、断罪するのがお手軽な方法ですわ。

ドロシー「さすがリジー、手馴れてるわね」

まぁ、王宮には様々なお客様が参られますから。
それにしても酷い絵ですわね……他人を侮辱するために使うなんて、人として如何なものかと思いますわ。

ドロシー「思いっきり重い罪で裁かなきゃね。オズ殺害未遂とかどう?」

それならば即日極刑が下りますわ。
せっかくですしそれで死んで頂きましょう。

290 :名無しになりきれ:2015/10/19(月) 23:13:52.65 0
大山のぶ代は認知症の影響で自分がドラえもんの声をやっていたことももう分からないらしい

291 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/19(月) 23:30:36.63 0
>>290
ドロシー「闘病生活を続けながら、それでも仕事をしてるらしいわね。大変だと思うわ」

レオン「認知症とは、病気なのか?」

ドロシー「ええ、記憶が混乱しちゃったりする病気ね。色んなことを忘れちゃうのよ」

レオン「ドロシーも認知症になったら余を忘れてしまうのか!?」

ドロシー「認知症は主にお年寄りの病気だから大丈夫よ。私はまだ若いのよ?」

レオン「……だが、ドロシーもすぐ歳をとるぞ?」

ドロシー「レオンは長生きしそうだものね。大丈夫、私は歳をとっても元気なお婆ちゃんでいるわ!」

レオン「ふん、ドロシーならそうなるだろうな」

292 :レオン(マンティコア:2015/10/20(火) 11:45:14.59 0
ドロシー!(ドロシーに飛びつく)

293 :名無しになりきれ:2015/10/20(火) 16:59:53.77 0
ボケになってないボケに真面目に答えたらキレられた

294 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/20(火) 19:54:57.60 0
>>292
ドロシー「うわっ、重い重い! 図体デカくなったんだから気を付けなさいよ!?」

レオン「別に良いではないか」

ドロシー「良くないから言ってるの!」

レオン「では抑えきれないこの衝動はどうすれば良いのだ?」

ドロシー「外で木にでも体当たりしてなさい」

レオン「木は硬いから嫌なのだ」

ドロシー「じゃあ代わりに火でも吹いたら? もちろん野外で」

レオン「それは……ちょっと違う気がする」

ドロシー「レオンのワガママ!」

レオン「ドロシーがケチなのだぞ?」

ドロシー「今のレオンの体当たりをまともに受けたら体がもたないわよ!」

レオン「鍛えれば良いのではないか?」

ドロシー「無理、って言うか嫌」

>>293
ドロシー「あー、あるわよね。会話が噛み合わない時って……まぁ仕方ないんじゃない?」

こういう時はボケた方が悪いのか、それともボケを理解出来なかった方が悪いのか分かりませんわね。

ドロシー「大抵の場合は、ボケた方が悪いのよ。相手が理解出来るボケをかますのが基本だもの」

まぁ理解出来ないボケを言われても困りますものね。
ドロシー様は優秀なツッコミ役ですわよね。切れ味の良いツッコミは小気味良くて素敵ですわ。

ドロシー「好きでツッコミ役してる訳じゃないのよ? 勘違いしないで」

ドロシー様の周りは個性的な方たちばかりですものね。お気持ちは分かります。
冴え渡るツッコミは昨今更に切れ味が増して、ドロシー様にツッコミを入れて欲しいがために行動する者もいるくらいですわ。

ドロシー「それは困るわ……私別に期待に応えたくてツッコミしてる訳じゃないし、笑いを取るためでもないもの」

良いではありませんか、誰かに喜んで貰えるのは幸せなことですよ?

ドロシー「えー、そういうものかしら?」

295 :名無しになりきれ:2015/10/20(火) 20:35:26.45 0
豚鼻?

296 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/20(火) 20:53:49.79 0
>>295
ドロシー「豚鼻と言えば、耳の大きい豚鼻の新種のネズミが発見されたってニュースがあったわ」

まぁ! それは愛らしいですわね!

ドロシー「しかも発見され方が普通じゃなくて、なんと二人の動物学者が違う場所で同時に発見したのよね」

それは奇妙な縁ですこと。
しかし、そのネズミが一般向けに販売されたらきっと売れるでしょうね。
写真で見てもとても愛らしいですし、人気が出ると思いますわ。

ドロシー「深海なんかじゃなくても、新種の生き物って見つかるのね。案外身近にもいるのかも」

さすがに身近では難しいのではないでしょうか?
ネズミが発見されたのも辺鄙な島らしいですし。

ドロシー「ジャック辺りに頼んで探してみようと思ったのになぁ……。で、見つけたらドロシーの名を付けるのよ」

あのドロシー様? ドロシーの名前はとても神聖なものです。
いくら本人と言えど、ドロシーの名を他の生き物に付けるのは如何なものかと思いますわ。

ドロシー「いいじゃない、少しくらい」

少しとかそういう問題ではありません!

297 :名無しになりきれ:2015/10/20(火) 21:17:01.00 0
ドロシーはしょっちゅうクロウの股間に顔を埋めて寝ている

298 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/20(火) 21:39:28.30 0
>>297
ドロシー「まぁ、クロウ枕はお腹の部分を使ってるから、変に寝返りをしたらそうなる可能性はあるかも……」

クロウ「ドロシーは寝相良いヨ?」

ドロシー「そうなの? なら安心ね」

クロウ「でもどうしてコカンがダメなノ?」

ドロシー「股間は……ほら、色々付いているじゃない」

クロウ「僕カカシだから何も付いてないヨ?」

ドロシー「あー、そっか」

クロウ「ニンゲンは何が付いてるノ?」

ドロシー「それは気にしないの!」

299 :名無しになりきれ:2015/10/20(火) 21:41:14.31 0
クロウ「ドロシーもついているノ?」

300 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/20(火) 22:15:00.13 0
>>299
ドロシー「なっ、何がよっ!?」

クロウ「ンー、色々?」

ドロシー「色々も何も教えないわよ? 自力で調べるとかしなさい」

クロウ「誰か捕まえて脱がせばいいノ?」

ドロシー「本で調べなさいよ! 捕まえて脱がすのは犯罪だからね!?」

クロウ「分かったヨ!」

ドロシー「本当にクロウは野放しにすると危ないんだから……」

クロウ「ドロシー!」

ドロシー「今度は何よ?」

クロウ「調べたらセイキってのが付いてるって分かったヨ! でも挿し絵がなかったからよく分からないヨ」

ドロシー「知らないわよ! 想像とかで補いなさい」

301 :名無しになりきれ:2015/10/20(火) 22:18:16.85 0
クロウ「ドロシーにも玉と棒はあるのかナー?」

302 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/20(火) 22:27:18.79 0
>>301
ドロシー「玉とか棒とか言うなっ! それは男性の話よ」

クロウ「男と女で違うノ?」

ドロシー「ええ、違うのよ。だからもう少し勉強してなさい。あと報告はいらないからね?」

クロウ「分かったヨ」

ジャック「お嬢様、私が教育係を務めましょうか?」

ドロシー「あー、その手があったわね。確かにジャックなら安心よね」

クロウ「ジャックが教えてくれるノ?」

ジャック「はい、私の知る限りの情報を開示しましょう」

クロウ「じゃア、玉と棒ってどんな形なノ?」

ジャック「只今投射致します」

ドロシー「あの、ジャックにクロウ……出来れば人目につかない場所でやって貰える?」

303 :名無しになりきれ:2015/10/20(火) 22:53:44.58 0
遠足でみかんはおやつに入るのか?

304 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/20(火) 23:09:08.49 0
>>303
アリス「フルーツはおやつに入らないって解釈が多いらしいよ?」

廃棄くん「つまりデザートってことか?」

アリス「うん、でも重要なのはそこじゃなくて、食べる時間なの」

廃棄くん「食べる時間……おやつの時間ってことか?」

アリス「うん、デザートはおやつの時には食べない……これが必要条件になる訳」

廃棄くん「なるほど、つまりおやつと別にフルーツを持って来たら、おやつとして食べるのは反則になる訳か」

アリス「そういうこと。デザートなんだからお弁当と一緒に食べなきゃね」

廃棄くん「まぁ、デザートを大量に持ち込む馬鹿はそういないだろうから大丈夫だろ」

アリス「どうだろうね」

305 :名無しになりきれ:2015/10/20(火) 23:14:13.46 0
小学生のときは遠足の麦茶に砂糖を入れてくる奴が羨ましかった
自分も親に入れてくれと頼んだら怒られたわ
あと、さけるチーズを持ってくる奴はその日のヒーローだったなぁ
みんなに取られてそいつの食う分1/4になっていたけどw

306 :レオン:2015/10/21(水) 17:45:49.72 0
余は森に帰たのだ…

307 :名無しになりきれ:2015/10/21(水) 19:28:32.33 0
アリスの母親を殺したのっていたい誰なんだ?

308 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/21(水) 20:35:20.26 0
>>305
ドロシー「麦茶に砂糖を入れるのは、地域や年代で変わるらしいわね。私も子供の頃、友達から分けて貰った記憶があるわ」

クロウ「お年寄りに多いらしいネ」

ドロシー「麦茶に砂糖なんて考えもしない人からしたら、きっとびっくりするわね」

クロウ「僕も味が分かったら良かったナ」

ドロシー「一番は何が食べたい?」

クロウ「ドロシーがおいしいって言ったの全部かナ!」

ドロシー「それは欲張り過ぎじゃない? でも、どうして私なの?」

クロウ「ドロシーはおいしそうに食べるからネ」

ドロシー「そうかしら? そう言えば、クロウは私が食べている姿を見るの、好きだったわね」

クロウ「うン! おいしそうなドロシーは素敵だと思うナ」

ドロシー「そう褒められてもあまり嬉しくないわね」

>>306
ドロシー「その文字数で誤植はどうかと思うわよ? で、森にどうしたの?」

レオン「忘れた!」

ドロシー「……そう?」

レオン「それより腹が減ったのだ」

ドロシー「おやつはさっき食べたでしょ! ところで……ねぇ、レオン?」

レオン「なんだ?」

ドロシー「レオンは森に帰りたいと思う?」

レオン「ふむ……今は別に良いのだ!」

ドロシー「どうして?」

レオン「あるじとしてドロシーを放ってはおれんからな。それに……」

ドロシー「それに?」

レオン「な、なんでもないのだ!」

ドロシー「ふーん……余ったおやつ、分けてあげないわよ?」

レオン「やっぱりドロシーはゴクアクなのだ!」

309 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/21(水) 20:35:52.76 0
>>307
アリス「それはシロウサギね。でなきゃ辻褄が合わないでしょ?」

チェシャ猫「シロウサギの手土産が証拠だね」

アリス「最後の方はホラーらしくて怖かったなぁ。シロウサギ無双だもん」

チェシャ猫「シロウサギは歪みを吸い過ぎたんだよ」

アリス「最後まで私を思って行動してくれてたんだよね……なんだか悪いことをしちゃった」

チェシャ猫「シロウサギは幸せだったよ?」

アリス「どうして?」

チェシャ猫「アリスのためになることが、皆の願いだからね」

アリス「……そうだね、皆私のためを思ってくれていたんだよね」

310 :名無しになりきれ:2015/10/21(水) 20:39:16.41 0
犯人はあんただ!

ドロシーさん!

311 :井上陽水:2015/10/21(水) 20:50:07.43 0
探しものは何ですか?
見つけにくいものですか?
カバンの中も机の中も探したけれど見つからないのにまだまだ探す気ですか?
それより僕と踊りませんか?
夢の中へ夢の中へ行ってみたいと思いませんか?
・・・さあ

312 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/21(水) 21:41:35.07 0
>>310
ドロシー「ふふ……よく分かったわね! そう、皆で分けるはずのベリータルトを食べたのは私よ!」

レオン「なんだと!? ひどいのだドロシー!」

ドロシー「え? いや、冗談だからね? 私はそんなことしないわよ」

レオン「だが、今食べたと言ったではないか!」

ドロシー「お客さんの冗談に付き合っただけよ。ちなみにベリータルトは明日のおやつよ」

レオン「そうだったのか……紛らわしいぞドロシー」

ドロシー「騙されるほうが悪いのよ?」

レオン「むむ……」

>>311
ドロシー「井上陽水とか世代じゃないんだけどね……」

まぁ、世代でなくてもある程度分かる方ではありますわね。

ドロシー「とりあえずサングラスとか?」

本当にざっくりなのですわね、ドロシー様の知識は……。

ドロシー「だって興味ないもの。曲はまぁ素敵だと思うけど」

一応解説しますと、「夢の中へ」は1973年に発表された曲ですが、度々カバーされており広い世代に知られる曲ですわ。

ドロシー「ふーん」

あの、ドロシー様? 少しは興味を持って頂かないと話になりませんわ。

ドロシー「えー、面倒くさい」

……では、このお話はここまでですわね。
お客様、申し訳ありませんがドロシー様の興味を引けるような話題をお願い致しますわ。

313 :名無しになりきれ:2015/10/21(水) 21:43:01.15 0
プリンアラモード

314 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/21(水) 21:58:28.04 0
>>313
レオン「プリン!? 今プリンと申したか!?」

ドロシー「激しく食い付くのね」

レオン「だってプリンだぞ? ドロシーも好きではないか」

ドロシー「プリンは好きだけど……プリンアラモードってプリンの存在感が薄くなってもったいない気がするのよね」

レオン「アラモード……とはなんだ?」

ドロシー「アラモードの意味は知らないけど……とりあえずプリンを中心にフルーツや生クリームなんかが盛り付けてある豪華なデザートのことね」

レオン「おお……素晴らしいではないか!」

ドロシー「まぁ、確かに豪華で楽しめるものではあるわね」

レオン「で、そのプリンアラモードはどこなのだ!?」

ドロシー「お客さんが話題に出しただけで、実物はないわよ?」

レオン「えー!? 今食いたい! すぐ食いたいのだ!」

ドロシー「子供みたいに駄々こねないの!」

315 :名無しになりきれ:2015/10/21(水) 22:16:45.29 0
不倫アラモード

316 :名無しになりきれ:2015/10/21(水) 22:23:43.67 0
ドロシーはコロッケ1つで何でもする安い女

317 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/21(水) 22:43:19.97 0
>>315
ドロシー「…………え? 何?」

不倫アラモード、と仰ったようですわ。

ドロシー「あー……ごめん、意味不明過ぎて聞き返しちゃった。一応聞こえてたわ」

ドロシー様、どうかなさいまして?

ドロシー「寒いギャグって本当に冷えるのね。鳥肌ものよ」

確かに……少々面白みに欠ける冗談でしたわね。

ドロシー「あんまりつまらないギャグを言うもんじゃないわよ? 周りに迷惑だわ。死んで詫びなさい」

ドロシー様、それは如何なものかと……。

ドロシー「だって死ぬほど面白くないんだもの。産業廃棄物だって埋め立ての役には立つのよ?」

産廃以下……でございますか。
お客様、ドロシー様のお怒りに触れる前に撤退を提案致しますわ。私が時間を稼ぎますので。

>>316
ドロシー「安い女って何よ!? コロッケの件は……あれは騙されたのよ、仕方ないじゃない」

ジャック「お嬢様は目先のものに気を取られ、周囲に気を配れない傾向があるように思えます」

ドロシー「べ、別にコロッケに気を取られた訳じゃないのよ?」

ジャック「それに、お嬢様は自らの身の安全を省みない傾向があります。どうかご自愛なさってください」

ドロシー「そうかしら? 私だって我が身可愛さで行動することもあるわよ?」

ジャック「お嬢様はお優しい方です。ですが、その身を守る私たちの気持ちも考えて頂かねば。砂漠で騙された時など、もう少し気をつけることも出来たはずですよ?」

ドロシー「……し、仕方ないじゃない! 私は騙されるのに弱いのよ!」

ジャック「お嬢様は他人を疑うことをなさいませんからね」

ドロシー「ジャック、もしかして私を馬鹿にしてる?」

ジャック「いいえ、お嬢様のお優しいところは承知しております」

ドロシー「」

318 :名無しになりきれ:2015/10/21(水) 22:50:08.70 0
人魚はどうやってセックスするの?

319 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/21(水) 23:08:00.50 0
>>318
ドロシー「知らないわよ! 卵でも産むんじゃない?」

モーナ「それは違いますわ、ドロシー様」

ドロシー「モーナ!? 来てたの? こんなくだらない質問のために来なくても良いのに……」

モーナ「ドロシー様がお困りでしょうから来ただけです。大丈夫ですから安心してください」

ドロシー「いや、こっちとしては申し訳ないのだけど」

モーナ「私たち人魚はイルカにその生態が似ているとされています。その辺を参考になさってください」

ドロシー「そういえば、別に鱗がある訳じゃないのよね。ヒレの形はむしろアシカとかに似てるかも」

モーナ「異世界の伝承の人魚は魚類に近いですが、この世界の人魚は哺乳類ですから」

ドロシー「ふーん、でも本当に悪いわね。来たからにはもてなすわ」

モーナ「いえ、お気になさらず」

320 :名無しになりきれ:2015/10/21(水) 23:35:20.23 0
アリスは絵本作家になったら成功するかもよ?

321 :名無しになりきれ:2015/10/22(木) 03:48:33.84 0
applestoreのロープレカテゴリーに歪アリがあるんだが

322 :名無しになりきれ:2015/10/22(木) 20:14:12.04 0
アリス「ドロシーはセックスしたことある?私はあるよ」

323 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/22(木) 20:32:09.94 0
>>320
アリス「絵本作家? 絵を描くのは嫌いじゃないけど、私そんなに上手くないよ?」

廃棄くん「こういうのはセンスの問題じゃねーか? アリスにはセンスがあるぜ?」

アリス「センス?」

廃棄くん「俺たちを創造したのはアリスだぜ? センスがあるじゃねーか」

アリス「こんな不気味な絵本なんて描きたくないなぁ……」

廃棄くん「不気味?」

アリス「生きたパンとか、首刈り女王とか……」

廃棄くん「パンに問題なんてあるか? アンパンマンって前例もいるだろ?」

アリス「いやいや、さすがにリアルなタッチだとカニバっぽいし、和らげたらアンパンマンと被ると思うな」

廃棄くん「アリスは気にし過ぎなんだよ。子供は何だって受け入れるぜ?」

アリス「子供に悪影響でしょ!?」

>>321
アリス「歪アリってRPGだっけ?」

チェシャ猫「テキストアドベンチャーホラーゲーム、らしいよ」

アリス「全然RPGじゃないね……」

チェシャ猫「RPGってなんだい?」

アリス「敵を倒して経験値を稼いで、冒険していくゲーム……かなぁ?」

チェシャ猫「じゃあ歪アリもRPGだね」

アリス「今の説明聞いてた!?」

チェシャ猫「だってアリスは経験をして強くなってるよ?」

アリス「メンタル的にね! 全然違うから! まぁRPGとADVとの垣根は低いけど、全く違うジャンルだからね?」

324 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/22(木) 20:32:48.64 0
>>322
ドロシー「……そうなの?」

アリス「今のはお客さんのおべんちゃらだからね! ……したことないもん」

ドロシー「ふーん、まぁ良いんじゃないかしら?」

アリス「だよね。したいとか私は全然思わないなぁ」

ドロシー「まず恋愛よね。そういうことはその先にあると思うもの」

アリス「ドロシーは年上だし、恋愛経験とかないの?」

ドロシー「……ない」

アリス「私も。そのうち縁があったら……って感じだよね」

ドロシー「縁かぁ……私の周りって変なのばかりだから、当分は無理かも」

アリス「私はそれ以前に、友達作りから頑張らなきゃ」

325 :名無しになりきれ:2015/10/22(木) 20:34:47.72 0
ポテチ食べ終わったあとに絨毯で手を拭く奴ってなんなの?
ダニに餌やってんの?

326 :あんぱん:2015/10/22(木) 20:52:12.86 0
       /フフ         ム`ヽ
      / ノ)   ∧∧     ) ヽ
     ゙/ |  (´・ω・`)ノ⌒(ゝ._,ノ
     / ノ⌒7⌒ヽーく  \ /
     丶_ ノ 。   ノ、  。|/
        `ヽ `ー-'_人`ーノ
         丶  ̄ _人'彡ノ
         ノ  r'十ヽ/
       /`ヽ _/ 十∨

327 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/22(木) 20:59:21.70 0
>>325
アリス「それは……さすがに汚いしやらないなぁ」

ドロシー「だよね、ポテチは箸が基本よね」

アリス「え?」

ドロシー「え?」

アリス「箸……使って食べるの?」

ドロシー「うん、だって漫画とか汚れるし」

アリス「なるほど、でも私はポテチ食べながら漫画はちょっとアレかな。食べこぼしとかしちゃ嫌だし」

ドロシー「でも、黙々と食べるのも退屈じゃない?」

アリス「テレビ観ながらなら食べるよ? 画面なんてろくに観ないけど」

ドロシー「ふーん。慣れると箸も便利だし、手も汚れないからオススメよ?」

アリス「じゃあ今度試してみようかな。箸って辺りが日本人特有の思考だよね」

ドロシー「単にフォークやスプーンでは取れないだけだと思うわよ?」

アリス「そっか、確かにそうだよね」

>>326
アリス「うわ……これもあんパンなの?」

廃棄くん「あぁ、特大サイズだな」

アリス「なんか耳が生えてるんだけど」

廃棄くん「耳はパリッとしてて美味いんだぜ?」

アリス「そう……こんなの誰が食べるの?」

廃棄くん「まぁパーティー用だな。皆で切り分けて食べる感じだ」

アリス「切り分けて……」

廃棄くん「なんだ? まだ食べるのに抵抗があんのか?」

アリス「だって人型ってのが……」

廃棄くん「切り分ければ普通のパンと変わりないだろ?」

アリス「うーん……」

328 :名無しになりきれ:2015/10/22(木) 21:24:20.48 0
             /:::::::/:::::::::/::::::::::::/:::::::r}:::∧:::}:::、:::ヾ:::\
            /::::/:::/:::::::::/'::::::::::::;:イ:::://::/ 1:lヾ::l、:::、\::':、
            ./:::::j:::/:::::::::/::::::::::://シ' ,シ´   .リ 'V i;:::l:::::::::::、
          /:::::::l:/:::::::::/:::::::/_ノ'´       '  ノ ':::i:::::::::::ヘ
           '::::::::j/::::::::/::::/__             1jl:::::!::::::::i
           i:::::::::リ::::::::/:::::lrーー- 、^ニヽ、         ノ l:::j::::i::::1
            l::::::::j::::::::::'::::7:lrf'゚^ァー=r、 `'1 } ̄^Y'二二.ヽ、.|/l::::l:::::}
.          |::::::::!:::::::::l::::::N!` Y .9 ) ' / rー-、 Y,rz=-、^7ミj::::i:::::l
          .!:::::r{:l::;:::::i::::::::ヾz、,_`"´  ノ/   .l {h.o ) ´'ミ_ :゙::::::::リ
         l:::/:::lj}:|::::jl:::::::::N、 ̄¨^'''^゚´    ヽ V1'ー'’ ´./:::j:::::.'
         l/::::::ヘハ:::|j{\:::ヽ          ノ  `^'==/::::/:::/
         /:::::::::::{:l:l::lへ `'ヾ:、             ノ:::/;ヲ
         ./:::::::::::::::1:{:j:^::ヘ                 '7:{ /
        /::::::::::::::::::::::リ:::::::::::、      <二7       /:::|
        j゙:::::::::::::::::::i::::::::::::::::::}ヽ、            ,,r':::::::!
       '、::::::、::::::::1::::::::::::i::::|   ヽ、           ,.'^::::::::::::l
       \:::::ヽ;:::::i::::::::::/:::::!     `丶、,_ ,..ィ:'::::::::::/:::::::::::}
         \:::::\{::::::/::::::リ----=、,_    ./::::i:::::/::::::::::::ノ
          \::::ヘ::/シ^く^'ー=、┴:、 ヽニ>:}::::::{::/:::::::::ジ
     _,... --- ―^ヾイ三三ヘ     `>ー'コL:::j/:::::;.'゚
 ,。 '^   、         lミ1三三ミk   /´..............ヽKr'^
/     \      lミl1三三三>、./ `\.............lヘミk、
     :  ヽ     {ミ!l三三彡:ィへ    \,.。..j'ヘヽミェ:、_
     i   ヽ   j  lミレ-=-'フ.//三>.、   1.....\Vヾ三ミr-.、,_
     l     ヽ.  | └'゚´  / //三三三ミx、. i...........ヘ 'Yミi=\. `丶、

329 :名無しになりきれ:2015/10/22(木) 21:25:34.36 0
   , -.. - ..(⌒Y:: /:: :: :: ::ハ:: :: :: :: :: ::ヽ:: :: ::ヽ:: :: :: \/       \
  ./:: :: :: ::Y´~ヾ:: /:: :: :: :/ ヽ:: :ヽ:: :: :: :ヽ:: :: ::', :: :: イ           ヽ
 /:: :: :: :: ::/ヽ-.':: /:: :: :: :/   ヽ:: ',\:: :: :ヽ:: :: ::',:: /       .今       i
 i:: :: :: :: /  /:: ::/:: :: /::/    ヽ::', ヽ:: :: ヽ :: ::.i::f        日        |
 |:: :: :: /  .,':: : /:: :: /::/      ヽ;',  ヽ:: ::.',ヽ:: i、|                 |
 ヽ :: /   i:: ::/:: :: /::/         ヽ',  ヽ:: ',.ヽ:::!|       逃        |
  ヽ/   /:: ,':: :::/l:/- .. ,,_      ヽ   ヽ::r''',::「|       げ        |
      /ハ/::i:: イi l  _,r, =x      ‐xニ´、-、|i |       た        !
        |:ハ::,-', / /:::::::::::!       /::::::::ヽ \|'.     ら       /
         i.ヽハ   ヾ ::::::ノ      ヾ :::::::ノ  ヘ',           /
         ヘ ハ                   /|∧           /
.  ,. -―‐- <  .ヽri ⊂⊃      '     ⊂⊃, イハ、      /
/          \.ヽヘ、               イ/   >ー‐一'´
           \ ハヽ_、     r_-,     .イ
             .,ヽ:ヽヽ>r .. _ .. r<-7ヽ,、
              ヽ'. ヽ'' ~       ~ -y: :/ ヽ_
 必    も    明.   '. ヽ_        /: /    ヽ
 要   っ    日     ', _: -. _    /: /     ノ,
 に   と   は     i ~ ヽ:ヽ /: ./  _ - ~/: :i
 な    大            |  -''- `'-- '- - ' ~   /: : : i
 る   き                     i ./: : : : :i
 ぞ   な
      勇
      気
      が

330 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/22(木) 21:48:15.16 0
>>328-329
ドロシー「えっと、大きなAAは控えて貰えるかしら? ただでさえ容量が足りないのよ」

レオン「邪魔なのだな」

ドロシー「いや、そこまで言ってないから」

レオン「顔に出ておるぞ?」

ドロシー「ここじゃ顔は見えないんだから言わないの!」

レオン「ドロシーもAAとやらを使えば良いではないか」

ドロシー「まともな顔グラがないゲームからどうやって作ればいいのよ!?」

レオン「想像で補えば良いのだ」

ドロシー「簡単に言わないの。それに私、AAで会話を省略したくはないのよ」

レオン「ふむ、ドロシーは真面目なのだな」

ドロシー「そうかしら? 自分では普通だと思うけど」

331 :名無しになりきれ:2015/10/22(木) 22:08:43.63 0
出来ない理由をさがすな

332 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/22(木) 22:45:11.60 0
>>331
ドロシー「AAの話? 無理なものは無理よ、原作にないものは作れないわ」

そうですわね、本編では人間の顔は隠されておりますものね。
逆にそれが想像力を増してくれるので、物語をより一層楽しめるように出来ておりますわね。

ドロシー「例外的にイベント期間中に公開されているイラストで、私たちの顔が見られるわ」

次のイベントは冬……その前に公式ガイドブックが発売されますわ!

ドロシー「楽しみね。今までもキャラクターの裏話とかは少し出てたけど、それが本格的に楽しめると思うと心躍るわ」

お値段は1,296円、比較的良心的な価格設定ではないでしょうか?

ドロシー「まぁ普通に本を買える値段よね」

333 :名無しになりきれ:2015/10/22(木) 23:02:23.21 0
歪アリって人気あるんだね

334 :名無しになりきれ:2015/10/22(木) 23:06:57.49 0
虫歯痛い

335 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/22(木) 23:32:55.17 0
>>333
廃棄くん「その昔、女子高生の間でヒットして口コミで拡がったんだぜ」

アリス「ホラーが流行るなんて、ちょっと意外だよね。でも雰囲気が素敵だから分かるな」

廃棄くん「幻想的で少し怖くて、とても感動的なんだよな」

アリス「女子高生に人気の話って、結局のところ泣ける話なのよ」

廃棄くん「泣ける……まぁ泣けるんだろうな。俺の勇姿で」

アリス「そこは泣けるポイントじゃないと思うな……」

廃棄くん「だってカッコ良かっただろ!?」

アリス「んー……そうだね、うん」

廃棄くん「なんだよ、その引っかかる物言いは?」

アリス「え、ううん……なんでもないよ?」

>>334
ドロシー「歯医者に行きなさい」

レオン「まぁ、そうであるな」

ドロシー「歯医者嫌いなガキじゃないのよ? 別に平気でしょ?」

レオン「だが、口の中をあれこれされるというのも気持ち悪そうであるな」

ドロシー「私、虫歯になったことないのよ」

レオン「ほぅ」

ドロシー「だから、歯医者が嫌ってよく分からないのよね」

レオン「余も王宮でシンサツとやらを受けたが、それだけでも十分気持ち悪いぞ?」

ドロシー「あー、口の中覗き込まれるのよね。あれは鬱陶しいわ」

レオン「そのとき余は異常なしと言われたのだ!」

ドロシー「へぇ、良かったじゃない。異常があったら歯を引っこ抜かれるのよ?」

レオン「歯を……だと!? な、なんと恐ろしいのだ……」

336 :レオン:2015/10/23(金) 09:58:41.92 0
ペロペロ(ドロシーの顔を舐める)

337 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/23(金) 20:04:05.26 0
>>336
ドロシー「ちょ、やめっ……やめなさいっ!」

レオン「む? 毛づくろいは大事なのだぞ?」

ドロシー「毛とか生えてないから! もう、ベタベタじゃない」

レオン「放っておけば問題ないのだ」

ドロシー「洗って来るわ……レオンのバカ」

レオン「余はドロシーをきれいにしようとだな……」

ドロシー「逆に汚れたわよ! 次舐めたらごはん抜きだからね?」

レオン「それは嫌なのだ!」

ドロシー「じゃあ二度と舐めないことね」

レオン「むむ……ドロシーはひどいのだ」

338 :名無しになりきれ:2015/10/23(金) 20:48:08.13 0
紅葉狩りに行こう

339 :チェシャ猫:2015/10/23(金) 21:02:11.92 0
アリス、これをお食べ
(アリスの口の中に無理やり廃棄くんの手を入れる)

340 :名無しになりきれ:2015/10/23(金) 21:21:39.69 0
実写流浪に剣心の殺陣すごすぎw

341 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/23(金) 21:37:07.08 0
>>338
ドロシー「紅葉狩りかぁ、良いわね。どうせなら綺麗な滝が見える場所が良いわ」

ジャック「万が一流されて滝を落ちては危険です」

ドロシー「そんなこと二度も起きないわよ!」

ジャック「山道もまた危険が伴います」

ドロシー「今まで散々歩いて来たから平気よ」

ジャック「それでも行くのであれば、お嬢様は私がお運びします。荷車を連結しましょう」

ドロシー「私は荷物じゃないのよ?」

ジャック「では、滝は諦めて平地で紅葉をご覧ください。小川なども風情があるでしょう」

ドロシー「意地でも私に山道を歩かせない気ね?」

ジャック「危険は極力避けるべきです」

ドロシー「ジャックは過保護が過ぎるわ。私は結構たくましいのよ?」

ジャック「しかし……」

ドロシー「これ以上言うと留守番させるわよ?」

ジャック「……了承しました」

>>339
アリス「もがっ!? んぐぐ……ぺっぺっ! 何するのチェシャ猫!」

チェシャ猫「アリスは小さい方が運びやすいからね」

アリス「だからって腐ったパンはやめて!」

廃棄くん「おいアリス、その言い方はないんじゃねーか?」

アリス「あ、ごめん……でも事実じゃない?」

チェシャ猫「新鮮なパンなら良いのかい?」

廃棄くん「ちょっと焼けば食えるぜ?」

アリス「二人共やめて! 小さくなんかなりたくないから!」

342 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/23(金) 21:37:40.15 0
>>340
ドロシー「ふーん、そうなんだ? 私は見てないのよね」

クロウ「タテって何かナ?」

ドロシー「格闘や剣戟なんかを演じることよ。実際に傷付け合ったりはしないわ」

クロウ「ガレオンも戦ってたヨ!」

ドロシー「じゃあガレオン戦記が舞台とかになったら、派手な殺陣が繰り広げられるでしょうね」

クロウ「ワァ! 見てみたいナ!」

ドロシー「そういえばこっちには時代劇はないのよね……歴史の浅さだと、西部劇みたいなのはあるのかしら?」

クロウ「ジダイゲキ? セイブゲキ?」

ドロシー「分からないなら気にしないで」

343 :名無しになりきれ:2015/10/23(金) 21:43:32.45 0
好き、好き、好き、好き、好き好き
愛してる

344 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/23(金) 22:04:34.74 0
>>343
ドロシー「えーと、確か……あっ、一休さんだ! テレビの懐メロ特集で聞いたことあるわ」

ジャック「お嬢様は世代ではないのですね」

ドロシー「当然よ、私をいくつだと思ってるのよ?」

ジャック「計測によると約18歳ですね」

ドロシー「どういう計測なのよ……」

ジャック「肉体年齢及び精神年齢を複合して計測しております。血圧や表情、歩き方などで年齢を推察することが可能です」

ドロシー「分かった! 分かったからもう計測はやめて頂戴! 変な結果が出たら嫌だもの」

ジャック「何か問題があるでしょうか?」

ドロシー「問題があるからやめてって言ってるの!」

345 :名無しになりきれ:2015/10/23(金) 22:13:23.72 0
すき焼きは生卵につけてから食べる?

346 :名無しになりきれ:2015/10/23(金) 22:28:39.05 0
たーかーのーつーめー

347 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/23(金) 23:08:17.07 0
>>345
ドロシー「もちろん! あの濃厚な味がたまらないのよね」

生卵を漬けるのには抵抗を示すお客様もいらっしゃいますから、その辺り気を遣いますわ。

ドロシー「もったいないわ、あんなに美味しいのに」

欧米には生卵を食べる習慣はありませんので、ごく近年までは受け入れられなかったと聞きましたわ。

ドロシー「今は受け入れられたってこと?」

すき焼きはメジャーな日本食ですからね。少しづつ認知されたのでしょう。

ドロシー「そもそも海外の鶏卵は生だと安全じゃない場合がある……って聞いたことはあるわ」

サルモネラ菌の感染の恐れがある……との話もありますわね。
まぁ日本国内であれば問題はありませんわ。

ドロシー「日本じゃ生卵は食の基本だものね。卵かけ御飯とか最高だもの」

>>346
ドロシー「はい、鷹の爪団はお引き取り願えるかしら。関わったらろくなことにならないもの」

レオン「真っ赤な服で、変な連中だな!」

ドロシー「悪の秘密結社らしいわよ?」

レオン「むっ、敵なのか!?」

ドロシー「基本的に悪意はないわよ」

レオン「敵なのか、そうでないのかどっちなのだ?」

ドロシー「知らないわよ、本人たちに訊いてみたら?」

レオン「むむ……敵かも知れないと思うと、少し話しかけづらいのだ……」

ドロシー「レオンは小心者だものね」

レオン「そ、そんなことはないぞ!? 余は勇敢なのだ!」

ドロシー「なら早く行きなさい」

レオン「お、おう」

〜1分後〜

レオン「ドロシー!」

ドロシー「あら、早いわね」

レオン「飴玉を貰ったのだ! 連中は良い者らしいぞ!」

ドロシー「……そう。レオンって簡単に買収出来るのね」

レオン「バイシュウ?」

348 :名無しになりきれ:2015/10/24(土) 05:05:40.37 0
ちんちんぶらぶらソーセージ

349 :名無しになりきれ:2015/10/24(土) 18:05:09.31 0
外国人と冗談を言い合えるくらい英語が得意になりたい

350 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/24(土) 20:32:48.01 0
>>348
ドロシー「……さて、次のお客さんは誰?」

ドロシー様、現実逃避はいけませんわ。
一人ひとりのお客様に真摯に向き合う、それがここの方針ですから。

ドロシー「そんな方針トトが食べちゃえば良いのよ!」

普通にお腹を壊しそうですわね……。

ドロシー「とにかくこんな変態な客は今すぐ追い出すべきよ! なんとかならないの?」

んー……不埒な行いをしたならともかく、言葉だけでは逮捕は難しいですわね。
とりあえずドロシー様も落ち着きましょう。頭に血が上っていては、良い考えも浮かびませんわ。

ドロシー「もう落ち着いたわ……今時小学生でも言わないような低俗な台詞を吐くなんて、信じられないわ……」

>>349
ドロシー「外国人と話す機会が増えれば、自然に喋れるようになると思うわよ? 一番は留学することね」

クロウ「リュウガク?」

ドロシー「他の国に勉強しに行くことよ」

クロウ「他の国ニ?」

ドロシー「あー……こっちにはこの国しかないんだっけ?」

オズ「今はな。だが昔はそうでもなかったんだぞ?」

ドロシー「オズ! 聞いてたの? ホント暇人ね」

オズ「公務の合間に様子を見に来てやったんだがな」

クロウ「オズ、他の国っテ?」

オズ「ああ、600年くらい前だったかな……西の方で新しい国を作ろうという運動があってな。でも資金不足ですぐ破綻したんだよ」

ドロシー「西……なんとなく想像出来るわ」

351 :名無しになりきれ:2015/10/24(土) 20:47:13.65 0
冬に花火大会をやらないのは何でだ?

352 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/24(土) 21:17:59.89 0
>>351
ドロシー「寒いからじゃない?」

あー、まぁ寒い中花火を眺めるのも苦痛かも知れませんわね。
しかし冬は空気も澄んでおりますし、綺麗に見えるでしょうね。

ドロシー「調べてみた感じだと、少ないけど冬の花火大会はあちこちであるらしいわ」

それは素敵ですわね。花火は夏の風物詩ではありますが、冬の花火もきっと良いものでしょう。

ドロシー「そういえば、花火って何故川辺や湖……水辺で行うことが多いのかしら?」

理由は二つ考えられますわ。
ひとつは安全性、火災の危険を減らすためでしょう。
もうひとつは……きっと水辺だと花火が綺麗に見えるためですわね。

ドロシー「湖面に映った花火って綺麗だものね」

353 :名無しになりきれ:2015/10/24(土) 21:38:16.70 0
最高級の栗を使ったモンブランが食いたかったら面白い話を聞かせて

354 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/24(土) 22:04:21.03 0
>>353
ドロシー「さ、最高級……!?」

ジャック「お嬢様、怪しい誘いには乗らない方が……」

ドロシー「だ、大丈夫よ。話だけなら失うものは何もない訳だし、最高級だし!」

ジャック「半分くらい理由になっておりませんが……いえ、お嬢様がお決めになったのなら、私はどこまでもお供しましょう」

ドロシー「で、面白い話よね……面白い……面白い?」

ジャック「お嬢様、話のネタがないのでしたら私が」

ドロシー「大丈夫! 最高級のためだもの、自分で頑張るわ」

ジャック「お嬢様……」

ドロシー「えーとね、栗と言えばついこの前栗ご飯が食べたくなって、王宮のシェフにお願いしたのよ」

ジャック「そんなこともありましたね」

ドロシー「で、頼むばかりじゃ申し訳ないから、栗の皮剥きを手伝ったのだけど……」

ジャック「それで、どうなったのでしょう?」

ドロシー「それが思ったより大変でね、つい頭に来て「面倒くさいクリーッ!!」って叫んじゃったのよね……うん、そんなことがあったのよ」

ジャック「えー、栗のことを考え過ぎて「これ」が「クリ」になってしまわれたのですね?」

ドロシー「駄目だわ……面白くない、思いっきりスベッちゃった……」

ジャック「人によっては面白いと思われますが……」

ドロシー「うぅ、焦っちゃっただけでホントはもっと面白いネタもあったのよ!?」

355 :名無しになりきれ:2015/10/24(土) 22:11:27.26 0
       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|   クソワロタ(真顔)
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
   / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
   |;;::              ::;;|
   |;;::              ::;;|

356 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/24(土) 22:25:38.04 0
>>355
ドロシー「笑ってないわよね? それ絶対笑ってないわよね!?」

先ほど最高級がどうとか仰っていた件でしょうか?

ドロシー「見てたの!?」

はい、少々ですが。

ドロシー「リジーにまで恥ずかしい姿見られた……」

ドロシー様、あの……大丈夫ですか?

ドロシー「大丈夫じゃないわ……鬱だ氏のう」

落ち着いてくださいましドロシー様! 私は変に思ってなどおりませんし、誰にも口外するつもりもありませんわ。
お客様だって、ドロシー様を気遣ってくださってるではありませんか。

ドロシー「そんな気遣いは欲しくないわ……」

ドロシー様……。
ではケーキ! ケーキを食べませんか? ちょうど最高級のモンブランが手に入ったのですわ。

ドロシー「モンブラン……最高級!? 食べる、今すぐ食べるわ!」

あら、元気になりましたわね?

357 :ジャック:2015/10/24(土) 22:45:58.71 0
お嬢様だけに辛い思いをさせてしまい本当にすまいと思っています

358 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/24(土) 22:56:56.85 0
>>357
ドロシー「大丈夫よジャック、これは私だけが抱えなきゃいけない傷だわ」

ジャック「しかし、お嬢様……」

ドロシー「大丈夫だってば! ジャックは過保護が過ぎるのよ」

ジャック「お嬢様がそう仰るなら、私はそれで構いませんが……」

ドロシー「ええ、気遣いありがとうね。私はこれでもタフなのよ?」

ジャック「確かにお嬢様のメンタルは、かなり頑丈に出来ているように思えます」

ドロシー「まぁね、この旅のおかげで鍛えられたもの」

ジャック「オズの話によると、お嬢様は昔からこんなもの……とのことでしたが」

ドロシー「むー、オズの馬鹿! あとで文句言わなきゃ」

359 :名無しになりきれ:2015/10/24(土) 23:13:32.57 0
ジャックはオズからリア充のこころを貰え

360 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/24(土) 23:28:44.20 0
>>359
ジャック「リア充……でございますか? そのリア充とは、人間の普通の心とどのように違うのでしょう?」

ドロシー「リア充ねぇ……あんまり普通と変わらないんじゃないかしら?」

ジャック「リア充の定義とはどのようなものでしょう?」

ドロシー「んー……友達がいるとか、仕事が安定してるとか……要するに充実してるってことよ」

ジャック「では、私は既にリア充なのかも知れませんね」

ドロシー「どうして?」

ジャック「私はお嬢様にお仕えするという責務を全うしております。これ以上満ち足りた生活があるでしょうか?」

ドロシー「……ジャックはもう少し、自分のために生きるべきだと思うわ」

ジャック「お嬢様にご満足頂けて私も嬉しいのですから、何も問題はありません」

ドロシー「…………そう」

361 :名無しになりきれ:2015/10/25(日) 16:50:05.41 0
こたつあったけ〜

362 :ジャック:2015/10/25(日) 18:29:42.30 0
よっ!ドロシー!

363 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/25(日) 20:10:57.00 0
>>361
ドロシー「こたつかぁ、こっちにはこたつって無いのよ。そっか、もうそんな季節なのね」

聞く限りでは私でも仕組みが理解出来ますから、アッカーマンに注目してみてはいかがでしょうか?
王宮には塔からのコアエメラルドのエネルギー供給もありますし、作るのはそう難しくないはずですわ。

ドロシー「でも、お金かかるわよ? 私文無しだもの」

必要経費として王宮に請求してくださって構いませんわ。
暖房器具の製作依頼と言う名目であれば、何の問題もなく受理されますしね。

ドロシー「そう? なら注文しようかな。むしろこたつが流行ったりしないかしら?」

エネルギーの問題がありますから、一般に広く普及するのは相当先になりそうですわね。

ドロシー「その辺は問題ないわ。昔のこたつは炭火で暖めていたのよ」

なるほど、炭火でしたら手軽ですわね。

ドロシー「こっちの人は椅子に座る習慣があるから、掘りごたつなんか良いかも」

ドロシー様、いっそ特許を取得して販売してみてはいかがでしょう? うまく行けば安定収入が得られますわよ?

ドロシー「なるほど! 私の故郷にあった色々なものを広めれば、それだけでお金になる訳ね!」

>>362
ドロシー「ジャックはそんなこと言わないわよ。声も違うし……よく見たら張りぼてじゃない」

ジャック「お嬢様、どうかなされましたか?」

ドロシー「お客さんがふざけてジャックの真似をしてたのよ。あまりに似てないから呆れちゃったわ」

ジャック「似せるだけなら、私のパーソナリティーはそれほど複雑なものではありません。真似は簡単ではないでしょうか?」

ドロシー「私を騙せるほど似せるのは難しいと思うわよ? 何しろずっとジャックと一緒に居たのだから」

ジャック「……そうですか。ありがとうございます」

ドロシー「何故ジャックがお礼を言うのよ? 変なジャックね、もしかしてニセモノ?」

ジャック「いいえ、私は正真正銘お嬢様のジャックです。お礼は……特に意味はありません」

ドロシー「分かってるわよ。でも、ドロシーって呼ばれるのは悪くないかも」

ジャック「いいえ、私は生涯お嬢様と呼び続けます」

ドロシー「私もすぐにお嬢様って年齢でもなくなるのよ?」

ジャック「問題はありません」

ドロシー「あるわよ! ジャックの馬鹿」

364 :サンタクロース:2015/10/25(日) 20:32:45.78 0
メリークリスマス!

365 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/25(日) 20:48:34.75 0
>>364
アリス「いやいや、まだクリスマスには早いよ!? ハロウィンだってこれからなのに」

廃棄くん「歪みの国に、まだこんな奴もいたんだな」

アリス「歪みの国の住人なの!?」

廃棄くん「おそらくアリスが投影した、クリスマスのためだけに作られた存在だな。害はないぜ」

アリス「確かに子供の頃はサンタさんに憧れてたけど……実際出て来ても困るなぁ」

廃棄くん「ところで、袋から血が滴ってるな」

アリス「うわ、ホントだ……何が入ってるの!? さすがにこのサンタさんにはお世話になりたくないかも」

廃棄くん「まぁ落ち着けアリス、さっきも言ったがこいつに害はない」

アリス「ホントに?」

廃棄くん「ああ……多分な」

アリス「多分って何!?」

366 :名無しになりきれ:2015/10/25(日) 21:02:53.71 0
た‐ぶん【多分】

[名・形動]
1 数量・金額の多いこと。また、そのさま。たくさん。多く。「―な(の)寄付にあずかる」「ビタミンを―に含んだ果物」
2 (多く「多分に」の形で)かなりの程度であるさま。相当。「考えすぎる傾向が―にある」
3 あるものの多くの部分のこと。大部分。また、多数。→御多分(ごたぶん)
[副]ある事柄についての推量を表す。たいてい。おそらく。「―雨だろう」「―大丈夫だと思う」

367 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/25(日) 21:12:57.04 0
>>366
アリス「いや……別に多分の意味を訊いたんじゃないんだけど」

チェシャ猫「答えが返って来て良かったね、アリス」

アリス「何が良いの!? 多分の意味くらい知ってるもん……私、馬鹿にされてる?」

チェシャ猫「アリスは頭が良いんだね」

アリス「……多分普通よ、多分」

チェシャ猫「多分も使えたね」

アリス「…………チェシャ猫のいじわる」

368 :名無しになりきれ:2015/10/25(日) 21:29:39.21 0
鼻くそを食うやつはいても、耳カスを食うやつはいないよな?
何でだ?

369 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/25(日) 21:51:46.02 0
>>368
ドロシー「耳くそは気軽に指で取れないからじゃないの? 鼻くそを食べるのって癖らしいし」

ジャック「鼻くそを食べる行為は健康被害の恐れがあります。直ちに矯正する必要があるでしょう」

ドロシー「あー、まぁ汚いものね。子供のうちにちゃんと躾けなきゃいけないわ」

ジャック「そうですね。もしどうしても治らない場合、心療内科に通うことも有効です」

ドロシー「そういえば、昔読んだ物語に耳くそを肥料にしてる描写があったのよ。効果なんてあるのかしら?」

ジャック「動物の糞は窒素やリン、カリウムなどを含みますが、耳くその場合不明です。しかし量から考えても、効果は薄いと思われます」

370 :名無しになりきれ:2015/10/25(日) 22:35:56.23 0
今年の流行語は「壁ドン」で決まりだろう

371 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/25(日) 22:48:25.53 0
>>370
ドロシー「壁ドンって最近聞かないような……」

レオン「壁ドン?」

ドロシー「説明するのが面倒だわ」

レオン「ドロシーはいじわるなのだ!」

ドロシー「はいはい……えっとね、かくかくしかじかって感じよ」

レオン「理解は出来たが……今何かズルしなかったか?」

ドロシー「いいえ、別に何もズルなんてしてないわよ?」

レオン「ふむ……でも人間のメスは何故壁ドンが好きなのだ?」

ドロシー「皆が皆好きって訳じゃないけど……まぁ、ときめくんじゃないかしらね」

レオン「ドロシーは好きじゃないのか?」

ドロシー「ええ、特に魅力は感じないわ」

372 :オズ:2015/10/25(日) 23:01:39.45 0
どどどど、童貞ちゃうわ!

373 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/25(日) 23:39:47.31 0
>>372
ドロシー「オズって童貞だったの? ……意外ね」

オズ「だから違うって言ってるだろ。何年生きてると思ってるんだ?」

ドロシー「何年?」

オズ「……忘れた」

ドロシー「あ、もしかしてオズってゲイなの?」

オズ「いや、そういう趣味はないぞ?」

ドロシー「童貞だけど処女ではないとか、そっちかと思ったわ」

オズ「この国の住人は産まれたときからその辺は自由だから、色んな趣味の連中ばかりだが……俺はこの国で生まれ育った訳じゃないからな」

374 :名無しになりきれ:2015/10/26(月) 16:26:37.41 0
ドロシーはファッションに疎い?

375 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/26(月) 20:14:05.92 0
>>374
ドロシー「そういえば、こっちにもファッションブランドってあるの?」

ブランド……と言いますか、城下で人気の高級洋服店はございますわよ。
お値段はそれなりという話ですが、とても可愛らしい服が売っているそうですわ。

雪だるま「僕がダーリンのために揃えた服も、そこの品なんだ」

ドロシー「あー、ああいう系統の服なのね。私の趣味とはちょっと違うかな」

あら、お気に召しませんか?
そういえばドロシー様は活動的な服を好んでらっしゃいましたね。そのジャンパースカートもそうですし。
ならば私がドロシー様の好みそうな店をリストアップ致しますわ。明朝には用意しましょう。

ドロシー「いや、そこまでしなくて良いから。自分で歩いて店を探すのも、また楽しいのだからね」

それもそうですわね。ならば私は口出し致しません、ドロシー様のお好きなようになさいませ。

376 :名無しになりきれ:2015/10/26(月) 20:42:25.26 0
アリス「ハリネズミのジレンマかぁ…」

377 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/26(月) 20:52:05.18 0
>>376
廃棄くん「あれだろ? くっつきたいけどトゲトゲでくっつけないみたいな」

アリス「そうそう、ハリネズミを見てたら思い出してね」

廃棄くん「あー、仕立て屋のあいつか。感情が昂ぶると針飛ばすから気をつけろよ?」

アリス「大丈夫、こんなに小さいんだし。最初に会ったときはクマみたいに見えたのになぁ」

廃棄くん「また小さくなりたいか?」

アリス「え、やだ。そう言って自分を食べさせる気でしょ?」

廃棄くん「ちっ、ばれたか」

378 :名無しになりきれ:2015/10/26(月) 22:17:56.09 0
アリスに質問
友達ってどうやって作るの?

379 :名無しになりきれ:2015/10/26(月) 22:38:02.40 0
鼻水垂れてるぞ

380 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/26(月) 22:44:40.50 0
>>378
アリス「友達? えっと、どうやって……どうやっ……て?」

廃棄くん「アリス、大丈夫か?」

アリス「ともっ……ともだ……どう……ともどうっ?」

廃棄くん「おいアリス!?」

アリス「雪、乃……ともだちっ……どう?」

廃棄くん「アリスが壊れた……おいっ、どうしてくれるんだよ!?」

アリス「だっ大丈夫だよ!? ホントにだ……だだだだだっ……」

廃棄くん「おいおい……とりあえず何も考えるな。な?」

アリス「う、うん…………少し落ち着いたかも」

廃棄くん「ホントびっくりしたぜ……お客も、アリスに変な話するなよ?」

>>379
ドロシー「え? あぁ、大丈夫レオン?」

レオン「むぅ、小汚い部屋があったから漁ってみたのだが……」

ドロシー「ホコリにやられたのね。少ししたら落ち着くだろうから我慢なさい」

レオン「鼻水が止まらないのだが……」

ドロシー「しょうがないわね……ほら、チーンってして?」

レオン「チーン?」

ドロシー「鼻をかむのよ。鼻水を吹き飛ばす感じで」

レオン「うむ。チーン!」

ドロシー「少しはマシになった?」

レオン「うむ、助かったのだ」

ドロシー「次からは自分で出来るようになりなさい」

レオン「余が鼻紙を持つのは難しいと思うのだが……」

ドロシー「努力あるのみよ!」

レオン「えー」

381 :アリス:2015/10/26(月) 22:48:00.17 0
こんな私にも手を差し伸べてくれていた人はいたんだよ
でも、私はその手を握れなかった
自分には握る資格がないと勝手に決めていた
これから先、手を差し伸べてくれる人が現れたら今度こそちゃんと握るよ
それが例えどんな変態おやじでも!

382 :名無しになりきれ:2015/10/26(月) 23:02:54.64 0
恋人ってどうやって作るの?

383 :アリス:2015/10/26(月) 23:14:19.04 0
ずっと世界が変わることを望んでいた…
世界が変わらないと私は変われないと思ってた…
でもそれは違うんだよね?
まずは私が変わらないとダメなんだ
私が変われば世界もきっと変わるよね?
頑張ってみるよ

384 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/27(火) 20:07:37.13 0
>>381
武村「どうも。変態おやじの武村です」

廃棄くん「やっぱり自分で言うんだな」

武村「僕は亜莉子ちゃんを娘のように、いや娘として愛しているんだよ?」

廃棄くん「そこに下心はないと?」

武村「亜莉子ちゃんを救えるのは僕だけだと思うね。感情の問題じゃないのさ」

廃棄くん「チェシャ猫、こいつ食ったほうが良いぜ?」

チェシャ猫「でもマズそうだよ?」

廃棄くん「そういう問題かよ!?」

武村「環境的にも金銭的にも、僕が亜莉子ちゃんを養ってあげたほうが良いと思わないかい?」

廃棄くん「それはアリスが決めることだが……俺は少なくともオススメしないな」

>>382
ドロシー「時が来たら自然に恋心は芽生えるものよ。生き物はそういう風に出来ているのだもの」

ジャック「ではお嬢様も恋をする年齢と言うことですね」

ドロシー「私は……今はこっちの生活に慣れるのにいっぱいいっぱいなのよね。恋とか二の次だわ」

ジャック「しかしお嬢様、結婚適齢期を逃してしまうと難しくなります」

ドロシー「まだ先の話だから大丈夫よ」

ジャック「お嬢様には私がついている以上、最大限に幸福な人生を歩んで頂くことが必須となります。結婚は必要なステップです」

ドロシー「結婚してもあなた達は付いて来るのね……」

ジャック「何か問題があるでしょうか?」

ドロシー「問題がないと思ってるの!?」

>>383
廃棄くん「世界は変わらないぜ? 変わるのはアリス自身じゃなきゃダメなのさ。自分が変われば、世界の泳ぎ方も変わって来る。世界の受け止め方が変わるんだぜ」

チェシャ猫「台詞が長いね」

廃棄くん「テメェ、喧嘩売ってんのか!?」

チェシャ猫「アリスが変わろうとしてるから大丈夫なんだよ」

廃棄くん「まぁ一言でまとめるとそうなるな」

チェシャ猫「それにアリスには僕が憑いてるからね」

廃棄くん「おい、憑いてるじゃなんか怖いだろ!?」

チェシャ猫「別に問題ないさ」

廃棄くん「チェシャ猫と話してると疲れるんだよな……俺からかわれてるのか?」

385 :名無しになりきれ:2015/10/27(火) 20:14:55.66 0
せやかて、ドロシー
てんぷらを食ったあとにスイカを食ったら腹壊すでぇ

386 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/27(火) 20:59:20.54 0
>>385
ドロシー「嘘!? そうなの?」

真偽は不明ですが、一般に食べ合わせが悪いとされている物の代表格ですわね。
他に鰻と梅干し、キュウリとコンニャクなどありますわ。
ちなみに先述のてんぷらとスイカの場合、水と油が混合し消化不良が起こりやすいとされております。

ドロシー「へぇ、そんなのがあるのね」

古くは中国の薬学から発生したもので、体を温める作用のものと冷やすものを一緒に食べてはならないと言う発想から来るものですわ。
しかし実際に栄養学的に良くない組み合わせもあったりするので、これがなかなか侮れませんのよ?

ドロシー「なるほど、なんでも組み合わせるのは良くないのかも知れないわね」

387 :名無しになりきれ:2015/10/27(火) 21:11:59.89 0
男の子「計算が苦手でも指を使えば計算できるよね」
女の子「でも両手10本、両足10本で20までしか数えられないよ」
男の子「僕は21まで数えられるよ」

388 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/27(火) 21:36:58.95 0
>>387
ドロシー「何言ってるの? 私なら片手で31まで数えられるわよ?」

ジャック「二進法を使用するのですね。その場合両手なら1023、両足を含めますと……」

ドロシー「いや、さすがにそこまで数えたくないわよ」

ジャック「そもそも人類が活用している数え方が十進法なのは、手の指の数に由来されているとの説があります。もし指が16本あったら、16進法を活用していたかも知れませんね」

ドロシー「16進法って、コンピューターで使うんだっけ?」

ジャック「はい、私には馴染み深い表記です」

ドロシー「やっぱり下品なお客さんの話より、ジャックと頭良さげな会話をしてた方が楽しいわね」

389 :名無しになりきれ:2015/10/27(火) 21:42:31.66 0
       _,..-――-:..、    ⌒⌒
     /.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::.\      ^^
    / .::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::..ヽ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  :::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::
   :::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::
     :::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::     ∧_∧
      ::::::::::::::::::::::::::::       ( ::;;;;;;;;:)ああ…死にてぇ…
        ::::::::::::        /⌒`'''''''''''^ヽ
               /⌒ヾ/ / .,;;;;;;:/.:;|
-―'――ー'''‐'ー'''―‐'―''''\,./ / .::;;;;;;:/‐'| :;|'''ー'-''――'`'
 ,, ''''  `、 `´'、、,   '''_ソ / `:;;::::ノ,,, | :;| '''  、、,
    ,,,   ''  ,,   ''''' ξ_ノ丶ー'ー< ,ゝ__> '''''  ,,,,
 ,,     ,,,,     ''' ,   ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::  ,,
            ,,,,,,,     :::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;:::::::::      ''
,, '''''''      ,,,,       ,,    :::::::::::::;;;;;;;;::::::

390 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/27(火) 22:08:31.02 0
>>389
ドロシー「どうせ夕日を見て呟くなら、もっと青春っぽいことにしなさいよ」

クロウ「夕日ってキレイだよネ! 僕が畑に立ってたときハ、いつも麦畑に沈む夕日を見てたんダ」

ドロシー「あ、そう言えば最近夕日なんて見てないなぁ。今日の月は綺麗だけど」

クロウ「月や星明かりもキレイだよネ!」

ドロシー「私の故郷も田舎だったから、夜は結構星も見えたのよね」

クロウ「田舎じゃないと星は見えないノ?」

ドロシー「街明かりが強いせいで、星がかき消えるのよ。王宮の周りも結構明るいから、星を見るなら少し郊外に出なきゃね」

クロウ「そっカ! ところでこのお客さんはどうして死にたがってるノ?」

ドロシー「知らないわよ。人生がつまらないんじゃないの?」

クロウ「新しい人生を始めたいんだネ!」

391 :ドロシー:2015/10/27(火) 22:16:53.40 0
たまには一人になりたいから、みんなどこかに行ってくれないかしら?

392 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/27(火) 22:45:54.87 0
>>391
レオン「まぁ晩には皆部屋に集まるのだがな」

クロウ「僕はドロシーの枕だからネ!」

ジャック「お嬢様の安全をお側で確認する必要があります」

トト「わん!」

レオン「ふん、シモベと共に居るのは当然のことなのだ」

ジャック「夜間はともかく、日中少しの時間ならば遠目に観察するというのはどうでしょう?」

クロウ「でもドロシーが昼寝をするかも知れないヨ?」

レオン「そのときは寝てから向かえば良いのだ」

トト「わうん……」

ジャック「もちろんその身に危険があるかも知れないので、いつでも飛び出せる位置にて観察します」

レオン「見つかったら怒られないか?」

クロウ「ドロシーって一人のときは何してるのかナ?」

トト「……」

ジャック「見つかる可能性はあります。しかし、お嬢様の身の安全とどちらが大事か、お分りですね?」

レオン「ふむ、そうであるな」

クロウ「ドロシーが一人で退屈しないようニ、ガレオン戦記でも貸そうかナ」

トト「ぐー……」

393 :モーナ:2015/10/27(火) 22:59:06.52 0
カニカマってカニじゃないんですか?!

394 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/27(火) 23:38:50.78 0
>>393
ドロシー「カニカマはカマボコね、要するに魚のすり身よ」

近年ではカニの身の形まで似せたものが出回っているそうですわ。
まぁカニカマもまた美味しいのですから、良いのではないでしょうか?

ドロシー「カニカマって卵と相性が良いのよね。天津飯に卵焼き、卵スープなんかにも合うわ」

細かく裂いてサラダや和え物に入れることも多いですわね。
カニカマを入れたカニ鍋……はさすがに無理があるでしょうか?

ドロシー「それは無理があるわね……。でもカニに似た風味でカニじゃないのだから、ヘンリックに気を遣う必要がなくて良いわね」

ちなみにカニカマの繊維は冷凍されたすり身を急速解凍し、再び凍らせることで繊維状になるそうですわ。

395 :名無しになりきれ:2015/10/28(水) 00:50:52.37 0
カニザレスもカニじゃないよ。

396 :リジー:2015/10/28(水) 16:11:40.26 0
ドロシー様、呼びましたか?

397 :名無しになりきれ:2015/10/28(水) 17:30:43.37 0
夜尿症?

398 :名無しになりきれ:2015/10/28(水) 19:09:17.49 0
吾輩は猫である、長すぎて読むの辛い

399 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/28(水) 20:25:48.61 0
>>395
ドロシー「調べてみたら人名だったわ。何者よカニザレス?」

ジャック「わざわざお嬢様が調べずとも、私に言って頂ければ瞬時に調べることが可能です」

ドロシー「自分で調べなきゃ自分の知識にならないものなのよ。まぁ、いらない知識だったけど」

ジャック「勉強熱心なのはとても良いことです」

ドロシー「勉強熱心と言えば、最近クロウが着々と知識をつけてない? 前より話が通じるようになってるのよね」

ジャック「クロウはとても勉強熱心で、自分で調べたり私に尋ねたりと大いに知識欲があるようです」

クロウ「色々勉強するのは楽しいヨ!」

ドロシー「ふーん、案外クロウには脳ミソなんていらないのかもね」

ジャック「クロウはものを知らないだけで、本質的には非常に賢いと思われます」

>>396
何なりとお申し付けくださいませ。

ドロシー「リジーって、ベルを鳴らしたら本当に一瞬で来るわよね。部屋に入った気配すらなかったわ」

それが私の特技でございますから。
ドロシー様がベルを鳴らして頂ければ、例え地獄の底からでも瞬時に駆けつけますわ。

ドロシー「本当に接客係の鑑よね。あ、そうそう……明日の服は、街を歩きたいからパンツにしてくれる? 動きやすいほうが都合が良いのよ」

かしこまりましたわ。靴はそのブーツで構いませんの?

ドロシー「んー、やっぱりこれが歩きやすいのよね。それともちょうど良い靴とかあるの?」

ドロシー様に合う靴はもちろん用意済みですわ。
完璧に足に合う靴でしたら、足を痛める心配も少ないでしょう。

ドロシー「なら靴も用意して貰おうかしら。悪いわね、色々と用意させて」

いいえ、これも仕事ですし私も楽しんでおりますから。
ドロシー様のお世話を出来るなんて、接客係冥利に尽きますわ。

400 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/28(水) 20:26:25.08 0
>>397
ドロシー「おねしょなんてこの歳でする訳ないでしょ!? 全く失礼ね」

レオン「余は立派なヒャクジュウの王だから、もうおねしょなどしないぞ?」

ドロシー「そうなの? 聞く限りでは、私もおねしょをしない子供だったらしいわ。手がかからないってよく言われたものだわ」

レオン「ほう、ドロシーにも子供の頃があったのか」

ドロシー「ない生き物がいると思う? 私はこれでも良い子だったのよ」

レオン「今のドロシーからは想像も出来んな」

ドロシー「へぇ、レオンはおやついらないのね?」

レオン「じ、冗談なのだ!」

ドロシー「あんまり私を怒らせないことね」

レオン「ドロシーは時々怖いのだ……」

>>398
ドロシー「読んでみると結構面白いわよ?」

クロウ「本の話なノ?」

ドロシー「ええ、「吾輩は猫である」って小説で、猫視点で語られる変わった話なのよ」

クロウ「面白そうだネ!」

ドロシー「猫の独特な語り口や、苦沙弥先生のちょっと変わった人物像が面白いのよ。是非若いうちに読んで欲しい一冊ね」

クロウ「僕も読んでみるヨ」

ドロシー「元々読み切りだから、一話だけ読んでそれで継続するかを決めても良いかも知れないわね」

クロウ「続きがあるなら全部読みたいナ」

ドロシー「ちょっと長いからって、気負って読む必要はないわね。軽快に読める作品だし」

クロウ「デ、その本はどこにあるノ?」

ドロシー「えーと……お客さんに頼んで持って来て貰いましょ」

401 :名無しになりきれ:2015/10/28(水) 20:31:13.81 0
是非若いうちに、ってドロシーは何歳だよw

402 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/28(水) 20:47:58.24 0
>>401
ドロシー「もちろん18よ? 何よ、いくつだと思ったの?」

レオン「言い方が年寄りじみているのだ」

ドロシー「怒るわよ?」

レオン「頬をつまむな! もう怒っているではないか」

ドロシー「レオンが悪いんでしょ? でも、良い本はなるべく若いうちに読むべきだと思うのよ」

レオン「ドロシーはどういう本を読むのだ?」

ドロシー「古い名作も良いけど、最近の本だと恩田陸がオススメね。あと西尾維新も好きよ」

レオン「ふむ、古い本は何が良いのだ?」

ドロシー「最近は……フランツ・カフカの「変身」を読んだわ。主人公のザムザがある日突然大きな虫になっちゃう話なのよね」

レオン「まぁ虫もまずくないから構わぬな」

ドロシー「どうして食べること前提なのよ?」

403 :名無しになりきれ:2015/10/28(水) 21:05:10.05 0
西尾維新の本は数冊読んだけど自分には合わなかった

404 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/28(水) 21:16:41.38 0
>>403
ドロシー「西尾維新の本はちょっと人を選ぶかも知れないわね。言葉選びがややこしいのよ」

クロウ「難しいノ?」

ドロシー「んー、どうなのかしら? 元ネタの分かりづらいギャグとか平気で混ぜるし、言葉遊びがちょっと多いのよね」

クロウ「僕に分かるかナ?」

ドロシー「……クロウには悪影響があるかも」

クロウ「ン?」

ドロシー「本によっては残酷描写もあるのよ。あまり得て欲しくない知識ね」

クロウ「ザンコク?」

ドロシー「言葉遊びや独特な表現を楽しめる人なら、面白く読めると思うわ。シナリオ自体はとっても良く出来ているしね」

405 :レオン:2015/10/28(水) 21:42:38.51 0
最近、股間がムズムズするのだ

406 :名無しになりきれ:2015/10/28(水) 21:51:33.17 0
醤油や味噌が恋しくなることはないの?

407 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/28(水) 22:16:28.43 0
>>405
ドロシー「何それ、皮膚病か何かじゃないの? 股間は蒸れるんだから清潔にしなきゃダメよ? 念のため医者を呼ぶわね」

レオン「医者は好きではないのだが……」

ドロシー「我慢なさい。悪化したらどうするのよ?」

レオン「うむむ……」

ドロシー「悪化したら手術とかになるかも知れないわよ?」

レオン「それだけは嫌なのだ!」

ドロシー「ならちゃんと診察を受けるのよ?」

レオン「分かったのだ……」

ドロシー「トトにも伝染ってないか心配ね。念のためトトも診せなきゃ」

>>406
そんなこともあろうかと、現在それらの食品をこちらでも作るため研究しているのですわ。
お客様のご好意で資料やサンプルをたくさん頂きましたので、研究も大変捗っておりますの。
それに新たな調味料を作ることが出来れば、この国の食文化も大いに発展することでしょう。
ちなみに現在のところ、豆腐と納豆に関しては開発が完了しておりますわ。にがりを作るのに少々手間取りましたが。
これら大豆食品は、この国で需要の少ない大豆の価値を変えることになりましょう。

ドロシー「大豆って日本では色々と役に立つのよね。枝豆の話はしたっけ?」

いいえ、聞いておりませんわ。
それもまた大豆食品なのですか?

ドロシー「まだ青い大豆を収穫するのよ。それを塩茹でにすると、とっても美味しいのよ?」

それは知りませんでしたわ。また新たな大豆食品が生まれる訳ですわね。

ドロシー「枝豆を潰すとずんだにもなるのよ。砂糖で味付けしてお餅に乗せて食べるのよね」

ドロシー様は食品に関する知識にお詳しいのですね?
専門の機関で学ばれたのでしょうか?

ドロシー「ううん、私の故郷じゃ一般教養の範疇よ」

408 :名無しになりきれ:2015/10/28(水) 22:27:46.54 0
西尾維新の本はエロい描写多いよな?
つまり、ドロシーはエロい本が好きなのか?

409 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/28(水) 22:51:02.89 0
>>408
ドロシー「エロい描写なんてあまりないわよ? 物語シリーズのことかしら?」

小説の性描写など、少し昔のものならいくらでもありますわね。

ドロシー「江戸川乱歩の「芋虫」って知ってる? すごいわよ?」

またマニアックなものを出しましたわね。あんなもの年頃の青少年が読んだらトラウマものですわよ?

ドロシー「ちぇ、トラウマを植え付けようと思ったのに」

悪戯で勧めるような本ではありませんわ。ドロシー様は少々お戯れが過ぎるかと。

410 :名無しになりきれ:2015/10/28(水) 22:53:55.89 0
レオン、お前は森の動物たちから疎まれていたんだ

411 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/28(水) 23:01:21.70 0
>>410
レオン「そ、そうなのか!? 余は立派な王であったというのに!」

ドロシー「王様として認めてはいなかったみたいだけど、決して疎まれていた訳じゃないと思うわよ?」

レオン「……余が王様になれば、皆に囲まれて楽しく過ごせるかと思ったのだ……」

ドロシー「レオンは寂しがり屋だものね」

レオン「そ、そんなことはないぞ?」

ドロシー「誤魔化す必要はないわ。今は私たちが居て楽しく暮らせてる?」

レオン「…………うむ、楽しいのだ」

ドロシー「だったら、無理に王様になんかなる必要ないじゃない。レオンはそのままで良いのよ」

レオン「もし森に帰ったら、皆は余を受け入れてくれるだろうか?」

ドロシー「レオンはあれから成長したわ。肉体だけでなく、思いやりや優しさが。だから大丈夫よ」

レオン「そうか! ならたまには森に顔を出して威厳を示さねばな!」

412 :名無しになりきれ:2015/10/28(水) 23:42:51.09 0
第一回アリスのこれからの幸せを考え会

413 :名無しになりきれ:2015/10/29(木) 17:47:56.01 0
ドロシーのブーツは…~_~;

414 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/29(木) 20:12:01.39 0
>>412
廃棄くん「と言う訳なんだが」

チェシャ猫「僕らのアリスを幸せにしなきゃね」

康平「直近の問題だが、あいつ……武村を近付けちゃ駄目だろ」

廃棄くん「あー……確かに。色んな意味で危ないな」

チェシャ猫「殺す?」

廃棄くん「物騒なのはやめろ!」

康平「許されるのなら殺すのも手なんだよな」

廃棄くん「あんたまでそういう考えかよ!?」

康平「だって、絶対危ないぞ? 亜莉子狙いで何するか分からないだろ?」

チェシャ猫「危険は芽のうちに摘むべきだね」

廃棄くん「とりあえず近付けなきゃ良い話だろ? 学校の送り迎えとかしたらどうかな?」

康平「そんな時間はない」

廃棄くん「そっか、まぁそうだよな」

チェシャ猫「僕が送り迎えするよ」

廃棄くん「お前は付いて来ないでって言われてただろ?」

チェシャ猫「バレなきゃ平気さ。アリスはよく僕を見失うからね」

廃棄くん「そんなけコンパクトになってたらな。まぁ、武村との遭遇を邪魔するくらいならチェシャ猫でも可能だな」

康平「頼んだぞ、生首」

チェシャ猫「僕らのアリスのためだからね」

>>413
ドロシー「だからブーツの話はやめない? いいじゃない、機能性は最高よ?」

現在ドロシー様は王宮滞在中ですので、お召し物と一緒に数種の靴をご用意させて頂いておりますわ。

ドロシー「リジーが見立ててくれるだけあって、デザインも良いし履き心地も良い感じなのよ」

王宮内や城下をお散歩なさることもあるでしょうからね、身嗜みは大切ですわ。
最近ではドロシー様専用の衣装室を設けようと言う案も出ているくらいでして。

ドロシー「それはやり過ぎじゃない? 服なんてクローゼットに収まる程度で十分よ」

衣装室も広義ではクローゼットですわよ?

ドロシー「そういう問題!?」

まぁ、これからもドロシー様の衣装は増えることでしょうね。
そのブーツに合ったコーディネートも致しますわよ?

ドロシー「そうね……これから寒くなるからブーツが良いわよね」

415 :名無しになりきれ:2015/10/29(木) 20:16:04.22 0
君が無駄に過ごした今日は、昨日死んだ誰かが死ぬほど生きたかった明日なんだ

416 :廃棄くん:2015/10/29(木) 20:28:40.04 0
やっぱり、俺は公爵夫人よりアリスに食べられたいぜ!

417 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/29(木) 20:42:04.55 0
>>415
ドロシー「そんなの分かってるわよ。でも王宮で怠惰な生活をしてると、ごはん食べて寝てごはん食べて寝てごはん食べて寝てるだけで一日が終わるのよね」

ジャック「それはいけませんお嬢様。怠惰な生活は健康にもよくありませんから、まず適正な睡眠時間を作る必要があります」

ドロシー「寝不足よりマシじゃない?」

ジャック「過ぎたるは及ばざるが如し、と言う言葉もあります。寝過ぎは睡眠の質を下げ、快適な睡眠が出来なくなる原因にもなるでしょう」

ドロシー「そうかも知れないわね……」

ジャック「そもそも食事時以外を部屋で過ごそうというのが間違いなのです。日中は外出などして、適度な運動をすることも必要です」

ドロシー「散歩には目的が欲しいのよ。王宮をぐるっと一周したりもしたけど、退屈なのよね」

ジャック「ならば私共もご一緒しましょう。少しは退屈が紛れるはずです。それに王宮内より、都まで出歩いてみては?」

ドロシー「そうね……あ、クロウが図書館に興味を示してたし、一緒に行くのも良いわね」

>>416
アリス「それだけは勘弁して」

廃棄くん「頭下げてまで言うようなことなのか!?」

アリス「だってお腹壊したくないもん」

廃棄くん「まぁ、公爵夫人のあの有様を見た後だとな……」

アリス「一般人の私なら死にかねないよ?」

廃棄くん「そこまで言われると傷付くんだが……」

アリス「あーごめん。でも、最終的に公爵夫人に食べられたんだから良いじゃない」

廃棄くん「俺は美味しそうに食べられたいんだよ!」

アリス「ごめんなさい、無理」

418 :名無しになりきれ:2015/10/29(木) 21:33:03.84 0
ドロシーの性格地雷

419 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/29(木) 21:49:18.74 0
>>418
ドロシー「地雷ですって!?」

クロウ「ジライって何かナ?」

ドロシー「踏むと爆発するのよ」

クロウ「ドカーン?」

ドロシー「私のどこが地雷だって言うのよ、ねぇ?」

クロウ「でもドロシー、時々ドカーンってなるヨ?」

ドロシー「ならないわよ?」

クロウ「なるヨー、怒ったときにネ」

ドロシー「そう滅多に怒ったりしないわ」

クロウ「するヨ?」

ドロシー「…………クロウとは一度ゆっくり話し合う必要がありそうね」

420 :駄菓子屋のおばちゃん:2015/10/29(木) 21:52:43.96 0
はい、おつりの100万円ね

421 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/29(木) 22:17:07.32 0
>>420
ドロシー「あー、いるわよね。駄菓子屋とか八百屋とかにこう言う人」

レオン「駄菓子とは高価なのだな」

ドロシー「ただの冗談よ、本当のお釣りはたった100円、万を付けて遊んでいるのよ」

レオン「紛らわしいではないか!」

ドロシー「ただの冗談なんだから、気にする必要ないじゃない」

レオン「むぅ……」

ドロシー「子供の頃だけど、よく買い物する店のおじちゃんがこんな風に言ってたわ。田舎だったから」

レオン「田舎にしかいないのか?」

ドロシー「んー、田舎にはのんびりとした個人商店が多いのよ。だからギャグをかます余裕があるの」

レオン「よく分からぬな……」

ドロシー「こっちにもその手の冗談は多いんじゃない? 大らかな人が多いんだし」

レオン「余は買い物などしないから分からぬ!」

422 :アリス:2015/10/29(木) 22:26:30.89 0
幸せの青い鳥はどこにいるんだろう…

423 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/29(木) 22:48:26.52 0
>>422
廃棄くん「おい、アリスが現実逃避してるぞ?」

チェシャ猫「また歪みが出たのかい?」

アリス「違うってば! 私にも小鳥が運んでくれるようなささやかな幸せがあったら良いなって思っただけだから!」

廃棄くん「それは十分妄想だと思うぞ?」

チェシャ猫「歪みなら吸い取るよ?」

アリス「二人ともやめて! いいでしょ、幸せを願うくらい」

廃棄くん「宝クジでも買ったらどうだ?」

チェシャ猫「お腹いっぱいになると幸せだよ?」

アリス「あーもうっ! 二人同時に突っ込みは出来ないから!」

424 :アリス:2015/10/29(木) 22:55:44.15 0
それでも地球は回っている

425 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/10/29(木) 23:20:36.47 0
アリス「って、かのガリレオは言ったと言われてるの」

廃棄くん「でもそれで宗教裁判に掛けられて職と自由を失ったんだろ?」

アリス「科学の発展にはそういう問題もあったって話。一筋縄じゃいけないこともあるの」

廃棄くん「面倒な話だよな。もし死後の世界が科学で立証されたら、宗教観はどう変わるんだろうな?」

アリス「きっと上へ下への大騒ぎだろうね。科学で解明出来ないから好き勝手出来た話だもん」

廃棄くん「俺たちの存在も、科学で解明出来るかも知れないぞ?」

アリス「解明出来なかったら、全部私の妄想になるんだよね……」

426 :名無しになりきれ:2015/10/29(木) 23:25:14.07 0
第五十回アリスのこれからの幸せを考える会

427 :名無しになりきれ:2015/10/30(金) 16:50:49.86 0
アリスはモテ系女子
ドロシーはモテない系女子

428 :名無しになりきれ:2015/10/30(金) 17:57:18.68 0
なあ?王宮傾いてないか?

429 :名無しになりきれ:2015/10/30(金) 20:10:00.73 0
明日は糞ハロウィンだ

430 :名無しになりきれ:2015/10/30(金) 23:57:48.37 0
フタエノキワミ、アッー!

431 :名無しになりきれ:2015/10/31(土) 22:22:14.13 0
このスレも終わりか…

432 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/01(日) 19:03:33.95 0
遅くなりまして申し訳ありませんわ、お客様。
実はドロシー様が風邪を引いてしまい、その看病のためしばらくこちらへ顔を出せませんでしたの。
幸いドロシー様も体調が戻った様子でして、お昼ごはんもたくさん食べてらっしゃいましたわね。
しかし体調不良は予断を許しません。今日は様子見と言うことで、ご了承頂きたいと思いますわ。

>>426
廃棄くん「俺たちこんなに会議したか……?」

チェシャ猫「やったかも知れないし、やらなかったかも知れないね」

廃棄くん「なんだよその曖昧な答えは! 少なくとも俺はそんな覚えはないんだが……」

チェシャ猫「とりあえず僕らのアリスの幸せのために、今回も始めよう」

廃棄くん「そうだな、今回の議題はなんだ?」

チェシャ猫「アリスの友達を作る方法」

廃棄くん「結構ハードル高いな」

チェシャ猫「本来僕らが手を貸せることでもないからね」

廃棄くん「その結論だと会議の意味がねーぞ?」

チェシャ猫「そうだね」

廃棄くん「そうだね、じゃねーよ! とりあえず、アリスにどういう行動をさせたら友達が出来るか考えようぜ?」

チェシャ猫「餌で釣るのは?」

廃棄くん「餌?」

チェシャ猫「お菓子でも作って、皆に配るとかね」

廃棄くん「おお、チェシャ猫にしては冴えた意見だな! 作り過ぎちゃったとか何とか言えば、それほど違和感もないかも知れねーし」

チェシャ猫「でもアリス、お菓子作りはそれほど上手でもないんだよ」

廃棄くん「マジかよ……。じゃあ、普通に飴玉配るとか?」

チェシャ猫「おばちゃんみたいだね」

廃棄くん「それを言うなって! んー、お菓子は難易度高いな……他に何かないか?」

チェシャ猫「……さぁ?」

廃棄くん「お前絶対やる気ないだろ!?」

433 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/01(日) 19:04:34.76 0
>>427
アリス「別に私モテたことなんてないけどなぁ?」

ドロシー「私もよ。でもアリスは可愛いじゃない」

アリス「そう? んー、自分じゃ良く分からないね」

ドロシー「私が男なら放っておかないけどね」

アリス「ドロシーにはもう相手がいるよね?」

ドロシー「へ? 誰のことよ?」

アリス「オズとか、他の仲間とか」

ドロシー「いやいや、いやいやいや! そんなのありえないから!」

アリス「そうなの?」

ドロシー「だって、皆は仲間だもの。それ以上に考えたことないわ!」

アリス「ふーん、そういうものなんだ?」

ドロシー「アリスこそ、言い寄られたりしないの?」

アリス「全然? そもそも男の子と話す機会なんてないし」

ドロシー「なるほど、それは仕方ないわよね。まぁモテたいとか思わないけど」

アリス「だよね! 私は友達作りから頑張らなきゃだし」

>>428
傾き? そんなことはありませんわよ?
ほら、こちらにボールがありますが……ね? 転がらないでしょう?

ドロシー「私みたいに体調を崩して、平衡感覚がおかしくなっているんじゃない?」

めまいなどですか。確かにそれも考えられますわね。
念のため熱を測りましょう。ほら、とりあえずそこにお掛けになってください。

ドロシー「そういえばこっちの体温計って、測るのに時間かかるわよね?」

そうでございますか? ほんの数分でしてよ?

ドロシー「それが長いのよ。私の故郷の体温計はほんの一瞬で測っていたわよ」

それは素晴らしいですわね! 私共の国にも導入したいものですわ。

ドロシー「どうしてロボットを作る科学力はあるのに、科学全般が発展していないのかしら?」

どうして、と問われても困りますわ。そうなるべくしてなったのでしょう。

434 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/01(日) 19:24:30.52 0
>>429
ドロシー「ごめんなさい、私のせいでハロウィン終わっちゃったわね」

クロウ「皆でカボチャのランプ作ったヨ!」

ドロシー「あら、素敵ね。作るの大変じゃなかった?」

クロウ「そうでもないヨ?」

ドロシー「まぁクロウは器用だものね」

クロウ「ジャックがスパッとやっテ、僕が顔をやっテ、レオンが残りを食べたんだヨ!」

ドロシー「それ、レオンだけ役に立ってないんじゃない?」

クロウ「そうかナ?」

ドロシー「まぁ、レオンじゃランプ作りに役立つのは難しいわよね……」

クロウ「僕いっぱいほめられたヨ!」

ドロシー「良かったわね。私も参加したかったなぁ」

クロウ「まだカボチャはあるシ、今からやろうヨ!」

ドロシー「一日遅れのハロウィンね、じゃあやろうかしら」

>>430
アリス「何年前のネタだっけ?」

廃棄くん「少なくとも98年とかだな。17年前だ」

アリス「さすがに古いね。もう知らない子もいるんじゃない?」

廃棄くん「まぁな。しかし二次創作でネタにされるし、映画化で再沸騰してるからな」

アリス「あー、映画やってたね。観てないけど」

廃棄くん「観ないんだな」

アリス「んー、あんまり興味なくて」

>>431
ドロシー「ごめん、遅くなっちゃって」

レオン「ふん、貧弱なドロシーめ」

ドロシー「そんなこと言って、一番心配してたのはレオンじゃない」

レオン「そ、そんなことはないぞ!?」

ドロシー「ふーん、否定するんだ?」

レオン「むぅ……」

435 :名無しになりきれ:2015/11/01(日) 21:22:00.73 0
ドロシーが風邪を引いたのはジャックのせい

436 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/01(日) 21:36:41.83 0
>>435
ジャック「お嬢様が風邪を引かれたのは私のせい……? いえ、そのようなことは……しかし」

ドロシー「ジャックのせいじゃないわよ。それにもう治ったんだし、どうでも良いでしょ?」

ジャック「いいえ、無自覚ながらお嬢様が風邪を引かれた原因が私にあるかも知れないのです」

ドロシー「風邪なんて大抵、引いた本人に落ち度があるものよ? それにジャックのせいだとしてどうするのよ?」

ジャック「お嬢様のために責任を取って……」

ドロシー「責任?」

ジャック「結婚します」

ドロシー「ちょっと待て!? どうして? どうしてそういう結論になるのよ?」

ジャック「私に出来る最大限の責任の取り方です」

ドロシー「いくらなんでもロボットと人間が……って、この世界では結婚出来るんだっけ。とにかく駄目よ、そんなの」

ジャック「何故でしょうか?」

ドロシー「えっと……そう! 結婚には愛が必要なのよ! 責任なんて愛もへったくりもないわ」

ジャック「私はお嬢様を……」

ドロシー「はい、それ以上は禁止! とにかく風邪程度で結婚してたまるか!」

437 :名無しになりきれ:2015/11/01(日) 21:43:52.70 0
大丈夫か?まだ熱があるんじゃないか?

438 :キース:2015/11/01(日) 22:01:09.94 0
ジャックさんが壊れた!?

439 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/01(日) 22:23:31.02 0
>>437
ドロシー「大丈夫よ、とりあえずは。ちゃんと薬も飲んだし、熱も下がったわ。食欲だって戻ったのよ?」

レオン「ふむ、食欲が戻ったなら安心だな。食欲のないドロシーとか、気味が悪い」

ドロシー「レ〜オ〜ン〜?」

レオン「いや、今のは言葉のアヤって奴なのだ! 別に悪口を言った訳ではないぞ?」

ドロシー「……今すぐ謝ったら許すわよ?」

レオン「ご、ごめんなさいなのだ!」

ドロシー「うん、素直でよろしい。でもおやつ抜きね」

レオン「そんなぁ!? すぐに謝ったではないか!」

ドロシー「誰もタダで許すとは言ってないわよ?」

レオン「ドロシーはゴクアクなのだ……」

>>438
ジャック「いいえ、私は壊れてはおりません。動作に異常はありませんし、自己診断プログラムも正常値です」

ドロシー「確かに壊れてはいないみたいだけど、ジャックって初めて会った頃より少しだけ変わった気がするわ」

ジャック「そうでしょうか?」

ドロシー「なんと言うか……人間臭くなったのよ、言い回しや判断が」

ジャック「自覚しておりませんでした、確かにその傾向は見られます」

ドロシー「やっぱりね」

ジャック「これは未確認の異常でしょうか? 直ちに修復致します」

ドロシー「駄目よ? ジャックは今の方がずっと素敵だわ。きっとジャックは成長したのよ」

ジャック「成長、でございますか?」

ドロシー「人間の心は生涯成長を続けるのよ? だったらジャックの心が成長したって不思議じゃないわ」

ジャック「私の心、ですか。きっとお嬢様のおかげですね」

ドロシー「そうかしら?」

ジャック「お嬢様、ありがとうございます」

440 :名無しになりきれ:2015/11/01(日) 22:58:25.87 0
今年もあと二ヶ月だな…
来年こそ本気を出すわ

441 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/01(日) 23:26:54.98 0
>>440
アリス「今からそんなこと言ってたら、来年になっても頑張れないよ?」

廃棄くん「そうだぜ? 「明日やろう」じゃ駄目なんだ。「今日だけ頑張る」の気持ちのほうがずっと建設的だぜ?」

アリス「まぁ私も、友達作りは来年から頑張るつもりだけどね」

廃棄くん「ちょっとは今年中に頑張れよ! シロウサギのためにも!」

アリス「でもシロウサギはもういないし……」

廃棄くん「チェシャ猫だって心配だと思うぜ?」

アリス「そもそも友達って必要なのかな?」

廃棄くん「雪乃に負んぶに抱っこだった奴が言うか」

442 :名無しになりきれ:2015/11/02(月) 20:36:30.81 0
ドロシーの風邪がうつったみたいだ
看病してくれ

443 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/02(月) 20:55:37.61 0
>>442
ドロシー「えー、嫌よ面倒くさい。それに私だって病み上がりだし」

レオン「あんなに飯を食って、よく言うものだなドロシーよ」

ドロシー「締めるわよ?」

レオン「ちょ、待てドロシー! 締まってる締まってる!」

ドロシー「声を出せるうちは平気よ」

レオン「う……ぐぅ……っ、ゲホゲホ! ドロシーはひどいのだ」

ドロシー「これもスキンシップよ」

レオン「こんなスキンシップは嫌なのだ……」

ドロシー「それよりお客さんはどうするかしら?」

レオン「余は看病など出来んぞ? 召使いを呼んではどうだ?」

ドロシー「リジーに任せるのも気が引けるわね……放置で良いんじゃない?」

レオン「……ドロシーは恐ろしいな……」

444 :名無しになりきれ:2015/11/02(月) 21:24:03.07 0
鍋は何の鍋が好き?

445 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/02(月) 21:55:20.93 0
>>444
ドロシー「そっかぁ、もう鍋の季節なのね。好きな鍋なんて選べないわよ」

一応好みの確認に、一例だけでも挙げてくださると助かりますわ。

ドロシー「そうね……まず鶏の水炊きでしょ、しゃぶしゃぶにすき焼き、おでん、チゲ鍋、ちゃんこ……あとピェンローかな」

ピェンローと申しますと、白菜を中心としたシンプルな鍋ですわね。味付けは事前に取った出汁にごま油、それを自前で塩と七味唐辛子だけで味付けするとか。

ドロシー「美味しいから皆も一度試すことをお勧めするわ!」

こちらの国では冬場ですと、湖産の白身魚が流通しますわ。
ふっくらとして美味しいので、鍋の具材としても優秀でしょう。

ドロシー「白身魚ね……例えば鱈だったら、チゲ鍋や豆乳鍋なんかが美味しいわよね。あとみぞれ鍋も良いかも!」

ドロシー様は鍋にお詳しいのですね?

ドロシー「日本人ならこのくらいサラッと出て来るわよ」

そういうものでしょうか?

446 :名無しになりきれ:2015/11/02(月) 22:07:35.96 0
チョコフォンデュとチーズフォンデュをご用意しました

447 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/02(月) 22:17:33.92 0
>>446
ドロシー「わぁ、良いわね! こういう贅沢な食べ方は普段難しいから嬉しいわ」

ジャック「お嬢様、これらはカロリーが高いのでご注意ください」

ドロシー「カロリーが怖くて食が楽しめるか!」

ジャック「お嬢様はご自身の健康にもっと気を遣うべきです」

ドロシー「若いうちは多少は平気よ。だから若いうちに楽しまなきゃ!」

ジャック「しかしお嬢様……」

ドロシー「ジャックの説教魔!」

ジャック「私はお嬢様に注意を促しているだけです」

ドロシー「それを説教って言うのよ。もういいわ、美味しく食べられないでしょ」

ジャック「お嬢様……」

448 :名無しになりきれ:2015/11/03(火) 04:07:30.43 0
ドロシーの顔を見てるとXD

449 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/03(火) 20:01:43.36 0
>>448
ドロシー「XDって何よ?」

えー、海外の顔文字……だそうですわ。時計回りに90度回転なさってくださいませ。

ドロシー「あー、なるほど。でもますます意味が分からないわね、私の顔見てテンションが上がるの?」

そういえばドロシー様は、お顔を見せているのはイベントの壁紙などだけですわね。
本編では一切顔出しはしていないので、このお客様はイベント参加者なのでしょうか?

ドロシー「壁紙はずいぶん可愛く描かれてたっけ。ちょっと恥ずかしいわね」

あら、良いではありませんか。主人公の特権ですわよ?

ドロシー「そうは言ってもね……顔出ししない本編のほうが、ずっと安心出来るわ」

ふふ、それもまたドロシー様らしいですわね。

450 :名無しになりきれ:2015/11/03(火) 20:10:24.46 0
アリス「ドロシーばっかり幸せでなんかずるいなぁ…」

451 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/03(火) 20:20:50.08 0
>>450
ドロシー「まぁ、アリスは私に比べたらずっと不幸かも……ホラーゲームの宿命よね」

アリス「私とドロシーが比べようもないとして、私と7thBVのあの子とはどっちが不幸だろう?」

ドロシー「あー、レナのこと? 確かあの子は諸事情によりこっちには来ないことになってたわよね」

アリス「キャラが多過ぎて限界らしいよ? で、レナはレナで結構不幸な生い立ちだと思うんだよね」

ドロシー「確かにね……生い立ちの酷さで言ったら随一じゃない?」

アリス「なら私はまだマシってことかな!」

ドロシー「いや、他人と比べて幸せになろうとするのはダメだと思うわ……」

452 :名無しになりきれ:2015/11/03(火) 21:32:15.38 0
ふぐ食べたことある?

453 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/03(火) 22:06:36.90 0
>>452
ドロシー「それが……食べたことないのよね。うちの親曰く「贅沢は自立してから自腹でしなさい」って」

ジャック「同じ味がするかは不明ですが、こちらにもフグ目フグ科に該当する魚は生息しております。ただし淡水魚になりますが」

ドロシー「食べられるの?」

ジャック「いいえ、毒を持つ上に小型の種のため食用には適しません」

ドロシー「なんだ、残念」

ジャック「フグは餌からテトロドトキシンを抽出、体内に貯蔵しますので、養殖すれば安全に食べられる可能性はあります」

ドロシー「……そこまでする必要はないわよ。別に食べられなくても問題はないんだし」

ジャック「申し訳ありません」

ドロシー「それより、こっちにも珍味ってあるんでしょ? 私そういうのが食べたいわ!」

ジャック「かしこまりました、色々と用意させましょう」

454 :名無しになりきれ:2015/11/03(火) 22:24:23.13 0
ドロシーの家のすき焼きの肉は豚肉だけだった?

455 :名無しになりきれ:2015/11/03(火) 22:33:10.17 0
アリス「ドロシーも不幸になればいいのに…」

456 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/04(水) 20:02:09.64 0
>>454
ドロシー「何言ってるの? 牛肉以外がすき焼きに許されるとでも思う?」

レオン「別に良いのではないか?」

ドロシー「すき焼きは牛肉を楽しむために編み出された至高の料理よ、牛肉以外なんてもったいない!」

レオン「そこまでこだわるのだな……」

ドロシー「当然よ。だってすき焼きって美味しいんだもの」

レオン「ふむ、そこまで言われると余も食べたいぞ! 作れるのか?」

ドロシー「お醤油はこっちに持ち込んであるから、割り下は作れるわね。あとは牛肉を始めとした各種材料だけど……きっと何とかなるわ!」

レオン「なんだかいい加減だな」

ドロシー「最悪割り下と牛肉だけあれば他は代用で構わないわ」

レオン「客人に頼んで材料を揃えさせようぞ」

>>455
アリス「なんてこと、私が言うとでも思った?」

ドロシー「びっくりさせないでよ、本気かと思ったわ」

アリス「ふふ、まさか。ドロシーには幸せで居て欲しいもの」

ドロシー「アリスもこれから幸せになるわよ。世界はその辺のバランスは取ってくれるものよ」

アリス「そうだといいな。私でも幸せになれるんだよね?」

ドロシー「当然じゃない。チェシャ猫だって居てくれるんでしょ?」

アリス「そうだね、叔父さんやお祖母ちゃんもいるし、私頑張る!」

457 :名無しになりきれ:2015/11/04(水) 20:05:31.23 0
牛肉を連れてきた

メグ姉さん「ドロシーちゃん私に何か用があるんですって?」

458 :名無しになりきれ:2015/11/04(水) 20:36:15.74 0
鬱になったかも…

459 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/04(水) 21:03:18.72 0
>>457
ドロシー「いや、メグ姉さんは乳牛よ? それにさすがにすき焼きのためとは言え、メグ姉さんを食べようとは思えないわよ」

ジャック「食用にするには年齢が行き過ぎて……」

ドロシー「それは言っちゃダメ!」

ジャック「? 申し訳ありません」

ドロシー「例え牛でも何でも、女の子の年齢に触れちゃダメなんだからね?」

ジャック「そうなのですか。しかしお嬢様は」

ドロシー「ええ、まだ18よ。でも、あまり歳には触れられたくないわ」

ジャック「難しいものなのですね」

ドロシー「そうなの。だから年齢には触れちゃダメよ?」

ジャック「かしこまりました」

>>458
廃棄くん「医者に行くことをお勧めするぜ?」

アリス「そうね、いい薬を貰えるよ?」

廃棄くん「アリスも本来なら通うべきなんだよな」

アリス「私のはシロウサギに治して貰ってたんだよね」

廃棄くん「歪み、なんだよな」

アリス「考えてみると、歪みって何なんだろうね?」

チェシャ猫「歪みは歪みだよ」

廃棄くん「そうだな」

アリス「えー、答えになってないよ!?」

460 :名無しになりきれ:2015/11/04(水) 21:42:30.98 0
武村「僕は亜莉子ちゃんの足長おじさんだよ」

461 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/04(水) 21:58:55.48 0
>>460
アリス「お気持ちは嬉しいですが……足長おじさんって匿名ですよね?」

武村「はっはっは、痛いところを突かれたね。でも、僕なら亜莉子ちゃんを養ってあげられるよ?」

廃棄くん「やめとけアリス、こいつからは嫌な匂いがする」

アリス「臭いの?」

廃棄くん「なんというか……アリスにとって良くない相手だ」

チェシャ猫「じゃあ殺そうか?」

廃棄くん「やめとけって、アリスが疑われたらどうすんだよ」

武村「さっきから聞いていれば、僕の評価は著しく低いみたいだね。確かに本編では人気はないけど」

廃棄くん「それは身から出た錆だろ?」

アリス「武村さんって、そんなに悪い人なのかな? 結構親切だと思うけど」

廃棄くん「それが罠なんだよ」

武村「おや、僕は亜莉子ちゃんを実の子のように思ってるんだよ?」

チェシャ猫「やっぱり殺そう」

462 :名無しになりきれ:2015/11/04(水) 22:09:40.79 0
何でアリスの母親は武村を殺そうとしたの?

463 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/04(水) 22:46:10.42 0
>>462
アリス「んー、なんでだろう? お母さんはあのとき正気じゃなかったよね?」

廃棄くん「大方武村が何かやらかしたんじゃねーか?」

アリス「どういう意味?」

廃棄くん「ほら、あいつアリス狙いで結婚しようとしたって噂もあるくらいだし」

アリス「まさか! 武村さんはそんなに悪い人じゃないよ?」

廃棄くん「……アリスがそう思うなら別にいーけどよ」

アリス「きっと些細なすれ違いから喧嘩になったんだよ。ほら、お母さん怒りっぽいし」

廃棄くん「些細なすれ違い、ねぇ?」

アリス「結局刺したのはお母さんなんだから、お母さんに非があると思うな」

廃棄くん「……だってよ。その辺の解釈は人それぞれだな」

464 :名無しになりきれ:2015/11/04(水) 23:03:56.99 0
のりたまうますぎ
のりたまだけでご飯5杯も食べちゃったよ

465 :名無しになりきれ:2015/11/04(水) 23:11:47.00 0
オカアサンは守るために……だと思うけど、ね
じゃなきゃシロウサギを受け入れないさ

ということでこの件はドロシーさん解答をオナシャス

466 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/04(水) 23:11:54.17 0
>>464
ドロシー「確かにのりたまは美味しいけど……さすがに食べ過ぎよ? 炭水化物ばかりじゃ体にも悪いし」

ジャック「お嬢様の食事量は、重量だけならごはん5杯分に匹敵しますが」

ドロシー「まさか! 私そんなに食べてないわよ」

ジャック「いいえ、事実です」

ドロシー「そんなはずは……ジャックの計算違いじゃなくて?」

ジャック「計算に誤りはありませんでした」

ドロシー「おかしいわね……私のスリムな体にそんなに入るはずないのに」

ジャック「それは私も不思議に思っております」

ドロシー「やっぱり計測がおかしいのよ! 私そんなに食べた覚えないもの」

ジャック「記録映像が残っておりますが……確認しますか?」

ドロシー「…………ううん、やめとく」

467 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/04(水) 23:22:03.23 0
ドロシー「何故か私に託されたわね」

ドロシー様は聡明でいらっしゃいますから、きっと答えも導き出せますわ。

ドロシー「どうかしらね……とりあえず悪いのは武村って人だと思うわ」

あー、人気ワースト1の方ですか?

ドロシー「大方の予想だけど、きっと武村がアリス狙いってことが露見して、それで義憤に駆られたと思うのよ」

しかし、何故その後アリス様を攻撃なさったのでしょう?

ドロシー「それは……アリスの勘違いじゃないかしら? 刃物持って近付かれたら誰だってビビるわよ」

これは私の見解ですが、武村様を盗られたと思い怒りの矛先がアリス様に向いたのではないでしょうか?
錯乱した、という感じには違いありませんけども。

ドロシー「女の嫉妬は怖いものね……まぁこの件については、お客さん自ら考察するほうが楽しいと思うわよ?」

468 :名無しになりきれ:2015/11/04(水) 23:26:43.28 0
じゃあ、シロウサギはアリスを守った母親を殺したのか
シロウサギ最低だな!

469 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/04(水) 23:40:59.76 0
>>468
アリス「シロウサギが私を殺そうとした理由も「アリスを守るため」だったから、既にシロウサギは狂気に駆られていたと思うな」

廃棄くん「持って来た生首だって、プレゼント扱いだもんな。全くどうかしてるぜ」

アリス「女王なら喜んだかも知れないけどね」

廃棄くん「あいつ、今でもアリスの首を狙ってるから、チェシャ猫がここには出入り禁止にしてるんだぜ?」

アリス「そうなんだ、てっきりキャラが飽和したのかと思った」

廃棄くん「登場させたら早速アリスの首狙いで動くから、扱いにくいことこの上ないんだよな……アリスも気をつけろよ?」

アリス「大丈夫、チェシャ猫もいるし」

廃棄くん「チェシャ猫って生首で役に立つのか……?」

470 :アリス:2015/11/05(木) 18:50:46.92 0
私が不幸な分、他の人が幸せになっていると思うんだ…
世界って何で公平に出来てないんだろう…

471 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/05(木) 20:07:48.35 0
>>470
ドロシー「アリス? 大丈夫アリス!?」

アリス「……あれ? 私今何か言ってた?」

ドロシー「恨み言を呟いてたわよ? どうしたの、また嫌なことでもあった?」

アリス「ううん、大丈夫。強いて言うなら新しい学校にまだ馴染めないだけ」

ドロシー「まだ馴染めてないの? タイミングを逃すと友達作りも難しくなるわよ?」

アリス「うん……私なんかに友達なんて出来るのかな……」

ドロシー「その後ろ向きな考えが駄目なの! 自分が明るく振る舞えば、相手も合わせてくれるものよ?」

アリス「でもそれって疲れない? 私人に合わせるのって苦手だもん……」

ドロシー「第一印象さえ良ければ、あとはどうにでもなるわよ。ほんの少しの辛抱ね」

アリス「んー……じゃあ頑張ってみる……」

472 :アリス:2015/11/05(木) 20:38:33.26 0
ドロシーみたいに金髪にしたら友達出来るかな?

473 :名無しになりきれ:2015/11/05(木) 21:10:27.81 0
何で韓国嫌いなの?

474 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/05(木) 21:19:40.07 0
>>472
ドロシー「似合わないから止めなさい。素敵な黒髪してるんだから」

そう言えばドロシー様は、黒髪の女性に憧れをお持ちでしたね?

ドロシー「うん、鴉の濡羽色って言うのかな、アリスみたいな黒髪ストレートに生まれたかったわ」

憧れる気持ちも分からなくもありませんが、ドロシー様の金髪はそれはもう素敵ですわよ?

ドロシー「……正直自分に似合ってるか、たまに不安になるのよね」

似合ってますとも! さすが女神の血を引くだけはありますわ。

ドロシー「……そう?」

ええ、金髪は誰にでも似合う訳ではありませんわ。
ドロシー様から溢れ出るオーラが、その金髪を際立たせているのです。

ドロシー「癖っ毛なのも?」

いつもの三つ編みも素敵ですが、流したときのゆるふわカールもお綺麗ですわよ?

ドロシー「……褒めても良いことないわよ?」

あら、これは本心ですわ。素直に受け取ってくれて良いのですわよ?

475 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/05(木) 21:27:20.77 0
>>473
ドロシー「別に韓国なんて嫌いじゃないわよ? 興味もないけど」

ジャック「一時期は韓流ブームなどと持て囃されたこともございましたね」

ドロシー「あー、あのときも興味なかったなぁ。ドラマは少しだけ見てたけど」

ジャック「その様子では、あまり面白くなかったように思われますが」

ドロシー「うん、設定も演出もいい加減で、見てて怒りさえ覚えたわ」

ジャック「あちらでは人気を見て、一度死んだ登場人物を再度登場させたこともあるとか」

ドロシー「本当にいい加減よね。泣ける話を作ろうとして無理やりストーリーを作ってるのが丸分かりだもの」

ジャック「お嬢様は泣ける話はお嫌いなので?」

ドロシー「んー、あんまり好きじゃないわね。ご都合主義の感動ものは、って意味で」

ジャック「お嬢様は物事を斜に見る傾向があるように思われます」

476 :名無しになりきれ:2015/11/05(木) 21:41:04.75 0
鍋を食べた後のしめはうどんに限る

477 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/05(木) 22:00:52.75 0
>>476
ドロシー「締めのうどんは美味しいわよね。私も蕎麦かうどんかで言うならうどん派だから、その気持ちは分かるわ。でも」

レオン「でも?」

ドロシー「私はどっちかと言うと雑炊派なのよ! ごはんを入れて、溶き卵でとじて仕上げにネギもしくは三つ葉……出汁を吸ったごはんが格別なのよ」

レオン「うどんよりはおじやのほうが食べやすいな」

ドロシー「それはレオンが箸とかを使えないせいだと思うわよ?」

レオン「余はおいしいならどっちでも良いのだ」

ドロシー「いいえレオン、その判断は良くないわよ? 自分の中で好みの順位をしっかり付けておかないと、いざって時困るわ」

レオン「む、そうなのか?」

ドロシー「こういう大勢で食べる料理は、先手を取って発言した方の好みで進行することが多いの。鍋なんかは好みが分かれるものね」

レオン「言ったもん勝ち、という奴だな!」

ドロシー「そう! いかに有利に立ち回るかが鍵なのよ!」

478 :名無しになりきれ:2015/11/05(木) 22:29:21.92 0
暮れなずむまちの光と影の中去り行く僕に何か贈る言葉を下さい

479 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/05(木) 22:45:01.82 0
>>478
ドロシー「さようなら、もう会うこともないわね」

……あの、ドロシー様? 少々辛辣ではありませんこと?

ドロシー「だって面倒なんだもの。贈る言葉なんてないわよ」

お気持ちは分かりますが……お客様の冗談に付き合うくらい、バチは当たりませんわ。
せっかくいらしてくれた数少ないお客様なのですから、丁重に扱ってもよろしいかと。

ドロシー「もう日も暮れて随分時間経つんだし、暮れなずむ街もしばらくは見れないわ」

まぁ、そうですけど。
お客様、今日のドロシー様は少々機嫌が悪いご様子ですので、本日はここまででよろしいですか?
いえ、ドロシー様は何もお客様を嫌っている訳ではありませんわ。これもまたジョークだと思って頂ければ幸いでございます。

480 :ドロシー:2015/11/05(木) 23:03:28.28 0
アリスのために歌うわ!

涙の数だけ強くなれるよ
アスファルトに咲く花のように
見る物全てに怯えないで
明日は来るよ アリスのために

481 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/05(木) 23:30:43.38 0
>>480
廃棄くん「だとさ、アリス」

アリス「いきなりTOMORROWとか歌われても……困る、な」

廃棄くん「なんだ? 照れてるのか?」

アリス「違うってば! ただ語呂が悪いなって思っただけだもん」

廃棄くん「まぁ語呂は悪いが……アレでもアリスを励ましてるんじゃねーのか?」

アリス「気持ちは嬉しいけど……」

廃棄くん「やっぱり恥ずかしいか?」

アリス「…………うん」

482 :廃棄くん:2015/11/06(金) 17:39:47.53 0
超エリートだった俺がこんなカビだらけのパンになっちまうとはなぁ…
ははは…

483 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/06(金) 19:48:26.42 0
>>482
アリス「元は最高の出来のパンだって、そう言ってたよね?」

廃棄くん「見りゃ分かるだろ?」

アリス「カビだらけで分からないってば」

廃棄くん「もしあのときウカレウサギがいなけりゃな……俺は美味しく食べられてたってのに」

アリス「不幸な事故だったんだよ……結局食べて貰えたんだし、ね?」

廃棄くん「納得行かないんだが……まぁいいか。アリスに面倒見て貰えただけでも本望だぜ」

アリス「そういえば、あの地下にはどうしてパン屋が二軒もあったの?」

廃棄くん「決まってんだろ、そんなの」

アリス「いや、さっぱり分からないんだけど……」

廃棄くん「要するに意見の食い違いとか需要と供給とか、そういう問題だな」

アリス「……どういう意味?」

484 :名無しになりきれ:2015/11/06(金) 20:46:11.55 0
第三次世界大戦はあると思う?

485 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/06(金) 20:57:54.10 0
>>484
ドロシー「世界大戦規模になるかは分からないけど、某隣国は戦争をしたがってるみたいだし、火種は少なくないんじゃないの?」

ジャック「そちらの軍事力から推定するに、戦争の主役は弾道ミサイルに推移しているのでしょう」

ドロシー「先手を取ってミサイルをぶつけた方が有利になるのかしら?」

ジャック「必ずしもそうとは限りません。弾道ミサイルへの対策は当然されていますから、最終的には玉数がものを言う可能性があります」

ドロシー「要するにお金の問題ね。なら迂闊に戦争を仕掛ける連中も少ないんじゃないかしら?」

ジャック「ある程度の阻止力にはなるでしょうが……それで戦争がなくなる訳ではありません」

ドロシー「戦争したいだなんて、上の連中は何を考えているのかしらね?」

ジャック「戦争は交渉のひとつです。何らかの利益を得るために、戦争もまた行なわれるのでしょう」

486 :名無しになりきれ:2015/11/06(金) 21:58:21.35 0
アリスは無駄毛処理してなさそう

487 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/06(金) 22:18:04.58 0
>>486
アリス「女性にそういうことを尋ねるのはマナー違反だと思うな」

廃棄くん「いいんじゃね? 減るもんでもなし」

アリス「減るの! 精神的に」

チェシャ猫「アリスはムダ毛処理してるよ」

アリス「ちょっ、チェシャ猫!?」

廃棄くん「してるならしてるって言えばいいんだよ」

アリス「……まぁ、女性の嗜みよ」

廃棄くん「何故女ってのはそういう話題を避けるんだ?」

アリス「んー、恥ずかしいの!」

488 :名無しになりきれ:2015/11/06(金) 22:22:35.07 0
まだ11月になったばかりなのにもうテレビでクリスマスのCM流れてる

489 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/06(金) 22:35:56.78 0
>>488
ドロシー「もう!? 本当に気が早いわね。確かにハロウィンからクリスマスまでイベントってないけど」

レオン「日本人とやらは本当にイベント好きなのだな」

ドロシー「この国の人たちもイベント好きじゃない。この前も収穫祭で盛り上がってたわね」

レオン「色々と食えて良い祭りであったな!」

ドロシー「この国では年末年始もイベントあるの?」

レオン「余はよく知らぬ」

年末年始は皆で集まり、カウントダウンを楽しんだり飲み明かしたり致しますね。
基本は無礼講という奴ですわ。

ドロシー「なるほど、じゃあご馳走が食べられる訳ね!」

レオン「余も食うぞ!」

ドロシー「クリスマスを輸入するのも良いかも!」

490 :名無しになりきれ:2015/11/06(金) 22:40:38.36 0
お店とかだとハロウィンは10/31で片付けないと行けないからね、そのまま空いたスペースにクリスマスを展開するのさ

491 :名無しになりきれ:2015/11/06(金) 22:51:31.26 0
イェイ!イェイ!イェイ!イェイ!イェイ!ウォウ!ウォウ!ウォウ!ウォウ!
    −=≡ ∩ 彡⌒ミ ∩
 −=≡   .ヽ(´・ω・`) /
−=≡     (    /
 −=≡   (   ⌒)
  −=≡  し  し'
ウォウ!ウォウ!ウォウ!ウォウ!イェイ!イェイ!イェイ!イェイ!イェイ!
               ∩ 彡⌒ミ ∩ ≡=−
               .ヽ(´・ω・`) /   ≡=−
                 \   )      ≡=−
                 (⌒   )   ≡=−
                 し   し' ≡=−

492 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/06(金) 22:57:08.50 0
>>490
ドロシー「なるほど、イベントスペースって空けとく訳にも行かないものね」

この国でも気の早い人たちは、年末年始に向けて動いておりますわ。
祭りは準備が一番楽しいとも申しますわよ。

ドロシー「ねぇ、王宮をイルミネーションで飾るのってどうかしら?」

まぁ! それは素敵ですわね。しかしそんな労力や資金はあるでしょうか?

オズ「いいよ、予算の申請は今なら間に合うしな」

ドロシー「オズ!? いいの? 太っ腹ね」

オズ「クリスマスツリーやイルミネーションは実は気に入っていてな、この国にも導入したいと考えていたのさ」

ドロシー「経験が生きた訳ね」

>>491
ドロシー「踊るな! このハゲ共!」

クロウ「楽しいことかナ? 僕も踊るヨ!」

ドロシー「クロウの踊りは気持ち悪いからやめて」

クロウ「気持ち悪イ?」

ドロシー「関節がないからクネクネしてて不気味なのよ……」

クロウ「でも踊りは楽しいヨ?」

ドロシー「じゃあ一人で部屋にこもって踊ってなさい」

クロウ「ドロシーも踊ろうヨ!?」

ドロシー「嫌、そんな異次元ダンスに私を巻き込まないで!」

493 :名無しになりきれ:2015/11/06(金) 23:28:38.94 0
クロウ は あやしいおどりを おどった!

ドロシー の MPに 50 の ダメージ!!

494 :名無しになりきれ:2015/11/07(土) 00:55:20.98 0
ドロシーもいつかオズの偉大さをわかる日が来るさ

495 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/07(土) 20:13:28.02 0
>>493
クロウ「ドロシー、どうしたノ?」

ドロシー「……ちょっと精神的にね……」

クロウ「踊るのっテ楽しいよネ!」

ドロシー「……そうね、でもクロウの踊りって独特よね」

クロウ「そウ? 楽しい気分が伝わるといいナ」

ドロシー「違うものが伝わってるわよ」

クロウ「ン? ドロシーも一緒に踊ろうヨ!」

ドロシー「私は……遠慮するわ。踊り方なんて知らないもの」

クロウ「大丈夫だヨ! 自然に体が動くからネ」

ドロシー「どういう自然なのよ一体……」

>>494
ドロシー「偉い人って知識はあるけど……あまり実感はないわね」

ジャック「オズは何もないこの世界に王国という概念を打ち立て、国の治安に努めた功労者でもあります」

ドロシー「それはそうだけど……国なんて自然に出来るものじゃないの?」

ジャック「本来なら国というものは、人々の争いから生まれるものです。しかし争いを起さずして天下を統一せしめたオズの業績は偉大です」

ドロシー「なるほど、その辺はオズの異世界知識が役に立った訳ね」

ジャック「確かに知識は必要でした。しかし、国作りを成すというのは知識だけでは不可能でしょう。オズのカリスマ性が生きた証と言えます」

ドロシー「ふーん、要するにオズってすごい人なんだ? ただのおっさんにしてはやるわね」

496 :名無しになりきれ:2015/11/07(土) 21:13:25.64 0
白クマと白ライオンが戦ったらどっちが勝つのだろう?

497 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/07(土) 21:25:19.33 0
>>496
ドロシー「どうして白にこだわるの? そうね、ライオンは強いけど、白クマに勝てるかしら?」

レオン「ふん、余が勝つに決まっておろう!」

ドロシー「自信ありげね、勝算でもあるの?」

レオン「ライオンはヒャクジュウの王、つまりあらゆる動物の頂点なのだ! したがって勝つに決まっておる!」

ドロシー「相変わらずね……でも、白クマは強いから油断したら負けるわよ?」

レオン「む!? 白クマとやらはそんなに強いのか?」

ドロシー「白クマを知らずに勝つ気でいたのね。白クマは寒い地方のクマで、アザラシなんなを狩るのよ?」

レオン「ふむ、でも余が負けるはずはないな」

ドロシー「その自信はどこから来るのよ?」

498 :名無しになりきれ:2015/11/07(土) 21:35:07.72 0
来週から雨が続くみたいだね
風邪引かないように注意しないで下さい

499 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/07(土) 22:04:58.64 0
>>498
ドロシー「大丈夫よ、この前風邪引いたばかりだもの。こういうのはインターバルがあるのよ」

アリス「何その屁理屈……そんなこと言ってると本当に風邪引くよ?」

ドロシー「……一応気を付けるわ。 アリスこそ、体調管理は大丈夫なの?」

アリス「うん、基本チェシャ猫と一緒だから」

ドロシー「チェシャ猫と?」

アリス「うん、ごはんの時間とか寝る時間とか、いちいち知らせてくれるの」

ドロシー「何そのハイテク目覚まし時計」

アリス「ドロシーだってリジーさんに面倒見て貰ってるでしょ?」

ドロシー「んー、まぁね。最近はよく街に出掛けるから伝染されたのかも」

アリス「そういえば私、最近出掛けてないかも」

ドロシー「退屈しないの?」

アリス「家ではチェシャ猫や叔父さん、お祖母ちゃんなんかとよく話をするから」

ドロシー「ふーん、仲良いんだ?」

アリス「まぁね、暖かく迎えて貰ってるよ」

500 :名無しになりきれ:2015/11/07(土) 22:11:31.33 0
縁結びのお守りをアリスにあげる

501 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/07(土) 22:38:42.03 0
>>500
アリス「縁結び? これ、友達作りにも効果あるかな!?」

廃棄くん「さぁな? でも、御守りなんだから何らかのご利益はあるんじゃね?」

アリス「じゃあ、この御守りは鞄に付けて大切にしなきゃ」

廃棄くん「友達作りを神頼みって辺り、あまり感心出来ないけどな」

アリス「友達作りにはきっかけが必要なの。それが巡って来るかも知れないでしょ?」

廃棄くん「いや、自分から話しに行けよ」

アリス「雪乃みたいな素敵な友達が出来ると良いなぁ」

廃棄くん「雪乃基準だと友達なんて出来ないぞ?」

アリス「そう?」

廃棄くん「だって雪乃はアリスを守るために存在してたんだ。アリスに都合のいい存在って訳なんだよ」

アリス「そっか……でも、親友って雪乃しかいなかったからなぁ……」

廃棄くん「まぁ、対等な友達ってのも悪くはないぜ?」

アリス「うん、頑張る」

502 :名無しになりきれ:2015/11/07(土) 22:46:33.26 0
アイスは溶けかけが一番美味しいんだよ

503 :名無しになりきれ:2015/11/08(日) 02:17:01.73 0
アリスは溶けかけが一番美味しいんだよ

504 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/08(日) 20:29:29.08 0
>>502
ドロシー「私はキンキンに固まったアイスが好きね。食べやすいし」

ジャック「あまり冷たい場合味覚が麻痺することがありますので、溶けかけのほうが味を感じやすいのでしょう」

ドロシー「一理あるわね。でも溶けかけのアイスって食べづらいのよ。それだけは頂けないわね」

ジャック「お嬢様は味より食べやすさを重視するのですか?」

ドロシー「そうじゃないけど……私は食べやすいものを好む癖なのかも」

ジャック「確かに丼ものなどを好んで食べてらしておりましたね」

ドロシー「丼ものって良いわよね。ボリュームもあるし」

ジャック「お嬢様は質より量を重視するのですか?」

ドロシー「普通に美味しいものが好きよ! まぁ、ボリュームはあるに越したことないけど」

ジャック「お嬢様の好みについては再検討する必要があるかも知れません」

>>503
アリス「そうそう私は……って何で私!? 溶けるとかやめて!」

廃棄くん「世の中には溶解液で餌を溶かしてから吸う生き物もいくらかいるんだぜ?」

アリス「そういう話はあまりしたくないなぁ……それにしても私、食べられる前提な話が多くない?」

廃棄くん「アリスの肉は極上の味、らしいからな。俺はパンだから食べられないが」

アリス「廃棄くんがパンで良かったってつくづく思うな……」

廃棄くん「チェシャ猫に食べられるかも知れないぜ?」

アリス「チェシャ猫は大丈夫、生首だし」

チェシャ猫「そうでもないよ?」

アリス「え!? 嫌だからね、生首に食べられるとか!」

505 :名無しになりきれ:2015/11/08(日) 20:48:41.26 0
俺は温かい飯より冷えた飯の方が好き
変わってると思う?

506 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/08(日) 21:31:01.34 0
>>505
ドロシー「ちょっと変わってるけど、本人の好みなんじゃないかしら? 私も冷茶漬けとか好きだし」

冷茶漬けは夏の定番として食べる方もいらっしゃいますわね。
しかしこれからは温かいものの季節、やはり温かい方が良いのでは?

ドロシー「そうかしら……おにぎりも冷たいごはんよね、そう考えたら不思議でもなんでもないかも」

確かにそうですわね。ごはんは冷たくても美味しいものですわ。

ドロシー「そう考えるとおにぎり食べたくなっちゃった。少し早いけど夜食はおにぎりが良いわ」

507 :名無しになりきれ:2015/11/08(日) 22:07:34.46 0
アリス「誕生日…」

508 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/08(日) 22:38:53.77 0
>>507
廃棄くん「誕生日? 確かに歪アリにも誕生日はキーワードとして出て来るけど、俺としては7thBVを思い出すな」

アリス「誕生日から物語が進行するんだよね? 結構切ない話だし、救われないよね」

廃棄くん「まぁ救われるかどうかは読者の考え方次第だと思うが……歪アリは救われてんのかな?」

アリス「どっちかな……とりあえずTrueENDだと私も生きてるし、悪くないんじゃないかな?」

廃棄くん「BadENDはほぼ死ぬもんな……」

アリス「生きているだけ儲けモノだね!」

廃棄くん「それで良いのか? アリス……」

509 :アリス:2015/11/08(日) 23:29:14.84 0
誕生日って生まれてきてくれたことを祝う日なんだよね
私が誕生日を祝ってもらえないのは、お母さんが私なんか生まれてこなければ良かったと思っているからだよね…
ははは…はぁ…生まれてきてごめんなさい

510 :名無しになりきれ:2015/11/09(月) 17:36:32.09 0
どうしてドロシーはそんなに美人でかわいいの?

511 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/09(月) 20:03:47.48 0
>>509
廃棄くん「まぁ誕生日と命日が被ってりゃなぁ……仕方ないんじゃねーか? 別にそこまで悩むことじゃねーよ」

アリス「でも……」

廃棄くん「でもじゃねーよ! アリスは考え過ぎなんだよ、もっと気楽でいいだろうが」

アリス「……うん」

廃棄くん「言っちゃ何だがよ……シロウサギが歪んだのも俺たちの世界が歪なのも、全部アリスが弱いのが原因なんだからな?」

アリス「私が生んだ歪みのせい?」

廃棄くん「そう、全部アリスの歪みだ。確かにシロウサギは過保護だったと思うけどよ、アリスが強ければこんなことにはならなかったはずだぜ?」

アリス「……ごめん」

廃棄くん「謝っても仕方ないだろ、もうちょいアリスは頑張れ」

アリス「……うん!」

>>510
ドロシー「え、私が美人で可愛い!? そうかな? 割と普通だと思うけど……きっと女神の血を引いているからかしら、女神ってとっても美人だから」

レオン「ドロシーが調子に乗っておるな」

ドロシー「いいじゃない! 少しくらい別に……」

レオン「余には人間の可愛さはよく分からんが……確かにドロシーは女神に似ておるな」

ドロシー「本当?」

レオン「うむ、特に金髪がそっくりだ」

ドロシー「そこはどうでも良いんだけど……ほら、顔とかスタイルは?」

レオン「……分からん!」

ドロシー「レオンの馬鹿! いいわ、ジャックなら褒めてくれるから!」

レオン「この上ジャックにまで迷惑を掛ける気か……」

512 :名無しになりきれ:2015/11/09(月) 20:27:27.84 0
角煮まん食べたい

513 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/09(月) 20:35:04.94 0
>>512
ドロシー「美味しいわよね、角煮まん。そっか、もうそんな季節なのね」

実は肉まん系は作るのも難しくはないのですわよ?

ドロシー「生地を捏ねて具を包んで蒸す……簡単だけど手間はかかりそうね」

料理なんてどれもそれなりに手間がかかるものですわ。

ドロシー「そういえば先日、炊飯器で角煮を作る動画を見たのよ。二度炊飯するけど、あれなら簡単そうだったわ」

二度も加熱するなら結構な時間がかかりますから、角煮まんの生地を作っておくことも可能ですわね。

ドロシー「そうね、でもせっかく自力で角煮を作るなら、ごはんと一緒に食べたいわ」

514 :名無しになりきれ:2015/11/09(月) 20:57:40.07 0
いつの間にか日本シリーズ終わっていた

515 :名無しになりきれ:2015/11/09(月) 21:15:46.43 0
圧力鍋さえあれば角煮を作るのはそう難しくない
なくても壮絶に時間が掛かるだけで難しい料理ではない

516 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/09(月) 22:21:37.76 0
>>514
ドロシー「日本シリーズって野球の? 私野球なんて見ないからさっぱりだわ」

ジャック「お嬢様はスポーツなら何が好きなのでしょう?」

ドロシー「んー……どれも大して興味ないわ。ルールもよく知らないし」

ジャック「ルールを知らないから興味が湧かない、ということでしょうか?」

ドロシー「どちらかと言うと興味がないからルールが頭に入らない、の方ね」

ジャック「そうですか、理解しました」

ドロシー「あ、でも正月の箱根駅伝だけは欠かさず観てるわね……何故なんだろう?」

ジャック「正月……もしかしたら時間を持て余して退屈しているからでしょうか?」

ドロシー「あー、そうかも。正月って退屈なのよね」

>>515
ドロシー「角煮に限らず、煮込み料理には圧力鍋は必須よね。柔らかに仕上げたいなら特に」

レオン「硬い肉もそれなりにうまいぞ?」

ドロシー「アゴに負担をかけられない人もいるのよ」

レオン「ふむ、そういえば前に食べた骨付き肉はうまかったな!」

ドロシー「スペアリブの煮込み? あー、アレも圧力鍋なら早く出来るのよね。こっちに圧力鍋ってあるのかしら?」

レオン「骨をかじって肉汁を楽しむのは最高なのだ!」

ドロシー「骨と言えば犬だけど、ネコ科のレオンも骨が好きなのね?」

レオン「肉食獣だからな!」

ドロシー「何故そこでドヤ顔なのよ……」

517 :名無しになりきれ:2015/11/09(月) 22:47:52.62 0
30代になって今と変わらない量を食べていたら確実に太る

518 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/09(月) 23:05:27.40 0
>>517
ドロシー「大丈夫、三十代なんてすっごく先の話だから」

あら、油断は禁物ですわよドロシー様? 若いうちなんてあっと言う間に過ぎるのですから。

ドロシー「そう? んー、でも今まで太ったことなんてないし、大丈夫じゃない?」

それを油断と言うのですわ。ダイエットは苦痛ですわよ?
それが嫌ならいっそ私のように停まってしまえば……。

ドロシー「停まって?」

いえ、さすがにドロシー様に死なれてはオズ大王がお許しにならないでしょう。
ドロシー様は健やかに生きてくださいまし。

ドロシー「よく分からないけど……とりあえずダイエットはあまりしたくないわね。そもそも私、何故太らないのかしら?」

おそらくは体質でしょうね。稀有な例ですが、そういう方もいらっしゃると聞きますわ。
しかし体質は変わるもの、お気をつけくださいな。

ドロシー「うん……どうすればいいか分からないけど気をつける!」

519 :名無しになりきれ:2015/11/10(火) 00:58:37.11 0
体質的に太りにくい人は一度太ると戻せない
ソースは家の親戚一同

520 :ジャック:2015/11/10(火) 13:34:33.23 0
自爆します
お嬢様、お逃げ下さい

521 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/10(火) 19:52:39.51 0
>>519
ドロシー「そもそも太らない体質の人が太る要因が分からないのだけど……何かしらきっかけがあるのかしらね?」

クロウ「僕も太るかナ?」

ドロシー「いや無理でしょ」

クロウ「エー、無理なノ?」

ドロシー「太るためには食べる必要があるのよ。第一藁で出来たクロウが太る方法なんてないわ」

クロウ「ンー、ワラを継ぎ足したらどうかナ?」

ドロシー「まぁ無難な方法ね、でもそれって意味あるの?」

クロウ「面白いと思うナ! ドロシーも太ると良いヨ」

ドロシー「絶対嫌! 太るくらいなら絶食出来るわ」

クロウ「そんなにイヤなものなノ?」

ドロシー「女の子はそういうのは嫌がるの!」

>>520
ドロシー「待った! 待ってよジャック! ってか自爆って何よ!?」

ジャック「機密保持のため自爆機能が搭載されております」

ドロシー「なんて傍迷惑な機能を……それってどのくらいの威力なの?」

ジャック「周囲半径10メートル程度を更地に出来る程です」

ドロシー「それって威力高過ぎない?」

ジャック「残骸から情報が漏洩しない程度です」

ドロシー「まぁジャックは高性能だもの、きっと最新技術が詰まっているのね」

ジャック「私を構成するあらゆるデータは企業秘密となっております」

ドロシー「あれ? でもキースには解析させてなかった?」

ジャック「意図的にダミーの情報を織り交ぜたので問題ありません」

ドロシー「……キースが少し可哀想に思えるわ」

522 :名無しになりきれ:2015/11/10(火) 19:59:46.13 0
ストレスによる暴飲暴食とか、妊娠……は関係ないか

523 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/10(火) 20:15:34.25 0
>>522
ドロシー「場合にもよるけど、妊娠したら多少体重を増やす必要もあるみたいね」

そうですわね。あと、妊娠すると食べ物の好みが大幅に変化する場合もありますわ。

ドロシー「それ聞いたことあるけど……特に好き嫌いのない私はどうなるのかしら?」

何か特定の食べ物が美味しく感じられたり、逆に食べられないものが出て来る可能性はありますわね。

ドロシー「食べられなくなるのは嫌ね……私はあらゆる美味しいごはんを平等に愛したいのよ!」

その情熱はどこから来るのです?

ドロシー「胃からよ?」

…………そうでございますか。

524 :名無しになりきれ:2015/11/10(火) 20:21:08.23 0
からあげにはマヨネーズだろ

525 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/10(火) 20:32:29.99 0
>>524
ドロシー「初めて聞く組み合わせだけど……ちょっと美味しそうね。今度試してみようかしら」

レオン「聞いたことがあるぞ、それはマヨラーと言うのではないか?」

ドロシー「あー、何にでもマヨネーズかける人っているらしいわね。中には美味しい組み合わせもあるみたいだけど」

レオン「ドロシーもマヨラーの仲間入りをするのか?」

ドロシー「いや、しないわよ。マヨネーズはサラダなんかで適度に楽しむわ」

レオン「ドロシーはサラダなんかを食べるのか。アレはあんまりうまくないぞ?」

ドロシー「まぁ肉食獣の味覚からしたらそうかもね。ちなみにマヨネーズを用いた組み合わせだと、エビとマヨネーズを和えてサラダに盛るのが美味しいわ」

レオン「エビはうまいな!」

ドロシー「エビのマヨネーズ和えは最高よね。エビマヨおにぎりも美味しいわよ?」

526 :海原雄山:2015/11/10(火) 21:20:57.76 0
すき焼きは牛肉を一番まずく食べる方法

527 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/10(火) 22:04:26.32 0
>>526
ドロシー「そう? 私は割と美味しくて好きだけど」

レオン「ふん、好き嫌いの多い奴め」

ドロシー「レオンは肉料理、何が好き?」

レオン「生!」

ドロシー「ビールじゃないんだから……まぁ肉食獣だものね」

レオン「だが焼いた肉なども嫌いではないぞ? この前食べたシチューなど良かったな」

ドロシー「レオン向けに塩分控えめに作ってるらしいわよ?」

レオン「王のためだ、当然であろう」

ドロシー「レオンはまだ何の地位も得てないからね?」

レオン「むむ、王への道は険しいのだ……」

528 :名無しになりきれ:2015/11/10(火) 22:56:44.03 0
何でおもちはお正月の食べ物なんだろう

529 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/10(火) 23:05:28.85 0
>>528
アリス「詳しくは知らないけど、古く平安時代の行事が元になっているらしい……って聞いた覚えがあるかな」

廃棄くん「鏡餅然り、餅は神様に捧げる食べ物だからな」

アリス「そういえばカビたパンは食べられないけど、カビた餅なら食べる方法はあるよね」

廃棄くん「はぁ!? なんだよその不公平!」

アリス「まぁまぁ落ち着いて……相手は餅なんだから仕方ないよ?」

廃棄くん「納得行かねー……ちょっと保存が利くからって、カビても食えるとか何様だよ……」

アリス「でも大体の人はカビたら捨てると思うから……ね?」

廃棄くん「アリスは食べ物を粗末にするなよ?」

アリス「もちろん! あ、でもカビたパンは無理だからね?」

廃棄くん「ちぇっ」

530 :ウカレウサギ:2015/11/10(火) 23:10:37.75 0
あはははは、ウカレウサギだじょ〜

531 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/10(火) 23:25:36.20 0
>>530
廃棄くん「あっ、てめぇウカレウサギ! 待てっ、殺す!!」

アリス「待ってよ廃棄くん! ……あー、行っちゃった……」

チェシャ猫「彼はウカレウサギに駄目にされたからね」

アリス「あー、そんなこと言ってたっけ? 大丈夫かなぁ」

チェシャ猫「それはパンがかい? それともウカレウサギがかい?」

アリス「どっちも。ねぇ、ウカレウサギっていつもあんな感じなの?」

チェシャ猫「誕生日以外はね」

532 :名無しになりきれ:2015/11/11(水) 04:11:37.07 0
すき焼きよりしゃぶしゃぶの方がうまい

533 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/11(水) 19:48:52.51 0
>>532
ドロシー「海原雄山曰く、しゃぶしゃぶもまた肉のダメな食べ方らしいわね」

レオン「まずいのか?」

ドロシー「ううん、すっごく美味しい」

レオン「海原とやらは味オンチなのだな」

ドロシー「そうかも知れないわね」

レオン「ふむ、うまいなら余も食べたいぞ!」

ドロシー「生肉を食べてなさい」

レオン「えー」

ドロシー「生肉のほうが美味しいんでしょ?」

レオン「それはそうだが……」

ドロシー「ならいらないわね」

レオン「余もドロシーと同じのが食べたいのだ!」

534 :アリス:2015/11/11(水) 20:20:12.98 0
あとどれくらい 切なくなれば
あなたの声が聴こえるかしら
なにげない言葉を瞳合わせて ただ静かに
交わせるだけでいい 他にはなんにもいらない
シロうさぎ ずっと待ってる 独りきりで震えながら
淋しすぎて 死んでしまうわ 早く暖めて欲しい

535 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/11(水) 20:33:15.83 0
>>534
廃棄くん「アリスは歌、うまいんだな」

アリス「は、廃棄くん!? もしかして聴いてた?」

廃棄くん「おう、おそらく最初からな。替え歌だったな」

アリス「……恥ずかしくて穴でも掘りたい気分……」

廃棄くん「そのくらいで恥じるなよ。カラオケとかどうすんだ?」

アリス「カラオケ……行ったことない……」

廃棄くん「マジかよ!? いまどきの女子高生だろお前?」

チェシャ猫「シロウサギは歌うのが好きだったけどね」

廃棄くん「一緒に行けば良かったじゃねーか」

アリス「……なんだか恥ずかしくて」

廃棄くん「人前で歌うと度胸つくぜ?」

アリス「んー、でもなぁ……」

廃棄くん「アリスって本当にぼっちが身に染み付いてんな」

536 :雪乃(全裸):2015/11/11(水) 20:35:42.02 0
亜莉子、フトンの中にきて
あたためてあげる

537 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/11(水) 20:44:05.83 0
>>536
アリス「雪乃!? 突然現れたと思ったら何してるの!?」

廃棄くん「寒いんだろ?」

アリス「そういう問題じゃない!」

廃棄くん「心配すんな、俺も全裸だ」

アリス「パンだもんね……って、何も解決しないから!」

廃棄くん「包装紙くらい巻けば良かったか?」

アリス「……廃棄くんはもう黙ってて……」

廃棄くん「ん? なんだ?」

アリス「問題は雪乃よ、こんなことする子じゃないもん」

チェシャ猫「アリスも脱げば解決だよ」

アリス「チェシャ猫まで……一体どうなってるのよ?」

538 :名無しになりきれ:2015/11/11(水) 20:51:19.10 0
アダムとイブが禁断の果実を食べなければ、今でも人間は全裸だったのだろうか?

539 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/11(水) 21:08:57.93 0
ドロシー「知ってる? エデンの園にはふたつの木があって……生命の木と知恵の木って言うんだけど……このうちアダムとイヴは知恵の実を食べたのよ?」

ジャック「こちらの世界にはない神話ですね。それで、生命の木の実にはどのような効能があるのですか?」

ドロシー「永遠の命を授かるのよ。神はアダムとイヴが両方の実を口にして、神と同等の存在になることを恐れたとも言われているわ」

ジャック「それでエデンの園より放逐した、ということですね?」

ドロシー「あくまで一説だけどね。禁断の果実に触れなければ、今でも私達はエデンの園にて裸で悩むこともなく暮らしていたのかも知れないわ」

ジャック「人の持つ羞恥の感情は、高度な思考の果てにある感情です。私によく理解出来ないもののひとつですね」

ドロシー「ジャックに羞恥心とか似合わないものね……中身見られるのは恥ずかしいとかないの?」

ジャック「いいえ、そのように感じたことはありません」

ドロシー「まぁ羞恥心なんて言葉で説明出来るものじゃないしね」

540 :アリス:2015/11/11(水) 21:11:20.20 0
雪乃、服脱いだよ
どうすればいいの?

541 :海原雄山:2015/11/11(水) 21:20:40.93 0
不味いものは不味い。誰が何と言おうと、私の舌の方が確かだ。

542 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/11(水) 21:20:42.79 0
>>540
アリス「はいお客さん、ストップ。さすがに私まで脱いだりしないから」

廃棄くん「俺は全裸だぜ?」

アリス「それはさっき聞いた。そのカビが服みたいよ?」

廃棄くん「……ちょっと削ぎ落として来る。チェシャ猫、ナイフとかあるか?」

チェシャ猫「女王から取り上げた大鎌ならあるね」

廃棄くん「じゃあそれで」

アリス「ストップ! いくらパンだからって身を削るのはよくないと思うな。大丈夫、オシャレな模様に見えなくもないから」

廃棄くん「…………やっぱり削ぐ」

アリス「ほら、鎌も危ないし! 女王のだから、手が滑って首が落ちるかも知れないから!」

廃棄くん「パンは首が落ちても死なないんだぜ」

アリス「ビジュアル的に問題あるの!」

543 :海原雄山:2015/11/11(水) 22:44:55.03 0
おのれ…この海原雄山を無視するとは…

544 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/11(水) 22:55:53.32 0
>>543
ドロシー「あなたがどれだけ偉ぶってるかは知らないけど、ここじゃただの客の一人なのよ? 静かにしてないと追い返すわよ?」

このお客様は、王宮の料理に大変興味を示されておりましたわ。
なので今宵の夕食はドロシー様と同席することになったのですが……よろしいでしょうか?

ドロシー「料理に文句を付ける口うるさい爺さんは正直嫌いだけど……それで料理の味が落ちる訳でもないし構わないわ」

それは良うございました。ドロシー様とご一緒なら大丈夫でしょう。

ドロシー「大丈夫って、何が?」

あー……実は先程から厨房を覗かせろとうるさくて……コックに動物が紛れているのにご立腹の様子ですわ。

ドロシー「まぁ最初は誰でも驚くわよね。厨房は私から言って覗かせないわ」

よろしくお願い致します。私達接客係では、あまり強く言うことも出来なくて……。

545 :海原雄山:2015/11/11(水) 23:03:46.94 0
………

>>541

546 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/11(水) 23:14:28.53 0
>>545
ドロシー「あー、気付かなかったわ……書いた時間が2秒差ってすごいわね」

レオン「ドロシーはうっかり者なのだ」

ドロシー「うるさいわね! でも、お客さんはひとつ忘れているわよ?」

レオン「む?」

ドロシー「味覚なんて人それぞれ、見てる景色が同じでないように、味もまた人によって感じ方が違うのよ」

レオン「そうなのか?」

ドロシー「例えば激辛料理がそうね。美味しいと食べる人もいれば、一口だって食べられない人もいる訳よ」

レオン「ふむ、それもそうだな」

ドロシー「お客さんの感じた「美味しい」が、必ずしも万人に受け入れられはしないことを覚えておきなさい。人には人の「美味しい」があるのよ」

547 :名無しになりきれ:2015/11/11(水) 23:19:20.53 0
トルコアイスって美味しかったのに何で消えたんだ?

548 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/11(水) 23:34:11.72 0
>>547
ドロシー「そういえば見なくなったわね、トルコアイス」

トルコ本国ではドンドゥルマと呼ばれる氷菓ですわね。
おそらく粘性を出すためにかなり練る必要があるため、製造に手間がかかるのが原因ではないでしょうか?

ドロシー「食べるときに喉を詰まらせる恐れのあるアイスって聞いたっけ。美味しかったわ……」

味やパフォーマンスに不満を覚えた客も多かったようですわね。
なんでも納豆で粘りが再現可能だそうですが……試します?

ドロシー「納豆……ちょっと勇気が必要そうね」

549 :名無しになりきれ:2015/11/12(木) 04:28:01.64 0
MK5

550 :名無しになりきれ:2015/11/12(木) 19:18:29.65 0
何でシロウサギに雪乃って名前つけたの?

551 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/12(木) 20:13:59.89 0
>>549
アリス「まさかの金欠50円?」

廃棄くん「いや、絶対違うだろそれ……」

アリス「何かの略称、ってのだけ覚えてるんだけど……なんだっけ?」

廃棄くん「忘れた。スラングなんて流行り廃りがあるもんだしな」

アリス「んー、思い出せないと気になる……」

廃棄くん「なんか、こう……怒ったときに使う言葉じゃなかったか?」

アリス「また金玉5針縫った?」

廃棄くん「どういう状況だよそれ!?」

>>550
アリス「別に私が名付けた訳じゃないと思うけど……」

チェシャ猫「シロウサギもアリスの影響を受けるんだよ」

アリス「じゃあ、私の無意識で名前が決まったの?」

チェシャ猫「どうだろうね」

アリス「そんな名前の知り合いはいなかったと思うんだけど……私が忘れてるだけ?」

チェシャ猫「どうだろうね」

アリス「シロウサギだけに白→雪って発想なのかな?」

チェシャ猫「どうだろうね」

アリス「チェシャ猫、話聞いてる?」

チェシャ猫「どうだろうね」

アリス「……チェシャ猫、怒るよ?」

チェシャ猫「冗談だよ」

アリス「もう、チェシャ猫のバカ」

552 :名無しになりきれ:2015/11/12(木) 20:27:01.76 0
うんこは常に体の中にあるのに、外に出た瞬間に汚いと感じるのは何で?

553 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/12(木) 20:42:26.94 0
>>552
ドロシー「ものすごくどうでもいいんだけど」

レオン「少しは聞いてやったらどうなのだ?」

ドロシー「面倒よ。それにろくな話じゃないし」

レオン「ドロシーはレイコクなのだ……」

ドロシー「ん? 何か言った?」

レオン「いや、なんでもないのだ……」

ドロシー「何が悲しくてお客さんと汚物について語り合わなきゃいけないのよ。私にだって選ぶ権利はあるわ」

レオン「そうかも知れぬな」

ドロシー「だから代わりにレオンが応対して」

レオン「ふむ……っ!?」

554 :アリス:2015/11/12(木) 21:44:39.73 0
勇気を出してクラスメートに話しかけても無視されたよ
悲しい…

555 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/12(木) 22:02:18.41 0
>>554
アリス「……という夢を見たんだけど」

廃棄くん「知るか!」

アリス「不安なの! ちょっとは相談に乗ってよ」

廃棄くん「考え過ぎだ馬鹿、大丈夫に決まってんだろ?」

アリス「根拠は?」

廃棄くん「シロウサギとチェシャ猫が面倒見てるんだから、ちゃんと育ってるに決まってんだろ?」

アリス「私が……育ってる?」

廃棄くん「ああ、俺たちが必要ないくらい立派に成長したんだろ?」

アリス「んー、分かんない」

廃棄くん「はぁ……少しは自信持て!」

556 :アリス:2015/11/12(木) 22:11:11.89 0
私は汚物なんだよね
だから、みんなさけるんだ
廃棄くんはわかるでしょ?

557 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/12(木) 22:29:18.48 0
アリス「……みたいに気を引けば、少しは同情票で人気が出たりしないかな?」

廃棄くん「馬鹿なのか? アリスは」

アリス「馬鹿じゃないもん!」

廃棄くん「あのな、今どきそんな面倒くさいセリフ吐くような奴に人気が集まってたまるか!」

アリス「……そう?」

廃棄くん「当然だろーが。アリス、何か勘違いしてないか?」

アリス「そうかな……お客さんに勧められたからイケると思ったんだけど」

廃棄くん「……これだからアリスは……あんまり他人の意見を鵜呑みにするのは良くないぜ?」

アリス「……気を付ける」

558 :名無しになりきれ:2015/11/12(木) 22:41:27.44 0
言葉が通じなくても気持ちは通じるなんて嘘だ
一年以上外人と仕事してるがまったく打ち解けられない

559 :名無しになりきれ:2015/11/12(木) 22:56:06.33 0
歪みの国のパンは誰が作ってるの?

560 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/12(木) 23:04:13.26 0
>>558
ドロシー「お客さんは、自分の感情を相手に伝えようとしてる? 言葉じゃないわよ、感情を」

ジャック「その二つにはどの程度の差異があるのでしょうか?」

ドロシー「大違いも甚だしいわ、完全に別物ね。感情を伝えるには、それなりの方法があるのよ」

ジャック「そうなのですか。つまり、お客様には努力もしくは方法論が違うということですね?」

ドロシー「うん、一年もあれば多少の言葉は伝わるわ。それでも気持ちが通じないのは、何か間違えてるに決まってるじゃない」

ジャック「その可能性は確かにあるでしょう。コミュニケーションというものは難しいのですね」

ドロシー「だって一年よ? ペットだって多少の気持ちは通じるわよ」

561 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/12(木) 23:09:13.75 0
>>559
廃棄くん「パンを作るのはパン職人に決まってんだろ?」

アリス「でもそんな人登場しなかったよね?」

廃棄くん「あのときはあんパンが蜂起してたからな、逃げたんじゃねーの?」

アリス「あんな騒ぎだもんね……きっとびっくりしただろうなぁ」

廃棄くん「いや、あんな騒ぎは珍しくないぞ? あんパンは排他意識が強いからな、小さな騒ぎはよくあることだ」

アリス「それは……逃げたくもなるよね」

廃棄くん「最近じゃ牢屋を拡張して、あんパンも閉じ込めるべきだって意見もあるぜ」

アリス「どれだけ危険なの……」

562 :名無しになりきれ:2015/11/12(木) 23:12:24.98 0
歪みの国のあんぱんは食えるの?

563 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/12(木) 23:26:35.87 0
>>562
廃棄くん「何言ってんだ? あんパンはあんパンなんだから食えるに決まってんだろ?」

アリス「私も少し食べたけど、結構美味しかったよ?」

廃棄くん「まぁ問題は、あんパンを食べると体が大きくなることだけどな」

アリス「お召し上がりの際にはストロベリージャムパンとご一緒にどうぞ……だね」

廃棄くん「もちろん俺もストロベリージャムパンだから、食っていいんだぞ? むしろ食え」

アリス「廃棄くん、カビだらけのパンはパンと呼べないよ?」

廃棄くん「なん……だと!?」

アリス「言うならば生ゴミね」

廃棄くん「そんなっ、馬鹿な!」

564 :レオン:2015/11/13(金) 01:43:29.80 0
もう我慢できないのだ
余はドロシーを食うぞ

565 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/13(金) 19:39:09.50 0
>>564
ドロシー「ジャック、レーザー用意」

ジャック「かしこまりました」

レオン「待て待て! 今のは冗談なのだ、真っ二つはやめてくれ!」

ドロシー「冗談でもそういうこと言わないの。ジャックもそう思うでしょう?」

ジャック「お嬢様の身に危険が及ぶなら、私は全力で敵を排除します」

レオン「だから冗談なのだ……」

ドロシー「少しは反省した?」

レオン「うむ……ごめんなさい」

566 :名無しになりきれ:2015/11/13(金) 19:58:39.47 0
生肉好き?

567 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/13(金) 20:33:53.04 0
>>566
レオン「うむ、好きだ!」

ドロシー「私も馬刺しやユッケなら好きよ? タルタルステーキも美味しいわよね」

レオン「それも生肉なのか?」

ドロシー「ええ、生肉を食べやすく調味したものよ」

レオン「ならば余も食べてみたいのだ!」

ドロシー「機会があればね。安全な生肉ってなかなか手に入らないのよね」

それならば問題ありませんわ!
王宮は独自の流通ルートを握っております。ドロシー様がお望みでしたら、安全で新鮮な生肉も用意することが可能ですわ。

ドロシー「それは心強いわね。今度馬刺しでも食べたいわ」

レオン「馬刺しとは何の肉なのだ?」

ドロシー「馬よ」

レオン「ふむ、余は馬肉は食べたことがないぞ! うまいのだな!?」

ドロシー「ええ、結構イケるわよ」

568 :アリス:2015/11/13(金) 20:55:31.44 0
世界に私しかいなければ孤独を知らずにすむのに…

569 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/13(金) 21:06:03.83 0
>>568
チェシャ猫「人は誰だって孤独なのさ。得るものは少なく、失うものはいつだって多い」

アリス「私には雪乃がいたけど、チェシャ猫には誰かいたの?」

チェシャ猫「今はアリスがいるよ」

アリス「それまでは……ずっと、独り?」

チェシャ猫「アリスを見てたからね」

アリス「そうなんだ……? チェシャ猫はずっと私のそばに居てくれる?」

チェシャ猫「アリスが望む限りはね」

アリス「どういう意味?」

チェシャ猫「アリスはやがて独りじゃなくなるからさ」

アリス「例え新しい友達が出来ても、私はチェシャ猫を見捨てたりしないよ?」

チェシャ猫「アリスが決めることだから、僕はアリスに従うさ」

570 :名無しになりきれ:2015/11/13(金) 21:47:35.64 0
ドロシー?

571 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/13(金) 21:57:47.79 0
>>570
ドロシー「ん、何? 私今は夜食を食べてて忙しいのよ」

クロウ「さっきは夕飯たくさん食べてたよネ」

ドロシー「育ち盛りだからお腹が減るのよ」

クロウ「ソダチザカリ?」

ドロシー「成長するってこと」

クロウ「ドロシー、まだ大きくなるノ!?」

ドロシー「んー、背はあと数センチ欲しいわね」

クロウ「王宮の塔より大きくなるのかナ?」

ドロシー「私は怪獣か! クロウは背が高くて良いわよね」

クロウ「そうかナ?」

ドロシー「背の高い人って羨ましいわ。きっと見えてる世界も違うのでしょうね」

クロウ「世界が変わるノ?」

ドロシー「例え話よ」

572 :名無しになりきれ:2015/11/13(金) 21:59:55.94 0
アリスは可愛いから頭染めて派手な服を着て渋谷を歩いていたら簡単に友達出来るよ

573 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/13(金) 22:25:03.53 0
>>572
アリス「そういう友達は別に欲しいとは思わないな……それに髪は染めたくないし」

廃棄くん「アリスの髪は綺麗だよな」

アリス「ドロシーがすごく褒めてくれてね、じゃあ大切にしなきゃって思ったの」

廃棄くん「ドロシーって金髪のあいつか」

ドロシー「呼んだ?」

廃棄くん「うわっ!?」

アリス「ドロシー!」

ドロシー「あー、カビくんだっけ?」

廃棄くん「カビくん言うな! ストロベリージャムパンだっての!」

アリス「アリスの金髪の話をしてたんだよね」

廃棄くん「そんな話してたか?」

ドロシー「私の髪は、女神の力が覚醒して金髪になったのよね」

アリス「それまで黒髪だったの?」

ドロシー「ううん、茶髪。正直あまり好きじゃない色なのよ」

アリス「きっと茶髪もドロシーには似合うと思うけどなぁ」

ドロシー「私はアリスみたいな黒髪が羨ましいわ」

574 :名無しになりきれ:2015/11/13(金) 22:55:34.56 0
将来6つ子妊娠したらどうする?

575 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/13(金) 23:04:39.17 0
>>574
ドロシー「出産も育児も大変そうだから絶対嫌だわ。しかも6つ子揃ってニートになったら最悪ね」

ジャック「動物の世界では6つ子など珍しくはありません。その辺を参考にしてはいかがでしょう?」

ドロシー「動物なら育児もたった一年未満じゃない。参考にならないわ」

ジャック「人間の場合育児はかなり長いのでしたね。しかしお任せください、私は育児の手伝いも担当可能です」

ドロシー「さすが一家に一台欲しいジャックね」

ジャック「お子様の教育なども務められますね」

ドロシー「英才教育を受けさせたいわね」

ジャック「ですのでお嬢様、何人でも安心して産んでください」

ドロシー「いや、気が早すぎるわよ!」

576 :名無しになりきれ:2015/11/13(金) 23:06:36.39 0
ドロシーは自分で子供産みたいの?

577 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/13(金) 23:21:25.23 0
>>576
ドロシー「そういえばキャベツにも双子とかってあるの?」

ええ、ありますわよ。
三つ子以上はかなり珍しいとは思いますけども。

ドロシー「ふーん、まぁキャベツで子供を授かるなら二三人でも……いや、どうかしら?」

ドロシーさまの元の世界では、キャベツで子供を授かることは不可能と仰っておりましたが……やはりドロシー様も産みたいとお考えですか?

ドロシー「ううん、どうせなら楽がしたいもの。断然キャベツ派ね」

そうでございますか。
まぁドロシー様は女性同士でも良いとお考えでしたし、その辺りは問題ありませんわね。
私共の場合ですと、欲しい子供の種類を限定するために授かる土地を選ぶ場合もありますわ。

ドロシー「確か土地によって産まれやすい種類が変わるのよね?」

はい、例えば東風地方ならエインセルが産まれやすいですわ。
南水地方なら人魚や水棲生物の確率が高くなりますわね。

ドロシー「なるほど、土地に合った子供が生まれる訳ね」

578 :ドロシー:2015/11/14(土) 15:32:20.96 0
死ぬくらいなら、救世主やめる!

579 :名無しになりきれ:2015/11/14(土) 15:57:50.03 0
人という字は、人と人とが支えあってできているんだ

580 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/14(土) 20:22:29.97 0
>>578
恐れながらドロシー様、ドロシー様が救世主をやめてしまわれると、やがて世界は滅びドロシー様もその命を共にすることになりますわよ?
この世界全ての命を救って死ぬか、全てを道連れにして死ぬかの二択しかありませんわ。

ドロシー「……結局死ぬことには変わらないのね」

死ぬとは言っても、救世主としての役目を果たされたら女神の許へその命が帰るだけですわ。
ドロシー様は言わば女神の分身でもありますから、元の状態に戻る訳ですわね。
魂や記憶がどのように処理されるのは分かりかねますが、きっとその死は優しいものでしょう。

ドロシー「そうよね、私は女神に帰るだけ……世界と心中なんかもしたくないしね」

世界を救う覚悟が出来ましたか? そう、ドロシー様は世界に命を捧げるのです!
後のことはお任せくださいませ。ドロシー様を讃えるために彫像を作り、記念日も設けますわ。

ドロシー「それはちょっと……」

>>579
アリス「そうね、そして人は必ずしも平等ではないことも示しているの」

廃棄くん「支え合うと言うより、明らかに片方だけ寄りかかっているよな」

アリス「世界は誰かが得をしたら、必ず誰かが損をするように出来てるんじゃ……って思うな」

廃棄くん「不幸と幸せは等価とも言うしな。でも、誰かのために自分の幸せを捨てることはないぜ?」

アリス「どうして?」

廃棄くん「アリスは今まで不幸を支払い続けてたじゃねーか。もう幸せになっても誰も責めないはずだぜ」

アリス「そっか……でも、皆が幸せになる方法はないのかな?」

廃棄くん「んな都合のいいものがあってたまるかってんだ」

581 :名無しになりきれ:2015/11/14(土) 20:37:21.28 0
おでんのたまごは何であんなにもおいしいんだよ
5個も食べちまった

582 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/14(土) 20:49:28.87 0
>>581
ドロシー「あー、アレは絶妙な美味しさよね。汁が染み込んだ白身に、ほっくりとした黄身が実に調和しているのよ」

レオン「それはおでんとやらの話だな? 余も好きだぞ!」

ドロシー「レオンは肉や卵ばかり食べたわよね。でも私、おでんの主役はズバリ大根だと思うのよ!」

レオン「大根とはあの白いやつか? そんなもの入っていたのか?」

ドロシー「汁で染まって色付きトロトロになっているのよ。ほら、茶色で丸いやつ」

レオン「おお、アレか! 確かにアレはうまかったな!」

ドロシー「大根を完璧に仕上げるには長時間煮込まなきゃいけないのよね……結構手間がかかるのよ」

レオン「話をしていたらおでんが食べたくなって来たぞ」

ドロシー「そうね。今から作って貰って、明日にでも食べれるようにして貰おうかしら」

レオン「今日は食えないのか?」

ドロシー「だから言ったでしょ? おでんは時間をかけて美味しくするのよ」

583 :名無しになりきれ:2015/11/14(土) 21:10:38.97 0
王宮のコック長が誰かさんのせいで精神を病んだみたい

584 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/14(土) 21:33:40.52 0
>>583
ドロシー「お大事にして欲しいわね。せっかく美味しいごはんを作ってくれるんだもの」

レオン「して、誰のせいで病んだのだ?」

ドロシー「さぁ? きっと気苦労の多い仕事なのね」

レオン「余はドロシーかと思ったのだが」

ドロシー「まさか! 私は普通に料理作って貰っているだけよ」

レオン「それもそうであるな」

ドロシー「故郷のレシピを教えて再現を頼んだりもするけど……ちゃんと嫌がらず聞いてくれたわよ?」

レオン「そういえばドロシーは1日にどれくらい食べるのだ?」

ドロシー「ほんの5食よ。まぁ普通ね」

585 :アリス:2015/11/14(土) 21:43:47.06 0
この世界は歪んでいる…
世界の歪みはどこから来るの…

586 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/14(土) 21:59:20.97 0
>>585
廃棄くん「その世界って奴は、きっと人間が作ったものを示すんじゃねーの? だったら歪みは人間由来だな」

アリス「人が歪みを生み、世界は歪んでいく……綺麗な世界なんてないのかな」

廃棄くん「歪みもまた自然に存在するものだぜ?」

アリス「だから受け入れろってこと?」

廃棄くん「それは自由さ。でもアリスは、歪みに染まることなく育ったんだよな」

アリス「私には歪みがない……ってこと?」

廃棄くん「そうかも知れないな」

アリス「シロウサギのおかげ……なのかな?」

587 :モーナ:2015/11/14(土) 22:16:35.08 0
ヘンリックを食べなければ、カニは食べてもいいと思うようになりました

588 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/14(土) 22:23:58.03 0
>>587
ドロシー「あら、吹っ切れたのねモーナ。確かにその考えは間違っていないわ」

ジャック「問題は、ヘンリック様がそれを見て不快に思わないかどうか、ですね」

ドロシー「隠してたら大丈夫よ。それにヘンリックなら、何かを隠していることに気付いても追求はしないわ」

ジャック「非常に紳士的な対応に、私としても参考になります」

ドロシー「へぇ、ジャックも誰かから学んだりするんだ?」

ジャック「人々の行動から学ぶことは大変多いのです」

ドロシー「そういうものなのかしら?」

ジャック「お嬢様から学ぶことも多いですよ」

ドロシー「えー。私なんか参考にしてたらロクなロボットになれないわよ?」

ジャック「いいえ、お嬢様はとても参考になります」

ドロシー「……程々にしなさいよね?」

ジャック「もちろんです」

589 :名無しになりきれ:2015/11/14(土) 22:54:51.09 0
今日の晩食は何を食べた?

590 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/14(土) 23:18:55.56 0
>>589
アリス「カキフライ食べたよ」

ドロシー「いいなーカキフライ……旬でしょ? こっちには海がないからカキが獲れないのよ」

アリス「あー、そうなんだっけ?」

ドロシー「でもちゃんこ鍋を食べたからまずまず満足ね」

アリス「鍋の季節だね。具は何を入れたの?」

ドロシー「鶏の手羽元にもも肉、肉団子の三連コンボよ!」

アリス「鶏肉だらけ……」

ドロシー「ちゃんこ鍋に鶏肉は縁起が良いのよ。力士が手を付くのは負けだから、四つ足動物は好まれないなんて歴史もあるのよ」

アリス「なるほど」

ドロシー「臭みを取るのと体を温めるために、生姜をたっぷり入れるのがオススメね」

591 :名無しになりきれ:2015/11/15(日) 20:44:52.87 0
やっぱり外国語の勉強は若いときにやらんとダメなのかね?

592 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/15(日) 21:00:47.09 0
>>591
アリス「そうでもないと思うな。私の知り合いに60過ぎても英語の勉強してた人がいたし」

廃棄くん「そりゃすげーな。まぁ若いときより多少効率は落ちるだろーが、無駄じゃないってことだな」

アリス「うん。私も英語、頑張らなきゃなぁ」

廃棄くん「なんだ? もしかして英語苦手なのか?」

アリス「……うん、正直得意じゃない……」

廃棄くん「若いんだから頑張れよ? そこまで難しい訳じゃねーんだし」

アリス「難しいよ……単語帳見るだけでめまいがするもん」

廃棄くん「そりゃ苦手じゃなくて嫌いって言うんだ。まずは英語に親しむのが必要だな」

アリス「親しむ?」

廃棄くん「英語の本を読むのはどうだ? ほら、不思議の国のアリス好きだろ?」

アリス「いきなりでハードル高くない?」

廃棄くん「辞書で調べるだけだから、苦労はすれど難しくはないぜ?」

アリス「んー……じゃあ頑張ってみる」

593 :アリス:2015/11/15(日) 21:05:33.96 0
壊れるほど愛しても 1/3も伝わらない
純情な感情は空回り
I love youさえ言えないでいる My heart

594 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/15(日) 21:33:52.91 0
>>593
廃棄くん「歌を口ずさむなんて、今日は機嫌が良いんだな、アリス」

アリス「やだ、聞いてたの?」

廃棄くん「別に減るもんじゃねーんだ、良いじゃねーか」

アリス「精神的に減るんだけどな……」

廃棄くん「アリスは色々気にし過ぎなんだよ」

アリス「気にするものは仕方ないと思うけど……」

廃棄くん「いや、こういうのは気の持ちようだ。アリスも精神的に育つ必要があるんだよ」

アリス「んー、例えば?」

廃棄くん「そうだな、周りの視線を気にしないことだ。目立つことを恐れちゃダメだぜ?」

アリス「それは……いきなり難しくない?」

廃棄くん「こういうのは慣れなんだよ。歪みの国の連中を集めて、特訓でもするか?」

アリス「気持ちは嬉しいけど、そこまでして貰わなくても大丈夫。それに歪みの国の住人は顔見知りみたいなものだし」

廃棄くん「特訓にならないか。それもそうだな、アリスはアリスだけの力で頑張れよ?」

アリス「うん!」

595 :名無しになりきれ:2015/11/15(日) 21:37:15.79 0
とけいくんなら廃棄野郎を新品に出来るよ

596 :オズ:2015/11/15(日) 21:48:04.63 0
今だから言うが俺の命を犠牲にすればこの世界を救うことを出来たかもしれない

597 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/15(日) 22:03:40.49 0
>>595
アリス「とけいくん?」

廃棄くん「時間くんのことだろ? よくある間違いだな」

アリス「それ聞いたら時間くん落ち込まない?」

廃棄くん「あー、そういう性格してたな、確か」

アリス「時間くんは時間を操れる訳だから、廃棄くんを元の姿に戻せるってこと?」

廃棄くん「そうだな。でも俺がウカレウサギにつき飛ばされた事実は消える訳じゃないから、意味はないんだ」

アリス「んー、難しいんだね」

廃棄くん「お、ちょうど時間くんが来たぜ。アリスに挨拶してるな」

アリス「え? えーと、こんばんは時間くん」

廃棄くん「アリス、こっちだこっち。時間くんがへこむだろ?」

アリス「あぁごめんなさい。でも私には時間くんが見えないから」

廃棄くん「そこは気合いで乗り切れ」

>>596
ドロシー「誰かの犠牲の上に成り立つ幸せなんて、ありがたくも何ともないわ。だからそんなこと言わないで」

オズ「お、おう……済まない」

ドロシー「オズは皆の幸せを願って、この国を作ったんでしょう? だったら王様のあなたが幸せじゃなくてどうするのよ」

オズ「……それもそう、だな」

ドロシー「だから魔女も御使いもいない世界は、本当の意味で幸せな世界だと思うのよ」

オズ「お前が考えてくれた、新しい世界だよな。ありがとう」

ドロシー「礼なんて言わないでよ。私は世界の仕組みをちょっと弄っただけだし」

598 :名無しになりきれ:2015/11/15(日) 22:41:02.57 0
アホですか?

599 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/15(日) 23:01:50.30 0
>>598
ドロシー「あー、レオンのこと?」

レオン「何故なのだ!?」

ドロシー「だって、レオンそういうキャラじゃない」

レオン「なにっ!?」

ドロシー「……自覚なかったのね……」

レオン「余は聡明な王様であるぞ!」

ドロシー「……本気で言ってるの?」

レオン「当然なのだ!」

ドロシー「何から教えたら良いのかしら……」

600 :名無しになりきれ:2015/11/16(月) 05:43:03.57 0
お前はすでに死んでいる

601 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/16(月) 20:12:20.53 0
>>600
ドロシー「世紀末なんてとうに過ぎたわよ?」

ジャック「私には死という概念が存在するのでしょうか?」

ドロシー「ロボットだって意思があるなら、生きてるって名乗っても良いんじゃない?」

ジャック「私には非常用のバックアップがあります。万が一機能を停止しても、復活は可能なのです」

ドロシー「んー……ほら、ネズミの女王は何度でも生まれ変わるそうじゃない」

ジャック「エレクトラ様のことですね?」

ドロシー「うん。彼女は何度でも死んで蘇る……でも、生と死があることには変わらないでしょう?」

ジャック「そうですね」

ドロシー「ロボットだって似たようなものよ。バックアップがあろうが、死ぬときは死ぬのよ」

ジャック「はい、納得しました。私の今の状態を、生きていると解釈しても良いのですね」

ドロシー「うん、そういうこと」

602 :名無しになりきれ:2015/11/16(月) 20:19:32.36 0
待っていても始まらない!未来へ一歩踏み出して、推理と恋のカウントダウン!
コーヒーカップとケーキが語る、真犯人と悲しい事実!たった1つの真実見抜く見た目は子供、頭脳は大人。その名は?

603 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/16(月) 20:31:35.99 0
>>602
クロウ「ンー……ガレオン?」

ドロシー「ンしか合ってないわよ。ところで頭脳は大人って言うけど、高校生って大人なのかしら?」

クロウ「コウゴウセイ?」

ドロシー「いや、植物じゃないんだから光合成してどうするのよ。えっとね、16から18の学生のことよ」

クロウ「ビミョウだネ?」

ドロシー「そう、微妙なのよね。大人と子供の、ちょうど中間という感じなのよ」

クロウ「ドロシーはいくつなノ?」

ドロシー「ん? 18よ?」

クロウ「なら18は大人だネ!」

ドロシー「私が大人っぽいってこと?」

クロウ「オトナならいっぱい食べるからネ」

ドロシー「そんな大食いみたいに言わないで!」

604 :名無しになりきれ:2015/11/16(月) 21:19:04.43 0
ドロシーはAVをレンタルしたことあるのか!

605 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/16(月) 21:31:04.74 0
>>604
ドロシー「アニマルビデオは……ないわね。動物は好きだけど、借りて観る必要はないもの」

レオン「ドロシーはどんな動物が好きなのだ?」

ドロシー「やっぱり犬ね。トトを飼ってるくらいなんだから当然でしょう?」

レオン「ネコ科はどうなのだ? ほら、ライオンとか」

ドロシー「猫、嫌いじゃないけど……やっぱり犬には劣るわね」

レオン「むぅ……」

ドロシー「はいはい、レオンのことはもちろん好きよ?」

レオン「そうか! ふむ、やっぱりライオンは至高の存在であるな!」

606 :アリス:2015/11/16(月) 21:38:03.62 0
え?ドロシーを動物で例えると?
うーん…オランウータン…かな?

607 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/16(月) 21:50:25.43 0
>>606
ドロシー「えっ!? どうしてオランウータンなのよ!?」

アリス「可愛いよ? オランウータン」

ドロシー「すごく微妙なんだけど……」

アリス「えーと、じゃあワオキツネザルは? とっても可愛いよ?」

ドロシー「えー……」

アリス「じゃあボリビアリスザル! すごく可愛いんだから」

ドロシー「どうしてもサルから離れないのね……」

アリス「次の干支だし、可愛いと思うんだけどな……」

ドロシー「アリスってそんなにサルが好きなの?」

アリス「ううん、普通にウサギやネコが好き」

ドロシー「私をウサギやネコに例えてはくれないのね」

608 :アリス:2015/11/16(月) 21:57:14.90 0
冬の街の光ってなんか暖かいよね

609 :名無しになりきれ:2015/11/16(月) 22:00:46.90 0
クリスマスキャロルが流れる頃には〜

610 :名無しになりきれ:2015/11/16(月) 22:13:58.65 0
オズ歩のアニメ化はまだか!

611 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/16(月) 22:21:05.57 0
>>608
廃棄くん「そうか? 街路樹も枯れて寒々してるし、あまり暖かそうには見えないけどな」

アリス「廃棄くんには感性が足りないのよ、きっと。そろそろイルミネーションも始まるよね」

廃棄くん「青色のイルミネーションが流行ってから、なんだか暖かみがなくなったよな」

アリス「あー、確かにそうかも。オレンジの光のほうが暖かそうだよね。でも、青色も綺麗じゃない?」

廃棄くん「まぁその辺は好みだよな」

アリス「いつだったかな、私東京の有名なイルミネーションを観に行ったことがあるの、雪乃と一緒に。アーチが綺麗だったなぁ」

廃棄くん「そういうのは恋人と観に行くものだろ?」

アリス「いないから仕方ないでしょ! まぁ、次行くなら恋人と一緒が……」

廃棄くん「悪い男に引っかかるなよ?」

アリス「多分大丈夫!」

廃棄くん「……本当か?」

>>609
ドロシー「クリスマスかぁ、ハロウィン終わったらすぐにクリスマスの準備をしてるのよね」

ジャック「こちらにはクリスマスを祝う習慣はありません」

ドロシー「あぁ、クリスマスって生誕祭なんだっけ?」

ジャック「一般にはそう言われております。諸説あるのが現状ですが」

ドロシー「まぁ、どうせ年明けを祝うならクリスマスなんて必要ないわよね」

ジャック「必要でしたらこちらでも導入致しますが」

ドロシー「良いのよ、どうせ家族も恋人もいないんだし」

ジャック「私たちでは、お嬢様の家族にはなれませんか? 少なくとも私たちはそのつもりでおりましたが」

ドロシー「……迷惑、じゃない?」

ジャック「もちろんです」

ドロシー「じゃあ、それも良いわね」

612 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/16(月) 22:31:19.23 0
>>610
ドロシー「オズ歩はかなりの長編だから、アニメ化は難しいんじゃないかしら?」

レオン「話が削られるのは嫌な感じだな」

ドロシー「そうね、私としてはゲームだけで十分だと思うわ。書籍化はアリだけど」

レオン「歪アリに続いて、という訳か?」

ドロシー「うん。それに今度、ナイトメアプロジェクトの公式ガイドブックが出版されるのよ」

レオン「おぉ、それは楽しみであるな!」

ドロシー「アニメイトで購入特典があるらしいかは、買うならアニメイトがオススメね」

レオン「早速買いに行くぞ!」

ドロシー「まだ気が早いわよ、販売は月末頃らしいわよ?」

レオン「むぅ、早く欲しいのだ……」

613 :オズ:2015/11/16(月) 22:49:13.25 0
ドロシーがこちらの言葉を話せるのは、こんにゃくを食べさせたからだ
そのこんにゃくは未来のたぬきロボットに貰った

614 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/16(月) 23:19:04.16 0
>>613
ドロシー「オズ、私のことからかってるでしょ? 青たぬきとかいる訳ないじゃない」

オズ「はっはっはっ、さてどうかな? 世界は無限に存在するからな」

ドロシー「ふーん、そう。青たぬきのいる世界もあるって言いたいの?」

オズ「いるかも知れないし、いないかも知れないな」

ドロシー「どうせ魔法を使ったか、たまたま言葉が同じだけでしょ?」

オズ「そんな便利な魔法があったり、都合良く言葉が同じだと?」

ドロシー「こんにゃくよりは魔法の方が信憑性があるわよ」

オズ「ドロシーはいつだって強情だな」

615 :名無しになりきれ:2015/11/17(火) 17:40:44.00 0
クラスメート「葛木さん、一緒にお弁当食べよ」
アリス「あ、あぅ…ごめんなさい、今日は(も)一人で食べたいの…」
クラスメート「あ、そうなんだ、誘ってごめんね」

616 :名無しになりきれ:2015/11/17(火) 18:35:41.56 0
うまい棒チョコ味うまうま

617 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/17(火) 19:51:38.05 0
>>615
廃棄くん「どうしてシュミレートなのに断るんだよっ!?」

アリス「えっと、つい緊張しちゃって」

廃棄くん「この「お昼休みに友達を作ろうシュミレーション」何回目だと思ってんだ?」

アリス「うん……付き合わせてごめん」

廃棄くん「別にそれは良いんだけどよ、アリスは色々考え過ぎなんだよ。もっと気楽で良いんじゃねーか?」

アリス「そうだよね……頑張る!」

廃棄くん「じゃあ次から、自分からお昼を誘うバージョンで行くぞ?」

アリス「そ、それは早くない?」

廃棄くん「いや、こっちが本命だろ? やらなくてどうすんだよ?」

アリス「……頑張る……」

>>616
ドロシー「うまい棒の甘いのって、あまり食べないのよね。それにチョコは小さいからお得感ないし」

向こうの駄菓子でございますか、なんとも不思議な感じですわね。
これだけ安くて美味しいなら、きっとたくさん出回るのでしょうね。

ドロシー「まぁ駄菓子の代表格とも言えるわね。味も悪くないわ」

その割にドロシー様はチョコ味を批判しているご様子ですが?

ドロシー「別に嫌っている訳じゃないのよ? 人気とかコスパとか、そういう話」

なるほど、グローバルに評価なさっているのですね。

ドロシー「そういえばチョコ味は夏は販売しないらしいわ。熱で溶けるものね」

618 :名無しになりきれ:2015/11/17(火) 20:18:47.44 0
ドロシー「みんな、お弁当一緒に食べよ」
クラスメートA「やだよ、ドロシーと食べるとおかず無くなっちゃうもん」
クラスメートB「そうそう」
クラスメートA「ドロシーは一人で食べて!」

619 :名無しになりきれ:2015/11/17(火) 20:35:55.80 0
爆笑問題の太田は高校時代に友達一人もいなかったけど、今では芸人になって色々な人と交友して友達も多いみたいだ
アリスも芸人になれば、友達できるんじゃないか?
ツッコミの才能もあるみたいだし、意外に芸人向いてるかもよ

620 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/17(火) 20:55:23.81 0
>>618
レオン「人の食い物を横取りするのはよくないぞ、ドロシーよ」

ドロシー「してないわよ! これは風評被害だわ」

レオン「でもドロシーは他人がものを食べてるのを見ると「美味しそう」って近付いて横取りするではないか」

ドロシー「横取りじゃないわよ、善意で頂いてるの」

レオン「あんなによだれ垂らして見られたら、分け与えるのも仕方ないと思うのだが」

ドロシー「よだれなんて垂らしてないわよ!」

レオン「とにかく横取りはダメだと思うぞ」

ドロシー「だから違うってば……」

>>619
アリス「そこまでして友達が欲しい訳じゃないんだけど……って言うか芸人とか無理!」

廃棄くん「いや、アリスには才能があると思うぞ?」

アリス「絶対無理! 私に出来るような才能とかないし、人見知りだし……」

廃棄くん「いいからちょっとやってみ? ほら、チェシャ猫も手伝え」

アリス「……ちょっとだけだからね? はいどうもー! 私がアリスです!」

チェシャ猫「生首だよ」

アリス「胴体置いて来ちゃダメでしょ! ってか名前を言いなさい!」

チェシャ猫「チェシャ猫だよー」

アリス「床を転がらない! サッカーボールにでもしちゃうよ?」

チェシャ猫「アリスになら蹴られても良いよ」

アリス「気持ち悪いわ!」

廃棄くん「ふむ、出来るじゃねーかアリス」

アリス「恥ずかしいから見ないで……」

621 :名無しになりきれ:2015/11/17(火) 21:06:48.49 0
       / ̄ ̄ ̄ ̄\
      /;;::       ::;ヽ
      |;;:: ィ●ァ  ィ●ァ::;;|
      |;;::        ::;;|
      |;;::   c{ っ  ::;;|   クソワロタ(真顔)
       |;;::  __  ::;;;|
       ヽ;;::  ー  ::;;/
        \;;::  ::;;/
          |;;::  ::;;|
          |;;::  ::;;|
   / ̄ ̄ ̄      ̄ ̄ ̄\
   |;;::              ::;;|
   |;;::              ::;;|
それは しょうゆ です

AAの画像をダウンロード

622 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/17(火) 21:23:17.36 0
>>621
廃棄くん「笑われてるぞ、良かったなアリス」

アリス「アレのどこが笑ってるっての!?」

廃棄くん「リアクションがあるだけ儲けもんじゃねーか」

アリス「マイナス評価だけ貰ってもね……」

廃棄くん「じゃあ、客を真似てAAで盛り上げるってのはどうだ?」

アリス「マイナー作品だからAAなんてほとんどないよ! チェシャ猫はあるのに私のはないしね!」

廃棄くん「仕方ねーだろ、顔見せてねーんだし」

アリス「一から修行してAA作るのも大変だし……やっぱり無理!」

廃棄くん「諦めるな! やれば出来るだろ?」

アリス「じゃあ廃棄くんがやってみせてよ?」

廃棄くん「俺? 俺は……これから食われなきゃいけないから無理」

アリス「逃げた!?」

623 :芸能プロダクションのスカウト:2015/11/17(火) 21:42:30.22 0
芸能人になれば毎日美味しいもの食べられるよ?

624 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/17(火) 21:53:45.97 0
>>623
ドロシー「美味しいもの!?」

アリス「いやドロシー、そこ食い付いたらヒロインとしてどうかと思うよ?」

ドロシー「だって美味しいものよ? 気になるじゃない」

アリス「忘れてるかも知れないけど、ドロシーは最高級の王宮のごはん食べてるじゃないの」

ドロシー「あ、それもそうね。ごめんなさい、アイドルなんかに興味ないわ。代わりにアリスはどう?」

アリス「何故に私を推すのよ!?」

ドロシー「だってアリスは可愛いもの。ぴったりじゃない?」

アリス「無理無理、絶対無理!」

ドロシー「どうして?」

アリス「だって人前で愛想振りまくのよ? 私には絶対無理だもん」

ドロシー「ふーん、もったいない」

625 :アリス:2015/11/17(火) 22:05:07.31 0
ヒャハッー!カビパンはゴミ箱にポイだぜ〜!

626 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/17(火) 22:16:42.04 0
>>625
アリス「冗談だからね? 怯えなくて良いからね!?」

廃棄くん「お、おう。ビビってなんかねーぜ?」

チェシャ猫「腰が引けてるよ?」

廃棄くん「うるせー! ちょっとびっくりしただけだよ!」

アリス「私が廃棄くんを捨てる訳ないじゃない」

廃棄くん「お、おう」

アリス「廃棄くんがいなかったら、ツッコミしてくれる人がいなくなるでしょ」

廃棄くん「そこはアリスが頑張れよ!」

アリス「えー、やだ。手に負えないもん」

627 :名無しになりきれ:2015/11/17(火) 22:42:33.42 0
積水ハウスのCMの歌は好き?

628 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/17(火) 22:54:20.02 0
>>627
ドロシー「そんなこと言われても、CMソングなんて真面目に聞いてないから覚えてないわよ」

見事に全否定されましたわね。
忘れたなら探して聴くことも出来たでしょうに。

ドロシー「そこまでする義理なんてないわよ。まぁ、おぼろげには覚えてるんだけど」

要するに自信がない訳ですわね。まぁこちらに来て長いですし、覚えてないのも仕方ないですわ。

ドロシー「私の場合、元からあまりテレビを集中して観ないのよね。テレビはほとんどBGMって感じ」

そういえばオズ大王が仰ったそうですが、この国にもテレビの国営放送を導入したいのだとか。
まずはエメラルドの都から、なるべく早く導入するそうですわ。

ドロシー「良いことじゃない? でもテレビが普及するのはそれなりに掛かりそうね」

はい、懸念はそこでして……で、新聞広告にドロシー様がテレビを勧める様子を描くのはどうかと。

ドロシー「絶対嫌。オズも何考えてるのよ!」

あの、どちらへ?

ドロシー「ちょっとオズしばいて来るわ」

629 :名無しになりきれ:2015/11/18(水) 16:25:08.31 0
水虫の救世主とは貴様か?

630 :雪だるま:2015/11/18(水) 18:37:04.74 0
僕の顔を見たらダーリンも僕のことを嫌いになるよ

631 :名無しになりきれ:2015/11/18(水) 19:32:46.31 0
阿部さん「よかったのかい、ほいほいついて来て?俺は動物でもかまわないで食っちまう人間なんだぜ?」

レオン「うぬぅ…言っている意味がよくわからぬが、お主と一緒に厠の中に入ればよいのだな?」








レオン「ア”ッー!」

632 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/18(水) 20:47:22.21 0
>>629
ドロシー「誰が水虫よ!? ちゃんと清潔にしてるわよ」

ドロシー様、ご安心くださいませ。水虫は治癒出来る病ですわ。

ドロシー「だから違うってば。それに魔法の靴で水虫になる訳ないじゃない」

その考えはいかがなものかと思いますが……とりあえず罹患していないのでしたら安心ですわ。
水虫はバスマットなどから伝染するらしいですので、その辺りは徹底して管理致しますわね。

ドロシー「水虫は罹りたくない病気よね。動物からの感染もあるって聞いたっけ……とりあえずレオンを消毒しましょうか?」

かしこまりましたわ。レオン様が罹患していないかのチェックと、念のための徹底洗浄を致しましょう。

レオン「余をどうすると言うのだ!?」

>>630
ドロシー「それはどうかしら? 世の中見てみないとわからないこともあるわよ?」

雪だるま「でも、僕は醜いから……」

ドロシー「例え醜くとも、あなたには素敵な才能があるじゃない。それは素晴らしいことよ?」

雪だるま「だけど……」

ドロシー「ちょっと変な顔だからって何よ? この世界にはよっぽど変な生き物が普通に暮らしているでしょう?」

雪だるま「ダーリン……」

ドロシー「だからダーリン言わない」

>>631
ドロシー「レオンはどこ行ったの?」

ジャック「お客様に伴われてトイレに行った様子ですが……」

ドロシー「お客さんと? 変なの」

ジャック「私にも行動の意図は不明です」

ドロシー「女の子同士ならまだ分かるけど……ほら、トイレで長話したりもするし」

ジャック「何故トイレなのですか?」

ドロシー「え……何故かしら? 習慣というか、落ち着くのよね」

ジャック「トイレに社交的な意味合いがあるのでしょうか?」

ドロシー「んー……考えたこともなかったわ。でも、こっちの世界でもそういうの見かけるわよ?」

ジャック「情報を収集する必要があります」

633 :名無しになりきれ:2015/11/18(水) 21:07:13.38 0
最高何日同じパンツをはいていても平気?

634 :クロウ:2015/11/18(水) 21:20:48.38 0
ドロシー、僕以外のマクラで寝たらダメだヨ?
絶対だヨ?

635 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/18(水) 22:00:51.37 0
>>633
ドロシー「当然毎日履き替えたいけど……そうね、三日が限界かしら?」

ジャック「下着を洗うことの出来ない西砂地方等での持ち物に、お嬢様は相当量の下着を所望されました。旅行日程から換算して、妥当な数だと思われます」

ドロシー「だって、毎日替えなきゃ気持ち悪いでしょう? 他人がどうとかじゃなくて、自分が嫌なの」

ジャック「衣類は嵩張るため、出来るだけ所持数は減らしたいのですが」

ドロシー「無理、絶対無理! 女の子が下着を替えられないとか、死ぬより残酷よ?」

ジャック「それは失礼致しました。荷物の再調整を行います」

ドロシー「ジャックは概ね気が利くけど、肝心なところが抜けてるのよね」

ジャック「はい、今後の課題として情報収集に努めます」

>>634
ドロシー「ねぇクロウ、前々から気になっていたのだけど……どうして私の枕にこだわるの?」

クロウ「ドロシーを守るためだヨ!」

ドロシー「守る?」

クロウ「僕のマクラじゃないとドロシー、悪い夢に捕まっちゃうからネ」

ドロシー「まぁ、クロウの枕で悪夢を見たことは確かにないのよね」

クロウ「それにネ、お腹の上にドロシーの脳ミソがあると思うと嬉しくなるんだヨ」

ドロシー「それはちょっと……言っておくけど、私の脳ミソは死んでも譲らないからね?」

クロウ「エー……」

636 :名無しになりきれ:2015/11/18(水) 22:29:31.24 0
ジャック?
ジャックと豆の木のジャック?

637 :アリス:2015/11/18(水) 22:53:31.13 0
生きてるって何だろう…

638 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/18(水) 23:06:24.82 0
>>636
ドロシー「ジャックって名前は確か……そう、ジャックの前の持ち主さんが与えた名前なのよ。死んだ息子の名前だそうよ?」

ジャック「はい、私はおとうさんに、その息子ジャックの代わりとして貰われました」

ドロシー「はしばみ色の髪の好青年だったわね」

ジャック「その通りです。ちなみにはしばみ色とは、ヘーゼルナッツの表皮の色に由来します。カーキ色にも近いですね」

ドロシー「ヘーゼルナッツ……美味しいわよね……」

ジャック「必要でしたら持って来させますが?」

ドロシー「そこまで食いしん坊じゃないわよ!」

ジャック「お嬢様は食べ物の話に敏感ですから」

ドロシー「そう?」

ジャック「先日ヘンリック様とお話された際も「カニ食べたい」と呟いておいででした」

ドロシー「もう、ジャックの地獄耳!」

>>637
チェシャ猫「死んでいないことさ」

廃棄くん「まぁ、そうだな。パンだって生きてるんだぜ?」

チェシャ猫「アリスは生きてる。話もするし食事もする。それで良いんじゃないかな?」

廃棄くん「死体は面倒だからって、ろくに動いたりもしないからな」

チェシャ猫「動かないアリスも良いけどね」

廃棄くん「んー……動かないより動いた方が楽しいんじゃねーか? ほら、ツッコミも欲しいし」

チェシャ猫「なるほど」

639 :名無しになりきれ:2015/11/19(木) 01:35:40.30 0
ドロシー…この少女の性格は残忍で非情で利己的で…
まるでかわききったさばくだ!
草一本生えてないっ

640 :シロウサギ:2015/11/19(木) 14:17:24.62 0
おっぱい… おっぱい… おっぱい…
柔らかいおっぱい揉たい♪

641 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/19(木) 21:02:25.74 0
>>639
ドロシー「どういう評価よそれ!? どこかのボクサーじゃあるまいし、そんな性格してないわよ!」

ジャック「はい、お嬢様はお優しい方です。ひとつ難点を挙げるなら、他人のために無理をしてしまう点でしょうか」

ドロシー「人のため……違うわよ、私は好きで動いてるだけ。それがたまたま人のためになってるだけだわ」

ジャック「そうでしょうか? まぁ、そう言ってしまうのもお嬢様らしいと思われます」

ドロシー「ジャックだって私たちのために頑張ってくれるじゃない」

ジャック「私の行動指針は、全てお嬢様のためという目的に沿って形作られています。お嬢様の周りの方にとっての利となる行動もまた、お嬢様のためなのです」

ドロシー「ジャックはぶれないわね……どうせなら自分のために動けばいいのに」

ジャック「私の喜びは全てお嬢様の喜びと言って問題ないものです」

ドロシー「本当にぶれないわね……」

>>640
アリス「シロウサギはそんな歌を歌ったりしないから! 腕とか足とか歌ってたけれど」

廃棄くん「シロウサギって雄雌どっちなんだ?」

アリス「雪乃になってたくらいだから女の子だと思ったけど……本当の姿はワイシャツにスラックスなんだよね?」

廃棄くん「まぁ俺たちにとっては性別は些細な問題だからな……どっちでも良いんじゃねーか?」

アリス「どっちでもさっきの歌は違和感ないってこと?」

廃棄くん「そうだな、問題ないだろ。俺にはよくわかんねー願望だけど」

アリス「雪乃の姿なら胸なんても揉み放題だと思うけどなぁ……」

廃棄くん「自分と他人ではまた違ってくるだろ」

アリス「そう? 私にはよく分かんないなぁ」

642 :アリス:2015/11/19(木) 21:18:23.94 0
はぁ…

643 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/19(木) 21:25:26.17 0
>>642
廃棄くん「どうかしたか、アリス?」

アリス「いや、あと一月もしたらクリスマスだなぁって思って」

廃棄くん「それの何が問題なんだ?」

アリス「街にカップルが溢れかえるのがね……」

廃棄くん「おいおい、まさか嫉妬か?」

アリス「いや、単にウザいの。クリスマス消滅しないかな」

廃棄くん「アリスも今から彼氏でも作って、一緒に楽しんだらどうだ?」

アリス「いや、無理……彼氏とか別に……」

廃棄くん「アリスはモテると思うけどなぁ」

アリス「その分女子に嫌われるんだよね……」

644 :名無しになりきれ:2015/11/19(木) 22:03:28.63 0
クラスメート「葛木さん、放課後一緒に遊ばない?」

645 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/19(木) 22:23:33.50 0
>>644
廃棄くん「良かったな、チャンスじゃねーか」

アリス「でも……」

廃棄くん「ん? 何か問題でもあるのか?」

アリス「あの子、あんまり可愛くない」

廃棄くん「おい!?」

アリス「どうせ友達にするなら可愛い子が良いじゃない!」

廃棄くん「アリスは馬鹿なのか!? んな基準で友達選ぶなよ!」

アリス「えー」

廃棄くん「とりあえず誘われたんだから遊びに行け! んでメアドのひとつでも持って帰って来い!」

アリス「……分かった、あまり気は進まないけど……」

646 :名無しになりきれ:2015/11/19(木) 22:28:32.66 0
アリス最低
そんなんだからぼっちなんだ

647 :名無しになりきれ:2015/11/19(木) 22:54:45.66 0
ピカチュウとレオンとコロッケ
この中から好きなのをあなたにあげます
選んで下さい

648 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/19(木) 23:02:52.72 0
>>646
アリス「ぼっちじゃないもん、皆がいるもん……」

廃棄くん「言わんこっちゃない」

チェシャ猫「そうだね、アリスには僕らがいるさ」

廃棄くん「チェシャ猫も甘やかすなよ?」

チェシャ猫「甘やかす?」

廃棄くん「自覚ないのかよ……」

アリス「やっぱり友達欲しい! どうしよう?」

廃棄くん「あのな……ったく。まずは自分から話しかけたらどうだ?」

アリス「……ハードル、高くない?」

廃棄くん「十分低いだろ! 少しは根性見せろよ」

アリス「……頑張る」

>>647
ドロシー「じゃあコロッケで」

レオン「何故だ!?」

ドロシー「だってレオンはピカチュウみたいに可愛くないし、コロッケのように美味しい訳でもないじゃない」

レオン「だが余には王の貫禄があるぞ!?」

ドロシー「……ふーん」

レオン「反応なし!?」

ドロシー「小さい頃のレオンはまだ可愛げがあったけど、大きくなるにつれて扱いが面倒になったのよね……」

レオン「……余がこんな黄色いネズミや、ましてや食い物以下だなんて……」

ドロシー「はぁ、そのくらいで落ち込んでたら王様になんかなれないわよ?」

レオン「む……王様……?」

ドロシー「そうよ、もっと自分を磨いて、立派な王様になるんでしょ?」

レオン「そ、そうだな! ドロシーが驚くような立派な王様になってみせるぞ!」

649 :ネズミ?:2015/11/19(木) 23:05:35.07 0
「王様?ハハッ」

650 :名無しになりきれ:2015/11/19(木) 23:10:41.09 0
この橋はな、人呼んでなみだ橋という
いわく…人生にやぶれ生活につかれはててドヤ街に流れてきた人間たちがなみだでわたるかなしい橋だからよ
三年ほど前のわしもそうだった
おめえもそのひとりだったはずだ…
だが、こんどはわしとおまえでこのなみだ橋を逆にわたり 
あしたの栄光めざして第一歩をふみだしたいと思う
わかるかわしのいうてる意味が…
ああ?わしのいうてる意味がわかるかよアリス!

651 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/19(木) 23:23:00.05 0
>>649
ドロシー「いや、ネズミはネズミでもそのネズミはまずいから!」

レオン「ネズミ!?」

ドロシー「相変わらずそこに食いつくのね……」

レオン「ネズミを見るとウズウズするのだ。……だが、そのネズミはなんだ? ネズミなのか?」

ドロシー「まぁ初見でネズミに見えやしないわよね」

レオン「ネズミと言えば、いたではないか。茶色くてチョロチョロした……」

ドロシー「アルのこと?」

レオン「うむ、奴ならば良いのではないか?」

ドロシー「これ以上ネズミが増えても混乱するだけよ」

>>650
アリス「ごめんなさい、全く分からないわ」

廃棄くん「直球だな」

アリス「橋なんて橋以上の意味なんてないでしょ?」

廃棄くん「まぁ、そうだが……」

アリス「海を歩いて渡れるチェシャ猫がいれば、橋は不要なのかも」

チェシャ猫「渡れないのはアリスだけだよ」

アリス「何それ!?」

廃棄くん「だって、濡れるだろ?」

アリス「パンが濡れたら致命傷ね。って、そういう問題!?」

廃棄くん「歪みの国には歪みの国の常識があるんだよ、仕方ねーだろ?」

アリス「納得行かない……」

652 :オズ:2015/11/20(金) 13:11:44.90 0
トロッコ問題とこの世界を救う問題は似ているな

653 :名無しになりきれ:2015/11/20(金) 17:43:03.12 0
ドロシーは1日何回うんこするの?

654 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/20(金) 20:16:45.57 0
>>652
ドロシー「トロッコ問題って、あの一人を犠牲に多くを助けるか否かってアレ? 確かにオズの視線から見たら、私と世界を天秤にかけたのも同じよね……でも」

オズ「でも?」

ドロシー「オズの選んだのはどちらでもない、私が世界移動に巻き込まれるかどうかを賭けたのよね?」

オズ「確かに俺はあのとき、ドロシーが来なければそのまま帰るつもりだった。ドロシーが付いて来るかは博打だったな」

ドロシー「オズは優しいから、どちらも選べなかったのよね? 世界なんて重荷を一人で背負おうとするからよ」

オズ「俺は王様だからな、駄目なら世界と心中するつもりだったさ」

ドロシー「……オズのそういうところ、嫌い」

オズ「ふん、悪かったな」

>>653
ドロシー「死ねばいいわ、って言うか今すぐ死んで」

ジャック「お嬢様はお怒りなのですか?」

ドロシー「だって女の子にする質問じゃないでしょう!?」

ジャック「お嬢様の排便に関しては、私も気になるところではありますが」

ドロシー「ジャック!?」

ジャック「健康管理の上で、その情報は非常に有意義です」

ドロシー「あのねジャック……そんな質問は女の子にしちゃダメよ?」

ジャック「それは申し訳ありません。女性の秘密、というものですね?」

ドロシー「そう、気をつけなさいよね?」

ジャック「人間の習慣などに対する知識は、まだ収集しなければならないようです」

655 :名無しになりきれ:2015/11/20(金) 21:13:54.25 0
もういくつねると正月だな

656 :ジャック:2015/11/20(金) 21:52:24.85 0
私が人間になったときお嬢様を見て胸のあたりがドキドキしたのですが…あれは何だったのでしょう?

657 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/20(金) 22:39:38.57 0
>>655
ドロシー「気が早いお客さんね、まだ一カ月以上もあるじゃない」

クロウ「年明けは農家の人ガ、いっぱい騒いでたヨ! 楽しそうだったナ」

ドロシー「こっちの年明けは騒ぐタイプなのね」

はい、皆で新年を祝い一晩騒ぎ明かすのが習慣ですわ。

クロウ「楽しソー!」

ドロシー「クロウは賑やかなの好きだものね。美味しいご馳走とか出るのかな?」

クロウ「ドロシーはたくさん食べて楽しそうだから良いよネ?」

ドロシー「人を食べてばかりみたいに言わないで頂戴。誤解されるでしょ?」

クロウ「でもドロシーはいっぱい食べるヨ?」

ドロシー「だから違うってば!」

>>656
ドロシー「走ったりしたんじゃない? 生き物は走ると動悸がするものよ」

ジャック「そうですね、新しい体に馴染めず酷使したのでしょう」

ドロシー「無理に重いものを持ったりしなくて良かったわね。力もなくなってたんでしょ?」

ジャック「はい、身体機能の多くはマシンの体より劣るものでした」

ドロシー「リンゴを握り潰せる能力を引き継いでたらびっくりよ」

ジャック「人間でも一部の者には可能だと聞きましたが?」

ドロシー「そんなマッチョなジャックとか見たくないわ」

658 :名無しになりきれ:2015/11/20(金) 23:25:22.14 0
ドロシーはゴリラだから握力も強そう

659 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/20(金) 23:34:43.63 0
>>658
ドロシー「誰がゴリラですって!?」

レオン「お、落ち着くのだドロシー! 客人もただの冗談なのだろう? な?」

ドロシー「か弱い女の子に言う台詞じゃないわよ……全くもう!」

レオン「まぁ、ドロシーはゴリラに似てないこともないのだが……」

ドロシー「んー? 今何か言ったかしら、レオン?」

レオン「い、いや何でもないぞ! ドロシーとゴリラの間にはこれっぽっちも共通点はないぞ!?」

ドロシー「ふん……次言ったら毛皮を剃るわよ?」

レオン「ごめんなさいなのだ……」

660 :名無しになりきれ:2015/11/21(土) 17:22:13.98 0
おっぱいもみもみ

661 :名無しになりきれ:2015/11/21(土) 19:12:30.98 0
餃子は手作りに限るよな

662 :リジー:2015/11/21(土) 19:25:10.35 0
ドロシー様がかねてから食べたいと仰っていた
マウントジャンボパフェを作らせましたわ
ドロシー様、これを本当にお一人でお食べになるのですか?

663 :アリス:2015/11/21(土) 22:44:28.16 0
大都会に 私はもう一人で
投げ捨てられた 空きカンのようだ
互いのすべてを 知りつくすまでが
愛ならば いっそ 永久に眠ろうか…

世界が終わるまでは 離れる事もない
そう願ってた 幾千の夜と
戻らない時だけが 何故輝いては
やつれ切った 心までも 壊す…
はかなき想い… このTragedy Night

664 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/22(日) 20:22:07.87 0
>>660
クロウ「もむノ?」

ドロシー「騙されちゃダメよ、クロウ。それはいけないことなの」

クロウ「いけないこト? ならしないヨ」

ドロシー「ここは公共の場なんだから、節度は守って頂戴ね?」

クロウ「節度だヨ!」

ドロシー「……クロウ、分かってて言ってる?」

クロウ「分かってないヨ?」

ドロシー「クロウらしいわね。まぁ、クロウは約束は守ってくれるから安心だけど」

>>661
ドロシー「私、これでも料理とかは出来るのよ? 餃子だって作れるわ」

ジャック「ギョウザとはどのような料理ですか?」

ドロシー「小麦粉を練った皮に具を包んで、それを煮たり焼いたり揚げたりするものよ」

ジャック「なるほど、ピロシキのようなものですね」

ドロシー「餃子はないのにピロシキはあるの!?」

ジャック「何かおかしいでしょうか?」

ドロシー「ううん。ピロシキとの違いは……生地が薄くてパンっぽくないのと、一口大って所ね」

ジャック「把握しました。食べたいのであれば作らせますが」

ドロシー「んー、たまには自分で作ってみたいわ! 皮から作れる自信あるもの」

665 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/22(日) 20:22:46.20 0
>>662
ドロシー「イケるイケる、全然OKよ!」

ドロシー様の食欲には、時々驚かされますわ。
しかしもう寒くなったのに、冷たいものを大量に食べて大丈夫なのでしょうか?

ドロシー「そうね……なら紅茶でも一緒なら大丈夫ね」

本当に底なしですわね……。分かりましたわ、すぐにご用意致します。

ドロシー「これでもご町内の大食いメニューは食べ尽くした経験があるのよ? このくらい楽勝だわ!」

まぁ程々になさいませ。暴食は体に障りますから。

ドロシー「しかしこれ……本当に美味しいわね、何杯でもイケそう!」

いや、さすがにそれはどうかと思いますわよ?

>>663
アリス「私歌ったりしないから! 捏造しないで!」

廃棄くん「別に歌っても良いんじゃねーの? 少なくとも俺は気にしねーぞ?」

チェシャ猫「気にしないよ、アリス」

アリス「私が気にするの! 選曲もなんだか古臭いし」

廃棄くん「まぁ、ゲームが出来てから結構な年数が経ってるからな」

アリス「にしたって古過ぎるってば!」

廃棄くん「ゲームが出来たのってどれくらい前だ?」

アリス「2006年頃かな」

廃棄くん「さっきの曲は?」

アリス「1994年」

廃棄くん「……まぁ、誤差だ誤差!」

アリス「誤差じゃ済まないって!」

666 :名無しになりきれ:2015/11/22(日) 20:33:42.88 0
名曲に古いって言葉は禁句だぜ?

667 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/22(日) 20:43:52.62 0
>>666
アリス「古いものは古いんだから仕方ないと思うけど」

廃棄くん「名曲は人の記憶の中では色褪せないものだぜ?」

アリス「それを知らない世代もいるってことも覚えといて欲しいな」

廃棄くん「歪アリ発売当初は、当時の女子高生の間で流行ったんだぜ?」

アリス「今は立派な社会人や母親かな?」

廃棄くん「まぁ、歪アリもまた色褪せない作品ってことだろ」

アリス「今度HD版が出るって聞いたよ? しかも無料で」

廃棄くん「新しいファンが増えるな」

アリス「公式ガイドブック発売まであと4日だしね!」

廃棄くん「ファンなら買えよ?」

668 :アリス:2015/11/22(日) 20:50:29.25 0
夢じゃないあれもこれも
その手でドアを開けましょう
祝福が欲しいのなら
悲しみを知り独りで泣きましょう
そして輝くウルトラソウル!!

669 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/22(日) 21:14:21.87 0
>>668
アリス「だからどうして古い曲ばかり私に押し付けるの!?」

廃棄くん「いいんじゃね? 別に減るもんでもなし」

アリス「私の精神がすり減るの!」

廃棄くん「ケチくさいこと言うなよ」

アリス「……納得行かない……」

廃棄くん「まぁ、さっきのよりは新しい曲だしさ」

アリス「14年前は十分古い曲だってば」

廃棄くん「名曲は色褪せないって言ったろ?」

670 :名無しになりきれ:2015/11/22(日) 21:22:02.58 0
レオンが高級な置き時計を壊した

671 :廃棄くん:2015/11/22(日) 21:31:26.37 0
大人の階段のぼる
アリスはまだシンデレラさ
しあわせは誰かがきっと
運んでくれると信じてるね
少女だったといつの日か想う時がくるのさ

672 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/22(日) 22:00:47.64 0
>>670
ドロシー「レーオーンー!?」

レオン「し、仕方なかったのだ! ちょっと棚に登ろうとしたら足が……」

ドロシー「どうして棚に登る必要があったのよ!?」

レオン「うむ……ごめんなさい」

まぁ、気にせずともよろしいのですわ。
物が壊れるのは仕方のないこと、代わりの時計などいくらでもありますし。

ドロシー「いや、弁償させて! レオンが悪いんだもの、私たちが働いて返すわ」

しかし……あの時計は金貨30枚の価値ですのよ?

ドロシー「え、3枚じゃなくて30枚!? どれだけ働けばいいの……」

まぁ、そういうことなのでお気になさらず。
それにレオン様が部屋の調度品などを壊したのは、これが初めてではありませんし。

ドロシー「…………レオン?」

レオン「ひぃっ!?」

>>671
廃棄くん「どうだ?」

アリス「どうだって、いきなり歌われても……」

廃棄くん「ちょっと古いが、悪くない曲だろ? 歌詞もアレンジしたんだぜ?」

アリス「古いって、どれだけ古いの?」

廃棄くん「えーと……30年、くらいか?」

アリス「道理で知らないと思った。今までの曲もよく知らないけど」

廃棄くん「でも良い曲だろ?」

アリス「んー、よく分かんない。あー、古いメロディーだなとは思ったけど」

廃棄くん「だから名曲は……」

アリス「それはもう良いってば」

673 :名無しになりきれ:2015/11/22(日) 22:12:57.96 0
>>667
今は立派なマダオですが何か?

674 :名無しになりきれ:2015/11/22(日) 22:25:29.80 0
オズは女神様にフラれたことがあるみたい

675 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/22(日) 22:37:53.01 0
>>673
アリス「マダオって何だっけ?」

廃棄くん「まるでダメなおっさん、の略だな」

アリス「あー、それよそれ。って、マダオになっちゃダメでしょ!」

廃棄くん「なっちまったもんは仕方ねーんじゃね?」

アリス「いいえ、今からでも改善出来るはず!」

廃棄くん「そうか? まぁ、アリスの好きにすればいいけどよ」

アリス「まずは定職に就いてるかどうか、ね。どうなの?」

廃棄くん「……答え、待つのか?」

アリス「……それも面倒よね。まぁ、仮に働いてないとする!」

廃棄くん「いい加減だな。で、どうすんだ?」

アリス「職に就こう、以上!」

廃棄くん「本当にいい加減だなっ!?」

>>674
オズ「頼むからそういうデマを吹聴しないでくれ、頼むから」

ドロシー「オズ、女神にフラれたって本当!?」

オズ「ほら、言わんこっちゃない」

ドロシー「どうなのオズ? ねぇ!?」

オズ「でまかせだ! そんな事実は微塵もない!」

ドロシー「ふーん……でも、女神って美人だし、ちょっとは良いかなって思ったりしたんでしょ?」

オズ「ないない、ただの腐れ縁だ」

ドロシー「……つまらないわね、オズも色恋のひとつくらいないの?」

オズ「退屈しのぎに訊こうとする奴に教えるかよ」

ドロシー「えー」

676 :名無しになりきれ:2015/11/22(日) 22:55:11.45 0
トトがうんこするところ見たことある?

677 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/22(日) 23:13:59.34 0
>>676
ドロシー「そりゃあるわよ、飼い主だもの……あ、トトってオズなんだっけ」

オズ「今更だな。とりあえずその話はやめてくれ、犬のときは羞恥心が働かないんだよ」

ドロシー「まぁ、まともな精神じゃ犬のふりなんて続けられないわよね……」

オズ「今更ドン引きするなって! 言ったろ? 犬の姿は何かと都合がいいんだ」

ドロシー「羞恥心を捨ててまで犬で居たかったのね……」

オズ「そんな目で俺を見るなって!」

ドロシー「大丈夫、分かってるわよ。オズにもオズなりの事情があったのよね? そういう性癖とか」

オズ「何も分かってないだろ!?」

678 :名無しになりきれ:2015/11/23(月) 05:23:28.09 0
ドロシーの寝顔はブサイク

679 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/23(月) 20:03:04.33 0
>>678
ドロシー「ちょっ、人の寝顔見たの!? 確かに今日は居間で少しだけうたた寝しちゃったけど」

クロウ「ドロシーの寝顔は可愛いヨ?」

ドロシー「クロウは見慣れてるでしょ? そう言えば今日うたた寝した時も、いつの間にか枕になってたわよね」

クロウ「ドロシーを悪夢から守るためだヨ」

ドロシー「そこまでしなくていいわよ」

クロウ「それにドロシーの脳ミソの近くに居たいしネ!」

ドロシー「……あげないわよ?」

クロウ「ダメなノ?」

ドロシー「人間……生き物は脳がないと死んじゃうのよ!」

クロウ「ンー、ドロシーが死んじゃうのは困るナ」

ドロシー「クロウは脳がなくても頭は悪くないんだから、いっぱい勉強したら賢くなるわよ」

クロウ「そうかナ!?」

ドロシー「ええ、だからとりあえず寝てるときに私の頭を撫でるのは控えて頂戴」

680 :名無しになりきれ:2015/11/23(月) 20:36:41.71 0
女神もドロシーみたいにたいして美人じゃないんだろうね

681 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/23(月) 20:50:47.89 0
>>680
ドロシー「王宮の表の像は見なかったの? アレを見たら分かるとおり、女神ってすごい美人なのよ。まぁ、私は平々凡々だけど」

私は直接お目にかかった訳ではありませんけども、像の女神様は大変美しゅうございますね。
この世のものではない、とでも申しましょうか。まさに女神と呼ぶにふさわしいでしょう。

ドロシー「不思議なんだけど、皆は私と女神が似てるって言うのよね。金髪しか共通項がないと思うのだけど」

そうですわね……雰囲気、とでも申しましょうか。ドロシー様には女神様のような大らかな雰囲気が似通っているのですよ。
ドロシー様も女神の血を引いているのですもの、似ていても不思議ではありませんわ。

ドロシー「そういうもの、なのかなぁ? さすがに盛り過ぎじゃない?」

いいえ、私は思ったままを口にしたまでですわ。
それともドロシー様は、女神様に似ていることに不満でもお有りで?

ドロシー「いや、不満はないわよ。ちょっと気恥ずかしいだけで」

あら、照れておいでなのですか?
皆様の評価なのですから、素直に受け取ってよろしいのではないですか。

682 :時間くん:2015/11/23(月) 21:36:35.74 0
(アリスさん安心してください。はいてますよ)

683 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/23(月) 21:52:52.38 0
>>682
チェシャ猫「アリス、時間くんが来てるよ」

アリス「え……そう、来ちゃったんだ……」

チェシャ猫「今の反応で時間くんが落ち込んだよ」

アリス「え、あ……ありがとう時間くん! よく来てくれたわ」

チェシャ猫「どうせ歓迎なんてしてないんでしょ? 死にたい……だって」

アリス「いや、死ぬのはどうかと思うな。時間くんがいなくなったら困る人もたくさんいるんだし!」

チェシャ猫「どうせならアリスの手にかかって死にたい、最期のお願い……だって」

アリス「えー……。ほら、時間くん大歓迎よ? せっかくだしお茶でもどう? 時間くんが来たときに備えた茶葉もあるよ?」

チェシャ猫「アリスの勧めだしお茶は頂く、だって」

アリス「やれやれ……時間くんって厄介だよね」

684 :名無しになりきれ:2015/11/23(月) 21:54:40.40 0
モーナはドロシーと結婚していたら不幸な人生を送ったと思う

685 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/23(月) 22:13:13.95 0
>>684
レオン「ほぼ初対面の間柄であるからな……」

ドロシー「わ、私だって時間を掛ければモーナを幸せにしてあげることくらい出来るわよ!」

レオン「がさつで食いしん坊なドロシーにか?」

ドロシー「がさつなんかじゃないわよ! それにモーナは料理上手だから、美味しく食べてくれる人がいたら喜ぶんじゃない?」

レオン「飯を食べているだけではないか」

ドロシー「えっと……そう! 働いて養わなきゃね。顔が利く市役所で働ければ、市長とも仲良く出来て一石二鳥ね」

レオン「いい加減なドロシーに役所勤めなんか出来るのか?」

ドロシー「出来るわよ! レオンの意地悪。レオンこそ働けるの?」

レオン「余には王様という立派な職務があるからな。抜かりないのだ」

ドロシー「王様って人一倍大変な仕事だと思うけどなぁ……」

686 :オズ:2015/11/23(月) 22:39:54.94 0
>>ドロシー「王様って人一倍大変な仕事だと思うけどなぁ……」

わかってるじゃないか

687 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/23(月) 22:55:57.14 0
>>686
ドロシー「オズは王様らしくない」

オズ「え」

ドロシー「放浪癖あるし、いい加減だし、確かに民草の目線を持つのは大事だけど、オズはそれに偏り過ぎてると思うわ」

オズ「……ヴァイオラと同じこと言うんだな……」

ドロシー「言われてるなら直しなさいよ」

オズ「んー、俺としては今のままでも十分頑張ってると思うんだが」

ドロシー「それって向上心がないとも言えるわよ?」

オズ「むむ……じゃあドロシー、俺の側近として働くか?」

ドロシー「え゛ー……」

オズ「露骨に嫌そうだな」

ドロシー「私にだって仕事を選ぶ権利くらいあるでしょ?」

オズ「大変だが、やり甲斐はあると思うぞ?」

ドロシー「……まぁ、考えてあげるわ」

688 :名無しになりきれ:2015/11/23(月) 23:06:12.25 0
波阿弥陀波阿弥陀

689 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/23(月) 23:20:06.50 0
>>688
ドロシー「南無阿弥陀南無阿弥陀なら聞いたことあるけど、それは初めて聞くわね。こっちのお経なの?」

ジャック「検索した範囲では、そのような文字列はこちらの世界では使われておりません」

ドロシー「ふーん、まぁお経にはバリエーションがあるって話だし、色々あるのかもね」

ジャック「お経、とはどういったものでしょう?」

ドロシー「ん? えっと……神様仏様に捧げる言葉、に近いわね」

ジャック「なるほど、それが定句化されお経というものに昇華されたのですね」

ドロシー「私もお経は唱えられないし、どんな意味があるのかは知らないわ。私の故郷の国では宗教の浸透は薄かったから」

ジャック「こちらにも女神信仰というものはありますが、熱心に祈る方は少ないですね」

ドロシー「こっちの女神はきっと、皆と距離が近過ぎるのよ。だから祈る必要も少ないんだと思うわ」

ジャック「お嬢様の世界では違ったのですか?」

ドロシー「うん、逆に遠過ぎる……みたいな。誰も本心では神の存在すら信じてないから、祈る意味もないのよ」

ジャック「神の威光がない世界……でございますか」

690 :オズ:2015/11/24(火) 00:56:10.86 0
俺はまた旅に出る
後のことは任せた

691 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/24(火) 20:07:47.79 0
>>690
ドロシー「ちょっと! 旅に出るって、王様なんだから仕事しなさいよ! ……あ、行っちゃった」

ヴァイオラ「また、でございますか。まぁ執務に関してはほぼ私たちで代行出来るので問題ありませんが」

ドロシー「そういえばオズ、消えた先代ドロシーを探す旅に出てたのよね? 何年くらい?」

ヴァイオラ「ざっと90年程度でした」

ドロシー「うわー……それ王様の必要性とかなくなってない?」

ヴァイオラ「確かに必要ないですね」

ドロシー「オズが旅に出たくなる気持ち、少し分かったわ……」

692 :ドロシー:2015/11/24(火) 20:42:13.29 0
あ〜久しぶりにキャベツロール食べたい

693 :名無しになりきれ:2015/11/24(火) 21:03:29.70 0
雪乃の家に遊びに行ったことあるの?

694 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/24(火) 21:18:11.41 0
>>692
ジャック「お嬢様、今キャベツを食べたいと仰いましたか?」

ドロシー「え? あー、言ったかしら? ……覚えてないわね」

ジャック「私のログには正確に記録されています」

ドロシー「な、何かの間違いじゃない?」

ジャック「もしお嬢様がキャベツを食べる気でしたら、私は全力でそれを止めねばなりません」

ドロシー「……全力って?」

ジャック「手足の一本を」

ドロシー「食べないわよ! 食べる訳ないじゃない!」

ジャック「そうですか、安心しました。お嬢様を犯罪者にする訳には参りませんので」

ドロシー「それで私を五体満足じゃなくするつもりなの?」

ジャック「安心してください。私は介護も出来ますので問題はないでしょう」

ドロシー「ミザリーじゃないんだから……」

>>693
アリス「そういえば行ったことないかも。他に友達もいなかったからそんなものかなって思ってたけど」

廃棄くん「まぁ雪乃の家なんて存在しないからな」

アリス「うちに遊びに来るのも、お母さんと顔を合わせないタイミングだったから、少し不思議だったなぁ」

廃棄くん「不思議で済ますなよ」

アリス「細かいことだもん」

廃棄くん「アリスって意外と大雑把だよな」

アリス「んー、大丈夫でしょ?」

廃棄くん「大丈夫じゃないから言ってんだよ!」

695 :武村:2015/11/24(火) 21:22:17.81 0
君よずっと幸せに
風にそっと歌うよ

696 :名無しになりきれ:2015/11/24(火) 23:04:47.63 0
ジャック、ドロシーの世界ではキャベツを食べるのは普通なんだぜ?

697 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/24(火) 23:37:19.09 0
>>695
アリス「あ、武村さん、こんばんは。今日はどうしたんですか?」

武村「いや、ちょっと寄っただけだよ。今日も可愛いね、亜莉子ちゃん」

アリス「は、はぁ。叔父さんならいませんよ?」

武村「いや、亜莉子ちゃんの顔を見れただけで十分さ。そうだ、私と一緒に来ないかい? すき焼きをご馳走するよ」

アリス「いえ、お祖母ちゃんが用意してくれてるので……」

武村「そうかい、じゃあまた来るよ亜莉子ちゃん。それじゃ」

廃棄くん「……けっ、いけ好かない奴だぜ」

アリス「悪い人ではないと思うけどなぁ」

廃棄くん「第一すき焼きとか、あいつ一人で作って食べる気だったのか?」

アリス「武村さんは料亭とか好きらしいから」

廃棄くん「ふーん。……アリス、あいつには気をつけるんだな」

アリス「どうして?」

廃棄くん「嫌な予感がするんだよ」

アリス「……分かった」

>>696
ジャック「そうなのでしたか。ならばお嬢様の言動にも納得が行きます」

ドロシー「私は子供の頃から普通にキャベツを食べてたから、こっちで大切にされてるのを知って驚いたわ」

ジャック「では、そちらの世界のキャベツから赤子は産まれないのですね?」

ドロシー「うん、ただの食用。よく採れるから安売りされてるくらいよ」

ジャック「キャベツの味や使用法はどのようなものでしょう?」

ドロシー「んー……甘みと歯応えがあって、生食から煮物まで広く使える野菜ね。葉でひき肉を包んで煮込むロールキャベツが美味しいわ」

ジャック「異世界の文化は非常に興味深いです。今後もご教授願えますか?」

ドロシー「別に構わないけど……私の話なんか聞いて面白いの?」

ジャック「はい、とても楽しい……という感情に近いものを感じます」

698 :名無しになりきれ:2015/11/25(水) 01:25:43.03 0
寒いから一緒に寝よ

699 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/25(水) 19:48:58.44 0
>>698
ドロシー「お断りするわ。だってあなた、臭そうだもの」

レオン「相変わらず容赦ないのだな」

ドロシー「ただでさえ何度洗ってもケモノ臭いレオンと一緒に寝てるのよ? これ以上どうしろってのよ」

レオン「ひどいのだ! 寒いときは余で暖をとっていたというのに!」

ドロシー「体だけが目当てみたいに言わないで頂戴。第一なんで寝るときも一緒なのよ?」

レオン「シモベを守るのは主君として当然のことだろう?」

ドロシー「ジャックがいるから問題ないわ」

レオン「そんなぁ!?」

700 :名無しになりきれ:2015/11/25(水) 20:14:47.95 0
カーブを投げすぎると肘を壊すぞ

701 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/25(水) 20:25:32.69 0
>>700
ドロシー「もし野球が出来なくなったら、サッカーにでも転向すればいいのよ」

ジャック「それほど簡単なものではないと思います」

ドロシー「そう? でもサッカーって手はほぼ使わないんでしょ? なら問題ないじゃない」

ジャック「ルールが全く違うスポーツに転向するのは、非常に難しいものであると思われます」

ドロシー「そうなの? ふーん、まぁどうでもいいわ。野球もサッカーもルール知らないし」

ジャック「スポーツ観戦はなさらないのですか?」

ドロシー「夏休みの暇なときに高校野球を見る程度ね。あと正月の箱根駅伝」

ジャック「暇つぶし程度の認識なのですね」

ドロシー「実は私、スポーツをするのは苦手なのよ」

ジャック「運動神経に問題があるようには見えませんが?」

ドロシー「細かいルールを把握するのが苦手なのよね。分かるのはドッチボールくらいよ」

702 :名無しになりきれ:2015/11/25(水) 20:30:01.58 0
ドッチボール、ドッジボール、ドッヂボール、どれが正しいの?

703 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/25(水) 20:39:45.85 0
>>702
ドロシー「携帯の予測変換だと、ドッチボールにドッジボール、ドッヂボールも出るわね」

ジャック「表記としては、ドッジボールが最も一般的なようです」

ドロシー「意味が通じればなんでもいいのよ」

ジャック「漢字表記では避球と書く場合が多いようですね」

ドロシー「人に向かって全力でボールを投げてもいい、素敵なゲームよね」

ジャック「お嬢様はストレスでも溜まっているのですか?」

ドロシー「ゲームを楽しんでいるだけよ」

704 :名無しになりきれ:2015/11/25(水) 20:52:11.39 0
小学生の時にドッジボールの大会でたらヘルメットを被らされた

705 :名無しになりきれ:2015/11/25(水) 21:04:15.36 0
dodgeが語源だからジが正しい、かな
まあ敢えてカタカナにするならダッジだからどれも正しいとは(ry
一応新聞とかの表現はドッジボール、日本の協会もドッジボール協会

706 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/25(水) 21:06:45.53 0
>>704
ドロシー「そもそも大会なんてあるのね。まずそこに驚いたわ」

ヘルメットを着用するスポーツと言えば、他に野球やアイスホッケーなどがありますわね。

ドロシー「そんなに危険なの?」

はい、いずれもボールやパックが硬く、また高速で飛ばされるので危険かと思われます。

ドロシー「ドッジボールの球は硬くないでしょう?」

しかし、頭に当たれば危険なのは変わりませんわ。
安全策を設けるのは当然かと。

ドロシー「私が子供の頃は、顔面セーフを取り下げようと躍起になってたのに」

それはさすがに如何なものかと思いますわよ?

707 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/25(水) 21:18:03.08 0
>>705
ドロシー「dodgeって?」

素早く身をかわす、という意味ですわ。

ドロシー「避けてちゃ勝てないじゃない」

避けて隙を伺い、機会を見て反撃に転じるのがセオリーと思いますわよ?

ドロシー「生温いわね。避け損ねて当たるより、キャッチしに行って当たる方がずっと好印象なのに」

ドロシー様のしてきたドッジボールは、どれだけ過酷だったのですか……。

ドロシー「反撃もせずに避け続けて、時間ばかりを浪費するのが許せないだけよ」

ルールに制限時間を設ける場合もありますわよ?

ドロシー「なるほど、それならスムーズね」

パスを繰り返して時間稼ぎを行う可能性もありますわね。
その辺のルール調整は、公式ではしているのでしょうか?

ドロシー「公式ってあるの?」

ええ、日本ドッジボール協会なる組織が存在するそうですわ。

ドロシー「変な組織もあるものね」

708 :名無しになりきれ:2015/11/25(水) 21:33:22.37 0
ドッジボールって何で小学生までしかやらないんたわろう

709 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/25(水) 21:45:23.90 0
>>708
ドロシー「子供の遊び程度にしなきゃ怪我人が出るからじゃない?」

しかし子供はドッジボール好きですわよね。子供にとってはサッカーやバレーより魅力的なのかも知れませんわ。

ドロシー「ルールが分かりやすいから、かしら? 中学生ともなると、戦術やチームワークが必要なゲームをさせるべきなのかも」

教育的側面、ですわね。体力作りなども兼ねますから、ドッジボールはそういう意味でも不向きかも知れませんわ。

ドロシー「体力作りと言えばマラソンよね。大会では10kmくらい走らされたわ……」

健康的ではありませんか。走るのは体力作り、スポーツの基本ですわよ?

ドロシー「まぁ体力はある方だったから、こっちに飛ばされても山道に屈することもなかったのよね」

710 :名無しになりきれ:2015/11/25(水) 22:12:53.66 0
クリスマスケーキの予約した?

711 :名無しになりきれ:2015/11/25(水) 22:32:40.93 0
10キロ走ったあとのドロシーの体操着は臭そう

712 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/25(水) 22:52:33.10 0
>>710
アリス「ううん、お祖母ちゃんが手作りするって。私も手伝うんだ」

廃棄くん「少し前まではお祝いなんてなかったもんな。楽しめよ?」

アリス「もちろん! 叔父さんも喜んでくれるかな?」

廃棄くん「多分大丈夫だろ、だってアリスの作るケーキだぜ?」

アリス「根拠が意味不明なんだけど……」

廃棄くん「まぁ新しい家族水入らずで楽しむんだな」

アリス「うん! あ、チェシャ猫もケーキ食べるかな?」

廃棄くん「んー……胴体と離れてるから無理じゃねーか?」

チェシャ猫「それでもアリスのケーキなら食べるよ」

廃棄くん「いたのかよ。ってか、無理すんな。胴体連れて来い」

チェシャ猫「胴体には口がないね」

廃棄くん「じゃあ諦めろ」

アリス「まぁまぁ……」

>>711
ドロシー「人の体臭を想像しない! 当然制汗剤は使ってたけどね」

クロウ「ニオイは分からないけド、きっとドロシーは素敵なニオイなんだろうネ!」

ドロシー「だから想像しないでよ」

クロウ「脳ミソも良いけド、鼻も欲しいナー」

ドロシー「いっそ人間になるって選択肢はないの?」

クロウ「人間ニ? ンー……」

ドロシー「クロウ?」

クロウ「人間ハ、ちょっと違うかナ」

ドロシー「ふーん、そうなの。まぁ、カカシの体を捨てるのは惜しいかもね」

クロウ「人間はすぐ死んじゃうけド、カカシならずっとドロシーと一緒にいられるからネ!」

ドロシー「私も人間だから……そういえば私、異世界出身だからオズみたいに寿命がズレる可能性があるのよね」

クロウ「長生きしてくれるノ?」

ドロシー「かも知れない、だけどね」

クロウ「ドロシーとずっといられるのは嬉しいナ!」

713 :名無しになりきれ:2015/11/26(木) 11:10:02.01 0
Nice to meet you.

714 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/26(木) 19:59:41.37 0
ドロシー「ナイトメアプロジェクト公式ガイドブック、ついに発売したわよ!」

クロウ「もう手に入れたかナ?」

ドロシー「内容は色々あるみたいだけど、私が一番気になるのは「沼屋敷事件」の漫画ね」

クロウ「一夜怪談の前日譚だネ」

ドロシー「よく言えたわね。一夜怪談の二人がどんな風に出会ったのかが明かされるのよ」

クロウ「他にもボリューム満点だかラ、気になる人は買おうネ!」

>>713
ドロシー「えーと、ごめんなさい……外国の人? 言葉が通じれば良いんだけど」

レオン「何を言っておるのだ?」

ドロシー「英語よ、私英語苦手なのよね」

レオン「言葉が通じぬ相手には、とにかく身振り手振りが良いのだ」

ドロシー「ああ、森にはそういう手合いもいるものね」

レオン「まぁ、問答無用に食ってしまうのが楽なのだがな」

ドロシー「そう……とりあえず、日本語通じれば良いのだけど、無理そうね」

レオン「なら食って良いのか?」

ドロシー「食べちゃダメ。お客さんなんだから」

レオン「ふむ、王らしくもてなせという訳だな?」

ドロシー「どうするつもり?」

レオン「余が獲物を狩って来てやろう」

ドロシー「相手を考えなさい」

715 :名無しになりきれ:2015/11/26(木) 20:10:59.45 0
ドロシーのヌード絵があるなら買う

716 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/26(木) 20:49:31.35 0
>>715
ドロシー「ある訳ないでしょ! でも、全身や後ろ姿までチェックは出来るわよ?」

クロウ「草稿のドロシー、前髪を上げてたネ」

ドロシー「まぁね。でも本編では絶対に登場しない足元までデザインするなんて、本当に気合い入ってるわよね」

クロウ「僕の全身もあるヨ!」

ドロシー「まぁ、詳しい内容はお客さんがその目で確認して欲しいわ。私も今読むので忙しいの」

クロウ「ボリュームたっぷりだからネ!」

ドロシー「アニメイトで買うついでに、布教用の小説版歪アリが戻って来なくなったからもう一冊買ったのよね……財布が空っぽだわ」

クロウ「本の貸し出しには注意だネ」

717 :名無しになりきれ:2015/11/26(木) 21:18:08.88 0
アリスのヌードはあるの?

718 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/26(木) 21:35:36.06 0
>>717
アリス「ないから! そういうつまんないことしか言えないの?」

廃棄くん「俺はヌードだぞ」

アリス「パンだからセーフじゃない?」

廃棄くん「それにしても、表紙のアリスは良い写りだと思うぜ」

アリス「ありがとう。まぁ、チェシャ猫とツーショットなんだけど」

廃棄くん「優しい悪夢の世界、ってコンセプトが生きてるよな」

アリス「昔の携帯に置いてきた懐かしい壁紙画像なんかもあったね」

廃棄くん「昔の携帯じゃデータの持ち越しとかは無理だったからな」

アリス「今回も年賀状壁紙とか、また公開してくれるのかな?」

廃棄くん「期待して良いんじゃねーか?」

719 :名無しになりきれ:2015/11/26(木) 22:02:19.44 0
買ったよ!









週刊少年サンデーを

720 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/26(木) 22:12:51.09 0
>>719
ドロシー「サンデー読んだことないわ」

ドロシー様はあまり漫画を読まない方なのですか?

ドロシー「そうね、小説とかは好きなんだけど」

ここにいらっしゃる方の多くは、たくさんの文字を読むことに抵抗がないと思われますので、話は合うかと。

ドロシー「まぁ当然よね」

ちなみに公式ガイドブックには書き下ろし小説もございますので、是非ご一読くださいませ。

ドロシー「ファンサービス満載だったわ、と感想を付け足すわね」

週刊誌を追いかけるのも大事かも知れませんが、公式ガイドブックを楽しむのもまた一興ですわ。

721 :名無しになりきれ:2015/11/26(木) 22:31:24.33 0
お高いんでしょ?

722 :名無しになりきれ:2015/11/26(木) 22:35:18.71 0
廃棄くんを揚げて揚げパンにすれば食えるかもよ

723 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/26(木) 22:59:11.94 0
>>721
アリス「公式ガイドブック? 税込み1,296円、高いと言えば高いのかな」

廃棄くん「それに見合う価値を見出すかは、お客さん次第だろうな」

アリス「そうかもね。ちなみにアニメイトで買うとキャラクターカードが貰えるよ」

廃棄くん「カードなんか何の役に立つんだ?」

アリス「手帳やカードケースに入れて楽しむもよし、本の栞によし、色々あると思うな」

廃棄くん「そして最終的に失くすんだよな」

アリス「大切にしてれば大丈夫!」

廃棄くん「いい加減だな」

アリス「まぁ、置いてくれる書店も少ないだろうから、多少遠くても確実に手に入るアニメイトに行くのが手っ取り早いよね」

廃棄くん「地方民には過酷だぜ、そのアイデア」

アリス「通販が一番確実ね!」

>>722
廃棄くん「残念ながら俺に流れるストロベリージャムまで、ばっちり腐ってるんだぜ?」

アリス「それ以前に、ストロベリージャムパンを揚げたのって美味しいの?」

廃棄くん「知るか、自分で試せ」

アリス「……遠慮しとく……」

廃棄くん「鶴岡パン店には他にもストロベリージャムパンはいるんだぜ?」

アリス「生きてるのを揚げるって、最早拷問だと思うな……」

廃棄くん「相手はパンなんだから気にすんな」

アリス「ところで食べると小さくなるって、どういう仕組みなの?」

廃棄くん「仕組みなんてねーよ。そういうものなんだ、常識だろ?」

アリス「歪みの国の常識って、私には理解し難いな……」

724 :名無しになりきれ:2015/11/27(金) 00:43:11.24 0
こんなスレに出入りしてるリジーさん

http://kanae.2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1448188804/143

725 :名無しになりきれ:2015/11/27(金) 01:17:30.10 0
何してはるんですか、リジーさん!

726 :名無しになりきれ:2015/11/27(金) 20:15:11.89 0
>>724
私の不徳の致すところですわ!
ああ、こうなっては死を以って償うしかありません!
さぁ、そこのナイフを私に! どこに突き刺しても構いませんわ!

ドロシー「いやリジー、落ち着いて! このくらいの失敗誰にでもあるわよ。少なくとも私は気にしないわ」

しかし、私は……。

ドロシー「いいの、大丈夫よ。それにリジーが死んだら、誰が私の世話してくれるの?」

……申し訳ありませんドロシー様、私の職務を忘れておりましたわ。
私には主任接客係という役目がございました。それを捨て置く訳には参りませんわ。

ドロシー「うん、気にしないのが一番よ」

>>725
私の不徳の致すところで……

ドロシー「いや、そのくだりは聞いたから。まだ気にしてるの?」

はい、果たしてどのように償おうかと考えておりまして……。

ドロシー「私やお客さんに迷惑が掛からなければ問題ないわよ。気にする必要はないわ」

ドロシー様……。

ドロシー「それでも気になるのなら……そうね、皆におやつを用意して頂戴。リジーの手作りは美味しいから」

……そんなことでよろしいのですか?

ドロシー「よろしいも何も、私は最初から気にしてないもの。その程度で良いのよ」

分かりましたわ。誠心誠意おやつをご用意致しましょう。
何かご注文はありますか?

レオン「アップルパイが良い!」

ドロシー「こら、レオン……」

ふふ、かしこまりましたわ。すぐにお客様の分まで用意して来ますわね。

727 :名無しになりきれ:2015/11/27(金) 21:00:14.23 0
    r'ニニ7      本当にすまないという気持ちで…
     fトロ,ロ!___       胸がいっぱいなら…!
 ハ´ ̄ヘこ/  ハ
/  〉  |少  / |      どこであれ土下座ができる…!
\ \    /| |
 ┌―)))――)))‐―┐      たとえそれが…
  ヽ ̄工二二丁 ̄
   〉 ヽ工工/ ;′∬     肉焦がし… 骨焼く…
  lヽ三三三∫三三\;'
  h.ヽ三∬三三';.三三\';∫   鉄板の上でもっ………!
  └ヽ ヽ三,;'三三∬三;'三\'"
    ヽ |__|烝烝烝烝烝烝|__|
      lj_」ー――――‐U_」

728 :名無しになりきれ:2015/11/27(金) 21:13:26.35 0
>>727
……ここで土下座をすれば私の償いも出来る訳ですわね?

ドロシー「リジーも本気にしない! お客さんもよ? 第一どこからこんなものを持って来たのよ?」

雪だるま「僕が提供したんだよ」

ドロシー「お前かいっ!」

雪だるま「ダ、ダーリン……もしかして怒ってる?」

ドロシー「当たり前でしょ! あとダーリン呼ばない」

雪だるま「拷問道具は、インテリアとして最高なんだけどな……」

ドロシー「相変わらずの趣味なのね……とにかくこれは持ち帰ること! でないとあなたで使うわよ?」

雪だるま「それはそれで……」

729 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/27(金) 21:19:31.66 0
今度は名乗るのを忘れてしまいましたわ。
分かると思いますが、>>726>>728は私ですわよ。

730 :名無しになりきれ:2015/11/27(金) 21:42:11.47 0
  ブス…  ∫ ;′ ∫  ,;′
   ブス…',. -――-゙、  ;'  ジジジ…
    ;  /      へ `>、'; ∫
   _;'___{.  ,>-/、/=;´イヽ;'_  
  /三三j='rー、\_>、)_, >;;〉三'`、ジジ…
 /三三└'゙ー:;‐;;‐;;'`ー;;ヾ'`"´三'三;`、
 囮ヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱヱ囮
 囮災炎災炎炙災炒炎災灸災炭囮
 ◎┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴◎

731 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/27(金) 21:55:08.25 0
>>730
ドロシー「ちょっ、焼けてる焦げてる! 何でお客さんが土下座してるのよ!?」

レオン「ふむ、肉の焼ける匂いを辿ってみれば……焼肉なのか?」

ドロシー「これのどこが焼肉に見えるのよ?」

レオン「うまそうな匂いだぞ?」

ドロシー「お客さんを食べちゃダメって言ったでしょ」

レオン「もったいないと思うのだが……」

ドロシー「第一レオンは生肉派でしょ?」

レオン「うむ、だが焼いた肉もまた別の味わいがあるのだ」

ドロシー「人間の生活に慣れ過ぎてない?」

レオン「そうか? だが一番は生きた生肉だな!」

732 :リジー:2015/11/27(金) 22:21:36.27 0
わかりましたわ
脱いで詫びます

733 :名無しになりきれ:2015/11/27(金) 22:27:51.86 0
中島くん死んだ

734 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/27(金) 22:37:05.89 0
>>732
ドロシー「はいストップね! いくら文字媒体でも、さすがに脱ぐのはダメだから」

しかし私はまだお許しを……。

ドロシー「じゃあ代わって私の権限で許すわ。それなら文句ないでしょう?」

……ありがとうございますドロシー様。私も気が晴れましたわ。
そういえば、ご注文のアップルパイが焼きあがりましたの。紅茶も淹れますので、皆様で召し上がってくださいませ。

ドロシー「あら、ありがとう。レオンー、アップルパイ出来たって!」

レオン「なんだと! 早く食わせるのだ!」

ドロシー「はいはい、お茶の用意が出来たらね」

>>733
アリス「嘘かと思ったら、本当に亡くなったのね……残念ね、ご冥福をお祈りするわ」

チェシャ猫「人は誰でも死ぬものさ」

アリス「チェシャ猫も……死ぬの?」

チェシャ猫「僕は猫だから死なないよ」

アリス「猫は普通死ぬと思うけど……」

チェシャ猫「二足歩行の猫だからね」

アリス「そういうものなの?」

チェシャ猫「僕らはアリスが覚えている限り不滅さ」

735 :名無しになりきれ:2015/11/27(金) 22:44:02.26 0
謝って済むなら警察はいらんとばあちゃんがよく言ってたっぺ

736 :北風小僧の寒太郎:2015/11/27(金) 22:53:19.33 0
あっし、北風小僧の寒太郎といいやす

737 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/27(金) 23:13:10.24 0
>>735
ドロシー「謝るのは大事よ? 問題は警察が解決してくれるかも知れないけど、物事はそれだけじゃ足りないもの」

クロウ「ドロシーは「謝るときは素直に謝りなさい」って言ってたヨ!」

ドロシー「クロウもレオンも、時々面倒を引き起こすのよね……」

クロウ「ちゃんと謝ってるから大丈夫だヨ?」

ドロシー「謝るだけじゃなくて、ちゃんと学んで反省して、二度と同じ過ちがないようにしなきゃダメよ?」

クロウ「ハンセイ? アヤマチ?」

ドロシー「同じ失敗をしないこと!」

クロウ「分かったヨ、気をつけるネ」

>>736
ドロシー「人間……じゃないみたいね、お化けとか?」

冬になると北風を呼び込む精霊ですわね。
会える確率は非常に低いので、ドロシー様はラッキーですわよ。

ドロシー「つまりこの子のせいで寒い訳ね」

そう言ってしまうと元も子もないのですが……まぁ精霊の引き起こすのはあくまで自然界の現象、仕方のないことですわ。

ドロシー「まぁ、寒いからって当たるのも悪いものね」

精霊をいじめると祟られる……という伝承もありますわ。

ドロシー「えっ……良かった、何もしなくて」

何かする気だったのですか。

738 :名無しになりきれ:2015/11/28(土) 18:09:36.33 0
リジーはドMだから拷問しても意味がない
ここはリジーにドロシーを拷問してもらおう

739 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/28(土) 20:06:17.00 0
>>738
私にドロシー様を傷付けろと仰るのですか!? 無理ですわ、私にそんなこと出来ません!
私としてはドロシー様には安らかに死んで頂きたいですし、何より大切なお客様でもありますもの。
それに本格的な拷問は素人には難しいとも聞きます。私には到底無理ですわね。

ドロシー「良かった、リジーが引き受けなくて。私は嫌だもの、拷問とか。聞き出す情報とかないわよ?」

そういえば、何故お客様は拷問などと言い出したのでしょうか?
そういうものを観覧するのが趣味……なのですかね?

ドロシー「嫌な趣味ね。拷問道具をインテリアにしてるほうがはるかにマシだわ」

740 :雪だるま:2015/11/28(土) 20:39:57.95 0
今年、最初の雪の華を
ダーリンとふたり寄り添って
眺めているこの瞬間に
幸せがあふれだす

741 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/28(土) 20:54:54.39 0
>>740
ドロシー「この手のネタを投下してるのって、もしかして全部同じお客さん? つまんないからやめて欲しいわー」

雪だるま「気にする必要はないよ」

ドロシー「あなたも名前勝手に使われたんなら怒りなさいよ!」

雪だるま「僕の名前、雪だるまじゃないんだけどな……」

ドロシー「そういえばあなた、どうして雪だるまなの?」

雪だるま「雪だるま、可愛いし……あの家には合ってるから」

ドロシー「それはともかく、一人暮らしで顔を隠す必要ないじゃない」

雪だるま「いつお客さんが来るか分からないし、僕は醜いから……」

ドロシー「本当に後ろ向きね。もっとシャキッとしなさい!」

742 :名無しになりきれ:2015/11/28(土) 21:29:37.23 0
       _,,;' '" '' ゛''" ゛' ';;,,
      (rヽ,;''"""''゛゛゛'';, ノr)
      ,;'゛ i _  、_ iヽ゛';,    お前それ明石家さんまにも同じ事言えんの?
      ,;'" ''| ヽ・〉 〈・ノ |゙゛ `';,
      ,;'' "|   ▼   |゙゛ `';,
      ,;''  ヽ_人_ /  ,;'_
     /シ、  ヽ⌒⌒ /   リ \
    |   "r,, `"'''゙´  ,,ミ゛   |
    |      リ、    ,リ    |
    |   i   ゛r、ノ,,r" i   _|
    |   `ー――----┴ ⌒´ )
    (ヽ  ______ ,, _´)
     (_⌒ ______ ,, ィ
      丁           |
       |           |

743 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/28(土) 22:17:35.54 0
>>742
アリス「明石家さんまとおそ松のイヤミって似てるよね」

廃棄くん「前歯だけだろ、何言ってんだアリス?」

アリス「最近わたし、おそ松さんにハマってるの」

廃棄くん「あー、あのギャグアニメか」

アリス「とりあえずあの六つ子たちが、仲睦まじくしてるだけで幸せになれるなぁ」

廃棄くん「アリス……いつの間にかそんな趣味があったんだな……」

アリス「腐ってない! 腐ってないから! 微笑ましいだけ!」

廃棄くん「ふーん……」

744 :名無しになりきれ:2015/11/28(土) 22:30:54.64 0
すかしっ屁得意?

745 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/28(土) 23:00:45.59 0
>>744
ドロシー「女の子はオナラなんてしないの!」

レオン「屁など好きにすれば良いではないか」

ドロシー「やだ、レオン絶対匂い嗅ぐでしょ?」

レオン「習性だから仕方ないのだ」

ドロシー「理性があるなら本能くらい抑えなさい」

レオン「……面倒ではないか。それにヒャクジュウの王が奔放に生きて何が悪い」

ドロシー「王様なら皆の手本にならなくてどうするのよ?」

レオン「むぅ……さてはドロシー、自分の屁が臭いから誤魔化そうとしておるな?」

ドロシー「臭くないわよ! 話を逸らしたのは今そっちでしょ!?」

レオン「ふん、とにかく余は王様なのだ!」

746 :名無しになりきれ:2015/11/28(土) 23:14:58.04 0
年末紅白見る?

747 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/28(土) 23:29:28.49 0
>>746
アリス「他に観るものがない、が正解なのよね。お笑いも大して好きじゃないし……退屈だなぁ」

廃棄くん「で、結局2ちゃんに入り浸る訳か」

アリス「ここを創設したのも年明け早々だったっけ」

廃棄くん「設定考えたり、テレビ実況を見たりしてた訳だな」

アリス「わたし、退屈は嫌い。どうせなら面白おかしく過ごしたいな」

廃棄くん「城にでも行けばいいんじゃね? 女王が退屈させてくれないぜ?」

アリス「命の危険が伴う触れ合いはちょっと……」

748 :全裸:2015/11/29(日) 11:03:50.95 0
寒い!

749 :名無しになりきれ:2015/11/29(日) 13:13:54.65 0
何でドロシーのパンツは臭いの?

750 :レオン:2015/11/29(日) 19:08:16.41 0
ぶえっクションッ!!(ドロシーの顔に大量の唾と鼻水がかかった)

751 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/29(日) 20:12:21.68 0
>>748
ドロシー「お客さん、リスよね? 毛皮があって暖かそうに見えるのに寒いの?」

レオン「余は暑くても寒くても平気であるぞ?」

ドロシー「いや、レオンには訊いてないから」

レオン「むぅ……ドロシーは余を無視するのだな?」

ドロシー「あとで構ってあげるわよ。それよりも……そうね、動物向けの服があるんじゃない?」

レオン「この都では服を着た動物も多いな」

ドロシー「そうよね。服を着たら多少は暖かくなると思うわ」

レオン「余には服など不用だがな!」

ドロシー「あら、レオンも服を着なさいよ。似合うと思うわよ?」

レオン「余はこのままで問題ないのだ」

ドロシー「そう? まぁ、トトも服は嫌がってたものね」

>>749
ドロシー「……ジャック、この人真っ二つにして」

ジャック「その要望に応えることは出来ません」

ドロシー「だって酷いセクハラよ!? 死んで然るべきだわ!」

ジャック「お嬢様、どんな理由があろうとも殺人を許容すべきではありません」

ドロシー「まぁそうかも知れないけど……」

ジャック「ですが今の発言を記録しましたので、それを元に罰金刑程度には立件可能です」

ドロシー「んー……それで勘弁してあげようかしら」

ジャック「平和的解決だと思われます」

>>750
ドロシー「うわっ!? ちょっとレオン、なんてことするのよ……」

レオン「む、すまんなドロシー」

ドロシー「いいからタオル取って来て。もう……ベタベタじゃない」

レオン「ちょっと鼻がムズムズするのだ……へくちゅっ」

ドロシー「だからこっち向かない!」

レオン「うむ、気をつける……ひくしゅ」

ドロシー「レオン、人の話聞いてる?」

752 :中島くん:2015/11/29(日) 20:22:55.45 0
野球やろうぜ〜

753 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/29(日) 20:34:42.18 0
>>752
アリス「あの声を聞けることも、もうないんだね……」

廃棄くん「アリスはそもそもアニメとかほとんど観ないだろ?」

アリス「サザエさんはね。深夜番組なら少しは観るけど」

廃棄くん「そうなのか。昔のアリスは童話とか好きだったって聞いてるぜ」

アリス「子供の頃の話でしょ? 今は……あ、指輪物語とか好き」

廃棄くん「童話に含まれるか微妙なラインだな」

アリス「結構な長編だからね……アレは」

廃棄くん「ハリーポッターとかも読んでたよな」

アリス「うん、一応。もちろん不思議の国のアリスが特に好きなのは変わらないけど」

廃棄くん「最初に読んだのはもう十年以上前の話だろ?」

アリス「今でもたまに読むわよ? 翻訳も色々あるし」

廃棄くん「じゃあ、今度原語で読んでみたらどうだ?」

アリス「あ、それも良いかも! 勉強にもなるしね」

754 :名無しになりきれ:2015/11/29(日) 20:38:37.42 0
鏡の国のアリスは読んだことある?

755 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/29(日) 21:26:28.79 0
>>754
アリス「もちろん! まぁ、続編の存在を知ったのはだいぶ後の話なんだけど」

廃棄くん「歪みの国に、鏡の国のアリスの要素が含まれないのはそのせいだな。まぁ、女王が増えても困るんだが」

アリス「ジャバウォックの詩の意味が分からなくて、結構悩んだのも良い思い出かな」

廃棄くん「あれはほとんど意味がないからな」

アリス「でもやっぱり、わたしは不思議の国のアリスが好き。好みの問題だけど」

廃棄くん「ふーん、確かに好みは分かれるかもな」

756 :名無しになりきれ:2015/11/29(日) 21:48:29.09 0
ルイスキャロルはロリコン

757 :名無しになりきれ:2015/11/29(日) 22:04:21.46 0
ガイドブック読んだら武村への疑念が確信に変わったわ……

758 :出川哲朗:2015/11/29(日) 22:16:21.76 0
ぶえっクションッ!!(ドロシーの顔に大量の唾と鼻水がかかった)

759 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/29(日) 23:10:48.14 0
>>756
アリス「その辺の解釈は難しいらしい……って聞いたことがあるのだけど……実際どうなんだろ?」

廃棄くん「子供好きだったのは間違いねーが、それが性的かどうかの解釈が揺らいでるらしいな」

アリス「まぁ、その辺の解釈は人それぞれかもね」

廃棄くん「どういう理由にせよ、ルイスキャロルの描く少女像は綺麗なんだよな。それは認められるべきだろ」

アリス「そうだよね、わたし自身も幼い頃はアリスに憧れてたもの。こんな女の子になりたいって」

廃棄くん「で、アリスはなれたのか? 本物にアリスに」

アリス「どうだろ……そもそも原作のアリスの年齢は7歳くらいだし、その頃のわたしがどうだったかなんて……」

廃棄くん「なるほど、でも今のアリスは「アリス」にふさわしいと思うぜ?」

アリス「んー……アリスを名乗るには遅くない?」

チェシャ猫「そんなことはないさ」

廃棄くん「そうだぜアリス、あんたは俺たちにとって唯一無二のアリスだ」

>>757
アリス「疑念? 確信? ねぇ、それってどういう……」

チェシャ猫「アリス、叔父さんが呼んでいるよ」

アリス「え、そう? じゃあちょっと待っててね」

廃棄くん「……アリスには明かさないんだな」

チェシャ猫「アリスが望まないからね」

廃棄くん「それを判断するのはアリス自身だと思うが……まぁ、知らないほうが良いかもな。でも巻末特典のアレは……」

チェシャ猫「ネタバレは良くないよ」

廃棄くん「あー、そうだな、すまん。」

チェシャ猫「アリスは可愛かったけどね」

廃棄くん「まぁな。って、これ以上は何を言ってもネタバレじゃねーか!」

チェシャ猫「ネタバレは良くないよ」

廃棄くん「分かってらぁ!」

760 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/29(日) 23:11:19.48 0
>>758
ドロシー「危ないわね! さっきのあれがなかったら避けられなかったわよ!?」

レオン「ふむ、余が役に立ったのだな」

ドロシー「褒めてないわよ?」

レオン「何故だ!?」

ドロシー「汚いしマナー違反だからよ! 反省が足りないようね?」

レオン「ご、ごめんなさいなのだ! 反省してる! してるから!」

ドロシー「本当……? まぁ良いけど」

レオン「ドロシーはたまに怖いのだ……」

ドロシー「レオンが悪さをするからよ?」

レオン「むぅ……」

761 :名無しになりきれ:2015/11/30(月) 16:29:54.30 0
サーカス団の団長がレオンをスカウトに来ています

762 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/30(月) 21:02:19.97 0
>>761
レオン「サーカス……とは何なのだ?」

ドロシー「こっちではどうか知らないけど……とりあえず見世物ね。人間や動物が芸をしたりするの」

レオン「ふん、くだらんな」

ドロシー「でも、レオンに火の輪くぐりとか出来るかしら?」

レオン「余は炎を吐けるのだぞ? 今更火など怖がるものか」

ドロシー「あー、そっか。でも火を吹けるなら、それ自体が芸になるわね。良い就職先じゃない」

レオン「面倒なのだ、それに他人の指示など受けたくはない。余は王様なのだぞ?」

ドロシー「まだ王様になってないでしょ」

763 :名無しになりきれ:2015/11/30(月) 21:15:25.43 0
アリスが大好きな水木しげる先生がお亡くなりになられました

764 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/30(月) 21:34:18.13 0
>>763
アリス「ご冥福をお祈りするわ……って、わたし別に水木しげるさんとか気にも留めてなかったんだけど!?」

廃棄くん「うんうん、惜しい人を亡くしたよな」

アリス「人の話を聞いて!」

廃棄くん「なんだ? アリスは氏が亡くなって良かったとでも思ってんのか?」

アリス「そりゃ残念だけど……図鑑持ってたし」

廃棄くん「歪みの国の連中も妖怪も、あまり大差はないだろ?」

アリス「ないと困るんだけどな」

廃棄くん「生きたパンとか、面倒だから妖怪にカテゴライズしたらいいんじゃね?」

アリス「いや、駄目だと思う……」

765 :雪乃:2015/11/30(月) 22:21:07.47 0
妖怪、何か用かい?

766 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/30(月) 22:38:33.36 0
>>765
アリス「ふふっ、雪乃ってたまに面白いこと言うよね」

廃棄くん「今の……面白かったか?」

チェシャ猫「アリスが喜ぶなら良いんじゃないかな」

廃棄くん「わっかんねー……完全に滑ってたろ? 今の!」

アリス「……廃棄くん、雪乃の悪口を言うんだ? ふーん」

廃棄くん「いや待てアリス、別に怒らせるつもりはなかったから!」

アリス「廃棄くんって乾燥してるからよく燃えるかな?」

廃棄くん「ひぃっ!?」

767 :名無しになりきれ:2015/11/30(月) 22:44:27.27 0
ドロシーは黙っていれば美人だと思うよ

768 :名無しになりきれ:2015/11/30(月) 22:50:25.72 0
                    __
               ,  ´/////////////\
               \}/////////////////// \
            ////////////////////////\
            //////////////////////////// ヽ
          {/////> ──────── </////}
          {//r‐                      \//}
           {/ |   /  ̄ ̄ ̄\ /  ̄ ̄ \  |/}
          ∨|  ′    ─   |  ─ 、   i ||
               '|  {    / ◎}  | {_◎ {   }─| |
           r | ̄{   ノ /  λ  \ {   |  !ノ
         _{ }   、   ̄   /⌒\   ̄ / |‐┐
        {   \  ` ─‐ ´ {  } ` ─ ´  /   }
                 _  - ── ‐-  ____ ノ
         ゝ _  T             |  |
             |  |                 |  |
             |  |                 |  |
             |  |                 |  |
             |  |   _       _   |  |
                r、  |   {  \_/  }   .|_|_
             \` ─ ‐ ─────‐ ´   ノ
              \_                /
                    /  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄}  ̄
                }\      ∧  }
               ,  \__ / \_}.
               / ̄ ̄\      | }
              ,     }       | |
               /      /        | |

769 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/11/30(月) 23:06:23.01 0
>>767
ドロシー「……そりゃどうも。煩くて悪かったわね!」

ジャック「私はお嬢様の声もまた素敵だと思いますが」

ドロシー「なっ、急に何言い出すのよ?」

ジャック「何か問題ありましたか?」

ドロシー「ないわよ……ないから、困る」

ジャック「お嬢様の紡ぐ言葉はまるで流麗な旋律のようです」

ドロシー「褒めても何も出ないわよ?」

ジャック「真実を述べただけです。しかし一番美しいのは、お嬢様の食事風景でしょうか」

ドロシー「は?」

ジャック「あふれんばかりの笑みを浮かべて食事をされる様子は、とても美しいと感じました」

ドロシー「……ジャックはちょっと感性がズレてるのね」

>>768
ドロシー「びっくりするから変な顔はやめて頂戴。……本当に変な顔ね」

クロウ「そうなノ?」

ドロシー「クロウには変な顔に見えないの?」

クロウ「ンー、よく分からないヤ」

ドロシー「見慣れた顔が少ないせいかしら? クロウはもっと人を観察すると良いわよ」

クロウ「じゃア、ドロシーを観察するヨ!」

ドロシー「いや、一人に絞れとは言ってないのだけど……」

クロウ「駄目なノ?」

ドロシー「知らない人を見るのは、良い経験になるわよ?」

クロウ「ドロシーを見てた方が面白いと思うけどナー?」

ドロシー「どういう意味よ、それ」

770 :名無しになりきれ:2015/11/30(月) 23:35:01.23 0
Shall We samba?

771 :雪乃:2015/12/01(火) 18:50:08.24 0
亜莉子が笑ってくれるなら私はなんでもするよ

772 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/01(火) 20:17:34.43 0
>>770
ドロシー「なんでサンバ限定なのよ……まぁ何にせよ踊らないからね?」

あら、良いではありませんか。時にはサンバのリズムに身を任せるのも楽しいですわよ?

ドロシー「そういう気分じゃないし……そもそも私踊れないわよ?」

ならば私が指導致しますわ。10分で踊れるようにして差し上げましょう!

ドロシー「……遠慮するわ」

あらあら、残念ですこと。
お客様の誘いを袖にするなんて、ドロシー様もつれないですわね。

ドロシー「いいの、お客さんなんて適当にあしらっておけば良いのよ」

>>771
アリス「雪乃はもう休んで。わたしのために頑張らなくても良いの」

廃棄くん「あいつは頑張り過ぎなんだよな。だからあんなことになるんだよ」

アリス「どうしたら惨劇を防げたんだろう……?」

廃棄くん「武村が悪い」

アリス「あの人、良い人だよ?」

廃棄くん「……アリスって、人を見る目がないんだな」

アリス「え?」

廃棄くん「まぁいい。とにかく気をつけろよ?」

アリス「何を?」

廃棄くん「人の悪意に触れないように、だな」

773 :名無しになりきれ:2015/12/01(火) 21:04:54.24 0
今年も残り31日か…

774 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/01(火) 21:13:41.53 0
>>773
ドロシー「新年になれば、ここを始めてもう一年になるのね。早いなぁ」

クロウ「色々あったネ!」

ドロシー「歪アリの書籍化とか公式ガイドブックとか、実り多き年だったわ」

クロウ「もう何もないノ?」

ドロシー「ううん、歪アリのHD版が今月中にも発信されるらしいわよ?」

クロウ「楽しみだネ!」

ドロシー「課金方法が変わるらしいけど……どうなるのかしら?」

クロウ「楽しみだネ!」

ドロシー「いや、そこは楽しみじゃないから」

775 :名無しになりきれ:2015/12/01(火) 21:23:05.07 0
冬の星空は綺麗だね

776 :名無しになりきれ:2015/12/01(火) 21:29:10.73 0
沼屋敷はいつゲーム化されるのかな……
漫画の時点で凄くワクワクしたわ

777 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/01(火) 21:46:02.46 0
>>775
ドロシー「冬は空気が澄んで、綺麗な星空を見るのに絶好よね。王宮でも夜は暗いから、本当に星がよく見えるわよ」

ジャック「お嬢様、星を見るのでしたら私が解説しますよ」

ドロシー「こっちにはこっちの星座とかあるの?」

ジャック「お嬢様の故郷の空とは違うと思われますが、こちらにも星座やそれにまつわるエピソードがあります」

ドロシー「ふーん、じゃあ聞かせて貰おうかしら。子供の頃は星座の伝説に憧れたものだわ」

ジャック「その前に温かいお茶などご用意しましょう。私の話に退屈されても良いように」

ドロシー「ジャックの語りは落ち着いてて私は好きよ? 退屈なんかしないわ」

ジャック「お茶はいらないのですか?」

ドロシー「それは欲しい」

>>776
ドロシー「ゾクゾクするような語り出しの漫画だったわね。ホラーもあるけど、少し謎解きの要素もあるのかしら?」

レオン「序章だけ漫画にせずとも、早く全部公開してしまえば良いのだ」

ドロシー「まぁ早く全部読みたくなるわよね。私なら3年は待てるけど、そのくらいには出るのかしら?」

レオン「沼がどうとか言っておったな」

ドロシー「うん、そこが物語の鍵になるんじゃないかしらね。それに邂逅した二人の絡みも気になるわ」

レオン「乞うご期待、という奴なのだな」

ドロシー「ちゃんと続きのゲームは出るはず! ……出る、わよね?」

レオン「ナイトメアプロジェクトが解体されなければな」

ドロシー「お客さんもお布施と思って本を買ってくれてるんだから、多分大丈夫よ。多分」

778 :名無しになりきれ:2015/12/01(火) 22:21:28.42 0
アリス、流れ星だ!
早く願い事を3回言え!

779 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/01(火) 22:34:35.76 0
>>778
アリス「えっ、流れ星!? えーと、お金お金お金! ……間に合ったかな?」

廃棄くん「間に合うかボケ! 第一金ってなんだよ?」

アリス「一番短く発音出来るお願いかなって……」

廃棄くん「もう少しマシな願いにしろよ……色々と台無しじゃねーか」

アリス「んー、良いアイデアだと思ったんだけどな」

廃棄くん「人間金だけあっても幸せにはなれないんだぜ?」

アリス「でも、お金はあるに越したことはないと思うけどな」

廃棄くん「そりゃそうだがよ、星に願うってもっとロマンチックなものだろ?」

アリス「廃棄くんは夢を見過ぎじゃない?」

廃棄くん「んなっ!? う、うっせーな!」

780 :名無しになりきれ:2015/12/01(火) 22:40:13.71 0
ドロシー、流れ星だ!
早く願い事を3回言え!

781 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/01(火) 23:19:02.25 0
>>780
ドロシー「えっえっ!? えっと、あーでもこーでもなくて……無理っ!」

あら、願いが決められないのですか? ドロシー様にしては珍しいですわね。

ドロシー「だって色々あるもの、絞れないわ」

例えば、どんな願いがあるのです?

ドロシー「皆の健康とか幸せとか、旅先で出会った色んな人の事とか……美味しいごはんをこれからも毎日食べたいとか、色々よ」

最後だけ毛色が違いますわね。まぁ、ドロシー様の皆の幸せを願う気持ちは伝わるはずですわ。

ドロシー「まぁ、星は何度でも流れるものね、いくつ願い事があっても良いはずだわ」

ドロシー様にはただの流れ星ではなく流星群が必要そうですわね。

ドロシー「もうすぐふたご座流星群があるらしいから、その時がチャンスね」

782 :雪乃:2015/12/02(水) 02:49:08.42 0
アリスにプレゼント持ってきたよ
つ生首

783 :名無しになりきれ:2015/12/02(水) 13:16:06.35 0
巨人軍の監督になったウルフに一言下さい

784 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/02(水) 19:57:18.06 0
>>782
アリス「プレゼントって、チェシャ猫だよね? 明らかに」

チェシャ猫「やぁ」

アリス「チェシャ猫、何やってるの?」

チェシャ猫「プレゼントだよ」

アリス「何それ? どうせならメロンとかが良かったけどな」

チェシャ猫「変わり身するメロンがないよ?」

アリス「変わり身だったの?」

チェシャ猫「包まれるのは嫌だからね」

アリス「それは悪いことしたかも。でも、人にチェシャ猫(しかも生首)を見られる訳にはいけなかったし……」

チェシャ猫「猫は自由に姿を消せるんだよ」

アリス「あー、序盤でそんな芸当してたよね。どういう仕組みなの?」

チェシャ猫「さぁ? 姿を消せるだけだよ」

アリス「分かってないの?」

>>783
ドロシー「ウルフ? 誰よそれ。野球の話なんて分からないわ」

相変わらず興味のない話にはばっさりですのね。

ドロシー「だって分からないもの。監督に就任するなら……野球選手?」

おそらくそうでございましょう。かく言う私も知らないのですが。

ドロシー「ウルフって多分あだ名よね? 実名だったらセンスを疑うわ」

そうですわね。まぁ、あだ名としてもセンスが微妙ですけど。

ドロシー「そんな微妙な名前で呼ばれたくはないわよね」

785 :名無しになりきれ:2015/12/02(水) 20:19:55.07 0
テレビも無エ ラジオも無エ
自動車もそれほど走って無エ
ピアノも無エ バーも無エ
巡査毎日ぐーるぐる
朝起きて牛連れで
二時間ちょっとの散歩道
電話も無エ 瓦斯も無エ
バスは一日一度来る
俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ
東京へ出だなら 銭コア貯めで
東京で牛飼うだ

786 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/02(水) 20:42:51.65 0
>>785
ドロシー「吉幾三ね、さすがに知ってるわよ」

この歌を聴きますと、東風地方の田舎を思い出しますわ。
まぁ、酪農に関しては南水地方の方が盛んなのですけど。

ドロシー「一部の方言から察するに、私の世界の東北地方が元になってるのよね。そういえば、こっちに方言はないの?」

ほとんどありませんわね。何せドロシー様の世界に比べそれほど広い国ではありませんから。

ドロシー「言われてみればそうよね。私の足ひとつで世界を巡れるくらいの広さなのだから、誰でも好きに巡れるわよね」

ドロシー様は、また世界を巡るつもりなのですか?

ドロシー「少し迷っているのよね。出会った皆にお礼も言いたいし、でも今度は路銀を用意しなきゃだし」

使命抜きで旅をするのもよろしいのではありませんか?
ドロシー様が望むなら、路銀くらいこちらで用意しますわよ?

ドロシー「それはちょっと気が引けるわ」

787 :名無しになりきれ:2015/12/02(水) 21:24:38.70 0
レオンはワシが育てた

788 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/02(水) 21:40:15.36 0
>>787
ドロシー「森の動物なの? レオンは確か森の皆に育てられたのよね?」

レオン「ふん、余は一人で生きて来たのだ」

ドロシー「ふーん、そういうこと言うんだ?」

レオン「ほ、本当だぞ!?」

ドロシー「はいはい、森の皆との輪になかなか入れなかったのよね」

レオン「別に入りたくなどなかったのだ!」

ドロシー「じゃあ、どうして王様になろうとしたの?」

レオン「それは、余が生まれついてのヒャクジュウの王だからであって……」

ドロシー「本当は皆に慕われたかっただけでしょ?」

レオン「むぅ……ドロシーはいぢわるなのだ!」

789 :クロウ:2015/12/02(水) 21:52:39.27 0
ドロシー、僕のワラで作った納豆を食べてみてヨ

790 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/02(水) 22:21:58.51 0
>>789
ドロシー「え、やだ。絶対無理」

クロウ「きっとおいしいヨ?」

ドロシー「その前にクロウ、藁製じゃないわよね?」

クロウ「ン? カカシはワラで出来てるって決まってるヨ?」

ドロシー「私中身見たことあるもの。アレは絶対藁じゃないわ」

クロウ「でも納豆は出来たヨ? 食べないの?」

ドロシー「んー、じゃあレオンに味見して貰おう! レオンー!」

レオン「ん? 何か用なのか?」

ドロシー「ちょっとこれ、味見してくれる?」

レオン「くんくん……なんだか臭いぞ!? 食い物なのか?」

ドロシー「多分ね。で、味見して教えて」

レオン「む……うわ、ネバネバするぞ」

ドロシー「納豆だからね。で、味は?」

レオン「食ったことのない味だな!」

ドロシー「参考にならないわね」

791 :レオン:2015/12/02(水) 22:30:45.35 0
…お腹が痛いのだ…

792 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/02(水) 22:36:48.22 0
>>791
レオン「むぅ……さっきのアレに違いない……今度はドロシーに毒を盛られたのだ……」

ドロシー「あー、アレはクロウが作ったのよ。やっぱり駄目だったみたいね」

レオン「あやつ、またもや余に毒を!? 恐ろしいカカシなのだ……」

ジャック「誰かに胃薬を用意させましょう」

ドロシー「うん、ジャックお願い」

ジャック「かしこまりました」

ドロシー「ほら、こうやってお腹をさすってやれば、少しはマシでしょ」

レオン「……うむ、治ったらカカシに火をつけてやるのだ……」

ドロシー「悪態をつける程度に元気なら大丈夫そうね。すぐ治るわよ」

793 :名無しになりきれ:2015/12/02(水) 22:51:18.11 0
チェシャ猫は悪い奴?

794 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/02(水) 23:23:15.43 0
>>793
アリス「悪そうかどうかはともかく、明らかに怪しい雰囲気だよね?」

チェシャ猫「僕はアリスにとって悪いことはしないよ」

廃棄くん「こいつは何でもアリスが基準だからな」

アリス「無理やり腕パンを食べさせたりしたよね?」

チェシャ猫「アリスの望みを叶えるためだよ」

アリス「その辺が矛盾してると思うのだけど」

廃棄くん「まぁ、チェシャ猫なら仕方ないよな」

アリス「仕方ないで済ますの!?」

廃棄くん「だって、他にどうしろってんだ?」

アリス「確かにそうだけど……」

廃棄くん「諦めるんだな」

795 :名無しになりきれ:2015/12/03(木) 17:04:21.08 0
ホワイトチョコは好き?

796 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/03(木) 19:55:56.34 0
>>795
ドロシー「ええ、好きよ? でも、やっぱり普通の黒いチョコの方が美味しい気がするわね」

ドロシー様は甘いものもお好きでしたわね。
チョコ関連でしたら何がお好きでしょう?

ドロシー「んー、一番はチョコフォンデュかしら。イチゴやバナナ、キウイが相性良いのよ」

贅沢な気分が味わえるのが醍醐味ですわね。
ボリュームを求めるならパンケーキやバウムクーヘンなどもお勧めですわよ。

ドロシー「チョコフォンデュは無限の可能性を秘めているのね」

ただ、残念ながらこの国ではチョコは希少品でして、王宮でも手に入らない場合があるのですわ。
今はちょうど在庫を切らしておりますので、チョコフォンデュはまたの機会に致しましょう。

ドロシー「そうよね、狭い国だし仕方ないわ。そのうちで良いわよ」

かしこまりました。うまく入荷出来次第提供しますので、それまでお待ちくださいませ。

797 :名無しになりきれ:2015/12/03(木) 20:09:28.79 0
火の用心 マッチ一本火事の元

798 :名無しになりきれ:2015/12/03(木) 20:31:33.61 0
今年の流行語大賞がトリプルスリーっておかしくない?

799 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/03(木) 20:48:45.97 0
>>797
アリス「……火事……」

廃棄くん「おいアリス! 落ち着け、火事なんて起きてない!」

アリス「……だ、大丈夫。ちょっと昔のことを思い出しただけだから」

チェシャ猫「歪み、取るよ?」

アリス「駄目。この気持ちは私が抱えなきゃいけないものだから」

チェシャ猫「アリスがそう望むなら」

アリス「うん。お客さんも火事には気をつけなきゃ駄目だからね?」

廃棄くん「冬は火事が多くなるからな。乾燥するんだよなぁ……俺の体も」

アリス「誰も食べないんだからいいんじゃない?」

廃棄くん「俺は気にするんだ!」

>>798
ドロシー「えっと、何それ?」

ジャック「野球での偉業達成を示す言葉だそうです」

ドロシー「野球ねぇ。最近野球人気も下火でしょ? それが何故流行語大賞になるのよ?」

ジャック「選考基準に問題があるのでしょう」

ドロシー「現代で流行語をチェックするなら、ツイッターとかSNSを監視しなきゃ駄目よね」

ジャック「流行語の選考方法に、投票制を導入してはどうかと言う意見もあります」

ドロシー「選出してる人もちゃんと入れ替えるべきね」

800 :名無しになりきれ:2015/12/03(木) 21:27:15.65 0
師走だねぇ

801 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/03(木) 22:02:42.29 0
>>800
ドロシー「そうねぇ、あっという間に過ぎるわよ? 年末は忙しいんだから」

クロウ「シワス?」

ドロシー「12月のことよ……って言うか、クロウって暦は分かるの?」

クロウ「ンー、1月から12月まであるんだよネ?」

ドロシー「そうね。……あとでちゃんと教えてあげるわ」

クロウ「ありがとうドロシー!」

ドロシー「クロウもどんどん賢くなっているわね。もう脳ミソいらないんじゃない?」

クロウ「そウ? だったら他の願い事にしようかナ?」

ドロシー「例えばどんな?」

クロウ「ンー、食べ物が食べられるようになるとかかナ!」

ドロシー「必要ないでしょ?」

クロウ「でもドロシーはおいしそうに食べるからネ」

ドロシー「だから自分も食べてみたい訳?」

クロウ「ウン!」

ドロシー「私、そんな風に食べてるつもりはないけどな……」

802 :名無しになりきれ:2015/12/03(木) 22:17:50.46 0
幸薄い顔してるね

803 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/03(木) 22:31:31.61 0
>>802
アリス「薄幸の美少女ってこと?」

チェシャ猫「発酵の微少女?」

アリス「チェシャ猫、今絶対違うの想像したよね?」

チェシャ猫「どうだろうね、言葉は難しいものさ」

アリス「もー。でも私、そんなに薄幸そうに見えるかなぁ?」

チェシャ猫「発酵したらもっと美味しくなるのかい?」

アリス「そのハッコウじゃないから! チェシャ猫、もしかしてふざけてる?」

チェシャ猫「猫はいつだって真面目さ」

アリス「えー? 絶対ふざけてるでしょ」

804 :廃棄くん:2015/12/03(木) 22:57:56.59 0
俺も発酵しているぜ!

805 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/03(木) 23:21:21.96 0
>>804
アリス「発酵と腐敗は似てるけど違うからね?」

廃棄くん「似たようなもんだろ。第一パンは元から発酵食品だぜ?」

アリス「腐ったパンはパンじゃないと思うな」

廃棄くん「腐っても鯛とか言うじゃねーか」

アリス「鯛とパンじゃ格が違うけどね」

廃棄くん「アリス、今からでも俺を食わせるぞ?」

アリス「無理、駄目」

廃棄くん「どこかで聞いた台詞だな」

806 :名無しになりきれ:2015/12/03(木) 23:33:32.44 0
オズ歩は人気あるの?

807 :オズ:2015/12/04(金) 18:11:38.46 0
(雪山の洞窟の中)
マシュマロを焚き火で炙ったの食うか?

808 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/04(金) 20:08:02.50 0
>>806
ドロシー「在りし日の歪アリ程じゃないみたいだけど、そこそこ人気らしいわよ?」

そうですわね、特にこれまでのファンの間では大好評だと聞いております。

ドロシー「一時期は歪アリに影響を受けて作られたゲームも出回ってたのよね。当時歪アリはありそうでなかった新しいタイプのゲームだったのよ?」

やはりオズ歩について特筆すべきはシナリオの巧さでしょう。笑えて泣ける、感動の超大作と言っても過言ではありませんわ。

ドロシー「あの頃は想像も出来ない程今は携帯ゲームが氾濫してて、手軽なゲームに埋もれがちなのが少し残念ね」

まぁ携帯ゲームでありながら、腰を据えてじっくり読み耽るゲームは今でも少数派ではありますものね。

ドロシー「せっかちな社会に揉まれて生きている人にこそ、このオズ歩はお勧めしたいわ。少しづつ読み進める楽しみもあるしね」

いきなり不死鳥の羽根解除したら、睡眠不足待った無しですものね。
まぁ、一刻も早く続きが読みたくなるのは仕方ないですけど。

ドロシー「最後まで我慢して無課金でクリアしても、追加シナリオでお金を出すのは目に見えているわね」

>>807
ドロシー「……頂くわ。この状況でよくマシュマロなんて持って来るわね」

オズ「軽いから荷物にならないし、気分転換にもちょうど良いだろ? それにノドにも良いんだぞ」

ドロシー「へぇ、ノド……それは初耳ね。それにしても焼きマシュマロは美味しいわ。是非お客さんにも試して欲しいわね」

オズ「マシュマロココアも用意出来るぞ」

ドロシー「どんだけ甘いものを持ち込んでるのよ!?」

オズ「ドロシーなら欲しがると思ってな」

ドロシー「確かに寒い日にココアの温もりは至高だと思うけど……」

オズ「だろ? 用意して正解だったな」

ドロシー「そういえばトトも甘いものを好んでたっけ……オズ、甘いの好きなの?」

オズ「好きで悪いか?」

ドロシー「ううん、別に。ちょっと似合わない気もするけど」

オズ「悪かったな、甘いもの好きなおっさんで」

809 :名無しになりきれ:2015/12/04(金) 20:35:30.17 0
スイーツ男子と言う言葉が流行ったのは去年か?

810 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/04(金) 20:53:39.21 0
>>809
ドロシー「えーと、多分もうちょっと前から言われてた言葉だった気もするわね」

ジャック「スイーツ男子に対する見方として、女性から親近感を持たれやすいという見解もあるそうです」

ドロシー「まぁ女の子はほとんど甘いもの好きだものね。その話題に乗っかれるなら、親近感も湧くわ」

ジャック「お嬢様も甘いものはお好きでしたね」

ドロシー「ええ、最近はあちこちのヨーグルトを食べ比べているのよね。健康にも良いみたいだし」

ジャック「それは良いですね。糖分の過剰摂取は控えて頂きたいところですが」

ドロシー「気をつけるわ……でも、オズみたいなおっさんと甘いもの談義をするのも微妙よね」

ジャック「オズ大王はおっさんと呼ばれるのをあまり好んではいないようですが」

ドロシー「いいの、おっさんはおっさんよ」

ジャック「では、私もお嬢様のためにスイーツに関するデータを収集しておきましょう」

ドロシー「ジャックのデータならまず間違いないわね。よろしく」

ジャック「かしこまりました」

811 :名無しになりきれ:2015/12/04(金) 22:02:53.82 0
レオンは宝箱を開けた
レオンは呪われた

812 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/04(金) 22:25:38.79 0
レオン「余は呪われたのか!?」

ドロシー「ちょうど良かったわね、呪われてないとクリア出来ないイベントもあるのよ?」

レオン「イベントって何なのだ……」

ドロシー「まぁ困った時はジャックに診て貰いましょ。ジャック、どう?」

ジャック「呪われたと思しき兆候は見られません。おそらくレオンの特性故の結果でしょう」

ドロシー「あー、なんだっけ? レオンは珍獣なのよね?」

レオン「幻獣マンティコアなのだ!まぁ、ライオンのほうが百倍良いのだが」

ドロシー「とにかく良かったじゃない。幻獣じゃなかったら呪われてたのよ?」

レオン「あまり嬉しくないのだ……」

813 :名無しになりきれ:2015/12/04(金) 22:49:39.47 0
生キャラメルはどこに消えた

814 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/04(金) 23:10:03.17 0
>>813
アリス「この前デパートの北海道物産展で見かけたよ? あ、買っておいた方が良かったの?」

廃棄くん「んなもんいらねーよ。パンを食え、パンを」

アリス「お菓子とパンは別物でしょ? まぁ、話題性はなくなって、人気スイーツでもなくなるよね」

廃棄くん「多分名前のインパクトが強かったんだな。生って響き、日本人は好きなんだろ?」

アリス「さぁ、どうだろ? 味は普通に美味しいんだよね、普通に」

廃棄くん「作る手間もあるみたいだし、定着しないのは仕方ないよな」

アリス「そうそう、物産展で白い恋人は買ったんだけど、食べる?」

廃棄くん「アリス、俺がパンだってこと忘れてねーか?」

815 :名無しになりきれ:2015/12/04(金) 23:11:15.90 0
廃棄くんの顔に水をかける

816 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/04(金) 23:25:13.03 0
>>815
廃棄くん「わっぷっ!? テメェ、何しやがる!」

アリス「廃棄くん! フォークはしまおう、ね?」

廃棄くん「あの野郎、どうせ俺が傷んでるからって水ぶっかけて逃げやがった……殺す!」

アリス「かかったのはほんの少しじゃない。この程度なら普通のパンでも大丈夫でしょ?」

廃棄くん「せっかく乾いた気候になってきたのに、またカビの心配をしなくちゃいけねー俺の身にもなれってんだ!」

アリス「んー……顔が濡れて力が出ないよぉ、とはならないんだね?」

廃棄くん「俺たちはそこまで軟弱じゃねーよ! ってかアリス、アレと一緒にすんな!」

アリス「元気なら大丈夫よ。気にしない気にしない」

廃棄くん「俺の煮え滾るはらわたはどうすんだ」

アリス「ジャムが煮えてるの?」

廃棄くん「違げーよ!!」

817 :名無しになりきれ:2015/12/05(土) 05:09:17.07 0
ドロシーの実家の炬燵は掘り炬燵?

818 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/05(土) 19:52:51.27 0
>>817
ドロシー「ううん、普通の炬燵だったわよ? 掘り炬燵ってちょっと憧れるわね」

ジャック「コタツ……ですか? どのようなものでしょう?」

ドロシー「あー、こっちには炬燵ってないものね。えっとね、こういう構造の……」

ジャック「なるほど、効率の良い暖房器具なのですね」

ドロシー「これがなかなか居心地が良いのよ。こっちにも炬燵が欲しいものだわ」

ジャック「アッカーマン製作所に作らせましょうか?」

ドロシー「出来るの!?」

ジャック「可能と思われます。コアエメラルドを利用した暖房器具はすでに開発されていますから、応用が利くでしょう。炭でも代用が利くはずです」

ドロシー「炬燵布団は?」

ジャック「寸法を合わせて仕立て屋に注文すれば良い話です。羽毛と綿、どちらが良いでしょうか?」

ドロシー「炬燵で羽毛布団を使う人ってどれくらい居るのかしら? 普通に綿で良いと思うわ」

819 :名無しになりきれ:2015/12/05(土) 20:12:55.69 0
豆炭炬燵?

820 :名無しになりきれ:2015/12/05(土) 20:16:30.82 0
    ∧_∧
  _((´・ω・)_
 /\  ̄ ̄ ̄ \
(\※\__iヽニニニヽ
 \\※ ※ | |==B==|
  \`ー―-|_|___|
    ̄ ̄ ̄ ┌L|_|┐
        ̄ ̄ ̄
バタンッ!
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
   /     /
  /_____/
 /\ ※ ※ ※\
(\※\__iヽニニニヽ
 \\※ ※ | |==B==|
  \`ー―-|_|___|
    ̄ ̄ ̄ ┌L|_|┐
        ̄ ̄ ̄

821 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/05(土) 20:29:17.12 0
>>819
ドロシー「そういうのもあるわね。コアエメラルドを使うのもコストがかかるから、そういうので十分かも」

こちらでは暖房器具と言えば暖炉などが主流ですわ。しかし、炬燵が流行る可能性もありますわね。

ドロシー「流行る……もしかしてこっちなら特許が取れるってこと!?」

そうですわね。アッカーマン製作所などは、数々の発明による特許料が主な収入源らしいですわ。

ドロシー「なるほど、それは良いことを聞いたわ。つまり私の故郷の便利グッズを売り出せば、それだけで収入になるってことね!」

ならいっそ、発明家としてアッカーマン製作所に就職してはいかがでしょう?
あちらでは新しいアイデアを常に模索しているそうですから、きっと良い働き口になるでしょうね。

ドロシー「ふむ、仕事に困ったらその手もアリね」

>>820
ドロシー「炬燵の天板って結構重いから、そんなことにはならないと思うわよ?」

ドロシー様、早速炬燵の試作品が出来たと届けに来てくださいましたわ。

ドロシー「ホントに!?」

既にセッティングは済ませております。どうぞ使ってくださいませ。

レオン「余も試すぞ!」

ドロシー「いいわ、暴れちゃ駄目よ? ……わぁ、あったかい!」

レオン「ふむ、これは良いものだな」

ドロシー「レオン邪魔。さっきの人の話みたいに天板落とすわよ?」

822 :名無しになりきれ:2015/12/05(土) 20:42:06.31 0
こたつむり

  (~)
  /⌒ヽ ̄ ̄旦\ ))
 {jjjjj}\___\ ))
 (・ω・`)/※ ※ ※ヽ
   ̄ ̄ヽ二二二二二)
ゴソゴソゴソ

823 :名無しになりきれ:2015/12/05(土) 20:50:01.44 0
心は脳みそにある
心が欲しいならジャックもオズから脳みそを貰え

824 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/05(土) 21:05:09.28 0
>>822
ドロシー「こら、炬燵ごと移動しようとしない! 他の人の迷惑になるでしょ」

レオン「だが、炬燵から出る気にならない気持ちは分かるのだ……」

ドロシー「レオン、本当に炬燵が気に入ったのね。寒いの平気なくせに」

レオン「それとこれは話が違うのだ。うむ、余もこたつむりになるぞ!」

ドロシー「駄目って言ったでしょ、炬燵に入らせないわよ?」

レオン「むぅ……」

ドロシー様、みかんをお持ち致しましたわ。

ドロシー「リジーありがとう! そうだ、リジーも炬燵入らない?」

ありがとうございます。しかし私には他に仕事もありますので、またの機会にお呼ばれしますわ。

ドロシー「そう、なら仕方ないわね。それにしてもやっぱり炬燵にはみかんよね。レオンも食べる?」

レオン「食う!」

>>823
ドロシー「心は脳だけにあるとは限らない……そう聞いたことがあるわ。体と言う感覚器官があってこそ、人の心は人のカタチをしているんだって」

ジャック「脳のないクロウもまた、カカシとしての心はありますからね。その理論はおそらく真実に近いのでしょう」

ドロシー「……ならジャック、ジャックにはもう心があるんじゃない?」

ジャック「そうですね。しかしそれはロボットとしての心、人間とは異なります」

ドロシー「なるほど、ジャックの願いは人間の心だものね」

ジャック「オズがあのような願いの叶え方をしたのも、道理だと思われます」

ドロシー「そうね。でも私はジャックにはロボットが似合うと思うわよ?」

ジャック「そうですか。ありがとうございます」

825 :名無しになりきれ:2015/12/05(土) 21:39:40.97 0
心太

826 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/05(土) 21:53:40.39 0
>>825
ドロシー「ところてん、ね。さすがに馬鹿じゃないからそのくらい読めるわよ。一般常識の範疇でしょう?」

クロウ「トコロテン?」

ドロシー「そっか、こっちには海がないからところてんも作れないわね」

クロウ「海でとれるノ?」

ドロシー「ええ、海藻を煮溶かして、冷やし固めたものよ。栄養は全くないんだけどね」

クロウ「そうなノ? 栄養のない食べ物って不思議だネ」

ドロシー「あくまで食感を楽しむものだしね。ただ食物繊維は豊富だから、腸には良いのかも」

クロウ「フーン、ドロシーは好きなノ?」

ドロシー「少なくとも嫌いじゃないわ。夏にさっぱりと食べたい一品ね」

827 :名無しになりきれ:2015/12/05(土) 22:14:38.94 0
ヌードモデルになってくれ

828 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/05(土) 22:21:01.49 0
>>827
アリス「ヌ、ヌード!? 無理無理、絶対嫌だから!」

廃棄くん「絵のモデル、って奴か。アリスは綺麗だもんな」

アリス「綺麗じゃないし……普通に脱がなくて良いなら構わないけど、さすがに裸はちょっと……」

廃棄くん「俺が代わろうか?」

アリス「あー、今まで気にしてなかったけど、廃棄くんって裸なんだよね」

廃棄くん「まぁパンだからな」

アリス「全身カビまみれだから、そういう服にもちょっと見えるよね」

廃棄くん「どこがだよ!?」

829 :名無しになりきれ:2015/12/05(土) 22:22:41.44 0
アリスはボーボー

830 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/05(土) 22:28:01.56 0
>>829
アリス「ボーボー? 何の話?」

廃棄くん「毛じゃね?」

アリス「なっ!?」

廃棄くん「落ち着けよ」

アリス「でも、毛って……///」

廃棄くん「そんなに恥ずかしいものか?」

アリス「恥ずかしいに決まってるでしょ!」

廃棄くん「ふーん、そういうもんか」

アリス「パンの体だから分からないの?」

廃棄くん「そうかもな。服を着たいとか思ったことないし」

アリス「わたしの古いTシャツとか、あげるよ?」

廃棄くん「いや、汚れるからいらねーよ」

アリス「返せとは言ってないから大丈夫」

831 :名無しになりきれ:2015/12/05(土) 22:30:49.41 0
否定しないってことは…つまり…ゴクリッ

832 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/05(土) 22:37:23.80 0
>>831
アリス「……もー、それ以上はその話禁止!」

チェシャ猫「どうしてだい?」

アリス「だって否定しても肯定しても恥ずかしいでしょ?」

チェシャ猫「真実はいつも隠されているものさ」

アリス「そりゃ隠すに決まってるから……」

チェシャ猫「答えを代わりに言おうか?」

アリス「やめて! って言うか、チェシャ猫にも見せた覚えはないけど」

チェシャ猫「なんとなく分かるんだよ」

アリス「なんとなくで言わない!」

833 :名無しになりきれ:2015/12/05(土) 22:52:45.58 0
ホームアローンは好き?

834 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/05(土) 23:03:59.25 0
>>833
ドロシー「あー、懐かしいわね。ずいぶん昔に観た記憶があるわ。面白いわよね」

小説か何かの話をなさっているのですか?

ドロシー「映画の話よ。独り家に取り残された子供が、泥棒相手にトラップで戦う話ね」

それは面白そうですわね。こちらではまだ映画は希少なものですから、是非とも観てみたいものですわ。

ドロシー「ふーん、映画あるんだ? どんなのが人気?」

やはり最近のトレンドは、先日公開されたガレオン戦記第1話ですわね。
あの有名小説の映画化ということで、かなり気合いを入れて作られたそうですわ。

ドロシー「クロウ辺りが喜びそうね。今度観に行きたいわ」

それならチケットをこちらで入手しておきましょう。もちろん皆様の分も。

ドロシー「悪いわね。……オズも誘ったら来るかしら?」

オズ大王は娯楽が大変好きだと伺っております。
ドロシー様がお誘いするなら、きっと来てくれることでしょう。

ドロシー「まぁ、仕事をサボる口実にもなるでしょうからね」

835 :名無しになりきれ:2015/12/06(日) 01:18:54.40 0
          l      /    ヽ    /   ヽ \
          /     / l    ヽ /      |  \
| し な 間 〉 //  l_ , ‐、   ∨ i l  | |    \      
| ら っ に |/ l ,-、,/レ‐r、ヽ  |   /`K ,-、 <   出
| ん て あ   / | l``i { ヽヽ l | / , '/',` //`|_/       新
| ぞ も わ    |> ヽl´、i '_   。`、llィ'。´ _/ /,) /\    せ
| |   な   |`/\ヽ'_i ,.,.,.⌒´)_ `_⌒  /__/l  \       作
っ   |    く    |/ / l´,.-― 、l`ー一'_冫 /l l |   /   っ
!!!! |        \ ', /  /`7-、二´、,.| /// |   /
           lT´ {  /  /  ト、 |::| /// /  /    !!!!!
          l´ ヽ、 > ー    ,/ |ニ.ノ-' / / _
              i``` 、/ }    ',,,..'  |-'´,- '´     ̄/ ヽ∧  ____
           \/ ' \_  `´ノ7l´      /    // ヽ l ヽ
         / ̄ |      ̄ ̄/ ノ L___/      ★  U  |
        /   ヽ      /`ー´     /l                 |

836 :名無しになりきれ:2015/12/06(日) 16:16:27.28 0
友達がいなくても生きていける

837 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/06(日) 19:58:11.76 0
>>835
ドロシー「とりあえず、まもなく歪アリの新バージョンが出るとして、新作の情報公開はまだ先になりそうね」

クロウ「楽しみだネ!」

ドロシー「新作はがっつりホラーだって話だから、確かに楽しみよね」

クロウ「ドロシーはホラー好きなノ?」

ドロシー「まぁ、嗜む程度には。それにナイトメアプロジェクトのホラーって、そこまで怖くないし」

クロウ「そうなんダ?」

ドロシー「今までのゲームで一番怖かったのは7thBVだったけど……まぁ少しビックリしただけでクリアも出来たわよ?」

クロウ「なら大丈夫だネ!」

ドロシー「多分ね」

>>836
アリス「それはそうかも知れないけど……友達が居た方がきっと楽しいよ?」

廃棄くん「雪乃しか友達が居なかった奴が言える台詞か?」

アリス「雪乃は親友! 少し話す程度の友達は他にも居たもん」

廃棄くん「そうかそうか、まぁ転校するから人間関係リセットなんだけどな」

アリス「うん、だからわたし頑張る!」

廃棄くん「おう、その意気だ!」

アリス「あ、もちろん歪みの国の皆は大事な友達だよ?」

廃棄くん「お、おう」

838 :名無しになりきれ:2015/12/06(日) 20:11:09.74 0
ドロシーは骨太

839 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/06(日) 20:30:15.89 0
>>838
ドロシー「知らないの? 女の子の骨は結構脆いのよ?」

レオン「だが、ドロシーの骨は丈夫そうだな」

ドロシー「うるさいわね、骨密度でも測れは証明出来るでしょ?」

レオン「コツミツド?」

ドロシー「あー、こっちにそんな機械ある訳ないわね。とにかく骨太なんかじゃないわよ。見た目で分かるわよね?」

レオン「コツミツドは知らぬが、骨をかじるのは好きだぞ!」

ドロシー「なら今晩のごはんは骨だけで十分ね」

レオン「何故だ!?」

840 :名無しになりきれ:2015/12/06(日) 20:50:24.36 0
レオンがいなければオズ歩はもっと人気が出ていた

841 :名無しになりきれ:2015/12/06(日) 21:29:58.73 0
レオンがバカボンのパパだったらオズ歩はもっと人気出てた

842 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/06(日) 21:42:22.64 0
>>840
レオン「そうなのか!?」

ドロシー「……どうなのかしらね? レオンもそれなりに人気があると思うのだけど」

レオン「余は人気者になりたいのだ……それが、余のせいで……」

ドロシー「王様と人気者、どっちになりたいのよ?」

レオン「決まっておろう。王様になれば自然と人気者になるであろうに」

ドロシー「そうとも限らないわよ? 悪政を敷く王様だっているんだし」

レオン「悪政?」

ドロシー「良くない政治よ。国民を苦しめるような王様だっているのよ?」

レオン「余は政治とかよく分からぬが……少なくとも民を守る王様にはなるぞ!」

ドロシー「政治が分からないと王様にはなれないわよ?」

>>841
ドロシー「んな訳あるかっ!」

レオン「パパとか、まだ早いのではないか?」

ドロシー「こっちでは結婚の年齢とか定められてないんでしょ? レオンも結婚すればいいじゃない」

レオン「それもそうだが……子供にバカボンとか名付けるつもりはないぞ?」

ドロシー「どういう名前が良いのよ?」

レオン「む……トトとかどうだ? とても強そうな名前だぞ」

ドロシー「パクるのはどうかと思うわよ? それにしてもレオン、結婚のあてはあるの?」

レオン「なくはない、と思うのだが……」

ドロシー「何よそれ? 相手は誰なの?」

レオン「ふんっ、分からず屋のドロシーには教えぬ!」

843 :名無しになりきれ:2015/12/06(日) 21:54:51.08 0
アリスと結婚したい

844 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/06(日) 22:06:03.86 0
>>843
アリス「け、結婚!? 無理っ! そんな、まだお互いをよく知りもしないんだし……」

ドロシー「アリスはモテるわねぇ」

アリス「もう、ドロシーってば! わたし、男の子と付き合ったこともないんだよ?」

ドロシー「でもアリスは美人じゃない。案外雪乃がモテないように守ってたんじゃないの?」

アリス「雪乃がそんなことするかなぁ? それよりドロシーは恋愛経験あるの?」

ドロシー「……ないわ。生まれつきの茶髪で、変な目で見られるのよ」

アリス「綺麗で良いと思うけどなぁ。まぁ、金髪のドロシーが一番だと思うけどね」

ドロシー「似合ってないと思うわ、金髪なんて。私はアリスみたいな黒髪が好きなのよ」

アリス「んー、ドロシーはそのままが一番よ」

845 :名無しになりきれ:2015/12/06(日) 22:13:43.17 0
ドロシーはレズ!

846 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/06(日) 22:20:25.74 0
>>845
ドロシー「ひょっとして、モーナのことを言ってるの? あれは……つい流れに持ってかれたのよ。私の意思じゃないわ」

ジャック「モーナ様はとても素敵な方でしたからね。料理の腕前も確かでしたし」

ドロシー「そうなのよ! モーナのごはんは最高だったわ。あんなごはんが毎日食べられるヘンリックが羨ましいわよ」

ジャック「それはモーナ様に好意を抱いている、ということでしょうか?」

ドロシー「モーナは好きだと思うけど、恋愛とは全く別のものね」

ジャック「好意にも、様々な形があるのですね」

ドロシー「うん、そういうこと。ほら、私ジャックや皆も好きだし」

ジャック「私もお嬢様を敬愛しております」

847 :雪だるま:2015/12/06(日) 22:23:12.23 0
僕もダーリンを愛してるよ
今すぐ結婚しよう、ハニー

848 :リジー ◆DOmXY5I9Zw :2015/12/06(日) 22:50:34.47 0
>>847
ドロシー「雪だるまは黙ってなさい、それからハニーとかダーリンとか言うな」

あら、ドロシー様はそんなに彼のことがお嫌いですの?

ドロシー「嫌いじゃないけど……結婚とかは、ねぇ」

まぁ一方的な求婚は温度差を生みますからね、仕方のないことでしょう。
しかしやがてはドロシー様の気持ちも高まり、二人は結ばれるのですわ!

ドロシー「いや、それはないと思うわ」

本当につれないのですね、ドロシー様は。
良いではありませんか、結婚しても。
子供の一人でも授かれば、お互いの絆も結ばれますわよ?

ドロシー「私はリジーみたいな働く女性に憧れるのよ」

なんと! ドロシー様は私を愛すと言うのですか!?

ドロシー「違うわよ、私もバリバリ働きたいってこと」

なるほど、そうでございますか。まぁドロシー様ならそれも似合うでしょうね。
職種はもうお決まりなので?

ドロシー「ううん、そもそもどんな仕事があるのかも分からないし。じっくり探すつもりよ」

849 :名無しになりきれ:2015/12/06(日) 23:33:47.09 0
オズの国=アトランティス

850 :名無しになりきれ:2015/12/06(日) 23:55:15.49 0
恋はするものじゃなくて、落ちるもの?

463 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)